image

寄生獣 セイの格率, Kiseijuu: Sei no Kakuritsu (Parasyte -the maxim-) Episode 12

また 同じ 夢

しかし いろんな の が 出 て くる な

田宮 良子 の 教師 も 驚 い た が

今度 は 政治 家 だ ぞ

これ ばっかり は 人間 の 心 を よっぽど 理解 し ない と 当選 は でき ん

当選 なんか する もん か

その うち 化けの皮 が 剥がれる さ

待て よ あそこ の 町 と いう こと は

あの 田宮 良子 も 一 枚 噛 ん で いる かも し れ ない

と すれ ば 島田 秀雄 に も 繋がって いる

興奮 し すぎ だ ろ う

と いう こと は

あいつ の 目的 は なん な ん だ

そう それ だ

まず 第 一 に 人間 に なりすまし

人間 の こと を 勉強 する うち に 本当 に 政治 に 関心 を もった

それ なら 案外 立派 な 市長 に なる かも し れ ん

そんな ばか な

第 二 に 考え ら れる の は 寄生 生物 たち の 居場所 と 食料 の 確保 だ

確かに 食事 を し て 人間 の 死体 を 隠し て も 行方 不明 者 が 出る わけ だ し

社会 的 知名度 の 高い 人間 を 殺せ ば 騒ぎ に も なる

それ を 防ぎ 食料 を 確保 する に は 情報 を 把握 できる 立場 に い た 方 が いい

目的 は それ か

やつ ら が 組織 的 に なれ ば ますます 危険 な 存在 に なる

そう なる と あの 子 も …

こと 環境 問題 に 関して は

いま こそ 国 レベル で より まず 市町村 レベル で

ちょっと 向こう へ 行 こ う

しかし それ でも 我が 市 の 人口 は 50 万 人 です

あそこ は 待ち合わせ の 場所 じゃ ない の に どうして

泉 が いる って 強く 感じ た から

そういう の を 感じ て も 近づく なって 言った だ ろ

でも 泉 だけ じゃ なかった ん だ

後ろ で 集まって た 人 の 中 から も …

そう 4 ~ 5 人 は いた か な

あの 時 ミギー は 8 人 と 言った から

あの 子 が 寄生 生物 の 信号 を 感じ取る 力 は 仲間 同士 ほど じゃ ない

けど このまま じゃ 危険 すぎる

シン イチ

何 を 考え てる

べ 別に

何 を 考えよ う が 俺 の 勝手 だ ろ

なんとなく 気 に なった もん で ね

私 と して は この 件 に これ 以上 立ち入って ほしく ない ん だ が な

戦って も 勝ち目 は ない し

別に 戦う ため に この 町 に き た ん じゃ ない

やつ ら が どれ だけ 集まった か を 知り たい ん だ

数 を 数える なんて 無理 だ ぞ

だいたい の 感じ だ よ

ミギー だって 仲間 たち の 成長 ぶり に 興味 が ある ん だ ろ

まあ ね

どう だ

いざ 捜す と 出会 わ ない もん だ な

や あ

ど し た の

君 に ちょっと 聞き たい こと が ある ん だ けど

君 の 一種 の 超 能力

俺 以外 の 誰 か に 感じ た こ と ある ?

うん でも たまに だ よ

見 たら 普通 の 人

ただ の おじさん だったり と か

しつこい よう だ けど

その 信号 み たい の を 感じ て も 近 寄 ら ない で ほしい ん だ

だから なんで な の

ネット と か で 噂 に なって る パラサイト だって いう の

泉 も パラサイト だって いう の

そんな こと …

加奈

光夫

加奈 に 用 が ある

そう それ じゃ

ちょっと 待って よ

次に しよ う ちゃん と 話し たい こと が ある ん だ

なん だ と

後 で メール する

メール なんか し なく て も 近く に 来 れ ば 感じる よ

感じる ?

