image

Gekkan Shoujo Nozaki-kun, Gekkan Shoujo Nozaki-kun Episode 6

野崎 くん の 家 の BGM は 持ち寄り 可 です

今日 は 野崎 くん に 差し入れ が ある ん だ

差し入れ ?

最近 疲れ てる みたい だ し

ヒーリング 効果 が あり そう な 音楽 を 持って き まし た

確かに きれい な 声 だ な …

ほんと 良 かったー さすが 声楽 部 の ローレライ

それ 結月 の 歌声 な ん だ よ

ローレライ

それ は 美しい 声 で 船人 を 誘惑 し 破滅 さ せる 魔女

よっしゃ ー 行く ぜ ー

パス

シュート

若松

野崎 先輩 お久しぶり です

シュート

だっ … 大丈夫 か 若松

はい …

先輩 は もう バスケ やらない ん です か

突き指 する の 怖い から やだ

堂々 と 情けない こと 言わ ん で 下さい

商売 道具 だ から な 右手

先輩 マンガ 描き始め て から 変わり まし た よ ね

中学 の 時 は スタメン で 活躍 し て て すごく 格好良かった のに

そう か 俺 は 今 の 自分 の 方 が イケてる と 思う ぞ

どの辺 が です か

ベタ フラッシュ が 描け る よう に なった

それ 格好いい の か …

残念 です 先輩 と バスケ し たら 気分 転換 に なる か と 思った ん です が …

どうか し た の か

先輩 知って ます さっき 暴れ て た 瀬尾 結月 って 人

女子 バスケ 部 の 助っ人 らしい ん です が

あの人 が 現れ て から と言う もの 俺ら 男子 バスケ 部 は 散々 な ん です

どんな 反則 も 恐れ ず すごい 勢い で 突進 し て くる ん で

もう みんな 怯え ちゃ って …

毎回 最終的 に は ボール から 逃げる の に 必死 な ん です

バスケ だ よな

その せい か ただでさえ 不眠症 なのに 増々 ひどく なっちゃっ て

若松 は 繊細 だ から なぁ

愚痴 だったら 聞く ぞ 溜め込む な よ

先輩 …

そうだ 寝 られ ない なら ウチ に 来 ない か

ゲーム とか 付き合って くれる ん です か

いや … どうせ 起き てる なら 消しゴム かけ 頼ん で いい

先輩 優しく する なら ちゃんと 最後 まで 優しく し て ください

まぁ いい です よ 手伝い ます

助かる

瀬尾 の 歌声 … 入れ っぱなし だった の か

すま ん 若松 今 の は 気 に し ない で くれ …

なぜか あの 声 を 聞い たら 一気に 眠く なって しまい まし て

すいません その 曲 俺 に 下さい ませ ん か

どう しよ う 若松 の 為 に は 渡し た 方 が いいの か

だが これ は 瀬尾 の 声 だ し 黙って いる の は …

マンガ の お手伝い し ます から

どうぞ

今回 は サブ キャラ 同士 の 話 なん だね

あんた なんか 大嫌い !

そう

がんばって

… と言い つつ も 電話 の 相手 は 嫌い な 男の子 な の かぁ …

いつ 正体 が バレ ちゃう の か ドキドキ だ ね

それ は 俺 が 全力 で 阻止 する

阻止 する の ! ?

野崎 先輩

若松 か 妙に 元気 そう だ な

はい ずっと ストレス で 眠れ なかった ん です けど

先輩 から もらった ローレライ さん の 歌声 の おかげ で 最近 ぐっすり です

先輩 ありがとう ござい ます

なぜか 瀬尾 の 歌声 を 聞く と 眠 れる みたい な ん だ よな

すごい ね じゃ 結月 の 声 が お薬 に なってる って こと

そうだ な

瀬尾 が 来 た ぞ ー っ !

散れ 散れ !

あいつ 顔面 狙って くん ぞ !

若松 が 倒れ たー っ !

