image

終わりのセラフ, Owari no Seraph Episode 5

I don ' t want nobody to get killed

I don ' t want nobody to get killed

I don ' t want nobody to get killed

I don ' t want nobody to get killed

I ' ll come and get you , I am always ready to fight

I ' ll come and get you , I am always ready to fight

I ' ll come and get you , I am always ready to fight

I ' ll come and get you , I am always ready to fight

So don ' t take all of the blame

So don ' t take all of the blame

So don ' t take all of the blame

So don ' t take all of the blame

We ' re all as bad

Ah wait , don ' t take all of it away

Ah wait , don ' t take all of it away

Ah wait , don ' t take all of it away

Ah wait , don ' t take all of it away

You always do

We ' ll always be something you cannot control

We ' ll always be something you cannot control

We ' ll always be something you cannot control

We ' ll always be something you cannot control

We will overcome - Your salvation has begun

We will overcome - Your salvation has begun

We will overcome - Your salvation has begun

We will overcome - Your salvation has begun

No suns , no lights

Such a mess all over

Don ' t kill your hopes

Don ' t kill your hopes

You make me realize who I need

I ' ll be there , hold on

I ' ll be there , hold on

I ' ll be there , hold on

I ' ll be there , hold on

But it changes somehow

But it changes somehow

But it changes somehow

But it changes somehow

So where are you now ?

So where are you now ?

So where are you now ?

So where are you now ?

