image

のんのんびより, Non Non Biyori Episode 10

二 学期 の 終業 式 が 終わって

冬 休み に なって

あっという間 に 年 末 な の ん

冬 休み は 姉 姉 が ウサギ 当番 な ん

いや 近所 の 人 が 世話 し て くれる ん だ けど

年 末 年始 は 忙しい から

ウサギ は 冬眠 し ない ん

らしい よ

さて 帰って うち も 年越し の 準備 し ない と な

ウサギ さん また 来る の ん

夏 海 何 し てる の

せめて 自分 の 部屋 くらい 掃除 し なさい

明日 じゃ だめ

明日 は もう 新年 でしょ う

でき た お 正月 バージョン

いい な コマ ぐるみ いい な

蛍 莢 豌豆 の 筋 剥く の 手伝って

はい

姉ちゃん 蓮華

なんの ん

まだ お節 作って る から 年越し 蕎麦 先 に 食べ て って

姉ちゃん 聞い てる

寝 てる ん

姉ちゃん 年越し 蕎麦

後 で

年 越 し ちゃ う よ

うち は 食べる ん まで 寝 ない の ん

翻 越 那 座 山 便 能 一目 了 然

毫 无 停 息 的 洒 下 大地

もう 出 ない と ヤバイ よ

お ー

天気 は 大丈夫 か ね

晴れる みたい です よ

先輩 お茶 と 懐炉 持ち まし た

えっ と や べ ぇ 懐炉 忘れ た か も

早く し て よ 初 日の出 終わっちゃ う じゃ ん

は いはい ちょっと 待って て 今 とって くる

お ー れ ん ちょ ん いつの間に 起き て た の

うち も 行く ん

初日 の 出 行く ん

えっ と まだ 夜 遅い し もう 少し 寝 て な

もう 一 杯 寝 た ん うち も 初 日の出 見 に 行く ん

蓮華 山 と か も 登る ん だ よ

今回 は 家 で お 留守番 し とき な

お 留守番 いや な ん

駄菓子 屋 も 初 日の出 行く ん

まあ あたし が 先輩 誘った し 行く けど

うち も 初 日の出 行き たい ん

いう こと も ちゃんと 聞く ん

嫌い な もの も ちゃんと 食べる ん

初 日の出

好き嫌い し ない って

人参 と か も 食べる の か

食べる ん

ほうれんそう も

食べる ん

じゃ ピーマン は

食べる ん

何 か 間 が あった な

食べる ん

先輩 蓮華 ピーマン 食べる ん です って

お ー マジ か

し ゃ ー ない な

はやく 服 準備 し とい て

すぐ 着替え て くる ん

時間 ない し 車 の 中 で 着替え ちゃ い な

途中 まで 車 で 行く から

わかった の ん

じゃあ ここ で 降り て 歩き だ から

日影 ドーア 開け て やって くれ

あい よ ー

真っ暗 な ん な

うち こんな 暗い 山 来 た の 初めて な ん

そりゃ まだ 朝 の 四 時 前 だ し な

とりあえず 懐中 電灯 二 個 ある けど 誰 が 持つ

うち うち 懐中 電灯 持つ ん

じゃあ ひと つ は れ ん ちょ ん 持って

もう 一 つ は うち が 持つ かな

じゃあ 懐中 電灯 は 蓮華 と 日影 に 持って もら お う か

オッケー

良く ない スルー は 良く ない ダメ だ ぞ

はっ 何 な ん っす か あの マスク

これ が 爺ちゃん が 冬 の 農 作業 ん 時 使って た ん だ

暖かい ぞ

とりあえず それ 使う 時 は 髪 解 い た 方 が いい っす よ

後 頭部 エイリアン み たい に なって る んで

マジ で

おい 一 人 で 行 こ う と する な

早く し ない と お 日 様 出 っちゃ うん

わかった から 一緒 に 行く ぞ

ね ー これ どれ くらい 登る の

一 時間 くらい だ な

一 えっ マジ っす か

姉 姉 大丈夫 ん な

歌 を 歌って 歩け ば 元気 出る ん

歌 です か

歌 です ん

破れ 被れ の ヤブ 医者 が

たけやぶ の 中 へ すった こ ら さ

藪 から 棒 に すった こ ら さ

破れ た ラブ レター 持って すった こ ら さ

ひどい な この 歌

でも 頑張って 歩 い てる な

五 年 前 は まだ 赤ん坊 だった のに な

そう いえ ば

うち が 農 作業 で 忙しい 時 は 蓮華 の 世話 頼 ん で た よ ね

