image

のんのんびより, Non Non Biyori Episode 2

もう ない です

私 の 名前 は 一条 蛍

現在 小学 五 年生

東京 の 学校 に 通って い まし た が

両親 の 都合 で この 学校 に 転校 し て き まし た

そして 住む 場所 が 変わる と

学校 の 様子 も 変わる よう で

変わって いる 事 その 一

全校 生徒 は これ だけ

五 人 しか い ませ ん

その 二

同じ 教室 に 小学生 と 中学生 が 混ざって い ます

その 三

学年 が バラバラ な の で

授業 は 基本 自習 形式

その ため か 先生 は

寝 て い ます

なんで この 猫 四角い の

あの 山 を 一 つ 越え たら 見え て くる 翻 越 那 座 山 便 能 一目 了 然

絶え間 なく 降り注 い でる 毫 无 停 息 的 洒 下 大地

それでは この 学校 に 通う

私 以外 の 皆 を 紹介 し ます

問題 集 でき た

小学 一 年生 の れんげ ちゃん

この 問題 全然 わから ん

中学 一 年生 の 夏 海 先輩

そして 夏 海 先輩 の お 姉さん で

中学 二 年生 の 小 鞠 先輩

姉ちゃん この 問題 分かる

分かる なら 代わり に やって くれ ない

なんで だ よ

あと 中学 三 年生 の 卓 先輩

夏 海 先輩 と 小 鞠 先輩 の お 兄さん です

これ でき たら 前 に 持って行け ば いい の ん

うん

提出 し たら 昼 休み だって

じゃ 持っていく ん

担任 の 宮内 先生 は

れんげ ちゃん の お 姉さん です

姉 姉 でき た

あ でき た の ね

休む ん じゃ い

ダメ だ 全然 わから ん

このまま で は 休み 時間 が 終わって しまう

うち 終わった

終わって る から 休み 時間 に しよ う

っ ちゅう わけ で

やすみ に 入って も よろしい です か

な に 言って ん の きみ は

ま ぁ 自分 で 終わって る 人間 と 認める なら 止め ない けど

そこら へん は 自分 で 考え て 行動 し て ください

考えろ って 言わ れ て も

誰 か ボール 遊び に 行き ませ ん か

はい

なん も 考え て なかった な

ほら 廊下 は 走っちゃ ダメ だ ぞ

はい

った く

小 鞠 先輩 の あだな は コマ ちゃん

その 由来 は 名前 から

では なく

細い から

最初 は ちっちゃ い な 先輩 だ と 思って いた だけ でし た が

蛍 次 の 授業 な ん だ っけ

確か 図工 です

今 で は なんだか すごく 可愛く て たまり ませ ん

先輩 が こっち 見 てる

あの 小さい な 頭 を 撫で て み たい な

きっと ふわふわ し てる ん だ ろ う な

ほ っぺ に 手 を 当て てる けど

虫歯 な の だ ろ う か

ああ 何 し て の コマ ちゃん

先生 に 仕掛ける 予定 だった

黒板 消し トラップ に ひっか かちゃ って

きれい に 黒板 消し のせ てる の ん

頭 真っ白 だ よ コマ ちゃん

コマ ちゃん って 言う な

なぜ 黒板 消し じゃ なく そこ に 食い つい てん の

私 は お前 の 姉 だ し

ここ で は 一 番 年 上 な ん だ ぞ

ちゃんと お 姉さん って 言え

わかった から 落ち着き なさい チョップ

なんで そこ で つ っ 込む ん だ

ボケ て ない ぞ お 姉さん に 謝れ

ついでに 黒板 消し の 事 も 謝って ひれ伏せ

だって 百 歩 譲って 姉 に 見え ない だ もん

黒板 消し は ついで な の ね

ま ぁ ま ぁ 二 人 共 落ち着 い て ください

夏 海 先輩 も あんまり コマ ちゃん 先輩 を いじめ ない で ください ね

コマ ちゃん を いじめ て た つもり は ない ん だ けど な

コマ ちゃん ファイ

コマ ちゃん 言う な

コマ ちゃん

あい や 先輩

チョーク とり ます から

あれ これ って 頭 撫でる 事 に なる の か な

うち ん と この コマ ちゃん に チョーク なり こま ない で

誤解 です

ひどい め に あった

飴 だ

じ ー

いい な 飴

嗅ぎ付ける の 速い な

え 何 々

飴 を 発見 し まし た