まぁ ストレス の 原因 も あいつ な ん だ が

最近 やたら と 俺 ばっかり 攻撃 さ れ てる 気が し ます

ちゃんと 怒った 方 が いい ぞ

はい 目 が 合った 時 に は ちゃんと 睨ん で ます

小さい な

でも 睨みつける だけ じゃ 失礼 な の で 一応 挨拶 も し て ます

こんにちは

台無し だ

しかも 最近 で は 姿 を 見かけ たら 飛ん で って ます

こんにちは

こんにちは ー !

それ なつい てる よう に しか 見え ない ぞ

そんな 俺 のし て い た こと は 無意味 だった ん です か …

まぁ 若松 は 女 に ケンカ 売る タイプ じゃ ない もん な

かくなる 上 は

先輩 先輩 の 本 貸し て ください 俺 勉強 し ます

俺 の ?

手袋 ? 手袋 投げつける って まさか … !

決闘 を 申し込む わ !

よ しっ

待て 一体 何 を 理解 し た

いい か マンガ を 参考 に する の は いい が

使える 所 と 使え ない 所 を ちゃんと 見極めろ よ

ハイ わかり まし た

おはよう 結月

果たし状 の 書き方 が わから なかった ので マンガ を 参考 に し て み まし た

それ ラブ レター じゃ ない か

まさか 俺 の 呼び出し だ と は 思わ なかった でしょ う 瀬尾 先輩

マジ で 驚い た ぜ

お前 丸文字 書く ん だ な …

ずっと 言お う 言お う と 思って い た の です が

俺 の 言い たい こと さすがに わかり ます よ ね

そりゃ わかる って

私 を 呼び出し て 言い たい こと なんて 1 つ しか ない だろ …

つまり …

そろそろ あだ名 で よん で くれ って こと だ な

全然 違う !

何 言ってる ん です か ! バスケ です よ ! バスケ 部 !

いつも 楽しく ぶつかり合ってる よな

バスケ は そんな スポーツ じゃ ない だろ

ぶつかって くん の は アンタ だけ だ よ !

女子部 の 助っ人 だ か なんだか 知り ませ ん けど

いい加減 こっち は 迷惑 し てる ん です

もう 来 ない で 下さい !

まずい … いくら 瀬尾 先輩 相手 でも さすがに 言い過ぎ た !

あ … あの … 俺 …

若松 だ から 「 若 」 って 呼ぶ の は どう だ

あんた 少し は 話 聞け よ

なん だ よ 若

早速 か よ

大体 なんで 俺 ばっかり いびって くる ん です か いつも いつも いつも !

そうだ っけ

そうです よ 俺 ばっかり ボール ぶつけ て くる し

なぜか 休憩 時間 まで 絡ま れる し パシ ら さ れる し

俺 だけ 荷物 持ち させ られる し

そのまま ファミレス まで 連れ てかれ てる し ご飯 奢ら れる し !

俺 に だけ おみやげ 買って き て くれる し !

おまえ 気に入ら れ て ない か

野崎 先輩 だ …

そういえ ば 俺 は 少女漫画 で 勉強 し た ん だった

女の人 が ダメージ を 受ける 言葉 は 確か …

ほんと お前 面倒くせえ な A 子 は そんなこと 言わ なかった ぜ

他の 女の子 と …っ 比べ ない でよ … !

これ だ ー !

先輩 は ひどい です

声楽 部 の ローレライ さん だったら そんなこと やり ませ ん よ

ローレライ … ?

知ら ない ん です か ものすごく キレイ な 歌声 の 人 です よ

会った こと は あり ませ ん けど … 毎日 聞い て いる 俺 に は わかり ます

あんな 声 で 歌え る 人 なんて

思いやり に 溢れ て 誰 も 傷つけ ない

心の中 が 澄み切った 優しく て 純粋 な 人 しか い ませ ん

瀬尾 先輩 と 違って あの人 は 癒し系 です

優しく 疲れ を 溶かし て くれる よう な 清らか な 歌声 …

もう あの 声 なし じゃ 眠れ ませ ん

え ー と … 眠れ ない って いう の は 俺 に とって 死活問題 な の で …

つまりは そう あの人 な しで は 俺 は 生き て いけ ない

あの人 は 俺 の 女神 さま です !

