image

寄生獣 セイの格率, Kiseijuu: Sei no Kakuritsu (Parasyte -the maxim-) Episode 2

あれ 右手 失敗 …

イヌ か

育った 環境 の せい も ある だ ろ う が 不 勉強 な ヤツ だ

ねぇ ねぇ 女子 大 生 ?

えっ 違う の

OL さん ? マジ あり え ねぇ

マジ イケ てる

ご … ごめんなさい

ちょっと 待って よ いい だ ろ 少し ぐらい

そう ちょっと だけ 遊 ん でよ

ねぇ ねぇ

送 ろ う

さっき は よくも やって くれ た な

一度に 4 人 じゃ 胃 が パンク だ な

4 人 ?

勢い あまって 2 周 し て しまった

念のため 顔 を 変え て おく か

もう 警察 に は 行か なく て いい の か

ああ お前 が い ない と 僕 は 簡単 に 殺さ れ て しまう

あの 変 な 寄生 生物 たち に ね

賢明 な 判断 だ

なぁ お前 に も 名前 が 欲しい ん だ けど

要ら ん

私 は 人間 で は ない し ペット で も ない

でも いつも お前 と か こいつ じゃ どうも な

では ミギー と 呼 ん で くれ

何 ミギー

ああ 右手 を 食って 育った から ミギー だ

割と 安易 な ヤツ だ な

名前 と や ら に 興味 が ない だけ だ

ナイス シュー

やる じゃ ない 泉 くん

え ? う … うん

泉 くん

もう 一 本 決め たら 里美 が こない だ の こと 許し て くれる って

ちょっと 裕子

イテッ

なん だ 長井 の やつ

あと 5 秒

こう なりゃ ヤケ だ

やった

サンキュー ミギー

すごい ね 里美

うん …

クソ 泉 の やつ

じゃ あたし 行く ね

あの … ごめん

あの 時 は 触 ろ う と 思って 触った ん じゃ なく て

勝手 に 右手 が 動 い て

あの 本当 に ごめん

本当 に 悪い と 思って る ?

