image

Gekkan Shoujo Nozaki-kun, Gekkan Shoujo Nozaki-kun Episode 4

野崎 今日 泊まって いい か

あぁ いい ぞ

いい なぁ お 泊り … 楽し そう だ ね

いつも どんなこと する の

そうだ な … 相談 に 乗って もらったり する ぜ

主に 女 の 話 で な

なるほど 俺 に 恋愛 相談 か

お前 なら 少女漫画 も 描い てる し 女 の ことに は 詳し そう だ から な

そうだ な 自慢 じゃ ない が 俺 は 「 女心 の 代弁者 」 と まで 言わ れ た 男 だ

大船 に 乗った つもり で なんでも 聞い て くれ

頼もしい ぜ 野崎

じゃ 早速 だ が

ちょっと ! 今日 一緒 に 帰る 約束 し た でしょ ! ?

私 と だよ ね 御子柴 くん

どっち と 帰る 気 ! ?

野崎 俺 は どっち と 帰る べき な ん だ ! ?

明日香 かな … なんか 怒ってる し

3 年前 現実 の 女 と 上手く 話せ なかった 俺 は

とりあえず 勉強 し て みる ことに し た

オール ラウンダー

これ だ

だが 女 という もの は 実に 奥深かった

今日 も 一緒 に 帰って い いよ ね ?

ツンデレ と 思 いきゃ ヤンデレ か よ ! ?

こんな プレゼント いら ない !

なん だ よ おまえ 先週 は その プレゼント やったら 喜ん で た じゃ ねぇ か

この 一週間 に 何が あった ん だ よ !

ごめん ね … その日 は 用事 が あって …

嘘 つけよ おまえ 暇 だろ う こっち は 予定 知って ん だ ぞ !

ねぇ 来週 の 火曜日 な ん だ けど … 遊ば ない ?

て めぇ それ 先週 俺 が 誘った 日 じゃ ねぇ か

何 同じ日 指定 し て ん だ 意味 が わかん ねぇ

俺 を 弄ぶ の も いい加減 に し とけ よ !

俺 は 諦め ず に 挑戦 し続け た

私 と … 付き合って くれる ?

いい とも ー !

そして 2 次元 から 3 次元 へ …

どんどん 遠ざかって ない か それ

しかし …

そんなに 面白い の か これ

分かって ねぇ な

タイプ の 違う 女 を 次々 攻略 し て いく 達成感 ったら ねぇ よ

野崎 も やって みろ よ ハマる ぞ !

めんどくさ そう …

たまには 付き合え よ おまえ も 今 仕事 終わって 暇 だろ う

いや 俺 は 別に …

一回 リセット な

ガールズ プリンセス 3

主人公 の 名前 を 入力 し て 下さい

ほら プレイヤー つまり おまえ だ

なんでも いい から 好き な 名前 入れ とけ よ

好き … じゃあ …

こいつ 自分 の マンガ の ヒーロー の 名前 を

おまえ 本当 自分 の 作品 大好き だ な

あだ名 を 入力 し て 下さい

いや … 本当 は 嫌い な の か ! ?

なるほど こうして 鈴木 の 3 年間 が 始まる わけ だ な

はじめまして ! 鈴木 君 !

よし とりあえず 質問 は 三択 だ から

何か 聞か れ たら いい 感じ の 答え を 選ん で いけ よ

わかった

キャー 落ちる ー !

ねぇ … サボっちゃお う か ?

おい ! 何 してん だ よ 野崎 どう 考え て もち げ ぇ だろ !

… き は …

鈴木 は マミコ 以外 に は ふらつか ない !

おまえ な ん で その 名前 に し た ん だ よ

今すぐ 変えろ やり直せ !

でも 名前 考える の 苦手 で

おまえ の 職業 マンガ家 だろ う !

付けろ よ キャラ の 名前 付ける 感じ で よー !

仕事 と プライベート は 分け たい と 思ってる

わかった もう 野崎 梅太郎 に しろ

はじめまして 野崎 くん

それ と 最初 は 一人 に 絞って 攻略 し た 方 が 楽 だ ぞ

どの子 に する ?