初めて 世話 し た の は あいつ が 一 歳 くらい 時 だった か

今日 は 全国 的 に 晴れ 絶好 の

我が家 の 牛 自慢 の 時間 です

打った これ は オッケー

暇 だ せっかく の 日曜日 に テレビ 見 てる だけ な の も な

誰 か に 声 かけ て みる か

は いはい 今 出る よ

もしもし 宮内 です けど

日影 ちょうど よかった 今 暇 し て た ん だ が

そう な ん だ ちょうど よかった

そっち も 暇 な の か

えっ と ね 掻 い 摘 ん で 言う と

蓮華 の 世話 し て くん ない

どういう こと だ

いや だ から その まん ま の 意味 だ けど

今 親 が 農 作業 で い なく て さ ー

姉ちゃん も 大学 通う の に 下宿 し てる し

いつも 蓮華 の 世話 し て くれ てる お 隣 さん も 出かけ て て

だから ちょっと 面倒 み て て くれ ない か な

お 駄賃 出る みたい だ し

お前 は い ない の か よ

あたし も ちょっと 用事 が あって

あたし は 赤ん坊 と か 苦手 な ん だ

このみ に 頼め ば いい だ ろ う

あいつ 子供 好き そう だ し

だから このみ と ちょっと 町 の ほう まで 出かける ん だ

そっち に あたし も 呼べ よ

ちなみに 駄賃 って

聞い て 驚け 5000 円

う い ー っす

びっくり する くらい すぐ 来 て くれ た ね

確かに 駄賃 に 釣られ た が 何 か 腹 立つ

そっと そっと

じゃ 私 も 出かけ て くる から

蓮華 頼む よ

えっ と 何 か 注意 し なきゃ いけない こと と か

一応 リビング の 机 に 哺乳 瓶 の 暖め 方 と か 書 い て ある から

わかった

何 か あったら 畑 に うち の 親 いる から

じゃ 後 は よろしく

蓮華 ほら 飛行機 雲 だ ぞ

どう し た どう し た 落ち着け

日影 が 出かけ た の が 気 に 障った の か

すぐ 帰って くる から 大丈夫

そう だ ほら 高い 高 ー っ い

あれ ちょっと 高 すぎ た か

ほら これ ぐらい なら

だめ か

じゃ 低い 低い

いや 何で だ よ

低い 低い で いい なら 最初 から 泣く な よ

これ が 日影 が 言って た メモ か

何 々 1 蓮華 は ガラガラ が 好き これ か

お ー い ガラガラ だ ぞ

ほら これ 好き な ん だ ろ う

お ー い

何で 怒って ん だ よ 何 な ん だ よ これ 好き な ん だ ろ う

わかった よ

せっかく 一緒 に 遊 ぼ う と し て た のに

これ だ から 赤ん坊 は 好き じゃ ない ん だ

何 考え てる か わから ん

メモ でも ちゃんと 読み 直し とっか

2 ミルク は 人 肌 で 最初 ちょ ろ ちょ ろ なか ぱっ ぱ

赤子 泣 い て も お前 は 泣く な は あ

3 お しゃぶり バクダン は 準備 モーション を 見 れ ば 回避 可

お しゃぶり バクダン

あれ が バクダン に なる な の か

4 オットセイ の 鳴き声 を 聞く と なぜ か 泣き止む

5 他 の もの で 遊 ん で いる 時 に ガラガラ を 使う と

嫌がらせ と 見 なされ 怒ら れる ので 注意

これ は 1 に 入れ とけ よ

火力 は こんな もん か

もう すぐ 出来る から な

蓮華

そこ に い た か

あんまり ちょ ろ ちょ ろ す ん な よ

猫 パンチ

蓮華 大丈夫 か

泣く な よ

泣く な 泣く な 泣く な って

そう だ ミルク

や ばっ 哺乳 瓶

ちょっと 待って ろ

育児 や べ ー な

ミルク あげる だけ の こと が ここ まで 大変 と は

世の中 の 親 も 大変 だ な

った く その ミルク も 人 肌 に する の 大変 だった ん だ から な

感謝 しろ よ

勝手 に 膝 の 上 乗る な よ

重たい だ ろ どけよ

お ー い 聞い てる か

何 言って る か わから ん

ほら どけ って

「 まん な う 」 じゃ なく て 何 っつ ー か

ただいま ち ょ ち ょ 遅く なっちゃ っ た

どう 駄菓子 屋

蓮華 は 大丈夫 だった

おれ どこ 行った

ここ に いる

