image

のんのんびより, Non Non Biyori Episode 8

あき

大人 の 女性 と して は 溜息 の 一 つ も つい て

センチメンタル に

魚 釣って き た

箸 とって き た の ん

お ー で っか い な

美味し そう な の ん

一緒 に 煮る ん

焼く だ ろ う 普通

焼く の ん

焼 くわ よ

は いはい じゃ 串 に 刺し とい て

楽しみ な の ん

大丈夫 です か 先輩

ダメ だ 全然 センチメンタル に なれ ない

いい か これ は 秋 の 味覚 を 味わう と いう 立派 な 授業 な ん だ かんな

はい

あと は

水 を 捨てる 時 は 指 に 隙間 が でき ない よう に 気 を つけ れ ば

お 米 は こぼさ ない

先輩 危ない

な なに

先輩 左手 は 猫 の 手 に し ない と 危ない です よ

猫 の 手

指 を 伸ばし てる と 危険 です から

こう やって 指 を 曲げる ん です

ああ そう だった

オッケー に ゃ ハンド

切った 芋 が 消え た

こっち き まし た

あの 味付け くらい は 私 が

大丈夫 美味しい 料理 作 って お 姉さん な ところ 皆 に 見せ て やる ん だ から

でも

私 が ちゃんと やる から 座って 待って て

はい

調味料 って どれ くらい 入れ た っけ

えっ と その 飯盒 の 量 なら

お 酒 大さじ 二 杯 味醂 大さじ 一 杯

塩 と 醤油 ちょっと 入れる くらい です ね

だ よ ね オッケー

お 姉さん に 任せ とき なさい

あつあつ な の ん

気 を つけ て

あ つ っ

そろそろ 米 炊け た ん じゃ ない か ね

はて さて でき は いかが かな

何 この 音 って か 米 が ばらばら

ち ょ 姉ちゃん 何 し た の

何 って ちゃんと 芋 切って 味付け も し た し

あと は えっ と

水 入れる の 忘れ て た

初 的 すぎる

翻 越 那 座 山 便 能 一目 了 然

毫 无 停 息 的 洒 下 大地

あっ このみ ちゃん

雑誌 持って き た っ よ

あっ も しか して 君 噂 の 転校 生

えっ ああ はい

やっぱり 初め まして この 家 の 隣 に 住 ん でる 富士宮 このみ です

えっ あの 初め まして

うん 噂 に 違わ ず 大きな 美人 さん だ

よし 握手 しよ う

えっ と 蛍 です

そう か よろしく ね 蛍 ちゃん

で 何 し て た の

実は この 前 思い切って ポータブル CD プレーヤー 買っちゃ っ た ん だ よ ね

何 か 大人 の 階段 登っちゃ っ た って いう か

MP 3 プレーヤー じゃ ない ん だ

MP 3 プレーヤー な に それ

ゲーム 魔法 全然 使え ない じゃ ん

いや マジック ポイント じゃ なく て

まあ 知ら ない なら いい や

とりあえず 一 番 人気 の CD 買って き た けど

大人っぽく て センチメンタル な ん だ よ

蛍 は 音楽 と か 聴く の

私 最近 は やり の 曲 と か よく わかん ない ん です よ ね

そ っ か そう だ よ ね

小学校 五 年生 に は まだ JPOP は 早い かな

小 鞠 ちゃん が 小 五 の 時 は 何 処 行く に も ぬいぐるみ 持って たんぼ 走り回って た もん ね

ああ でも お 父さん が CD と か レコード 持って る ので

それ 借り て クラシック や 洋楽 は 聴き ます けど

蛍 ちゃん も クラシック 聴く ん だ

もし かして このみ さん も です か

洋楽 も 聴く よ

小 鞠 先輩 は クラシック 聴き ます

知って る よ クラシック

沢山 人 いる やつ だ よ ね うん 知って る 知って る

まあ だいたい は そう です けど

大掴み です ね

そう だ よ ね クラシック も いい よ ね

うん うん なんて いう か

棒 持って る 人 多い もん ね

バイオリン と か 太鼓 と か トライアングル と か 指揮 棒 と か

小 鞠 ちゃん 本当 に クラシック 聴 い てる の

どういう の 聴 い てる の

どういう の えっ と えっ

かえる の 唄 と か かな

それ って 童謡 じゃ

別に 動揺 なんて し て ない けど いった て 冷静 だ し

そういう 意味 じゃ ない です よ

