image

寄生獣 セイの格率, Kiseijuu: Sei no Kakuritsu (Parasyte -the maxim-) Episode 7

動く な

違う

奴 じゃ なかった か

でも どうせ こいつ も バケ モン な ん だ ろ う

ち ょ ちょっと 待って くれ

どう し た ミギー

コイツ 人間 の 脳 が 生き残って いる

こりゃ 珍しい な 手 か よ

どこ が 人間 の 脳 だ よ

いや 君 本当 な ん だ 本当 に …

本当 な ん だ ぜ これ が よ

本当 だ シン イチ 脳 は 無傷 だ

顔 の 下 半分 から 首筋 の 前 側

おそらく 胸 の 辺り まで は

そう な ん だ

俺 たちゃ 仲間 っ つ ー わけ だ

結婚 し て 一 年 女房 に 逃げ られ ちゃ って ね

あいつ は 何も 言わ なかった けど

結局 は 僕 の お人好し で 煮え 切ら ない 性格 に 嫌 気 が さし た ん だ と 思う

でも 僕 に は 死ぬ 勇気 なんて なかった

綺麗 だ な ー

へ ヘビ

あっ ち いけ しっ しっ

それ から 後 は

俺 が 話す

あんた の 右手 も 少し は 記憶 が ある はず だ ぜ

俺 たち 初め は 脳 を 奪う だけ が 目的 だった よ な

だから 俺 も 脳 へ 向かって 進 ん だ ん だ

ところが

いったい どう し た ん だ 呼吸 を し て い ない

このまま で は この 肉体 は 死ぬ

脳 を 奪う どころ で は ない 共倒れ だ

ほとんど 仮死 状態 だった その 肉体 に 俺 は 同化 し た

そして

なるほど 面白い な

まあ そんな わけ で 俺 は …

おまえ に 俺 の 体 の 上 半分 を 渡す と

俺 が ダイナミック に しゃべれ なく なる ん だ よ

うるさい

でも 本当 に びっくり し た よ

こいつ が いきなり 同類 が 近づ い て くる なんて 言う から

どんな バケ モノ が 現れる か と 思った けど

君 を 見 て 安心 し た よ

僕 と 同じ 境遇 の 人 が いたん だ ね

ね 話し て よ 君 の その 右手 の こと

そう だ 話し て みろ

は あ でも その 前 に 場所 を 移し て もらえ ませ ん か

おれ 泉 新一 です

こいつ は ミギー

ある 場所 から 離れる わけ に いか ない ので

僕 は 宇田 守

こいつ は ただ の パラサイト で 十 分

ああ パラサイト で 十 分 だ

い ない な

どこ 行っちゃ っ た ん だ ろ う

ひどい ひど すぎる よ

それ で 君 は ずっと この 病院 の そば に …

辛い だ ろ う ね

僕 だったら とても 堪え られ ない よ

こいつ な ん で 泣く ん だ

ホント に 人間 って の は わかん ね えよ な

私 も 時々 そう 思う

君 の ミギー 言葉遣い が 綺麗 だ よ ね

たぶん 本 ばかり 読 ん で い た から だ と 思う けど

俺 は テレビ で 言葉 を 覚え た ん だ ぜ

