image

寄生獣 セイの格率, Kiseijuu: Sei no Kakuritsu (Parasyte -the maxim-) Episode 5

ずいぶん 遠く まで き た の ね

そう ? 明日 は 忙しい の

別に

じゃ もう 少し 先 まで 行 こ う

夜景 の 綺麗 な 場所 が ある ん だ

この ベルト は 何

おいおい まさか 車 に 乗る の 初めて なんて 言う な よ

ちょっと 何 して ん の

内臓 が めちゃめちゃ だ

この 肉体 は 死ぬ

男 は ?

なるほど その ため の ベルト か

もはや この 男 の 体 に 移動 する しか ない

移る なら 頭 だ

胴体 の 操り 方 は 男女 と も 大差 ない はず

首 の 切断 新た の 結合

そして 蘇生

全て を 瞬時 に 行う

どう し た

動け

動け

動け

や ばっ 遅刻 だ

なんで 起こし て くれ なかった ん だ よ

君 が 寝坊 し た の は 体 が 睡眠 を 欲し て い た から だ ろ う

休む こと は いい こと だ

は いはい

君 の 健康 は 私 の 健康 で も ある

おまえ わずか だ が 混じって る な

あれ どういう 意味 だ ろ う

私 の 体 は 神経 や 体液 を かえし て 君 の 脳 に も 繋がって いる

その せい かも しれ ない

つまり 君 の 脳 に も 変化 が 起き て いる かも しれ ない と いう こと だ

田宮 良子 は それ に 気付き

君 に 人間 以外 の 匂い を 感じ た の だ ろ う

人間 以外 って

僕 は 右手 以外 人間 だ ろ

それ は どう かな

特に 精神 構造 に なんらか の 変化 が あった と して も 不思議 で は ない

眠い から 寝る

おい ちょっと 待て

混じって る って

面白い やはり 殺す の は よそう

いや 僕 は 普通 の 人間 だ

何 か が 何 か が 違う

最近 さ 変わった ね

違う 人間 を 殺し て 食い たい なんて 思わ ない

おら 立て コラァ

どう し た おら

長井

やめろ よ

なん だ お め え

彼 僕 の クラスメイト な ん だ

泉 …

それ が 理由 ?

どんな わけ か 知ら ない けど

少し やり すぎ じゃ ない か な

目 が 覚め た か メガネ くん

もう 一 発 くれ て やろ っか

やめ な よ かわいそう じゃ ん

お前 の 友 たち に ちょっと 用 が ある ん だ

人間 の 心 で 特に 理解 でき ない もの は 献身 と いう やつ だ な

つまり 自分 に とって 損 でも 他人 の ため に 何 か を する

私 に は さっぱり わから ん

人間 の 心 ?