蛍 ちゃん は どういう の 聴く の

えっ と そう です ね

ヴィヴァルディ の 「 四季 」 の 「 春 」 と か も いい ん です けど

「 夏 」 も 迫力 あって 好き です ね

「 冬 」 も いい よ ね

お 父さん が 持って る ヘッドフォン を 使う と ものすごく 音 が 良く なる ん です よ

へ ー 今度 聴か せ て よ

洋楽 は 何 聴く の

えっ と お 父さん の 趣味 の もの に なっちゃ い ます けど

ジャズ と か ブルース と か

お 洒落 の 話 しよ う

ね ね 音楽 より お 洒落 の 話 し よ う よ

お 洒落 です か

だって さあ ほら

ねっ

見 て の 通り 最近 色気 が 溢れ てる もん

お 洒落 の 話 し なきゃ

色気

その 答え クイズ 王 でも わから ない よ

あっ そうだ これ 頼ま れ て た やつ

秋 の コーディネート 特集

大人 の お 洒落 だ

じゃ ん 新しい 髪 留め を 買った の で し た

どうどう 似合う

あっ シュシュ です ね いい な

急に 何 言って ん の 機関 車 の 音 真似

電車 ごっこ

えっ それ し ゅ し ゅ です よ ね

まあ そろそろ 冬物 買わ ない と いけない し ねえ

今 ほしい の は ディストレスト の デニム か な ー

今 着 てる の スキニー の デニム です よ ね

そう そう

これ に もう ちょっと ダメージ 系 な の が ほしい ん だ よ ね

蛍 ちゃん は デニム と か は 興味 ない の

私 お出かけ 用 に は あまり パンツ はかない ので

チュニック に レギンス なら

ストップ ストップ

もう 先 から 何 言って ん の か 全然 わかん ない

ちゃんと 日本 語 で 言って よ

チュニック って 日本 語 で 何て 言う の

へえ 日本 語 で

この 髪 留め も 日本 語 で 何て 言う の

やっぱり 「 し ゅ し ゅ 」 と か わから ず 買って た ん だ

知って る も ー ん 「 ち ゅ ち ゅ 」 ぐらい 知って る も ー ん

いや 「 し ゅ し ゅ 」 ね

お 洒落 の 話 も やめ ー もっと 大人 の 話 し よ う よ

つい て こ れ なかった の に レベル あげ ちゃ う の

え ー と どういう 話 を すれ ば

じゃ 大人 の 話 って 言え ば 恋 の お 話 恋 バナ と か

それ 私 から 私 から 喋る から

はい はい そんな 話 本当 に ある なら 言って ごらん よ

言え る なら ねぇ

このみ ちゃん ったら 何 言って る の

私 だって そういう 話 の 一 つ や 二 つ

私 の 恋 バナ は ねえ

な ー っ ふ

よく 「 ぐう 」 の 音 も 出 ない って いう けど

「 な ふ 」 は 出る ん だ ねぇ

こんなに 浮かば ない もの な ん だ ね びっくり し ちゃ った

男の子 なんて この あたり に は 眼鏡 君 しか い ない もん ねぇ

その 点 蛍 ちゃん は 東京 に 住 ん で た し

どう な の 蛍 ちゃん

へえ いや 私 は

もし かして 好き な 人 と か い た の

え ー と その 好き な 人 って いう か 何て 言う か

あれ あの 蛍 の 目

相手 は わから ない けど

恋 し ちゃ って る 目 だ

やめ この 話 も やめ ー

何も 聞か なく て も わかった

蛍 恋し てる 顔 し てる

そんな 顔 し て まし た

私 の ほう が 年上 な のに

なんで 蛍 の が お 姉さん っぽい の

いや だ

せ ん 先輩

ちょっと 小 鞠 ちゃん 駄々 を こね て 言う 台詞 じゃ ない よ

先輩 私 全然 子供 です から

蛍 恋 を し ちゃ って る の

え え ー と その 恋し てる と いう か っと え ー と

センチメンタル に なっちゃ っ てる の

恋 なんて し てる わけない じゃ ない です か

だ よ ね し て な いよ ね やった これ で 引き分け

いつの間に 勝負 に

みんな お 菓子 持って 来 た よ

お邪魔 し て ます

ごめん ね

ジュース が 切れ ちゃ って て コーヒー しか なかった ん だ けど

みんな 大丈夫

全然 大丈夫 です ありがとう ござい ます

私 も 大丈夫 です

蛍 砂糖 何 杯 いる 入れ て あげる