こいつ は 映画 が 好き で よ しょっちゅう 泣 い てる ん だ

泣く って の は 人間 独特 の もん だ よ な

お前 は 少し 黙って ろ

僕 は 隣町 の ホテル で 働 い て いる ん だ

君 の 言う 敵 が 現れ たら すぐに 連絡 する よ

協力 さ せ て よ

だって 初めて 出会った 仲間 だ もん

本当 に よく 泣く 人 だ な

でも 俺 も うれしい

俺 と 同じ 人 が 味方 が い た なんて

シン イチ

シン イチ

なん だ よ こんな 時間 に

重要 な 話 だ

昼間 話 そ う と 思った の だ が

宇田 たち が 現れ た ため つい 言いそびれ て しまった

思い出せ シン イチ

君 は オリンピック 選手 並み の 速 さ で 走る

3 メートル 以上 の 高 さ を 跳躍 し た

なん だって

気づ い て なかった か

では 説明 しよ う

まず 私 の 体 だ が

こう なる に は 訓練 が 必要 な ん だ ぜ

2 つ に 分裂 し た 程度 なら

お互いに もの を 考え しゃべる こと も できる

ところが あまり 細かく 小さく なる と

知能 は 低下 し 考える こと は おろか

元通り 繋がる こと も 出来 なく なり

すぐ 干からび て 死 ん で しまう

だから 分裂 する とき は 予め 意思 統一 し て おく の だ

つまり 合い言葉 だ

元通り 1 つ に 戻る っと ね

ああ そう な ん だ

ところが だ 細かく 分裂 し た 肉 片 でも 生き 続け られる 場所 が ある

それ は 常に 新しい 血液 が 流れ て くる 場所

つまり 君 の 体 内 な ん だ

俺 の …

まさか ミギー

そう な ん だ よ

今 君 と 話し て いる 私 は 元 の 私 の 体 の 70 % ほど な ん だ

君 の 心臓 の 穴 を 塞 い だ 私 は

血管 を 通って 右手 に 戻 ろ う と 意思 統一 し た

だが 回復 し た 心臓 の 力 が 予想 以上 に 強かった ため

君 の 全身 に 散って しまった

彼ら は 細かく なり すぎ て もう 連絡 が 取れ ない

なん だって

もう 大概 の こと に は 驚か ない と 思って た のに

君 の 体 に 変化 が 起き なけ れ ば 黙って いる つもり だった

ミギー

全身 って 言った よ な

てこ と は 脳 に も ?

わから ん

でも 彼ら は 意識 を もって いる わけ で は ない し

毛細 血管 に は 入り込ま ない と 思う が

何 か 気 に なる の か

いや 大した こと じゃ ない

思い過ごし かも しれ ない

あの 時 いろんな 思い が 込み上げ て き て 胸 が 裂け そう だった のに

涙 は 出 なかった

さっき だって そう だ

宇田 さん は 初めて 仲間 に 出会え て あんなに 泣 い て い た のに

俺 は …

泣く って の は 人間 独特 の もん だ よ な

胸 の 穴 か

マキ ちゃん

なん だ 気づ い て た の

俺 さ 普通 の 人間 に 見える ?