おら 立てよ

そう だ 人間 は 寄生 生物 と 違う ん だ

や … やめろ って 言って ん だ ろ

やる なら もっと 正々堂々 と やれ よ

おまえ それ マジ で 言って ん の

そ そうだ

ちょっと 後悔

もう そのへん に し とい たら

いや だ ね

おれ こういう ウソ くせ え やつ マジ で むかつく ん だ

いけ ねぇ ミギー に 前もって 注意 し とく の 忘れ て た

やめ な って

弱い の を 相手 に みっともない よ

命拾い し た な

弱い くせ に なんで 出しゃ ば る の

あなた いったい …

おい 行く ぜ 加奈

大丈夫 か よ 長井

お め え バカ じゃ ねぇ の

ああ 自分 でも バカ だ と 思う よ

でも そこ が 動物 と 人間 の 違う ところ さ

ねぇ どう し た の その 顔

いや まあ ちょっと ね

あたし も 聞い た ん だ けど 教え て くん ない ん だ よ ね

もし かして ケンカ

おい 泉

長井 から 聞い た ぞ

光夫 たち と やりあった ん だ って

やりあった ん じゃ なく て やら れ た ん だ よ

一方的 に

あいつ ら ここ ん とこ やたら 幅 きかせ てん だ

なんか あったら 俺 に 知らせろ よ

ああ

君 は …

彼女 いる ん だ ね

まだ 何 か

今朝 なんで 逃げ なかった の

べつに

同じ クラス って だけ の 理由 で かばって 殴ら れ て

彼 普通 じゃ な いよ ね

そんな 普通 じゃ ない なんて

行 こ う

かっこ つけ ない で よ

正義 感 ぶって て も 裏 で 何 やって る かわ っ かん ない ん だ から

彼女 な ん な の

何でもない よ

加奈 の ヤツ …

やめ て

泉 くん

村野

泉 くん

来 た な インチキ 野郎

その 子 離せ よ

それ は だめ だ な

でも お前 は 帰って いい ぜ

なに

泉 くん

帰れ

ヒーロー ごっこ は もう 終わり だ

な っ さけ ねえ ヤツ だ な

シン イチ

ミギー 寝 て ろ ここ は 手 を 出す な

程度 に よる ぞ

心配 す ん な

参考 まで に 相手 の パワー を 教え て やる

シン イチ の 力 を 10 と する と

あいつ が 18

右 が 13 で 左 が 14 と 12

何 言って ん だ こんな 時 に

相手 の 強 さ を はかる 能力 なら イヌ や ネコ に も ある

動物 は 勝ち目 の ない 戦い は 避ける もの だ

だから 何 だって 言う ん だ

やめ て ー

人間 に は 引く に 引け ない 時 って の が ある の さ

そこ が おまえ ら と 違う ところ だ

ミギー 右手 の 感覚 が 鈍い

主導 権 を よこせ

何 を ブツブツ 言って ん だ よ

こいつ なぜ 逃げ ない

その 子 を 離せ さ も ない と …

待て バカ

さも ない と 何 だ よ

ママ に 言いつけ ちゃ う か

いい加減 に しな よ 光夫

か … 加奈

お前 ら 何 遊 ん で ん だ よ

上条

長井

多数 が 少数 に 襲いかかる

動物 と して は こい つら の 方 が シン イチ より まし だ な

て め え に は たっぷり 礼 を して やる ぜ

数 が 多い だけ で 勝った 気 か

この 芋 野郎

だまれ

くそ

生殖 器 の 構造 が 女 と だいぶ 違う

うまく 操れ ない

どう し た 動か ん

拒絶 反応 か

くそ もはや 異性 の 体 で は 合わ ない の だ 女 で ない と

町 を 離れ た の は 失敗 だった

早く 女 を 見つけ て もう 一 度 移動 を …

もう いい よ 別に 歩け ない わけ じゃ ない し

う うん 送る

ホント ごめん ね

別に 村野 が 謝る こと ない よ

イテッ

あれ 右手 は きれい だ ね

ほら 左手 が こんなに 傷 だらけ な のに

本当 だ

ねぇ 僕 って 変 かな

普通 と 違う かな

うん 普通 と は 全然 違う

どこ が

かっこいい よ

普通 い ない と 思う な あそこ まで や れる 人 って

それ 褒め て くれ てる の

もちろん

叶わ ない こと 分かって て あんなに 頑張る 人 って

泉 くん だけ だ よ

そ っか よかった

今日 両親 と も い ない ん だ

よかったら 泊まって く ?

