image

終わりのセラフ, Owari no Seraph Episode 3

おい 早く 帰 ろ う ぜ

や べ え って 軍 の 奴 ら に バレ たら

行く ぞ 祐二

I don ' t want nobody to get killed

I don ' t want nobody to get killed

I don ' t want nobody to get killed

I don ' t want nobody to get killed

I ' ll come and get you , I am always ready to fight

I ' ll come and get you , I am always ready to fight

I ' ll come and get you , I am always ready to fight

I ' ll come and get you , I am always ready to fight

So don ' t take all of the blame

So don ' t take all of the blame

So don ' t take all of the blame

So don ' t take all of the blame

We ' re all as bad

Ah wait , don ' t take all of it away

Ah wait , don ' t take all of it away

Ah wait , don ' t take all of it away

Ah wait , don ' t take all of it away

You always do

We ' ll always be something you cannot control

We ' ll always be something you cannot control

We ' ll always be something you cannot control

We ' ll always be something you cannot control

We will overcome - Your salvation has begun

We will overcome - Your salvation has begun

We will overcome - Your salvation has begun

We will overcome - Your salvation has begun

No suns , no lights

Such a mess all over

Don ' t kill your hopes

Don ' t kill your hopes

You make me realize who I need

I ' ll be there , hold on

I ' ll be there , hold on

I ' ll be there , hold on

I ' ll be there , hold on

But it changes somehow

But it changes somehow

But it changes somehow

But it changes somehow

So where are you now ?

So where are you now ?

So where are you now ?

So where are you now ?