み 見える よ なんで

もう な ん な の よ 自分 一 人 で 納得 し ちゃ って さ

何も 話し て くれ ない ん だ から

船 の 中 で だって 今 だって

泉 さん 時々 ひどい 顔 し てる よ

まるで 涙 出さ ない で 泣 い てる みたい に

き 気 に なる じゃ ない

ごめん

もう しら ない

宇田 さん だ

来 た よ パラサイト が 一 匹

君 の 敵 人 間違い ない と 思う

で そい つ は まっすぐ こっち へ

いや 僕 に 気づ い た らしく 近づ い てき てる

君 が 来る まで なんとか 引き止め て おく よ

何 言って る ん です

人間 の 脳 が 残って る と わかったら 問答 無用 で 攻撃 し て き ます よ

あと 100 メートル だ な

早く 早く 逃げ て

わ わかった

岬 を 通って すぐに そっち の 町 へ 行く よ

シン イチ 反応 が 1 つ

1 つ か たぶん 宇田 さん だ な

急げ 追い つかれる ぞ

こ これ でも 精一杯 な ん だ よ

あっ ち は 人体 の 潜在 能力 を ぎりぎり まで 引き 出 せる らしい

こりゃ 勝ち目 ねえ ぞ 逃げよ う ぜ

そう は いか ない

今 に 新一 くん たち も 来る

力 を 合わせ て やっつける ん だ

だったら そっち へ 行け

その方 が まだ 可能 性 が ある ぜ

シン イチ

来 た の か もう 1 人

違う 眠い

そんな うそ だ ろ

もう ダメ だ

起きろ ミギー

宇田 さん たち を 見殺し に する の か

せめて この 形 で …

出来る なら 逃げ て くれ

自分 が まず … 生きる … こと を …

大丈夫 さ

宇田 さん や パラサイト と 力 を 合わせ れ ば

おい もう 進め ない ぞ まずい ん じゃ ない の か

いや ここ なら 追いつか れ て も 挟み撃ち に できる だ ろ う

お前 で 2 人 目 だ な 脳 が 生き残って いる やつ を 見 た の は

ただ 私 に とって は ただ の 邪魔者

今 片づけ て やる

これ が 本来 あるべき 完成 品 の 姿 か

どこ だ

どこ に いる ん だ

こ 殺さ れる

話 に なら ん な

統一 さ れ た 私 の 体 に 比べ

おまえ の 土台 で ある 人間 の 動き は まるで 鈍い

まったく だ

おまけに 呼吸 が めちゃくちゃ すぎ て こっち まで 疲れ て き た ぜ

だが この 女 の 攻撃 も 妙に 単調 な ん だ よ な

そう まるで 体 の 一 ヶ所 だけ を 狙って いる よう な

もう 勝負 が つい た

早く 始末 さ れろ

お前 の よう に 寄生 し た 部分 が はっきり し ない やつ は

心臓 を 破壊 して やる の が もっとも 確実 だ

やっぱり そう だった か

もう 1 人 仲間 が

だが 変 だ

反応 が 弱 すぎる

まるで 眠って いる よう だ が

なぜ だ 殺し た はず な のに

あの 時 狙い が それ た の か

いや そんな こと は ない

心臓 に 穴 を 開け られ て も 死な ない と は

ついでに 首 も 切り落とし て おく べき だった か

ひどい 声 まで そのまま じゃ ない か

一 秒 でも 早く お前 を 殺す

そう だ 来い

化け物 は 化け物 らしく

殺し て やる おまえ も

おまえ も ? それ じゃ 宇田 さん が …

右手 の 反応 が 鈍い

まるで 冬眠 でも し て いる よう だ

だ と すれば 人間 1 匹 に なに が できる

避け た

まさか 人間 に そんな 運動 能力 が ある はず は

ばか な

見える ヤツ の 動き が 見える ぞ

A と 戦った とき と は 全然 違う

そう か 物 凄い スピード で 変形 し ながら 動 い て い た の か

信じ られ ん

宇田 さん

この世 で 一 人 たった 一 人 同じ 思い を 分かり 合え る 人 だった のに

くそ ー

なぜ だ なぜ こいつ は こんなに 早く 動け る

首 だ 首 から 上 だけ を 狙う ん だ

殺す 早く

1 秒 でも 早く 殺す

こいつ 人間 と は 思え ん

人間 じゃ ない

母さん

母さん 今

今 その 化け物 を 切り離し て やる から ね

くそ

死ね …

宇田 さん

こ こいつ は もちろん 君 の お 母さん なんか じゃ ない

でも 君 が やっちゃ いけない 気 が する

なぜ だ

お前 まで なぜ 生き て いる

攻撃 パターン を 読 ん だ の さ

て め え は 正確 に 心臓 を 狙って き た

だから て め え の 触手 が 突き刺さる 寸前 に

心臓 と 重要 器官 の 位置 を ずらし た の さ

母さん

終わった

終わった ん だ

どうも お 世話 に なり まし た それ じゃ

送って いく よ

用事 済 ん だ の

ああ 済 ん だ

ねえ 今度 は さ 観光 で おいで よ

いや もう 二 度 と ここ に は

いや だ

いや いつか ずっと 先 で も いい から

さよなら

うまく 話せ たら い い ん だ が

その 何 と 言ったら いい の か

ただ これ だけ は 信じ て ほしい

母さん は 最後 まで いや 今 も おまえ を 愛し て いる

そして 俺 も おまえ と 母さん を

うん

父さん 1 つ だけ 夢 の こと

その 父さん が 見 た 悪い 夢 の 中 で 母さん は … その

苦しい 思い と か し た の か な

いや すべて が 一瞬 の こと だった から な

そう

新一

彼 だ

近く に 彼 が いる

泉 くん …

泉 くん 帰って き た ん だ

泉 くん

よ ぉ

次回 「 氷点 」



Want to learn a language?


Learn from this text and thousands like it on LingQ.

