image

寄生獣 セイの格率, Kiseijuu: Sei no Kakuritsu (Parasyte -the maxim-) Episode 11

もう 飲みすぎ ちゃ った

じゃ 僕 は ここ で

待って よ

そんなに 急ぐ こと ない じゃ ない

加藤 さん って まじめ で イケメン だ よ ね

まいった な ハハハ

ホント まじ 好み

こういう の 知って る

ごめん 3 本 も 抜 い ちゃ った …

ウソ …

まいった な

髪 の 毛 で バレ たん だ 手伝って くれ

アルコール を 含 ん だ 肉 は 好き じゃ ない ん だ が な

あなた は 私 の 命 の 恩人

彼 が こんな こと する なんて

僕 と 泉 と どこ が 似 てる の

だから さ 君 が 感じる 何 かって の は

さっき みたい な 危ない 奴 が 出す 電波 みたい な もの かも しれ ない よ

まさか 泉

不意打ち は よく ない ね

ごめん

髪 の 毛 を 抜き たい なら どうぞ ご 自由に

そう ? じゃ 遠慮 なく

満足 し た かい

待って

前 に 注意 し て くれ た よ ね 島田 の こと

もし かして 最初 から 島田 の 正体 を 知って た の

いや 別に

そりゃ そう よ ね あんな 殺人 鬼 と 知り合い だ なんて

深刻 な 顔 し て どう し た の

この 子 は 特別 な ん だ

いっそのこと すべて を 話し て しまったら

でも ミギー は 起き てる

シン イチ 君 が 何 を 考え て いる か わかる ぞ

だが その 女 は 私 の 味方 で は ない

加奈 って いった っけ

君 は 俺 の 存在 を 感じる 不思議 な デレ パシー が ある って 言って た けど

もしも どこ か で それ を 感じ て も 近づ い たら ダメ だ

なんで

いった さき で 化け物 と 遭遇 する かも しれ ない だ ろ う

化け物 ?

ああ

なんで そう 思う の

泉 は 普通 の 人間 な ん でしょ

当たり前 じゃ ない か

じゃあ 不思議 な テレパシー を 感じ た 人 が い たら 髪 の 毛 を 抜 い て みる よ

そう したら そい つ が 化け物 か どう か

ダメ だ そんな こと し ちゃ あ

ど し た の

ごめん

でも 本当 に 危険 だ から

心配 し て くれ てる ん だ

ちょっと 嬉しい かな

シン イチ

ちょっと 話 が ある

用事 思い出し た

ごめん また

あれ あなた は

こんにちは

シン イチ もう あの 女 と は 話す な

そう は いか ない よ

このまま 放ってお い たら 彼女 は きっと 危険 な 目 に 遭う

しかし 君 の 話し 方 は 片っ端から ボロ が 出 て いる 感じ な ん だ よ

気 を 付ける よ

当然 だ

あの こんな こと いきなり 聞く の も 変 です けど

なに

泉 くん 前 と 比べ て すごく 変わった と 思い ませ ん

前 と 比べ て と 言わ れ て も

そんなに しょっちゅう 会って る わけ じゃ ない し

あなた が 最初 に 会った ころ と 今 と

喧嘩 でも し た の

好き な ん でしょ 彼 の こと

ど どこ か 前 と 違う ん です

話す と そう で も ない ん だ けど

あたし の 命 の 恩人 だ し

命 の 恩人 ?

あなた も そういう 夢 を 見る の

夢 ?