新作 の ミルク コーラー 味

ほう

ハイエナ ども め

コマ ちゃん だめ じゃ ない 学校 に 飴 持って き ちゃ

だから コマ ちゃん 言う な

昨日 駄菓子 屋 さん で 買った 飴 かばん から 出し 忘れ て た の

フン 私 も もう 中学 2 年 だ し

流行 も 追って いか ない と ね 大人 の 女性 と して

駄菓子 屋 の 流行 追わ れ まし て も

そんな こと より うち 飴 ほし い ん

あ うち も うち も

は あ 嫌 だ よ 先 あんな こと し た くせ に

え 別 に わざと じゃ ない よ

そう だ そうだ そうだ ぞ

お前 ら に あげる くらい なら

ホタル これ あげる

え でも い い ん です か

うん

はい

何 だ よ くれよ

おくれ

うるさい

飴 飴 ほし い ん 飴

くれよ

先輩 に 初めて もの を もらっちゃ っ た

ただ の 飴 な のに 幸せ

何で こんなに 嬉しい ん だ ろ う

これ は 食べ ず に 机 の 引き出し に し まっ とこ う

れ ん ちょ ん れ ん ちょ ん

ここ は いったん 泣き 落とし 作戦 で コマ ちゃん を 攻めよ う

もしかしたら 飴 こっち に くれる かも よ

な ん です と

コマ ちゃん コマ ちゃん

コマ ちゃん って いう

うち ら 結構 長い 付き合い で し た よ ね

何 急に

あの 時 は 楽しかった のに

コマ ちゃん 寝 て いる 間 に

額 に いい 感じ の 文字 書き込 ん だ 時 は

わたし は 楽しく なかった ぞ

うち なんて 昨日 プリン を 一口 あげ た のに

一口 じゃ ん

それ に その プリン 私 の たっ だ し ね

プリン の 一口 は 飴 玉 一 個 分 と 同じ 大き さ でしょ う

それ も そう か

単純 な 子 大好き

イェイ イェイ イェイ

ホタル あの 子 たち は うるさい から 飴 返し て

飴 飴 飴

しょ しょ ん な

し ぇっ かく し ぇっ かく 飴 もらえ た のに

あい や 別に そこ まで ほしかった わけ じゃ なく て

え えっ と ホタル 様

あ その 泣き 落とし に は 勝て ませ ん

どうぞ 持っていって ください

うん うん

やった やった よく わから ない けど

飴 も ら ちゃ った

こんなに 幸せ な こと が ある なんて

飴 万 歳

いつか この 思い 先輩 に 届き ます よう に

虫歯 な のに 飴 を あげて よかった の か な

ホタルン 虫歯 な の ん

いや 知ら ない

ホタル

はい

お 友達 から 電話

お 友達

友達 って 誰 だ ろ う

もしもし

あ もしもし ホタル 私 小 鞠 だ けど

す すみ ませ ん せ 先輩 から の 電話

初めて で びっくり し て 電話 落とし ちゃ って

なに か ご用 でしょ か

いや 別に 大した こと じゃ ない ん だ けど

今 ちょっと 近く に 来 てる から

一緒 に 遊べ る か な って 電話 し て み た うん

遊べ ます 遊べ ます は い

じゃ 近く の 電話 ボックス の ところ に いる から

わかり まし た

じゃ また 後 で ね

はい

先 に 切って いい よ 電話

先輩 と 二 人 で 遊び に

どう しよ う

髪 も きれい に し ない と

それ から リボン ぐらい だって

ママ 何 か きれい な 服 ない

この 前 買った の

もっと 大人っぽい の が いい の

った く

夏 海 も れんげ も せっかく 大人っぽい ワンピース 買った のに

全然 興味 示さ ない し 二 人 と も だめ だめ だ

す すみ ませ ん お 待た せ し まし た

それ じゃ どこ に

ど どう かしま し た か

誰 だ この お 姉さん は

あの わたし まだ この 村 の こと を あまり 知ら ない ので

案内 し て くれ たら 嬉しい ん です けど

も もし かして ほか の 町 から 来 た ん です か

はい 東京 から です けど

なるほど 東京 から 来 た んで 道 に 迷って る の か

えっ と どこ に 行き たい ん です か

あ あの わたし 駄菓子 屋 さん に 行って み たい ん です けど

わざわざ 東京 から 来 て 駄菓子 屋 さん

だめ です か

