image

Gekkan Shoujo Nozaki-kun, Gekkan Shoujo Nozaki-kun Episode 8

最近 堀 ちゃん 先輩 が 冷たい ん だ けど …

何か し た っけ …

冷たい って どんな風 に だ よ

え ー と 前より 構って くれ なく なった し

部活 終わる と すぐ 帰っちゃう し

連絡 し て も なかなか 繋がら ない し …

それ は おまえ アピール 不足 って ヤツ だろ

もっと 押して 押しまくれ

どこか に 行き そう に なったら 全力 で 引き止め な

最近 鹿島 が マジ で うっとうしい

じゃ 今日 は ここ まで で

ハーイ

あれ 先輩 って 野崎 くん の マンガ 持ち歩い てる ん です か

背景 描く 時 に 資料 で 使う から な

カバン 落とし たり し たら 困り ませ ん か 先輩 の イメージ 的 に

手放す こと なんて そうそう ない から 大丈夫 だって

まぁ … そうです よ ね

堀 ちゃん 鹿島 くん が また 逃げ ちゃう

なに ー

鹿島 ー !

先輩 ー !

って てて …

飛ん で き た カバン から えらい もん が 出 て き まし た

なん だろ たまには 全く 違う ジャンル の もの を 読み たく なった とか

こう パラパ ラー っと 眺める くらい で …

読み込み 具合 ハンパ ねぇ …

… でも ホラ 先輩 の 物 と は …

だめ だ 逃げ場 が ない

鹿島 ー

て めぇ サボる ん じゃ ねぇ よ

思わず 私 も 買って しまった …

少女 マンガ か …

知ってる の

俺 も 持ってる ぜ

まさか の 男子 高校生 バイブル か

ちなみに 132 ページ の 右上 の 花 は リュウキンカ

花言葉 は 「 必ず 来る 幸福 」 だ ぜ …

暗記 する レベル で

どういう 話 なの …

平凡 な 女 が モテる 男 に 惚れ て 根性 で のし上がって いく ん だ

っ で そんな 女 に ヒーロー が いう わけ だ

他の 女 なんて 目 に 入ら ない おまえ が 俺 の 運命 の 相手 だった ん だ

これから は 俺 が おまえ を 守って やる よ 俺 だけ の シンデレラ

震え て いる ね 緊張 し てる

そんな 強がり 言う 君 も かわいい よ 僕 の バンビーノ

o ( *////^////* ) q

ちょろい ね ヒーロー

ちっ げ ー よ 普通 は 主人公 の マミコ に 感情移入 し て 読む もん だろ う が

応戦 し て くん な

じゃあ 先輩 も …

君 の こと が 心配 だった ん だ マミコ

かっこいい … 鈴木 くん …

つまり 主人公 と 同じように この 男 に 憧れる って わけ だ よ ね

そうだ よ

顔 が 良く て 頭 が 良く て 運動神経 抜群 の 優しい 男 で 間違いない

まぁ … そうだ な …

じゃ なんで 私 が 先輩 に モテ ない の 意味 が わから ない

そういう 所 が ダメ な ん じゃ ねぇ か

でも 本当 に 男 が 読ん で 何か 思う もの な の か これ

野崎

これ 知ってる

これ 読ん だ 感想 って どう

読ん だ 感想 ?

