image

寄生獣 セイの格率, Kiseijuu: Sei no Kakuritsu (Parasyte -the maxim-) Episode 4

バリケード の つもり か

自分 で 逃げ道 を 塞ぐ と は な

もう 諦めろ

全身 不統一 の おまえ に 勝ち目 は ない

お前 は 右手 以外 全て が 痛 がり 屋 の 役立た ず だ

シン イチ が 動揺 し て 私 の 足 を 引っ張れ ば 勝負 は 負け だ

動揺 ?

もし かして アイツ は 僕 を 動揺 さ せよ う と

ミギー

ダメ だ 怖 がって じゃ

速く て 見え ない

本当 に 僕 に できる の か

役 わり を 決める ん だ

わたし は 攻撃 する と 見せかけ ながら 防御 だけ に 集中 する

そう すれ ば 守り は 完璧 に 近く なる だ ろ う

じゃあ 誰 が 攻撃 する ん だ よ

そりゃ あ シン イチ しか い ない

僕 が ?

今 まで の A の 行動 で 感じる の は

人間 の 力 を あなどって いる と いう 点 だ

A が 警戒 する の は わたし で あって

おそらく シン イチ の 力 など 計算 に 入れ て い ない だ ろ う

そこ が つけ目 だ

わたし が 防御 で 君 が 攻撃

これ が 最も 効果 的 な 分担 な の だ

ゆっくり 近づ こ う

ミギー に 引きずら れる よう に

ゆっくり

信じる ん だ ミギー の 防御 は 完璧

そう だ シン イチ

我々 に でき て A に でき ない こと

それ は 分業 だ

ミギー の 言う 通り だ

A は 僕 に なに か できる と は 思って い ない

よし やって やる

でも こいつ 首 から 下 が 人間 だ よ な

やら なけ れ ば やら れる ん だ

なん だ この パイプ は

つ 机 の 足 …

やった ぞ

あの 出血 致命 傷 だ

まさか 非力 で 臆病 な 人間 部分 が 攻撃 し て くる と は

待て どう する か 様子 を 見よ う

だいぶ 混乱 し て いる な

心臓 近く の 動脈 を やら れ た

ともかく 止血 だ

なるほど 背中 まで 通せ ば 蛇口 が なくなる

よし 後 を 追え と ど め を さそう

嫌 だ もう たくさん だ よ

でも あの まま じゃ まずい ぞ

これ 以上 やったら 人殺し に なって しまう じゃ ない か

人 じゃ ない だ ろ あれ は

人間 に 殺さ れる この 俺 が ?

おかしい 理屈 に 合わ ん

だめ だ この 体 は もう 使え ん

移動 だ うまく いく か どう か は 分から ん が

田宮 良子 ヤツ の 体 に 同居 する の だ

どこ だ

警察 が き た

あと 5 メートル

新一 は ?