  • A vast library of audio lessons, all with matching text
  • Revolutionary learning tools
  • A global, interactive learning community.

在线学习语言 @ LingQ

動く な

違う

奴 じゃ なかった か

でも どうせ こいつ も バケ モン な ん だ ろ う

ち ょ ちょっと 待って くれ

どう し た ミギー

コイツ 人間 の 脳 が 生き残って いる

こりゃ 珍しい な 手 か よ

どこ が 人間 の 脳 だ よ

いや 君 本当 な ん だ 本当 に …

本当 な ん だ ぜ これ が よ

本当 だ シン イチ 脳 は 無傷 だ

顔 の 下 半分 から 首筋 の 前 側

おそらく 胸 の 辺り まで は

そう な ん だ

俺 たちゃ 仲間 っ つ ー わけ だ

結婚 し て 一 年 女房 に 逃げ られ ちゃ って ね

あいつ は 何も 言わ なかった けど

結局 は 僕 の お人好し で 煮え 切ら ない 性格 に 嫌 気 が さし た ん だ と 思う

でも 僕 に は 死ぬ 勇気 なんて なかった

綺麗 だ な ー

へ ヘビ

あっ ち いけ しっ しっ

それ から 後 は

俺 が 話す

あんた の 右手 も 少し は 記憶 が ある はず だ ぜ

俺 たち 初め は 脳 を 奪う だけ が 目的 だった よ な

だから 俺 も 脳 へ 向かって 進 ん だ ん だ

ところが

いったい どう し た ん だ 呼吸 を し て い ない

このまま で は この 肉体 は 死ぬ

脳 を 奪う どころ で は ない 共倒れ だ

ほとんど 仮死 状態 だった その 肉体 に 俺 は 同化 し た

そして

なるほど 面白い な

まあ そんな わけ で 俺 は …

おまえ に 俺 の 体 の 上 半分 を 渡す と

俺 が ダイナミック に しゃべれ なく なる ん だ よ

うるさい

でも 本当 に びっくり し た よ

こいつ が いきなり 同類 が 近づ い て くる なんて 言う から

どんな バケ モノ が 現れる か と 思った けど

君 を 見 て 安心 し た よ

僕 と 同じ 境遇 の 人 が いたん だ ね

ね 話し て よ 君 の その 右手 の こと

そう だ 話し て みろ

は あ でも その 前 に 場所 を 移し て もらえ ませ ん か

おれ 泉 新一 です

こいつ は ミギー

ある 場所 から 離れる わけ に いか ない ので

僕 は 宇田 守

こいつ は ただ の パラサイト で 十 分

ああ パラサイト で 十 分 だ

い ない な

どこ 行っちゃ っ た ん だ ろ う

ひどい ひど すぎる よ

それ で 君 は ずっと この 病院 の そば に …

辛い だ ろ う ね

僕 だったら とても 堪え られ ない よ

こいつ な ん で 泣く ん だ

ホント に 人間 って の は わかん ね えよ な

私 も 時々 そう 思う

君 の ミギー 言葉遣い が 綺麗 だ よ ね

たぶん 本 ばかり 読 ん で い た から だ と 思う けど