I ' ll reach you , my darling

I ' ll reach you , my darling

I ' ll reach you , my darling

I ' ll reach you , my darling

The shadows of the Earth

The shadows of the Earth

The shadows of the Earth

The shadows of the Earth

Illusions so bright

Illusions so bright

Illusions so bright

Illusions so bright

They ' re fallin ' in just to run - let them know -

They ' re fallin ' in just to run - let them know -

They ' re fallin ' in just to run - let them know -

They ' re fallin ' in just to run - let them know -

When it ' s the pain that makes us so human after all

When it ' s the pain that makes us so human after all

When it ' s the pain that makes us so human after all

When it ' s the pain that makes us so human after all

Toward a city , a border patrol

Toward a city , a border patrol

Toward a city , a border patrol

Toward a city , a border patrol

1000 precious words , just to start with a spark

1000 precious words , just to start with a spark

1000 precious words , just to start with a spark

1000 precious words , just to start with a spark

To the core

あ … あの …

あの 時 は 吸 血 鬼 から 助け て くれ て ありがとう ござい まし た

あなた が 好き です

私 の 気持ち 読 ん で ください

いや …

俺 …

や ー や ー さすが 吸 血 鬼 から 学校 を 救った 英雄 さん

モテモテ です ね ー

今度 は あの 子 を 泣か せ る ん です か

今度 は って 何 だ よ

ん な こ と して ねぇ だ ろ が

ま ぁ 童 貞 です し ね

シノア て め え …

でも 童 貞 は 悪 です よ 優 さん

なにせ 我ら 日本 帝 鬼 軍 は

カップル 成立 を 日々 奨励 し てる ん です から

世界 は 一 度 滅び まし た それ は 未知 の ウイルス の せい で

突如 大地 に バケ モノ が 溢れ出 し

多く の 人間 が 殺さ れ まし た

あの 壁 の 向こう は バケ モノ で 溢れる 廃墟 と 荒野

この 世界 は もはや 人間 に 優しく ない

ですが 我ら 日本 帝 鬼 軍 は 残った 人間 を とりまとめ

増殖 さ せ て 世界 の 覇権 を 狙う

さ ぁ 産む の です 増える の です

ビバ 不純 異性 交遊

つかさ 一 つ 聞い て いい か

俺 この 間 の 吸 血 鬼 と の 戦い で

実力 を 認め られ て 吸 血 鬼 殲滅 部隊 に 配属 さ れ た ん だ よ な

なのに なんで まだ 高校 通 って ん だ よ

い や ぁ その辺 の 文句 は 中佐 に どうぞ

グレン の 馬鹿 全然 執務 室 に い ねぇ だ ろ う が

どう やって 文句 言う ん だ よ

中佐 の こと を 私 に 怒鳴ら れ まし て も …

それ に

殲滅 部隊 の 訓練 なら もう 始まって る ん です けど ねぇ …

あなた が 心 の 底 から 欲しがって る もの を 手 に 入れる ため の 訓練 …

俺 が 心 の 底 から 欲しがって る もの

あなた が 欲しい もの … これ でしょ

そ … そりゃ あ …

私 が 契約 し て いる 鬼

「 四 鎌 童 子 」 です

これ を 見 て いただき たかった の です よ

これ が 吸 血 鬼 を 呪い 殺せ る 鬼 呪 装備 か

一応 私 も 吸 血 鬼 殲滅 部隊 の 一員 です から ねぇ

それ が あれ ば 俺 も 一 人 で 吸 血 鬼 を 殺せ る

一 人 じゃ 無理 です

そろそろ ちゃん と 協調 性 って もの を 覚え …

シノア

それ 寄越せ よ

それ 持って 俺 は 吸 血 鬼 ども に 復讐 に 行く

他人 が 契約 し た 鬼 の 武器 は 使え ませ ん よ

だったら その 武器 の 力 見せ て みろ うよ

もう …

やり ます ね

でも 一般 装備 で 鬼 呪 装備 と 戦う なんて 無理 です よ

シー ちゃん

マジ で すげ え な それ