思って る よ もう 真剣 に

今度 の 日曜日 に パンケーキ 奢 って くれ たら 許し て あげて も いい かな

ただし 今度 あんな こと し たら 許さ ない ん だ から

絶対 に し ない

約束 する

分かった 約束 ね

なんでもない ん だ だ … 大丈夫

泉 くん

キミ 泉 新 一 くん … だ よ ね

何 言って ん だ よ 当たり前 じゃ ない か

じゃあ ね

どういう つもり だ よ

人間 の 生殖 行動 に 興味 が あった

シン イチ は あの 女 と 交尾 し たかった ん だ ろ

交尾 って そんな ん じゃ なく て …

ちょっと 顔 を かせ

一 人 で 喋って た の は 口説き の リハーサル か

別に

そろそろ 着替え に 行か なきゃ

待て よ

俺 が 村野 の こと 好き な の 知って ん だ ろ

あれ そう な の

俺 と 勝負 しろ

勘弁 し て よ

って ー 何 す ん だ よ

どう し た 殴り 返せ ない の か

この 間 み たい に ミギー が 本気 を 出す と

大 怪我 さ せる かも しれ ない

この 軟弱 野郎 が

やめろ

少し は 手加減 しろ よ バカ

バカ ? それ は 自分 より バカ な 相手 に 使う べき 言葉 だ

殺し て ない だ ろ う な

安心 しろ

ところで シン イチ

排泄 行為 を 我慢 する の は 体 に よく ない ぞ

シン イチ

何 だ よ 人 の いる 所 で 喋る なって 言った だ ろ

この 生殖 器 ちょっと 勃起 さ せ て み て くれ

なん だって

あ … ち ょ … 何 する ん だ

よせ やめろ って の

冷たい シン イチ

うるさい

ちゃんと 洗わ ない と 白 癬菌 が 繁殖 し て イン キン タムシ …

うるさい

お前 何 さっき から 息子 と 話し て ん だ

ミンチ 殺人

うん

被害 者 が ずたずた に 引き裂か れる 事件 が 世界 各地 で 起き てる ん だ って

ネット に は 結構 エグイ 動画 と か も アップ さ れ ちゃ って る みたい

犯人 は

まだ 捕まって ない

って いう か

世界 で 同時 多発 的 に ミンチ 殺人 を 起こす なんて 無理 でしょ う

犯人 は 一 人 じゃ なく て たぶん 狂信 的 な カルト 集団 と か

そう いえ ば 立川 の お 兄さん って 刑事 だった よ な

でも この 事件 に つい て は 一切 教え て くれ ない ん だ よ ね

てこ と は 裏 を 返せ ば

警察 と か 政府 か すでに 動き出し て いる って こと じゃ ない

やっぱり ミギー の 仲間 たち か

間違い ない な

この 間 の イヌ を 見 て 分かった

イヌ に 宿った もの は イヌ だけ を 食う

人間 に 宿った もの は 人間 を 食う

共食い 専門 と いう 訳 だ

何 を 考え て いる

このまま 黙って て いい の か な

「 黙って て いい の か 」 と は ?

奴 ら を ほっとけ ない だ ろ

次々 に 人 を 殺し て いる ん だ

「 ほっとけ ない 」 と は ?

いい か 僕たち だけ が 正体 を 知って る ん だ

このまま じゃ 犠牲 者 が 増える ばかり だ よ

だから …

だから ?