別に だめ で は ない です よ

じゃ じゃ 早く 行き ま しょ う

え あの

ホタル 待た ない と 案内 でき ない し

ここ は 大人 らしく

あ すいません 実は

どう かしま し た か

えっ と 大人 らしく 大人 らしく

あの 私 お 母さん や 妹 に 知ら ない 人 に は ついていく な って 言わ れ て て

うん

し しまった なあ 全然 大人 じゃ ない じゃ ん

私 も そう 思い ます けど

それ より 駄菓子 屋 さん 行き ま しょ う か

あれ

あの わたし 人 を 待た ない と だめ で

ち ょ ちょっと 待って

結局 つい て き て しまった

おかしい な ちゃん と 断った はず な に の

一体 何 か 違った ん だ ろ う か

あの

駄菓子 屋 って どの 辺り に ある ん でし た っけ

え えっ と です ね

このまま 真っ直ぐ いった ところ に トンネル が ある ので

それ を 抜け れ ば 目 の 前 に ある ん です けど

トンネル

トンネル って 人 が 歩 い て 大丈夫 な ん です か

地元 の 人 しか 使わ ない 小さな やつ な の で

こ ここ です か

はい

でも ここ 昼間 でも 真っ暗 な ん です よ ね

もし 怖かったら 遠回り でも いけ ます けど

もちろん 引き返し ます よ ね 万が一 おばけ でも 出 て

この 怖い トンネル で あの 緩み きった 笑顔

これ は もしや 大人 の 余裕 と いう やつ な の か

先輩 と 駄菓子 屋 さん

もし かして あの 向こう に

駄菓子 屋 さん

私 ほんもの の 駄菓子 屋 さん に くる の 初めて です

そう なん です か

何 買い ま しょ う か

私 あんまり お 金 持ってき て ない ん です けど

おごら せ て ください 案内 し て くれ た お 礼 です

お 菓子 が 一杯

いらっしゃい

こ こんにちは

こんにちは

えっ と 何 が いい かな

もう カキ 氷

あの カキ 氷 と か でも 大丈夫 です か

はい

じゃ カキ 氷 二 つ ください

どの 味 に し ます

宇治 抹茶 金 時 で

宇治 抹茶 金 時

まいど

あと お 支払い は 一 万 円 で お 願い し ます

一万 円

これ が これ が うわさ の 大人 かい

お年玉 貯金 し とい て よかった

って まだ カキ 氷 早かった です か ね

いい や 今日 暖かい し

抹茶 苦い 大人 の 人 って いつも こんな の 食べ てる の か な

先輩 の 前 だ から 調子 乗って 高く て 苦い の 買っちゃ た けど

先輩 と 一緒 なら 苦い の も 美味しい

美味し そう な のに 苦い

苦い のに 美味し そう

やっぱり 苦い の 食べ られ ない と 大人 に は なれ ない の か

なんか 長 閑 で いい です ね

私 東京 に しか 住 ん だ こと なかった から

ここ に 来る 前 は すごく 不安 だった ん です けど

いい ところ です よ ね

そう か 大人 に は いろいろ ある の かも

今日 は ありがとう ござい まし た

いいえ こちら こそ

それ じゃ

あれ が 大人 の 女性

かか か かっこいい

と いう こと が あった ん だ よ ね

私 も あんな 大人 の 女性 を 目標 に しよ う かな

で 結局 それ で 誰 だった ん の

名前 を 聞き そびれ た

蛍 電話

はい

もしもし 蛍 今日 は ごめん ね ほんと に ごめん

え ぇ

澄 ん だ 川 覗 い て 清 澈 的 小河 里

狸 な の 是 狸 猫

楽しい 楽しい 遠足

笑わ せ て くれ

先輩 の 作った お握り

怖い わけ ない じゃ ん

普段 の 行い が 悪い から でしょ う

家出 さ 家出



Want to learn a language?


Learn from this text and thousands like it on LingQ.

  • A vast library of audio lessons, all with matching text
  • Revolutionary learning tools
  • A global, interactive learning community.