いや

あたし に は 分から ない

初め から あんな 感じ だった よう な 気 も する し

彼 どことなく 凄み が ある ん だ よ ね

そんな 暗い 顔 し てる と 彼 に 逃げ られ ちゃ う わ よ

あたし に も チャンス ある かも

10 分 で 戻る

分かった

しかし もう 少し 普通 の 格好 は でき なかった の か

どうせ 汚れる

なんか 用 か

中 に 何 人 いる

お前 バカ か ケガ し ねえ うち に とっとと 失 せろ

なるほど 好 戦 的 だ ね ヤクザ は

たまに いる ん だ よ ね

暴 対 法 が でき て から ヤクザ は 一般 市民 に は 手出し でき ねえ って 感じ の 人 が …

なん だ お前

な なん だ

何 な ん だ こいつ は

どう し た 来い よ

1

この バ … バケ モン が

2

やった ぜ

3 か

ばか な

避け そこなった の は 3

まあ こんな もん だ ろ う

バ バケ モン …

な 何 な ん だ お前 は

実験 だ

拳銃 や 刃物 を 持った 集団 と どこ まで 戦え る か の な

何 か あった ん です か

死体 だ よ 頭 つぶさ れ た

さっき は 銃声 も 聞こえ た ぞ

マジ ?

逃げる ぞ

追いかけろ

あれ い ない

変 だ な 確かに こっち に

やめよ う ぜ ヤクザ の 抗争 に 巻き込ま れ て も し たら たま ん ねえ よ

一応 警察 に 連絡 し とく か

もう 誰 か が 呼 ん だ だ ろ う

ああ …

なん だ

いや さっき と だいぶ 違う んで ね

暴力 団 事務 所 で 殺人

死者 22 名

事務 所 内 に い た 組員 全員 が 死亡 だって

なんか 怖い 事件 が 立て続け に 起こって る ね

うん

寄生 生物 ?

いや 捕食 以外 の 目的 で こんな 殺し 方 は し ない はず だ

なお 警視 庁 は 先ほど 緊急 の 記者 会見 を 行い

事件 現場 から 走り去った 不審 な 男 の 防犯 カメラ 映像 を 公開 する と 発表 し まし た

なかなか 派手 に やった な

いい 運動 に なった よ ボス

泉 くん

来 て くれ て ありがとう

う うん こっち こそ 誘って くれ て ありがとう

どう する

まずは 映画 でも 観よ う か

あの 日 の 事 今 でも 時々 夢 で 見 ちゃ う ん だ

そういう 時 は 目 が 覚め て から も ずっと 震え が 止ま ん ない

泉 くん は そんな こと ない

たまに ある よ

でも 朝 に なる と ほとんど 忘れ てる な

いい な

あたし の 夢 って いつも 色 が つい て て 結構 はっきり 覚え てる ん だ

これ は 友達 が 言って た ん だ けど ね

人間 を 牛 や 豚 と 同列 に 考え て みる ん だ

そう する と 人間 は 動物 の バラバラ 死体 を 毎日 食べ て いる わけ だ から

いまさら 怖い もの なんて ない はず だって

変わって る ね

その 友達 って どんな 人

人 って いう か

その 友達 の 影響 かな 泉 くん が 変わった の

そんな こと ない と 思う けど

ごめん そんな 変わった って 言って も 気 に なる ほど じゃ

あの 時 から かな やっぱり

本当 は 泉 くん 旅 に 出 た っきり まだ

泉 くん いつか 旅先 で お 父さん が ケガ し て それ で …

行 こ う か

やっぱり 聞い ちゃ まずかった かな

かわいい

おいで

母親 だ ね

らしい ね

野良犬 の 親子 ?

でも ない か 首輪 し てる し

泉 くん

今日 は いい 天気 だ ね そんなに 寒く も ない し

泉 君 お じいさん みたい

ひどい な

ママ

ママ って ば 待って よ

ほら 行く よ

早く

ママ の バァカ

なんで

なんで バカ なんて

ママ なんか 嫌い だ

あたし だって あたし だって ね

ママ なんか 死 ん じゃ え

さあ 行 こ う

泉 くん

穴 だ

穴 が 空 い て いる

穴 ?

どう し た の 大丈夫 ?

