image

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。続, Yahari Ore no Seishun Love Comedy wa Machigatteiru. Zoku Episode 8

《 ( 雪 乃 ) もう 無理 し て 来 なく て いい わ 》

( クラクション )

≪ ( 平塚 ) な ~ に 合同 イベント まで あと 1 週間 だ ろ ?

様子 を 見 に 行ったら もう 終わって た んで な

私 も 帰 ろ う と 思って い た ところ で 君 を 見つけ た ん だ

( 比企 谷 ) は あ

先生 こんな 車 で し た っけ ?

夏 休み の 時 と 違う よう な …

ああ あれ は レンタカー だ よ

私 の 愛車 は こいつ だ

比企 谷 うん ?

少し 寄り道 し て いい か ?

♪~

( 平塚 の 鼻歌 )

着 い た ぞ

うん ?

比企 谷 うん ?

… っと

何 か かっこいい っす ね

かっこ つけ てる から な

どう かね ? 調子 は 結構 ヤバ そう です

ふむ 何 が ヤバ い ?

何 が って 言わ れ て も 一概に は …

まあ 話し て み たまえ

は あ

じゃあ

問題 は 時間 です か ね

あと 1 週間 で この 現状 を 覆せ る 気 が し ない

玉 縄 と 一色 あいつ ら は 怖い ん です よ

自分 の せい で 失敗 する こと が

だから 責任 を 分散 さ せる ため に

人 の 意見 を 求め それ を 取り入れる

その 結果 が 停滞 し た この 現状 で

誰 が 一 番 上 で

誰 が 一 番 責任 を 負う の か を 決め なかった こと が

そもそも の 間違い だった

まあ そんな 感じ です か ね

よく 見て いる

君 は 人 の 心理 を 読み取る こと に は 長 け て いる な

そんな こと …\ N けれど

感情 は 理解 し て い ない

心理 と 感情 は 常に イコール じゃ ない

時 に 全く 不合理 に 見える 結論 を 出し て しまう の は その せい だ

だから 雪ノ下 も 由比 ヶ 浜 も 君 も

間違え た 答え を 出す

いや あいつ ら の こと は 今 関係なく ない です か

私 は 最初 から 彼女 達 の こと を 聞い た つもり だ

だが まあ 本質 は どちら も 同じ だ

問題 の 根っこ は 一 つ な ん だ よ

心 だ

けど それ って 考え て 分かる もん じゃ ない じゃ ない です か

分から ない か ?

なら もっと 考えろ

計算 しか でき ない なら 計算 し つくせ

全部 の 答え を 出し て 消去 法 で 一 つ ずつ 潰せ

残った もの が 君 の 答え だ

それ でも 分かる もん じゃ ない ん じゃ ない です か ね ?

なら 計算 が 間違って いる か 見落とし が ある ん だ ろ

また 計算 の やり 直し だ な

あんた ムチャクチャ だ バカ 者

感情 が 計算 できる なら とっくに 電 脳 化 さ れ てる

計算 でき ず に 残った 答え

それ が 人 の 気 持ち と いう もの だ よ

まあ そういう 私 も 計算 違い ばかり し て いる から

結婚 でき ない ん だ ろ う けど な

この 前 も 友達 の 結婚 式 が あって な …

いや そりゃ 相手 に 見る 目 が ない ん です よ

え ッ ?

< 俺 が あと 10 年 早く 生まれて い て >

< あと 10 年 早く 出会って い たら >

< たぶん 心底 ホレ て い た ん じゃ ない か と 思う >

< そんな 仮定 に 意味 は ない けれど >

何 だ 急に

まあ いい 礼 と いう の も なん だ が 特別 に ヒント を あげよ う

( せき払い )

考える 時 は 考える べき ポイント を 間違え ない こと だ

例えば 君 が 奉仕 部 と して で は なく

単独 で 一色 を 手伝って いる 理由

これ に つい て 考え て みよ う

これ は 奉仕 部 の ため あるいは 雪ノ下 の ため だ

見て い れ ば 分かる よ 選挙 の 一 件 の あと

雪ノ下 が 報告 に き た

あの 子 は 自分 の こと を 話し て は くれ ない が

様子 を 見 て もしかしたら と 思った

それ は 君 も 同じ か ?

