image

終わりのセラフ, Owari no Seraph Episode 1

警告 し ます

愚か な 人間 ども の 手 に より

致死 性 の ウイルス が 蔓延 し まし た

残念 ながら 人類 は 滅び ます

ミカ 院長 先生 が …

優 ちゃん は みんな を 見 て

先生 先生

しかし ウイルス は 13 歳 以下 の 人間 に は 感染 し ない こと が わかって い ます

優 兄 ィ …

よって 我々 第 三 位 始祖 クルル ・ ツェペシ 直下 部隊 は …

これ より この 地区 の 子供 たち の 保護 を 始め ます

百 夜 優一 郎

よし 次

百 夜 ミカエラ

また 飲ま ない の

体 壊す よ

飲め る か よ こ ん なま じい の

優 ちゃん は グルメ だ ね

お前 こそ 言いなり に なって ん じゃ ねえ よ

そんなに 悪く ない と 思う けど ね

マジ か よ

ここ じゃ 殺さ れる こと も ない し

何より 家族 で 暮らせ て る

それ で 十 分 じゃ ない

俺 は 家畜 じゃ ない

もう 優 ちゃん も 分かって る ん でしょ う

意地 張った って どうにも な ん ない って

おい

優 ちゃん ダメ

謝れ

謝れ よ

あの … ごめんなさい

彼 す っ ごい バカ で 頭 悪く て

だから あの … 許し て やって 下さい

やめろ

やめろ ミカ

こんな 奴 … 俺 が ぶ っ 飛ばし て …

こんにちは

アイツ 貴族 か

フェリド 様

よう ミカ くん 何 し て た ん だい

何でも あり ませ ん 家族 が そう そう お 仕出かし まし て

君 も 大変 だ ねぇ 何かと

それ より 今夜 も 僕 の 館 に 来る の かい

お 願い し ます

いい 子 だ ね

君 の 血 は 美味しい から 大 歓迎 だ よ

今日 は そっち の 子 も 来る の か な

行く わけ ねっ …

彼 は 恥ずかし がり 屋 さん な の で また …

そう それ は 残念

なんで 謝ったり なんか し た ん だ よ

あんな 奴 俺 が ぶ っ 飛ばし て やった のに

はい出 た アホ 発言

あの ね 人間 が 吸 血 鬼 より 強く なれる わけない でしょ う が

ん な の は やって み ない と 分か ん ねえ だ ろ う

いやいや 分かり まくり でしょ う

てい うか 優 ちゃん あん ま 無理 し ない で よ ね

さっき は 本当 に 危なかった よ

お前 貴族 と 知り合い な の か よ

文句 ある

フェリド 様 は 血 を 提供 し たら 何でも くれる ん だ

美味しい もの を 食べ れる し

や っぱ ここ で 生き て いく に は 要領 よく 頭 使って いか ない と ね

優 ちゃん 優 ちゃん も 何 か 欲しい もの …

ねえ よ

また ここ に い た

何 して ん の

ミカ は 一緒 じゃ ない の

一緒 じゃ ね ー よ あんな 奴

何 怒って ん の

う っせ ー なぁ 傍 に 来 ん な よ

いい じゃ ん 私 たち みんな 家族 な ん だ から

俺 に 家族 なんて い ねえ よ

い ます ー

百 夜 孤児院 の みんな は 一 つ の 家族 だって 院長 先生 言って まし た

アホ か

はい みなさん

今日 また 新しい 家族 が 加わり まし た

優一 郎 くん です

仲良く し て あげて 下さい ね

は ー い

や ぁ 優 ちゃん

僕 は ミカエラ

君 と 同じ で 一 人 ぼ っち だった けど

今 は ここ に いっぱい の 家族 が いる

