image

寄生獣 セイの格率, Kiseijuu: Sei no Kakuritsu (Parasyte -the maxim-) Episode 9

光夫

なん だ あいつ

ちょっと やめ て

うる せ え 俺 が 誰 と やり合 お う が お前 に は 関係無い だ ろ

島田 くん

なるべく 問題 を 起こし たく ない から 手加減 は し た よ

けど また 意味 なく ケンカ を しかけ て くる よう なら

狩る ぞ

よ しっ

泉 くん

君 泉 新 一 君 だ よ ね

その

ごめん 人違い で し た

いや 泉 です

えっ と 君 は

村野

村野 里美

入試 の 時 一緒 の 教室 だった

そう だ ごめん

僕 あの 時 は ガチガチ で 余裕 が なく て

四 月 に なったら よろしく

同じ クラス に なる と いい ね

そ そうだ ね

また 右手 の 反応 が 弱い

どうして た 眠って いる の か

前触れ も なく 強い 信号 を 送れ ば 反射 的 に 動く はず

特に 殺意 に は

鈍感 すぎる

秀 って ホント イケメン だ よ ね

私 は 別に

隠す な 隠す な

裕子 が 似顔絵 描 い てん の 知って る よ

いや だ 見 た の

超 クール だ よ ね あんな イケメン 見 た こと な いか も

ひょっとして 整形

作り 物 … まさか ね

ねえ ねえ 今度 さあ あたし に も 秀 の 似顔絵 描 い て よ

よろしく ね

作り 物

なぜ 公表 を でき ない ん です か

我々 が もっとも 恐れ て いる の は

不正確 な 情報 に よって 引き起こさ れる パニック です

人間 同士 が 不審 感 を 抱き 差別 意識 や 恐怖 心 を 生み

そして デマ や 集団 的 な 狂気 が

息子 の 新一 です

どうも いらっしゃい

ともかく 我々 に は まだ 奴 ら を 見分ける 術 が ない

この タイミング で 公表 し て も なんら プラス に は 働き ませ ん

奥さん の こと は 大変 お 気の毒 に 存じ ます

が 現在 の 状況 を 率直 に 申し上げ れ ば

日本 全体 で 数 千

あるいは それ 以下 の 放し飼い の 猛獣 が いる 程度 の 問題 な の です

あの 今度 は どう です か

はい ちょうど こんな 感じ で し た

変形 は 自在 か

まさしく なんでも あり だ な

噂 は 相当 広まって いる よう ね

その よう だ

でも それ も 予測 でき た こと

今 まで の よう に 昆虫 的 な 捕食 を 繰り返す だけ で は

やがて 追い詰め られ 残らず 駆除 さ れ て しまう

なんと 弱々しく 不完全 な 生き物 な の か

