image

寄生獣 セイの格率, Kiseijuu: Sei no Kakuritsu (Parasyte -the maxim-) Episode 6

心臓 を 貫 い た

人間 部分 は 即死 だ

そして お前 も あと 数 分

頭 を 奪え なかった もの の 寿命 と して 諦める ん だ な

時間 が ない

心臓 へ の 直撃 到底 数 分 で は 修復 でき ない

かといって このまま で は まず シン イチ の 脳 が ダメ に なる

と なれ ば

私 自身 が 心臓 と 一体 化 する 以外 に ない

穴 を 塞ぐ と 同時に 心臓 を 動かし

さらに 私 自身 に も 血液 を 循環 さ せる

さっき の ヤツ は 頭 へ の 移動 に 成功 し た よう だ が

私 の 場合 は それ 以上 の 冒険 だ な

よし なんとか なり そう だ

しかし 自然 治癒 は 期待 でき ん

全身 から 少しずつ 細胞 組織 を 集め

傷 を 修復 補強 する

私 自身 は それ に 合わせ て 少しずつ 血管 を 伝って 右手 に 戻る

え 泉 くん 今日 も 休み な の

うん 先生 が 家 に 電話 し た けど 誰 も で ない ん だ って

心配 だ な

帰り に 寄って みる ?

うん

でも 住所 が …

知って る

この 間 泉 くん と 一緒 に 帰った から

ねぇ ちょっと ちょっと

いつ から 泉 くん と そんな 関係 に なった の

いや だ そんな ん じゃ ない って

そんな ん じゃ ない って ? どう な の よ

アキホ に は 関係無い でしょ 勝手 に 話 に 割り込ま ない で よ

いい じゃ ん ケチ

ケチ と か じゃ なく て

泉 って 村野 と 付き合って ん の か

いい だ ろ なんか あった ん でしょ 教え て よ

うる せ え

やめ て よ アキホ ったら

砂糖 か

穴 が … ふさがって いる

縫い 合わせ た と 言う より は 溶接 し た よう な 跡

ミギー

ミギー が 治療 を …

ゆ …

夢 じゃ …

なかった の か

はい

やっと つかまった わ

こちら 桜 崎 病院 です が

そちら 泉 一之 さん の お宅 でしょう か

はい

まさか 父さん が

ええ 大丈夫 です よ

今 は 眠って らっしゃる けど 命 に 別状 は あり ませ ん から

ですから ね お 見舞い に いらっしゃる とき 着替え 等 です ね …

今 すぐ 行き ます

泉 君

あ … あの

学校 休 ん で た から ちょっと 寄って み た ん だ

ご 両親 は 旅行 中 って 言って た し

泉 くん 一 人 で 病気 でも し てる の か なあ なんて 思って

父さん が 旅先 で 怪我 し たら しん だ

じゃあ お 母さん 一 人 で 困って る ん だ

おれ しばらく 学校 休む

泉 くん

新一 くん

ま … また 帰って くる よ ね

殺し て やる ヤツ を !

ヤツ は 父さん に 姿 を 見 られ た うえ に 逃げ られ た ん だ

だから 住所 まで 調べ て うち に やって き た

あの 男 は 戻って い ない の か

うち の 住所 は どこ で 調べ た

荷物 か それとも ホテル で

その うち きっと 父さん の 病院 も 突き止め て くる に 違いない

早く 早く

あの

あの 大丈夫 です か

なんか 思いつめ た よう な 顔 し て た から

きみ 桜 崎 の 人 ?