そして 今日 君 も か ぞ っ …

くっ だ ら ねえ 何 が 家族 だ

俺 は … 実の 父親 に 殺さ れ かけ て ここ に 来 た ん だ

母親 は 俺 の こと を 悪魔 の 子 だ と か わめき 散らし て …

最後 に は 自殺 し ち まった

分かる か 俺 に とっちゃ 家族 なんて …

へえ それ は 大変 だった ね

でも 今日 から は 僕ら が 君 の 家族 だ

さ もう 行 こ う

夕飯 食べ よ ー って みんな 優 ちゃん の こと 待って る よ

寄り道 し ちゃ ダメ だ から ね

優 ちゃん

優 兄ちゃん 遅い よ

お腹 減った ー

僕 も

もう わら わら 集ま ん な

ねえ ねえ 今日 は カレー な ん だ って

茜 が カレー 作って くれる ん だ って

カレー

ん な もん どう やって …

驚 い た

さっき ミカ が 持って き て くれ た ん だ

こんな ご馳走 初めて だ から 腕 が 鳴る よ

あの バカ …

美味しい …

優 兄ちゃん どう し た の 食べ ない の

ニンジン だ ニンジン が い た ぞ

今日 は ね あの ね お 誕生日 みたい だ ね

私 だって お 誕生日 だ もん

ずるい ぞ 僕 も だ ぞ

私 も

じゃあ 今日 は みんな の お 誕生日 と いう こと に し ま ー す

ミカ 兄 ィ に 「 ありがとう 」 し ない と ね

する

ミカ 兄 ィ は どこ 行った の

なんで い ない の

優 兄ちゃん ミカ 兄 ィ は

ミカ は だ な …

太一 が 取った

じゃあ 太一 の カレー は 没収 で ー す

そんな

僕 の カレー

や ~ 帰った よ 優 ちゃん

あっ そ

お 帰り は 言って くれ ない の

とりあえず お前 の 分 の カレー は 食った

嘘 だ よ

が きん ち ょ 共 みんな 喜 ん で た

で あの カレー の ため に お前 は 何 さ れ た

った く

今度 は 俺 が 血 を 売る よ

優 ちゃん の 血 なんて まずく て 売れ ない よ

優 ちゃん は いい よ 吸 血 鬼 を ブッ 飛ばし て くれる ん でしょ う

それ まで は 僕 が …

ふざけ ん な お前 一 人 で 何でも 背負い込む な よ

俺 だって … 俺 だって バカ じゃ ね ん だ 吸 血 鬼 を 倒す なんて …

それ 以上 は なし だ よ

優 ちゃん の 言葉 この 子 たち は 信じ てる ん だ から

吸 血 鬼 は 倒せ る 俺 たち は 負け ない

そう 繰り返す 優 ちゃん の 言葉

さ ぁ カレー 食べよ う

はい どうせ 食べ て ない ん でしょ う

いら ねえ よ お前 の 分 だ ろ う

だ ー め

これ は お 願い じゃ なく 命令 です

なんで お前 の 命令 なんか

じゃ ん なぜなら 優 ちゃん は これ で

吸 血 鬼 と 戦わ なく ちゃ なら ない から です

お腹 へ って ちゃ 戦え ない でしょ う

お前 …

でも そんな の 別 に 大した もの じゃ ない ん だ

じゃ じゃ ん この 町 の 地図

出口 まで ばっ ちり 載って ます

お前 … まさか あの 貴族 から

フェリド の 屋敷 広く て さ 探す の に 手間取っちゃ っ た ん だ よ ね

ただ で 吸 血 鬼 に 血 を 吸わ れる 玉 じゃ ない の だ よ この ミカエラ 様 は

まあ それ も 今日 で おしまい だ よ

一緒 に 逃げよ う

大丈夫 大丈夫 もう 全部 計画 済み だ から

ミカエラ 様 に 任せ なさい

でも ウイルス は どう す ん だ よ