それ が ずっと 寝込 ん でる の

まあ 無事 で よかった が な

まだ 刺し た とき の 感触 が 残って る

それ から しばらく 経って

世間 も 落ち着き を 取り戻し た 頃

学校 も 授業 を 再開 し た

たぶん A を 殺し た で あ ろ う 田宮 良子 は

平気 な 顔 で 授業 を 続け て いる

彼女 の 周囲 で 殺人 が 起き て いる と いう 話 は 聞か ない

でも 殺し 続け て いる はず な ん だ

このまま 放っと い て いい わけ は ない

その です ね 田宮 先生

あなた が その 妊娠 なさって る と

それ 自体 は むしろ おめでたい の です が

しかし …

あなた 教育 者 でしょ

しかも 未婚 で 子供 の 父親 の 素性 すら 明か せ ない なんて

明か せ ない ん じゃ なく て 知ら ない なんて こと は ない ん でしょ う ね

予想外 だ な

まさか こんな 形 で 終わり に なる と は

こんな こと で 周囲 から 注目 さ れる の は 困る

田宮 良子 は もう やめ だ

ちょ っ ちょっと 田宮 先生 …

田宮 良子 を 殺 そ う

勝て ない よ たぶん

それ に アイツ の 体 内 の 子供 は 正真正銘 の 人間 だ ぜ

その 赤ん坊 を 殺せ る の かい

田宮 良子 は い なく なった

これ で 周囲 の 人間

つまり お前 も 含め 特に 生かし て おく 理由 は ない わけ だ

なぜ 人 を 殺す ん だ

僕 の 右手 は 僕 の 血 で 生き て いる

つまり 普通 の 人間 の 食べ物 で だ

お前 ら だって 人間 を 食料 に し なく て も 生き られる ん じゃ ない の か

たぶん 可能 だ ろ う な

じゃあ …

ハエ は 教わり も し ない の に 飛び 方 を 知って いる

クモ は 教わり も し ない のに 巣 の はり 方 を 知って いる

なぜ だ

それ は …

私 が 思う に ハエ も クモ も ただ 命令 に 従って いる だけ な の だ

地球 上 の 生物 は 全て が なにかしら の 命令 を 受け て いる の だ と 思う

なに を 言って る ん だ

分かる か ?

人間 に は 命令 が 来 て い ない の か

だから なん だ よ それ

神様 の 話 か

私 が 人間 の 脳 を 奪った とき 1 つ の 命令 が 来 た ぞ

「 この 種 を 食い 殺せ 」 だ

ひ … ひと つ だけ 教え て くれよ

その お腹 の 子 どう する 気 だ

産 ん で みる

何 か の 実験 に 使える だ ろ う

用 が なけ れ ば 食う

落ち着け シン イチ

この 距離 で は まずい

お前 少し うるさい な

死ね

くそ っ

やはり 2 パターン 以上 だ まずい

お前 わずか だ が 混じって る な

おもしろい

やはり 殺す の は よそう

良子 いったい どう し た の

学校 から 連絡 が あった んで びっくり し て 飛 ん で き た ん よ

田宮 良子 の 母親 か

悪い ん だ けど 今 出かける ところ な の

その 話 は あと に し て もらえ る

良子 …

近く だ から すぐ 戻る わ

お 待ち

こっち を 向き

あ … あんた

あんた 一体 だれ ?

こんな … こんな こと って … まさか

良子

良子 は どこ

どこ よ 良子 を どこ へ やった の

たいへん 警察 に

この 短 時間 で 見破ら れ た

顔 も 声 も 田宮 良子 と ほとんど 変わら ない はず だ が

分から ない

この 女 に 特別 な 能力 が あった と も 思え ない が

ミギー

おど かす な シン イチ

お おまえ …

どう し た の 大 声 出し て

い やっ あの 夢 … 夢 だ よ

ああ ひどい 夢 だった な ー

顔 でも 洗って き なさい

な に やって ん だ よ

ま せいぜい 3 分 だ な 分離 し て い られる の は

朝 の 散歩 の つもり か

散歩 じゃ ない 移動 の 実験 だ

移動 ?

もし かして 僕 の 頭 を 乗っ取る の

それ は 無理 だ と 言った ろ

脳 を 食わ ず に 成熟 し て しまって は 全身 の 操り 方 が わから ん

でも 一 か 八 か やって みる か

冗談 だ よ

待て よ

って こと は 脳 を 奪った ヤツ なら 頭 から 頭 へ 移動 できる って わけ

理屈 で は な

だが 拒絶 反応 も ある し

第 一 頭 の すげ替え は 危険 すぎる

わざわざ やる ヤツ も い ない だ ろ う

旅行 ?

ああ やっと 暇 が 取れ そう で な

しばらく 留守番 を 頼む

いつも 仕事 仕事 で お 父さん と 旅行 する なんて ほとんど なかった から

でも 危なく ない

ミンチ 殺人 の こ と か

最近 は 数 も 減った し 別に 心配な い だ ろ

数 が 減って る の は 表向き だ よ

だいたい こんな 時期 に 知ら ない 土地 を うろうろ する なんて

反対 な の

ああ

おまえ まさか 高 3 に も なって 一 人 で 留守番 が さびし ん じゃ …

そんな ん じゃ ない よ

そう じゃ なく て あいつ ら は …

あいつ ら ?