しまった トーン の 貼り忘れ が …

この 伏線 まだ 回収 し て ない な …

この シーン は なかなか 良く 出来 た ぞ …

恥ずかしさ と 後悔 に 押し潰さ れ そう に なり つつ も

たまに 己 の 成長 を 感じ

薄目 で 覗き ながら 結局 愛 は ある … み たい な

そんな 複雑 な 感情 が …

そしたら この時 に 王子 が 出 て くる から

そこで 照明 を 絞って 暗転 な

次 の シーン は 夜 に なる から 照明 に フィルター 掛けて

ヒーロー に 憧れる 以外 ? あと は ヒロイン に なり たい とか …

い やー それだけ は なさそう だ よな …

部長 読み合わせ 付き合って もらえ ます

いい ぞ

なんという 優しい お言葉

それで 貴方 の 手 が 許さ れる の なら

ああ なんて ステキ な 方 な の かしら

やっぱり 女の子 役 読ん で て も 別に 変わりない よ なぁ …

しかし あの 鹿島 が やる気 を 出す なんて …

今日 の 出会い は 胸 に 秘め て おき ます またい つかい らし て ね

すごく 嬉し そう だ …

鹿島 くー ん

今日は 何 やる の ー

私 お姫様 役 やり たー い

私 も ー

ね お姫様 役 は 誰 が やる の

いや まだ 決まって なく て

私 が やり たー い

私 は

おい 部外者 は 立ち入り禁止 だ ぞ

部外者 が 何 勝手 な こと 言って ん だ よ

俺 だって … ヒロイン が やり たかった ん だ ぜ …

部長 が 羨まし がっちゃう から ちょっと 離れ て … かわいそう …

て めぇ バカ に してん の か

全く 珍しく やる 気 出し た の か と 思え ば

て めぇ は いつも いつも …

先輩 …

先輩 は スカート だったら ロング と ミニ どっち が 好き です か

もしかして こいつ も 一応 女 だ から 男役 ばかり な の を 気 に してん の か

別に 舞台 で 穿け なく たって 制服 の スカート で 充分 だろ …

堀 ちゃん 鹿島 くん が 堀 ちゃん の 制服 着 て 帰っちゃっ た よ

代わり に 私 の スカート は い て いい です よ

何が 気に食わなかった ん だ よ あいつ は ー !

さて 次 の 配役 が 決まった わけ だ が …

何か 意見 が ある 奴 は いる か

ハイッ !

なっ … なん だ よ 鹿島 王子 役 は 不満 か

この 数日間 で 気づい て しまった 先輩 の 願い …

私 がちゃんと 叶え て あげ ます よ

堀 先輩 を お姫様 役 に 推薦 し ます

なんか 今日 は 一段 と スゲェ な …

そう まぁ ホワイト ボード って 意外と 飛ぶ よ ね びっくり し た

どうせ また 怒ら れ た ん だろ いい加減 学べ よ

い やー これ は ただ の 照れ隠し な ん だ って

先輩 の 本当 の 気持ち 私 だけ は わかって あげ てる つもり だ よ …

なんか 鹿島 に 嫌わ れ た らしい … すげ ー 嫌がらせ さ れ た …

一体 何が あった ん です か

先輩 に 似合う と 思って ! どうぞ ! 鹿島

今日 は スカート です !

靴 です !

小物 も どうぞ !

全部 合わせ て み たら よ めちゃくちゃ センス いい ん だ よ これ が

あいつ すごく ね ?

なんで ちょっと 好感度 上がってる ん です か

月刊 少女 野崎 君

月刊 少女 野崎 君

背景 を アシスタント さん に 頼む 場合 の 指定 方法 は 作家 さん に よって 色々 です

難しい な …

やっぱり 背景 描く の って 難しい ん です か

いや … この 指定 な ん だ けど よ 決めれ ば 早い ん だ が

学校 の どこか

適当 に

なんか いい 感じ に

これ は 教師 が いる から 職員室 か …

いや … でも 生徒 も いる から 廊下 という 可能性 も …

野崎 くん !

先輩 !

ていうか 推理 し て ない で 本人 に 聞い た 方 が 早い です よ

野崎 くー ん

ここ の 場面 か …

多分 教室 か 下駄箱 あたり が いい ん じゃ ない かな

でも 次の 場面 だ と 体育館 に いる な

まぁ どこ も 大きく 言え ば 学校内 だ から な …

大丈夫 だ それ で 進め て くれ

私 が 思う に ここ は 渡り廊下 で 向こう から 鈴木 くん が 来 て

で マミコ は 教室 から 出 て くる って 感じ ですか ね

そうだ な それ だ と 辻褄 が 合う な それ で いこ う

堀 先輩 すみません これ も …

今回 背景 が すごく 多い です

マジ か よ

大丈夫 です か

手伝い ましょ う か

いや … 大丈夫 だ どうにか する から

堀 先輩

あの …

二人 共 いい から 気にす ん な

そうだ ぞ こういう の は 上手い 人 に 任せよ う

苦手 な 俺達 が 頑張って も 意味 な いから な

おまえ は もう少し 頑張れ よ

野崎 くん そんなの で よく デビュー でき た ね

デビュー する まで どうして たん ですか

背景 描け ない の が バレ ない よう 工夫 する の が 大変 だった なぁ …

期待 賞 の 時

優秀賞 の 時

ドキドキ デビュー作

努力 の 方向 間違ってる !

