image

寄生獣 セイの格率, Kiseijuu: Sei no Kakuritsu (Parasyte -the maxim-) Episode 1

地球 上 の 誰 か が ふと 思った

残念 だ … 失敗 し た …

残念 だ …

残念 … 何 が

うるさい

夢 か 何 か 寝不足 だ な

ヘビ は 見つかった か

なんか 痺れる ん だ

寝ぼけ て コード で 縛ったり する から よ

ごめん パン だけ で いい よ

ダメ よ 朝 は ちゃんと 食べ ない と

昨夜 の 本当 びっくり し た

それ は こっち の セリフ だ

ただ の クモ じゃ ない か

新一 の 虫 嫌い 何 時 に なったら 治る の かしら ね

日本 政府 は 今回 の OECD 閣僚 理事 会 で

に ほん せい ふ は こんかい の …

パパ ママ 知ら ない

お腹 空 い た ん だ けど

パパ ママ 知ら ない

お腹 空 い た ん だ けど

それでは 続 い て の ニュース です

村野

わざとらしい

な … 何 が

だって 私 が 後ろ から 来 てる の 分かって た ん でしょ

いや 全然

これ は 何 か の 間違い と いう か なん と いう か その …

泉 くん の バカ

何で あんな こと し た の よ

立川

分から ない ん だ

自分 でも 本当 に

右手 どうか し た の

あっ いや 別に

ヘビ だ

イタッ

潜り込 ん だ

登って くる

どう し た 新一

た ふけ て ー

何 やって ん だ お前

腕 なんか 縛って どう し た の

ヘビ ヘビ が 腕 の 中 に

なに

ヘビ

あー あ 壮絶 な 寝ぼけ 方 だ な

本当 だって ば

手 に 穴 を 開け て 潜り込 ん だ ん だ よ

で その 穴 って の は どこ に ある

ほら ここ に

あれ

新一 お前 ドラッグ と か やって ない だ ろ う な

やって る わけな い だ ろ

まさか お 父さん ったら

おかしい な 痛く も なんとも ない

あの 変 な 生き物 は 本当 に 入り込 ん で い た り し て

泉 くん

授業 中 に ゲーム か

何 を し て た か 知ら ん が 授業 中 の 使用 は 禁じ られ てる だ ろ う が

でも 電源 切って おい た し その …

すみません

あっ 村野 今朝 は …

ありゃ 相当 怒って る ね

しょうがない

幼馴染 の よしみ で

里美 に は あたし から 謝 っと い て あげる よ

本当 に 助かる よ

それ より 本当 に 大丈夫

今日 の 泉 くん なんか 変 だ よ

うん ちょっと 気分 も 悪い し

先生 に 言って 早退 さ せ て もらう よ

手 が 勝手 に 動く こと って あん の かな

でも 昨夜 の あの 変 な 生き物 と 関係 が ある と し たら

みさき

お 母さん

みさき

よかった

新一 ?