ええ

じゃあ 桜 崎 病院 って わかる よ ね

はい よく 知って ます

18 日 の 夕方 で し た ね 奥さん が 殺害 さ れ た と いう の は

はい

家内 は …

家内 の 遺体 は 見つかった ん です か

泉 さん 奥さん は 生き て おら れ ます

18 日 つまり あなた が 海 へ 転落 し た 日 の 夜 9 時 すぎ に

奥さん は 一 人 で ホテル に 戻ら れ て いる ん です よ

そんな ばか な

奥さん は ホテル の フロント と と も 会話 を し て い まし た ね

「 主人 は 急用 で 帰った が 自分 は もう 一 泊 し て いく 」 と 伝え て

翌早 朝 チェック アウト し て い ます

違う そんな はず は …

そい つ は 偽物 です

しかし フロント は 奥さん の 右腕 に 火傷 の 跡 も 確認 し て い て

同一 人物 で 間違い ない と 証言 し て い ます

泉 さん 多分 あなた は 精神 的 な ショック に よって

転落 前 に 見 た 現実 と 転落 後 に 見 た 悪夢 と が

ご ちゃ まぜ に なって いる ん だ と 思って い ます

あれ は 夢 で は あり ませ ん

絶対 に 夢 で は

ここ よ

ありがとう

じゃあ ね

ええ そちら に なり ます

父さん

新一

と …

心配 かけ て しまった な

母さん が …

こんなに つらい のに

言葉 が 出 ない ほど 悲しい のに

涙 は 少しも …

大丈夫 か 新一

母さん が …

新一 母さん なあ 何 か 事故 に 巻き込ま れ た らしく て

行方 が 分から ない ん だ

父さん

み 見 た ん でしょ

なに を

なに を って

そう 悪い 夢 を 見 た らしい

頭 を 打った せい で な

夢 ?

嘘 だ

母さん の こと は 警察 に 頼 ん だ

俺 の 方 は まだ しばらく 入院 が 必要 だ が 大した こと は ない

何 言って ん だ

何 言って ん だ よ 父さん

新一 うち で 何 か あった の か

何 か あった の か じゃ ない だ ろ

母さん が 殺さ れ た ん だ よ 化け物 に

電話 で 俺 は そんな むちゃくちゃ な こと を 言った の か

すま ん 本当 に すま ん 間違え た

本当 に 夢 だ と 思って る

新一 俺 の 方 は 大丈夫 だ から

2 3 日 ゆっくり し たら 家 に 戻って ほしい

つらい だ ろ う が もう しばらく 頑張って くれ

何 か 困った 事 が あったら 千葉 の 叔父さん に

父さん 話 が ある ん だ

母さん と 化け物 の …

新一

頼む 今 その こと は …

父さん …

泣 い てる

やっぱり 知って る ん だ ね 母さん が 死 ん だ こと を

父さん に 化け物 の 正体 を 教え て やり たい

母さん の 敵 が どんな ヤツ な の か

ミギー さえ 人間 の 本当 の 味方 だったら

着替え 持って き た よ

新一 宿 は どう し た

ここ に 泊まる よ

しかし ここ じゃ ゆっくり 休め ない ぞ

浜辺 の 近く に ホテル が ある そう だ から そこ に 泊まる と いい

病院 か

待て よ ミギー は 眠って いる

今 なら こいつ の 正体 を ばら せる か も

いや 今 は だめ だ

敵 を 見つける ため に も 戦う ため に も こいつ の 能力 が いる

情けない けど 結局 は こいつ の 力 に 頼る しか ない ん だ

桜 崎 ホテル って そんなに 遠い ん です か

遠く ない です よ ほんの 300 メートル ぐらい です から

300 メートル じゃ ミギー が 敵 を 探知 できる ぎりぎり だ

敵 が 病院 に 現れ た 時 に は もう 間に合わ ない

病院 の すぐ 裏 か こりゃ いい

ごめん ください

お 一 人 様 です か

キミ は …

お 母さん お 客 さん だ よ

父さん は 見 た はず だ 母さん が 殺さ れる ところ を

いずれ 俺 が 知って いる こと すべて を 打ち明け なきゃ なら ない だ ろ う

でも 今 は 父さん の 命 を 守る こと と 母さん の 仇 を

あの お 食事 下 に 用意 でき て ます から ね

はい

気配 が よく 伝わる

壁 が 薄い の か それとも 俺 の 耳 が よく なった の か

シン イチ

黙って いよ うか と 思った が やはり 話す こと に し た

重要 な こと だ

きみ が 肉親 の こと を 思う 心 は とても 強い もの だ

それ に 比べ 私 の こと を 軽く

いや むしろ 厄介 者 だ と 思って いる こと も 知って いる

我々 は 味方 で ある と 同時に

種 の 違う 敵 同士 と 言え る の かも しれ ない

何 が 言い たい

あの 日 破壊 さ れ た 君 の 体 を 修復 する 過程 に おい て

私 の 体 に も 変化 が 起き た

変化 ?