そこ まで 考え 悩 ん で いる の は 君 ぐらい の もの だ ろ う な

私 の 疑問 は ただ 一 つ

私 達 寄生 生物 は 一体 何の ため に 存在 する の か

答え は 簡単 だ よ

地球 に とって 人間 が 毒 と なり

中和 剤 が 必要 に なった

私 は 毒 を 体 内 で 育て て いる と いう わけ か

お 客 様 たち 帰った ん だ

猛獣 か

やはり お前 に だけ は 話し て おく

そう だ 母さん の こと だ

俺 は ただ 黙って 聞い た

右手 の こと は 一切 話さ ず

父さん の 話 に 頷 い た

最後 に 父さん は 初めて はっきり と 俺 に 告げ た

母さん の 死 を

本日 は 口 だけ 顏 教授 に 歯磨き は 朝 か 夜 か に つい て …

獅子舞 か おのれ は

また 寝 てる よ

何 これ 気持ち 悪い

ダメ だ よ これ は 捜査 中 の

それ が 今度 の 容疑 者 な ん だ

容疑 者 な わけな い だ ろ こんな バケ モン

それ より な ん だ よ

何 か 用 かい

ちょっと これ 見 て ほしい ん だ

友達 か

よく 描け てる な

やっぱり お前 才能 ある よ

ね 何 か ぴんと 来 ない

例えば 性格 や 考え 方 と か

お 兄ちゃん 仕事 で 似顔絵 描 い てる ん だ し

ねえ 分かる でしょ

無 茶 言う な よ

いくら なんでも これ だけ じゃ

そう

今日 も 一 人 で 誰 か 待って る の

いや 見張って る の か な

おい 危ない ぞ

あの

大丈夫 です か

ああ

つ … 作り 物 の 顔

今日 こそ 村野 と 仲直り し なきゃ な

村野

この 前 の アレ は その

なんでもない ん だ

俺 は ただ あの 子 に 絡ま れ た だけ で

つまり

シン イチ

何 だ よ ミギー

こんな 時 に

島田 が いま 殺意 を 抱 い て いる

狩る と 言った はず だ が

仕方 が ない

とりあえず

人目 の ない ところ へ 行 こ う か

攻撃 対象 は 4 から 6

たぶん 皆 人間 だ ろ う

一方的 な 殺戮 に なり そう だ

泉 くん

止め に 入る なら 位置 は 指示 する が

どう する

決まって る だ ろ

泉 くん

こいつ 物分かり が よ すぎる ぜ

自分 の 立場 理解 し て ねえ ん じゃ ない の

いい か 手 を 出す な よ

こいつ は 俺 が やる

みんな 同時に 来い よ

ちょっと うるさい 奴 が 近づ い て き た んで ね

やる なら 早い 方 が いい

あの 向こう

泉 …

3 メートル は 跳 ん でる ぞ

右手 の 力 か そんな はず は

島田 お前 とうとう 正体 を 現し た な

正体 ?