早い の ね

僕 の 右手 じゃ ない の か

試し て やる

避ける な よ

ざ … ざん ねん … だ

あれ 右手 失敗 …

し 失敗

僕 の 右手 は

食 っち まっ た よ …

言葉 … まだ 少し … でき ない

教え て … シン イチ …

お前 何 な ん だ

疲れ た 眠る

ちょっと 待って 聞き たい こと が 山ほど ある ん だ

おい お いって ば

新一 どうか し た の

聞こえ た の 新一

来 ない で

なんでもない よ

それ らしき 情報 は ない

僕 み たい な 目 に あった 人 は 居 ない って こと か

新一 ご飯 よ

学校 から 連絡 が あった ん だ けど 今日 早退 し た そう ね

何 か あった の か

別に ちょっと 気 分 が 悪かった だけ

大丈夫 な の

うん

あら おかわり な の 珍しい わ ね

気 分 が 悪い のに 食欲 は ある ん だ な

治った ん だ よ

別に いい だ ろ

右手 の こと は 父さん に も 母さん に も 言え ない

好き 好き つ っか み ん 壁 ドン

あか ん 飲みすぎ や 飲みすぎ

中村 さん お 洗濯物 が …

って いう か こんな こと 誰 に も 言え ない

警察 に 言って も 頭 が おかしく なった って 思わ れる の が オチ だ し

病院 で 調べ られ たら

それ は それ で 大騒ぎ に なる よ な

どう すれ ば いい ん だ

おい いい加減 起きろ

朝 か

朝 だ

朝 に なった のに

悪夢 が 覚め て くれ ない

何 やって ん だ

見 て の 通り さ 勉強 だ よ

普通 に 喋れ る よう に なった ん だ な

で お前 何 な ん だ

もし かして 宇宙 人 な の か

宇宙 人 何 だ それ は

あの ヘビ み たい な の が お前 の 正体 な ん だ ろ

確かに どんな 生物 の 本 を 調べ て も 私 の こと は 載って い なかった

本当 に 宇宙 から やって き た の か

私 は 自分 が どこ から 来 た の か 知ら ない

私 の 一 番 古い 記憶 は

「 脳 を 奪え なく て 残念 」 と いう 気持ち だ

脳 を まさか お前 次 は 僕 の 脳 を 奪う つもり じゃ

それ が 出来る なら とっくに やって いる

だが 無理 だ 脳 を 食わ ず に 成熟 し て しまって は もう 遅い

残念 な こと だ

脳 を 奪う の に 成功 し て たら どう なって た ん だ

たぶん 頭 が 変形 する 人間 に 似 た 生物 に なって い た だ ろ う な

気色 悪

そもそも 何で 僕 だった ん だ よ

偶然 だ 君 を 選 ん だ わけ で は ない

例え 大騒ぎ に なって も 病院 に 行く しか ない か

何 の ため

お前 を 切って もらう ん だ よ

それ は 困る な

私 は シン イチ の 血液 から 養分 を 貰って 生き て いる

従って 切断 さ れる と 枯れ て 死 ん で しまう の だ

それ に シン イチ だって 右手 を 失う こと に なる ん だ ぜ

お互い 損 じゃ ない

お互い って いう か 僕 の 右手 は お前 が 勝手 に 食べ ちゃ った ん だ ろ

こう しよ う

私 が 眠って いる 間 は 今 まで 通り

君 が 自由 に 動かせ る よう に 回路 を 繋ぐ

それ で いい だ ろ

これ から は お互い 協力 し 合い 生きる こと だ

それ 以外 に 道 は ない

お前 何 勝手 に 決め て ん だ よ

疲れ た ので 眠る

ちょっと 待て 都合 が 悪く なる と すぐに そう やって

大事 に 使えよ

これ 僕 が 片付ける わけ

僕 の ベーコン エッグ は