ああ いや どう です か ね

もし 君 が 同じ 考え を 抱 い た と すれ ば

彼女 達 を 傷つけ ない ため に 遠ざける と いう 考え に 行き着く

… かも しれ ない な

例えば の 話 だ が

まあ そう です ね 例えば の 話 です けど

だが 考える べき は そこ じゃ ない

この 場合 なぜ 傷つけ たく ない か こそ を 考える べき な ん だ

そして その 答え は すぐに 出る

大切 な もの だ から 傷つけ たく ない

でも ね 比企 谷

傷つけ ない なんて こと は でき ない ん だ

人間 存在 する だけ で 無自覚 に 誰 か を 傷つける もの さ

生き て い て も 死 ん で い て も ずっと 傷つける

関われ ば 傷つける し 関わら ない よう に し て も

その こと が 傷つける かも しれ ない

けれど どう で も いい 相手 なら 傷つけ た こと に 気づか ない

必要 な の は 自覚 だ

大切 に 思う から こそ 傷つけ て しまった と 感じる ん だ

誰 か を 大切 に 思う と いう こと は

その 人 を 傷つける 覚悟 を する と いう こと だ よ

ヒント は ここ まで

お互い が お互い の こと を 思え ば こそ

手 に 入ら ない もの も ある

けれど それ は 悲しむ べき こと じゃ ない

たぶん 誇る べき こと な ん だ ろ う な

それ って キツ く ない です か ?

うん キツ い な

でも できる 私 が そう だった から な

だから って 他の ヤツ に も できる はず だっ つう の は

ちょっと 傲慢 です よ かわいく ない ヤツ め うん ?

そう だ な ~

正直 に 言 お う

たぶん 君 で なく て も ホント は いい ん だ

この先 いつか

雪ノ下 自身 が 変わる かも しれ ない

いつか 彼女 の こと を 理解 できる 人 が 現れる かも しれ ない

彼女 の 元 へ 踏み込 ん で いく 人 が いる かも しれ ない

それ は 由比 ヶ 浜 に も 言え る こと だ

いつか … です か ?

君 達 に とって は 今 この 時間 が 全て の よう に 感じる だ ろ う

だが 決して そんな こと は ない

どこ か で 帳尻 は 合わせ られる

世界 は そういう ふう に でき て いる

ただ 私 は それ が 君 だったら いい と 思う

君 と 由比 ヶ 浜 が 雪ノ下 に 踏み 込 ん で くれる こと を 願って いる

いや

そう 言わ れ て も ちょっと

この 時間 が 全て じゃ ない

でも 今 しか でき ない こと

ここ に しか ない もの も ある

今 だ よ 比企 谷

今 な ん だ

考え て もがき 苦しみ あ がい て 悩め

そう で なく て は 本物 じゃ ない

けど 苦し ん だ から 本物 って わけ じゃ ない でしょ ?