じゃあ …

これ に する

こいつ … どことなく 佐倉 に 似 て ない か

野崎 … もしかして …

この シナリオ が 一番 いい って ネット に 書い て あった

ネタバレ 読む な よ !

どう し た の ? 何か あったら 言ってよ

これ は 少女 マンガ で は お 決まり の パターン だ な

ごめん 愚痴っちゃっ て …

こんな 顔 初めて … !

自分 だけ に 見せる 弱さ に ヒロイン は ときめく はず

答え は 「 愚痴る 」 だ !

野崎 君 って けっこう 小さい 人 な ん だ ね …

なぜ だ ! ? この 女 の 気持ち が 全く 追え ない !

意味 が わから ない !

とりあえず 女 目線 で ギャルゲー やる の やめろ よ

大体 弱 いとこ 見 た って 女 は ガッカリ する だけ だろ

佐倉 に でも 聞い て みろ よ

ほら

いや 何も 電話 し なく て も …

あれ みこ りん ?

もしもし

… 佐倉

のっ 野崎 くん ! ?

夜遅く に すま ん な … その …

自分 の 考え に 自信 が なくなった ん だ が …

いや … やっぱり 忘れ て くれ …

野崎 くん …

野崎 くん が 弱ってる … ? ! ( き ゅ ー ん っ )

おはよう 野崎 くん

それにしても おまえ どうして 友人 を 活用 し ねぇ ん だ

好感度 やら 情報 やら 教え て くれる ぞ

なんでも 聞け よな !

こんな 出会 って すぐ 友達 面 する 奴 信用 でき ない だろ

これ は トラップ だ

俺 は 知って いる

こうやって 近づい て き た 友人 は

実は 影 で 主人公 を いじめる ボス で

とことん 追い詰め 絶望 さ せる

そして この セリフ

本当 は 初めて 会った 時 から 大 っ 嫌い だった の よ !

ゲーム 変わっちまう だろ 恋愛 どころ じゃ ねぇ よ

いい から 安心 し て 友人 使えよ … ほれ

そこ まで 言う なら …

俺 の 情報 特別 に 見せ て やる よ

今のところ 好感度 は こんなもん だ な

映画 の チケット やる よ !

なぜ 友田 は ここ まで 献身的 な ん だ お前 に 一体 何 の 得 が …

もう そこ は どうでも いい だろ

いや … 待て ! そう か …

さては 主人公 に 気 が ある ん だ な ! なんという アピール !

だから ゲーム 変わっちまう だろ ! 何でもかんでも 恋愛 に つなげ ん な !

なんでも 聞け よな !

おまえ が 友田 連呼 する から 俺 も 気になってき ちまった じゃ ねぇ か

すま ん 真面目 に がんばる よ

とりあえず ゴール 目指す

いい 天気 だね 野崎 君

ようよう お二人 さん 仲良く 登校 か ?

いや だ 友田 君 そんな ん じゃ …

俺 が 上手く ごまかし とく から 行ってき な !

あと は まかせ とけ ! さ ぁ

あきらめ ん な よ ! 好き な ん だろ !

男 なら 行け ! バカヤロ

卒業 おめでとう ! 3 年 なんて あっという間 だった な …

俺 お前 に 会え て よかった ぜ !

友田 ー っ !

友田 ー っ !

おまえ … こんな 主人公 の ため に 3 年間 も … !

おまえ も 青春 しろ よ ば かっ

こうなったら 俺 が おまえ の 物語 を 描い て やる !

幸せ に してやろ う ぜ ! 俺達 の 友田 を !

よし じゃあ まずは 恋 の 相手 から 決めよ う

どれ が いい 俺 は この 大人し そう な お嬢様 タイプ とか お すすめ な ん だ けど

待て 御子柴 友田 の 幸せ を 考えろ

友田 なら どの子 を 選ぶ か それ が 重要 だ

わり い 俺 友田 の 気持ち に なって なかった ぜ

きっと 友田 も 許し て くれる さ

では 改めて 考える ぞ

友田 に とって の 特別 な 存在

例えば 四六時中 そば に い た 人間

休日 を 一緒 に 過ごす よう な

友田 が 青春 3 年間 を 捧げ て も おかしく なく て

並々ならぬ 愛情 を 注い で い た の は …

主人公 じゃ ねぇ か !