いや …

新一 あなた が どうして も 反対 って いう なら やめ て も いい の よ

こら こら 母さん

ただ しばらく 前 から 気 に なって た ん だ けど

あなた 何 か 悩み 事 で も ある ん じゃ ない

別に 悩み なんて ない よ

友達 の こと ? それとも …

何にも ない って

行って き ます

シン イチ 一応 念 を おし て おく が

分かって る

僕 が 右手 の こと を 両親 に 打ち明け たら

ミギー は 何 を する か 分から ない

こいつ が 僕 の 命 を 守 ろ う と する の は ただ 自分 の 命綱 だ から だ

でも 両親 は 違う

躊躇 わ ず に 排除 する だ ろ う

ミギー の 心 に 愛情 と いう もの は 存在 し ない ん だ

つまり ミギー も 本質 的 に は A や 田宮 良子 と 同じ

あの 子 何 か 隠し てる わ

そりゃ そう さ もう 高 3 だ ぜ

親 に 隠し事 の 3 つ や 4 つ あって 当たり前 だ ろ

むしろ 今 まで いい 子 すぎ た ん じゃ ない の か

あいつ の 場合 反抗 期 って の も なかった から な

そう だった かしら

案外 その 手 の 傷 の せい かも な

まさか

そんな 昔 の こと

ねぇ お 母さん 銀 の 皿 ちょうだい

銀 の 皿 ?

明日 理科 の 実験 に 使う ん だ よ

銀 って アルミ で でき た やつ じゃ ない の

そう それ

それ なら あの 上 だ けど

今 ちょっと 天ぷら やって る から 後 に し て ちょうだい …

僕 取れる よ

ちょ っ ちょっと

新一

危ない

いって ー

大丈夫 新一

油 かから なかった ?

熱く なかった の どこ も 火傷 し て ない ?

うん

信子 手

い てっ

母さん の 方 が 痛い

そんなに 心配 する ほど で も ない って ?

ああ 確率 から 考え て みろ

私 の 仲間 は 餌 の 豊富 な 都市 部 に 多い

しかも 狙わ れる の は 単独 行動 の 人間 だ

二 人 で 田舎 へ の 旅行 なら 今 まで より 安全 な はず だ

そう か それ なら 何も 反対 する こと なかった な

新一

な っ なに

今 誰 か と しゃべって た よう な

独り言 だ よ

それ より なに

じき 夕飯 だ から

ああ そう 少し し たら 行く よ

それ と 母さん

今度 から ドア 開ける とき は 必ず ノック し て くれよ

絶対 だ よ

わかった わ

失礼 し まし た

心臓 止まる か と 思った よ

心臓 ? それ は 私 も 困る

新 一 に 怒鳴ら れ ちゃ った わ

なん だ マス でも かい て た か

あの さ … 今朝 は 旅行 に 反対 だ なんて 言った けど

撤回 する よ

やっぱり たまに は 人ごみ を 離れ て

空気 の いい 所 で ゆっくり し て くる の も いい と 思う よ

で いつ から

分から ない わ

私 新一 の こと 分から ない

あなた 一体 どう なっちゃ っ てる の よ

朝 は あんなに 反対 し た じゃ ない

あれ は 一体 な ん だった の

そして 今度 は 手のひら 返し た み たい に

今度 は 親 の こと なんて どうでも よく なった の

そう じゃ ない よ

母さん こそ どう し た ん だ よ いき なり

分から ない の よ

あなた の こと が 何も 分から ない

何 か が 何 か が 違う

まるで まるで 自分 の 子 じゃ …

信子

お 願い 教え て

何 か どう なっちゃ っ た の

新一

さ … さびしい

朝 は そう 思った ん だ よ

でも 友達 に 話し たら 笑わ れ ちゃ って さ

考え 直し た ん だ

だから 今 は なんとも ない

寂し けれ ば 家 に 友達 を 呼べ ば いい ん だ

本当 それ だけ だ よ

もう いい だ ろ

タクシー しばらく かかる って さ

でも ひょっとして 初めて かも ね こんな 何 日 も

アパート に 住 ん で た 頃 に は とても それ どころ じゃ なかった

あの 頃 は 大変 だった から な

そう 言え ば この 火傷 も その 頃

じゃ あと 頼む な

うん

ガス と か 戸締り に 気 を つけ て ね

うん

まっ こっち の こと は 心配 す ん な

うん

行って き ます

動 い た

次回 「 異邦 人 」



Want to learn a language?


Learn from this text and thousands like it on LingQ.