う うん 帰る

なん だ 人間 の 交尾 が 見 られる か と 思った のに

寝 て ろ

誰 と 話し てる の

つけ て きた ん の か

謝り に 来 た だけ

もう いい よ

じゃ 仲直り

少なくとも あなた と 私 は 仲直り

ご ごめん 今日 は 疲れ てる から

さっき の あの 女 は 気 を 付け た ほう が いい

われわれ 寄生 生物 だけ が 感じる 波長 を

あの 女 も わずか ながら 感じ と れる らしい

彼女 は 人間 だ ろ

村野 も かなり 鋭い 感覚 を もって いる が

さっき の 女 は 桁違い だ

なるべく 近づか ない ほう が いい

綺麗 な 夕焼け ね

ああ わざわざ タクシー 飛ばし て き た 甲斐 が あった な

いつか また 新一 もつれ て ここ に

どこ まで き て も 新一 だ な

信子

君 の 食事 に は 偏り が ある よう だ

味 なんか 分から ない くせ に

君 の 母親 は バランス の 取れ た 食事 を 作って くれ た

明日 に なれ ば 食べ られる よ

公衆 電話 から だ

新一 か

父さん

か 母さん が …

母さん が ?

の 信子 は …

とにかく 警察 に 言って

あの 化け物 を …

父さん

父さん

化け物 って まさか

母さん が …

シン イチ どう し た

父さん 母さん どこ な ん だ よ

そこ は どこ

その 日 その 日 に 次 の 宿泊 地 を 決める の さ

気楽 で のんびり できる わ ね

父さん 母さん は ?

あの 化け物 を …

化け物 じゃ なく て 母さん だ よ

新一

母さん

あれ から 連絡 が ない

せめて 場所 さえ 分かれ ば

シン イチ 体 を ちゃんと 休ま せろ

化け物

電話 で 父さん は 確かに そう 言った

化け物 って 言ったら お前 ら 以外 に ない

待て シン イチ

私 の 仲間 が 現れ た

こちら に 近づ い て くる

お前 の せい だ から な

僕 は もともと 旅行 に は 反対 だった ん だ

それ を お前 が 大丈夫 だって 言う から

私 は 大丈夫 と は 言って い ない

確率 から すれ ば 人 の 多い …

黙れ

お前 が 右手 に 潜り込 ん だ とき に 打ち明け てりゃ よかった ん だ

君 が いろいろ 言い たい こと は 分かる が

今 は 目の前 の 戦い の こと を 考え て くれ

いや 君 は 心構え だけ で いい

相手 が われわれ を 敵 と 判断 する 前 に 私 が 一撃 で 倒す

手ぶら で なん か い られる か

僕 は 今 憎く て 憎く て たまらない ん だ

あの 化け物 ども が

動き が 止まった すでに 玄関 前 だ

鍵 を 開け た ?

母さん

母さん

あの 男 は 戻って い ない の か

母さん …

シン イチ 違う 違う ぞ

お かえり

あれ 変 だ な 母さん ?

どう し た わけ だ なぜ 右手 に 寄生 し て いる

ヤツ は 君 の 母親 の 頭 を 奪った ん だ

え ? 右手 ?

ああ これ もっと 早く 打ち明けよ う と 思って た ん だ けど

つい … ね

だって 驚く だ ろ こんな …

シン イチ 違う ん だ よ

うるさい

あの 男 は やはり 死 ん だ の か

いや あの 場所 に 戻って もう 一 度 確認 する 必要 が ある な

シン イチ 包丁 が 邪魔 だ どけろ

だいたい 右手 が 喋る ほう が おかしい ん だ よ

そう だ よ ね 母さん

右手 か 不運 な ヤツ だ

頭 を 奪え ず に 人間 の 支配 下 に ある と は

母さん 隠し て た こと は 全部 話す から

だから もう 悪い 冗談 は やめ て よ

シン イチ 目 を 覚ませ

君 の 母親 は もう

黙れ 黙れ 化け物 は お前 な ん だ

シン イチ

これ 以上 喋る と 切り落とす ぞ

母さん …

母さん 覚え てるよ ね

その 手 の 火傷

いつも 見る たび に 気 に なって

母さん に 謝ら なきゃ って

シン イチ

か あ … さん …

次回 「 日 は また 昇る 」



Want to learn a language?


Learn from this text and thousands like it on LingQ.