あ あたし ブラック で 大丈夫 です

今日 こそ 大人 の 女性 と して

センチメンタル な 秋 を 過ごす ん だ

二 人 と も 何 して ん の

コマ ちゃん

先輩 お 早う ございます

に ゃ ん ぱ す ー

何 し に 行く の

ずばり 芸術 の 秋 な の ん

どういう こと な の

え ー と つまり 一緒 に スケッチ に 行 こ う と 思い まし て

スケッチ か

よかったら 先輩 も 一緒 に 行き ませ ん か

芸術 の 秋 も いい かも

うん 行く

ここ と か どう です か 見晴らし も いい です し

そう だ ね

お 絵かき お 絵かき な の ん

紙 と か 持ってき て ない ん だ けど 何 か ある

画用紙 と 色 鉛筆 なら あり ます よ

後 は 下敷き も

コマ ちゃん 何 描く ん

別に 決め て ない けど

せっかく ここ まで き た ん だ し 風景 で いい ん じゃ ない

先輩 そう いえ ば 昨日 の ドラマ 見 まし た

ん あの 恋愛 物 の

あれ 昨日 見損なっちゃ っ た ん だ よ ね

えっ 昨日 が 最終 回 です よ

マジ で

録画 し て た ので 今度 一緒 に 見 ませ ん か

本当 よかった

昨日 は 夏 海 が お 風呂 出 て くる の 遅く て さ

その せい で 私 も お 風呂 遅れ て 見 れ なかった ん だ けど

夏 海 お 風呂 長い ん だ

蓮華 も しか して 私 描 い てる

そう な の ん コマ ちゃん モデル に する ん

モデル と か 恥ずかしい ん だ けど

する の ん

いや 無理 だって

何事 も 経験 な の ん

仕方ない な ー

ポーズ と か は いる の

可愛い ポーズ と か で い い ん

可愛い ポーズ と か 漠然 と 言わ れ て も

そこ は コマ ちゃん 任す の ん

え ー 可愛い ポーズ

こんな 感じ

先輩 私 も 先輩 描く の で 可愛い ポーズ ください

いい けど ちょ い 恥ずかしい

こういう ポーズ と か どう です か

それ は さすが に 恥ずかし すぎる でしょ

じゃ この ポーズ と か

それ は アリ かも

コマ ちゃん コマ ちゃん

そんな ノリ ノリ じゃ なく て い い ん よ

先輩 こっち に 目線 を

はい

蓮華 どんな 絵 描 い てる の

コマ ちゃん を 濃縮 し て 丸 っと 丸め て 裏 から 見 た 感じ の 絵 な の ん

よく わかん ない けど

そういう の いい から 普通 に 描 い て くれ ない

普通 なんか で いい の ん

出来 た ん

う まっ 小 一 で これ だけ 描け る って 普通 に すごく ない

コンクール と か に 出せ ば 賞 と か 取れる ん じゃ

何 言って る ん こんな の 芸術 性 の かけら も ない ん

うち が 描き たかった の は こんな の じゃ ない ん

いい や でも これ コンクール 出し た ほう が いい って

いつも こんな 感じ で 絵 描け ば いい ん じゃ ない

コンクール と か よく わから ない の ん

そんな こと より コンクール の 話し て たら お腹 減った ん

なんで コンクール で

でも もう すぐ お 昼 です もん ね

私 家 近い し サンドイッチ でも 作って き ま しょ う か

サンドイッチ ん

手伝 お う か

大丈夫 です よ

すぐ 戻って き ます から

じゃ ちょっと 行って き ます

はい 気 を つけ て ね

サンド イッチー ん

どう しょ う 絵 の 続き する

絵 は ほたる ん 来る まで 休憩 な の ん

コマ ちゃん これ やる ん

何 これ ソフト グライダー じゃ ん

ほたる ん と やろう と 思って 二 つ 持って き た ん

まあ いい けど

じゃ 遠く まで 飛ばし た ほう の 勝ち な ん なあ

オッケー 夏 海 と やった こと ある から 結構 得意 だ よ

じゃ 行く の ん

よ ー し

うち の ほう が 遠く まで 飛 ん だ ん

え ー 絶対 私 の ほう が 遠く まで 飛 ん だ ね

仕方 ない の ん な

今回 は うち の 負け で い い ん

ホント コマ ちゃん は 小学生 相手 に も 本気 な ん な

大人 の 態様 し ない で よ

じゃ もう 一 回 やる の ん