お前 の こと 世の中 に 発表 し て 研究 し て もらえ ば …

何 を 言って いる

シン イチ の 理屈 は よく わから ん

私 の 仲間 達 は ただ 食って いる だけ だ ろ

生物 なら 当然 の 行為 じゃ ない か

同種 が 食わ れる の が そんなに イヤ な こと な の か

当たり前 だ よ

人 の 命 って 尊い もの だ ろ

分から ん

尊い の は 自分 の 命 だけ だ

私 は 私 の 命 以外 を 大事 に 考え た こと は ない

だ ろ う ね 君 は ケダモノ で 虫けら だ もん な

それ 蔑 ん で いる つもり かい

もし 君 が 私 の 身 に 害 を 及ぼす よう な 行動 に 出る なら

私 は 全力 で それ を 阻止 する ぞ

へえ 僕 に 逆らって 生き て いける の 寄生 虫 の クセ に

キミ の 命 は 守る

しかし 口 を きけ なく する こと ぐらい できる ん だ ぜ

他 に 視力 や 聴力 を 奪う と いう 手 も ある

ほう すごい 恐怖 心 だ 少し 休 ん だ 方 が いい な

悪魔

シン イチ 悪魔 と いう の を 調べ た が

一 番 それ に 近い 生物 は 人間 だ と 思う ぞ

人間 は あらゆる 種類 の 生物 を 殺し 食って いる が

私 の 仲間 たち が 食う の は ほんの 1 ~ 2 種類 だ

質素 な もの さ

そんな 理屈 聞き たく も ない よ

人 が 殺さ れる 僕 だけ が その 正体 を 知って いる

ミンチ だ

牛 や 豚 を 平気 で ひき肉 に し て いる 人間 ども が 今さら 何 を 驚 い てる

ほう 珍しい な

仲間 が いる

シン イチ 近づ い て くる ぞ

私 の 仲間 だ

左側 の 人ごみ の 中 に いる

人 が 多く て まだ 見分け が つか ない が

間違い ない

離れ た ほう が いい

下手 を すれ ば また 殺し 合い に なる ぞ

もう 少し 急げ 近づ い て いる

人食い 同好 会 の お 誘い かな

シン イチ どこ へ 行く つもり だ

距離 は 約 40 メートル すぐ 後ろ だ ぞ

会って やる の さ 人殺し の 顔 を 見 て やる

バカ な こと を 言う な 殺さ れる ぞ

じゃあ ミギー が 守って くれよ

この 前 の イヌ の よう に は 行か ない と 思い が な

ここ なら 人 に 見 られ ない だ ろ う

人間 の 心 は よく 分から ん

今 の 君 は 恐怖 心 が 麻痺 し て いる よう だ が

なぜ だ

人間 が 何 人 も 殺さ れ て いる ん だ

放っておけ ば 村野 だって

その 人殺し の 正体 が 分かって いる のに

何も し ない で 見 て ろ って いう の か

戦う ん だ 人間 の ため に

人間 の ため … ね

それ に は お前 の 力 が いる

手 を 貸し て くれよ

なぁ ミギー

あと 5 メートル

なるほど 逃げ た の は そういう こと か

人間 の 脳 が 丸々 生き残って る

こいつ は 確かに 危険 な 存在 だ な

うるさい 化 物 め

動く な

この 人間 を 攻撃 する の なら お前 を 殺す

待て 待て

なるほど な 言い たい こと は 分かる

だが 右手 さん 君 は こっち に 引っ越し て くりゃ いい ん だ よ

引っ越す ? 今更 移動 は 不可能 な はず

何 だ お前 勉強 不足 だ ぞ

確かに 単純 な 腕 から 複雑 な 頭 へ の 移動 は 無理 だ

だが 腕 から 腕 へ なら 簡単 さ

どう だ 指定 席 を つくって やった ぞ

これ で 信じ た か

さあ 移って 来 て 俺 の 右腕 に なれ

2 体 が 宿れ ば さらに 強く なれる ん だ

どう し た 早く その 人間 を 殺し て こっち へ 来い

血液 が もったいない

我々 が 管理 する この 肉体 なら 140 年 は 生き られる だ ろ う

ミ … ミギー

じれったい

だが その 人間 の 首 を 落とせ ば 否応 なし だ

ちょっと 待って

ち … 血迷った か

よ … よくも … 貴 様 … お … おれ の … 体 …

おれ … の … お … れ の …

ミギー

僕 を 助け て くれ た の か

肉体 の 移動 に 確信 が 持て なかった だけ だ

私 は 自分 の 命 だけ を 大事 に 考え て いる

疲れ た の で 眠る

お … おれ の … 体 …

お … れ の …

ミギー は あいつ の 命 より 僕 の 命 を 優先 し て くれ た

ミギー は 自分 の 命 を 守り たかった だけ かも しれ ない

だけど …

なあ ミギー

おい ひ い

何 その 気 の ない 返事

あ いや そういう わけ じゃ …

おいしい

わざとらしい ん です けど

うち って さ 今 外出 する の も うるさい ん だ

えっ 何で

ほら いろいろ と 物騒 でしょ

ミンチ 殺人 と か

ああ

嫌 だ よ ね ミンチ に さ れる なんて

村野 が ミギー の こと を 知ったら

やっぱり 気味 悪 がる ん だ ろ う な

どうか し た の

村野 って 動物 好き だった よ ね

うん 好き だ よ

でも 蛇 は ダメ

大丈夫 ?

お 砂場 で 遊 ぼ う

あぁ お っし ー

下手くそ 今度 は 俺 だ

はっ ずれ ー

ひどい

行 こ う あんな の 見 たく ない よ

そう だ ね

何 だ あいつ

お前 ら いい加減 に しろ よ

泉 くん

ただ の ゲーム だ っ つ のに

勝手 に 邪魔 し てん じゃ ねえ よ

生き物 は おもちゃ じゃ ない ん だ

みんな 生き てる ん だ よ お前 ら と 同じ に

クッセー

マジ か よ

危ない

食って や ろうか

行 こ う か

ミギー の 言う 通り

悪魔 に 一 番 近い 生物 は

人間 … な の かも しれ ない

泉 くん

キミ 泉 新 一 くん … だ よ ね

ああ もちろん

次回 「 饗宴 」



Want to learn a language?


Learn from this text and thousands like it on LingQ.