  • A vast library of audio lessons, all with matching text
  • Revolutionary learning tools
  • A global, interactive learning community.

在线学习语言 @ LingQ

バリケード の つもり か

自分 で 逃げ道 を 塞ぐ と は な

もう 諦めろ

全身 不統一 の おまえ に 勝ち目 は ない

お前 は 右手 以外 全て が 痛 がり 屋 の 役立た ず だ

シン イチ が 動揺 し て 私 の 足 を 引っ張れ ば 勝負 は 負け だ

動揺 ?

もし かして アイツ は 僕 を 動揺 さ せよ う と

ミギー

ダメ だ 怖 がって じゃ

速く て 見え ない

本当 に 僕 に できる の か

役 わり を 決める ん だ

わたし は 攻撃 する と 見せかけ ながら 防御 だけ に 集中 する

そう すれ ば 守り は 完璧 に 近く なる だ ろ う

じゃあ 誰 が 攻撃 する ん だ よ

そりゃ あ シン イチ しか い ない

僕 が ?

今 まで の A の 行動 で 感じる の は

人間 の 力 を あなどって いる と いう 点 だ

A が 警戒 する の は わたし で あって

おそらく シン イチ の 力 など 計算 に 入れ て い ない だ ろ う

そこ が つけ目 だ

わたし が 防御 で 君 が 攻撃

これ が 最も 効果 的 な 分担 な の だ

ゆっくり 近づ こ う

ミギー に 引きずら れる よう に

ゆっくり

信じる ん だ ミギー の 防御 は 完璧

そう だ シン イチ

我々 に でき て A に でき ない こと

それ は 分業 だ

ミギー の 言う 通り だ

A は 僕 に なに か できる と は 思って い ない

よし やって やる

でも こいつ 首 から 下 が 人間 だ よ な

やら なけ れ ば やら れる ん だ

なん だ この パイプ は

つ 机 の 足 …

やった ぞ

あの 出血 致命 傷 だ

まさか 非力 で 臆病 な 人間 部分 が 攻撃 し て くる と は

待て どう する か 様子 を 見よ う

だいぶ 混乱 し て いる な

心臓 近く の 動脈 を やら れ た

ともかく 止血 だ

なるほど 背中 まで 通せ ば 蛇口 が なくなる

よし 後 を 追え と ど め を さそう

嫌 だ もう たくさん だ よ

でも あの まま じゃ まずい ぞ

これ 以上 やったら 人殺し に なって しまう じゃ ない か

人 じゃ ない だ ろ あれ は

人間 に 殺さ れる この 俺 が ?

おかしい 理屈 に 合わ ん

だめ だ この 体 は もう 使え ん

移動 だ うまく いく か どう か は 分から ん が

田宮 良子 ヤツ の 体 に 同居 する の だ

どこ だ

警察 が き た

あと 5 メートル

新一 は ?