つ ー か さ さっき の 武器 さえ ありゃ 吸 血 鬼 なんか 敵 じゃ ねぇ ん じゃ ねぇ か

いえいえ 戦場 で は 向こう も 武装 し て ます から ねぇ

先日 あなた が 倒し た 丸 腰 の 吸 血 鬼 と は 別物 です よ

武装 マジ で

だから まずは 部隊 で 動く ため の 協調 性 を 学び ま しょ う と グレン 中佐 は 仰 って いる の です

た … 助け て 優 君

与一 さん

なん だ 与一 また お前 いじめ られ て ん の か

待って ください よ 与一 さん

いじめ た こと マジ で 謝り ます から

俺 ら を 舎 弟 に し て ください

舎 弟

ち … ち ょ ち ょ ほん と あの そういう の 無理 だ から

僕 そんな の 無理 だ から

優一 郎 の 兄貴 じゃ ない です か

自分 山中 です

吸 血 鬼 から 助け て もらった 山中 智 です

兄貴

ずいぶん と 友達 が 増え て き まし た ねぇ

私 なんだか 寂しい

って か お前 ら この 間 まで 与一 いじめ て た くせ に

どの 面 下げ て 舎 弟 と か 言って ん だ よ

そ … そう な ん です が

実は 今 俺 ら すげ ぇ 困って て …

困ったら いじめ て た 相手 に 平気 で 頭 下げ ん の か

最近 の 不良 ども は ずいぶん プライド が ねぇ ん だ な ー

優 さん 偉 そう です ね

あんな こと し て た 俺 ら が 頼め る 義理 じゃ ない の は 分かって ん だ

でも …

でも

祐二 が 俺 ら の 仲間 が

「 開か ず の 間 」 に 入った きり 戻って こ なく て

開か ず の 間

与一 さん 殲滅 部隊 に 配属 さ れる って 聞い て それ で …

あなた たち 軍 管理 下 の 一 級 立ち入り 禁止 区域 を 侵し た ん です ね

そ … それ は …

言い訳 は いり ませ ん

どうせ 度胸 試し だ なん だ と 勝手 に 入った の でしょ う

あそこ に 入った 者 に は とても 厳しい 罰 が 与え られ ます

そ … それ じゃ 祐二 は

軍 に 捕まって る でしょ う

そんな そこ を なんとか …

死刑 の 可能 性 も あり ます

諦め て ください

シノア 一体 何 の 話 だ よ 「 開か ず の 間 」 って の は …

知り ませ ん か 学校 の 七不思議 です よ

人 が い ない の に 鳴る ピアノ

動く 人体 模型

絶対 に 開け て は いけない 「 開か ず の 間 」

な ー に が 七不思議 だ よ

軍 が 管理 し てる 立ち入り 禁止 区域 な ん だ ろ

そこ に 祐二 君 が 入って 出 て こ れ なく なった

でしょう ねぇ

実は あそこ 吸 血 鬼 殲滅 部隊 の 隊員 を 養成 する ため の 場所 で

訓練 を 受け て い ない 者 が 入る と 鬼 に 取り 憑 かれる 可能 性 が あり ます

鬼 って

だから 言った でしょ う

もう 殲滅 部隊 に 入る 訓練 は 始まって る って

次 の ステップ に 行く ん です よ

つい て き て ください

地下 神殿

なんで 学校 の 地下 に 神殿 が ある ん だ よ

神殿 って いう の は ま ぁ 呼び名 だけ です けど ね

かつて 渋谷 の 地下 に は 川 の 増水 を 防ぐ ため の 巨大 な 空洞 が あった そう です

そして そこ を 吸 血 鬼 殲滅 部隊 は 訓練 場 に 選 ん だ

と いう か 学校 全体 が 殲滅 部隊 の 訓練 場 に なって ます

地下 に 鬼 を 飼って

鬼 の 邪気 に あて られ て も 暴走 し なかった 人間 を 部隊 に いれ て いく

つまり ここ は 壮大 な 人体 実験 の ため の 学校 と いう わけ です

こんな 狂った 時代 に 平和 な 学校 が 本当 に 存在 する と 思って た ん です か

ここ から 先 は 私 たち 殲滅 部隊 が 呼 ん だ 人材 か

鬼 に 選ば れ た 者 しか 入る こと は でき ませ ん

じゃ 祐二 君 は

私 たち は 呼 ん で ませ ん ね

今頃 鬼 に 心 を 喰 わ れ てる か も

こ っ 心 を 喰 わ れ たら どう なっちゃ う の

吸 血 鬼 より 質 の 悪い 理性 の ない 人 喰 い 鬼 と 化 し ます

ですから 念入り の 修練 が いる わけ です

特に 心 の 修練 が

今回 は その 鬼 呪 装備 の 恐ろし さ に つい て あなた 方 に 知って い ただ …

要 は 鬼 に 負け なきゃ いい ん だ ろ

俺 に は 復讐 の ため に 力 が いる ん だ よ

鬼 だ ろ う が 悪魔 だ ろ う が 力 が 手 に 入る なら 何でも いい

勝手 に

遠 目 で 見る だけ で 手 は 出さ ない で ください

彼 は 殲滅 部隊 で 救助 し ます から

あの 斧 まだ 契約 でき て ねぇ ん だ ろ

なら 俺 が 頂く

ちょっと

もう 与一 さん 月 鬼 ノ 組 に 応援 を 呼び に 行って ください

この 広間 の 奥 に 官舎 が あり ます から

はい

その 斧 よこせ ええ ええ ええ !