  • A vast library of audio lessons, all with matching text
  • Revolutionary learning tools
  • A global, interactive learning community.

在线学习语言 @ LingQ

あれ 右手 失敗 …

イヌ か

育った 環境 の せい も ある だ ろ う が 不 勉強 な ヤツ だ

ねぇ ねぇ 女子 大 生 ?

えっ 違う の

OL さん ? マジ あり え ねぇ

マジ イケ てる

ご … ごめんなさい

ちょっと 待って よ いい だ ろ 少し ぐらい

そう ちょっと だけ 遊 ん でよ

ねぇ ねぇ

送 ろ う

さっき は よくも やって くれ た な

一度に 4 人 じゃ 胃 が パンク だ な

4 人 ?

勢い あまって 2 周 し て しまった

念のため 顔 を 変え て おく か

もう 警察 に は 行か なく て いい の か

ああ お前 が い ない と 僕 は 簡単 に 殺さ れ て しまう

あの 変 な 寄生 生物 たち に ね

賢明 な 判断 だ

なぁ お前 に も 名前 が 欲しい ん だ けど

要ら ん

私 は 人間 で は ない し ペット で も ない

でも いつも お前 と か こいつ じゃ どうも な

では ミギー と 呼 ん で くれ

何 ミギー

ああ 右手 を 食って 育った から ミギー だ

割と 安易 な ヤツ だ な

名前 と や ら に 興味 が ない だけ だ

ナイス シュー

やる じゃ ない 泉 くん

え ? う … うん

泉 くん

もう 一 本 決め たら 里美 が こない だ の こと 許し て くれる って

ちょっと 裕子

イテッ

なん だ 長井 の やつ

あと 5 秒

こう なりゃ ヤケ だ

やった

サンキュー ミギー

すごい ね 里美

うん …

クソ 泉 の やつ

じゃ あたし 行く ね

あの … ごめん

あの 時 は 触 ろ う と 思って 触った ん じゃ なく て

勝手 に 右手 が 動 い て

あの 本当 に ごめん

本当 に 悪い と 思って る ?