弱点 だ よ

他の 寄生 生物 に ない 弱点 が 私 に でき て しまった ん だ

1 日 の うち 4 時間 ほど の 間 私 は 完全 に 眠って しまう

なん だ 今 まで だって 寝 て た だ ろ

そう じゃ ない

今 まで は 眠って い て も ちょっと した こと で 目 が 覚め た

シン イチ が 驚 い たり 呼吸 を 乱し た り

あるいは 仲間 が 300 メートル 先 に 現れ て も だ

仲間 が …

そう だ

しかし 今度 の 眠り は そうした アンテナ まで が まるで 効か なく なる

つまり この 4 時間 の 間 に 敵 が 現れ れ ば

すべて が 終わり と いう こと だ

君 の 心臓 を 修復 する に あたって 私 は 長 時間 右腕 から 離れ た

その 結果 体質 が 少々 変わって しまった ん だ よ

なんで そんな 大事 な こと 黙って た ん だ よ

君 は 母親 を 殺さ れ て

寄生 生物 の 仲間 で ある 私 に 強い 敵意 を 持った よう だ な

自分 の 弱点 を 敵 に 教える の は 非常に 危険 な こと だ

だから 今 まで 黙って い た

だが 君 に 知って おい て もらわ なけ れ ば さらに

より 一層 危険 だ と 判断 し た わけ だ

わかった か ね

俺 は もう ミギー の こと を 敵 だ なんて 思って ない よ

命 の 恩人 だ もん な

その 言い 方 は 正確 じゃ ない な

わたし の ため の 命 で も ある

おはよう

おはよう

あれ 今日 は 顔色 いい ね

昨日 は もっと げっそり し た 感じ だった のに

よく 眠れ た ん だ ね

助かる

新聞 なんて 久 ぶり じゃ ない

ああ タブレット も 携帯 も 海 に 落ち た 時 に ダメ に なって しまった から な

戻ったら 早速 買わ ない と ね

ああ

お前 は

もう しばらく ここ に い て 様子 を 見る よ

ミギー が 深い 眠り に つい て いる 間 は

俺 が この 目 で 見張ら なきゃ なら ない

なるべく 人目 が 多く 襲撃 の 可能 性 の 少ない 昼間 に ミギー に は 眠って もら お う

ヤツ が 来る と し たら どっち だ

ミギー は 自分 が 起きる まで は 戦 うなって 言って だ けど

いきなり 襲わ れ たら 戦う しか ない

それ に 母さん を 殺し た ヤツ から 逃げ たく ない

こんにちは

や あ え ー と 真樹子 ちゃん だ っけ

マキ で いい です よ

ずっと ここ に 座って た の

そんなに お 父さん の こと が 心配 ?

まあ ね 他 に やる こと も ない し

ねぇ 彼女 と か いる の

シン イチ 仲間 だ

距離 は ちょうど 300 メートル ほど 浜辺 の 方角 だ

き た

真樹 ちゃん 浜辺 に 出る 道 は

浜辺 なら 家 に 行く 道 を まっすぐ …

ちょっと まっすぐ 行ったら 波 除け で …

もう

待って

待って

足 は やっ

シン イチ 念 を 押して おく ぞ

なん だ

いい ん だ な 殺し て

いい

あんな ヤツ が この世 を うろつ い てる って 想像 する だけ で

たまらない ん だ

待って って 言った の に いきなり 走り出し ちゃ う ん だ から

浜辺 に 行く なら 向こう に 回ら ない と

マジ

今 向こう の 端 で 何 か 隠れ た

ヤツ だ

シン イチ 実は もう 一 つ 言う こと が ある

君 自身 の こと だ

今 やっと はっきり した こと な ん だ が …

後 に し て くれ

逃がす か

よくも

よくも 母さん を

動く な !

次回 「 暗 夜行 路 」



Want to learn a language?


Learn from this text and thousands like it on LingQ.