まぁ 背景 は 百 歩 譲って このまま で いい さ

ほか に 何か ある ん です か

こっち を 見 て くれ

どう しよ う 鈴木 くん とと なり の 席 なんて … 右肩 が 熱い よう

別に おかしい ところ は ない です けど

そのまま 読ん で み な

は いっ

そんな … こんな 所 で …

も うっ からかわ ない で !

今度 は 二人 で 来よ う よ

鈴木 くん …

お前 ら 何回 席替え し て ん だ よ

お前 ら 何回 席替え し て ん だ よ

これ を ネタ 出し 段階 で 直す の が 面倒くさく て

でも そういう の は 担当 さん に 任せれ ば

何 言ってる ん だ 前野 さん が 気づく 訳ない だろ う

二人 揃って 本当 ダメ だ な

担当 さん です よ ね

でも 今 は 担当 は 剣 さん だ よ

宮前 さん なら ちゃんと 気付い て くれる ん じゃ ない かな

け … 剣 さん に そんな み っと も 無い ネーム を 見せろ と ! ?

見せ な よ !

いい 機会 だ から 野崎 も たまには 背景 描い て みろ

ここ 裏庭 な

それ っぽく 見えりゃ いい から 適当 に

先輩 適 当って なん ですか

やる からには きっちり やり ます よ プロ です から

そ … そう か

なんだかんだ で 真面目 な ヤツ だ な

でき まし た

ち ょ… 鈴木 浮い てる 浮い てる !

じゃ これ で

お前 ホント 適当 だ よな

ったく

この コマ 鈴木 低く ねぇ か

今 マミコ が 箱 に 乗って いる 設定 です

こっち は すげ ー 高い な

鈴木 が 箱 に 乗り まし た

これ は …

マミコ 以外 の クラスメイト 全員 箱 に 乗って ます

箱 箱 箱 って 常に 箱 携帯 し てる 高校生 が いる か

す … すみません ちゃんと 説明 加え て おき ます ね

そこ じゃ ねぇ よ !

佐倉 は 美術部 の 時 背景 どう し てる ん だ

静物画 とか

私 は 見 た まま 描い てる だけ だ し な 後 は …

そうだ

写真 に 撮って それ を 見 て 描く の は どう

なるほど それ なら 先輩 の 負担 が 減り そう だ な

じゃ 早速 撮りに行こ う

この シーン は どこ

えっと ここ は …

ちょっと 先輩 に 聞い て くる

という わけ です

なるほど 写真 な

それ なら 俺 が 撮って やる よ

じゃ 野崎 が 鈴木 で 佐倉 が マミコ の 代わり な

ちょっと 待って これ って ツー ショット ! ?

しかも マミコ の 代わり だ なんて …

佐倉 が 消え た

身長差 的 に は 俺 と 佐倉 の ほう が いい か

そうです ね お願い し ます

じゃ 俺 が カメラ を

こんな 感じ か

はい

あれ 配置 も 身長差 も 似 てる のに 何か 惜しい な

もう少し こう … 上 に …

そうだ あれ が あれ ば

また 箱 か よ ! ?

それ は 楽し そう だ ね

でしょ ー

今度 鹿島 君 も 行こ う よ

行こ う 行こ う

あれ

こうなったら もう 昔 の コミックス 見 て

似 た よう な 場面 を 探し出し た ほう が 早い かも な

えっと 廊下 の 背景 は …

先輩

また あの 少女漫画 だ

あんな 真剣 に 読ん でる

あった 野崎 これ を 見ろ

はい

野崎 に 見せ てん の ! ?

これ を よく み て 真似 すりゃ いい から

お前 なら できる

はい

お姫様 抱っこ の リクエスト ! ?