すげ ぇ な おい

だが シノア の 鎌 より は 弱 ぇ

邪魔 す ん じゃ ねぇ よ

まったく どこ まで 協調 性 が ない ん です か

鬼 呪 装備 に 素手 で 触れる と

鬼 に 侵 蝕 さ れ て あなた も 彼 と 同様 鬼 に なっちゃ い ます よ

俺 は 鬼 に は まけ ねぇ よ

負け ます よ

あなた は まだ 鬼 に は 勝て ない

あなた は 心 が 弱い から

鬼 は 欲望 を 喰 ら う あなた の 中 に ある 復讐 心 を 利用 さ れ ます

だから あなた が 圧倒 的 な 戦闘 能力 を 持って いる に も 関わら ず

グレン 中佐 まだ 鬼 呪 装備 を 与え ない

ざ けん な

じゃあ 俺 が 鬼 に 負け ない って こと を 今 証明 して やる よ

ちょ っ 無 茶 です よ

お っし ゃ 武器 を 奪 っ

優 ちゃん

どう し た の ぼ っと して

早く 坐 ん な よ 冷め ちゃ う よ

そう よ 優 ちゃん せっかく 作った ん だ から

優 兄 ィ 早く

美味しい よ

さあ 温かい うち に どうぞ

よかった ね みんな

今日 は 優 ちゃん が 居 て くれる よ

うん

優 兄 ィ 全然 来 て くん ない ん だ もん

そう だ 優 ちゃん 革命 は どう なった の

もう 忘れ ちゃ った の

強く なって 吸 血 鬼 殺し て ここ に 人間 の 王国 作る って 言って た じゃ ない

そう だ よ 優 兄 ィ

僕ら ずっと 待って る ん だ よ

ほら ほら 優 ちゃん 全然 ご飯 進んで ない よ

ダメ だ よ 優 ちゃん

強く なる なら ちゃんと 食べ ない と

あ … あ

お前 ら みんな 生き て た の か

何 言って る の 僕ら 死 ん だ に 決まって る じゃ ん

そう だ よ

決まって る じゃ ん

今日 の 優 兄 何 か 変 だ よ

私 たち みんな 吸 血 鬼 に 殺さ れ て 優 ちゃん だけ 逃げ た ん だ よ

ち … 違う 逃げ た ん じゃ

逃げ た ん だ よ

おまけに 全然 復讐 も し て くれ ない し

頼む よ 優 ちゃん

殺さ れ た 僕ら の ため に 復讐 し て よ

なんなら 僕 が 力 を 貸す よ

優 ちゃん の 心 に 僕 を 受け入れ て くれ れ ば

復讐

そう 復讐 だ よ

そう だ な

復讐 の ため に は 力 が いる

でしょ

だから 早く 僕 を 受け入れ て よ

だが て め ぇ は 誰 だ

ミカ は ミカ は そんな 奴 じゃ ない

あいつ は 俺 と 違って 復讐 しろ と か 言わ ねぇ ん だ よ

いつも 頭 良く て 馬鹿 みたい に みんな に 優しく て

いつも 全部 一 人 で 抱え込 ん で

優 ちゃん

なのに て め ぇ は 何 な ん だ よ

やめ て 優 ちゃん

黙れ

大切 な 家族 の 真似 なんて し や がって

お前 に 俺 の 大切 な 家族 の 何 が 分かる って ん だ

あれ 俺 いま 何 し て た ん だ

嘘 でしょ う まさか 自力 で 戻った ん です か

ん 戻った って 何 が

いや え ー と あなた は 鬼 に 幻覚 を 見せ られ て た ん です

でも それ を 意志 の 力 だけ で 破って 調 伏 し ちゃ った

契約 呪 も なし に

つまり どういう こと

この 斧 は 俺 の もん って こと か

いえいえ そう 簡単 に は いき ませ ん

鬼 を 使役 する に は 手順 が あり ます から

あなた に どの 武器 を 与える か も グレン 中佐 が 決め ます

でも 俺 は 鬼 に 勝った

え ー と です ね

グレン の バカ も 無視 でき ねぇ そう だ ろ

あ … まあ そう です ね

クラスメイト も 救い まし た し

明日 から でも ここ に この 吸 血 鬼 殲滅 部隊 の 訓練 校 に 通う 事 に なる でしょ う

よっ しゃ あ

な ~ ん て 勝手 に 決め て 私 怒ら れる か なぁ

やっと だ やっと ここ まで 来 た ぞ ミカ

俺 は ここ で 吸 血 鬼 を 殺せ る よう に なる

ミー カー ミー カー ミー ミー カー

いや やっぱり ここ に い まし た か 報告 聞き まし た

何でも やっと 見付かった らしい です よ

君 が ずっと 捜し て い た 大切 な 天使 君 が

思った とおり 汚い 人間 に 利用 さ れ て まし た

百 夜 優一 郎 君 が ね

さあ さあ あなた は どう 物語 を 紡ぎ ます か

百 夜 ミカエラ 君

馴染め た シティ 鳥 籠 隅 凍え た 蕾 も

置き去り 声 暗め た 記憶 の 影

I need your blood

You really love to writhe

足 掻く Red Line

掻き分け た 見本 と

抉じ開け た リズム が

ただ 平行 に 並ぶ

Come and break it down for me !

I will lead the way home !

気 が ない 星 でも 願い 成さ ず

懺悔 さえ 渇 い た 汚し が 奏で た 人 なら

木漏れ日 の 墓 が 騒ぐ

次回 終わり の セラフ



Want to learn a language?


Learn from this text and thousands like it on LingQ.

  • A vast library of audio lessons, all with matching text
  • Revolutionary learning tools
  • A global, interactive learning community.