  • A vast library of audio lessons, all with matching text
  • Revolutionary learning tools
  • A global, interactive learning community.

在线学习语言 @ LingQ

ずいぶん 遠く まで き た の ね

そう ? 明日 は 忙しい の

別に

じゃ もう 少し 先 まで 行 こ う

夜景 の 綺麗 な 場所 が ある ん だ

この ベルト は 何

おいおい まさか 車 に 乗る の 初めて なんて 言う な よ

ちょっと 何 して ん の

内臓 が めちゃめちゃ だ

この 肉体 は 死ぬ

男 は ?

なるほど その ため の ベルト か

もはや この 男 の 体 に 移動 する しか ない

移る なら 頭 だ

胴体 の 操り 方 は 男女 と も 大差 ない はず

首 の 切断 新た の 結合

そして 蘇生

全て を 瞬時 に 行う

どう し た

動け

動け

動け

や ばっ 遅刻 だ

なんで 起こし て くれ なかった ん だ よ

君 が 寝坊 し た の は 体 が 睡眠 を 欲し て い た から だ ろ う

休む こと は いい こと だ

は いはい

君 の 健康 は 私 の 健康 で も ある

おまえ わずか だ が 混じって る な

あれ どういう 意味 だ ろ う

私 の 体 は 神経 や 体液 を かえし て 君 の 脳 に も 繋がって いる

その せい かも しれ ない

つまり 君 の 脳 に も 変化 が 起き て いる かも しれ ない と いう こと だ

田宮 良子 は それ に 気付き

君 に 人間 以外 の 匂い を 感じ た の だ ろ う

人間 以外 って

僕 は 右手 以外 人間 だ ろ

それ は どう かな

特に 精神 構造 に なんらか の 変化 が あった と して も 不思議 で は ない

眠い から 寝る

おい ちょっと 待て

混じって る って

面白い やはり 殺す の は よそう

いや 僕 は 普通 の 人間 だ

何 か が 何 か が 違う

最近 さ 変わった ね

違う 人間 を 殺し て 食い たい なんて 思わ ない

おら 立て コラァ

どう し た おら

長井

やめろ よ

なん だ お め え

彼 僕 の クラスメイト な ん だ

泉 …

それ が 理由 ?

どんな わけ か 知ら ない けど

少し やり すぎ じゃ ない か な

目 が 覚め た か メガネ くん

もう 一 発 くれ て やろ っか

やめ な よ かわいそう じゃ ん

お前 の 友 たち に ちょっと 用 が ある ん だ

人間 の 心 で 特に 理解 でき ない もの は 献身 と いう やつ だ な

つまり 自分 に とって 損 でも 他人 の ため に 何 か を する

私 に は さっぱり わから ん

人間 の 心 ?