駄 菓 っ

う い ー っす

蓮華 いる か

いる けど 何

今日 は 別に 人手 は 足り てる から

5000 円 は 出せ ない よ

別に そんな ん じゃ ない

それとも あれ

「 校舎 の 裏 に 呼び出し てき な 」

ん な わけ ある か

ち ちょっと 待って ろ

お 菓子 持って き た

これ なら 蓮華 も 食べる だ ろ う

ボーロ なら 食べる ね

うち の 店 で 売れ残った の が あった から

捨てる の も もったいない し 持って き た

いや 赤ん坊 に 賞味 期限 切れ の お 菓子 あげる の は

賞味 期限 切れ なんて 言って ない だ ろ う

まだ 入荷 し た ばかり の だ

じゃ 売れ残り じゃ ない じゃ ん

う うるさい な

新品 だ けど 余った ん だ よ

もう いい だ ろ う

あがら せ て もらう ぞ

何 だ この リボン

昨日 このみ に 勧め られ て

新しい 髪 留め 買った から

もう いら ない やつ だ ね

いら ない ん だったら もらって いい か これ

まあ いい けど どう す ん の

あれ 姉ちゃん が い ない

ちょっと 探し て くる

おかしい ちゃんと 歌 歌って た ん に しんどい

まあ あんな 歌 じゃ な

歌 歌ったら 元 気 出る って 言う の

もし かして 嘘 だった ん

大丈夫 だ よ 嘘 じゃ ない よ 蓮華

歌って ない 人 は もっと グロッキー だ から

こりゃ や ばい な

何 か 話し てる っぽい が ぜんぜん 聞き 取れ ない ぞ

先輩 もう すこし で つく ん で

頑張って ください

ほれ もう すこし で つく ん だって よ

蓮華 も 大丈夫 か

しんどかったら 休憩 入れる が

大丈夫 な ん 初日 の 出 見る ん

破れ 被れ の やぶ医者 が

蓮華

帰り は 歩け よ

さすが に 重い

楽 ちん な ん

そう かい

あ 何 聞こえ ない

おんぶ し て

アホ か 歩け

つい た ん

ほら 降りろ

もう 帰り は し ない かんな

ん ありがとう な の ん

ここ か 確かに 見晴らし は よ さ そう だ けど

けっこう 殺風景 だ な

別に いい だ ろ う 殺風景 でも

見る とこ は 遠い 風景 な ん だ から

駄菓子 屋 これ これ 登れ る ん

まあ 登ら なく て も 十分 日の出 は 見 られる けど

まだ 時間 も ある し お 茶 でも 飲 ん ど っか

ほら

空 が 明るく なって き た ん

お 日 様 出る ん

余所見 し てる と 日 が 出る 瞬間 見逃す ぞ

太陽 出 て き た じゃ ない か

どこ な ん 見逃さ ない

お 日 様 出 て き た ん

出 て きた ん お 日 様

あけ まして おめでとう ございます

はい おめでとう

ほら 初 日の出

ひ か 姉

はい よ

明け まし た

明け た ね

明け まし た ん

明け まし た

さて

初 日の出 も 見 た し

どう する か

お年玉 タイム

却下 だ

うち お 雑煮 食べ たい ん

そう だ ね 早う 帰って お 雑煮 す っか

うち 年 の 数 だけ お 餅 食べる ん

蓮華 今 何 歳 だ っけ か

七 つ に なり まし た ん

七 つ か

って 餅 七 個 は 多 すぎる だ ろ う

大丈夫 な ん お 雑煮 食べる ん お 餅 七 個 食べる ん

食べ すぎ たっ つ ー の

あれ 駄菓子 屋 は

帰った

いや まだ いる よ

清 澈 的 小河 里

是 狸 猫

水路 蜿蜒 虫 声 重奏

腕 が 腕 が パー に し て

蛍 は 夜 の 廊下 一 人 で 走って る

先輩 手 を 伸ばし て ください

ああ

つ っと こ どん つ っと こ どん つ っと こ どん どんどん



Want to learn a language?


Learn from this text and thousands like it on LingQ.

  • A vast library of audio lessons, all with matching text
  • Revolutionary learning tools
  • A global, interactive learning community.