次 こそ コマ ちゃん に 勝つ ん

あ ちょっと 待って

今度 こそ コマ ちゃん を 超え た の ん

すみません ちょっと 遅く なっちゃ い まし た

遅れ て ごめんなさい

ああ もう

何で せっかく の 休み に 干し柿 作ら なきゃ なん ない の さ

仕方ない じゃ ん

おじさん が せっかく 送って き て くれ た ん だ から

つま ん ない し

遊 ぼ う よ 母ちゃん い ない し さ

だめ お 母さん 帰って くる まで に やっと か ない と 怒ら れる もん

なん だ よ いい 子 ちゃん か よ

正義 の 味方 ヘタレンジャイ 参上

ちょっと 何 して ん の

蔕 切ったら 柿 吊るせ ない じゃ ん

大丈夫 だ よ この 柿 食べ られる やつ だ もん

そんな 幼稚 な ことし てる なら 残り の 柿 台所 から 持ってき て よ

お 兄ちゃん が 皮 剥 い てる はず だ から

姉ちゃん も ヘタレンジャイ やれ ば いい のに

つれない 子 です な

やら ない って

兄ちゃん

ギター 弾 い てる って こと は もう 柿 剥き 終わった の

台所 に ある ん だ よ ね

ギター の 音 で 何 言って る の が 分か ん ない って

いったん 弾く の 止め て よ

こんにちは

遊び に き た よ 我 来 玩 咯

なあ このみ ちゃん

ちょうど いい よう な 悪い よう な タイミング

今 干し柿 作って た ところ な ん だ

手伝って よ

干し柿

私 作った こと ない けど 大丈夫

もう 皮 剥き 終わって る し 結ぶ だけ だ から

大丈夫 だ よ たぶん

あった あった

正義 の 味方 ヘタレンジャイ

ここ こ ここ このみ ちゃん 来 て た の

ん さっき 来 た ところ

干し柿 作り 手伝う よ

そう いえ ば 玄関 から 音 し た よう な

えっ と これ は なんて いう か

大丈夫 だ よ 付き合い 長い ん だ し

小 鞠 ちゃん の こと は 分かって る よ

思春期 な ん でしょ う

そんな ん じゃ ない から

姉ちゃん 十 四 歳 に も なって まだ 思春期 じゃ ない ん だ

思春期 だ から

さっき 夏 海 が やって た の 真似 し た だけ だ から

もう 恥ずかしい ん だ

なんだか んだ で 姉ちゃん も やり たかった ん じゃ ん

そういう こと ね

この 柿 紐 で 結ぶ の

ん そう 蔕 の とこ

ほら ほら 柿 次郎 君 の 出来上がり

可愛い 見せ て 見せ て

はい 柿 次郎 君 第 一 進化

か 柿 次郎 君 が

せっかく 作った のに

しかも 勝手 に 吊るし てる し

第 二 進化 行く

とりあえず その 柿 で 全部 終わった よ

で これ で 後 は 干せ ば 終わり

いや 干す 前 に カビ 防止 に お 湯 に 浸 ける の

お ほ ー 熱い ぜ

お 野菜 の 気持ち 分かっちゃ う ぜ

それ が 柿 次郎 君 の 最後 の 言葉 で あった

だが それ と 同時に 柿 次郎 君 が ミイラ に なる 悪夢 の 始まり で も あった の だった

なっちゃ ん 肩 重い

もっと 他 に 最後 の 言葉 なかった の

そこ の 軒 に 棒 吊るし て ある から

よ ー し これ は 姉ちゃん 背 届か ない だ ろ う から うち やり ます

こういう 時 だけ 乗り気 だ な

まあまあ 私 も やる よ

でき た

秋 って 感じ

食べ られる ほう の 柿 食べ ちゃ お う よ

はい

秋 って いい な

いただき ヘタレンジャイ

先輩 から 干し柿 もらっちゃ っ た

清 澈 的 小河 里

是 狸 猫

水路 蜿蜒 虫 声 重奏

文化 祭

夏 海 が し たい って 言い出し て さあ

よく 来 て くれ た ね

いらっしゃい

いらっしゃい ませ ん

いらっしゃい ん

腹 太鼓 やり ます



Want to learn a language?


Learn from this text and thousands like it on LingQ.

  • A vast library of audio lessons, all with matching text
  • Revolutionary learning tools
  • A global, interactive learning community.