ホント に かわいく ない な 君 は

< 直近 で の 大きな 障害 と なって いる の は >

< 無論 クリスマス 合同 イベント だ >

< それ に 付随 し て 一色 いろは の 問題 が 出 て くる >

< ここ に 鶴見 留美 の 現状 も 絡 ん で くる >

< 三 つ の 問題 の 最適 解 は どこ に ある の か >

< 俺 一 人 で ひっくり返す こと は でき ない >

< 助け を 求める か ? なぜ すぐに 人 に 頼る ? >

< 人 と 人 と の つながり は きっと 麻薬 だ >

< 知らず知らず 依存 し て 生徒 会 選挙 の 時 の 俺 は >

< 理由 を 与え て もらって い た 小 町 の ため に >

< そう 建て前 を つけ て 動き出し た >

< いや そう で も し なけ れ ば 俺 は … >

< たぶん あの 時 の 俺 は 間違え た の だ そして 今 も >

< 俺 が 見つけ出し た 俺 の 答え 俺 の 理由 で 動 か なけ れ ば … >

< 雪ノ下 と 由比 ヶ 浜 二 人 を 会長 に さ せ たく なかった の は なぜ か >

< 動く 理由 を もらって まで 俺 が 動 い た 本当 の 理由 >

< ほしい もの が あった から >

( ノック )

どうぞ

( 結 衣 ) ヒッキー

どう し た の ? ノック なんか し て

無理 し て 来 なく て も いい と 言った じゃ ない

ちょっと 用 が あって な

座ったら ?

うん ?

どうか し た の ? 何 か いつも と 違 く ない ?

( 深呼吸 )

一 つ 依頼 が し たい

ヒッキー ちゃん と 話し て くれる ん だ

一色 の 言って た クリスマスイベント なん だ が

あれ が 想像 以上 に ヤバ く て

手伝って もらい たい ん だ が

けれど …\ N いや 言い たい こと は 分かる

俺 が 勝手 に やった こと だ し それ に 一色 の ため に なら ない と も 言った

ただ 一色 を 会長 に 推し た の は 俺 だ

千葉 村 の 小学生 覚え てる か ? あの 子 も 参加 し てる ん だ が

相変わらず で な ああ 留美 ちゃん だ っけ ?

だから 何とか し たい

俺 が 今 まで やって き た こと が 遠因 に なって る し

虫 の いい 話 して ん の は 分かって る

それ でも 頼み たい

あなた の せい

… と そういう わけ ね ?

ああ 否定 は でき ない

そう

あなた 一 人 の 責任 で そう なって いる なら

あなた 一 人 で 解決 する べき 問題 でしょ う

だ な

悪い 忘れ て くれ

待って そう じゃ ない よ

何で そういう こと に なる の ? おかしい よ

いや おかしく は ねえ よ

自分 の こと は 自分 で 当たり前 の こと な ん だ

そう ね 違う よ

二 人 が 言って る こと 全然 違う もん

あの ね ヒッキー 一 人 の 責任 じゃ ない ん だ よ

考え た の は ヒッキー だ し やった の も ヒッキー かも しん ない

でも 私 達 も そう だ よ 全部 押しつけ ちゃ った の

いや それ は 違う だ ろ

違わ ない ! こう なって る の って ヒッキー だけ が 悪い ん じゃ なく て

私 も そう だ し …

ゆき の ん の 言って る こと ちょっと ずるい と 思う

今 それ を 言う の ね

あなた も 卑怯 だ わ

待て そういう 話 が し たかった ん じゃ ねえ

ゆき の ん 言わ なかった じゃ ん

言って くれ なきゃ 分か ん ない こと だって ある よ

あなた だって 言わ なかった

ずっと 取り繕った 会話 ばかり し て い た

だから あなた が

あなた 達 が 望 ん で いる なら って そう …

言わ ない と 分から ない … か

でも 言わ れ て も 分か ん ねえ こと だって ある だ ろ ?