若 …

は … ハイッ

もう 一回 頼む

アンコール ! ?

どうして だろ う

喧嘩 売りに来 た はず なのに 相手 に も し て もらえ ない なんて

もう … 出来る 事 と言ったら … !

手袋

投げる の か この タイミング で 決闘 を 申し込む の か

どうぞ

手渡す の か よ !

先輩 俺 どう すれ ば よかった ん です か ね

少女漫画 読ま なきゃ よかった ん じゃ ない か

まぁ 文句 言う 為 に 呼び出し た って だけ は 分って もらえ たん じゃ ない かな

多分

そうです よ ね 俺 頑張り まし た

で さ 呼び出さ れ て いろいろ 言わ れ た ん だ けど さ

全部 プレゼント 渡す ため の 照れ隠し だった らしい

シャイ ボーイ

そういい や 男 から の プレゼント なんて 初めて かも

大切 に し た ほう が いい よ

あっ 虫 だ

月刊 少女 野崎 君

月刊 少女 野崎 君

SOS ? !

学校 を 休ん だ 野崎 君 から メール が 来 まし た

これ は 所謂 看病 イベント

お薬 持って き た よ 野崎 君

佐倉 助かる … お前 が い て くれ て よかった

なんて ね さすが の 私 も 学ん だ よ

野崎 君 〆切 大丈夫

差し入れ に 墨 …

私 の 馬鹿 何で 素直 に 受け取ら なかった の

普通 なら 薬 とか プリン とか 持って くる はず なのに ー

野崎 先輩 メール 見 て 来 た ん です けど

野崎 メール 見 て 来 た ぞ

すまない 間違え て メール 送って しまった

すみません 先輩

いや それ より 大丈夫 か よ

私達 に 何か 出来る 事 ある

実は 明日 〆切 な ん だ が

医者 に は ちゃんと 寝 て いる よう に 言わ れ て しまって な

だから 俺 の 変わり に 寝 て い て くれ 頼む !

そっち ? !

ごめんなさい 俺 不眠症 な の で 寝 られ ませ ん

そっち ? !

いや 止めろ よ

原稿 やらなきゃ

野崎 君 こんな 状態 じゃ 無理 だ よ ふらふら じゃ ない

佐倉 俺 は プロ だ ぞ

大丈夫 だ 体 が 覚え て いる

目 を 閉じ て も 右手 が 勝手 に 動き出す ん だ

すごい これ が プロ

野崎 君 素直 に 寝 て

じゃ 改めて

背景 担当 の 堀 3 年 だ

ベタ 担当 の 佐倉 です 2 年 です

バスケ 部 1 年 の 若松 です 消しゴム かけ やって ます

って 言って も 俺 全然 役 に 立て ない と 思い ます けど

いや 練習 すれ ば 大丈夫 だ よ フォロー する よ

誰 でも 初め は 初心者 だ から な フォロー する ぜ

で 残ってる 作業 って

や べー 初めて 見る ぞ これ

や べー 初めて 見る ぞ これ

とりあえず 張って みる か

確か この シール みたい な の を 貼って 切り取れ ば いい ん です よ ね

あの お茶 淹れ て 来 ましょ う か

ありがとう

私 美術部 だ けど カッター って あんまり 使った こと ない ん だ よな

はみ出る

先輩 出来 てる じゃ ない ですか すごい

俺 さ 部活 で は 力仕事 担当 な ん だ よ

それ が 何か

紙 ごと ! ?