主人公 じゃ ねぇ か !

今日 は お休み だ から 早く 来すぎ ちゃった かな

あれ

野崎 くん 佐倉 で ー す

あれ 留守 かな

野崎 くん ?

どう し た の 二人 と も !

徹夜 し た …

徹夜 って 一体 昨日 何が …

12 人 の 美少女 より も お前 が 好き な ん だ ! 友田 !

そんな … !

俺 は 見守ってる だけ で … 良かった のに …

友田 …

マジ で 何が あった の ! ?

だから もう 俺 レベル に なったら

大勢 の 女ども を 同時に 楽しま せる こと も できる って もん だ ぜ

でも それ って ゲーム の 中 で でしょ う

みこ りん って 普段 は 女の子 と 一緒 に 話し たり しな いよ ね

遠く から 声 かける だけ で …

何 言って ん だ て めぇ

佐倉 お前 は 俺 の プライド を 痛く 傷つけ た

見 て な 魅惑 の トーク 術 披露 してやる ぜ

すごい ね

すごい だろ う これ 最新 の 靴下 な ん だ ぜ きれい だろ う

楽しい

楽しい ありがとう

面白い ね

俺 面白い ? ありがとう

プライド どう し た

月刊 少女 野崎 君 何でも 聞け よな !

月刊 少女 野崎 君

御子柴 ー

な … 何だ ?

頼む 週末 合コン 付き合って くん ねぇ

何で 俺 が …

頼む よ こういう の 得意 だろ う

一人 足り なく なった ん だ よ 御子柴 いる と 頼もしい し さ

よっ 色男

イケメン !

俺達 を 助ける と 思って

そんなこと 言って いいの か

俺 が 行ったら その場 の 女 全員 が 俺 の 虜 に なっちまう の に

後で 後悔 し て も 遅い ぜ

やった 助かった

やっぱり 頼り に なる ぜ

おまえ が 入れ ば 百人力 だ ぜ

なんで 俺 あんなこと 言っちまっ た ん だろ …

合コン なんて 行った こと ねぇ よ

まぁ 決まった もの は しょうがない し 予行 練習 でも し て おく か

野崎 お前 頼り に なる な

よし 始める か

じゃ

どうも 野崎 といい ます 初めまして

初めまして 御子柴 って いい ます

御子柴 さん は … ずっと 女子校 で ?

そう な ん です よ 周り いつも 女の子 ばかり で こういう の 緊張 する っていうか

でも 今日 は 「 勇気 振りしぼっちゃう ぞ 」 み たい な

なんで 俺 が 女役 な ん だ よ

いや もし 女 の 欠員 が 出 た 場合 必要 に …

なん ねぇ よ

じゃ 俺 が 女役 を する わけ だ が ちょっと キャラ 作って くる

さすが プロ の 漫画家

こんな 練習 に も 本気 で 臨む って わけ か

野崎 梅子 だ ぴょん

今日 は イケメン 食い に き た ぴょん

好物 は にんじん だ ぴょん

キャラ 付け 雑 すぎ ねぇ ?

こんにちは

って 何事 ! ?

佐倉 か ちょうど いい お前 も 俺 の 仲間 に 入って くれ

仲間 ? いや その前 に 二人 と も 何 やってる の

見 て の 通り だ が

見 て の … 通り ?

不気味 な バニー に お酌 さ れる みこ りん

でも こんな 光景 見 た こと ある よう な …

お会計 は 全部 で 30 万円 に なり ます

やばい 店 じゃ ねぇ から なぁ

何だ 合コン の 練習 だった の か びっくり し た

だが 佐倉 が 来 て くれ て 助かった

やはり 実際 の 女 に は 敵わ ない から な

これ は もしや 野崎 君 の 前 で 女子 力 アピール する チャンス で は !