そんな こと …

言わ れ て も たぶん 俺 は それ に 納得 でき ない と 思う

何 か 裏 が ある ん じゃ な いか って

事情 が あって そう 言って る ん じゃ な いか って

勝手 に 考える かも しれ ない

でも その分 ちゃん と 話せ ば

ヒッキー と もっと 話せ ば 私 は …

そう じゃ ない ん だ

言った から 分かる って いう の は 傲慢 な ん だ よ

言った 本人 の 自己 満足

言わ れ た ヤツ の 思い上がり

色々 あって 話せ ば 必ず 理解 し 合え る って わけ じゃ ない

だから 言葉 が ほしい ん じゃ ない ん だ

だけど 言わ なかったら ずっと 分か ん ない まま だ よ

そう だ な

言わ なく て も 分かる って いう の は 幻想 だ

でも …

あ ッ

でも

俺 は …

俺 は

< 俺 は 言葉 が ほしい ん じゃ ない >

< 俺 が ほしかった もの は 確かに あった >

< それ は きっと 分かり 合い たい と か 仲良く し たい と か >

< 一緒 に い たい と か そういう こと じゃ ない >

< 俺 は 分かって もらい たい ん じゃ ない >

< 俺 は 分かり たい の だ >

< 分かり たい 知って い たい 知って 安心 し たい >

< 安らぎ を 得 て い たい 分から ない こと は ひどく 怖い こと だ から >

< 完全 に 理解 し たい だ なんて ひどく 独善 的 で 独裁 的 で >

< 傲慢 な 願い だ ホント に あさましく て おぞましい >

< そんな 願望 を 抱 い てる 自分 が 気持ち 悪く て 仕方 が ない >

< だけど もしも もしも お互い が そう 思える なら >

< その 醜い 自己 満足 を 押しつけ 合い >

< 許容 できる 関係 性 が 存在 する なら >

< そんな こと 絶対 に でき ない の は 知って いる >

< そんな もの に 手 が 届か ない の も 分かって いる >

< それ でも … >

それ でも 俺 は

俺 は

俺 は

本物 が ほしい

ヒッキー

私 に は

分から ない わ

あ …\ N ごめんなさい

ゆき の ん !

ヒッキー 行か なきゃ

いや でも …\ N 一緒 に 行く の

ゆき の ん 分か ん ない って 言って た

どうして いい かも 分か ん ない ん だ と 思う

私 だって 全然 分か ん ない

でも でも 分 かん ない で 終わら せ たら ダメ な ん だ よ

今 しか ない あんな ゆき の ん 初めて 見 た から

だから 今 行か なきゃ

あ ッ …

一 人 で 歩け る から いい

行く ぞ うん

( いろは ) あ … あの 声 かけよ う と 思った ん です けど

いろは ちゃん ごめん また あと で ね

先輩 今日 休み です から

それ を 言い に あと …\ N 分かった

話 最後 まで 聞い て ください よ

雪ノ下 先輩 なら 上 です 上

悪い 助かる

( 走って くる 足音 )

( ドア が 開く )

( 結 衣 の 荒い 呼吸 )

ゆき の ん

私 に は 分から ない

あなた の 言う 本物 って 一体 何 ?

それ は …

ゆき の ん 大丈夫 だ よ

何 が 大丈夫 な の ?

私 も 実は よく 分か ん なかった から

だから 話せ ば もっと 分かる ん だって 思う

でも たぶん それ でも 分 かん ない ん だ よ ね

それ で たぶん ずっと 分か ん ない まま で

だけど 何 か そういう の が 分かる って いう か

やっぱり よく 分か ん ない や

でも ね

私 さ

私 今 の まま じゃ ヤダ よ

なぜ あなた が 泣く の ?

やっぱり あなた って

卑怯 だ わ

( 泣き 続ける 二 人 )

比企 谷 君 ああ

あなた の 依頼 受ける わ

すま ん

私 も 手伝う

助かる

♪~

( 平塚 ) ビール が うまい 柄 に も なく いい 話し て しまった

さすが 私 いい 教師 だ な ~\ N いや いい 女 ?

いい 女 な のに 何 で 結婚 でき ない か な

すいません 鶏 わ さ ください ついでに 旦那 も ください

なん ちゃ って もう クリスマス か 気分 悪い 仕事 さえ なけ れ ば な

仕事 さえ なけ れ ば クリスマス 遊び に 行く ん だ けど な

すいません ハイボール ください …\ N 結婚 し たい



Want to learn a language?


Learn from this text and thousands like it on LingQ.