外 は 死 の 世界 だって

あれ 確か 13 歳 以下 に は 感染 し ない ん でしょ う

僕ら 今 何 歳 だ っけ

12 歳 だ ろ

残り の 1 年 で 考えよ う

僕ら 二 人 なら 百 夜 孤児院 の 家族 が 集まれ ば

きっと どんな こと でも なんとか なる

計画 的 な の か 無 計画 な の か わ っか ん ねえ ヤツ だ な

勝手 に 決め や がって

どう し た の

まだ 起き てる の

お 帰り ミカ

優 ちゃん カレー 食べ て くれ た ん だ

分かった よ 行 こ う ぜ

うん 行 こ う

茜 ちゃん 皆 起こし て

な … なに

この 世界 に さようなら する ん だ

行 こ う

ねえ ミカ 兄 ィ どこ 行く の

暗い とこ 嫌

夜 に 出歩 い ちゃ だめ な ん だ よ

いい の いい の なん せ 僕ら この 世界 に バイバイ し ちゃ う から

ええ どうして

バイバイ し て どこ 行く の

それ は ね …

元 の 世界 に 帰る ん だ

そう したら 毎日 カレー が 食える ん だ ぞ

本当

本当 に 毎日 カレー

じゃあ ハンバーグ は

ここ を 抜け れ ば 外 だ よ

よし あと 少し だ ぞ

行 こ う

待って た よ

哀れ な 子 羊 くん たち

そう その 顔

希望 が 突然 消え去る とき の 人間 の 顔

だから この 遊び は やめ られ ない ん だ よ ね

遊び

あら ら もう 死 ん じゃ った

くそ ー っ

あれ それ 僕 の 銃 じゃ ない

地図 だけ じゃ なく て 銃 も 取った の か

いい ね 君 ら

まだ 抵抗 できる 元気 が ある ん だ

じゃあ もう 一 つ 希望 を あげよ う

実は あの 地図 本物 な ん だ

その道 を まっすぐ 走れ ば 元 の 世界 に 戻れ る

外 に 出 られ たら 僕 は そう 簡単 に は 追え ない

その 希望 と 絶望 の 狭間 で 君 ら は どんな 声 で なく の か な

逃げろ

走れ

言った だ ろ

足止め する ぞ

やめ て くれ

やめろ ー

僕 は 君 たち の 絶望 し た 顔 が 見 たい ん だ よ

忘れ ない で 優 ちゃん

僕ら は 家族 だ

おい

あ は ミカエラ 君

君 の 血 は おいしかった な ご馳走様

優 … ちゃん …

逃げ …

死ね

ミカ おい ミカ

行って 優 ちゃん

ふざけ ん な お前 も 一緒 に 行く ん だ 一緒 に …

僕たち を 無駄 に し ない で

嫌 だ 嫌 だ

そんな の 嫌 だ

俺 の 家族 やっと … やっと 手 に 入れた のに

置 い て な ん か …

行けよ 早く バカ

優 ちゃん 初めて 家族 って 言って …

よし い た ぞ

予言 通り だ

日本 を 壊滅 さ せ た 百 夜 実験 場 の 被 検体 の 一 人 が 現れ た

少年 吸 血 鬼 退治 の ため に お前 を 利用 さ せ て もらう ぞ

望む ところ だ

吸 血 鬼 ども を 滅ぼ せる なら

次回 終わり の セラフ



Want to learn a language?


Learn from this text and thousands like it on LingQ.

  • A vast library of audio lessons, all with matching text
  • Revolutionary learning tools
  • A global, interactive learning community.