それ が ずっと 寝込 ん でる の

まあ 無事 で よかった が な

まだ 刺し た とき の 感触 が 残って る

それ から しばらく 経って

世間 も 落ち着き を 取り戻し た 頃

学校 も 授業 を 再開 し た

たぶん A を 殺し た で あ ろ う 田宮 良子 は

平気 な 顔 で 授業 を 続け て いる

彼女 の 周囲 で 殺人 が 起き て いる と いう 話 は 聞か ない

でも 殺し 続け て いる はず な ん だ

このまま 放っと い て いい わけ は ない

その です ね 田宮 先生

あなた が その 妊娠 なさって る と

それ 自体 は むしろ おめでたい の です が

しかし …

あなた 教育 者 でしょ

しかも 未婚 で 子供 の 父親 の 素性 すら 明か せ ない なんて

明か せ ない ん じゃ なく て 知ら ない なんて こと は ない ん でしょ う ね

予想外 だ な

まさか こんな 形 で 終わり に なる と は

こんな こと で 周囲 から 注目 さ れる の は 困る

田宮 良子 は もう やめ だ

ちょ っ ちょっと 田宮 先生 …

田宮 良子 を 殺 そ う

勝て ない よ たぶん

それ に アイツ の 体 内 の 子供 は 正真正銘 の 人間 だ ぜ

その 赤ん坊 を 殺せ る の かい

田宮 良子 は い なく なった

これ で 周囲 の 人間

つまり お前 も 含め 特に 生かし て おく 理由 は ない わけ だ

なぜ 人 を 殺す ん だ

僕 の 右手 は 僕 の 血 で 生き て いる

つまり 普通 の 人間 の 食べ物 で だ

お前 ら だって 人間 を 食料 に し なく て も 生き られる ん じゃ ない の か

たぶん 可能 だ ろ う な

じゃあ …

ハエ は 教わり も し ない の に 飛び 方 を 知って いる

クモ は 教わり も し ない のに 巣 の はり 方 を 知って いる

なぜ だ

それ は …

私 が 思う に ハエ も クモ も ただ 命令 に 従って いる だけ な の だ

地球 上 の 生物 は 全て が なにかしら の 命令 を 受け て いる の だ と 思う

なに を 言って る ん だ

分かる か ?

人間 に は 命令 が 来 て い ない の か

だから なん だ よ それ

神様 の 話 か

私 が 人間 の 脳 を 奪った とき 1 つ の 命令 が 来 た ぞ

「 この 種 を 食い 殺せ 」 だ

ひ … ひと つ だけ 教え て くれよ

その お腹 の 子 どう する 気 だ

産 ん で みる

何 か の 実験 に 使える だ ろ う

用 が なけ れ ば 食う

落ち着け シン イチ

この 距離 で は まずい

お前 少し うるさい な

死ね

くそ っ

やはり 2 パターン 以上 だ まずい

お前 わずか だ が 混じって る な

おもしろい

やはり 殺す の は よそう

良子 いったい どう し た の

学校 から 連絡 が あった んで びっくり し て 飛 ん で き た ん よ

田宮 良子 の 母親 か

悪い ん だ けど 今 出かける ところ な の

その 話 は あと に し て もらえ る

良子 …

近く だ から すぐ 戻る わ

お 待ち

こっち を 向き

あ … あんた

あんた 一体 だれ ?

こんな … こんな こと って … まさか

良子

良子 は どこ

どこ よ 良子 を どこ へ やった の

たいへん 警察 に

この 短 時間 で 見破ら れ た

顔 も 声 も 田宮 良子 と ほとんど 変わら ない はず だ が

分から ない

この 女 に 特別 な 能力 が あった と も 思え ない が

ミギー

おど かす な シン イチ

お おまえ …

どう し た の 大 声 出し て

い やっ あの 夢 … 夢 だ よ

ああ ひどい 夢 だった な ー

顔 でも 洗って き なさい

な に やって ん だ よ

ま せいぜい 3 分 だ な 分離 し て い られる の は

朝 の 散歩 の つもり か

散歩 じゃ ない 移動 の 実験 だ

移動 ?

もし かして 僕 の 頭 を 乗っ取る の

それ は 無理 だ と 言った ろ

脳 を 食わ ず に 成熟 し て しまって は 全身 の 操り 方 が わから ん

でも 一 か 八 か やって みる か

冗談 だ よ

待て よ

って こと は 脳 を 奪った ヤツ なら 頭 から 頭 へ 移動 できる って わけ

理屈 で は な

だが 拒絶 反応 も ある し

第 一 頭 の すげ替え は 危険 すぎる

わざわざ やる ヤツ も い ない だ ろ う

旅行 ?

ああ やっと 暇 が 取れ そう で な

しばらく 留守番 を 頼む

いつも 仕事 仕事 で お 父さん と 旅行 する なんて ほとんど なかった から

でも 危なく ない

ミンチ 殺人 の こ と か

最近 は 数 も 減った し 別に 心配な い だ ろ

数 が 減って る の は 表向き だ よ

だいたい こんな 時期 に 知ら ない 土地 を うろうろ する なんて

反対 な の

ああ

おまえ まさか 高 3 に も なって 一 人 で 留守番 が さびし ん じゃ …

そんな ん じゃ ない よ

そう じゃ なく て あいつ ら は …

あいつ ら ?