在线学习语言 @ LingQ

おい 早く 帰 ろ う ぜ

や べ え って 軍 の 奴 ら に バレ たら

行く ぞ 祐二

I don ' t want nobody to get killed

I don ' t want nobody to get killed

I don ' t want nobody to get killed

I don ' t want nobody to get killed

I ' ll come and get you , I am always ready to fight

I ' ll come and get you , I am always ready to fight

I ' ll come and get you , I am always ready to fight

I ' ll come and get you , I am always ready to fight

So don ' t take all of the blame

So don ' t take all of the blame

So don ' t take all of the blame

So don ' t take all of the blame

We ' re all as bad

Ah wait , don ' t take all of it away

Ah wait , don ' t take all of it away

Ah wait , don ' t take all of it away

Ah wait , don ' t take all of it away

You always do

We ' ll always be something you cannot control

We ' ll always be something you cannot control

We ' ll always be something you cannot control

We ' ll always be something you cannot control

We will overcome - Your salvation has begun

We will overcome - Your salvation has begun

We will overcome - Your salvation has begun

We will overcome - Your salvation has begun

No suns , no lights

Such a mess all over

Don ' t kill your hopes

Don ' t kill your hopes

You make me realize who I need

I ' ll be there , hold on

I ' ll be there , hold on

I ' ll be there , hold on

I ' ll be there , hold on

But it changes somehow

But it changes somehow

But it changes somehow

But it changes somehow

So where are you now ?

So where are you now ?

So where are you now ?

So where are you now ?