I ' ll reach you , my darling

I ' ll reach you , my darling

I ' ll reach you , my darling

I ' ll reach you , my darling

The shadows of the Earth

The shadows of the Earth

The shadows of the Earth

The shadows of the Earth

Illusions so bright

Illusions so bright

Illusions so bright

Illusions so bright

They ' re fallin ' in just to run - let them know -

They ' re fallin ' in just to run - let them know -

They ' re fallin ' in just to run - let them know -

They ' re fallin ' in just to run - let them know -

When it ' s the pain that makes us so human after all

When it ' s the pain that makes us so human after all

When it ' s the pain that makes us so human after all

When it ' s the pain that makes us so human after all

Toward a city , a border patrol

Toward a city , a border patrol

Toward a city , a border patrol

Toward a city , a border patrol

1000 precious words , just to start with a spark

1000 precious words , just to start with a spark

1000 precious words , just to start with a spark

1000 precious words , just to start with a spark

To the core

今日 始祖 の 血 を 継ぐ 貴族 の 方々 に 集まって もらった の は 他 で も ない

脅威

それ は 東京 以北 に おい て 暴れ て いる

「 日本 帝 鬼 軍 」 と いう 名 の 人間 ども の 組織 だ

奴 ら は 我ら の 同胞 を 殺し

人間 の … 組織 …

領土 を 拡大 し 欲望 の まま に 禁 忌 の 呪 法 に 手 を 出す

情報 で は 再び 「 終わり の 天使 」 の 実験 まで し て いる と いう

セラフ

このまま 奴 ら を 野放し に し て おけ ば

8 年 前 と 同じ 大 厄災 が 起きる こと は 間違い ない

よって 我ら は

「 日本 帝 鬼 軍 」 を 殲滅 する こと に 決め た

戦争 だ

世界 の 安定 を 守る ため

我ら は 欲 深い 人間 ども を 皆殺し に する

戦争 …

セラフ

終わり の 天使

優 ちゃん すぐ 助け に 行く から ね …

第 三 区 画 の 報告 は 以上 です

日本 帝 鬼 軍 少将 柊 深夜 です

関西 方面 の 吸 血 鬼 たち が 不穏 な 動き を 見せ て いる と の 情報 に つい て 報告 し ます

一瀬

おい 一瀬 グレン

クソ 長 え 会議 は 終わった か

その 態度 は 何 だ

一瀬 家 の 分 際 で …

これ は 柊 天 利 様 失礼 致し まし た

なん せ ひどく 退屈 だった もの で

貴 様 いい気 に なる の も …

まあまあ 彼 の 態度 は いつも の こと でしょ う

報告 を 続き ます

俺 行く わ

情報 は 後 で まとめ て くれよ

ちょっと グレン

あんまり 態度 悪い と さすが の 僕 も フォロー し きれ ない ん だ けど

誰 が フォロー 頼 ん だ っけ

も ぉ …

それ に この 日本 帝 鬼 軍 は お 偉い 柊 家 様 たち が 牛耳って る ん だ

なら 分家 の 一瀬 家 は お呼び じゃ ない だ ろ う

よく 分 って る じゃ ねえ か

なら さっさと 消えろ よ クズ

だから 消える っ つ っ て ん だ ろ

じゃあ な

クソ つま ん なかった

馬鹿 グレン 見つけ た ぁ ああ ああ

相変わらず お前 分かり やすい なあ

くだら ん 政治 の 後 だ と ちょっと 面白い ぞ

面白く ねぇ よ

鬼 呪 装備 渡さ ない で 10 日 も 失踪 する って どういう こと だ

お前 そ ー ん な に 吸 血 鬼 に 復讐 し たい の か

し たい ね 俺 は その ため だけ に 生き て ん だ よ

その ため だけ に ねぇ …

ま ぁ あんまり 長く こいつ を ここ に 置 い と い て

柊 家 の 奴 ら に 目 ぇ 付け られる の も なん だ し な …

よし なら 鬼 と 契約 する か

で 前線 に 出し て やる