でも 俺 以外 の 感じる やつ の 場合 だって

俺 以外 の 感じる やつ

加奈 お前

バカ なに 勘違い し てん の よ

シン イチ さっき 言って た ちゃん と 話し たい こと って なん だ

今日 本当 は あの 女 に 会う こと が 目的 だった ん じゃ ない の か

だったら なん だ よ

時 が 経つ に 連れ て 我々 も 成長 し て き た

しかし 人間 で いう ところ の 「 情 」 と いう 感覚 は 我々 に は 育 た ない

知って る よ

それ なら 私 を 危険 に さらす よう な こと は し ない で ほしい

もし 余計 な こと を 話せ ば

分かって る よ

本当 に わかって いる の か

自分 の 右手 が 人 を 切り 刻む ところ なんて 見 たく ない だ ろ う って 言って いる ん だ

それ 脅し てる わけ ?

うん

ほん っと 情 の かけら も ない な

だから そう だって ば

ちゃんと 話し たい こと って なん だ ろ う

また だ

近く に いる

違う と は 思う けど 万が一 って こと も

向こう もう 少し

あの 角 から

違った

ここ は

泉 が 人気 の ない 所 が いい って メール し て き た から

イッテ

よし 眠って る

俺 は パラサイト に つい て 知って いる こと を すべて 話し た

俺 に 寄生 し て いる こいつ は

たまたま 頭 の 乗っ取り に 失敗 し て 右手 に 入り込 ん だ

だから 人 を 襲ったり は し ない

これ で 辻 褄 が 合う だ ろ

もっと 面白い 話 か と 思った の に

期待 し て 損 し ちゃ った

すぐに 信じろ って いう 方 が 無理 かも し れ ない けど

いま 言った こと は 全部 本当の こと で

本当 だって いう なら 証拠 を 見せ て よ

どんな 風 に 右手 の 形 が 変わる の か

だから 今 は 眠って る って

はっきり 言い な よ

あの 里美 と か いう 子 に 誤解 さ れ たく ない から

もう 私 に は 会い たく ない って

違う よ

そんな こと の ため に こんな 込み入った 嘘 つく わけな い だ ろ

そんな こと の ため

私 の こと 嫌い なら 嫌い って はっきり 言え ば いい じゃ ない

いや だ から そういう ん じゃ

言 っと く けど 私 に は あなた だけ を 見分ける 力 が ある ん だ から ね

俺 だけ を

ええ

変 な 化け物 達 の 中 から あなた だけ を 特別 に 嗅ぎ分け ら れる の

本当 に ?

だから あなた 以外 に 近づく こと は ない

それ なら いい でしょ

ああ まあ

そんな こと できる の は この 世界 で 私 一 人 な ん だ よ

それ って 凄い こと だ と 思 わ ない ?

たぶん すごい こと な ん だ ろ う ね

ねえ 私 も 秘密 教え た ん だ から

いつか は 泉 も 秘密 を 見せ て ね

秘密 って

右手 の こと

じゃ ない と 泉 の 話 完全 に は 信じ ら れ ない よ

分かった

約束 だ よ

ああ 約束 する

当選 か

これ で 寄生 生物 たち が 安全 に 過ごせ る 場所 と 食料 は 確保 さ れる

人間 並み の 知性 を 持ち 自分 の 身 を 守る ため なら なん だって する

俺 だけ を 嗅ぎ分ける 力 が ある って 言って だ けど

本当 に そんな 力 が

感動 ?