在线学习语言 @ LingQ

あき

大人 の 女性 と して は 溜息 の 一 つ も つい て

センチメンタル に

魚 釣って き た

箸 とって き た の ん

お ー で っか い な

美味し そう な の ん

一緒 に 煮る ん

焼く だ ろ う 普通

焼く の ん

焼 くわ よ

は いはい じゃ 串 に 刺し とい て

楽しみ な の ん

大丈夫 です か 先輩

ダメ だ 全然 センチメンタル に なれ ない

いい か これ は 秋 の 味覚 を 味わう と いう 立派 な 授業 な ん だ かんな

はい

あと は

水 を 捨てる 時 は 指 に 隙間 が でき ない よう に 気 を つけ れ ば

お 米 は こぼさ ない

先輩 危ない

な なに

先輩 左手 は 猫 の 手 に し ない と 危ない です よ

猫 の 手

指 を 伸ばし てる と 危険 です から

こう やって 指 を 曲げる ん です

ああ そう だった

オッケー に ゃ ハンド

切った 芋 が 消え た

こっち き まし た

あの 味付け くらい は 私 が

大丈夫 美味しい 料理 作 って お 姉さん な ところ 皆 に 見せ て やる ん だ から

でも

私 が ちゃんと やる から 座って 待って て

はい

調味料 って どれ くらい 入れ た っけ

えっ と その 飯盒 の 量 なら

お 酒 大さじ 二 杯 味醂 大さじ 一 杯

塩 と 醤油 ちょっと 入れる くらい です ね

だ よ ね オッケー

お 姉さん に 任せ とき なさい

あつあつ な の ん

気 を つけ て

あ つ っ

そろそろ 米 炊け た ん じゃ ない か ね

はて さて でき は いかが かな

何 この 音 って か 米 が ばらばら

ち ょ 姉ちゃん 何 し た の

何 って ちゃんと 芋 切って 味付け も し た し

あと は えっ と

水 入れる の 忘れ て た

初 的 すぎる

翻 越 那 座 山 便 能 一目 了 然

毫 无 停 息 的 洒 下 大地

あっ このみ ちゃん

雑誌 持って き た っ よ

あっ も しか して 君 噂 の 転校 生

えっ ああ はい

やっぱり 初め まして この 家 の 隣 に 住 ん でる 富士宮 このみ です

えっ あの 初め まして

うん 噂 に 違わ ず 大きな 美人 さん だ

よし 握手 しよ う

えっ と 蛍 です

そう か よろしく ね 蛍 ちゃん

で 何 し て た の

実は この 前 思い切って ポータブル CD プレーヤー 買っちゃ っ た ん だ よ ね

何 か 大人 の 階段 登っちゃ っ た って いう か

MP 3 プレーヤー じゃ ない ん だ

MP 3 プレーヤー な に それ

ゲーム 魔法 全然 使え ない じゃ ん

いや マジック ポイント じゃ なく て

まあ 知ら ない なら いい や

とりあえず 一 番 人気 の CD 買って き た けど

大人っぽく て センチメンタル な ん だ よ

蛍 は 音楽 と か 聴く の

私 最近 は やり の 曲 と か よく わかん ない ん です よ ね

そ っ か そう だ よ ね

小学校 五 年生 に は まだ JPOP は 早い かな

小 鞠 ちゃん が 小 五 の 時 は 何 処 行く に も ぬいぐるみ 持って たんぼ 走り回って た もん ね

ああ でも お 父さん が CD と か レコード 持って る ので

それ 借り て クラシック や 洋楽 は 聴き ます けど

蛍 ちゃん も クラシック 聴く ん だ

もし かして このみ さん も です か

洋楽 も 聴く よ

小 鞠 先輩 は クラシック 聴き ます

知って る よ クラシック

沢山 人 いる やつ だ よ ね うん 知って る 知って る

まあ だいたい は そう です けど

大掴み です ね

そう だ よ ね クラシック も いい よ ね

うん うん なんて いう か

棒 持って る 人 多い もん ね

バイオリン と か 太鼓 と か トライアングル と か 指揮 棒 と か

小 鞠 ちゃん 本当 に クラシック 聴 い てる の

どういう の 聴 い てる の

どういう の えっ と えっ

かえる の 唄 と か かな

それ って 童謡 じゃ

別に 動揺 なんて し て ない けど いった て 冷静 だ し