いや 急に 息切れ が し て

もう 歳 か な

やめ て よ 本当 に お じいちゃん み たい じゃ ない

たまに 体 を 引き裂か れる よう な 思い に 駆られる

でも しばらく する と 治って しまう

ミギー の 一部 が 俺 の 心 に も 混じって る って 感じる の は そんな 時 だ

でも 俺 は この 子 の こと が 好き だ

大事 に 思って る

それ は 間違い なく 俺 だけ の 心 だ

俺 が この 子 と 仲良く し てる 時

お前 に は ずっと 眠って て ほしい って 思う よ ミギー

それ じゃ

君 泉 新 一 くん だ よ ね

もっと 早く に もっと もっと 仲良く なって れ ば

たった 今 も 君 が 間違い なく 泉 くん だって こと 信じ られる のに

バカ ね 最初 から わかって た こと じゃ ない

でも

なぜ わざわざ 会い に 行く ん だ

最後 の お 願い なんて 言わ れ たら 会わ ない わけ に は いか ない よ

私 に は 理解 でき ん

ちょっと 早く 来 すぎ た か

シン イチ 仲間 だ

しかも 一 人 じゃ ない 3 … いや 5

いったい 何 匹 いる ん だ よ

あっ ち だ

変え て いか ね ば なら ない の は 我々 一人一人 の 意識 な ん です

今や 環境 保護 に つい て 地球 規模 で 論ずる こと は

向こう も 気づ い て いる よう だ が 動き が ない

1 つ の 流行り に も なって おり ます

いま 気づ い た けど 俺 たち って 鬼 太郎 と その 親父 みたい だ な

しかし 具体 的 に 個人 の 力 で どこ まで できる の か

距離 は およそ 60 メートル

現実 に どこ まで 実行 に 移せ て いる の か と 言え ば

全部 で 8 人

低い 位置 に 2 人

立派 な 論説 に 対し いく ら も 追い付 い て き て い ない 点 は 否め ませ ん

高い 位置 台 か 何 か の 上 に 6 人

大気 を 少し でも 汚さ ない ため に マイカー を 捨て られ ます か

今 来 た 文明 の 道 を 逆戻り する の は 至難 の わざ です

しかし ある 部分 戻ら なけ れ ば 全 地球 が あぶない

上 の 6 人 あれ が 全部

そして 下 に も 2 人

惰性 に 流さ れる の は 未来 の ビジョン が 見え ない から です

この 距離 で は 見分け にくい が 目 が 合え ば 分かる かも しれ ない

悲観 的 な 未来 像 を 示し て 「 その うち こう なっちゃ い ます よ 」 と 言って

脅し ながら 効果 を 得よ う と いう やり 方 も ある です が

私 は むしろ 「 こう すれ ば こんなに すばらしい 世界 に なる よ 」 と 言って

見 られ た か

いや この 人ごみ だ から

美しい ユートピア の ビジョン を 示し たい

見 られ た よ

目 が 合った

だが こちら に は あまり 関心 が ない よう だ

もちろん それ は 誰 も が 納得 できる 現実 的 な もの で なけ れ ば なり ませ ん

珍しい もの も 見 られ た し 一 先 ず 退散 しよ う

そう すれ ば 目先 の 便利 さ に とらわれ て いる ばかり で は なく なり

ああ

寄生 生物 が 市長 候補

敢えて 遠回り する こと を 考え て いただける

いったい 何 考え て ん だ

あ 泉

あるいは 考える 余裕 も 出 て くる の で は ない か と

なん でき み が ここ に

なん で って ここ は あたし が 住 ん でる 街 だ し

地方 の 一 市長 選 ん で 何 を 大 風呂敷 な と 思わ れる かも 知れ ませ ん が

あたし が 泉 を 呼び出し た ん じゃ ない

そう だった ね

こと 環境 問題 に 関して は

いま こそ 国 レベル で より

まず 市町村 レベル で こそ 現実 的 即 実用 的 な シナリオ を 描け 始める …

マズ い

次回 「 こころ 」



Want to learn a language?


Learn from this text and thousands like it on LingQ.