  • A vast library of audio lessons, all with matching text
  • Revolutionary learning tools
  • A global, interactive learning community.

在线学习语言 @ LingQ

《 ( 雪 乃 ) もう 無理 し て 来 なく て いい わ 》

( クラクション )

≪ ( 平塚 ) な ~ に 合同 イベント まで あと 1 週間 だ ろ ?

様子 を 見 に 行ったら もう 終わって た んで な

私 も 帰 ろ う と 思って い た ところ で 君 を 見つけ た ん だ

( 比企 谷 ) は あ

先生 こんな 車 で し た っけ ?

夏 休み の 時 と 違う よう な …

ああ あれ は レンタカー だ よ

私 の 愛車 は こいつ だ

比企 谷 うん ?

少し 寄り道 し て いい か ?

♪~

( 平塚 の 鼻歌 )

着 い た ぞ

うん ?

比企 谷 うん ?

… っと

何 か かっこいい っす ね

かっこ つけ てる から な

どう かね ? 調子 は 結構 ヤバ そう です

ふむ 何 が ヤバ い ?

何 が って 言わ れ て も 一概に は …

まあ 話し て み たまえ

は あ

じゃあ

問題 は 時間 です か ね

あと 1 週間 で この 現状 を 覆せ る 気 が し ない

玉 縄 と 一色 あいつ ら は 怖い ん です よ

自分 の せい で 失敗 する こと が

だから 責任 を 分散 さ せる ため に

人 の 意見 を 求め それ を 取り入れる

その 結果 が 停滞 し た この 現状 で

誰 が 一 番 上 で

誰 が 一 番 責任 を 負う の か を 決め なかった こと が

そもそも の 間違い だった

まあ そんな 感じ です か ね

よく 見て いる

君 は 人 の 心理 を 読み取る こと に は 長 け て いる な

そんな こと …\ N けれど

感情 は 理解 し て い ない

心理 と 感情 は 常に イコール じゃ ない

時 に 全く 不合理 に 見える 結論 を 出し て しまう の は その せい だ

だから 雪ノ下 も 由比 ヶ 浜 も 君 も

間違え た 答え を 出す

いや あいつ ら の こと は 今 関係なく ない です か

私 は 最初 から 彼女 達 の こと を 聞い た つもり だ

だが まあ 本質 は どちら も 同じ だ

問題 の 根っこ は 一 つ な ん だ よ

心 だ

けど それ って 考え て 分かる もん じゃ ない じゃ ない です か

分から ない か ?

なら もっと 考えろ

計算 しか でき ない なら 計算 し つくせ

全部 の 答え を 出し て 消去 法 で 一 つ ずつ 潰せ

残った もの が 君 の 答え だ

それ でも 分かる もん じゃ ない ん じゃ ない です か ね ?

なら 計算 が 間違って いる か 見落とし が ある ん だ ろ

また 計算 の やり 直し だ な

あんた ムチャクチャ だ バカ 者

感情 が 計算 できる なら とっくに 電 脳 化 さ れ てる

計算 でき ず に 残った 答え

それ が 人 の 気 持ち と いう もの だ よ

まあ そういう 私 も 計算 違い ばかり し て いる から

結婚 でき ない ん だ ろ う けど な

この 前 も 友達 の 結婚 式 が あって な …

いや そりゃ 相手 に 見る 目 が ない ん です よ

え ッ ?

< 俺 が あと 10 年 早く 生まれて い て >

< あと 10 年 早く 出会って い たら >

< たぶん 心底 ホレ て い た ん じゃ ない か と 思う >

< そんな 仮定 に 意味 は ない けれど >

何 だ 急に

まあ いい 礼 と いう の も なん だ が 特別 に ヒント を あげよ う

( せき払い )

考える 時 は 考える べき ポイント を 間違え ない こと だ

例えば 君 が 奉仕 部 と して で は なく

単独 で 一色 を 手伝って いる 理由

これ に つい て 考え て みよ う

これ は 奉仕 部 の ため あるいは 雪ノ下 の ため だ

見て い れ ば 分かる よ 選挙 の 一 件 の あと

雪ノ下 が 報告 に き た

あの 子 は 自分 の こと を 話し て は くれ ない が

様子 を 見 て もしかしたら と 思った

それ は 君 も 同じ か ?