え マジ で

ああ そう しよ う

訓練 間に合って なく て も いい や

死 ん だ ら お前 の 責任 な

問題 ない ね

そう だ よ そういう 展開 を ずっと 待って た ん だ よ

や っぱ 馬鹿 だ な お前

ところで さ 優

上官 蹴 ろ う と する ん じゃ ねぇ ええ え

や っぱ 馬鹿 ども の 相手 す ん の は 疲れる わ

でも まっ ちょっと 面白く なって き た な

頭 どう し た ん です

授業 サボって また 喧嘩 でも し て た ん です か

違 ぇ よ

グレン 中佐 は 加減 を 知り ませ ん から ねぇ

ん だ よ 知って ん なら 聞く な よ

よかった です ね

鬼 と の 契約 お 許し を もらえ た ん でしょ

まだ 分か ん ねぇ ぞ

あの 馬鹿 は 気まぐれ だ から なぁ

またまた 本当 は 嬉しい くせ に

うる せ ぇ な

でも 大丈夫 です よ

グレン 中佐 は 口 は 悪い し すぐに 暴力 を 振るい ます が

約束 は 守る 人 です から

ああ ようやく だ

ようやく 吸 血 鬼 ども を …

ようやく です ねぇ

嬉しく ない ん です か

ようやく 君 の 大切 な 天使 くん に 会え る かも しれ ない のに

君 に は 期待 し て ます よ ミカ くん

ね 早く …

大丈夫 だ よ

はい 皆さん

今日 は 先日 の 筆記 試験 の 答案 を 返し て 解散 に し ま ー す

この 結果 は これ から 与え られる 鬼 呪 装備 の ランク 決め に も 影響 する ので

結果 を 受け止め て 次回 に 活 かす よう に し て ください ね

さ せる か

て め …

すご ー い これ アレ じゃ ない です か

おい こら ぁ

く っそ

超人 に しか 取れ ない と 噂 の 点数 じゃ ない です か

いい から 返せ こ ら

幻 の あの あ ~ まさか そんな

何 だ こいつ マジ で 0 点 だ ぞ

本当 だ すげ ぇ

答え 全部 ひらがな で 書 い て ある だ けど

てん め ぇ いじめっ子 すぎる だ ろ

いじめっ子 と は 何 です か

クラス に 溶け 込め ない あなた を 人気者 に し た あげ てる だけ じゃ ない です か

余計 な お 世話 だっ つ の

だいたい 仲間 やら 友達 やら は 吸 血 鬼 殺す の に いら ねぇ ん だ よ

ま ー た そんな こと を

チーム プレイ でき ない 人 は 軍 じゃ 活躍 でき ませ ん よ

できる ね

俺 は スーパー 活躍 する ね

子供 です か あなた は

誰 が 子供 だって

まあまあ 二 人 と も

でも 優 くん は あれ だ よ ね

子供 の 頃 吸 血 鬼 の 都市 に 監禁 さ れ て たから

読み書き は 日本 語 より 英語 や ラテン 語 の 方 が 得意 な ん だ よ ね

今回 は 仕方ない よ

いや なん つ ー か

頭 に クソ でも 詰まって ん の か

何 だ よ

じゃあ 偉 そう に し てる て め ぇ は 何 点 だった ん だ よ

さぞや いい 点 な ん だ ろ う な

右 から ラテン 語 呪術 英語 呪術 日本 語 呪術

い や ー 俺 は 日本 語 以外 苦手 だ から

帰国 子女 気取り の 優 さん に は とても 敵 い ませ ん よ

て ねぇ は 吸 血 鬼 の 前 に ぶ っ 殺す

上等 だ 来い や こ ら ぁ

ちょ っ やめ な よ

は ー い 皆さん まだ 授業 中 です よ

なん だ 相変わらず クソ うる せ ぇ な ここ は

グレン 様 お 帰り に なった ん です ね

小百合 か 帰った

つか な ん だ この 騒ぎ は

それ が …

ま ~ た あい つら か

おい 君 月 待て グレン の 馬鹿 が いる ぞ

おい グレン て め ぇ 鬼 呪 装備 くれ ん じゃ なかった の か よ

いつ まで こんな こと …

騒ぐ な 馬鹿 俺 が 喋る

一瀬 中佐 説明 し て もらい ま しょ う か

なぜ クラス を 放置 し て 十 日 以上 も 失踪 し た の でしょ う か

我々 に は もう 鬼 呪 装備 契約 の ため の 実力 は ある と 思い ます が

お前 ら グズ ども に 鬼 と 契約 出来る だけ の 実力 が ある って

ある に 決まって ん だ ろ う

君 月 の クソ に は ない に し て も 俺 に は ある

て め ぇ は 黙れ よ

て め ぇ こそ 黙れ

んで 実際 こい つら 鬼 の 誘惑 に 耐え られる の か

少なくとも あの 二 人 は 私 が 16 歳 の 頃 より 全然 強い です けど ね

他の やつ ら は

意外 です が 鬼 に 対 する 安定 度 は

圧倒 的 に 早乙女 与一 君 です

じゃ あま め ん ど い の 嫌いだ し

いっち ょ 試し て み っか

ち ょ ちょう そ グレン 様

ありゃ まさか 中佐 攻撃 する つもり です か

死 ん だ 奴 は 修練 足り て なかった 自分 を 恨め

な … なん だ これ

し … 心臓 が 締め付け られ

みんな どう し た の

はい 終了

よ ー し じゃ 今 意識 が ある 奴