先輩 今日 お 泊り な ん です か

そんなに ぎりぎり な ん です か

まあ 念の為 に な 珍しい こと じゃ ねぇ よ

よく 泊まる ん です か

わりと よく

野崎 君 背景 を 描け る よう に なった よ

頼り に なる

ぜひ 泊まって いって くれ

仮眠 なら 俺 の 膝枕 で どう だ

私 背景 描け る よう に なり たい です 絶対 に !

その 必死 さ 野崎 に 分けて やって くれよ

僕ら は あの日 の こと を 知る 必要 が ある

いや 知ら なきゃ いけない と 思う ん だ

私 は 知り たく ない わ

彼 は この 村 が 嫌 に なって 出 て いった だけ よ

そう よ きっと そう だ わ

でも 僕 は 見 て しまった ん だ

満月 の あの日 村はずれ の 教会 に 大人達 が 集まって 穴 を 掘って いる の を …

ジョバンニ あの日 は 外 に 出 ちゃ ダメ だって

大人達 に きつく 言わ れ て い た じゃ ない の

今 は そういう 話 じゃ ない だろ

さ ぁ 続け て ジョバンニ

それ は とって も 大きな 穴 だった 大人 一人 が 余裕 で 入 …

悪い ちょっと 休憩 に しよ う か

部長 眠い なら 保健室 で 寝 て き て も いい です よ

いや 悪い 大丈夫 だ

ヤベ 昨日 野崎 の 家 泊まった から …

あれ 届か ない

それ 使って

だから 箱 に 乗る なっ つっ て ん だろ う か !

部長 !

鹿島 君 大丈夫

もう 堀 ちゃん 寝ぼけ ちゃって 何 やってん の

ダメ だ 寝 てる わ

保健室 運ぶ か

誰か 肩 貸し て

あの それ 私 が やって も いい ですか

鹿島 君

なんだかんだ 言って も 堀 ちゃん の こと 好き だ よ なぁ 鹿島 君

さ ぁ 先輩 私 が お姫様 抱っこ し て あげ ます よ

違う ひで ぇ 嫌がらせ だ

もう … 皆 分かって ない なー

やめ て あげて

堀 先輩 は 絶対 大喜び する のに

でも ご安心 を 王子 が ダメ なら 馬 に なり ます よ

先輩 に ぴったり の 優雅 で 高貴 な …

牛 ?

牛 ?

ヤッベ 馬 じゃ ない これ 牛 だ

ち ょ…

ロデオ ?

ロデオ だね

ロデオ だ よな

え … え ー と 運ん で もらって 悪かった な

誰 だ

嫌 だ な

私 です よ 先輩

あれ 先輩 ?

やっぱり 背景 全部 やって やる よ

その代わり 次 の 脚本 牛 に さ れ た 王子 の 話 描い て くれ

いい です けど

牛 ?

呪い 解ける シーン は 派手 に な

牛 …

前髪 を 切った の かい 今日 も 可愛い ね お姫様

鹿島 君

一人 な の そんな 寂しい 顔 し ない で お姫様

鹿島 君

鹿島 君 今日 は 新 らしく でき た カフェ 行か ない

私 パフェ 食べ たい

いや そうだ な じゃ 皆 で この 間 の クレープ 食べに行こ う よ

堀 先輩 も 最初 は 鹿島 君 の こと 一瞬 でも 男の子 って 思い まし た

そうだ な 初めて 会った 時 は …

お前 いい ヒーロー に なる ぜ

マジ です か

着替え は 更衣室 な

はい

お前 女 か よ ! ?

いや あの時 は びっくり し た の なんの って

待って 気付く タイミング おかしい

堀 先輩 は ドキドキ 足り て ます か

お前 は

俺 は わりと 何時も 〆切 で ドキドキ し て い ます

そっち か よ

あと 昨日 剣 さん に ネーム の ダメ だ しされ て ぞくぞく し まし た

なんで ぞくぞく な ん だ よ

次回 ドキドキ 足り てる ?

お楽しみ に



Want to learn a language?


Learn from this text and thousands like it on LingQ.