ああ いや どう です か ね

もし 君 が 同じ 考え を 抱 い た と すれ ば

彼女 達 を 傷つけ ない ため に 遠ざける と いう 考え に 行き着く

… かも しれ ない な

例えば の 話 だ が

まあ そう です ね 例えば の 話 です けど

だが 考える べき は そこ じゃ ない

この 場合 なぜ 傷つけ たく ない か こそ を 考える べき な ん だ

そして その 答え は すぐに 出る

大切 な もの だ から 傷つけ たく ない

でも ね 比企 谷

傷つけ ない なんて こと は でき ない ん だ

人間 存在 する だけ で 無自覚 に 誰 か を 傷つける もの さ

生き て い て も 死 ん で い て も ずっと 傷つける

関われ ば 傷つける し 関わら ない よう に し て も

その こと が 傷つける かも しれ ない

けれど どう で も いい 相手 なら 傷つけ た こと に 気づか ない

必要 な の は 自覚 だ

大切 に 思う から こそ 傷つけ て しまった と 感じる ん だ

誰 か を 大切 に 思う と いう こと は

その 人 を 傷つける 覚悟 を する と いう こと だ よ

ヒント は ここ まで

お互い が お互い の こと を 思え ば こそ

手 に 入ら ない もの も ある

けれど それ は 悲しむ べき こと じゃ ない

たぶん 誇る べき こと な ん だ ろ う な

それ って キツ く ない です か ?

うん キツ い な

でも できる 私 が そう だった から な

だから って 他の ヤツ に も できる はず だっ つう の は

ちょっと 傲慢 です よ かわいく ない ヤツ め うん ?

そう だ な ~

正直 に 言 お う

たぶん 君 で なく て も ホント は いい ん だ

この先 いつか

雪ノ下 自身 が 変わる かも しれ ない

いつか 彼女 の こと を 理解 できる 人 が 現れる かも しれ ない

彼女 の 元 へ 踏み込 ん で いく 人 が いる かも しれ ない

それ は 由比 ヶ 浜 に も 言え る こと だ

いつか … です か ?

君 達 に とって は 今 この 時間 が 全て の よう に 感じる だ ろ う

だが 決して そんな こと は ない

どこ か で 帳尻 は 合わせ られる

世界 は そういう ふう に でき て いる

ただ 私 は それ が 君 だったら いい と 思う

君 と 由比 ヶ 浜 が 雪ノ下 に 踏み 込 ん で くれる こと を 願って いる

いや

そう 言わ れ て も ちょっと

この 時間 が 全て じゃ ない

でも 今 しか でき ない こと

ここ に しか ない もの も ある

今 だ よ 比企 谷

今 な ん だ

考え て もがき 苦しみ あ がい て 悩め

そう で なく て は 本物 じゃ ない

けど 苦し ん だ から 本物 って わけ じゃ ない でしょ ?