お前 ら は 見込み あり だ

このまま 訓練 続け てき ゃ 鬼 呪 装備 契約 の 儀 に 移れ る 可能 性 が ある

あと 立って られ た 奴 お前 ら は 優秀 だ

すぐに 俺 の 刀 と 同 ランク 「 黒 鬼 」 の シリーズ に 挑戦 さ せ て やる

で 立って る の は …

優 君 月 与一

お前 は 気絶 しろ よ

呪 符 な し で 余裕 な 顔 し や がって

さすが 日本 帝 鬼 軍 の 当主 筋 柊 家 様 って わけ か

可愛 げ ねえ ぞ

え ~ うそ こんなに 可愛い じゃ ない です か

死ね

さっさと 行く ぞ

あの グレン 様

無茶苦茶 な 試験 は いつも の こと で いい の です が

でも 与一 君 を 「 黒 鬼 」 シリーズ に 挑戦 さ せる の は どう か と 思い ます

俺 の 決定 に 文句 あん の か

文句 は ない の です が

しかし 彼 に 鬼 を 受け入れる だけ の 強 さ は

強 さ が なきゃ 死ぬ ここ は そういう 世界 だ ろ

お ままごと やって ん じゃ ねぇ ぞ

ですが …

うる せ ぇ なぁ

おい 与一

お 前 吸 血 鬼 に 殺さ れ た 姉 貴 の 復讐 し たい ん だ ろ

え あの …

なら 命 懸ける よ な

い … 命

それ と も やめる か

死ぬ の が 怖きゃ 帰って いい ぞ

帰れ 与一

ここ は お前 み たい に 優しい 奴 が いる 場所 じゃ ねぇ よ

俺 も 同 意見 だ 帰った 方 が いい

いくら 耳 を 塞 い て も 聞こえ て くる

僕 は まだ あそこ に 居る

聞い て ん の か 与一 お前 は …

グレン 中佐 僕 やり ます

もっと 強い 力 が 欲しい から

もう 大切 な 人 を 失わ ない で 済む だけ の 力 が 欲しい から

くそ こいつ も 結局 俺 と 同じ か

よ ー し なら さっさと 行く か

契約 の 儀式 に 移 ん ぞ

今更 ビビ だって しょう が ねぇ だ ろ う

そう な さ げ ねぇ 顔 する な

覚悟 は 決め た ん だ ろ う

そういう 君 月 さん は 大丈夫 です か

先程 は 立って い られ まし た けど

机 に 手 つい て まし た よ ね

ね 与一 さん も 見 まし た よ ね

え ああ はい

こま け え とこ 見 て ん じゃ ねえ よ

俺 も 見 た ぜ 君 月

お前 随分 苦し そう だった よ な

お前 も 余裕 こい てん じゃ ねぇ ぞ 優

今日 契約 す ん の は この 前 の 鬼 と は 別物 だ

気 抜く と 一瞬 で 突き 殺さ れる ぞ

分かって る よ

さ ー て ここ だ

なん だ ここ は

お前 が 一 番 欲しがって い た

最上 位 の 鬼 神 を 封 入 し た 武器 が 集まって いる 部屋 だ よ

最上 位 の

じゃあ それ が ありゃ 吸 血 鬼 を 狩れ ん の か

そりゃ お前 の 実力 次第 だ な

でも お前 の と 同じ 奴 な ん だ ろ

そう だ ここ に ある の は 希少 な 「 黒 鬼 」 シリーズ だ

まあ も う い い だ ろ 始めよ う ぜ

だらだら お前 ら に 付き合う ほど 俺 も 暇 じゃ ねぇ ん だ よ

で どう すりゃ いい

好き な 武器 を 選 ん で 儀式 陣 に 入れ

武器 に 触れ たら 自動 で 契約 の 儀 が 始まる よう に でき て いる

お前 ら が 鬼 に 負け なけりゃ 力 が 手 に 入る

もし 負け たら

人 喰 い の 鬼 に なる か 鬼 の 力 に 潰さ れ て 死ぬ か

でも どっち に しろ 死ぬ な

人 喰 い 鬼 に なったら 俺 が 殺す から

いい ねえ 俺 は ずっと こういう の 待って た ん だ よ

馬鹿 グレン が ぬるぬる 学校 なんか 行か せ や がって

力 を 手 に 入れ て 家族 を …

ミカ を 殺し た 吸 血 鬼 ども 皆殺し に する

俺 は その ため だけ に 生き て き た ん だ

抜け そし たら 始まる

俺 に 力 を 寄越せ よ クソ 鬼 が

馴染め た シティ 鳥 籠 隅 凍え た 蕾 も

置き去り 声 暗め た 記憶 の 影

I need your blood

You really love to writhe

足 掻く Red Line

掻き分け た 見本 と

抉じ開け た リズム が

ただ 平行 に 並ぶ

Come and break it down for me !

I will lead the way home !

気 が ない 星 でも 願い 成さ ず

懺悔 さえ 渇 い た 汚し が 奏で た 人 なら

木漏れ日 の 墓 が 騒ぐ

次回 終わり の セラフ



Want to learn a language?


Learn from this text and thousands like it on LingQ.

  • A vast library of audio lessons, all with matching text
  • Revolutionary learning tools
  • A global, interactive learning community.