うん とって も いい 映画 らしい よ

裕子 も アキホ も 大 泣き し た って いう し

あたし も 見 たい ん だ けど なぁ

わかった じゃあ 明日 10 時 で いい ね

うん

あなた は なぜ 私 に 気付 か ない の

二 人 の 運命 は 繋がって いる ん だ よ

世界 で 私 一 人

その 子 に こんな 力 が ある

ほら こっち

こっち を 向 い て

光夫

脅かさ ない で よ

何 やって ん だ

別に いい でしょ

らしく ない な

まるで ストーカー だ

コソコソ 私 の 後 を つける あなた の 方 こそ ストーカー じゃ ない

あいつ に は もう 女 が いる

お前 に は 似合 わ ない ん だ よ あんな やつ

じゃあ あなた なら 似合う って 言う の

冗談 じゃ な いわ よ

お こぼれ ちょうだい の 犬 み たい に 付き纏って

もう 顔 も 見 たく ない わ

キツイ な

そこ まで 嫌 わ れる と

ごめん 言い過ぎ た

でも どう しよう も ない

どうして いい の か 分 から ない

ごめん ね

やっぱり 言う よ

君 を 敵 に 回す わけ に は いか ない

だが 私 が 眠って いる 間 に 勝手 な こと さ れる の も ごめん だ

例の 女 加奈 の 能力 が 強まった

と いう より 信号 を 発 する よう に なった

信号 ?

寄生 生物 同士 が お互い の 居場所 を 感じる 信号 だ よ

今日 学校 の 帰り道 で 私 の ほう が 感じ取った ん だ

そんな

そんな 信号 を 発 し たら 奴 ら に 探知 さ れ て …

あの 子 は 殺 さ れる

信号 を 出 せ る の は 極度 に 精神 を 集中 さ せ た 時 だけ だ ろ う

信号 の 届く 範囲 も 小さい

なんで その 時 すぐに

いや 教え て くれ て ありがとう

ミギー 俺 この 前 おまえ が 眠って る 間 に

寄生 生物 や お前 の こと を 全部 あの 子 に 話し た ん だ

でも 信じ て もらえ なく て

やっぱり そう か

なあ あの 子 は お前 の 敵 に は なら ない よ

その ため に お前 の 姿 を あの 子 に 見せ て やって ほしい

大丈夫 だ よ

もし あの 子 が 他人 に ばらす よう なら その 時 は し ら ばっ くれ たら いい

お前 も あくまで 右手 の ふり を し て たら

ただ の 女子 高 生 の 戯言 で 済む し

そう だ な

じゃあ 急 が ない と

明日

明日 は 村野 と

早く 着 い ちゃ った な

ミギー 昨日 の 約束 忘れ て ない だ ろ う な

ああ

だが マズ い ぞ 仲間 が 二 人 近づ い て くる

もしもし

ごめん 待ち合わせ の 場所 を 変え たい ん だ

とにかく 駅前 に は 来 ない で

また 電話 する から

あの 二 人 だ

行 こ う

待て

動け ば かえって 怪 しま れる

電話 を かける ふり を しろ

今度 こそ ちゃんと 私 の 力 を 見せ て あげる

あなた 一 人 を 感じる 力

他の 誰 に も

里美 って 子 に も でき ない 特別 な 力

だから あなた も 私 だけ を 感じ て

別に 珍しく も ない って 態度 だった な

なんで 出 ない ん だ

い た

だめ だ こんな 街 中 で 加奈 の 息づかい なんて わかりゃ し ない

ミギー 加奈 の 出す 信号 を つかめ ない の か

無理 だ 仲間 に 比べ たら 弱 すぎる し

いま 現在 信号 を 発 し て いる と は 限 ら ん

会え る

もう すぐ 会え る

い た

見つけ た の か

違う 仲間 の 脳波 だ

今 は そんな の …

待て よ 加奈 が その 脳波 を キャッチ し たら

近づ い て いく かも し れ ん

どこ だ

泉 私 あなた だけ を 感じる こと が でき た ん だ よ

人間 だ と

確かに 弱 すぎる 信号 で は あった が

大丈夫 必ず 助け に 来 て くれる

ミギー

防御 を 頼む

防御

すごい

ダメ だ な 出血 が 多 すぎる

そんな …

加奈

い ず … 泉

ここ に 来る って わかって た よ

感じ た の

しっかり

前 に も こうして 夢 を 見 た の

もう しゃべら ない ほう が いい

恥ずかしく て … とても 人 に は 言え ない 夢 …

加奈

あれ が 第 一 発見 者

害 者 と は 知り合い な のに 平然 と して い ます ね

これ は 内密 の 話 だ が 彼 は パラサイト に 母親 も 殺 さ れ て いる ん だ

無愛想 です ね

事情 聴取 の 連続 で いい加減 うんざり し て いる ん だ ろ う

念のため 髪 の 毛 も 抜かせ て もらった し な

それ は 傷つき ます ね

そう も 言って は おれ ん さ

害 者 は パラサイト に やら れ た

しかし その パラサイト を 殺し た の は ?