じゃ ここ で 勝負 する かい

これ は 僕 が 望 ん だ 状況 じゃ ない

降りかかった 火 の 粉 だ よ

そう だ ろ

行け よ

あと は 俺 が なんとか する

そう じゃあ 任せよ う

おいおい 逃げ ん の か よ

カッコ つけ や がって

仲間 を 庇った つもり か よ

仲間

おまえ ら なんか に 何 が 分かる

今日 は このまま 帰って くれ

それ から さっき の 奴 に は 二 度 と 手 を 出す な

アンタ に 言って る ん だ

この 中 で 一 番 強い ん だ ろ

こいつ なんで 知って る ん だ

矢野 さん と は 初めて 会った はず な のに

いい 目 を し て いる な

何も 知ら ない くせ に 勝手 な こと ばかり 言う ん じゃ ない

口 で 言って 分 から なけ れ ば ほん の 少し 痛み を

帰る ぞ

矢野 さん

負ける

やったら きっと 負ける

村野

あの これ

ありがとう

なん だ よ

ヤツ ら が どう なった か と 思って さ

もう お前 と は 関係無い

手 は 使った の か

全員 君 たち が ぶち のめ し た ん だ ろ

そんな こと は し て い ない

行け 行け よ

痛い

ごめん

なに か あった の 島田 君 と

アイツ は とんでもない 奴 だ

大人 し そう な ツラ し てる けど クソ 野郎 な ん だ

泉 くん

おかしい よ 泉 くん

そんな 言葉 泉 くん に は 似合わ ない

不自然 だ よ

不自然 どこ が

なんて 言う の か

あたし の 知って いる 泉 君 は そんな 人 じゃ なかった

今 の 泉 君 すごく 無理 し てる みたい

無理 なんて し て ない よ

嘘 だ よ

だって 前 と 全然 違う もん

変わった わ

変わった かも しれ ない

だけど 無理 は し て ない

じゃあ なんで 違う の

無理 せ ず に そんなに 変われ る もの な の

君 … 本当 に 泉 くん

うる せ え

ごめん 人違い で し た

胸 の 穴 の せい だ

背中 の 穴 と も 言え る な

私 が 思う に 君 は 強く なった の だ よ

人間 的 に と 言う より 生物 と して

物事 に 動じ ず

落ち込 ん で も 立ち直り が 早く

思考 も 極めて 合理 的 だ

見方 に よって は 君 が 変わった と 思わ れ て も 仕方 が ない

適当 な こ と 言い や がって

でも こうした 精神 的 強 さ は 君 に とって プラス に なる

それ って 俺 を 慰め てる わけ

そう なる かな

必要 で あれ ば また 慰める ネタ を 考え て おく

そい つ は ありがたい な

確かに 見 た この 目 で

着替え てる

どこ へ 行く ん だ ろ う

顔 が … 変わった

顔 の 形 を 変え られる

別人 に なれる

あり え ない よ

それ って まるで

そんな まさか

お 兄ちゃん

どう し た 裕子

まだ 着替え て ない の か

聞き たい こと が ある の

実は これ が 何 な の か 何も 分かって ない ん だ

宇宙 人 説 や 突然 変異 説 または バイオ 兵器 説

でも 間違い ない の よ ね 顔 の 形 が 変わる って いう の は

ああ 目撃 者 は そう 証言 し てる

そして やつ ら は 人間 の 言葉 を 話し 人 を 食い 殺す

お前 も 夜道 の 一 人 歩き に は 気 を つけろ よ

と 言って も 人間 全体 の 数 から すりゃ ごく わずか だ し

出会う こと も ない だ ろ う けど

そ そう よ ね

こいつ を 生け捕り に でも できりゃ な

人 を 食い 殺す あの 島田 君 が

やっぱり お 兄ちゃん に

いや でも 万が一 間違い だったら

そう だ まずは 直接 話し て みよ う

いかに もって 感じよ ね

これ なら

なに 僕 に 話 って

全然 気付 い て ない だ ろ う けど

私 島田 君 の こと かっこいい と 思って た

いつも 見 て た

それ で その

見 ちゃ った の

私 は 島田 君 が 別 の 世界 の 人 だ なんて 思い たく ない

だけど 一部 の 人 が 噂 し てる よう に

人間 を その

殺し たり 食べ た り する 生き物 だったら

だったら ?

もしも もしも そう なら

何も 言わ ず に このまま 家 に 帰って 二 度 学校 に は 来 ない で

人 を 殺す なんて もう やめ て ほしい の

その こと を 誰 か に 話し た かい

ねえ

島田 君 は 本当 に 人 を 殺す の

いい か 口語 文 と 古典 は 違う もの だ

動詞 は リズム で 覚えろ よ

シン イチ

マズイ

マズイ な

し 島田 くん

バカ 野郎

次回 「 発 狂 し た 宇宙 」



Want to learn a language?


Learn from this text and thousands like it on LingQ.

  • A vast library of audio lessons, all with matching text
  • Revolutionary learning tools
  • A global, interactive learning community.