ホント に かわいく ない な 君 は

< 直近 で の 大きな 障害 と なって いる の は >

< 無論 クリスマス 合同 イベント だ >

< それ に 付随 し て 一色 いろは の 問題 が 出 て くる >

< ここ に 鶴見 留美 の 現状 も 絡 ん で くる >

< 三 つ の 問題 の 最適 解 は どこ に ある の か >

< 俺 一 人 で ひっくり返す こと は でき ない >

< 助け を 求める か ? なぜ すぐに 人 に 頼る ? >

< 人 と 人 と の つながり は きっと 麻薬 だ >

< 知らず知らず 依存 し て 生徒 会 選挙 の 時 の 俺 は >

< 理由 を 与え て もらって い た 小 町 の ため に >

< そう 建て前 を つけ て 動き出し た >

< いや そう で も し なけ れ ば 俺 は … >

< たぶん あの 時 の 俺 は 間違え た の だ そして 今 も >

< 俺 が 見つけ出し た 俺 の 答え 俺 の 理由 で 動 か なけ れ ば … >

< 雪ノ下 と 由比 ヶ 浜 二 人 を 会長 に さ せ たく なかった の は なぜ か >

< 動く 理由 を もらって まで 俺 が 動 い た 本当 の 理由 >

< ほしい もの が あった から >

( ノック )

どうぞ

( 結 衣 ) ヒッキー

どう し た の ? ノック なんか し て

無理 し て 来 なく て も いい と 言った じゃ ない

ちょっと 用 が あって な

座ったら ?

うん ?

どうか し た の ? 何 か いつも と 違 く ない ?

( 深呼吸 )

一 つ 依頼 が し たい

ヒッキー ちゃん と 話し て くれる ん だ

一色 の 言って た クリスマスイベント なん だ が

あれ が 想像 以上 に ヤバ く て

手伝って もらい たい ん だ が

けれど …\ N いや 言い たい こと は 分かる

俺 が 勝手 に やった こと だ し それ に 一色 の ため に なら ない と も 言った

ただ 一色 を 会長 に 推し た の は 俺 だ

千葉 村 の 小学生 覚え てる か ? あの 子 も 参加 し てる ん だ が

相変わらず で な ああ 留美 ちゃん だ っけ ?

だから 何とか し たい

俺 が 今 まで やって き た こと が 遠因 に なって る し

虫 の いい 話 して ん の は 分かって る

それ でも 頼み たい

あなた の せい

… と そういう わけ ね ?

ああ 否定 は でき ない

そう

あなた 一 人 の 責任 で そう なって いる なら

あなた 一 人 で 解決 する べき 問題 でしょ う

だ な

悪い 忘れ て くれ

待って そう じゃ ない よ

何で そういう こと に なる の ? おかしい よ

いや おかしく は ねえ よ

自分 の こと は 自分 で 当たり前 の こと な ん だ

そう ね 違う よ

二 人 が 言って る こと 全然 違う もん

あの ね ヒッキー 一 人 の 責任 じゃ ない ん だ よ

考え た の は ヒッキー だ し やった の も ヒッキー かも しん ない

でも 私 達 も そう だ よ 全部 押しつけ ちゃ った の

いや それ は 違う だ ろ

違わ ない ! こう なって る の って ヒッキー だけ が 悪い ん じゃ なく て

私 も そう だ し …

ゆき の ん の 言って る こと ちょっと ずるい と 思う

今 それ を 言う の ね

あなた も 卑怯 だ わ

待て そういう 話 が し たかった ん じゃ ねえ

ゆき の ん 言わ なかった じゃ ん

言って くれ なきゃ 分か ん ない こと だって ある よ

あなた だって 言わ なかった

ずっと 取り繕った 会話 ばかり し て い た

だから あなた が

あなた 達 が 望 ん で いる なら って そう …

言わ ない と 分から ない … か

でも 言わ れ て も 分か ん ねえ こと だって ある だ ろ ?