肋 を 突き破って 心臓 を えぐり出し

壁 を 破壊 する ほど の 力 で 叩きつける なんて

人間 に は 無理 だ

つまり 最低 もう 1 匹 は い た はず だ

化け物 同士 の 仲間割れ

それ も 視野 に 入れ て 考え ね ば な

あの 日 加奈 と 会う 約束 なんか し ない で

村野 と 映画 に 行って い たら こんな こと に は …

違う ぞ シン イチ

これ は 時間 の 問題 だった ん だ

君 が 悔やむ 必要 など ない

よくも そんな こと

待て よ

加奈 を …

加奈 を

なんで 守って やれ なかった ん だ

なんで そんな 平気 な 顔 し てる

涙 一 滴 …

涙 一 滴 も お前 に は

シン イチ

お前 人間 じゃ ねえ よ

そう さ

なんで そんなに すぐに 寝る

これ 以上 やる と こいつ の 胸 に も 穴 を あけ て しまう

人間 じゃ ない

そう

あいつ の 言う 通り だ

なんで 俺 は こんなに 落ち 着 い て いる ん だ

ひょっとして 気づか ない うち に

おれ 一 人 気づか ない うち に

脳 まで 乗 っ 取 ら れ て いる ん じゃ ない の か

加奈 が 死 ん だ の に

涙 一 滴 出 やしない

やめろ シン イチ

血 の 色 が 赤い な

一応 は

次回 「 悲しみ よ こんにち は 」



Want to learn a language?


Learn from this text and thousands like it on LingQ.

  • A vast library of audio lessons, all with matching text
  • Revolutionary learning tools
  • A global, interactive learning community.