まずは サラダ かな

嫌い な もの は ない か

飲み物 は どう する

何か つまみ でも 作ろ う か

梅子 女子 力 高 ぇ

じゃ 改めて 自己紹介 から

初めまして 御子柴 実 琴 です

佐倉 トイレ に 行く ぞ

第 一 印象 は どう かしら なんか あの 御子柴 って 子 赤かった わ ね

そ … そうだ ね

や … 休み の 日 は 音楽 を 聴い たり ゲーム やったり し て ます

インドア だ わ あの子 インドア だ わ ゲーム です って

野崎 君 いちいち トイレ で 品定め し なく て いい から

っていうか 自己紹介 に 何分 かけ てる ん だ よ 全然 進ま ねぇ だろ う

そう だった 悪い な

では 俺達 女 サイド も 軽く 自己 アピール し て おく か

私 野崎 梅子 17 歳

男 なら 誰 でも いい 気分 で 来 まし た

今日 は 一人 か 二 人 持ち帰る 予定 です

なんで そんな ガツガツ し て ん だ よ 梅子 !

ほら 佐倉 手本 見せ て やれ よ

佐倉 千代 16 歳 です

好み の タイプ は 身長 190 センチ 黒髪 短髪 鋭い 目つき

同い年 で ちょっと ぼんやり し てる けど 男前

それ 以外 の 人 に は 正直 興味 あり ませ ん

今すぐ 帰れ 合コン 来 ん な !

もう いい よ お前 ら に 頼った 僕 が バカ だった よ

まぁ まぁ 俺 は 漫画 に 描い た くらい 合コン の ことに は 詳しい ぞ

じゃあ オレ この子 !

二人 で 抜け出そ う ぜ ー

どう しよ う … 怖く て 振りほどけ ない …

何 やってん だ よ アンタ は

いて て て て てっ

嫌 なら 断れ よな この バカ 女 !

つまり 合コン は 強引 に 連れ出す か 連れ出さ れる か

掻っ攫う か し て おけ ば 間違いない

お前 絶対 合コン 行った こと ねぇ だろ う

つまり みこ りん は 合コン を そつなく こなし て 帰り たい って こと

女の子 と 仲良く なら ず に ?

なるべく 二人 組み とか に は なり たく ねぇ

でも … こう 座ったら 絶対 二人 組み に なっちゃう よう な …

そこ を 何とか 回避 でき ねぇ の か よ

じゃ 一人 飛び出し て 座ろ う 学級 委員長 っぽく

なんか これ 不自然 じゃ ねぇ ?

そんなこと ない よ

ケーキ 置け ば ほら

とっても 自然

誕生日 会 じゃ ねぇ から なぁ !

じゃ 私達 相手 に し て 女の子 と 二人 で 話す 練習 し て みよ う よ

よし 女の子 を 退屈 さ せる な よ 御子柴

さ … 最近 どこか 行った

家 から 出 て ない

休日 は 何 し てる

休日 は ない

いつも 見 てる ドラマ は

ネット ラジオ 派 だ

最近 …

ねぇ 聞い て みこ りん

野崎 君 が この 前 デザート 作って くれ た ん だ けど すごく 美味しく て ね

それで …

で ね 野崎 君 が その時 何 って 言った と 思う

いや …

野崎 君 がね こういう デザート は 冷す 時 が 肝心 だって …

お前 ら 合コン に はぜ って ぇ 行く な よ 迷惑 だ から

さて フリー トーク も 終わった し 行く ぞ 佐倉

また トイレ ?

黙って 聞い てりゃ いい加減 に しろ よ お前 ら

み … みこ りん ごめん

ふざけ ん な よ

俺 だけ 俺 一人 だけ 仲間 はずれ じゃ ねぇ か

俺 も 混ぜろ よ !

それで そこ の ケーキ が 超 美味しかった の よ

あら まぁ 今度 食べに行こ う かしら

ねぇ その 話 ここ でし なきゃ だめ ?

結局 ただ の 女子 会 に なった

御子柴 遅い なぁ

まさか 帰った とか ない よな

やっ ほ ー

御子柴 の 代理 で 来 まし た

鹿島

お前 一度 断った じゃ ねぇ か いいの

いや 御子柴 に どうして もって 頼ま れ ちゃって さ

もしかして あいつ 合コン 苦手 だった の かな

だ と し たら 無理 言っちゃ って 悪い こと し た なぁ

あいつ も 言って くれれ ば いい のに

いや 「 女 だらけ なら 混 ざれる 自信 ある ぜ 」 って 言って た けど

ハーレム 状態 で しか 満足 でき ねぇ って こと か よ !