そういう 意味 じゃ ない です よ

蛍 ちゃん は どういう の 聴く の

えっ と そう です ね

ヴィヴァルディ の 「 四季 」 の 「 春 」 と か も いい ん です けど

「 夏 」 も 迫力 あって 好き です ね

「 冬 」 も いい よ ね

お 父さん が 持って る ヘッドフォン を 使う と ものすごく 音 が 良く なる ん です よ

へ ー 今度 聴か せ て よ

洋楽 は 何 聴く の

えっ と お 父さん の 趣味 の もの に なっちゃ い ます けど

ジャズ と か ブルース と か

お 洒落 の 話 しよ う

ね ね 音楽 より お 洒落 の 話 し よ う よ

お 洒落 です か

だって さあ ほら

ねっ

見 て の 通り 最近 色気 が 溢れ てる もん

お 洒落 の 話 し なきゃ

色気

その 答え クイズ 王 でも わから ない よ

あっ そうだ これ 頼ま れ て た やつ

秋 の コーディネート 特集

大人 の お 洒落 だ

じゃ ん 新しい 髪 留め を 買った の で し た

どうどう 似合う

あっ シュシュ です ね いい な

急に 何 言って ん の 機関 車 の 音 真似

電車 ごっこ

えっ それ し ゅ し ゅ です よ ね

まあ そろそろ 冬物 買わ ない と いけない し ねえ

今 ほしい の は ディストレスト の デニム か な ー

今 着 てる の スキニー の デニム です よ ね

そう そう

これ に もう ちょっと ダメージ 系 な の が ほしい ん だ よ ね

蛍 ちゃん は デニム と か は 興味 ない の

私 お出かけ 用 に は あまり パンツ はかない ので

チュニック に レギンス なら

ストップ ストップ

もう 先 から 何 言って ん の か 全然 わかん ない

ちゃんと 日本 語 で 言って よ

チュニック って 日本 語 で 何て 言う の

へえ 日本 語 で

この 髪 留め も 日本 語 で 何て 言う の

やっぱり 「 し ゅ し ゅ 」 と か わから ず 買って た ん だ

知って る も ー ん 「 ち ゅ ち ゅ 」 ぐらい 知って る も ー ん

いや 「 し ゅ し ゅ 」 ね

お 洒落 の 話 も やめ ー もっと 大人 の 話 し よ う よ

つい て こ れ なかった の に レベル あげ ちゃ う の

え ー と どういう 話 を すれ ば

じゃ 大人 の 話 って 言え ば 恋 の お 話 恋 バナ と か

それ 私 から 私 から 喋る から

はい はい そんな 話 本当 に ある なら 言って ごらん よ

言え る なら ねぇ

このみ ちゃん ったら 何 言って る の

私 だって そういう 話 の 一 つ や 二 つ

私 の 恋 バナ は ねえ

な ー っ ふ

よく 「 ぐう 」 の 音 も 出 ない って いう けど

「 な ふ 」 は 出る ん だ ねぇ

こんなに 浮かば ない もの な ん だ ね びっくり し ちゃ った

男の子 なんて この あたり に は 眼鏡 君 しか い ない もん ねぇ

その 点 蛍 ちゃん は 東京 に 住 ん で た し

どう な の 蛍 ちゃん

へえ いや 私 は

もし かして 好き な 人 と か い た の

え ー と その 好き な 人 って いう か 何て 言う か

あれ あの 蛍 の 目

相手 は わから ない けど

恋 し ちゃ って る 目 だ

やめ この 話 も やめ ー

何も 聞か なく て も わかった

蛍 恋し てる 顔 し てる

そんな 顔 し て まし た

私 の ほう が 年上 な のに

なんで 蛍 の が お 姉さん っぽい の

いや だ

せ ん 先輩

ちょっと 小 鞠 ちゃん 駄々 を こね て 言う 台詞 じゃ ない よ

先輩 私 全然 子供 です から

蛍 恋 を し ちゃ って る の

え え ー と その 恋し てる と いう か っと え ー と

センチメンタル に なっちゃ っ てる の

恋 なんて し てる わけない じゃ ない です か

だ よ ね し て な いよ ね やった これ で 引き分け

いつの間に 勝負 に

みんな お 菓子 持って 来 た よ

お邪魔 し て ます

ごめん ね

ジュース が 切れ ちゃ って て コーヒー しか なかった ん だ けど