在线学习语言 @ LingQ

I don ' t want nobody to get killed

I don ' t want nobody to get killed

I don ' t want nobody to get killed

I don ' t want nobody to get killed

I ' ll come and get you , I am always ready to fight

I ' ll come and get you , I am always ready to fight

I ' ll come and get you , I am always ready to fight

I ' ll come and get you , I am always ready to fight

So don ' t take all of the blame

So don ' t take all of the blame

So don ' t take all of the blame

So don ' t take all of the blame

We ' re all as bad

Ah wait , don ' t take all of it away

Ah wait , don ' t take all of it away

Ah wait , don ' t take all of it away

Ah wait , don ' t take all of it away

You always do

We ' ll always be something you cannot control

We ' ll always be something you cannot control

We ' ll always be something you cannot control

We ' ll always be something you cannot control

We will overcome - Your salvation has begun

We will overcome - Your salvation has begun

We will overcome - Your salvation has begun

We will overcome - Your salvation has begun

No suns , no lights

Such a mess all over

Don ' t kill your hopes

Don ' t kill your hopes

You make me realize who I need

I ' ll be there , hold on

I ' ll be there , hold on

I ' ll be there , hold on

I ' ll be there , hold on

But it changes somehow

But it changes somehow

But it changes somehow

But it changes somehow

So where are you now ?

So where are you now ?

So where are you now ?

So where are you now ?