まぁ でも 鹿島 が 来 て くれ て よかった ぜ

本当 ?

お前 女 だ し 実質 男 3 人 女 5 人 だ もん な

ライバル 減って 嬉しい ぜ

嫌 だ この アイス 美味しい

―― この チョコ 食べ た ? ―― 食べ た 美味しい ね

―― これ も 食べ て ―― 甘 ~ い

ねね 鹿島 君 も これ 食べ て

こら こら 喧嘩 し ない で お姫様 達

君達 の 笑顔 が 見 られれ ば お 腹いっぱい だ よ

私 は なんて 幸せ者 な ん だ

嫌 だ もう … 鹿島 君 ったら

もっと言っ て

結局 合コン は 鹿島 の 一人勝ち だった らしい

お邪魔 し ます

今日 ちょっと 綺麗 だ ね

昨日 掃除 し た から なぁ

それ は … あれ ですか

「 明日 君 が 来る と 思ったら 落ち着か なく て … 」

的 な … !

はい 野崎

今 から こっち くる ! ?

ちょっと 待って ください

いや 今 ここ 人 通せ る 状態 じゃ ない んで 本当 ぐちゃぐちゃ な ん で

はい はい じゃ 一 時間後 に

誰 が 来る の

俺 の 担当 さん だ

じゃ そんなに 必死 に 片付け なく て も …

それ って 彼女 が 来 た 時 の 反応 だ よ

いや 彼女 だったら こんなに 焦ら ない と 思う

彼女 以上 … だと !

みこ りん って 子羊 ちゃん って よく 言ってる 気が する けど 羊 好き な の

バカ 決め ゼリフ は 山 の よう に 持ってる ぜ

俺 の ボキャブラリー な めん じゃ ねぇ ぞ

次回 恋 を 思い描く 男子

また 会お う なぁ 全国 の 子羊 ちゃん 達

o ( *////^////* ) q



Want to learn a language?


Learn from this text and thousands like it on LingQ.

  • A vast library of audio lessons, all with matching text
  • Revolutionary learning tools
  • A global, interactive learning community.

Linguagem de Aprendizagem online @ LingQ

野崎 今日 泊まって いい か

あぁ いい ぞ

いい なぁ お 泊り … 楽し そう だ ね

いつも どんなこと する の

そうだ な … 相談 に 乗って もらったり する ぜ

主に 女 の 話 で な

なるほど 俺 に 恋愛 相談 か

お前 なら 少女漫画 も 描い てる し 女 の ことに は 詳し そう だ から な

そうだ な 自慢 じゃ ない が 俺 は 「 女心 の 代弁者 」 と まで 言わ れ た 男 だ

大船 に 乗った つもり で なんでも 聞い て くれ

頼もしい ぜ 野崎

じゃ 早速 だ が

ちょっと ! 今日 一緒 に 帰る 約束 し た でしょ ! ?

私 と だよ ね 御子柴 くん

どっち と 帰る 気 ! ?

野崎 俺 は どっち と 帰る べき な ん だ ! ?

明日香 かな … なんか 怒ってる し

3 年前 現実 の 女 と 上手く 話せ なかった 俺 は

とりあえず 勉強 し て みる ことに し た

オール ラウンダー

これ だ

だが 女 という もの は 実に 奥深かった

今日 も 一緒 に 帰って い いよ ね ?

ツンデレ と 思 いきゃ ヤンデレ か よ ! ?

こんな プレゼント いら ない !

なん だ よ おまえ 先週 は その プレゼント やったら 喜ん で た じゃ ねぇ か

この 一週間 に 何が あった ん だ よ !

ごめん ね … その日 は 用事 が あって …

嘘 つけよ おまえ 暇 だろ う こっち は 予定 知って ん だ ぞ !

ねぇ 来週 の 火曜日 な ん だ けど … 遊ば ない ?

て めぇ それ 先週 俺 が 誘った 日 じゃ ねぇ か

何 同じ日 指定 し て ん だ 意味 が わかん ねぇ

俺 を 弄ぶ の も いい加減 に し とけ よ !