  • A vast library of audio lessons, all with matching text
  • Revolutionary learning tools
  • A global, interactive learning community.

Linguagem de Aprendizagem online @ LingQ

最近 堀 ちゃん 先輩 が 冷たい ん だ けど …

何か し た っけ …

冷たい って どんな風 に だ よ

え ー と 前より 構って くれ なく なった し

部活 終わる と すぐ 帰っちゃう し

連絡 し て も なかなか 繋がら ない し …

それ は おまえ アピール 不足 って ヤツ だろ

もっと 押して 押しまくれ

どこか に 行き そう に なったら 全力 で 引き止め な

最近 鹿島 が マジ で うっとうしい

じゃ 今日 は ここ まで で

ハーイ

あれ 先輩 って 野崎 くん の マンガ 持ち歩い てる ん です か

背景 描く 時 に 資料 で 使う から な

カバン 落とし たり し たら 困り ませ ん か 先輩 の イメージ 的 に

手放す こと なんて そうそう ない から 大丈夫 だって

まぁ … そうです よ ね

堀 ちゃん 鹿島 くん が また 逃げ ちゃう

なに ー

鹿島 ー !

先輩 ー !

って てて …

飛ん で き た カバン から えらい もん が 出 て き まし た

なん だろ たまには 全く 違う ジャンル の もの を 読み たく なった とか

こう パラパ ラー っと 眺める くらい で …

読み込み 具合 ハンパ ねぇ …

… でも ホラ 先輩 の 物 と は …

だめ だ 逃げ場 が ない

鹿島 ー

て めぇ サボる ん じゃ ねぇ よ

思わず 私 も 買って しまった …

少女 マンガ か …

知ってる の

俺 も 持ってる ぜ

まさか の 男子 高校生 バイブル か

ちなみに 132 ページ の 右上 の 花 は リュウキンカ

花言葉 は 「 必ず 来る 幸福 」 だ ぜ …

暗記 する レベル で

どういう 話 なの …

平凡 な 女 が モテる 男 に 惚れ て 根性 で のし上がって いく ん だ

っ で そんな 女 に ヒーロー が いう わけ だ

他の 女 なんて 目 に 入ら ない おまえ が 俺 の 運命 の 相手 だった ん だ

これから は 俺 が おまえ を 守って やる よ 俺 だけ の シンデレラ

震え て いる ね 緊張 し てる

そんな 強がり 言う 君 も かわいい よ 僕 の バンビーノ

o ( *////^////* ) q

ちょろい ね ヒーロー

ちっ げ ー よ 普通 は 主人公 の マミコ に 感情移入 し て 読む もん だろ う が

応戦 し て くん な

じゃあ 先輩 も …

君 の こと が 心配 だった ん だ マミコ

かっこいい … 鈴木 くん …

つまり 主人公 と 同じように この 男 に 憧れる って わけ だ よ ね

そうだ よ

顔 が 良く て 頭 が 良く て 運動神経 抜群 の 優しい 男 で 間違いない

まぁ … そうだ な …

じゃ なんで 私 が 先輩 に モテ ない の 意味 が わから ない

そういう 所 が ダメ な ん じゃ ねぇ か

でも 本当 に 男 が 読ん で 何か 思う もの な の か これ

野崎

これ 知ってる

これ 読ん だ 感想 って どう

読ん だ 感想 ?