在线学习语言 @ LingQ

光夫

なん だ あいつ

ちょっと やめ て

うる せ え 俺 が 誰 と やり合 お う が お前 に は 関係無い だ ろ

島田 くん

なるべく 問題 を 起こし たく ない から 手加減 は し た よ

けど また 意味 なく ケンカ を しかけ て くる よう なら

狩る ぞ

よ しっ

泉 くん

君 泉 新 一 君 だ よ ね

その

ごめん 人違い で し た

いや 泉 です

えっ と 君 は

村野

村野 里美

入試 の 時 一緒 の 教室 だった

そう だ ごめん

僕 あの 時 は ガチガチ で 余裕 が なく て

四 月 に なったら よろしく

同じ クラス に なる と いい ね

そ そうだ ね

また 右手 の 反応 が 弱い

どうして た 眠って いる の か

前触れ も なく 強い 信号 を 送れ ば 反射 的 に 動く はず

特に 殺意 に は

鈍感 すぎる

秀 って ホント イケメン だ よ ね

私 は 別に

隠す な 隠す な

裕子 が 似顔絵 描 い てん の 知って る よ

いや だ 見 た の

超 クール だ よ ね あんな イケメン 見 た こと な いか も

ひょっとして 整形

作り 物 … まさか ね

ねえ ねえ 今度 さあ あたし に も 秀 の 似顔絵 描 い て よ

よろしく ね

作り 物

なぜ 公表 を でき ない ん です か

我々 が もっとも 恐れ て いる の は

不正確 な 情報 に よって 引き起こさ れる パニック です

人間 同士 が 不審 感 を 抱き 差別 意識 や 恐怖 心 を 生み

そして デマ や 集団 的 な 狂気 が

息子 の 新一 です

どうも いらっしゃい

ともかく 我々 に は まだ 奴 ら を 見分ける 術 が ない

この タイミング で 公表 し て も なんら プラス に は 働き ませ ん

奥さん の こと は 大変 お 気の毒 に 存じ ます

が 現在 の 状況 を 率直 に 申し上げ れ ば

日本 全体 で 数 千

あるいは それ 以下 の 放し飼い の 猛獣 が いる 程度 の 問題 な の です

あの 今度 は どう です か

はい ちょうど こんな 感じ で し た

変形 は 自在 か

まさしく なんでも あり だ な

噂 は 相当 広まって いる よう ね

その よう だ

でも それ も 予測 でき た こと

今 まで の よう に 昆虫 的 な 捕食 を 繰り返す だけ で は

やがて 追い詰め られ 残らず 駆除 さ れ て しまう

なんと 弱々しく 不完全 な 生き物 な の か

そこ まで 考え 悩 ん で いる の は 君 ぐらい の もの だ ろ う な

私 の 疑問 は ただ 一 つ

私 達 寄生 生物 は 一体 何の ため に 存在 する の か

答え は 簡単 だ よ

地球 に とって 人間 が 毒 と なり

中和 剤 が 必要 に なった

私 は 毒 を 体 内 で 育て て いる と いう わけ か

お 客 様 たち 帰った ん だ

猛獣 か

やはり お前 に だけ は 話し て おく

そう だ 母さん の こと だ

俺 は ただ 黙って 聞い た

右手 の こと は 一切 話さ ず

父さん の 話 に 頷 い た

最後 に 父さん は 初めて はっきり と 俺 に 告げ た

母さん の 死 を

本日 は 口 だけ 顏 教授 に 歯磨き は 朝 か 夜 か に つい て …

獅子舞 か おのれ は

また 寝 てる よ

何 これ 気持ち 悪い

ダメ だ よ これ は 捜査 中 の

それ が 今度 の 容疑 者 な ん だ

容疑 者 な わけな い だ ろ こんな バケ モン

それ より な ん だ よ

何 か 用 かい

ちょっと これ 見 て ほしい ん だ

友達 か

よく 描け てる な

やっぱり お前 才能 ある よ

ね 何 か ぴんと 来 ない

例えば 性格 や 考え 方 と か

お 兄ちゃん 仕事 で 似顔絵 描 い てる ん だ し

ねえ 分かる でしょ

無 茶 言う な よ

いくら なんでも これ だけ じゃ

そう

今日 も 一 人 で 誰 か 待って る の

いや 見張って る の か な

おい 危ない ぞ

あの

大丈夫 です か

ああ

つ … 作り 物 の 顔

今日 こそ 村野 と 仲直り し なきゃ な

村野

この 前 の アレ は その

なんでもない ん だ

俺 は ただ あの 子 に 絡ま れ た だけ で

つまり

シン イチ

何 だ よ ミギー

こんな 時 に

島田 が いま 殺意 を 抱 い て いる

狩る と 言った はず だ が

仕方 が ない

とりあえず

人目 の ない ところ へ 行 こ う か

攻撃 対象 は 4 から 6

たぶん 皆 人間 だ ろ う

一方的 な 殺戮 に なり そう だ

泉 くん

止め に 入る なら 位置 は 指示 する が

どう する

決まって る だ ろ

泉 くん

こいつ 物分かり が よ すぎる ぜ

自分 の 立場 理解 し て ねえ ん じゃ ない の

いい か 手 を 出す な よ

こいつ は 俺 が やる

みんな 同時に 来い よ

ちょっと うるさい 奴 が 近づ い て き た んで ね

やる なら 早い 方 が いい

あの 向こう

泉 …

3 メートル は 跳 ん でる ぞ

右手 の 力 か そんな はず は

島田 お前 とうとう 正体 を 現し た な

正体 ?