俺 は 諦め ず に 挑戦 し続け た

私 と … 付き合って くれる ?

いい とも ー !

そして 2 次元 から 3 次元 へ …

どんどん 遠ざかって ない か それ

しかし …

そんなに 面白い の か これ

分かって ねぇ な

タイプ の 違う 女 を 次々 攻略 し て いく 達成感 ったら ねぇ よ

野崎 も やって みろ よ ハマる ぞ !

めんどくさ そう …

たまには 付き合え よ おまえ も 今 仕事 終わって 暇 だろ う

いや 俺 は 別に …

一回 リセット な

ガールズ プリンセス 3

主人公 の 名前 を 入力 し て 下さい

ほら プレイヤー つまり おまえ だ

なんでも いい から 好き な 名前 入れ とけ よ

好き … じゃあ …

こいつ 自分 の マンガ の ヒーロー の 名前 を

おまえ 本当 自分 の 作品 大好き だ な

あだ名 を 入力 し て 下さい

いや … 本当 は 嫌い な の か ! ?

なるほど こうして 鈴木 の 3 年間 が 始まる わけ だ な

はじめまして ! 鈴木 君 !

よし とりあえず 質問 は 三択 だ から

何か 聞か れ たら いい 感じ の 答え を 選ん で いけ よ

わかった

キャー 落ちる ー !

ねぇ … サボっちゃお う か ?

おい ! 何 してん だ よ 野崎 どう 考え て もち げ ぇ だろ !

… き は …

鈴木 は マミコ 以外 に は ふらつか ない !

おまえ な ん で その 名前 に し た ん だ よ

今すぐ 変えろ やり直せ !

でも 名前 考える の 苦手 で

おまえ の 職業 マンガ家 だろ う !

付けろ よ キャラ の 名前 付ける 感じ で よー !

仕事 と プライベート は 分け たい と 思ってる

わかった もう 野崎 梅太郎 に しろ

はじめまして 野崎 くん

それ と 最初 は 一人 に 絞って 攻略 し た 方 が 楽 だ ぞ

どの子 に する ?

じゃあ …

これ に する

こいつ … どことなく 佐倉 に 似 て ない か

野崎 … もしかして …

この シナリオ が 一番 いい って ネット に 書い て あった

ネタバレ 読む な よ !

どう し た の ? 何か あったら 言ってよ

これ は 少女 マンガ で は お 決まり の パターン だ な

ごめん 愚痴っちゃっ て …

こんな 顔 初めて … !

自分 だけ に 見せる 弱さ に ヒロイン は ときめく はず

答え は 「 愚痴る 」 だ !

野崎 君 って けっこう 小さい 人 な ん だ ね …

なぜ だ ! ? この 女 の 気持ち が 全く 追え ない !

意味 が わから ない !

とりあえず 女 目線 で ギャルゲー やる の やめろ よ

大体 弱 いとこ 見 た って 女 は ガッカリ する だけ だろ

佐倉 に でも 聞い て みろ よ

ほら

いや 何も 電話 し なく て も …

あれ みこ りん ?

もしもし

… 佐倉

のっ 野崎 くん ! ?

夜遅く に すま ん な … その …

自分 の 考え に 自信 が なくなった ん だ が …

いや … やっぱり 忘れ て くれ …

野崎 くん …

野崎 くん が 弱ってる … ? ! ( き ゅ ー ん っ )

おはよう 野崎 くん

それにしても おまえ どうして 友人 を 活用 し ねぇ ん だ

好感度 やら 情報 やら 教え て くれる ぞ

なんでも 聞け よな !

こんな 出会 って すぐ 友達 面 する 奴 信用 でき ない だろ

これ は トラップ だ

俺 は 知って いる

こうやって 近づい て き た 友人 は

実は 影 で 主人公 を いじめる ボス で

とことん 追い詰め 絶望 さ せる

そして この セリフ

本当 は 初めて 会った 時 から 大 っ 嫌い だった の よ !

ゲーム 変わっちまう だろ 恋愛 どころ じゃ ねぇ よ

いい から 安心 し て 友人 使えよ … ほれ

そこ まで 言う なら …

俺 の 情報 特別 に 見せ て やる よ

今のところ 好感度 は こんなもん だ な

映画 の チケット やる よ !