I ' ll reach you , my darling

I ' ll reach you , my darling

I ' ll reach you , my darling

I ' ll reach you , my darling

The shadows of the Earth

The shadows of the Earth

The shadows of the Earth

The shadows of the Earth

Illusions so bright

Illusions so bright

Illusions so bright

Illusions so bright

They ' re fallin ' in just to run - let them know -

They ' re fallin ' in just to run - let them know -

They ' re fallin ' in just to run - let them know -

They ' re fallin ' in just to run - let them know -

When it ' s the pain that makes us so human after all

When it ' s the pain that makes us so human after all

When it ' s the pain that makes us so human after all

When it ' s the pain that makes us so human after all

Toward a city , a border patrol

Toward a city , a border patrol

Toward a city , a border patrol

Toward a city , a border patrol

1000 precious words , just to start with a spark

1000 precious words , just to start with a spark

1000 precious words , just to start with a spark

1000 precious words , just to start with a spark

To the core

あ … あの …

あの 時 は 吸 血 鬼 から 助け て くれ て ありがとう ござい まし た

あなた が 好き です

私 の 気持ち 読 ん で ください

いや …

俺 …

や ー や ー さすが 吸 血 鬼 から 学校 を 救った 英雄 さん

モテモテ です ね ー

今度 は あの 子 を 泣か せ る ん です か

今度 は って 何 だ よ

ん な こ と して ねぇ だ ろ が

ま ぁ 童 貞 です し ね

シノア て め え …

でも 童 貞 は 悪 です よ 優 さん

なにせ 我ら 日本 帝 鬼 軍 は

カップル 成立 を 日々 奨励 し てる ん です から

世界 は 一 度 滅び まし た それ は 未知 の ウイルス の せい で

突如 大地 に バケ モノ が 溢れ出 し

多く の 人間 が 殺さ れ まし た

あの 壁 の 向こう は バケ モノ で 溢れる 廃墟 と 荒野

この 世界 は もはや 人間 に 優しく ない

ですが 我ら 日本 帝 鬼 軍 は 残った 人間 を とりまとめ

増殖 さ せ て 世界 の 覇権 を 狙う

さ ぁ 産む の です 増える の です

ビバ 不純 異性 交遊

つかさ 一 つ 聞い て いい か

俺 この 間 の 吸 血 鬼 と の 戦い で

実力 を 認め られ て 吸 血 鬼 殲滅 部隊 に 配属 さ れ た ん だ よ な

なのに なんで まだ 高校 通 って ん だ よ

い や ぁ その辺 の 文句 は 中佐 に どうぞ

グレン の 馬鹿 全然 執務 室 に い ねぇ だ ろ う が

どう やって 文句 言う ん だ よ

中佐 の こと を 私 に 怒鳴ら れ まし て も …

それ に

殲滅 部隊 の 訓練 なら もう 始まって る ん です けど ねぇ …

あなた が 心 の 底 から 欲しがって る もの を 手 に 入れる ため の 訓練 …

俺 が 心 の 底 から 欲しがって る もの

あなた が 欲しい もの … これ でしょ

そ … そりゃ あ …

私 が 契約 し て いる 鬼

「 四 鎌 童 子 」 です

これ を 見 て いただき たかった の です よ

これ が 吸 血 鬼 を 呪い 殺せ る 鬼 呪 装備 か

一応 私 も 吸 血 鬼 殲滅 部隊 の 一員 です から ねぇ

それ が あれ ば 俺 も 一 人 で 吸 血 鬼 を 殺せ る

一 人 じゃ 無理 です

そろそろ ちゃん と 協調 性 って もの を 覚え …

シノア

それ 寄越せ よ

それ 持って 俺 は 吸 血 鬼 ども に 復讐 に 行く

他人 が 契約 し た 鬼 の 武器 は 使え ませ ん よ

だったら その 武器 の 力 見せ て みろ うよ

もう …

やり ます ね

でも 一般 装備 で 鬼 呪 装備 と 戦う なんて 無理 です よ

シー ちゃん

マジ で すげ え な それ