しまった トーン の 貼り忘れ が …

この 伏線 まだ 回収 し て ない な …

この シーン は なかなか 良く 出来 た ぞ …

恥ずかしさ と 後悔 に 押し潰さ れ そう に なり つつ も

たまに 己 の 成長 を 感じ

薄目 で 覗き ながら 結局 愛 は ある … み たい な

そんな 複雑 な 感情 が …

そしたら この時 に 王子 が 出 て くる から

そこで 照明 を 絞って 暗転 な

次 の シーン は 夜 に なる から 照明 に フィルター 掛けて

ヒーロー に 憧れる 以外 ? あと は ヒロイン に なり たい とか …

い やー それだけ は なさそう だ よな …

部長 読み合わせ 付き合って もらえ ます

いい ぞ

なんという 優しい お言葉

それで 貴方 の 手 が 許さ れる の なら

ああ なんて ステキ な 方 な の かしら

やっぱり 女の子 役 読ん で て も 別に 変わりない よ なぁ …

しかし あの 鹿島 が やる気 を 出す なんて …

今日 の 出会い は 胸 に 秘め て おき ます またい つかい らし て ね

すごく 嬉し そう だ …

鹿島 くー ん

今日は 何 やる の ー

私 お姫様 役 やり たー い

私 も ー

ね お姫様 役 は 誰 が やる の

いや まだ 決まって なく て

私 が やり たー い

私 は

おい 部外者 は 立ち入り禁止 だ ぞ

部外者 が 何 勝手 な こと 言って ん だ よ

俺 だって … ヒロイン が やり たかった ん だ ぜ …

部長 が 羨まし がっちゃう から ちょっと 離れ て … かわいそう …

て めぇ バカ に してん の か

全く 珍しく やる 気 出し た の か と 思え ば

て めぇ は いつも いつも …

先輩 …

先輩 は スカート だったら ロング と ミニ どっち が 好き です か

もしかして こいつ も 一応 女 だ から 男役 ばかり な の を 気 に してん の か

別に 舞台 で 穿け なく たって 制服 の スカート で 充分 だろ …

堀 ちゃん 鹿島 くん が 堀 ちゃん の 制服 着 て 帰っちゃっ た よ

代わり に 私 の スカート は い て いい です よ

何が 気に食わなかった ん だ よ あいつ は ー !

さて 次 の 配役 が 決まった わけ だ が …

何か 意見 が ある 奴 は いる か

ハイッ !

なっ … なん だ よ 鹿島 王子 役 は 不満 か

この 数日間 で 気づい て しまった 先輩 の 願い …

私 がちゃんと 叶え て あげ ます よ

堀 先輩 を お姫様 役 に 推薦 し ます

なんか 今日 は 一段 と スゲェ な …

そう まぁ ホワイト ボード って 意外と 飛ぶ よ ね びっくり し た

どうせ また 怒ら れ た ん だろ いい加減 学べ よ

い やー これ は ただ の 照れ隠し な ん だ って

先輩 の 本当 の 気持ち 私 だけ は わかって あげ てる つもり だ よ …

なんか 鹿島 に 嫌わ れ た らしい … すげ ー 嫌がらせ さ れ た …

一体 何が あった ん です か

先輩 に 似合う と 思って ! どうぞ ! 鹿島

今日 は スカート です !

靴 です !

小物 も どうぞ !

全部 合わせ て み たら よ めちゃくちゃ センス いい ん だ よ これ が

あいつ すごく ね ?

なんで ちょっと 好感度 上がってる ん です か

月刊 少女 野崎 君

月刊 少女 野崎 君

背景 を アシスタント さん に 頼む 場合 の 指定 方法 は 作家 さん に よって 色々 です

難しい な …

やっぱり 背景 描く の って 難しい ん です か

いや … この 指定 な ん だ けど よ 決めれ ば 早い ん だ が

学校 の どこか

適当 に

なんか いい 感じ に

これ は 教師 が いる から 職員室 か …

いや … でも 生徒 も いる から 廊下 という 可能性 も …

野崎 くん !

先輩 !

ていうか 推理 し て ない で 本人 に 聞い た 方 が 早い です よ

野崎 くー ん

ここ の 場面 か …

多分 教室 か 下駄箱 あたり が いい ん じゃ ない かな

でも 次の 場面 だ と 体育館 に いる な

まぁ どこ も 大きく 言え ば 学校内 だ から な …

大丈夫 だ それ で 進め て くれ

私 が 思う に ここ は 渡り廊下 で 向こう から 鈴木 くん が 来 て

で マミコ は 教室 から 出 て くる って 感じ ですか ね

そうだ な それ だ と 辻褄 が 合う な それ で いこ う

堀 先輩 すみません これ も …

今回 背景 が すごく 多い です

マジ か よ

大丈夫 です か

手伝い ましょ う か

いや … 大丈夫 だ どうにか する から

堀 先輩

あの …

二人 共 いい から 気にす ん な

そうだ ぞ こういう の は 上手い 人 に 任せよ う

苦手 な 俺達 が 頑張って も 意味 な いから な

おまえ は もう少し 頑張れ よ

野崎 くん そんなの で よく デビュー でき た ね

デビュー する まで どうして たん ですか

背景 描け ない の が バレ ない よう 工夫 する の が 大変 だった なぁ …

期待 賞 の 時

優秀賞 の 時

ドキドキ デビュー作

努力 の 方向 間違ってる !