I ' ll reach you , my darling

I ' ll reach you , my darling

I ' ll reach you , my darling

I ' ll reach you , my darling

The shadows of the Earth

The shadows of the Earth

The shadows of the Earth

The shadows of the Earth

Illusions so bright

Illusions so bright

Illusions so bright

Illusions so bright

They ' re fallin ' in just to run - let them know -

They ' re fallin ' in just to run - let them know -

They ' re fallin ' in just to run - let them know -

They ' re fallin ' in just to run - let them know -

When it ' s the pain that makes us so human after all

When it ' s the pain that makes us so human after all

When it ' s the pain that makes us so human after all

When it ' s the pain that makes us so human after all

Toward a city , a border patrol

Toward a city , a border patrol

Toward a city , a border patrol

Toward a city , a border patrol

1000 precious words , just to start with a spark

1000 precious words , just to start with a spark

1000 precious words , just to start with a spark

1000 precious words , just to start with a spark

To the core

今日 始祖 の 血 を 継ぐ 貴族 の 方々 に 集まって もらった の は 他 で も ない

脅威

それ は 東京 以北 に おい て 暴れ て いる

「 日本 帝 鬼 軍 」 と いう 名 の 人間 ども の 組織 だ

奴 ら は 我ら の 同胞 を 殺し

人間 の … 組織 …

領土 を 拡大 し 欲望 の まま に 禁 忌 の 呪 法 に 手 を 出す

情報 で は 再び 「 終わり の 天使 」 の 実験 まで し て いる と いう

セラフ

このまま 奴 ら を 野放し に し て おけ ば

8 年 前 と 同じ 大 厄災 が 起きる こと は 間違い ない

よって 我ら は

「 日本 帝 鬼 軍 」 を 殲滅 する こと に 決め た

戦争 だ

世界 の 安定 を 守る ため

我ら は 欲 深い 人間 ども を 皆殺し に する

戦争 …

セラフ

終わり の 天使

優 ちゃん すぐ 助け に 行く から ね …

第 三 区 画 の 報告 は 以上 です

日本 帝 鬼 軍 少将 柊 深夜 です

関西 方面 の 吸 血 鬼 たち が 不穏 な 動き を 見せ て いる と の 情報 に つい て 報告 し ます

一瀬

おい 一瀬 グレン

クソ 長 え 会議 は 終わった か

その 態度 は 何 だ

一瀬 家 の 分 際 で …

これ は 柊 天 利 様 失礼 致し まし た

なん せ ひどく 退屈 だった もの で

貴 様 いい気 に なる の も …

まあまあ 彼 の 態度 は いつも の こと でしょ う

報告 を 続き ます

俺 行く わ

情報 は 後 で まとめ て くれよ

ちょっと グレン

あんまり 態度 悪い と さすが の 僕 も フォロー し きれ ない ん だ けど

誰 が フォロー 頼 ん だ っけ

も ぉ …

それ に この 日本 帝 鬼 軍 は お 偉い 柊 家 様 たち が 牛耳って る ん だ

なら 分家 の 一瀬 家 は お呼び じゃ ない だ ろ う

よく 分 って る じゃ ねえ か

なら さっさと 消えろ よ クズ

だから 消える っ つ っ て ん だ ろ

じゃあ な

クソ つま ん なかった

馬鹿 グレン 見つけ た ぁ ああ ああ

相変わらず お前 分かり やすい なあ

くだら ん 政治 の 後 だ と ちょっと 面白い ぞ

面白く ねぇ よ

鬼 呪 装備 渡さ ない で 10 日 も 失踪 する って どういう こと だ

お前 そ ー ん な に 吸 血 鬼 に 復讐 し たい の か

し たい ね 俺 は その ため だけ に 生き て ん だ よ

その ため だけ に ねぇ …

ま ぁ あんまり 長く こいつ を ここ に 置 い と い て