つ ー か さ さっき の 武器 さえ ありゃ 吸 血 鬼 なんか 敵 じゃ ねぇ ん じゃ ねぇ か

いえいえ 戦場 で は 向こう も 武装 し て ます から ねぇ

先日 あなた が 倒し た 丸 腰 の 吸 血 鬼 と は 別物 です よ

武装 マジ で

だから まずは 部隊 で 動く ため の 協調 性 を 学び ま しょ う と グレン 中佐 は 仰 って いる の です

た … 助け て 優 君

与一 さん

なん だ 与一 また お前 いじめ られ て ん の か

待って ください よ 与一 さん

いじめ た こと マジ で 謝り ます から

俺 ら を 舎 弟 に し て ください

舎 弟

ち … ち ょ ち ょ ほん と あの そういう の 無理 だ から

僕 そんな の 無理 だ から

優一 郎 の 兄貴 じゃ ない です か

自分 山中 です

吸 血 鬼 から 助け て もらった 山中 智 です

兄貴

ずいぶん と 友達 が 増え て き まし た ねぇ

私 なんだか 寂しい

って か お前 ら この 間 まで 与一 いじめ て た くせ に

どの 面 下げ て 舎 弟 と か 言って ん だ よ

そ … そう な ん です が

実は 今 俺 ら すげ ぇ 困って て …

困ったら いじめ て た 相手 に 平気 で 頭 下げ ん の か

最近 の 不良 ども は ずいぶん プライド が ねぇ ん だ な ー

優 さん 偉 そう です ね

あんな こと し て た 俺 ら が 頼め る 義理 じゃ ない の は 分かって ん だ

でも …

でも

祐二 が 俺 ら の 仲間 が

「 開か ず の 間 」 に 入った きり 戻って こ なく て

開か ず の 間

与一 さん 殲滅 部隊 に 配属 さ れる って 聞い て それ で …

あなた たち 軍 管理 下 の 一 級 立ち入り 禁止 区域 を 侵し た ん です ね

そ … それ は …

言い訳 は いり ませ ん

どうせ 度胸 試し だ なん だ と 勝手 に 入った の でしょ う

あそこ に 入った 者 に は とても 厳しい 罰 が 与え られ ます

そ … それ じゃ 祐二 は

軍 に 捕まって る でしょ う

そんな そこ を なんとか …

死刑 の 可能 性 も あり ます

諦め て ください

シノア 一体 何 の 話 だ よ 「 開か ず の 間 」 って の は …

知り ませ ん か 学校 の 七不思議 です よ

人 が い ない の に 鳴る ピアノ

動く 人体 模型

絶対 に 開け て は いけない 「 開か ず の 間 」

な ー に が 七不思議 だ よ

軍 が 管理 し てる 立ち入り 禁止 区域 な ん だ ろ

そこ に 祐二 君 が 入って 出 て こ れ なく なった

でしょう ねぇ

実は あそこ 吸 血 鬼 殲滅 部隊 の 隊員 を 養成 する ため の 場所 で

訓練 を 受け て い ない 者 が 入る と 鬼 に 取り 憑 かれる 可能 性 が あり ます

鬼 って

だから 言った でしょ う

もう 殲滅 部隊 に 入る 訓練 は 始まって る って

次 の ステップ に 行く ん です よ

つい て き て ください

地下 神殿

なんで 学校 の 地下 に 神殿 が ある ん だ よ

神殿 って いう の は ま ぁ 呼び名 だけ です けど ね

かつて 渋谷 の 地下 に は 川 の 増水 を 防ぐ ため の 巨大 な 空洞 が あった そう です

そして そこ を 吸 血 鬼 殲滅 部隊 は 訓練 場 に 選 ん だ

と いう か 学校 全体 が 殲滅 部隊 の 訓練 場 に なって ます

地下 に 鬼 を 飼って

鬼 の 邪気 に あて られ て も 暴走 し なかった 人間 を 部隊 に いれ て いく

つまり ここ は 壮大 な 人体 実験 の ため の 学校 と いう わけ です

こんな 狂った 時代 に 平和 な 学校 が 本当 に 存在 する と 思って た ん です か

ここ から 先 は 私 たち 殲滅 部隊 が 呼 ん だ 人材 か

鬼 に 選ば れ た 者 しか 入る こと は でき ませ ん

じゃ 祐二 君 は

私 たち は 呼 ん で ませ ん ね

今頃 鬼 に 心 を 喰 わ れ てる か も

こ っ 心 を 喰 わ れ たら どう なっちゃ う の

吸 血 鬼 より 質 の 悪い 理性 の ない 人 喰 い 鬼 と 化 し ます

ですから 念入り の 修練 が いる わけ です

特に 心 の 修練 が

今回 は その 鬼 呪 装備 の 恐ろし さ に つい て あなた 方 に 知って い ただ …

要 は 鬼 に 負け なきゃ いい ん だ ろ

俺 に は 復讐 の ため に 力 が いる ん だ よ

鬼 だ ろ う が 悪魔 だ ろ う が 力 が 手 に 入る なら 何でも いい

勝手 に

遠 目 で 見る だけ で 手 は 出さ ない で ください

彼 は 殲滅 部隊 で 救助 し ます から

あの 斧 まだ 契約 でき て ねぇ ん だ ろ

なら 俺 が 頂く

ちょっと

もう 与一 さん 月 鬼 ノ 組 に 応援 を 呼び に 行って ください

この 広間 の 奥 に 官舎 が あり ます から

はい

その 斧 よこせ ええ ええ ええ !