  • A vast library of audio lessons, all with matching text
  • Revolutionary learning tools
  • A global, interactive learning community.

在线学习语言 @ LingQ

もう 飲みすぎ ちゃ った

じゃ 僕 は ここ で

待って よ

そんなに 急ぐ こと ない じゃ ない

加藤 さん って まじめ で イケメン だ よ ね

まいった な ハハハ

ホント まじ 好み

こういう の 知って る

ごめん 3 本 も 抜 い ちゃ った …

ウソ …

まいった な

髪 の 毛 で バレ たん だ 手伝って くれ

アルコール を 含 ん だ 肉 は 好き じゃ ない ん だ が な

あなた は 私 の 命 の 恩人

彼 が こんな こと する なんて

僕 と 泉 と どこ が 似 てる の

だから さ 君 が 感じる 何 かって の は

さっき みたい な 危ない 奴 が 出す 電波 みたい な もの かも しれ ない よ

まさか 泉

不意打ち は よく ない ね

ごめん

髪 の 毛 を 抜き たい なら どうぞ ご 自由に

そう ? じゃ 遠慮 なく

満足 し た かい

待って

前 に 注意 し て くれ た よ ね 島田 の こと

もし かして 最初 から 島田 の 正体 を 知って た の

いや 別に

そりゃ そう よ ね あんな 殺人 鬼 と 知り合い だ なんて

深刻 な 顔 し て どう し た の

この 子 は 特別 な ん だ

いっそのこと すべて を 話し て しまったら

でも ミギー は 起き てる

シン イチ 君 が 何 を 考え て いる か わかる ぞ

だが その 女 は 私 の 味方 で は ない

加奈 って いった っけ

君 は 俺 の 存在 を 感じる 不思議 な デレ パシー が ある って 言って た けど

もしも どこ か で それ を 感じ て も 近づ い たら ダメ だ

なんで

いった さき で 化け物 と 遭遇 する かも しれ ない だ ろ う

化け物 ?

ああ

なんで そう 思う の

泉 は 普通 の 人間 な ん でしょ

当たり前 じゃ ない か

じゃあ 不思議 な テレパシー を 感じ た 人 が い たら 髪 の 毛 を 抜 い て みる よ

そう したら そい つ が 化け物 か どう か

ダメ だ そんな こと し ちゃ あ

ど し た の

ごめん

でも 本当 に 危険 だ から

心配 し て くれ てる ん だ

ちょっと 嬉しい かな

シン イチ

ちょっと 話 が ある

用事 思い出し た

ごめん また

あれ あなた は

こんにちは

シン イチ もう あの 女 と は 話す な

そう は いか ない よ

このまま 放ってお い たら 彼女 は きっと 危険 な 目 に 遭う

しかし 君 の 話し 方 は 片っ端から ボロ が 出 て いる 感じ な ん だ よ

気 を 付ける よ

当然 だ

あの こんな こと いきなり 聞く の も 変 です けど

なに

泉 くん 前 と 比べ て すごく 変わった と 思い ませ ん

前 と 比べ て と 言わ れ て も

そんなに しょっちゅう 会って る わけ じゃ ない し

あなた が 最初 に 会った ころ と 今 と

喧嘩 でも し た の

好き な ん でしょ 彼 の こと

ど どこ か 前 と 違う ん です

話す と そう で も ない ん だ けど

あたし の 命 の 恩人 だ し

命 の 恩人 ?

あなた も そういう 夢 を 見る の

夢 ?