俺 は テレビ で 言葉 を 覚え た ん だ ぜ

こいつ は 映画 が 好き で よ しょっちゅう 泣 い てる ん だ

泣く って の は 人間 独特 の もん だ よ な

お前 は 少し 黙って ろ

僕 は 隣町 の ホテル で 働 い て いる ん だ

君 の 言う 敵 が 現れ たら すぐに 連絡 する よ

協力 さ せ て よ

だって 初めて 出会った 仲間 だ もん

本当 に よく 泣く 人 だ な

でも 俺 も うれしい

俺 と 同じ 人 が 味方 が い た なんて

シン イチ

シン イチ

なん だ よ こんな 時間 に

重要 な 話 だ

昼間 話 そ う と 思った の だ が

宇田 たち が 現れ た ため つい 言いそびれ て しまった

思い出せ シン イチ

君 は オリンピック 選手 並み の 速 さ で 走る

3 メートル 以上 の 高 さ を 跳躍 し た

なん だって

気づ い て なかった か

では 説明 しよ う

まず 私 の 体 だ が

こう なる に は 訓練 が 必要 な ん だ ぜ

2 つ に 分裂 し た 程度 なら

お互いに もの を 考え しゃべる こと も できる

ところが あまり 細かく 小さく なる と

知能 は 低下 し 考える こと は おろか

元通り 繋がる こと も 出来 なく なり

すぐ 干からび て 死 ん で しまう

だから 分裂 する とき は 予め 意思 統一 し て おく の だ

つまり 合い言葉 だ

元通り 1 つ に 戻る っと ね

ああ そう な ん だ

ところが だ 細かく 分裂 し た 肉 片 でも 生き 続け られる 場所 が ある

それ は 常に 新しい 血液 が 流れ て くる 場所

つまり 君 の 体 内 な ん だ

俺 の …

まさか ミギー

そう な ん だ よ

今 君 と 話し て いる 私 は 元 の 私 の 体 の 70 % ほど な ん だ

君 の 心臓 の 穴 を 塞 い だ 私 は

血管 を 通って 右手 に 戻 ろ う と 意思 統一 し た

だが 回復 し た 心臓 の 力 が 予想 以上 に 強かった ため

君 の 全身 に 散って しまった

彼ら は 細かく なり すぎ て もう 連絡 が 取れ ない

なん だって

もう 大概 の こと に は 驚か ない と 思って た のに

君 の 体 に 変化 が 起き なけ れ ば 黙って いる つもり だった

ミギー

全身 って 言った よ な

てこ と は 脳 に も ?

わから ん

でも 彼ら は 意識 を もって いる わけ で は ない し

毛細 血管 に は 入り込ま ない と 思う が

何 か 気 に なる の か

いや 大した こと じゃ ない

思い過ごし かも しれ ない

あの 時 いろんな 思い が 込み上げ て き て 胸 が 裂け そう だった のに

涙 は 出 なかった

さっき だって そう だ

宇田 さん は 初めて 仲間 に 出会え て あんなに 泣 い て い た のに

俺 は …

泣く って の は 人間 独特 の もん だ よ な

胸 の 穴 か

マキ ちゃん

なん だ 気づ い て た の

俺 さ 普通 の 人間 に 見える ?