すげ ぇ な おい

だが シノア の 鎌 より は 弱 ぇ

邪魔 す ん じゃ ねぇ よ

まったく どこ まで 協調 性 が ない ん です か

鬼 呪 装備 に 素手 で 触れる と

鬼 に 侵 蝕 さ れ て あなた も 彼 と 同様 鬼 に なっちゃ い ます よ

俺 は 鬼 に は まけ ねぇ よ

負け ます よ

あなた は まだ 鬼 に は 勝て ない

あなた は 心 が 弱い から

鬼 は 欲望 を 喰 ら う あなた の 中 に ある 復讐 心 を 利用 さ れ ます

だから あなた が 圧倒 的 な 戦闘 能力 を 持って いる に も 関わら ず

グレン 中佐 まだ 鬼 呪 装備 を 与え ない

ざ けん な

じゃあ 俺 が 鬼 に 負け ない って こと を 今 証明 して やる よ

ちょ っ 無 茶 です よ

お っし ゃ 武器 を 奪 っ

優 ちゃん

どう し た の ぼ っと して

早く 坐 ん な よ 冷め ちゃ う よ

そう よ 優 ちゃん せっかく 作った ん だ から

優 兄 ィ 早く

美味しい よ

さあ 温かい うち に どうぞ

よかった ね みんな

今日 は 優 ちゃん が 居 て くれる よ

うん

優 兄 ィ 全然 来 て くん ない ん だ もん

そう だ 優 ちゃん 革命 は どう なった の

もう 忘れ ちゃ った の

強く なって 吸 血 鬼 殺し て ここ に 人間 の 王国 作る って 言って た じゃ ない

そう だ よ 優 兄 ィ

僕ら ずっと 待って る ん だ よ

ほら ほら 優 ちゃん 全然 ご飯 進んで ない よ

ダメ だ よ 優 ちゃん

強く なる なら ちゃんと 食べ ない と

あ … あ

お前 ら みんな 生き て た の か

何 言って る の 僕ら 死 ん だ に 決まって る じゃ ん

そう だ よ

決まって る じゃ ん

今日 の 優 兄 何 か 変 だ よ

私 たち みんな 吸 血 鬼 に 殺さ れ て 優 ちゃん だけ 逃げ た ん だ よ

ち … 違う 逃げ た ん じゃ

逃げ た ん だ よ

おまけに 全然 復讐 も し て くれ ない し

頼む よ 優 ちゃん

殺さ れ た 僕ら の ため に 復讐 し て よ

なんなら 僕 が 力 を 貸す よ

優 ちゃん の 心 に 僕 を 受け入れ て くれ れ ば

復讐

そう 復讐 だ よ

そう だ な

復讐 の ため に は 力 が いる

でしょ

だから 早く 僕 を 受け入れ て よ

だが て め ぇ は 誰 だ

ミカ は ミカ は そんな 奴 じゃ ない

あいつ は 俺 と 違って 復讐 しろ と か 言わ ねぇ ん だ よ

いつも 頭 良く て 馬鹿 みたい に みんな に 優しく て

いつも 全部 一 人 で 抱え込 ん で

優 ちゃん

なのに て め ぇ は 何 な ん だ よ

やめ て 優 ちゃん

黙れ

大切 な 家族 の 真似 なんて し や がって

お前 に 俺 の 大切 な 家族 の 何 が 分かる って ん だ

あれ 俺 いま 何 し て た ん だ

嘘 でしょ う まさか 自力 で 戻った ん です か

ん 戻った って 何 が

いや え ー と あなた は 鬼 に 幻覚 を 見せ られ て た ん です

でも それ を 意志 の 力 だけ で 破って 調 伏 し ちゃ った

契約 呪 も なし に

つまり どういう こと

この 斧 は 俺 の もん って こと か

いえいえ そう 簡単 に は いき ませ ん

鬼 を 使役 する に は 手順 が あり ます から

あなた に どの 武器 を 与える か も グレン 中佐 が 決め ます

でも 俺 は 鬼 に 勝った

え ー と です ね

グレン の バカ も 無視 でき ねぇ そう だ ろ

あ … まあ そう です ね

クラスメイト も 救い まし た し

明日 から でも ここ に この 吸 血 鬼 殲滅 部隊 の 訓練 校 に 通う 事 に なる でしょ う

よっ しゃ あ

な ~ ん て 勝手 に 決め て 私 怒ら れる か なぁ

やっと だ やっと ここ まで 来 た ぞ ミカ

俺 は ここ で 吸 血 鬼 を 殺せ る よう に なる

ミー カー ミー カー ミー ミー カー

いや やっぱり ここ に い まし た か 報告 聞き まし た

何でも やっと 見付かった らしい です よ

君 が ずっと 捜し て い た 大切 な 天使 君 が

思った とおり 汚い 人間 に 利用 さ れ て まし た

百 夜 優一 郎 君 が ね

さあ さあ あなた は どう 物語 を 紡ぎ ます か

百 夜 ミカエラ 君

馴染め た シティ 鳥 籠 隅 凍え た 蕾 も

置き去り 声 暗め た 記憶 の 影

I need your blood

You really love to writhe

足 掻く Red Line

掻き分け た 見本 と

抉じ開け た リズム が

ただ 平行 に 並ぶ

Come and break it down for me !

I will lead the way home !

気 が ない 星 でも 願い 成さ ず

懺悔 さえ 渇 い た 汚し が 奏で た 人 なら

木漏れ日 の 墓 が 騒ぐ

次回 終わり の セラフ


×

我们使用cookies帮助改善LingQ。通过浏览本网站,表示你同意我们的 cookie policy.