  • A vast library of audio lessons, all with matching text
  • Revolutionary learning tools
  • A global, interactive learning community.

在线学习语言 @ LingQ

心臓 を 貫 い た

人間 部分 は 即死 だ

そして お前 も あと 数 分

頭 を 奪え なかった もの の 寿命 と して 諦める ん だ な

時間 が ない

心臓 へ の 直撃 到底 数 分 で は 修復 でき ない

かといって このまま で は まず シン イチ の 脳 が ダメ に なる

と なれ ば

私 自身 が 心臓 と 一体 化 する 以外 に ない

穴 を 塞ぐ と 同時に 心臓 を 動かし

さらに 私 自身 に も 血液 を 循環 さ せる

さっき の ヤツ は 頭 へ の 移動 に 成功 し た よう だ が

私 の 場合 は それ 以上 の 冒険 だ な

よし なんとか なり そう だ

しかし 自然 治癒 は 期待 でき ん

全身 から 少しずつ 細胞 組織 を 集め

傷 を 修復 補強 する

私 自身 は それ に 合わせ て 少しずつ 血管 を 伝って 右手 に 戻る

え 泉 くん 今日 も 休み な の

うん 先生 が 家 に 電話 し た けど 誰 も で ない ん だ って

心配 だ な

帰り に 寄って みる ?

うん

でも 住所 が …

知って る

この 間 泉 くん と 一緒 に 帰った から

ねぇ ちょっと ちょっと

いつ から 泉 くん と そんな 関係 に なった の

いや だ そんな ん じゃ ない って

そんな ん じゃ ない って ? どう な の よ

アキホ に は 関係無い でしょ 勝手 に 話 に 割り込ま ない で よ

いい じゃ ん ケチ

ケチ と か じゃ なく て

泉 って 村野 と 付き合って ん の か

いい だ ろ なんか あった ん でしょ 教え て よ

うる せ え

やめ て よ アキホ ったら

砂糖 か

穴 が … ふさがって いる

縫い 合わせ た と 言う より は 溶接 し た よう な 跡

ミギー

ミギー が 治療 を …

ゆ …

夢 じゃ …

なかった の か

はい

やっと つかまった わ

こちら 桜 崎 病院 です が

そちら 泉 一之 さん の お宅 でしょう か

はい

まさか 父さん が

ええ 大丈夫 です よ

今 は 眠って らっしゃる けど 命 に 別状 は あり ませ ん から

ですから ね お 見舞い に いらっしゃる とき 着替え 等 です ね …

今 すぐ 行き ます

泉 君

あ … あの

学校 休 ん で た から ちょっと 寄って み た ん だ

ご 両親 は 旅行 中 って 言って た し

泉 くん 一 人 で 病気 でも し てる の か なあ なんて 思って

父さん が 旅先 で 怪我 し たら しん だ

じゃあ お 母さん 一 人 で 困って る ん だ

おれ しばらく 学校 休む

泉 くん

新一 くん

ま … また 帰って くる よ ね

殺し て やる ヤツ を !

ヤツ は 父さん に 姿 を 見 られ た うえ に 逃げ られ た ん だ

だから 住所 まで 調べ て うち に やって き た

あの 男 は 戻って い ない の か

うち の 住所 は どこ で 調べ た

荷物 か それとも ホテル で

その うち きっと 父さん の 病院 も 突き止め て くる に 違いない

早く 早く

あの

あの 大丈夫 です か

なんか 思いつめ た よう な 顔 し て た から

きみ 桜 崎 の 人 ?