みんな 大丈夫

全然 大丈夫 です ありがとう ござい ます

私 も 大丈夫 です

蛍 砂糖 何 杯 いる 入れ て あげる

あ あたし ブラック で 大丈夫 です

今日 こそ 大人 の 女性 と して

センチメンタル な 秋 を 過ごす ん だ

二 人 と も 何 して ん の

コマ ちゃん

先輩 お 早う ございます

に ゃ ん ぱ す ー

何 し に 行く の

ずばり 芸術 の 秋 な の ん

どういう こと な の

え ー と つまり 一緒 に スケッチ に 行 こ う と 思い まし て

スケッチ か

よかったら 先輩 も 一緒 に 行き ませ ん か

芸術 の 秋 も いい かも

うん 行く

ここ と か どう です か 見晴らし も いい です し

そう だ ね

お 絵かき お 絵かき な の ん

紙 と か 持ってき て ない ん だ けど 何 か ある

画用紙 と 色 鉛筆 なら あり ます よ

後 は 下敷き も

コマ ちゃん 何 描く ん

別に 決め て ない けど

せっかく ここ まで き た ん だ し 風景 で いい ん じゃ ない

先輩 そう いえ ば 昨日 の ドラマ 見 まし た

ん あの 恋愛 物 の

あれ 昨日 見損なっちゃ っ た ん だ よ ね

えっ 昨日 が 最終 回 です よ

マジ で

録画 し て た ので 今度 一緒 に 見 ませ ん か

本当 よかった

昨日 は 夏 海 が お 風呂 出 て くる の 遅く て さ

その せい で 私 も お 風呂 遅れ て 見 れ なかった ん だ けど

夏 海 お 風呂 長い ん だ

蓮華 も しか して 私 描 い てる

そう な の ん コマ ちゃん モデル に する ん

モデル と か 恥ずかしい ん だ けど

する の ん

いや 無理 だって

何事 も 経験 な の ん

仕方ない な ー

ポーズ と か は いる の

可愛い ポーズ と か で い い ん

可愛い ポーズ と か 漠然 と 言わ れ て も

そこ は コマ ちゃん 任す の ん

え ー 可愛い ポーズ

こんな 感じ

先輩 私 も 先輩 描く の で 可愛い ポーズ ください

いい けど ちょ い 恥ずかしい

こういう ポーズ と か どう です か

それ は さすが に 恥ずかし すぎる でしょ

じゃ この ポーズ と か

それ は アリ かも

コマ ちゃん コマ ちゃん

そんな ノリ ノリ じゃ なく て い い ん よ

先輩 こっち に 目線 を

はい

蓮華 どんな 絵 描 い てる の

コマ ちゃん を 濃縮 し て 丸 っと 丸め て 裏 から 見 た 感じ の 絵 な の ん

よく わかん ない けど

そういう の いい から 普通 に 描 い て くれ ない

普通 なんか で いい の ん

出来 た ん

う まっ 小 一 で これ だけ 描け る って 普通 に すごく ない

コンクール と か に 出せ ば 賞 と か 取れる ん じゃ

何 言って る ん こんな の 芸術 性 の かけら も ない ん

うち が 描き たかった の は こんな の じゃ ない ん

いい や でも これ コンクール 出し た ほう が いい って

いつも こんな 感じ で 絵 描け ば いい ん じゃ ない

コンクール と か よく わから ない の ん

そんな こと より コンクール の 話し て たら お腹 減った ん

なんで コンクール で

でも もう すぐ お 昼 です もん ね

私 家 近い し サンドイッチ でも 作って き ま しょ う か

サンドイッチ ん

手伝 お う か

大丈夫 です よ

すぐ 戻って き ます から

じゃ ちょっと 行って き ます

はい 気 を つけ て ね

サンド イッチー ん

どう しょ う 絵 の 続き する

絵 は ほたる ん 来る まで 休憩 な の ん

コマ ちゃん これ やる ん

何 これ ソフト グライダー じゃ ん

ほたる ん と やろう と 思って 二 つ 持って き た ん

まあ いい けど

じゃ 遠く まで 飛ばし た ほう の 勝ち な ん なあ

オッケー 夏 海 と やった こと ある から 結構 得意 だ よ

じゃ 行く の ん

よ ー し

うち の ほう が 遠く まで 飛 ん だ ん

え ー 絶対 私 の ほう が 遠く まで 飛 ん だ ね