在线学习语言 @ LingQ

また 同じ 夢

しかし いろんな の が 出 て くる な

田宮 良子 の 教師 も 驚 い た が

今度 は 政治 家 だ ぞ

これ ばっかり は 人間 の 心 を よっぽど 理解 し ない と 当選 は でき ん

当選 なんか する もん か

その うち 化けの皮 が 剥がれる さ

待て よ あそこ の 町 と いう こと は

あの 田宮 良子 も 一 枚 噛 ん で いる かも し れ ない

と すれ ば 島田 秀雄 に も 繋がって いる

興奮 し すぎ だ ろ う

と いう こと は

あいつ の 目的 は なん な ん だ

そう それ だ

まず 第 一 に 人間 に なりすまし

人間 の こと を 勉強 する うち に 本当 に 政治 に 関心 を もった

それ なら 案外 立派 な 市長 に なる かも し れ ん

そんな ばか な

第 二 に 考え ら れる の は 寄生 生物 たち の 居場所 と 食料 の 確保 だ

確かに 食事 を し て 人間 の 死体 を 隠し て も 行方 不明 者 が 出る わけ だ し

社会 的 知名度 の 高い 人間 を 殺せ ば 騒ぎ に も なる

それ を 防ぎ 食料 を 確保 する に は 情報 を 把握 できる 立場 に い た 方 が いい

目的 は それ か

やつ ら が 組織 的 に なれ ば ますます 危険 な 存在 に なる

そう なる と あの 子 も …

こと 環境 問題 に 関して は

いま こそ 国 レベル で より まず 市町村 レベル で

ちょっと 向こう へ 行 こ う

しかし それ でも 我が 市 の 人口 は 50 万 人 です

あそこ は 待ち合わせ の 場所 じゃ ない の に どうして

泉 が いる って 強く 感じ た から

そういう の を 感じ て も 近づく なって 言った だ ろ

でも 泉 だけ じゃ なかった ん だ

後ろ で 集まって た 人 の 中 から も …

そう 4 ~ 5 人 は いた か な

あの 時 ミギー は 8 人 と 言った から

あの 子 が 寄生 生物 の 信号 を 感じ取る 力 は 仲間 同士 ほど じゃ ない

けど このまま じゃ 危険 すぎる

シン イチ

何 を 考え てる

べ 別に

何 を 考えよ う が 俺 の 勝手 だ ろ

なんとなく 気 に なった もん で ね

私 と して は この 件 に これ 以上 立ち入って ほしく ない ん だ が な

戦って も 勝ち目 は ない し

別に 戦う ため に この 町 に き た ん じゃ ない

やつ ら が どれ だけ 集まった か を 知り たい ん だ

数 を 数える なんて 無理 だ ぞ

だいたい の 感じ だ よ

ミギー だって 仲間 たち の 成長 ぶり に 興味 が ある ん だ ろ

まあ ね

どう だ

いざ 捜す と 出会 わ ない もん だ な

や あ

ど し た の

君 に ちょっと 聞き たい こと が ある ん だ けど

君 の 一種 の 超 能力

俺 以外 の 誰 か に 感じ た こ と ある ?

うん でも たまに だ よ

見 たら 普通 の 人

ただ の おじさん だったり と か

しつこい よう だ けど

その 信号 み たい の を 感じ て も 近 寄 ら ない で ほしい ん だ

だから なんで な の

ネット と か で 噂 に なって る パラサイト だって いう の

泉 も パラサイト だって いう の

そんな こと …

加奈

光夫

加奈 に 用 が ある

そう それ じゃ

ちょっと 待って よ

次に しよ う ちゃん と 話し たい こと が ある ん だ

なん だ と

後 で メール する

メール なんか し なく て も 近く に 来 れ ば 感じる よ

感じる ?

でも 俺 以外 の 感じる やつ の 場合 だって

俺 以外 の 感じる やつ

加奈 お前

バカ なに 勘違い し てん の よ

シン イチ さっき 言って た ちゃん と 話し たい こと って なん だ

今日 本当 は あの 女 に 会う こと が 目的 だった ん じゃ ない の か

だったら なん だ よ

時 が 経つ に 連れ て 我々 も 成長 し て き た

しかし 人間 で いう ところ の 「 情 」 と いう 感覚 は 我々 に は 育 た ない

知って る よ

それ なら 私 を 危険 に さらす よう な こと は し ない で ほしい

もし 余計 な こと を 話せ ば

分かって る よ

本当 に わかって いる の か

自分 の 右手 が 人 を 切り 刻む ところ なんて 見 たく ない だ ろ う って 言って いる ん だ

それ 脅し てる わけ ?

うん

ほん っと 情 の かけら も ない な

だから そう だって ば

ちゃんと 話し たい こと って なん だ ろ う

また だ

近く に いる

違う と は 思う けど 万が一 って こと も

向こう もう 少し

あの 角 から

違った

ここ は

泉 が 人気 の ない 所 が いい って メール し て き た から

イッテ

よし 眠って る

俺 は パラサイト に つい て 知って いる こと を すべて 話し た

俺 に 寄生 し て いる こいつ は

たまたま 頭 の 乗っ取り に 失敗 し て 右手 に 入り込 ん だ

だから 人 を 襲ったり は し ない

これ で 辻 褄 が 合う だ ろ

もっと 面白い 話 か と 思った の に

期待 し て 損 し ちゃ った

すぐに 信じろ って いう 方 が 無理 かも し れ ない けど

いま 言った こと は 全部 本当の こと で

本当 だって いう なら 証拠 を 見せ て よ

どんな 風 に 右手 の 形 が 変わる の か

だから 今 は 眠って る って

はっきり 言い な よ

あの 里美 と か いう 子 に 誤解 さ れ たく ない から

もう 私 に は 会い たく ない って

違う よ

そんな こと の ため に こんな 込み入った 嘘 つく わけな い だ ろ

そんな こと の ため

私 の こと 嫌い なら 嫌い って はっきり 言え ば いい じゃ ない

いや だ から そういう ん じゃ

言 っと く けど 私 に は あなた だけ を 見分ける 力 が ある ん だ から ね

俺 だけ を

ええ

変 な 化け物 達 の 中 から あなた だけ を 特別 に 嗅ぎ分け ら れる の

本当 に ?