柊 家 の 奴 ら に 目 ぇ 付け られる の も なん だ し な …

よし なら 鬼 と 契約 する か

で 前線 に 出し て やる

え マジ で

ああ そう しよ う

訓練 間に合って なく て も いい や

死 ん だ ら お前 の 責任 な

問題 ない ね

そう だ よ そういう 展開 を ずっと 待って た ん だ よ

や っぱ 馬鹿 だ な お前

ところで さ 優

上官 蹴 ろ う と する ん じゃ ねぇ ええ え

や っぱ 馬鹿 ども の 相手 す ん の は 疲れる わ

でも まっ ちょっと 面白く なって き た な

頭 どう し た ん です

授業 サボって また 喧嘩 でも し て た ん です か

違 ぇ よ

グレン 中佐 は 加減 を 知り ませ ん から ねぇ

ん だ よ 知って ん なら 聞く な よ

よかった です ね

鬼 と の 契約 お 許し を もらえ た ん でしょ

まだ 分か ん ねぇ ぞ

あの 馬鹿 は 気まぐれ だ から なぁ

またまた 本当 は 嬉しい くせ に

うる せ ぇ な

でも 大丈夫 です よ

グレン 中佐 は 口 は 悪い し すぐに 暴力 を 振るい ます が

約束 は 守る 人 です から

ああ ようやく だ

ようやく 吸 血 鬼 ども を …

ようやく です ねぇ

嬉しく ない ん です か

ようやく 君 の 大切 な 天使 くん に 会え る かも しれ ない のに

君 に は 期待 し て ます よ ミカ くん

ね 早く …

大丈夫 だ よ

はい 皆さん

今日 は 先日 の 筆記 試験 の 答案 を 返し て 解散 に し ま ー す

この 結果 は これ から 与え られる 鬼 呪 装備 の ランク 決め に も 影響 する ので

結果 を 受け止め て 次回 に 活 かす よう に し て ください ね

さ せる か

て め …

すご ー い これ アレ じゃ ない です か

おい こら ぁ

く っそ

超人 に しか 取れ ない と 噂 の 点数 じゃ ない です か

いい から 返せ こ ら

幻 の あの あ ~ まさか そんな

何 だ こいつ マジ で 0 点 だ ぞ

本当 だ すげ ぇ

答え 全部 ひらがな で 書 い て ある だ けど

てん め ぇ いじめっ子 すぎる だ ろ

いじめっ子 と は 何 です か

クラス に 溶け 込め ない あなた を 人気者 に し た あげ てる だけ じゃ ない です か

余計 な お 世話 だっ つ の

だいたい 仲間 やら 友達 やら は 吸 血 鬼 殺す の に いら ねぇ ん だ よ

ま ー た そんな こと を

チーム プレイ でき ない 人 は 軍 じゃ 活躍 でき ませ ん よ

できる ね

俺 は スーパー 活躍 する ね

子供 です か あなた は

誰 が 子供 だって

まあまあ 二 人 と も

でも 優 くん は あれ だ よ ね

子供 の 頃 吸 血 鬼 の 都市 に 監禁 さ れ て たから

読み書き は 日本 語 より 英語 や ラテン 語 の 方 が 得意 な ん だ よ ね

今回 は 仕方ない よ

いや なん つ ー か

頭 に クソ でも 詰まって ん の か

何 だ よ

じゃあ 偉 そう に し てる て め ぇ は 何 点 だった ん だ よ

さぞや いい 点 な ん だ ろ う な

右 から ラテン 語 呪術 英語 呪術 日本 語 呪術

い や ー 俺 は 日本 語 以外 苦手 だ から

帰国 子女 気取り の 優 さん に は とても 敵 い ませ ん よ

て ねぇ は 吸 血 鬼 の 前 に ぶ っ 殺す

上等 だ 来い や こ ら ぁ

ちょ っ やめ な よ

は ー い 皆さん まだ 授業 中 です よ

なん だ 相変わらず クソ うる せ ぇ な ここ は

グレン 様 お 帰り に なった ん です ね

小百合 か 帰った

つか な ん だ この 騒ぎ は

それ が …

ま ~ た あい つら か

おい 君 月 待て グレン の 馬鹿 が いる ぞ

おい グレン て め ぇ 鬼 呪 装備 くれ ん じゃ なかった の か よ

いつ まで こんな こと …

騒ぐ な 馬鹿 俺 が 喋る

一瀬 中佐 説明 し て もらい ま しょ う か

なぜ クラス を 放置 し て 十 日 以上 も 失踪 し た の でしょ う か

我々 に は もう 鬼 呪 装備 契約 の ため の 実力 は ある と 思い ます が

お前 ら グズ ども に 鬼 と 契約 出来る だけ の 実力 が ある って

ある に 決まって ん だ ろ う

君 月 の クソ に は ない に し て も 俺 に は ある

て め ぇ は 黙れ よ

て め ぇ こそ 黙れ

んで 実際 こい つら 鬼 の 誘惑 に 耐え られる の か

少なくとも あの 二 人 は 私 が 16 歳 の 頃 より 全然 強い です けど ね

他の やつ ら は

意外 です が 鬼 に 対 する 安定 度 は

圧倒 的 に 早乙女 与一 君 です

じゃ あま め ん ど い の 嫌いだ し

いっち ょ 試し て み っか

ち ょ ちょう そ グレン 様

ありゃ まさか 中佐 攻撃 する つもり です か