在线学习语言 @ LingQ

もう ない です

私 の 名前 は 一条 蛍

現在 小学 五 年生

東京 の 学校 に 通って い まし た が

両親 の 都合 で この 学校 に 転校 し て き まし た

そして 住む 場所 が 変わる と

学校 の 様子 も 変わる よう で

変わって いる 事 その 一

全校 生徒 は これ だけ

五 人 しか い ませ ん

その 二

同じ 教室 に 小学生 と 中学生 が 混ざって い ます

その 三

学年 が バラバラ な の で

授業 は 基本 自習 形式

その ため か 先生 は

寝 て い ます

なんで この 猫 四角い の

あの 山 を 一 つ 越え たら 見え て くる 翻 越 那 座 山 便 能 一目 了 然

絶え間 なく 降り注 い でる 毫 无 停 息 的 洒 下 大地

それでは この 学校 に 通う

私 以外 の 皆 を 紹介 し ます

問題 集 でき た

小学 一 年生 の れんげ ちゃん

この 問題 全然 わから ん

中学 一 年生 の 夏 海 先輩

そして 夏 海 先輩 の お 姉さん で

中学 二 年生 の 小 鞠 先輩

姉ちゃん この 問題 分かる

分かる なら 代わり に やって くれ ない

なんで だ よ

あと 中学 三 年生 の 卓 先輩

夏 海 先輩 と 小 鞠 先輩 の お 兄さん です

これ でき たら 前 に 持って行け ば いい の ん

うん

提出 し たら 昼 休み だって

じゃ 持っていく ん

担任 の 宮内 先生 は

れんげ ちゃん の お 姉さん です

姉 姉 でき た

あ でき た の ね

休む ん じゃ い

ダメ だ 全然 わから ん

このまま で は 休み 時間 が 終わって しまう

うち 終わった

終わって る から 休み 時間 に しよ う

っ ちゅう わけ で

やすみ に 入って も よろしい です か

な に 言って ん の きみ は

ま ぁ 自分 で 終わって る 人間 と 認める なら 止め ない けど

そこら へん は 自分 で 考え て 行動 し て ください

考えろ って 言わ れ て も

誰 か ボール 遊び に 行き ませ ん か

はい

なん も 考え て なかった な

ほら 廊下 は 走っちゃ ダメ だ ぞ

はい

った く

小 鞠 先輩 の あだな は コマ ちゃん

その 由来 は 名前 から

では なく

細い から

最初 は ちっちゃ い な 先輩 だ と 思って いた だけ でし た が

蛍 次 の 授業 な ん だ っけ

確か 図工 です

今 で は なんだか すごく 可愛く て たまり ませ ん

先輩 が こっち 見 てる

あの 小さい な 頭 を 撫で て み たい な

きっと ふわふわ し てる ん だ ろ う な

ほ っぺ に 手 を 当て てる けど

虫歯 な の だ ろ う か

ああ 何 し て の コマ ちゃん

先生 に 仕掛ける 予定 だった

黒板 消し トラップ に ひっか かちゃ って

きれい に 黒板 消し のせ てる の ん

頭 真っ白 だ よ コマ ちゃん

コマ ちゃん って 言う な

なぜ 黒板 消し じゃ なく そこ に 食い つい てん の

私 は お前 の 姉 だ し

ここ で は 一 番 年 上 な ん だ ぞ

ちゃんと お 姉さん って 言え

わかった から 落ち着き なさい チョップ

なんで そこ で つ っ 込む ん だ

ボケ て ない ぞ お 姉さん に 謝れ

ついでに 黒板 消し の 事 も 謝って ひれ伏せ

だって 百 歩 譲って 姉 に 見え ない だ もん

黒板 消し は ついで な の ね

ま ぁ ま ぁ 二 人 共 落ち着 い て ください

夏 海 先輩 も あんまり コマ ちゃん 先輩 を いじめ ない で ください ね

コマ ちゃん を いじめ て た つもり は ない ん だ けど な

コマ ちゃん ファイ

コマ ちゃん 言う な

コマ ちゃん

あい や 先輩

チョーク とり ます から

あれ これ って 頭 撫でる 事 に なる の か な

うち ん と この コマ ちゃん に チョーク なり こま ない で

誤解 です

ひどい め に あった

飴 だ

じ ー

いい な 飴