だから あなた 以外 に 近づく こと は ない

それ なら いい でしょ

ああ まあ

そんな こと できる の は この 世界 で 私 一 人 な ん だ よ

それ って 凄い こと だ と 思 わ ない ?

たぶん すごい こと な ん だ ろ う ね

ねえ 私 も 秘密 教え た ん だ から

いつか は 泉 も 秘密 を 見せ て ね

秘密 って

右手 の こと

じゃ ない と 泉 の 話 完全 に は 信じ ら れ ない よ

分かった

約束 だ よ

ああ 約束 する

当選 か

これ で 寄生 生物 たち が 安全 に 過ごせ る 場所 と 食料 は 確保 さ れる

人間 並み の 知性 を 持ち 自分 の 身 を 守る ため なら なん だって する

俺 だけ を 嗅ぎ分ける 力 が ある って 言って だ けど

本当 に そんな 力 が

感動 ?

うん とって も いい 映画 らしい よ

裕子 も アキホ も 大 泣き し た って いう し

あたし も 見 たい ん だ けど なぁ

わかった じゃあ 明日 10 時 で いい ね

うん

あなた は なぜ 私 に 気付 か ない の

二 人 の 運命 は 繋がって いる ん だ よ

世界 で 私 一 人

その 子 に こんな 力 が ある

ほら こっち

こっち を 向 い て

光夫

脅かさ ない で よ

何 やって ん だ

別に いい でしょ

らしく ない な

まるで ストーカー だ

コソコソ 私 の 後 を つける あなた の 方 こそ ストーカー じゃ ない

あいつ に は もう 女 が いる

お前 に は 似合 わ ない ん だ よ あんな やつ

じゃあ あなた なら 似合う って 言う の

冗談 じゃ な いわ よ

お こぼれ ちょうだい の 犬 み たい に 付き纏って

もう 顔 も 見 たく ない わ

キツイ な

そこ まで 嫌 わ れる と

ごめん 言い過ぎ た

でも どう しよう も ない

どうして いい の か 分 から ない

ごめん ね

やっぱり 言う よ

君 を 敵 に 回す わけ に は いか ない

だが 私 が 眠って いる 間 に 勝手 な こと さ れる の も ごめん だ

例の 女 加奈 の 能力 が 強まった

と いう より 信号 を 発 する よう に なった

信号 ?