在线学习语言 @ LingQ

警告 し ます

愚か な 人間 ども の 手 に より

致死 性 の ウイルス が 蔓延 し まし た

残念 ながら 人類 は 滅び ます

ミカ 院長 先生 が …

優 ちゃん は みんな を 見 て

先生 先生

しかし ウイルス は 13 歳 以下 の 人間 に は 感染 し ない こと が わかって い ます

優 兄 ィ …

よって 我々 第 三 位 始祖 クルル ・ ツェペシ 直下 部隊 は …

これ より この 地区 の 子供 たち の 保護 を 始め ます

百 夜 優一 郎

よし 次

百 夜 ミカエラ

また 飲ま ない の

体 壊す よ

飲め る か よ こ ん なま じい の

優 ちゃん は グルメ だ ね

お前 こそ 言いなり に なって ん じゃ ねえ よ

そんなに 悪く ない と 思う けど ね

マジ か よ

ここ じゃ 殺さ れる こと も ない し

何より 家族 で 暮らせ て る

それ で 十 分 じゃ ない

俺 は 家畜 じゃ ない

もう 優 ちゃん も 分かって る ん でしょ う

意地 張った って どうにも な ん ない って

おい

優 ちゃん ダメ

謝れ

謝れ よ

あの … ごめんなさい

彼 す っ ごい バカ で 頭 悪く て

だから あの … 許し て やって 下さい

やめろ

やめろ ミカ

こんな 奴 … 俺 が ぶ っ 飛ばし て …

こんにちは

アイツ 貴族 か

フェリド 様

よう ミカ くん 何 し て た ん だい

何でも あり ませ ん 家族 が そう そう お 仕出かし まし て

君 も 大変 だ ねぇ 何かと

それ より 今夜 も 僕 の 館 に 来る の かい

お 願い し ます

いい 子 だ ね

君 の 血 は 美味しい から 大 歓迎 だ よ

今日 は そっち の 子 も 来る の か な

行く わけ ねっ …

彼 は 恥ずかし がり 屋 さん な の で また …

そう それ は 残念

なんで 謝ったり なんか し た ん だ よ

あんな 奴 俺 が ぶ っ 飛ばし て やった のに

はい出 た アホ 発言

あの ね 人間 が 吸 血 鬼 より 強く なれる わけない でしょ う が

ん な の は やって み ない と 分か ん ねえ だ ろ う

いやいや 分かり まくり でしょ う

てい うか 優 ちゃん あん ま 無理 し ない で よ ね

さっき は 本当 に 危なかった よ

お前 貴族 と 知り合い な の か よ

文句 ある

フェリド 様 は 血 を 提供 し たら 何でも くれる ん だ

美味しい もの を 食べ れる し

や っぱ ここ で 生き て いく に は 要領 よく 頭 使って いか ない と ね

優 ちゃん 優 ちゃん も 何 か 欲しい もの …

ねえ よ

また ここ に い た

何 して ん の

ミカ は 一緒 じゃ ない の

一緒 じゃ ね ー よ あんな 奴

何 怒って ん の

う っせ ー なぁ 傍 に 来 ん な よ

いい じゃ ん 私 たち みんな 家族 な ん だ から

俺 に 家族 なんて い ねえ よ

い ます ー

百 夜 孤児院 の みんな は 一 つ の 家族 だって 院長 先生 言って まし た

アホ か

はい みなさん

今日 また 新しい 家族 が 加わり まし た

優一 郎 くん です

仲良く し て あげて 下さい ね

は ー い

や ぁ 優 ちゃん

僕 は ミカエラ

君 と 同じ で 一 人 ぼ っち だった けど

今 は ここ に いっぱい の 家族 が いる

そして 今日 君 も か ぞ っ …

くっ だ ら ねえ 何 が 家族 だ

俺 は … 実の 父親 に 殺さ れ かけ て ここ に 来 た ん だ

母親 は 俺 の こと を 悪魔 の 子 だ と か わめき 散らし て …

最後 に は 自殺 し ち まった

分かる か 俺 に とっちゃ 家族 なんて …

へえ それ は 大変 だった ね

でも 今日 から は 僕ら が 君 の 家族 だ

さ もう 行 こ う

夕飯 食べ よ ー って みんな 優 ちゃん の こと 待って る よ

寄り道 し ちゃ ダメ だ から ね

優 ちゃん

優 兄ちゃん 遅い よ

お腹 減った ー

僕 も

もう わら わら 集ま ん な

ねえ ねえ 今日 は カレー な ん だ って

茜 が カレー 作って くれる ん だ って

カレー

ん な もん どう やって …

驚 い た

さっき ミカ が 持って き て くれ た ん だ

こんな ご馳走 初めて だ から 腕 が 鳴る よ

あの バカ …

美味しい …

優 兄ちゃん どう し た の 食べ ない の

ニンジン だ ニンジン が い た ぞ

今日 は ね あの ね お 誕生日 みたい だ ね

私 だって お 誕生日 だ もん

ずるい ぞ 僕 も だ ぞ

私 も

じゃあ 今日 は みんな の お 誕生日 と いう こと に し ま ー す

ミカ 兄 ィ に 「 ありがとう 」 し ない と ね

する

ミカ 兄 ィ は どこ 行った の

なんで い ない の

優 兄ちゃん ミカ 兄 ィ は

ミカ は だ な …

太一 が 取った

じゃあ 太一 の カレー は 没収 で ー す