まぁ 背景 は 百 歩 譲って このまま で いい さ

ほか に 何か ある ん です か

こっち を 見 て くれ

どう しよ う 鈴木 くん とと なり の 席 なんて … 右肩 が 熱い よう

別に おかしい ところ は ない です けど

そのまま 読ん で み な

は いっ

そんな … こんな 所 で …

も うっ からかわ ない で !

今度 は 二人 で 来よ う よ

鈴木 くん …

お前 ら 何回 席替え し て ん だ よ

お前 ら 何回 席替え し て ん だ よ

これ を ネタ 出し 段階 で 直す の が 面倒くさく て

でも そういう の は 担当 さん に 任せれ ば

何 言ってる ん だ 前野 さん が 気づく 訳ない だろ う

二人 揃って 本当 ダメ だ な

担当 さん です よ ね

でも 今 は 担当 は 剣 さん だ よ

宮前 さん なら ちゃんと 気付い て くれる ん じゃ ない かな

け … 剣 さん に そんな み っと も 無い ネーム を 見せろ と ! ?

見せ な よ !

いい 機会 だ から 野崎 も たまには 背景 描い て みろ

ここ 裏庭 な

それ っぽく 見えりゃ いい から 適当 に

先輩 適 当って なん ですか

やる からには きっちり やり ます よ プロ です から

そ … そう か

なんだかんだ で 真面目 な ヤツ だ な

でき まし た

ち ょ… 鈴木 浮い てる 浮い てる !

じゃ これ で

お前 ホント 適当 だ よな

ったく

この コマ 鈴木 低く ねぇ か

今 マミコ が 箱 に 乗って いる 設定 です

こっち は すげ ー 高い な

鈴木 が 箱 に 乗り まし た

これ は …

マミコ 以外 の クラスメイト 全員 箱 に 乗って ます

箱 箱 箱 って 常に 箱 携帯 し てる 高校生 が いる か

す … すみません ちゃんと 説明 加え て おき ます ね

そこ じゃ ねぇ よ !

佐倉 は 美術部 の 時 背景 どう し てる ん だ

静物画 とか

私 は 見 た まま 描い てる だけ だ し な 後 は …

そうだ

写真 に 撮って それ を 見 て 描く の は どう

なるほど それ なら 先輩 の 負担 が 減り そう だ な

じゃ 早速 撮りに行こ う

この シーン は どこ

えっと ここ は …

ちょっと 先輩 に 聞い て くる

という わけ です

なるほど 写真 な

それ なら 俺 が 撮って やる よ

じゃ 野崎 が 鈴木 で 佐倉 が マミコ の 代わり な

ちょっと 待って これ って ツー ショット ! ?

しかも マミコ の 代わり だ なんて …

佐倉 が 消え た

身長差 的 に は 俺 と 佐倉 の ほう が いい か

そうです ね お願い し ます

じゃ 俺 が カメラ を

こんな 感じ か

はい

あれ 配置 も 身長差 も 似 てる のに 何か 惜しい な

もう少し こう … 上 に …

そうだ あれ が あれ ば

また 箱 か よ ! ?

それ は 楽し そう だ ね

でしょ ー

今度 鹿島 君 も 行こ う よ

行こ う 行こ う

あれ

こうなったら もう 昔 の コミックス 見 て

似 た よう な 場面 を 探し出し た ほう が 早い かも な

えっと 廊下 の 背景 は …

先輩

また あの 少女漫画 だ

あんな 真剣 に 読ん でる

あった 野崎 これ を 見ろ

はい

野崎 に 見せ てん の ! ?

これ を よく み て 真似 すりゃ いい から

お前 なら できる

はい

お姫様 抱っこ の リクエスト ! ?