仕方 ない の ん な

今回 は うち の 負け で い い ん

ホント コマ ちゃん は 小学生 相手 に も 本気 な ん な

大人 の 態様 し ない で よ

じゃ もう 一 回 やる の ん

次 こそ コマ ちゃん に 勝つ ん

あ ちょっと 待って

今度 こそ コマ ちゃん を 超え た の ん

すみません ちょっと 遅く なっちゃ い まし た

遅れ て ごめんなさい

ああ もう

何で せっかく の 休み に 干し柿 作ら なきゃ なん ない の さ

仕方ない じゃ ん

おじさん が せっかく 送って き て くれ た ん だ から

つま ん ない し

遊 ぼ う よ 母ちゃん い ない し さ

だめ お 母さん 帰って くる まで に やっと か ない と 怒ら れる もん

なん だ よ いい 子 ちゃん か よ

正義 の 味方 ヘタレンジャイ 参上

ちょっと 何 して ん の

蔕 切ったら 柿 吊るせ ない じゃ ん

大丈夫 だ よ この 柿 食べ られる やつ だ もん

そんな 幼稚 な ことし てる なら 残り の 柿 台所 から 持ってき て よ

お 兄ちゃん が 皮 剥 い てる はず だ から

姉ちゃん も ヘタレンジャイ やれ ば いい のに

つれない 子 です な

やら ない って

兄ちゃん

ギター 弾 い てる って こと は もう 柿 剥き 終わった の

台所 に ある ん だ よ ね

ギター の 音 で 何 言って る の が 分か ん ない って

いったん 弾く の 止め て よ

こんにちは

遊び に き た よ 我 来 玩 咯

なあ このみ ちゃん

ちょうど いい よう な 悪い よう な タイミング

今 干し柿 作って た ところ な ん だ

手伝って よ

干し柿

私 作った こと ない けど 大丈夫

もう 皮 剥き 終わって る し 結ぶ だけ だ から

大丈夫 だ よ たぶん

あった あった

正義 の 味方 ヘタレンジャイ

ここ こ ここ このみ ちゃん 来 て た の

ん さっき 来 た ところ

干し柿 作り 手伝う よ

そう いえ ば 玄関 から 音 し た よう な

えっ と これ は なんて いう か

大丈夫 だ よ 付き合い 長い ん だ し

小 鞠 ちゃん の こと は 分かって る よ

思春期 な ん でしょ う

そんな ん じゃ ない から

姉ちゃん 十 四 歳 に も なって まだ 思春期 じゃ ない ん だ

思春期 だ から

さっき 夏 海 が やって た の 真似 し た だけ だ から

もう 恥ずかしい ん だ

なんだか んだ で 姉ちゃん も やり たかった ん じゃ ん

そういう こと ね

この 柿 紐 で 結ぶ の

ん そう 蔕 の とこ

ほら ほら 柿 次郎 君 の 出来上がり

可愛い 見せ て 見せ て

はい 柿 次郎 君 第 一 進化

か 柿 次郎 君 が

せっかく 作った のに

しかも 勝手 に 吊るし てる し

第 二 進化 行く

とりあえず その 柿 で 全部 終わった よ

で これ で 後 は 干せ ば 終わり

いや 干す 前 に カビ 防止 に お 湯 に 浸 ける の

お ほ ー 熱い ぜ

お 野菜 の 気持ち 分かっちゃ う ぜ

それ が 柿 次郎 君 の 最後 の 言葉 で あった

だが それ と 同時に 柿 次郎 君 が ミイラ に なる 悪夢 の 始まり で も あった の だった

なっちゃ ん 肩 重い

もっと 他 に 最後 の 言葉 なかった の

そこ の 軒 に 棒 吊るし て ある から

よ ー し これ は 姉ちゃん 背 届か ない だ ろ う から うち やり ます

こういう 時 だけ 乗り気 だ な

まあまあ 私 も やる よ

でき た

秋 って 感じ

食べ られる ほう の 柿 食べ ちゃ お う よ

はい

秋 って いい な

いただき ヘタレンジャイ

先輩 から 干し柿 もらっちゃ っ た

清 澈 的 小河 里

是 狸 猫

水路 蜿蜒 虫 声 重奏

文化 祭

夏 海 が し たい って 言い出し て さあ

よく 来 て くれ た ね

いらっしゃい

いらっしゃい ませ ん

いらっしゃい ん

腹 太鼓 やり ます


×

我们使用cookies帮助改善LingQ。通过浏览本网站,表示你同意我们的 cookie policy.