悪い

どうぞ

俺 先輩方 の 邪魔 し ない よう 頑張り ます

そ … そこ まで すごい もの じゃ ない から

文化部 なんて 上下 関係 ねぇ し な

先輩 トーン 無理 って 言い出せ ない 空気 な ん です けど

しょうが ねぇ 文化部 な 上 先輩 だ から な

俺ら の 意地 見せ て やろ う ぜ

はい

あの

俺 も トーン 張って み た ん です けど どう でしょうか

文化部 に も 上下 関係 ある に 決まって ん だろ う 1 年 坊主

トーン 張り は 1 年生 の 仕事 だ よ 若松 君

はい 頑張り ます

まぁ 服 とか の 基本 トーン は なんとか なった かな

はい

問題 は 効果 トーン だ な

セリフ とか 書い て あり ませ ん から ね

って わけ で 野崎 こいつ の 気持ち って なん な ん だ

そこ は …

そこ は 鈴木 の こと が 好き な の に 素直 に なれ ず

つい 酷い こと を 言って しまい

落ち込み つつ も 他の 女 の 行動 が 気になり

やっぱり 鈴木 を 信じ て いい ん だろ う か と 迷って いる 中 女 と …

どう でし た

とりあえず こいつ が 面倒 くせ ー 女 な の は 分かった

しょうが ねぇ な 台詞 想像 してやる しか ねぇ か

まずは ヒロイン だ けど 自分 の 周り の 女 でも モデル に 考えりゃ いける か

周り の 女 …

周り の 女 …

チェイス

えっと こういう 顔 する 時 って どんな 気持ち かって こと だ けど

「 そういえ ば 腹 減った な 」

「 そういえ ば 腹 減った な 」

マジ か よ

あいつら 付き合ってん の

やべえ … 今 くしゃみ 出そ う …

ぶっ ぱな せ ー !

決まった ぜ !

台詞 は 大体 こんな 感じ ですか ね

それじゃ 登場 シーン は これ で

こっち じゃ ない の

お前 ら の 周り ろくな 女 い ねぇ な

じゃ 先輩 は 鈴木 くん の トーン を 選ん で ください

鈴木 って やたら と モテる イケメン だった か

はい

イケメン か

じゃ これ で

ここ は

これ で

じゃ こっち は

全部 これ で

一 種類 ですか 場面 に よって 変え ない と

鹿島 だったら どんな 場面 でも 光る ぜ

本当 親バカ だ な この人

よし 大体 でき た な

やったー

やったー

野崎 君 お粥 持って き た けど

寝 ちゃってる か

千代 …

ち ょ… え … 寝言 で 何で 私 の 名前

ち …

ち ?

ち …

ちっ ちよ こ さゆり みどり なつみ

決め た 新 キャラ の 名前 は はるみ に しよ う !

もう 野崎 君 寝 て て

熱 も 下がった し 昨日 は つい 弱音 を 吐い て しまった が …

どうにか 今日中 に トーン を 終わらせ ない と な

そんな … 鈴木 くん が …

好き だ よ マミコ

鈴木 くん …

私 マミコ よろしく ね

鈴木 くん が … あんなに 落ち込ん で …

〆切 延ばし て もらお う

若松 ローレライ の 新曲 だ

ありがとう ござい ます

そういえ ば この 音源 どうやって 手 に 入れ てる ん です か

プライド と 交換 で 手 に 入れ てる

もしかして これ ものすごく 危険 な 裏 ルート で 手 に 入れ てる もの な ん じゃ

ほら よ

せ … 瀬尾 の 新曲 ください

気に入った の

結月 の 声 綺麗 だ よ ね 野崎 君

瀬尾 先輩 話 が ある ん です

綽名 「 若 」 が 嫌 なら 「 松 」 でも いい ぞ

そう じゃ なく て

じゃ 間 と って 「 カマ 」 に する か

それ は 絶対 嫌 です

次回 漫画家 の 王 野崎 君

見 たい やつ だけ 見せ て やる

何で 上 から なん ですか

皆さん 宜しく お願い し ます



Want to learn a language?


Learn from this text and thousands like it on LingQ.