ええ

じゃあ 桜 崎 病院 って わかる よ ね

はい よく 知って ます

18 日 の 夕方 で し た ね 奥さん が 殺害 さ れ た と いう の は

はい

家内 は …

家内 の 遺体 は 見つかった ん です か

泉 さん 奥さん は 生き て おら れ ます

18 日 つまり あなた が 海 へ 転落 し た 日 の 夜 9 時 すぎ に

奥さん は 一 人 で ホテル に 戻ら れ て いる ん です よ

そんな ばか な

奥さん は ホテル の フロント と と も 会話 を し て い まし た ね

「 主人 は 急用 で 帰った が 自分 は もう 一 泊 し て いく 」 と 伝え て

翌早 朝 チェック アウト し て い ます

違う そんな はず は …

そい つ は 偽物 です

しかし フロント は 奥さん の 右腕 に 火傷 の 跡 も 確認 し て い て

同一 人物 で 間違い ない と 証言 し て い ます

泉 さん 多分 あなた は 精神 的 な ショック に よって

転落 前 に 見 た 現実 と 転落 後 に 見 た 悪夢 と が

ご ちゃ まぜ に なって いる ん だ と 思って い ます

あれ は 夢 で は あり ませ ん

絶対 に 夢 で は

ここ よ

ありがとう

じゃあ ね

ええ そちら に なり ます

父さん

新一

と …

心配 かけ て しまった な

母さん が …

こんなに つらい のに

言葉 が 出 ない ほど 悲しい のに

涙 は 少しも …

大丈夫 か 新一

母さん が …

新一 母さん なあ 何 か 事故 に 巻き込ま れ た らしく て

行方 が 分から ない ん だ

父さん

み 見 た ん でしょ

なに を

なに を って

そう 悪い 夢 を 見 た らしい

頭 を 打った せい で な

夢 ?

嘘 だ

母さん の こと は 警察 に 頼 ん だ

俺 の 方 は まだ しばらく 入院 が 必要 だ が 大した こと は ない

何 言って ん だ

何 言って ん だ よ 父さん

新一 うち で 何 か あった の か

何 か あった の か じゃ ない だ ろ

母さん が 殺さ れ た ん だ よ 化け物 に

電話 で 俺 は そんな むちゃくちゃ な こと を 言った の か

すま ん 本当 に すま ん 間違え た

本当 に 夢 だ と 思って る

新一 俺 の 方 は 大丈夫 だ から

2 3 日 ゆっくり し たら 家 に 戻って ほしい

つらい だ ろ う が もう しばらく 頑張って くれ

何 か 困った 事 が あったら 千葉 の 叔父さん に

父さん 話 が ある ん だ

母さん と 化け物 の …

新一

頼む 今 その こと は …

父さん …

泣 い てる

やっぱり 知って る ん だ ね 母さん が 死 ん だ こと を

父さん に 化け物 の 正体 を 教え て やり たい

母さん の 敵 が どんな ヤツ な の か

ミギー さえ 人間 の 本当 の 味方 だったら

着替え 持って き た よ

新一 宿 は どう し た

ここ に 泊まる よ

しかし ここ じゃ ゆっくり 休め ない ぞ

浜辺 の 近く に ホテル が ある そう だ から そこ に 泊まる と いい

病院 か

待て よ ミギー は 眠って いる

今 なら こいつ の 正体 を ばら せる か も

いや 今 は だめ だ

敵 を 見つける ため に も 戦う ため に も こいつ の 能力 が いる

情けない けど 結局 は こいつ の 力 に 頼る しか ない ん だ

桜 崎 ホテル って そんなに 遠い ん です か

遠く ない です よ ほんの 300 メートル ぐらい です から

300 メートル じゃ ミギー が 敵 を 探知 できる ぎりぎり だ

敵 が 病院 に 現れ た 時 に は もう 間に合わ ない

病院 の すぐ 裏 か こりゃ いい

ごめん ください

お 一 人 様 です か

キミ は …

お 母さん お 客 さん だ よ

父さん は 見 た はず だ 母さん が 殺さ れる ところ を

いずれ 俺 が 知って いる こと すべて を 打ち明け なきゃ なら ない だ ろ う

でも 今 は 父さん の 命 を 守る こと と 母さん の 仇 を

あの お 食事 下 に 用意 でき て ます から ね

はい

気配 が よく 伝わる

壁 が 薄い の か それとも 俺 の 耳 が よく なった の か

シン イチ

黙って いよ うか と 思った が やはり 話す こと に し た

重要 な こと だ

きみ が 肉親 の こと を 思う 心 は とても 強い もの だ

それ に 比べ 私 の こと を 軽く

いや むしろ 厄介 者 だ と 思って いる こと も 知って いる

我々 は 味方 で ある と 同時に

種 の 違う 敵 同士 と 言え る の かも しれ ない

何 が 言い たい

あの 日 破壊 さ れ た 君 の 体 を 修復 する 過程 に おい て

私 の 体 に も 変化 が 起き た

変化 ?