死 ん だ 奴 は 修練 足り て なかった 自分 を 恨め

な … なん だ これ

し … 心臓 が 締め付け られ

みんな どう し た の

はい 終了

よ ー し じゃ 今 意識 が ある 奴

お前 ら は 見込み あり だ

このまま 訓練 続け てき ゃ 鬼 呪 装備 契約 の 儀 に 移れ る 可能 性 が ある

あと 立って られ た 奴 お前 ら は 優秀 だ

すぐに 俺 の 刀 と 同 ランク 「 黒 鬼 」 の シリーズ に 挑戦 さ せ て やる

で 立って る の は …

優 君 月 与一

お前 は 気絶 しろ よ

呪 符 な し で 余裕 な 顔 し や がって

さすが 日本 帝 鬼 軍 の 当主 筋 柊 家 様 って わけ か

可愛 げ ねえ ぞ

え ~ うそ こんなに 可愛い じゃ ない です か

死ね

さっさと 行く ぞ

あの グレン 様

無茶苦茶 な 試験 は いつも の こと で いい の です が

でも 与一 君 を 「 黒 鬼 」 シリーズ に 挑戦 さ せる の は どう か と 思い ます

俺 の 決定 に 文句 あん の か

文句 は ない の です が

しかし 彼 に 鬼 を 受け入れる だけ の 強 さ は

強 さ が なきゃ 死ぬ ここ は そういう 世界 だ ろ

お ままごと やって ん じゃ ねぇ ぞ

ですが …

うる せ ぇ なぁ

おい 与一

お 前 吸 血 鬼 に 殺さ れ た 姉 貴 の 復讐 し たい ん だ ろ

え あの …

なら 命 懸ける よ な

い … 命

それ と も やめる か

死ぬ の が 怖きゃ 帰って いい ぞ

帰れ 与一

ここ は お前 み たい に 優しい 奴 が いる 場所 じゃ ねぇ よ

俺 も 同 意見 だ 帰った 方 が いい

いくら 耳 を 塞 い て も 聞こえ て くる

僕 は まだ あそこ に 居る

聞い て ん の か 与一 お前 は …

グレン 中佐 僕 やり ます

もっと 強い 力 が 欲しい から

もう 大切 な 人 を 失わ ない で 済む だけ の 力 が 欲しい から

くそ こいつ も 結局 俺 と 同じ か

よ ー し なら さっさと 行く か

契約 の 儀式 に 移 ん ぞ

今更 ビビ だって しょう が ねぇ だ ろ う

そう な さ げ ねぇ 顔 する な

覚悟 は 決め た ん だ ろ う

そういう 君 月 さん は 大丈夫 です か

先程 は 立って い られ まし た けど

机 に 手 つい て まし た よ ね

ね 与一 さん も 見 まし た よ ね

え ああ はい

こま け え とこ 見 て ん じゃ ねえ よ

俺 も 見 た ぜ 君 月

お前 随分 苦し そう だった よ な

お前 も 余裕 こい てん じゃ ねぇ ぞ 優

今日 契約 す ん の は この 前 の 鬼 と は 別物 だ

気 抜く と 一瞬 で 突き 殺さ れる ぞ

分かって る よ

さ ー て ここ だ

なん だ ここ は

お前 が 一 番 欲しがって い た

最上 位 の 鬼 神 を 封 入 し た 武器 が 集まって いる 部屋 だ よ

最上 位 の

じゃあ それ が ありゃ 吸 血 鬼 を 狩れ ん の か

そりゃ お前 の 実力 次第 だ な

でも お前 の と 同じ 奴 な ん だ ろ

そう だ ここ に ある の は 希少 な 「 黒 鬼 」 シリーズ だ

まあ も う い い だ ろ 始めよ う ぜ

だらだら お前 ら に 付き合う ほど 俺 も 暇 じゃ ねぇ ん だ よ

で どう すりゃ いい

好き な 武器 を 選 ん で 儀式 陣 に 入れ

武器 に 触れ たら 自動 で 契約 の 儀 が 始まる よう に でき て いる

お前 ら が 鬼 に 負け なけりゃ 力 が 手 に 入る

もし 負け たら

人 喰 い の 鬼 に なる か 鬼 の 力 に 潰さ れ て 死ぬ か

でも どっち に しろ 死ぬ な

人 喰 い 鬼 に なったら 俺 が 殺す から

いい ねえ 俺 は ずっと こういう の 待って た ん だ よ

馬鹿 グレン が ぬるぬる 学校 なんか 行か せ や がって

力 を 手 に 入れ て 家族 を …

ミカ を 殺し た 吸 血 鬼 ども 皆殺し に する

俺 は その ため だけ に 生き て き た ん だ

抜け そし たら 始まる

俺 に 力 を 寄越せ よ クソ 鬼 が

馴染め た シティ 鳥 籠 隅 凍え た 蕾 も

置き去り 声 暗め た 記憶 の 影

I need your blood

You really love to writhe

足 掻く Red Line

掻き分け た 見本 と

抉じ開け た リズム が

ただ 平行 に 並ぶ

Come and break it down for me !

I will lead the way home !

気 が ない 星 でも 願い 成さ ず

懺悔 さえ 渇 い た 汚し が 奏で た 人 なら

木漏れ日 の 墓 が 騒ぐ

次回 終わり の セラフ


×

我们使用cookies帮助改善LingQ。通过浏览本网站,表示你同意我们的 cookie policy.