そんな

僕 の カレー

や ~ 帰った よ 優 ちゃん

あっ そ

お 帰り は 言って くれ ない の

とりあえず お前 の 分 の カレー は 食った

嘘 だ よ

が きん ち ょ 共 みんな 喜 ん で た

で あの カレー の ため に お前 は 何 さ れ た

った く

今度 は 俺 が 血 を 売る よ

優 ちゃん の 血 なんて まずく て 売れ ない よ

優 ちゃん は いい よ 吸 血 鬼 を ブッ 飛ばし て くれる ん でしょ う

それ まで は 僕 が …

ふざけ ん な お前 一 人 で 何でも 背負い込む な よ

俺 だって … 俺 だって バカ じゃ ね ん だ 吸 血 鬼 を 倒す なんて …

それ 以上 は なし だ よ

優 ちゃん の 言葉 この 子 たち は 信じ てる ん だ から

吸 血 鬼 は 倒せ る 俺 たち は 負け ない

そう 繰り返す 優 ちゃん の 言葉

さ ぁ カレー 食べよ う

はい どうせ 食べ て ない ん でしょ う

いら ねえ よ お前 の 分 だ ろ う

だ ー め

これ は お 願い じゃ なく 命令 です

なんで お前 の 命令 なんか

じゃ ん なぜなら 優 ちゃん は これ で

吸 血 鬼 と 戦わ なく ちゃ なら ない から です

お腹 へ って ちゃ 戦え ない でしょ う

お前 …

でも そんな の 別 に 大した もの じゃ ない ん だ

じゃ じゃ ん この 町 の 地図

出口 まで ばっ ちり 載って ます

お前 … まさか あの 貴族 から

フェリド の 屋敷 広く て さ 探す の に 手間取っちゃ っ た ん だ よ ね

ただ で 吸 血 鬼 に 血 を 吸わ れる 玉 じゃ ない の だ よ この ミカエラ 様 は

まあ それ も 今日 で おしまい だ よ

一緒 に 逃げよ う

大丈夫 大丈夫 もう 全部 計画 済み だ から

ミカエラ 様 に 任せ なさい

でも ウイルス は どう す ん だ よ

外 は 死 の 世界 だって

あれ 確か 13 歳 以下 に は 感染 し ない ん でしょ う

僕ら 今 何 歳 だ っけ

12 歳 だ ろ

残り の 1 年 で 考えよ う

僕ら 二 人 なら 百 夜 孤児院 の 家族 が 集まれ ば

きっと どんな こと でも なんとか なる

計画 的 な の か 無 計画 な の か わ っか ん ねえ ヤツ だ な

勝手 に 決め や がって

どう し た の

まだ 起き てる の

お 帰り ミカ

優 ちゃん カレー 食べ て くれ た ん だ

分かった よ 行 こ う ぜ

うん 行 こ う

茜 ちゃん 皆 起こし て

な … なに

この 世界 に さようなら する ん だ

行 こ う

ねえ ミカ 兄 ィ どこ 行く の

暗い とこ 嫌

夜 に 出歩 い ちゃ だめ な ん だ よ

いい の いい の なん せ 僕ら この 世界 に バイバイ し ちゃ う から

ええ どうして

バイバイ し て どこ 行く の

それ は ね …

元 の 世界 に 帰る ん だ

そう したら 毎日 カレー が 食える ん だ ぞ

本当

本当 に 毎日 カレー

じゃあ ハンバーグ は

ここ を 抜け れ ば 外 だ よ

よし あと 少し だ ぞ

行 こ う

待って た よ

哀れ な 子 羊 くん たち

そう その 顔

希望 が 突然 消え去る とき の 人間 の 顔

だから この 遊び は やめ られ ない ん だ よ ね

遊び

あら ら もう 死 ん じゃ った

くそ ー っ

あれ それ 僕 の 銃 じゃ ない

地図 だけ じゃ なく て 銃 も 取った の か

いい ね 君 ら

まだ 抵抗 できる 元気 が ある ん だ

じゃあ もう 一 つ 希望 を あげよ う

実は あの 地図 本物 な ん だ

その道 を まっすぐ 走れ ば 元 の 世界 に 戻れ る

外 に 出 られ たら 僕 は そう 簡単 に は 追え ない

その 希望 と 絶望 の 狭間 で 君 ら は どんな 声 で なく の か な

逃げろ

走れ

言った だ ろ

足止め する ぞ

やめ て くれ

やめろ ー

僕 は 君 たち の 絶望 し た 顔 が 見 たい ん だ よ

忘れ ない で 優 ちゃん

僕ら は 家族 だ

おい

あ は ミカエラ 君

君 の 血 は おいしかった な ご馳走様

優 … ちゃん …

逃げ …

死ね

ミカ おい ミカ

行って 優 ちゃん

ふざけ ん な お前 も 一緒 に 行く ん だ 一緒 に …

僕たち を 無駄 に し ない で

嫌 だ 嫌 だ

そんな の 嫌 だ

俺 の 家族 やっと … やっと 手 に 入れた のに

置 い て な ん か …

行けよ 早く バカ

優 ちゃん 初めて 家族 って 言って …

よし い た ぞ

予言 通り だ

日本 を 壊滅 さ せ た 百 夜 実験 場 の 被 検体 の 一 人 が 現れ た

少年 吸 血 鬼 退治 の ため に お前 を 利用 さ せ て もらう ぞ

望む ところ だ

吸 血 鬼 ども を 滅ぼ せる なら

次回 終わり の セラフ


×

我们使用cookies帮助改善LingQ。通过浏览本网站,表示你同意我们的 cookie policy.