いや

あたし に は 分から ない

初め から あんな 感じ だった よう な 気 も する し

彼 どことなく 凄み が ある ん だ よ ね

そんな 暗い 顔 し てる と 彼 に 逃げ られ ちゃ う わ よ

あたし に も チャンス ある かも

10 分 で 戻る

分かった

しかし もう 少し 普通 の 格好 は でき なかった の か

どうせ 汚れる

なんか 用 か

中 に 何 人 いる

お前 バカ か ケガ し ねえ うち に とっとと 失 せろ

なるほど 好 戦 的 だ ね ヤクザ は

たまに いる ん だ よ ね

暴 対 法 が でき て から ヤクザ は 一般 市民 に は 手出し でき ねえ って 感じ の 人 が …

なん だ お前

な なん だ

何 な ん だ こいつ は

どう し た 来い よ

1

この バ … バケ モン が

2

やった ぜ

3 か

ばか な

避け そこなった の は 3

まあ こんな もん だ ろ う

バ バケ モン …

な 何 な ん だ お前 は

実験 だ

拳銃 や 刃物 を 持った 集団 と どこ まで 戦え る か の な

何 か あった ん です か

死体 だ よ 頭 つぶさ れ た

さっき は 銃声 も 聞こえ た ぞ

マジ ?

逃げる ぞ

追いかけろ

あれ い ない

変 だ な 確かに こっち に

やめよ う ぜ ヤクザ の 抗争 に 巻き込ま れ て も し たら たま ん ねえ よ

一応 警察 に 連絡 し とく か

もう 誰 か が 呼 ん だ だ ろ う

ああ …

なん だ

いや さっき と だいぶ 違う んで ね

暴力 団 事務 所 で 殺人

死者 22 名

事務 所 内 に い た 組員 全員 が 死亡 だって

なんか 怖い 事件 が 立て続け に 起こって る ね

うん

寄生 生物 ?

いや 捕食 以外 の 目的 で こんな 殺し 方 は し ない はず だ

なお 警視 庁 は 先ほど 緊急 の 記者 会見 を 行い

事件 現場 から 走り去った 不審 な 男 の 防犯 カメラ 映像 を 公開 する と 発表 し まし た

なかなか 派手 に やった な

いい 運動 に なった よ ボス

泉 くん

来 て くれ て ありがとう

う うん こっち こそ 誘って くれ て ありがとう

どう する

まずは 映画 でも 観よ う か

あの 日 の 事 今 でも 時々 夢 で 見 ちゃ う ん だ

そういう 時 は 目 が 覚め て から も ずっと 震え が 止ま ん ない

泉 くん は そんな こと ない

たまに ある よ

でも 朝 に なる と ほとんど 忘れ てる な

いい な

あたし の 夢 って いつも 色 が つい て て 結構 はっきり 覚え てる ん だ

これ は 友達 が 言って た ん だ けど ね

人間 を 牛 や 豚 と 同列 に 考え て みる ん だ

そう する と 人間 は 動物 の バラバラ 死体 を 毎日 食べ て いる わけ だ から

いまさら 怖い もの なんて ない はず だって

変わって る ね

その 友達 って どんな 人

人 って いう か

その 友達 の 影響 かな 泉 くん が 変わった の

そんな こと ない と 思う けど

ごめん そんな 変わった って 言って も 気 に なる ほど じゃ

あの 時 から かな やっぱり

本当 は 泉 くん 旅 に 出 た っきり まだ

泉 くん いつか 旅先 で お 父さん が ケガ し て それ で …

行 こ う か

やっぱり 聞い ちゃ まずかった かな

かわいい

おいで

母親 だ ね

らしい ね

野良犬 の 親子 ?

でも ない か 首輪 し てる し

泉 くん

今日 は いい 天気 だ ね そんなに 寒く も ない し

泉 君 お じいさん みたい

ひどい な

ママ

ママ って ば 待って よ

ほら 行く よ

早く

ママ の バァカ

なんで

なんで バカ なんて

ママ なんか 嫌い だ

あたし だって あたし だって ね

ママ なんか 死 ん じゃ え

さあ 行 こ う

泉 くん

穴 だ

穴 が 空 い て いる

穴 ?

どう し た の 大丈夫 ?