  • A vast library of audio lessons, all with matching text
  • Revolutionary learning tools
  • A global, interactive learning community.

Linguagem de Aprendizagem online @ LingQ

野崎 くん の 家 の BGM は 持ち寄り 可 です

今日 は 野崎 くん に 差し入れ が ある ん だ

差し入れ ?

最近 疲れ てる みたい だ し

ヒーリング 効果 が あり そう な 音楽 を 持って き まし た

確かに きれい な 声 だ な …

ほんと 良 かったー さすが 声楽 部 の ローレライ

それ 結月 の 歌声 な ん だ よ

ローレライ

それ は 美しい 声 で 船人 を 誘惑 し 破滅 さ せる 魔女

よっしゃ ー 行く ぜ ー

パス

シュート

若松

野崎 先輩 お久しぶり です

シュート

だっ … 大丈夫 か 若松

はい …

先輩 は もう バスケ やらない ん です か

突き指 する の 怖い から やだ

堂々 と 情けない こと 言わ ん で 下さい

商売 道具 だ から な 右手

先輩 マンガ 描き始め て から 変わり まし た よ ね

中学 の 時 は スタメン で 活躍 し て て すごく 格好良かった のに

そう か 俺 は 今 の 自分 の 方 が イケてる と 思う ぞ

どの辺 が です か

ベタ フラッシュ が 描け る よう に なった

それ 格好いい の か …

残念 です 先輩 と バスケ し たら 気分 転換 に なる か と 思った ん です が …

どうか し た の か

先輩 知って ます さっき 暴れ て た 瀬尾 結月 って 人

女子 バスケ 部 の 助っ人 らしい ん です が

あの人 が 現れ て から と言う もの 俺ら 男子 バスケ 部 は 散々 な ん です

どんな 反則 も 恐れ ず すごい 勢い で 突進 し て くる ん で

もう みんな 怯え ちゃ って …

毎回 最終的 に は ボール から 逃げる の に 必死 な ん です

バスケ だ よな

その せい か ただでさえ 不眠症 なのに 増々 ひどく なっちゃっ て

若松 は 繊細 だ から なぁ

愚痴 だったら 聞く ぞ 溜め込む な よ

先輩 …

そうだ 寝 られ ない なら ウチ に 来 ない か

ゲーム とか 付き合って くれる ん です か

いや … どうせ 起き てる なら 消しゴム かけ 頼ん で いい

先輩 優しく する なら ちゃんと 最後 まで 優しく し て ください

まぁ いい です よ 手伝い ます

助かる

瀬尾 の 歌声 … 入れ っぱなし だった の か

すま ん 若松 今 の は 気 に し ない で くれ …

なぜか あの 声 を 聞い たら 一気に 眠く なって しまい まし て

すいません その 曲 俺 に 下さい ませ ん か

どう しよ う 若松 の 為 に は 渡し た 方 が いいの か

だが これ は 瀬尾 の 声 だ し 黙って いる の は …

マンガ の お手伝い し ます から

どうぞ

今回 は サブ キャラ 同士 の 話 なん だね

あんた なんか 大嫌い !

そう

がんばって

… と言い つつ も 電話 の 相手 は 嫌い な 男の子 な の かぁ …

いつ 正体 が バレ ちゃう の か ドキドキ だ ね

それ は 俺 が 全力 で 阻止 する

阻止 する の ! ?

野崎 先輩

若松 か 妙に 元気 そう だ な

はい ずっと ストレス で 眠れ なかった ん です けど

先輩 から もらった ローレライ さん の 歌声 の おかげ で 最近 ぐっすり です

先輩 ありがとう ござい ます

なぜか 瀬尾 の 歌声 を 聞く と 眠 れる みたい な ん だ よな

すごい ね じゃ 結月 の 声 が お薬 に なってる って こと

そうだ な

瀬尾 が 来 た ぞ ー っ !

散れ 散れ !

あいつ 顔面 狙って くん ぞ !

若松 が 倒れ たー っ !