嗅ぎ付ける の 速い な

え 何 々

飴 を 発見 し まし た

新作 の ミルク コーラー 味

ほう

ハイエナ ども め

コマ ちゃん だめ じゃ ない 学校 に 飴 持って き ちゃ

だから コマ ちゃん 言う な

昨日 駄菓子 屋 さん で 買った 飴 かばん から 出し 忘れ て た の

フン 私 も もう 中学 2 年 だ し

流行 も 追って いか ない と ね 大人 の 女性 と して

駄菓子 屋 の 流行 追わ れ まし て も

そんな こと より うち 飴 ほし い ん

あ うち も うち も

は あ 嫌 だ よ 先 あんな こと し た くせ に

え 別 に わざと じゃ ない よ

そう だ そうだ そうだ ぞ

お前 ら に あげる くらい なら

ホタル これ あげる

え でも い い ん です か

うん

はい

何 だ よ くれよ

おくれ

うるさい

飴 飴 ほし い ん 飴

くれよ

先輩 に 初めて もの を もらっちゃ っ た

ただ の 飴 な のに 幸せ

何で こんなに 嬉しい ん だ ろ う

これ は 食べ ず に 机 の 引き出し に し まっ とこ う

れ ん ちょ ん れ ん ちょ ん

ここ は いったん 泣き 落とし 作戦 で コマ ちゃん を 攻めよ う

もしかしたら 飴 こっち に くれる かも よ

な ん です と

コマ ちゃん コマ ちゃん

コマ ちゃん って いう

うち ら 結構 長い 付き合い で し た よ ね

何 急に

あの 時 は 楽しかった のに

コマ ちゃん 寝 て いる 間 に

額 に いい 感じ の 文字 書き込 ん だ 時 は

わたし は 楽しく なかった ぞ

うち なんて 昨日 プリン を 一口 あげ た のに

一口 じゃ ん

それ に その プリン 私 の たっ だ し ね

プリン の 一口 は 飴 玉 一 個 分 と 同じ 大き さ でしょ う

それ も そう か

単純 な 子 大好き

イェイ イェイ イェイ

ホタル あの 子 たち は うるさい から 飴 返し て

飴 飴 飴

しょ しょ ん な

し ぇっ かく し ぇっ かく 飴 もらえ た のに

あい や 別に そこ まで ほしかった わけ じゃ なく て

え えっ と ホタル 様

あ その 泣き 落とし に は 勝て ませ ん

どうぞ 持っていって ください

うん うん

やった やった よく わから ない けど

飴 も ら ちゃ った

こんなに 幸せ な こと が ある なんて

飴 万 歳

いつか この 思い 先輩 に 届き ます よう に

虫歯 な のに 飴 を あげて よかった の か な

ホタルン 虫歯 な の ん

いや 知ら ない

ホタル

はい

お 友達 から 電話

お 友達

友達 って 誰 だ ろ う

もしもし

あ もしもし ホタル 私 小 鞠 だ けど

す すみ ませ ん せ 先輩 から の 電話

初めて で びっくり し て 電話 落とし ちゃ って

なに か ご用 でしょ か

いや 別に 大した こと じゃ ない ん だ けど

今 ちょっと 近く に 来 てる から

一緒 に 遊べ る か な って 電話 し て み た うん

遊べ ます 遊べ ます は い

じゃ 近く の 電話 ボックス の ところ に いる から

わかり まし た

じゃ また 後 で ね

はい

先 に 切って いい よ 電話

先輩 と 二 人 で 遊び に

どう しよ う

髪 も きれい に し ない と

それ から リボン ぐらい だって

ママ 何 か きれい な 服 ない

この 前 買った の

もっと 大人っぽい の が いい の

った く

夏 海 も れんげ も せっかく 大人っぽい ワンピース 買った のに

全然 興味 示さ ない し 二 人 と も だめ だめ だ

す すみ ませ ん お 待た せ し まし た

それ じゃ どこ に

ど どう かしま し た か

誰 だ この お 姉さん は

あの わたし まだ この 村 の こと を あまり 知ら ない ので

案内 し て くれ たら 嬉しい ん です けど

も もし かして ほか の 町 から 来 た ん です か

はい 東京 から です けど

なるほど 東京 から 来 た んで 道 に 迷って る の か