思って る よ もう 真剣 に

今度 の 日曜日 に パンケーキ 奢 って くれ たら 許し て あげて も いい かな

ただし 今度 あんな こと し たら 許さ ない ん だ から

絶対 に し ない

約束 する

分かった 約束 ね

なんでもない ん だ だ … 大丈夫

泉 くん

キミ 泉 新 一 くん … だ よ ね

何 言って ん だ よ 当たり前 じゃ ない か

じゃあ ね

どういう つもり だ よ

人間 の 生殖 行動 に 興味 が あった

シン イチ は あの 女 と 交尾 し たかった ん だ ろ

交尾 って そんな ん じゃ なく て …

ちょっと 顔 を かせ

一 人 で 喋って た の は 口説き の リハーサル か

別に

そろそろ 着替え に 行か なきゃ

待て よ

俺 が 村野 の こと 好き な の 知って ん だ ろ

あれ そう な の

俺 と 勝負 しろ

勘弁 し て よ

って ー 何 す ん だ よ

どう し た 殴り 返せ ない の か

この 間 み たい に ミギー が 本気 を 出す と

大 怪我 さ せる かも しれ ない

この 軟弱 野郎 が

やめろ

少し は 手加減 しろ よ バカ

バカ ? それ は 自分 より バカ な 相手 に 使う べき 言葉 だ

殺し て ない だ ろ う な

安心 しろ

ところで シン イチ

排泄 行為 を 我慢 する の は 体 に よく ない ぞ

シン イチ

何 だ よ 人 の いる 所 で 喋る なって 言った だ ろ

この 生殖 器 ちょっと 勃起 さ せ て み て くれ

なん だって

あ … ち ょ … 何 する ん だ

よせ やめろ って の

冷たい シン イチ

うるさい

ちゃんと 洗わ ない と 白 癬菌 が 繁殖 し て イン キン タムシ …

うるさい

お前 何 さっき から 息子 と 話し て ん だ

ミンチ 殺人

うん

被害 者 が ずたずた に 引き裂か れる 事件 が 世界 各地 で 起き てる ん だ って

ネット に は 結構 エグイ 動画 と か も アップ さ れ ちゃ って る みたい

犯人 は

まだ 捕まって ない

って いう か

世界 で 同時 多発 的 に ミンチ 殺人 を 起こす なんて 無理 でしょ う

犯人 は 一 人 じゃ なく て たぶん 狂信 的 な カルト 集団 と か

そう いえ ば 立川 の お 兄さん って 刑事 だった よ な

でも この 事件 に つい て は 一切 教え て くれ ない ん だ よ ね

てこ と は 裏 を 返せ ば

警察 と か 政府 か すでに 動き出し て いる って こと じゃ ない

やっぱり ミギー の 仲間 たち か

間違い ない な

この 間 の イヌ を 見 て 分かった

イヌ に 宿った もの は イヌ だけ を 食う

人間 に 宿った もの は 人間 を 食う

共食い 専門 と いう 訳 だ

何 を 考え て いる

このまま 黙って て いい の か な

「 黙って て いい の か 」 と は ?

奴 ら を ほっとけ ない だ ろ

次々 に 人 を 殺し て いる ん だ

「 ほっとけ ない 」 と は ?

いい か 僕たち だけ が 正体 を 知って る ん だ

このまま じゃ 犠牲 者 が 増える ばかり だ よ

だから …

だから ?