なぜ 友田 は ここ まで 献身的 な ん だ お前 に 一体 何 の 得 が …

もう そこ は どうでも いい だろ

いや … 待て ! そう か …

さては 主人公 に 気 が ある ん だ な ! なんという アピール !

だから ゲーム 変わっちまう だろ ! 何でもかんでも 恋愛 に つなげ ん な !

なんでも 聞け よな !

おまえ が 友田 連呼 する から 俺 も 気になってき ちまった じゃ ねぇ か

すま ん 真面目 に がんばる よ

とりあえず ゴール 目指す

いい 天気 だね 野崎 君

ようよう お二人 さん 仲良く 登校 か ?

いや だ 友田 君 そんな ん じゃ …

俺 が 上手く ごまかし とく から 行ってき な !

あと は まかせ とけ ! さ ぁ

あきらめ ん な よ ! 好き な ん だろ !

男 なら 行け ! バカヤロ

卒業 おめでとう ! 3 年 なんて あっという間 だった な …

俺 お前 に 会え て よかった ぜ !

友田 ー っ !

友田 ー っ !

おまえ … こんな 主人公 の ため に 3 年間 も … !

おまえ も 青春 しろ よ ば かっ

こうなったら 俺 が おまえ の 物語 を 描い て やる !

幸せ に してやろ う ぜ ! 俺達 の 友田 を !

よし じゃあ まずは 恋 の 相手 から 決めよ う

どれ が いい 俺 は この 大人し そう な お嬢様 タイプ とか お すすめ な ん だ けど

待て 御子柴 友田 の 幸せ を 考えろ

友田 なら どの子 を 選ぶ か それ が 重要 だ

わり い 俺 友田 の 気持ち に なって なかった ぜ

きっと 友田 も 許し て くれる さ

では 改めて 考える ぞ

友田 に とって の 特別 な 存在

例えば 四六時中 そば に い た 人間

休日 を 一緒 に 過ごす よう な

友田 が 青春 3 年間 を 捧げ て も おかしく なく て

並々ならぬ 愛情 を 注い で い た の は …

主人公 じゃ ねぇ か !

主人公 じゃ ねぇ か !

今日 は お休み だ から 早く 来すぎ ちゃった かな

あれ

野崎 くん 佐倉 で ー す

あれ 留守 かな

野崎 くん ?

どう し た の 二人 と も !

徹夜 し た …

徹夜 って 一体 昨日 何が …

12 人 の 美少女 より も お前 が 好き な ん だ ! 友田 !

そんな … !

俺 は 見守ってる だけ で … 良かった のに …

友田 …

マジ で 何が あった の ! ?

だから もう 俺 レベル に なったら

大勢 の 女ども を 同時に 楽しま せる こと も できる って もん だ ぜ

でも それ って ゲーム の 中 で でしょ う

みこ りん って 普段 は 女の子 と 一緒 に 話し たり しな いよ ね

遠く から 声 かける だけ で …

何 言って ん だ て めぇ

佐倉 お前 は 俺 の プライド を 痛く 傷つけ た

見 て な 魅惑 の トーク 術 披露 してやる ぜ

すごい ね

すごい だろ う これ 最新 の 靴下 な ん だ ぜ きれい だろ う

楽しい

楽しい ありがとう

面白い ね

俺 面白い ? ありがとう

プライド どう し た

月刊 少女 野崎 君 何でも 聞け よな !

月刊 少女 野崎 君

御子柴 ー

な … 何だ ?

頼む 週末 合コン 付き合って くん ねぇ

何で 俺 が …

頼む よ こういう の 得意 だろ う

一人 足り なく なった ん だ よ 御子柴 いる と 頼もしい し さ

よっ 色男

イケメン !

俺達 を 助ける と 思って

そんなこと 言って いいの か

俺 が 行ったら その場 の 女 全員 が 俺 の 虜 に なっちまう の に

後で 後悔 し て も 遅い ぜ

やった 助かった

やっぱり 頼り に なる ぜ

おまえ が 入れ ば 百人力 だ ぜ

なんで 俺 あんなこと 言っちまっ た ん だろ …

合コン なんて 行った こと ねぇ よ

まぁ 決まった もの は しょうがない し 予行 練習 でも し て おく か

野崎 お前 頼り に なる な

よし 始める か

じゃ

どうも 野崎 といい ます 初めまして

初めまして 御子柴 って いい ます

御子柴 さん は … ずっと 女子校 で ?