そんな こと …

言わ れ て も たぶん 俺 は それ に 納得 でき ない と 思う

何 か 裏 が ある ん じゃ な いか って

事情 が あって そう 言って る ん じゃ な いか って

勝手 に 考える かも しれ ない

でも その分 ちゃん と 話せ ば

ヒッキー と もっと 話せ ば 私 は …

そう じゃ ない ん だ

言った から 分かる って いう の は 傲慢 な ん だ よ

言った 本人 の 自己 満足

言わ れ た ヤツ の 思い上がり

色々 あって 話せ ば 必ず 理解 し 合え る って わけ じゃ ない

だから 言葉 が ほしい ん じゃ ない ん だ

だけど 言わ なかったら ずっと 分か ん ない まま だ よ

そう だ な

言わ なく て も 分かる って いう の は 幻想 だ

でも …

あ ッ

でも

俺 は …

俺 は

< 俺 は 言葉 が ほしい ん じゃ ない >

< 俺 が ほしかった もの は 確かに あった >

< それ は きっと 分かり 合い たい と か 仲良く し たい と か >

< 一緒 に い たい と か そういう こと じゃ ない >

< 俺 は 分かって もらい たい ん じゃ ない >

< 俺 は 分かり たい の だ >

< 分かり たい 知って い たい 知って 安心 し たい >

< 安らぎ を 得 て い たい 分から ない こと は ひどく 怖い こと だ から >

< 完全 に 理解 し たい だ なんて ひどく 独善 的 で 独裁 的 で >

< 傲慢 な 願い だ ホント に あさましく て おぞましい >

< そんな 願望 を 抱 い てる 自分 が 気持ち 悪く て 仕方 が ない >

< だけど もしも もしも お互い が そう 思える なら >

< その 醜い 自己 満足 を 押しつけ 合い >

< 許容 できる 関係 性 が 存在 する なら >

< そんな こと 絶対 に でき ない の は 知って いる >

< そんな もの に 手 が 届か ない の も 分かって いる >

< それ でも … >

それ でも 俺 は

俺 は

俺 は

本物 が ほしい

ヒッキー

私 に は

分から ない わ

あ …\ N ごめんなさい

ゆき の ん !

ヒッキー 行か なきゃ

いや でも …\ N 一緒 に 行く の

ゆき の ん 分か ん ない って 言って た

どうして いい かも 分か ん ない ん だ と 思う

私 だって 全然 分か ん ない

でも でも 分 かん ない で 終わら せ たら ダメ な ん だ よ

今 しか ない あんな ゆき の ん 初めて 見 た から

だから 今 行か なきゃ

あ ッ …

一 人 で 歩け る から いい

行く ぞ うん

( いろは ) あ … あの 声 かけよ う と 思った ん です けど

いろは ちゃん ごめん また あと で ね

先輩 今日 休み です から

それ を 言い に あと …\ N 分かった

話 最後 まで 聞い て ください よ

雪ノ下 先輩 なら 上 です 上

悪い 助かる

( 走って くる 足音 )

( ドア が 開く )

( 結 衣 の 荒い 呼吸 )

ゆき の ん

私 に は 分から ない

あなた の 言う 本物 って 一体 何 ?

それ は …

ゆき の ん 大丈夫 だ よ

何 が 大丈夫 な の ?

私 も 実は よく 分か ん なかった から

だから 話せ ば もっと 分かる ん だって 思う

でも たぶん それ でも 分 かん ない ん だ よ ね

それ で たぶん ずっと 分か ん ない まま で

だけど 何 か そういう の が 分かる って いう か

やっぱり よく 分か ん ない や

でも ね

私 さ

私 今 の まま じゃ ヤダ よ

なぜ あなた が 泣く の ?

やっぱり あなた って

卑怯 だ わ

( 泣き 続ける 二 人 )

比企 谷 君 ああ

あなた の 依頼 受ける わ

すま ん

私 も 手伝う

助かる

♪~

( 平塚 ) ビール が うまい 柄 に も なく いい 話し て しまった

さすが 私 いい 教師 だ な ~\ N いや いい 女 ?

いい 女 な のに 何 で 結婚 でき ない か な

すいません 鶏 わ さ ください ついでに 旦那 も ください

なん ちゃ って もう クリスマス か 気分 悪い 仕事 さえ なけ れ ば な

仕事 さえ なけ れ ば クリスマス 遊び に 行く ん だ けど な

すいません ハイボール ください …\ N 結婚 し たい


×

我们使用cookies帮助改善LingQ。通过浏览本网站,表示你同意我们的 cookie policy.