おら 立てよ

そう だ 人間 は 寄生 生物 と 違う ん だ

や … やめろ って 言って ん だ ろ

やる なら もっと 正々堂々 と やれ よ

おまえ それ マジ で 言って ん の

そ そうだ

ちょっと 後悔

もう そのへん に し とい たら

いや だ ね

おれ こういう ウソ くせ え やつ マジ で むかつく ん だ

いけ ねぇ ミギー に 前もって 注意 し とく の 忘れ て た

やめ な って

弱い の を 相手 に みっともない よ

命拾い し た な

弱い くせ に なんで 出しゃ ば る の

あなた いったい …

おい 行く ぜ 加奈

大丈夫 か よ 長井

お め え バカ じゃ ねぇ の

ああ 自分 でも バカ だ と 思う よ

でも そこ が 動物 と 人間 の 違う ところ さ

ねぇ どう し た の その 顔

いや まあ ちょっと ね

あたし も 聞い た ん だ けど 教え て くん ない ん だ よ ね

もし かして ケンカ

おい 泉

長井 から 聞い た ぞ

光夫 たち と やりあった ん だ って

やりあった ん じゃ なく て やら れ た ん だ よ

一方的 に

あいつ ら ここ ん とこ やたら 幅 きかせ てん だ

なんか あったら 俺 に 知らせろ よ

ああ

君 は …

彼女 いる ん だ ね

まだ 何 か

今朝 なんで 逃げ なかった の

べつに

同じ クラス って だけ の 理由 で かばって 殴ら れ て

彼 普通 じゃ な いよ ね

そんな 普通 じゃ ない なんて

行 こ う

かっこ つけ ない で よ

正義 感 ぶって て も 裏 で 何 やって る かわ っ かん ない ん だ から

彼女 な ん な の

何でもない よ

加奈 の ヤツ …

やめ て

泉 くん

村野

泉 くん

来 た な インチキ 野郎

その 子 離せ よ

それ は だめ だ な

でも お前 は 帰って いい ぜ

なに

泉 くん

帰れ

ヒーロー ごっこ は もう 終わり だ

な っ さけ ねえ ヤツ だ な

シン イチ

ミギー 寝 て ろ ここ は 手 を 出す な

程度 に よる ぞ

心配 す ん な

参考 まで に 相手 の パワー を 教え て やる

シン イチ の 力 を 10 と する と

あいつ が 18

右 が 13 で 左 が 14 と 12

何 言って ん だ こんな 時 に

相手 の 強 さ を はかる 能力 なら イヌ や ネコ に も ある

動物 は 勝ち目 の ない 戦い は 避ける もの だ

だから 何 だって 言う ん だ

やめ て ー

人間 に は 引く に 引け ない 時 って の が ある の さ

そこ が おまえ ら と 違う ところ だ

ミギー 右手 の 感覚 が 鈍い

主導 権 を よこせ

何 を ブツブツ 言って ん だ よ

こいつ なぜ 逃げ ない

その 子 を 離せ さ も ない と …

待て バカ

さも ない と 何 だ よ

ママ に 言いつけ ちゃ う か

いい加減 に しな よ 光夫

か … 加奈

お前 ら 何 遊 ん で ん だ よ

上条

長井

多数 が 少数 に 襲いかかる

動物 と して は こい つら の 方 が シン イチ より まし だ な

て め え に は たっぷり 礼 を して やる ぜ

数 が 多い だけ で 勝った 気 か

この 芋 野郎

だまれ

くそ

生殖 器 の 構造 が 女 と だいぶ 違う

うまく 操れ ない

どう し た 動か ん

拒絶 反応 か

くそ もはや 異性 の 体 で は 合わ ない の だ 女 で ない と

町 を 離れ た の は 失敗 だった

早く 女 を 見つけ て もう 一 度 移動 を …

もう いい よ 別に 歩け ない わけ じゃ ない し

う うん 送る

ホント ごめん ね

別に 村野 が 謝る こと ない よ

イテッ

あれ 右手 は きれい だ ね

ほら 左手 が こんなに 傷 だらけ な のに

本当 だ

ねぇ 僕 って 変 かな

普通 と 違う かな

うん 普通 と は 全然 違う

どこ が

かっこいい よ

普通 い ない と 思う な あそこ まで や れる 人 って

それ 褒め て くれ てる の

もちろん

叶わ ない こと 分かって て あんなに 頑張る 人 って

泉 くん だけ だ よ

そ っか よかった

今日 両親 と も い ない ん だ

よかったら 泊まって く ?