まぁ ストレス の 原因 も あいつ な ん だ が

最近 やたら と 俺 ばっかり 攻撃 さ れ てる 気が し ます

ちゃんと 怒った 方 が いい ぞ

はい 目 が 合った 時 に は ちゃんと 睨ん で ます

小さい な

でも 睨みつける だけ じゃ 失礼 な の で 一応 挨拶 も し て ます

こんにちは

台無し だ

しかも 最近 で は 姿 を 見かけ たら 飛ん で って ます

こんにちは

こんにちは ー !

それ なつい てる よう に しか 見え ない ぞ

そんな 俺 のし て い た こと は 無意味 だった ん です か …

まぁ 若松 は 女 に ケンカ 売る タイプ じゃ ない もん な

かくなる 上 は

先輩 先輩 の 本 貸し て ください 俺 勉強 し ます

俺 の ?

手袋 ? 手袋 投げつける って まさか … !

決闘 を 申し込む わ !

よ しっ

待て 一体 何 を 理解 し た

いい か マンガ を 参考 に する の は いい が

使える 所 と 使え ない 所 を ちゃんと 見極めろ よ

ハイ わかり まし た

おはよう 結月

果たし状 の 書き方 が わから なかった ので マンガ を 参考 に し て み まし た

それ ラブ レター じゃ ない か

まさか 俺 の 呼び出し だ と は 思わ なかった でしょ う 瀬尾 先輩

マジ で 驚い た ぜ

お前 丸文字 書く ん だ な …

ずっと 言お う 言お う と 思って い た の です が

俺 の 言い たい こと さすがに わかり ます よ ね

そりゃ わかる って

私 を 呼び出し て 言い たい こと なんて 1 つ しか ない だろ …

つまり …

そろそろ あだ名 で よん で くれ って こと だ な

全然 違う !

何 言ってる ん です か ! バスケ です よ ! バスケ 部 !

いつも 楽しく ぶつかり合ってる よな

バスケ は そんな スポーツ じゃ ない だろ

ぶつかって くん の は アンタ だけ だ よ !

女子部 の 助っ人 だ か なんだか 知り ませ ん けど

いい加減 こっち は 迷惑 し てる ん です

もう 来 ない で 下さい !

まずい … いくら 瀬尾 先輩 相手 でも さすがに 言い過ぎ た !

あ … あの … 俺 …

若松 だ から 「 若 」 って 呼ぶ の は どう だ

あんた 少し は 話 聞け よ

なん だ よ 若

早速 か よ

大体 なんで 俺 ばっかり いびって くる ん です か いつも いつも いつも !

そうだ っけ

そうです よ 俺 ばっかり ボール ぶつけ て くる し

なぜか 休憩 時間 まで 絡ま れる し パシ ら さ れる し

俺 だけ 荷物 持ち させ られる し

そのまま ファミレス まで 連れ てかれ てる し ご飯 奢ら れる し !

俺 に だけ おみやげ 買って き て くれる し !

おまえ 気に入ら れ て ない か

野崎 先輩 だ …

そういえ ば 俺 は 少女漫画 で 勉強 し た ん だった

女の人 が ダメージ を 受ける 言葉 は 確か …

ほんと お前 面倒くせえ な A 子 は そんなこと 言わ なかった ぜ

他の 女の子 と …っ 比べ ない でよ … !

これ だ ー !

先輩 は ひどい です

声楽 部 の ローレライ さん だったら そんなこと やり ませ ん よ

ローレライ … ?

知ら ない ん です か ものすごく キレイ な 歌声 の 人 です よ

会った こと は あり ませ ん けど … 毎日 聞い て いる 俺 に は わかり ます

あんな 声 で 歌え る 人 なんて

思いやり に 溢れ て 誰 も 傷つけ ない

心の中 が 澄み切った 優しく て 純粋 な 人 しか い ませ ん

瀬尾 先輩 と 違って あの人 は 癒し系 です

優しく 疲れ を 溶かし て くれる よう な 清らか な 歌声 …

もう あの 声 なし じゃ 眠れ ませ ん

え ー と … 眠れ ない って いう の は 俺 に とって 死活問題 な の で …

つまりは そう あの人 な しで は 俺 は 生き て いけ ない

あの人 は 俺 の 女神 さま です !