み 見える よ なんで

もう な ん な の よ 自分 一 人 で 納得 し ちゃ って さ

何も 話し て くれ ない ん だ から

船 の 中 で だって 今 だって

泉 さん 時々 ひどい 顔 し てる よ

まるで 涙 出さ ない で 泣 い てる みたい に

き 気 に なる じゃ ない

ごめん

もう しら ない

宇田 さん だ

来 た よ パラサイト が 一 匹

君 の 敵 人 間違い ない と 思う

で そい つ は まっすぐ こっち へ

いや 僕 に 気づ い た らしく 近づ い てき てる

君 が 来る まで なんとか 引き止め て おく よ

何 言って る ん です

人間 の 脳 が 残って る と わかったら 問答 無用 で 攻撃 し て き ます よ

あと 100 メートル だ な

早く 早く 逃げ て

わ わかった

岬 を 通って すぐに そっち の 町 へ 行く よ

シン イチ 反応 が 1 つ

1 つ か たぶん 宇田 さん だ な

急げ 追い つかれる ぞ

こ これ でも 精一杯 な ん だ よ

あっ ち は 人体 の 潜在 能力 を ぎりぎり まで 引き 出 せる らしい

こりゃ 勝ち目 ねえ ぞ 逃げよ う ぜ

そう は いか ない

今 に 新一 くん たち も 来る

力 を 合わせ て やっつける ん だ

だったら そっち へ 行け

その方 が まだ 可能 性 が ある ぜ

シン イチ

来 た の か もう 1 人

違う 眠い

そんな うそ だ ろ

もう ダメ だ

起きろ ミギー

宇田 さん たち を 見殺し に する の か

せめて この 形 で …

出来る なら 逃げ て くれ

自分 が まず … 生きる … こと を …

大丈夫 さ

宇田 さん や パラサイト と 力 を 合わせ れ ば

おい もう 進め ない ぞ まずい ん じゃ ない の か

いや ここ なら 追いつか れ て も 挟み撃ち に できる だ ろ う

お前 で 2 人 目 だ な 脳 が 生き残って いる やつ を 見 た の は

ただ 私 に とって は ただ の 邪魔者

今 片づけ て やる

これ が 本来 あるべき 完成 品 の 姿 か

どこ だ

どこ に いる ん だ

こ 殺さ れる

話 に なら ん な

統一 さ れ た 私 の 体 に 比べ

おまえ の 土台 で ある 人間 の 動き は まるで 鈍い

まったく だ

おまけに 呼吸 が めちゃくちゃ すぎ て こっち まで 疲れ て き た ぜ

だが この 女 の 攻撃 も 妙に 単調 な ん だ よ な

そう まるで 体 の 一 ヶ所 だけ を 狙って いる よう な

もう 勝負 が つい た

早く 始末 さ れろ

お前 の よう に 寄生 し た 部分 が はっきり し ない やつ は

心臓 を 破壊 して やる の が もっとも 確実 だ

やっぱり そう だった か

もう 1 人 仲間 が

だが 変 だ

反応 が 弱 すぎる

まるで 眠って いる よう だ が

なぜ だ 殺し た はず な のに

あの 時 狙い が それ た の か

いや そんな こと は ない

心臓 に 穴 を 開け られ て も 死な ない と は

ついでに 首 も 切り落とし て おく べき だった か

ひどい 声 まで そのまま じゃ ない か

一 秒 でも 早く お前 を 殺す

そう だ 来い

化け物 は 化け物 らしく

殺し て やる おまえ も

おまえ も ? それ じゃ 宇田 さん が …

右手 の 反応 が 鈍い

まるで 冬眠 でも し て いる よう だ

だ と すれば 人間 1 匹 に なに が できる

避け た

まさか 人間 に そんな 運動 能力 が ある はず は

ばか な

見える ヤツ の 動き が 見える ぞ

A と 戦った とき と は 全然 違う

そう か 物 凄い スピード で 変形 し ながら 動 い て い た の か

信じ られ ん

宇田 さん

この世 で 一 人 たった 一 人 同じ 思い を 分かり 合え る 人 だった のに

くそ ー

なぜ だ なぜ こいつ は こんなに 早く 動け る

首 だ 首 から 上 だけ を 狙う ん だ

殺す 早く

1 秒 でも 早く 殺す

こいつ 人間 と は 思え ん

人間 じゃ ない

母さん

母さん 今

今 その 化け物 を 切り離し て やる から ね

くそ

死ね …

宇田 さん

こ こいつ は もちろん 君 の お 母さん なんか じゃ ない

でも 君 が やっちゃ いけない 気 が する

なぜ だ

お前 まで なぜ 生き て いる

攻撃 パターン を 読 ん だ の さ

て め え は 正確 に 心臓 を 狙って き た

だから て め え の 触手 が 突き刺さる 寸前 に

心臓 と 重要 器官 の 位置 を ずらし た の さ

母さん

終わった

終わった ん だ

どうも お 世話 に なり まし た それ じゃ

送って いく よ

用事 済 ん だ の

ああ 済 ん だ

ねえ 今度 は さ 観光 で おいで よ

いや もう 二 度 と ここ に は

いや だ

いや いつか ずっと 先 で も いい から

さよなら

うまく 話せ たら い い ん だ が

その 何 と 言ったら いい の か

ただ これ だけ は 信じ て ほしい

母さん は 最後 まで いや 今 も おまえ を 愛し て いる

そして 俺 も おまえ と 母さん を

うん

父さん 1 つ だけ 夢 の こと

その 父さん が 見 た 悪い 夢 の 中 で 母さん は … その

苦しい 思い と か し た の か な

いや すべて が 一瞬 の こと だった から な

そう

新一

彼 だ

近く に 彼 が いる

泉 くん …

泉 くん 帰って き た ん だ

泉 くん

よ ぉ

次回 「 氷点 」


×

我们使用cookies帮助改善LingQ。通过浏览本网站,表示你同意我们的 cookie policy.