いや …

新一 あなた が どうして も 反対 って いう なら やめ て も いい の よ

こら こら 母さん

ただ しばらく 前 から 気 に なって た ん だ けど

あなた 何 か 悩み 事 で も ある ん じゃ ない

別に 悩み なんて ない よ

友達 の こと ? それとも …

何にも ない って

行って き ます

シン イチ 一応 念 を おし て おく が

分かって る

僕 が 右手 の こと を 両親 に 打ち明け たら

ミギー は 何 を する か 分から ない

こいつ が 僕 の 命 を 守 ろ う と する の は ただ 自分 の 命綱 だ から だ

でも 両親 は 違う

躊躇 わ ず に 排除 する だ ろ う

ミギー の 心 に 愛情 と いう もの は 存在 し ない ん だ

つまり ミギー も 本質 的 に は A や 田宮 良子 と 同じ

あの 子 何 か 隠し てる わ

そりゃ そう さ もう 高 3 だ ぜ

親 に 隠し事 の 3 つ や 4 つ あって 当たり前 だ ろ

むしろ 今 まで いい 子 すぎ た ん じゃ ない の か

あいつ の 場合 反抗 期 って の も なかった から な

そう だった かしら

案外 その 手 の 傷 の せい かも な

まさか

そんな 昔 の こと

ねぇ お 母さん 銀 の 皿 ちょうだい

銀 の 皿 ?

明日 理科 の 実験 に 使う ん だ よ

銀 って アルミ で でき た やつ じゃ ない の

そう それ

それ なら あの 上 だ けど

今 ちょっと 天ぷら やって る から 後 に し て ちょうだい …

僕 取れる よ

ちょ っ ちょっと

新一

危ない

いって ー

大丈夫 新一

油 かから なかった ?

熱く なかった の どこ も 火傷 し て ない ?

うん

信子 手

い てっ

母さん の 方 が 痛い

そんなに 心配 する ほど で も ない って ?

ああ 確率 から 考え て みろ

私 の 仲間 は 餌 の 豊富 な 都市 部 に 多い

しかも 狙わ れる の は 単独 行動 の 人間 だ

二 人 で 田舎 へ の 旅行 なら 今 まで より 安全 な はず だ

そう か それ なら 何も 反対 する こと なかった な

新一

な っ なに

今 誰 か と しゃべって た よう な

独り言 だ よ

それ より なに

じき 夕飯 だ から

ああ そう 少し し たら 行く よ

それ と 母さん

今度 から ドア 開ける とき は 必ず ノック し て くれよ

絶対 だ よ

わかった わ

失礼 し まし た

心臓 止まる か と 思った よ

心臓 ? それ は 私 も 困る

新 一 に 怒鳴ら れ ちゃ った わ

なん だ マス でも かい て た か

あの さ … 今朝 は 旅行 に 反対 だ なんて 言った けど

撤回 する よ

やっぱり たまに は 人ごみ を 離れ て

空気 の いい 所 で ゆっくり し て くる の も いい と 思う よ

で いつ から

分から ない わ

私 新一 の こと 分から ない

あなた 一体 どう なっちゃ っ てる の よ

朝 は あんなに 反対 し た じゃ ない

あれ は 一体 な ん だった の

そして 今度 は 手のひら 返し た み たい に

今度 は 親 の こと なんて どうでも よく なった の

そう じゃ ない よ

母さん こそ どう し た ん だ よ いき なり

分から ない の よ

あなた の こと が 何も 分から ない

何 か が 何 か が 違う

まるで まるで 自分 の 子 じゃ …

信子

お 願い 教え て

何 か どう なっちゃ っ た の

新一

さ … さびしい

朝 は そう 思った ん だ よ

でも 友達 に 話し たら 笑わ れ ちゃ って さ

考え 直し た ん だ

だから 今 は なんとも ない

寂し けれ ば 家 に 友達 を 呼べ ば いい ん だ

本当 それ だけ だ よ

もう いい だ ろ

タクシー しばらく かかる って さ

でも ひょっとして 初めて かも ね こんな 何 日 も

アパート に 住 ん で た 頃 に は とても それ どころ じゃ なかった

あの 頃 は 大変 だった から な

そう 言え ば この 火傷 も その 頃

じゃ あと 頼む な

うん

ガス と か 戸締り に 気 を つけ て ね

うん

まっ こっち の こと は 心配 す ん な

うん

行って き ます

動 い た

次回 「 異邦 人 」


×

我们使用cookies帮助改善LingQ。通过浏览本网站,表示你同意我们的 cookie policy.