先輩 今日 お 泊り な ん です か

そんなに ぎりぎり な ん です か

まあ 念の為 に な 珍しい こと じゃ ねぇ よ

よく 泊まる ん です か

わりと よく

野崎 君 背景 を 描け る よう に なった よ

頼り に なる

ぜひ 泊まって いって くれ

仮眠 なら 俺 の 膝枕 で どう だ

私 背景 描け る よう に なり たい です 絶対 に !

その 必死 さ 野崎 に 分けて やって くれよ

僕ら は あの日 の こと を 知る 必要 が ある

いや 知ら なきゃ いけない と 思う ん だ

私 は 知り たく ない わ

彼 は この 村 が 嫌 に なって 出 て いった だけ よ

そう よ きっと そう だ わ

でも 僕 は 見 て しまった ん だ

満月 の あの日 村はずれ の 教会 に 大人達 が 集まって 穴 を 掘って いる の を …

ジョバンニ あの日 は 外 に 出 ちゃ ダメ だって

大人達 に きつく 言わ れ て い た じゃ ない の

今 は そういう 話 じゃ ない だろ

さ ぁ 続け て ジョバンニ

それ は とって も 大きな 穴 だった 大人 一人 が 余裕 で 入 …

悪い ちょっと 休憩 に しよ う か

部長 眠い なら 保健室 で 寝 て き て も いい です よ

いや 悪い 大丈夫 だ

ヤベ 昨日 野崎 の 家 泊まった から …

あれ 届か ない

それ 使って

だから 箱 に 乗る なっ つっ て ん だろ う か !

部長 !

鹿島 君 大丈夫

もう 堀 ちゃん 寝ぼけ ちゃって 何 やってん の

ダメ だ 寝 てる わ

保健室 運ぶ か

誰か 肩 貸し て

あの それ 私 が やって も いい ですか

鹿島 君

なんだかんだ 言って も 堀 ちゃん の こと 好き だ よ なぁ 鹿島 君

さ ぁ 先輩 私 が お姫様 抱っこ し て あげ ます よ

違う ひで ぇ 嫌がらせ だ

もう … 皆 分かって ない なー

やめ て あげて

堀 先輩 は 絶対 大喜び する のに

でも ご安心 を 王子 が ダメ なら 馬 に なり ます よ

先輩 に ぴったり の 優雅 で 高貴 な …

牛 ?

牛 ?

ヤッベ 馬 じゃ ない これ 牛 だ

ち ょ…

ロデオ ?

ロデオ だね

ロデオ だ よな

え … え ー と 運ん で もらって 悪かった な

誰 だ

嫌 だ な

私 です よ 先輩

あれ 先輩 ?

やっぱり 背景 全部 やって やる よ

その代わり 次 の 脚本 牛 に さ れ た 王子 の 話 描い て くれ

いい です けど

牛 ?

呪い 解ける シーン は 派手 に な

牛 …

前髪 を 切った の かい 今日 も 可愛い ね お姫様

鹿島 君

一人 な の そんな 寂しい 顔 し ない で お姫様

鹿島 君

鹿島 君 今日 は 新 らしく でき た カフェ 行か ない

私 パフェ 食べ たい

いや そうだ な じゃ 皆 で この 間 の クレープ 食べに行こ う よ

堀 先輩 も 最初 は 鹿島 君 の こと 一瞬 でも 男の子 って 思い まし た

そうだ な 初めて 会った 時 は …

お前 いい ヒーロー に なる ぜ

マジ です か

着替え は 更衣室 な

はい

お前 女 か よ ! ?

いや あの時 は びっくり し た の なんの って

待って 気付く タイミング おかしい

堀 先輩 は ドキドキ 足り て ます か

お前 は

俺 は わりと 何時も 〆切 で ドキドキ し て い ます

そっち か よ

あと 昨日 剣 さん に ネーム の ダメ だ しされ て ぞくぞく し まし た

なんで ぞくぞく な ん だ よ

次回 ドキドキ 足り てる ?

お楽しみ に


×

Nós usamos cookies para ajudar a deixar o LingQ melhor. Ao visitar o site, você concorda com nossos política de cookies.