昨日 食べ ない って 言った じゃ ない

朝 ご飯 は しっかり 食べ ない と いけない ん だ ろ

パン も もっと 欲し い ん だ けど

まったく 気まぐれ な ん だ から

各地 で 物騒 な 事件 が 起き て いる な

また 殺人

ああ

殺さ れ た の は 母親 と 娘

死体 の 損壊 が 激しい 上 に 行方 不明 の 父親 が 犯人 らしい

それ と 大阪 で は バラバラ 殺人

宮城 で は 物干し に 惨殺 体 が

食事 中 に やめ て ください

えっ すま ん

新一 ほれ ここ

平気 な の

え なに が

だって 虫 が …

昨日 と 道 が 違う な

起き た の か

どこ へ 行く ん だ

警察 に 相談 する こと に し た よ

やめ て おけ

隔離 さ れ て 実験 材料 に さ れる か 標本 に さ れる か

どちら に し て も 日常 生活 は 送れ なく なる

じゃあ 僕 は どう すれ ば いい ん だ

今朝 も 言った だ ろ

協力 し 合って 生き て いく しか

止まれ

大声 出す な よ

仲間 が 居る

私 の 仲間 だ 同種 だ よ

なん だって

でも なんで 分かる ん だ

感じる 脳波 の よう な もの を

初めて だ だ が 分かる ぞ 仲間 だ

直線 に し て 約 200 メートル

僕 と 同じ よう な 目 に あった 人 が ほか に も

右 だ 右 へ 行って くれ

シン イチ

その先 を 左 だ

向こう も 気づ い た よう だ

どう し た 行け よ

仲間 って ひょっとして 脳 を 奪わ れ た 人間 な の か

かも しれ ない

嫌 だ よ 気持ち 悪い

私 は 自分 の 正体 を 正確 に 知る 必要 が ある

君 に とって も これ は 重要 な こと で ある はず だ

わ … 分かった よ

あと 20 メートル あの 角 だ な

食事 中 らしい

イ … イヌ が イヌ を 食べ てる

お前 も 失敗 か

喋る な よ

お前 は 寄生 する 場所

俺 は 宿った 動物 に 不満 が ある

逃げろ

走れ 早く

何 な ん だ よ 行け って 言ったり 逃げろ って 言ったり

殺意 を 感じ た

人間 の まま の お前 を 異常 な ほど 警戒 し て いる

やる 気 らしい ここ で 戦う ぞ

戦う

新一 が 殺さ れ たら 私 も 死ぬ こと に なる から な

来 た ぞ

そんな 嘘 だ ろ

いくら 何でも あれ は

し … 心臓

見ろ くたばる ぞ

やはり イヌ の 内臓 や 消化 器 を 流用 し て 生き て いた ん だ

お前 に 仲間 が い た なんて

頭 の 部分 だけ が 本体 だ

神経 を 支配 し て 全身 を 操る わけ だ が

本体 自ら が 翼 など に 変身 し た ため

注意 力 が 散漫 に なり 死角 を 作った

お前 せっかく 出会った 仲間 な のに

イヌ か 育った 環境 の せい も ある だ ろ う が 不 勉強 な ヤツ だ

だから 私 が 勝った

なんか 情 の 欠 片 も ない

虫 と 話し て いる よう な

シン イチ 冷たい

地球 上 の 誰 か が ふと 思った

みんな の 命 を 守ら ね ば

次回 「 肉体 の 悪魔 」



Want to learn a language?


Learn from this text and thousands like it on LingQ.

  • A vast library of audio lessons, all with matching text
  • Revolutionary learning tools
  • A global, interactive learning community.