在线学习语言 @ LingQ

二 学期 の 終業 式 が 終わって

冬 休み に なって

あっという間 に 年 末 な の ん

冬 休み は 姉 姉 が ウサギ 当番 な ん

いや 近所 の 人 が 世話 し て くれる ん だ けど

年 末 年始 は 忙しい から

ウサギ は 冬眠 し ない ん

らしい よ

さて 帰って うち も 年越し の 準備 し ない と な

ウサギ さん また 来る の ん

夏 海 何 し てる の

せめて 自分 の 部屋 くらい 掃除 し なさい

明日 じゃ だめ

明日 は もう 新年 でしょ う

でき た お 正月 バージョン

いい な コマ ぐるみ いい な

蛍 莢 豌豆 の 筋 剥く の 手伝って

はい

姉ちゃん 蓮華

なんの ん

まだ お節 作って る から 年越し 蕎麦 先 に 食べ て って

姉ちゃん 聞い てる

寝 てる ん

姉ちゃん 年越し 蕎麦

後 で

年 越 し ちゃ う よ

うち は 食べる ん まで 寝 ない の ん

翻 越 那 座 山 便 能 一目 了 然

毫 无 停 息 的 洒 下 大地

もう 出 ない と ヤバイ よ

お ー

天気 は 大丈夫 か ね

晴れる みたい です よ

先輩 お茶 と 懐炉 持ち まし た

えっ と や べ ぇ 懐炉 忘れ た か も

早く し て よ 初 日の出 終わっちゃ う じゃ ん

は いはい ちょっと 待って て 今 とって くる

お ー れ ん ちょ ん いつの間に 起き て た の

うち も 行く ん

初日 の 出 行く ん

えっ と まだ 夜 遅い し もう 少し 寝 て な

もう 一 杯 寝 た ん うち も 初 日の出 見 に 行く ん

蓮華 山 と か も 登る ん だ よ

今回 は 家 で お 留守番 し とき な

お 留守番 いや な ん

駄菓子 屋 も 初 日の出 行く ん

まあ あたし が 先輩 誘った し 行く けど

うち も 初 日の出 行き たい ん

いう こと も ちゃんと 聞く ん

嫌い な もの も ちゃんと 食べる ん

初 日の出

好き嫌い し ない って

人参 と か も 食べる の か

食べる ん

ほうれんそう も

食べる ん

じゃ ピーマン は

食べる ん

何 か 間 が あった な

食べる ん

先輩 蓮華 ピーマン 食べる ん です って

お ー マジ か

し ゃ ー ない な

はやく 服 準備 し とい て

すぐ 着替え て くる ん

時間 ない し 車 の 中 で 着替え ちゃ い な

途中 まで 車 で 行く から

わかった の ん

じゃあ ここ で 降り て 歩き だ から

日影 ドーア 開け て やって くれ

あい よ ー

真っ暗 な ん な

うち こんな 暗い 山 来 た の 初めて な ん

そりゃ まだ 朝 の 四 時 前 だ し な

とりあえず 懐中 電灯 二 個 ある けど 誰 が 持つ

うち うち 懐中 電灯 持つ ん

じゃあ ひと つ は れ ん ちょ ん 持って

もう 一 つ は うち が 持つ かな

じゃあ 懐中 電灯 は 蓮華 と 日影 に 持って もら お う か

オッケー

良く ない スルー は 良く ない ダメ だ ぞ

はっ 何 な ん っす か あの マスク

これ が 爺ちゃん が 冬 の 農 作業 ん 時 使って た ん だ

暖かい ぞ

とりあえず それ 使う 時 は 髪 解 い た 方 が いい っす よ

後 頭部 エイリアン み たい に なって る んで

マジ で

おい 一 人 で 行 こ う と する な

早く し ない と お 日 様 出 っちゃ うん

わかった から 一緒 に 行く ぞ

ね ー これ どれ くらい 登る の

一 時間 くらい だ な

一 えっ マジ っす か

姉 姉 大丈夫 ん な

歌 を 歌って 歩け ば 元気 出る ん

歌 です か

歌 です ん

破れ 被れ の ヤブ 医者 が

たけやぶ の 中 へ すった こ ら さ

藪 から 棒 に すった こ ら さ

破れ た ラブ レター 持って すった こ ら さ

ひどい な この 歌

でも 頑張って 歩 い てる な

五 年 前 は まだ 赤ん坊 だった のに な

そう いえ ば