いや 急に 息切れ が し て

もう 歳 か な

やめ て よ 本当 に お じいちゃん み たい じゃ ない

たまに 体 を 引き裂か れる よう な 思い に 駆られる

でも しばらく する と 治って しまう

ミギー の 一部 が 俺 の 心 に も 混じって る って 感じる の は そんな 時 だ

でも 俺 は この 子 の こと が 好き だ

大事 に 思って る

それ は 間違い なく 俺 だけ の 心 だ

俺 が この 子 と 仲良く し てる 時

お前 に は ずっと 眠って て ほしい って 思う よ ミギー

それ じゃ

君 泉 新 一 くん だ よ ね

もっと 早く に もっと もっと 仲良く なって れ ば

たった 今 も 君 が 間違い なく 泉 くん だって こと 信じ られる のに

バカ ね 最初 から わかって た こと じゃ ない

でも

なぜ わざわざ 会い に 行く ん だ

最後 の お 願い なんて 言わ れ たら 会わ ない わけ に は いか ない よ

私 に は 理解 でき ん

ちょっと 早く 来 すぎ た か

シン イチ 仲間 だ

しかも 一 人 じゃ ない 3 … いや 5

いったい 何 匹 いる ん だ よ

あっ ち だ

変え て いか ね ば なら ない の は 我々 一人一人 の 意識 な ん です

今や 環境 保護 に つい て 地球 規模 で 論ずる こと は

向こう も 気づ い て いる よう だ が 動き が ない

1 つ の 流行り に も なって おり ます

いま 気づ い た けど 俺 たち って 鬼 太郎 と その 親父 みたい だ な

しかし 具体 的 に 個人 の 力 で どこ まで できる の か

距離 は およそ 60 メートル

現実 に どこ まで 実行 に 移せ て いる の か と 言え ば

全部 で 8 人

低い 位置 に 2 人

立派 な 論説 に 対し いく ら も 追い付 い て き て い ない 点 は 否め ませ ん

高い 位置 台 か 何 か の 上 に 6 人

大気 を 少し でも 汚さ ない ため に マイカー を 捨て られ ます か

今 来 た 文明 の 道 を 逆戻り する の は 至難 の わざ です

しかし ある 部分 戻ら なけ れ ば 全 地球 が あぶない

上 の 6 人 あれ が 全部

そして 下 に も 2 人

惰性 に 流さ れる の は 未来 の ビジョン が 見え ない から です

この 距離 で は 見分け にくい が 目 が 合え ば 分かる かも しれ ない

悲観 的 な 未来 像 を 示し て 「 その うち こう なっちゃ い ます よ 」 と 言って

脅し ながら 効果 を 得よ う と いう やり 方 も ある です が

私 は むしろ 「 こう すれ ば こんなに すばらしい 世界 に なる よ 」 と 言って

見 られ た か

いや この 人ごみ だ から

美しい ユートピア の ビジョン を 示し たい

見 られ た よ

目 が 合った

だが こちら に は あまり 関心 が ない よう だ

もちろん それ は 誰 も が 納得 できる 現実 的 な もの で なけ れ ば なり ませ ん

珍しい もの も 見 られ た し 一 先 ず 退散 しよ う

そう すれ ば 目先 の 便利 さ に とらわれ て いる ばかり で は なく なり

ああ

寄生 生物 が 市長 候補

敢えて 遠回り する こと を 考え て いただける

いったい 何 考え て ん だ

あ 泉

あるいは 考える 余裕 も 出 て くる の で は ない か と

なん でき み が ここ に

なん で って ここ は あたし が 住 ん でる 街 だ し

地方 の 一 市長 選 ん で 何 を 大 風呂敷 な と 思わ れる かも 知れ ませ ん が

あたし が 泉 を 呼び出し た ん じゃ ない

そう だった ね

こと 環境 問題 に 関して は

いま こそ 国 レベル で より

まず 市町村 レベル で こそ 現実 的 即 実用 的 な シナリオ を 描け 始める …

マズ い

次回 「 こころ 」


×

我们使用cookies帮助改善LingQ。通过浏览本网站,表示你同意我们的 cookie policy.