寄生 生物 同士 が お互い の 居場所 を 感じる 信号 だ よ

今日 学校 の 帰り道 で 私 の ほう が 感じ取った ん だ

そんな

そんな 信号 を 発 し たら 奴 ら に 探知 さ れ て …

あの 子 は 殺 さ れる

信号 を 出 せ る の は 極度 に 精神 を 集中 さ せ た 時 だけ だ ろ う

信号 の 届く 範囲 も 小さい

なんで その 時 すぐに

いや 教え て くれ て ありがとう

ミギー 俺 この 前 おまえ が 眠って る 間 に

寄生 生物 や お前 の こと を 全部 あの 子 に 話し た ん だ

でも 信じ て もらえ なく て

やっぱり そう か

なあ あの 子 は お前 の 敵 に は なら ない よ

その ため に お前 の 姿 を あの 子 に 見せ て やって ほしい

大丈夫 だ よ

もし あの 子 が 他人 に ばらす よう なら その 時 は し ら ばっ くれ たら いい

お前 も あくまで 右手 の ふり を し て たら

ただ の 女子 高 生 の 戯言 で 済む し

そう だ な

じゃあ 急 が ない と

明日

明日 は 村野 と

早く 着 い ちゃ った な

ミギー 昨日 の 約束 忘れ て ない だ ろ う な

ああ

だが マズ い ぞ 仲間 が 二 人 近づ い て くる

もしもし

ごめん 待ち合わせ の 場所 を 変え たい ん だ

とにかく 駅前 に は 来 ない で

また 電話 する から

あの 二 人 だ

行 こ う

待て

動け ば かえって 怪 しま れる

電話 を かける ふり を しろ

今度 こそ ちゃんと 私 の 力 を 見せ て あげる

あなた 一 人 を 感じる 力

他の 誰 に も

里美 って 子 に も でき ない 特別 な 力

だから あなた も 私 だけ を 感じ て

別に 珍しく も ない って 態度 だった な

なんで 出 ない ん だ

い た

だめ だ こんな 街 中 で 加奈 の 息づかい なんて わかりゃ し ない

ミギー 加奈 の 出す 信号 を つかめ ない の か

無理 だ 仲間 に 比べ たら 弱 すぎる し

いま 現在 信号 を 発 し て いる と は 限 ら ん

会え る

もう すぐ 会え る

い た

見つけ た の か

違う 仲間 の 脳波 だ

今 は そんな の …

待て よ 加奈 が その 脳波 を キャッチ し たら

近づ い て いく かも し れ ん

どこ だ

泉 私 あなた だけ を 感じる こと が でき た ん だ よ

人間 だ と

確かに 弱 すぎる 信号 で は あった が

大丈夫 必ず 助け に 来 て くれる

ミギー

防御 を 頼む

防御

すごい

ダメ だ な 出血 が 多 すぎる

そんな …

加奈

い ず … 泉

ここ に 来る って わかって た よ

感じ た の

しっかり

前 に も こうして 夢 を 見 た の

もう しゃべら ない ほう が いい

恥ずかしく て … とても 人 に は 言え ない 夢 …

加奈

あれ が 第 一 発見 者

害 者 と は 知り合い な のに 平然 と して い ます ね

これ は 内密 の 話 だ が 彼 は パラサイト に 母親 も 殺 さ れ て いる ん だ

無愛想 です ね

事情 聴取 の 連続 で いい加減 うんざり し て いる ん だ ろ う

念のため 髪 の 毛 も 抜かせ て もらった し な

それ は 傷つき ます ね

そう も 言って は おれ ん さ

害 者 は パラサイト に やら れ た

しかし その パラサイト を 殺し た の は ?

肋 を 突き破って 心臓 を えぐり出し

壁 を 破壊 する ほど の 力 で 叩きつける なんて

人間 に は 無理 だ

つまり 最低 もう 1 匹 は い た はず だ

化け物 同士 の 仲間割れ

それ も 視野 に 入れ て 考え ね ば な

あの 日 加奈 と 会う 約束 なんか し ない で

村野 と 映画 に 行って い たら こんな こと に は …

違う ぞ シン イチ

これ は 時間 の 問題 だった ん だ

君 が 悔やむ 必要 など ない

よくも そんな こと

待て よ

加奈 を …

加奈 を

なんで 守って やれ なかった ん だ

なんで そんな 平気 な 顔 し てる

涙 一 滴 …

涙 一 滴 も お前 に は

シン イチ

お前 人間 じゃ ねえ よ

そう さ

なんで そんなに すぐに 寝る

これ 以上 やる と こいつ の 胸 に も 穴 を あけ て しまう

人間 じゃ ない

そう

あいつ の 言う 通り だ

なんで 俺 は こんなに 落ち 着 い て いる ん だ

ひょっとして 気づか ない うち に

おれ 一 人 気づか ない うち に

脳 まで 乗 っ 取 ら れ て いる ん じゃ ない の か

加奈 が 死 ん だ の に

涙 一 滴 出 やしない

やめろ シン イチ

血 の 色 が 赤い な

一応 は

次回 「 悲しみ よ こんにち は 」


×

我们使用cookies帮助改善LingQ。通过浏览本网站,表示你同意我们的 cookie policy.