うち が 農 作業 で 忙しい 時 は 蓮華 の 世話 頼 ん で た よ ね

初めて 世話 し た の は あいつ が 一 歳 くらい 時 だった か

今日 は 全国 的 に 晴れ 絶好 の

我が家 の 牛 自慢 の 時間 です

打った これ は オッケー

暇 だ せっかく の 日曜日 に テレビ 見 てる だけ な の も な

誰 か に 声 かけ て みる か

は いはい 今 出る よ

もしもし 宮内 です けど

日影 ちょうど よかった 今 暇 し て た ん だ が

そう な ん だ ちょうど よかった

そっち も 暇 な の か

えっ と ね 掻 い 摘 ん で 言う と

蓮華 の 世話 し て くん ない

どういう こと だ

いや だ から その まん ま の 意味 だ けど

今 親 が 農 作業 で い なく て さ ー

姉ちゃん も 大学 通う の に 下宿 し てる し

いつも 蓮華 の 世話 し て くれ てる お 隣 さん も 出かけ て て

だから ちょっと 面倒 み て て くれ ない か な

お 駄賃 出る みたい だ し

お前 は い ない の か よ

あたし も ちょっと 用事 が あって

あたし は 赤ん坊 と か 苦手 な ん だ

このみ に 頼め ば いい だ ろ う

あいつ 子供 好き そう だ し

だから このみ と ちょっと 町 の ほう まで 出かける ん だ

そっち に あたし も 呼べ よ

ちなみに 駄賃 って

聞い て 驚け 5000 円

う い ー っす

びっくり する くらい すぐ 来 て くれ た ね

確かに 駄賃 に 釣られ た が 何 か 腹 立つ

そっと そっと

じゃ 私 も 出かけ て くる から

蓮華 頼む よ

えっ と 何 か 注意 し なきゃ いけない こと と か

一応 リビング の 机 に 哺乳 瓶 の 暖め 方 と か 書 い て ある から

わかった

何 か あったら 畑 に うち の 親 いる から

じゃ 後 は よろしく

蓮華 ほら 飛行機 雲 だ ぞ

どう し た どう し た 落ち着け

日影 が 出かけ た の が 気 に 障った の か

すぐ 帰って くる から 大丈夫

そう だ ほら 高い 高 ー っ い

あれ ちょっと 高 すぎ た か

ほら これ ぐらい なら

だめ か

じゃ 低い 低い

いや 何で だ よ

低い 低い で いい なら 最初 から 泣く な よ

これ が 日影 が 言って た メモ か

何 々 1 蓮華 は ガラガラ が 好き これ か

お ー い ガラガラ だ ぞ

ほら これ 好き な ん だ ろ う

お ー い

何で 怒って ん だ よ 何 な ん だ よ これ 好き な ん だ ろ う

わかった よ

せっかく 一緒 に 遊 ぼ う と し て た のに

これ だ から 赤ん坊 は 好き じゃ ない ん だ

何 考え てる か わから ん

メモ でも ちゃんと 読み 直し とっか

2 ミルク は 人 肌 で 最初 ちょ ろ ちょ ろ なか ぱっ ぱ

赤子 泣 い て も お前 は 泣く な は あ

3 お しゃぶり バクダン は 準備 モーション を 見 れ ば 回避 可

お しゃぶり バクダン

あれ が バクダン に なる な の か

4 オットセイ の 鳴き声 を 聞く と なぜ か 泣き止む

5 他 の もの で 遊 ん で いる 時 に ガラガラ を 使う と

嫌がらせ と 見 なされ 怒ら れる ので 注意

これ は 1 に 入れ とけ よ

火力 は こんな もん か

もう すぐ 出来る から な

蓮華

そこ に い た か

あんまり ちょ ろ ちょ ろ す ん な よ

猫 パンチ

蓮華 大丈夫 か

泣く な よ

泣く な 泣く な 泣く な って

そう だ ミルク

や ばっ 哺乳 瓶

ちょっと 待って ろ

育児 や べ ー な

ミルク あげる だけ の こと が ここ まで 大変 と は

世の中 の 親 も 大変 だ な

った く その ミルク も 人 肌 に する の 大変 だった ん だ から な

感謝 しろ よ

勝手 に 膝 の 上 乗る な よ

重たい だ ろ どけよ

お ー い 聞い てる か

何 言って る か わから ん