じゃ ここ で 勝負 する かい

これ は 僕 が 望 ん だ 状況 じゃ ない

降りかかった 火 の 粉 だ よ

そう だ ろ

行け よ

あと は 俺 が なんとか する

そう じゃあ 任せよ う

おいおい 逃げ ん の か よ

カッコ つけ や がって

仲間 を 庇った つもり か よ

仲間

おまえ ら なんか に 何 が 分かる

今日 は このまま 帰って くれ

それ から さっき の 奴 に は 二 度 と 手 を 出す な

アンタ に 言って る ん だ

この 中 で 一 番 強い ん だ ろ

こいつ なんで 知って る ん だ

矢野 さん と は 初めて 会った はず な のに

いい 目 を し て いる な

何も 知ら ない くせ に 勝手 な こと ばかり 言う ん じゃ ない

口 で 言って 分 から なけ れ ば ほん の 少し 痛み を

帰る ぞ

矢野 さん

負ける

やったら きっと 負ける

村野

あの これ

ありがとう

なん だ よ

ヤツ ら が どう なった か と 思って さ

もう お前 と は 関係無い

手 は 使った の か

全員 君 たち が ぶち のめ し た ん だ ろ

そんな こと は し て い ない

行け 行け よ

痛い

ごめん

なに か あった の 島田 君 と

アイツ は とんでもない 奴 だ

大人 し そう な ツラ し てる けど クソ 野郎 な ん だ

泉 くん

おかしい よ 泉 くん

そんな 言葉 泉 くん に は 似合わ ない

不自然 だ よ

不自然 どこ が

なんて 言う の か

あたし の 知って いる 泉 君 は そんな 人 じゃ なかった

今 の 泉 君 すごく 無理 し てる みたい

無理 なんて し て ない よ

嘘 だ よ

だって 前 と 全然 違う もん

変わった わ

変わった かも しれ ない

だけど 無理 は し て ない

じゃあ なんで 違う の

無理 せ ず に そんなに 変われ る もの な の

君 … 本当 に 泉 くん

うる せ え

ごめん 人違い で し た

胸 の 穴 の せい だ

背中 の 穴 と も 言え る な

私 が 思う に 君 は 強く なった の だ よ

人間 的 に と 言う より 生物 と して

物事 に 動じ ず

落ち込 ん で も 立ち直り が 早く

思考 も 極めて 合理 的 だ

見方 に よって は 君 が 変わった と 思わ れ て も 仕方 が ない

適当 な こ と 言い や がって

でも こうした 精神 的 強 さ は 君 に とって プラス に なる

それ って 俺 を 慰め てる わけ

そう なる かな

必要 で あれ ば また 慰める ネタ を 考え て おく

そい つ は ありがたい な

確かに 見 た この 目 で

着替え てる

どこ へ 行く ん だ ろ う

顔 が … 変わった

顔 の 形 を 変え られる

別人 に なれる

あり え ない よ

それ って まるで

そんな まさか

お 兄ちゃん

どう し た 裕子

まだ 着替え て ない の か

聞き たい こと が ある の

実は これ が 何 な の か 何も 分かって ない ん だ

宇宙 人 説 や 突然 変異 説 または バイオ 兵器 説

でも 間違い ない の よ ね 顔 の 形 が 変わる って いう の は

ああ 目撃 者 は そう 証言 し てる

そして やつ ら は 人間 の 言葉 を 話し 人 を 食い 殺す

お前 も 夜道 の 一 人 歩き に は 気 を つけろ よ

と 言って も 人間 全体 の 数 から すりゃ ごく わずか だ し

出会う こと も ない だ ろ う けど

そ そう よ ね

こいつ を 生け捕り に でも できりゃ な

人 を 食い 殺す あの 島田 君 が

やっぱり お 兄ちゃん に

いや でも 万が一 間違い だったら

そう だ まずは 直接 話し て みよ う

いかに もって 感じよ ね

これ なら

なに 僕 に 話 って

全然 気付 い て ない だ ろ う けど

私 島田 君 の こと かっこいい と 思って た

いつも 見 て た

それ で その

見 ちゃ った の

私 は 島田 君 が 別 の 世界 の 人 だ なんて 思い たく ない

だけど 一部 の 人 が 噂 し てる よう に

人間 を その

殺し たり 食べ た り する 生き物 だったら

だったら ?

もしも もしも そう なら

何も 言わ ず に このまま 家 に 帰って 二 度 学校 に は 来 ない で

人 を 殺す なんて もう やめ て ほしい の

その こと を 誰 か に 話し た かい

ねえ

島田 君 は 本当 に 人 を 殺す の

いい か 口語 文 と 古典 は 違う もの だ

動詞 は リズム で 覚えろ よ

シン イチ

マズイ

マズイ な

し 島田 くん

バカ 野郎

次回 「 発 狂 し た 宇宙 」


×

我们使用cookies帮助改善LingQ。通过浏览本网站,表示你同意我们的 cookie policy.