お前 の こと 世の中 に 発表 し て 研究 し て もらえ ば …

何 を 言って いる

シン イチ の 理屈 は よく わから ん

私 の 仲間 達 は ただ 食って いる だけ だ ろ

生物 なら 当然 の 行為 じゃ ない か

同種 が 食わ れる の が そんなに イヤ な こと な の か

当たり前 だ よ

人 の 命 って 尊い もの だ ろ

分から ん

尊い の は 自分 の 命 だけ だ

私 は 私 の 命 以外 を 大事 に 考え た こと は ない

だ ろ う ね 君 は ケダモノ で 虫けら だ もん な

それ 蔑 ん で いる つもり かい

もし 君 が 私 の 身 に 害 を 及ぼす よう な 行動 に 出る なら

私 は 全力 で それ を 阻止 する ぞ

へえ 僕 に 逆らって 生き て いける の 寄生 虫 の クセ に

キミ の 命 は 守る

しかし 口 を きけ なく する こと ぐらい できる ん だ ぜ

他 に 視力 や 聴力 を 奪う と いう 手 も ある

ほう すごい 恐怖 心 だ 少し 休 ん だ 方 が いい な

悪魔

シン イチ 悪魔 と いう の を 調べ た が

一 番 それ に 近い 生物 は 人間 だ と 思う ぞ

人間 は あらゆる 種類 の 生物 を 殺し 食って いる が

私 の 仲間 たち が 食う の は ほんの 1 ~ 2 種類 だ

質素 な もの さ

そんな 理屈 聞き たく も ない よ

人 が 殺さ れる 僕 だけ が その 正体 を 知って いる

ミンチ だ

牛 や 豚 を 平気 で ひき肉 に し て いる 人間 ども が 今さら 何 を 驚 い てる

ほう 珍しい な

仲間 が いる

シン イチ 近づ い て くる ぞ

私 の 仲間 だ

左側 の 人ごみ の 中 に いる

人 が 多く て まだ 見分け が つか ない が

間違い ない

離れ た ほう が いい

下手 を すれ ば また 殺し 合い に なる ぞ

もう 少し 急げ 近づ い て いる

人食い 同好 会 の お 誘い かな

シン イチ どこ へ 行く つもり だ

距離 は 約 40 メートル すぐ 後ろ だ ぞ

会って やる の さ 人殺し の 顔 を 見 て やる

バカ な こと を 言う な 殺さ れる ぞ

じゃあ ミギー が 守って くれよ

この 前 の イヌ の よう に は 行か ない と 思い が な

ここ なら 人 に 見 られ ない だ ろ う

人間 の 心 は よく 分から ん

今 の 君 は 恐怖 心 が 麻痺 し て いる よう だ が

なぜ だ

人間 が 何 人 も 殺さ れ て いる ん だ

放っておけ ば 村野 だって

その 人殺し の 正体 が 分かって いる のに

何も し ない で 見 て ろ って いう の か

戦う ん だ 人間 の ため に

人間 の ため … ね

それ に は お前 の 力 が いる

手 を 貸し て くれよ

なぁ ミギー

あと 5 メートル

なるほど 逃げ た の は そういう こと か

人間 の 脳 が 丸々 生き残って る

こいつ は 確かに 危険 な 存在 だ な

うるさい 化 物 め

動く な

この 人間 を 攻撃 する の なら お前 を 殺す

待て 待て

なるほど な 言い たい こと は 分かる

だが 右手 さん 君 は こっち に 引っ越し て くりゃ いい ん だ よ

引っ越す ? 今更 移動 は 不可能 な はず

何 だ お前 勉強 不足 だ ぞ

確かに 単純 な 腕 から 複雑 な 頭 へ の 移動 は 無理 だ

だが 腕 から 腕 へ なら 簡単 さ

どう だ 指定 席 を つくって やった ぞ

これ で 信じ た か

さあ 移って 来 て 俺 の 右腕 に なれ

2 体 が 宿れ ば さらに 強く なれる ん だ

どう し た 早く その 人間 を 殺し て こっち へ 来い

血液 が もったいない

我々 が 管理 する この 肉体 なら 140 年 は 生き られる だ ろ う

ミ … ミギー

じれったい

だが その 人間 の 首 を 落とせ ば 否応 なし だ

ちょっと 待って

ち … 血迷った か

よ … よくも … 貴 様 … お … おれ の … 体 …

おれ … の … お … れ の …

ミギー

僕 を 助け て くれ た の か

肉体 の 移動 に 確信 が 持て なかった だけ だ

私 は 自分 の 命 だけ を 大事 に 考え て いる

疲れ た の で 眠る

お … おれ の … 体 …

お … れ の …

ミギー は あいつ の 命 より 僕 の 命 を 優先 し て くれ た

ミギー は 自分 の 命 を 守り たかった だけ かも しれ ない

だけど …

なあ ミギー

おい ひ い

何 その 気 の ない 返事

あ いや そういう わけ じゃ …

おいしい

わざとらしい ん です けど

うち って さ 今 外出 する の も うるさい ん だ

えっ 何で

ほら いろいろ と 物騒 でしょ

ミンチ 殺人 と か

ああ

嫌 だ よ ね ミンチ に さ れる なんて

村野 が ミギー の こと を 知ったら

やっぱり 気味 悪 がる ん だ ろ う な

どうか し た の

村野 って 動物 好き だった よ ね

うん 好き だ よ

でも 蛇 は ダメ

大丈夫 ?

お 砂場 で 遊 ぼ う

あぁ お っし ー

下手くそ 今度 は 俺 だ

はっ ずれ ー

ひどい

行 こ う あんな の 見 たく ない よ

そう だ ね

何 だ あいつ

お前 ら いい加減 に しろ よ

泉 くん

ただ の ゲーム だ っ つ のに

勝手 に 邪魔 し てん じゃ ねえ よ

生き物 は おもちゃ じゃ ない ん だ

みんな 生き てる ん だ よ お前 ら と 同じ に

クッセー

マジ か よ

危ない

食って や ろうか

行 こ う か

ミギー の 言う 通り

悪魔 に 一 番 近い 生物 は

人間 … な の かも しれ ない

泉 くん

キミ 泉 新 一 くん … だ よ ね

ああ もちろん

次回 「 饗宴 」


×

我们使用cookies帮助改善LingQ。通过浏览本网站,表示你同意我们的 cookie policy.