ほら どけ って

「 まん な う 」 じゃ なく て 何 っつ ー か

ただいま ち ょ ち ょ 遅く なっちゃ っ た

どう 駄菓子 屋

蓮華 は 大丈夫 だった

おれ どこ 行った

ここ に いる

駄 菓 っ

う い ー っす

蓮華 いる か

いる けど 何

今日 は 別に 人手 は 足り てる から

5000 円 は 出せ ない よ

別に そんな ん じゃ ない

それとも あれ

「 校舎 の 裏 に 呼び出し てき な 」

ん な わけ ある か

ち ちょっと 待って ろ

お 菓子 持って き た

これ なら 蓮華 も 食べる だ ろ う

ボーロ なら 食べる ね

うち の 店 で 売れ残った の が あった から

捨てる の も もったいない し 持って き た

いや 赤ん坊 に 賞味 期限 切れ の お 菓子 あげる の は

賞味 期限 切れ なんて 言って ない だ ろ う

まだ 入荷 し た ばかり の だ

じゃ 売れ残り じゃ ない じゃ ん

う うるさい な

新品 だ けど 余った ん だ よ

もう いい だ ろ う

あがら せ て もらう ぞ

何 だ この リボン

昨日 このみ に 勧め られ て

新しい 髪 留め 買った から

もう いら ない やつ だ ね

いら ない ん だったら もらって いい か これ

まあ いい けど どう す ん の

あれ 姉ちゃん が い ない

ちょっと 探し て くる

おかしい ちゃんと 歌 歌って た ん に しんどい

まあ あんな 歌 じゃ な

歌 歌ったら 元 気 出る って 言う の

もし かして 嘘 だった ん

大丈夫 だ よ 嘘 じゃ ない よ 蓮華

歌って ない 人 は もっと グロッキー だ から

こりゃ や ばい な

何 か 話し てる っぽい が ぜんぜん 聞き 取れ ない ぞ

先輩 もう すこし で つく ん で

頑張って ください

ほれ もう すこし で つく ん だって よ

蓮華 も 大丈夫 か

しんどかったら 休憩 入れる が

大丈夫 な ん 初日 の 出 見る ん

破れ 被れ の やぶ医者 が

蓮華

帰り は 歩け よ

さすが に 重い

楽 ちん な ん

そう かい

あ 何 聞こえ ない

おんぶ し て

アホ か 歩け

つい た ん

ほら 降りろ

もう 帰り は し ない かんな

ん ありがとう な の ん

ここ か 確かに 見晴らし は よ さ そう だ けど

けっこう 殺風景 だ な

別に いい だ ろ う 殺風景 でも

見る とこ は 遠い 風景 な ん だ から

駄菓子 屋 これ これ 登れ る ん

まあ 登ら なく て も 十分 日の出 は 見 られる けど

まだ 時間 も ある し お 茶 でも 飲 ん ど っか

ほら

空 が 明るく なって き た ん

お 日 様 出る ん

余所見 し てる と 日 が 出る 瞬間 見逃す ぞ

太陽 出 て き た じゃ ない か

どこ な ん 見逃さ ない

お 日 様 出 て き た ん

出 て きた ん お 日 様

あけ まして おめでとう ございます

はい おめでとう

ほら 初 日の出

ひ か 姉

はい よ

明け まし た

明け た ね

明け まし た ん

明け まし た

さて

初 日の出 も 見 た し

どう する か

お年玉 タイム

却下 だ

うち お 雑煮 食べ たい ん

そう だ ね 早う 帰って お 雑煮 す っか

うち 年 の 数 だけ お 餅 食べる ん

蓮華 今 何 歳 だ っけ か

七 つ に なり まし た ん

七 つ か

って 餅 七 個 は 多 すぎる だ ろ う

大丈夫 な ん お 雑煮 食べる ん お 餅 七 個 食べる ん

食べ すぎ たっ つ ー の

あれ 駄菓子 屋 は

帰った

いや まだ いる よ

清 澈 的 小河 里

是 狸 猫

水路 蜿蜒 虫 声 重奏

腕 が 腕 が パー に し て

蛍 は 夜 の 廊下 一 人 で 走って る

先輩 手 を 伸ばし て ください

ああ

つ っと こ どん つ っと こ どん つ っと こ どん どんどん


×

我们使用cookies帮助改善LingQ。通过浏览本网站,表示你同意我们的 cookie policy.