在线学习语言 @ LingQ

地球 上 の 誰 か が ふと 思った

残念 だ … 失敗 し た …

残念 だ …

残念 … 何 が

うるさい

夢 か 何 か 寝不足 だ な

ヘビ は 見つかった か

なんか 痺れる ん だ

寝ぼけ て コード で 縛ったり する から よ

ごめん パン だけ で いい よ

ダメ よ 朝 は ちゃんと 食べ ない と

昨夜 の 本当 びっくり し た

それ は こっち の セリフ だ

ただ の クモ じゃ ない か

新一 の 虫 嫌い 何 時 に なったら 治る の かしら ね

日本 政府 は 今回 の OECD 閣僚 理事 会 で

に ほん せい ふ は こんかい の …

パパ ママ 知ら ない

お腹 空 い た ん だ けど

パパ ママ 知ら ない

お腹 空 い た ん だ けど

それでは 続 い て の ニュース です

村野

わざとらしい

な … 何 が

だって 私 が 後ろ から 来 てる の 分かって た ん でしょ

いや 全然

これ は 何 か の 間違い と いう か なん と いう か その …

泉 くん の バカ

何で あんな こと し た の よ

立川

分から ない ん だ

自分 でも 本当 に

右手 どうか し た の

あっ いや 別に

ヘビ だ

イタッ

潜り込 ん だ

登って くる

どう し た 新一

た ふけ て ー

何 やって ん だ お前

腕 なんか 縛って どう し た の

ヘビ ヘビ が 腕 の 中 に

なに

ヘビ

あー あ 壮絶 な 寝ぼけ 方 だ な

本当 だって ば

手 に 穴 を 開け て 潜り込 ん だ ん だ よ

で その 穴 って の は どこ に ある

ほら ここ に

あれ

新一 お前 ドラッグ と か やって ない だ ろ う な

やって る わけな い だ ろ

まさか お 父さん ったら

おかしい な 痛く も なんとも ない

あの 変 な 生き物 は 本当 に 入り込 ん で い た り し て

泉 くん

授業 中 に ゲーム か

何 を し て た か 知ら ん が 授業 中 の 使用 は 禁じ られ てる だ ろ う が

でも 電源 切って おい た し その …

すみません

あっ 村野 今朝 は …

ありゃ 相当 怒って る ね

しょうがない

幼馴染 の よしみ で

里美 に は あたし から 謝 っと い て あげる よ

本当 に 助かる よ

それ より 本当 に 大丈夫

今日 の 泉 くん なんか 変 だ よ

うん ちょっと 気分 も 悪い し

先生 に 言って 早退 さ せ て もらう よ

手 が 勝手 に 動く こと って あん の かな

でも 昨夜 の あの 変 な 生き物 と 関係 が ある と し たら

みさき

お 母さん

みさき

よかった

新一 ?