若 …

は … ハイッ

もう 一回 頼む

アンコール ! ?

どうして だろ う

喧嘩 売りに来 た はず なのに 相手 に も し て もらえ ない なんて

もう … 出来る 事 と言ったら … !

手袋

投げる の か この タイミング で 決闘 を 申し込む の か

どうぞ

手渡す の か よ !

先輩 俺 どう すれ ば よかった ん です か ね

少女漫画 読ま なきゃ よかった ん じゃ ない か

まぁ 文句 言う 為 に 呼び出し た って だけ は 分って もらえ たん じゃ ない かな

多分

そうです よ ね 俺 頑張り まし た

で さ 呼び出さ れ て いろいろ 言わ れ た ん だ けど さ

全部 プレゼント 渡す ため の 照れ隠し だった らしい

シャイ ボーイ

そういい や 男 から の プレゼント なんて 初めて かも

大切 に し た ほう が いい よ

あっ 虫 だ

月刊 少女 野崎 君

月刊 少女 野崎 君

SOS ? !

学校 を 休ん だ 野崎 君 から メール が 来 まし た

これ は 所謂 看病 イベント

お薬 持って き た よ 野崎 君

佐倉 助かる … お前 が い て くれ て よかった

なんて ね さすが の 私 も 学ん だ よ

野崎 君 〆切 大丈夫

差し入れ に 墨 …

私 の 馬鹿 何で 素直 に 受け取ら なかった の

普通 なら 薬 とか プリン とか 持って くる はず なのに ー

野崎 先輩 メール 見 て 来 た ん です けど

野崎 メール 見 て 来 た ぞ

すまない 間違え て メール 送って しまった

すみません 先輩

いや それ より 大丈夫 か よ

私達 に 何か 出来る 事 ある

実は 明日 〆切 な ん だ が

医者 に は ちゃんと 寝 て いる よう に 言わ れ て しまって な

だから 俺 の 変わり に 寝 て い て くれ 頼む !

そっち ? !

ごめんなさい 俺 不眠症 な の で 寝 られ ませ ん

そっち ? !

いや 止めろ よ

原稿 やらなきゃ

野崎 君 こんな 状態 じゃ 無理 だ よ ふらふら じゃ ない

佐倉 俺 は プロ だ ぞ

大丈夫 だ 体 が 覚え て いる

目 を 閉じ て も 右手 が 勝手 に 動き出す ん だ

すごい これ が プロ

野崎 君 素直 に 寝 て

じゃ 改めて

背景 担当 の 堀 3 年 だ

ベタ 担当 の 佐倉 です 2 年 です

バスケ 部 1 年 の 若松 です 消しゴム かけ やって ます

って 言って も 俺 全然 役 に 立て ない と 思い ます けど

いや 練習 すれ ば 大丈夫 だ よ フォロー する よ

誰 でも 初め は 初心者 だ から な フォロー する ぜ

で 残ってる 作業 って

や べー 初めて 見る ぞ これ

や べー 初めて 見る ぞ これ

とりあえず 張って みる か

確か この シール みたい な の を 貼って 切り取れ ば いい ん です よ ね

あの お茶 淹れ て 来 ましょ う か

ありがとう

私 美術部 だ けど カッター って あんまり 使った こと ない ん だ よな

はみ出る

先輩 出来 てる じゃ ない ですか すごい

俺 さ 部活 で は 力仕事 担当 な ん だ よ

それ が 何か

紙 ごと ! ?