えっ と どこ に 行き たい ん です か

あ あの わたし 駄菓子 屋 さん に 行って み たい ん です けど

わざわざ 東京 から 来 て 駄菓子 屋 さん

だめ です か

別に だめ で は ない です よ

じゃ じゃ 早く 行き ま しょ う

え あの

ホタル 待た ない と 案内 でき ない し

ここ は 大人 らしく

あ すいません 実は

どう かしま し た か

えっ と 大人 らしく 大人 らしく

あの 私 お 母さん や 妹 に 知ら ない 人 に は ついていく な って 言わ れ て て

うん

し しまった なあ 全然 大人 じゃ ない じゃ ん

私 も そう 思い ます けど

それ より 駄菓子 屋 さん 行き ま しょ う か

あれ

あの わたし 人 を 待た ない と だめ で

ち ょ ちょっと 待って

結局 つい て き て しまった

おかしい な ちゃん と 断った はず な に の

一体 何 か 違った ん だ ろ う か

あの

駄菓子 屋 って どの 辺り に ある ん でし た っけ

え えっ と です ね

このまま 真っ直ぐ いった ところ に トンネル が ある ので

それ を 抜け れ ば 目 の 前 に ある ん です けど

トンネル

トンネル って 人 が 歩 い て 大丈夫 な ん です か

地元 の 人 しか 使わ ない 小さな やつ な の で

こ ここ です か

はい

でも ここ 昼間 でも 真っ暗 な ん です よ ね

もし 怖かったら 遠回り でも いけ ます けど

もちろん 引き返し ます よ ね 万が一 おばけ でも 出 て

この 怖い トンネル で あの 緩み きった 笑顔

これ は もしや 大人 の 余裕 と いう やつ な の か

先輩 と 駄菓子 屋 さん

もし かして あの 向こう に

駄菓子 屋 さん

私 ほんもの の 駄菓子 屋 さん に くる の 初めて です

そう なん です か

何 買い ま しょ う か

私 あんまり お 金 持ってき て ない ん です けど

おごら せ て ください 案内 し て くれ た お 礼 です

お 菓子 が 一杯

いらっしゃい

こ こんにちは

こんにちは

えっ と 何 が いい かな

もう カキ 氷

あの カキ 氷 と か でも 大丈夫 です か

はい

じゃ カキ 氷 二 つ ください

どの 味 に し ます

宇治 抹茶 金 時 で

宇治 抹茶 金 時

まいど

あと お 支払い は 一 万 円 で お 願い し ます

一万 円

これ が これ が うわさ の 大人 かい

お年玉 貯金 し とい て よかった

って まだ カキ 氷 早かった です か ね

いい や 今日 暖かい し

抹茶 苦い 大人 の 人 って いつも こんな の 食べ てる の か な

先輩 の 前 だ から 調子 乗って 高く て 苦い の 買っちゃ た けど

先輩 と 一緒 なら 苦い の も 美味しい

美味し そう な のに 苦い

苦い のに 美味し そう

やっぱり 苦い の 食べ られ ない と 大人 に は なれ ない の か

なんか 長 閑 で いい です ね

私 東京 に しか 住 ん だ こと なかった から

ここ に 来る 前 は すごく 不安 だった ん です けど

いい ところ です よ ね

そう か 大人 に は いろいろ ある の かも

今日 は ありがとう ござい まし た

いいえ こちら こそ

それ じゃ

あれ が 大人 の 女性

かか か かっこいい

と いう こと が あった ん だ よ ね

私 も あんな 大人 の 女性 を 目標 に しよ う かな

で 結局 それ で 誰 だった ん の

名前 を 聞き そびれ た

蛍 電話

はい

もしもし 蛍 今日 は ごめん ね ほんと に ごめん

え ぇ

澄 ん だ 川 覗 い て 清 澈 的 小河 里

狸 な の 是 狸 猫

楽しい 楽しい 遠足

笑わ せ て くれ

先輩 の 作った お握り

怖い わけ ない じゃ ん

普段 の 行い が 悪い から でしょ う

家出 さ 家出


×

我们使用cookies帮助改善LingQ。通过浏览本网站,表示你同意我们的 cookie policy.