早い の ね

僕 の 右手 じゃ ない の か

試し て やる

避ける な よ

ざ … ざん ねん … だ

あれ 右手 失敗 …

し 失敗

僕 の 右手 は

食 っち まっ た よ …

言葉 … まだ 少し … でき ない

教え て … シン イチ …

お前 何 な ん だ

疲れ た 眠る

ちょっと 待って 聞き たい こと が 山ほど ある ん だ

おい お いって ば

新一 どうか し た の

聞こえ た の 新一

来 ない で

なんでもない よ

それ らしき 情報 は ない

僕 み たい な 目 に あった 人 は 居 ない って こと か

新一 ご飯 よ

学校 から 連絡 が あった ん だ けど 今日 早退 し た そう ね

何 か あった の か

別に ちょっと 気 分 が 悪かった だけ

大丈夫 な の

うん

あら おかわり な の 珍しい わ ね

気 分 が 悪い のに 食欲 は ある ん だ な

治った ん だ よ

別に いい だ ろ

右手 の こと は 父さん に も 母さん に も 言え ない

好き 好き つ っか み ん 壁 ドン

あか ん 飲みすぎ や 飲みすぎ

中村 さん お 洗濯物 が …

って いう か こんな こと 誰 に も 言え ない

警察 に 言って も 頭 が おかしく なった って 思わ れる の が オチ だ し

病院 で 調べ られ たら

それ は それ で 大騒ぎ に なる よ な

どう すれ ば いい ん だ

おい いい加減 起きろ

朝 か

朝 だ

朝 に なった のに

悪夢 が 覚め て くれ ない

何 やって ん だ

見 て の 通り さ 勉強 だ よ

普通 に 喋れ る よう に なった ん だ な

で お前 何 な ん だ

もし かして 宇宙 人 な の か

宇宙 人 何 だ それ は

あの ヘビ み たい な の が お前 の 正体 な ん だ ろ

確かに どんな 生物 の 本 を 調べ て も 私 の こと は 載って い なかった

本当 に 宇宙 から やって き た の か

私 は 自分 が どこ から 来 た の か 知ら ない

私 の 一 番 古い 記憶 は

「 脳 を 奪え なく て 残念 」 と いう 気持ち だ

脳 を まさか お前 次 は 僕 の 脳 を 奪う つもり じゃ

それ が 出来る なら とっくに やって いる

だが 無理 だ 脳 を 食わ ず に 成熟 し て しまって は もう 遅い

残念 な こと だ

脳 を 奪う の に 成功 し て たら どう なって た ん だ

たぶん 頭 が 変形 する 人間 に 似 た 生物 に なって い た だ ろ う な

気色 悪

そもそも 何で 僕 だった ん だ よ

偶然 だ 君 を 選 ん だ わけ で は ない

例え 大騒ぎ に なって も 病院 に 行く しか ない か

何 の ため

お前 を 切って もらう ん だ よ

それ は 困る な

私 は シン イチ の 血液 から 養分 を 貰って 生き て いる

従って 切断 さ れる と 枯れ て 死 ん で しまう の だ

それ に シン イチ だって 右手 を 失う こと に なる ん だ ぜ

お互い 損 じゃ ない

お互い って いう か 僕 の 右手 は お前 が 勝手 に 食べ ちゃ った ん だ ろ

こう しよ う

私 が 眠って いる 間 は 今 まで 通り

君 が 自由 に 動かせ る よう に 回路 を 繋ぐ

それ で いい だ ろ

これ から は お互い 協力 し 合い 生きる こと だ

それ 以外 に 道 は ない

お前 何 勝手 に 決め て ん だ よ

疲れ た ので 眠る

ちょっと 待て 都合 が 悪く なる と すぐに そう やって

大事 に 使えよ

これ 僕 が 片付ける わけ

僕 の ベーコン エッグ は

昨日 食べ ない って 言った じゃ ない

朝 ご飯 は しっかり 食べ ない と いけない ん だ ろ

パン も もっと 欲し い ん だ けど

まったく 気まぐれ な ん だ から

各地 で 物騒 な 事件 が 起き て いる な

また 殺人

ああ

殺さ れ た の は 母親 と 娘

死体 の 損壊 が 激しい 上 に 行方 不明 の 父親 が 犯人 らしい

それ と 大阪 で は バラバラ 殺人

宮城 で は 物干し に 惨殺 体 が

食事 中 に やめ て ください

えっ すま ん

新一 ほれ ここ

平気 な の

え なに が

だって 虫 が …

昨日 と 道 が 違う な

起き た の か

どこ へ 行く ん だ

警察 に 相談 する こと に し た よ

やめ て おけ

隔離 さ れ て 実験 材料 に さ れる か 標本 に さ れる か

どちら に し て も 日常 生活 は 送れ なく なる

じゃあ 僕 は どう すれ ば いい ん だ

今朝 も 言った だ ろ

協力 し 合って 生き て いく しか

止まれ

大声 出す な よ

仲間 が 居る

私 の 仲間 だ 同種 だ よ

なん だって

でも なんで 分かる ん だ

感じる 脳波 の よう な もの を

初めて だ だ が 分かる ぞ 仲間 だ

直線 に し て 約 200 メートル

僕 と 同じ よう な 目 に あった 人 が ほか に も

右 だ 右 へ 行って くれ

シン イチ

その先 を 左 だ

向こう も 気づ い た よう だ

どう し た 行け よ

仲間 って ひょっとして 脳 を 奪わ れ た 人間 な の か

かも しれ ない

嫌 だ よ 気持ち 悪い

私 は 自分 の 正体 を 正確 に 知る 必要 が ある

君 に とって も これ は 重要 な こと で ある はず だ

わ … 分かった よ

あと 20 メートル あの 角 だ な

食事 中 らしい

イ … イヌ が イヌ を 食べ てる

お前 も 失敗 か

喋る な よ

お前 は 寄生 する 場所

俺 は 宿った 動物 に 不満 が ある

逃げろ

走れ 早く

何 な ん だ よ 行け って 言ったり 逃げろ って 言ったり

殺意 を 感じ た

人間 の まま の お前 を 異常 な ほど 警戒 し て いる

やる 気 らしい ここ で 戦う ぞ

戦う

新一 が 殺さ れ たら 私 も 死ぬ こと に なる から な

来 た ぞ

そんな 嘘 だ ろ

いくら 何でも あれ は

し … 心臓

見ろ くたばる ぞ

やはり イヌ の 内臓 や 消化 器 を 流用 し て 生き て いた ん だ

お前 に 仲間 が い た なんて

頭 の 部分 だけ が 本体 だ

神経 を 支配 し て 全身 を 操る わけ だ が

本体 自ら が 翼 など に 変身 し た ため

注意 力 が 散漫 に なり 死角 を 作った

お前 せっかく 出会った 仲間 な のに

イヌ か 育った 環境 の せい も ある だ ろ う が 不 勉強 な ヤツ だ

だから 私 が 勝った

なんか 情 の 欠 片 も ない

虫 と 話し て いる よう な

シン イチ 冷たい

地球 上 の 誰 か が ふと 思った

みんな の 命 を 守ら ね ば

次回 「 肉体 の 悪魔 」


×

我们使用cookies帮助改善LingQ。通过浏览本网站,表示你同意我们的 cookie policy.