悪い

どうぞ

俺 先輩方 の 邪魔 し ない よう 頑張り ます

そ … そこ まで すごい もの じゃ ない から

文化部 なんて 上下 関係 ねぇ し な

先輩 トーン 無理 って 言い出せ ない 空気 な ん です けど

しょうが ねぇ 文化部 な 上 先輩 だ から な

俺ら の 意地 見せ て やろ う ぜ

はい

あの

俺 も トーン 張って み た ん です けど どう でしょうか

文化部 に も 上下 関係 ある に 決まって ん だろ う 1 年 坊主

トーン 張り は 1 年生 の 仕事 だ よ 若松 君

はい 頑張り ます

まぁ 服 とか の 基本 トーン は なんとか なった かな

はい

問題 は 効果 トーン だ な

セリフ とか 書い て あり ませ ん から ね

って わけ で 野崎 こいつ の 気持ち って なん な ん だ

そこ は …

そこ は 鈴木 の こと が 好き な の に 素直 に なれ ず

つい 酷い こと を 言って しまい

落ち込み つつ も 他の 女 の 行動 が 気になり

やっぱり 鈴木 を 信じ て いい ん だろ う か と 迷って いる 中 女 と …

どう でし た

とりあえず こいつ が 面倒 くせ ー 女 な の は 分かった

しょうが ねぇ な 台詞 想像 してやる しか ねぇ か

まずは ヒロイン だ けど 自分 の 周り の 女 でも モデル に 考えりゃ いける か

周り の 女 …

周り の 女 …

チェイス

えっと こういう 顔 する 時 って どんな 気持ち かって こと だ けど

「 そういえ ば 腹 減った な 」

「 そういえ ば 腹 減った な 」

マジ か よ

あいつら 付き合ってん の

やべえ … 今 くしゃみ 出そ う …

ぶっ ぱな せ ー !

決まった ぜ !

台詞 は 大体 こんな 感じ ですか ね

それじゃ 登場 シーン は これ で

こっち じゃ ない の

お前 ら の 周り ろくな 女 い ねぇ な

じゃ 先輩 は 鈴木 くん の トーン を 選ん で ください

鈴木 って やたら と モテる イケメン だった か

はい

イケメン か

じゃ これ で

ここ は

これ で

じゃ こっち は

全部 これ で

一 種類 ですか 場面 に よって 変え ない と

鹿島 だったら どんな 場面 でも 光る ぜ

本当 親バカ だ な この人

よし 大体 でき た な

やったー

やったー

野崎 君 お粥 持って き た けど

寝 ちゃってる か

千代 …

ち ょ… え … 寝言 で 何で 私 の 名前

ち …

ち ?

ち …

ちっ ちよ こ さゆり みどり なつみ

決め た 新 キャラ の 名前 は はるみ に しよ う !

もう 野崎 君 寝 て て

熱 も 下がった し 昨日 は つい 弱音 を 吐い て しまった が …

どうにか 今日中 に トーン を 終わらせ ない と な

そんな … 鈴木 くん が …

好き だ よ マミコ

鈴木 くん …

私 マミコ よろしく ね

鈴木 くん が … あんなに 落ち込ん で …

〆切 延ばし て もらお う

若松 ローレライ の 新曲 だ

ありがとう ござい ます

そういえ ば この 音源 どうやって 手 に 入れ てる ん です か

プライド と 交換 で 手 に 入れ てる

もしかして これ ものすごく 危険 な 裏 ルート で 手 に 入れ てる もの な ん じゃ

ほら よ

せ … 瀬尾 の 新曲 ください

気に入った の

結月 の 声 綺麗 だ よ ね 野崎 君

瀬尾 先輩 話 が ある ん です

綽名 「 若 」 が 嫌 なら 「 松 」 でも いい ぞ

そう じゃ なく て

じゃ 間 と って 「 カマ 」 に する か

それ は 絶対 嫌 です

次回 漫画家 の 王 野崎 君

見 たい やつ だけ 見せ て やる

何で 上 から なん ですか

皆さん 宜しく お願い し ます


×

Nós usamos cookies para ajudar a deixar o LingQ melhor. Ao visitar o site, você concorda com nossos política de cookies.