う うん 帰る

なん だ 人間 の 交尾 が 見 られる か と 思った のに

寝 て ろ

誰 と 話し てる の

つけ て きた ん の か

謝り に 来 た だけ

もう いい よ

じゃ 仲直り

少なくとも あなた と 私 は 仲直り

ご ごめん 今日 は 疲れ てる から

さっき の あの 女 は 気 を 付け た ほう が いい

われわれ 寄生 生物 だけ が 感じる 波長 を

あの 女 も わずか ながら 感じ と れる らしい

彼女 は 人間 だ ろ

村野 も かなり 鋭い 感覚 を もって いる が

さっき の 女 は 桁違い だ

なるべく 近づか ない ほう が いい

綺麗 な 夕焼け ね

ああ わざわざ タクシー 飛ばし て き た 甲斐 が あった な

いつか また 新一 もつれ て ここ に

どこ まで き て も 新一 だ な

信子

君 の 食事 に は 偏り が ある よう だ

味 なんか 分から ない くせ に

君 の 母親 は バランス の 取れ た 食事 を 作って くれ た

明日 に なれ ば 食べ られる よ

公衆 電話 から だ

新一 か

父さん

か 母さん が …

母さん が ?

の 信子 は …

とにかく 警察 に 言って

あの 化け物 を …

父さん

父さん

化け物 って まさか

母さん が …

シン イチ どう し た

父さん 母さん どこ な ん だ よ

そこ は どこ

その 日 その 日 に 次 の 宿泊 地 を 決める の さ

気楽 で のんびり できる わ ね

父さん 母さん は ?

あの 化け物 を …

化け物 じゃ なく て 母さん だ よ

新一

母さん

あれ から 連絡 が ない

せめて 場所 さえ 分かれ ば

シン イチ 体 を ちゃんと 休ま せろ

化け物

電話 で 父さん は 確かに そう 言った

化け物 って 言ったら お前 ら 以外 に ない

待て シン イチ

私 の 仲間 が 現れ た

こちら に 近づ い て くる

お前 の せい だ から な

僕 は もともと 旅行 に は 反対 だった ん だ

それ を お前 が 大丈夫 だって 言う から

私 は 大丈夫 と は 言って い ない

確率 から すれ ば 人 の 多い …

黙れ

お前 が 右手 に 潜り込 ん だ とき に 打ち明け てりゃ よかった ん だ

君 が いろいろ 言い たい こと は 分かる が

今 は 目の前 の 戦い の こと を 考え て くれ

いや 君 は 心構え だけ で いい

相手 が われわれ を 敵 と 判断 する 前 に 私 が 一撃 で 倒す

手ぶら で なん か い られる か

僕 は 今 憎く て 憎く て たまらない ん だ

あの 化け物 ども が

動き が 止まった すでに 玄関 前 だ

鍵 を 開け た ?

母さん

母さん

あの 男 は 戻って い ない の か

母さん …

シン イチ 違う 違う ぞ

お かえり

あれ 変 だ な 母さん ?

どう し た わけ だ なぜ 右手 に 寄生 し て いる

ヤツ は 君 の 母親 の 頭 を 奪った ん だ

え ? 右手 ?

ああ これ もっと 早く 打ち明けよ う と 思って た ん だ けど

つい … ね

だって 驚く だ ろ こんな …

シン イチ 違う ん だ よ

うるさい

あの 男 は やはり 死 ん だ の か

いや あの 場所 に 戻って もう 一 度 確認 する 必要 が ある な

シン イチ 包丁 が 邪魔 だ どけろ

だいたい 右手 が 喋る ほう が おかしい ん だ よ

そう だ よ ね 母さん

右手 か 不運 な ヤツ だ

頭 を 奪え ず に 人間 の 支配 下 に ある と は

母さん 隠し て た こと は 全部 話す から

だから もう 悪い 冗談 は やめ て よ

シン イチ 目 を 覚ませ

君 の 母親 は もう

黙れ 黙れ 化け物 は お前 な ん だ

シン イチ

これ 以上 喋る と 切り落とす ぞ

母さん …

母さん 覚え てるよ ね

その 手 の 火傷

いつも 見る たび に 気 に なって

母さん に 謝ら なきゃ って

シン イチ

か あ … さん …

次回 「 日 は また 昇る 」


×

我们使用cookies帮助改善LingQ。通过浏览本网站,表示你同意我们的 cookie policy.