弱点 だ よ

他の 寄生 生物 に ない 弱点 が 私 に でき て しまった ん だ

1 日 の うち 4 時間 ほど の 間 私 は 完全 に 眠って しまう

なん だ 今 まで だって 寝 て た だ ろ

そう じゃ ない

今 まで は 眠って い て も ちょっと した こと で 目 が 覚め た

シン イチ が 驚 い たり 呼吸 を 乱し た り

あるいは 仲間 が 300 メートル 先 に 現れ て も だ

仲間 が …

そう だ

しかし 今度 の 眠り は そうした アンテナ まで が まるで 効か なく なる

つまり この 4 時間 の 間 に 敵 が 現れ れ ば

すべて が 終わり と いう こと だ

君 の 心臓 を 修復 する に あたって 私 は 長 時間 右腕 から 離れ た

その 結果 体質 が 少々 変わって しまった ん だ よ

なんで そんな 大事 な こと 黙って た ん だ よ

君 は 母親 を 殺さ れ て

寄生 生物 の 仲間 で ある 私 に 強い 敵意 を 持った よう だ な

自分 の 弱点 を 敵 に 教える の は 非常に 危険 な こと だ

だから 今 まで 黙って い た

だが 君 に 知って おい て もらわ なけ れ ば さらに

より 一層 危険 だ と 判断 し た わけ だ

わかった か ね

俺 は もう ミギー の こと を 敵 だ なんて 思って ない よ

命 の 恩人 だ もん な

その 言い 方 は 正確 じゃ ない な

わたし の ため の 命 で も ある

おはよう

おはよう

あれ 今日 は 顔色 いい ね

昨日 は もっと げっそり し た 感じ だった のに

よく 眠れ た ん だ ね

助かる

新聞 なんて 久 ぶり じゃ ない

ああ タブレット も 携帯 も 海 に 落ち た 時 に ダメ に なって しまった から な

戻ったら 早速 買わ ない と ね

ああ

お前 は

もう しばらく ここ に い て 様子 を 見る よ

ミギー が 深い 眠り に つい て いる 間 は

俺 が この 目 で 見張ら なきゃ なら ない

なるべく 人目 が 多く 襲撃 の 可能 性 の 少ない 昼間 に ミギー に は 眠って もら お う

ヤツ が 来る と し たら どっち だ

ミギー は 自分 が 起きる まで は 戦 うなって 言って だ けど

いきなり 襲わ れ たら 戦う しか ない

それ に 母さん を 殺し た ヤツ から 逃げ たく ない

こんにちは

や あ え ー と 真樹子 ちゃん だ っけ

マキ で いい です よ

ずっと ここ に 座って た の

そんなに お 父さん の こと が 心配 ?

まあ ね 他 に やる こと も ない し

ねぇ 彼女 と か いる の

シン イチ 仲間 だ

距離 は ちょうど 300 メートル ほど 浜辺 の 方角 だ

き た

真樹 ちゃん 浜辺 に 出る 道 は

浜辺 なら 家 に 行く 道 を まっすぐ …

ちょっと まっすぐ 行ったら 波 除け で …

もう

待って

待って

足 は やっ

シン イチ 念 を 押して おく ぞ

なん だ

いい ん だ な 殺し て

いい

あんな ヤツ が この世 を うろつ い てる って 想像 する だけ で

たまらない ん だ

待って って 言った の に いきなり 走り出し ちゃ う ん だ から

浜辺 に 行く なら 向こう に 回ら ない と

マジ

今 向こう の 端 で 何 か 隠れ た

ヤツ だ

シン イチ 実は もう 一 つ 言う こと が ある

君 自身 の こと だ

今 やっと はっきり した こと な ん だ が …

後 に し て くれ

逃がす か

よくも

よくも 母さん を

動く な !

次回 「 暗 夜行 路 」


×

我们使用cookies帮助改善LingQ。通过浏览本网站,表示你同意我们的 cookie policy.