そう な ん です よ 周り いつも 女の子 ばかり で こういう の 緊張 する っていうか

でも 今日 は 「 勇気 振りしぼっちゃう ぞ 」 み たい な

なんで 俺 が 女役 な ん だ よ

いや もし 女 の 欠員 が 出 た 場合 必要 に …

なん ねぇ よ

じゃ 俺 が 女役 を する わけ だ が ちょっと キャラ 作って くる

さすが プロ の 漫画家

こんな 練習 に も 本気 で 臨む って わけ か

野崎 梅子 だ ぴょん

今日 は イケメン 食い に き た ぴょん

好物 は にんじん だ ぴょん

キャラ 付け 雑 すぎ ねぇ ?

こんにちは

って 何事 ! ?

佐倉 か ちょうど いい お前 も 俺 の 仲間 に 入って くれ

仲間 ? いや その前 に 二人 と も 何 やってる の

見 て の 通り だ が

見 て の … 通り ?

不気味 な バニー に お酌 さ れる みこ りん

でも こんな 光景 見 た こと ある よう な …

お会計 は 全部 で 30 万円 に なり ます

やばい 店 じゃ ねぇ から なぁ

何だ 合コン の 練習 だった の か びっくり し た

だが 佐倉 が 来 て くれ て 助かった

やはり 実際 の 女 に は 敵わ ない から な

これ は もしや 野崎 君 の 前 で 女子 力 アピール する チャンス で は !

まずは サラダ かな

嫌い な もの は ない か

飲み物 は どう する

何か つまみ でも 作ろ う か

梅子 女子 力 高 ぇ

じゃ 改めて 自己紹介 から

初めまして 御子柴 実 琴 です

佐倉 トイレ に 行く ぞ

第 一 印象 は どう かしら なんか あの 御子柴 って 子 赤かった わ ね

そ … そうだ ね

や … 休み の 日 は 音楽 を 聴い たり ゲーム やったり し て ます

インドア だ わ あの子 インドア だ わ ゲーム です って

野崎 君 いちいち トイレ で 品定め し なく て いい から

っていうか 自己紹介 に 何分 かけ てる ん だ よ 全然 進ま ねぇ だろ う

そう だった 悪い な

では 俺達 女 サイド も 軽く 自己 アピール し て おく か

私 野崎 梅子 17 歳

男 なら 誰 でも いい 気分 で 来 まし た

今日 は 一人 か 二 人 持ち帰る 予定 です

なんで そんな ガツガツ し て ん だ よ 梅子 !

ほら 佐倉 手本 見せ て やれ よ

佐倉 千代 16 歳 です

好み の タイプ は 身長 190 センチ 黒髪 短髪 鋭い 目つき

同い年 で ちょっと ぼんやり し てる けど 男前

それ 以外 の 人 に は 正直 興味 あり ませ ん

今すぐ 帰れ 合コン 来 ん な !

もう いい よ お前 ら に 頼った 僕 が バカ だった よ

まぁ まぁ 俺 は 漫画 に 描い た くらい 合コン の ことに は 詳しい ぞ

じゃあ オレ この子 !

二人 で 抜け出そ う ぜ ー

どう しよ う … 怖く て 振りほどけ ない …

何 やってん だ よ アンタ は

いて て て て てっ

嫌 なら 断れ よな この バカ 女 !

つまり 合コン は 強引 に 連れ出す か 連れ出さ れる か

掻っ攫う か し て おけ ば 間違いない

お前 絶対 合コン 行った こと ねぇ だろ う

つまり みこ りん は 合コン を そつなく こなし て 帰り たい って こと

女の子 と 仲良く なら ず に ?

なるべく 二人 組み とか に は なり たく ねぇ

でも … こう 座ったら 絶対 二人 組み に なっちゃう よう な …

そこ を 何とか 回避 でき ねぇ の か よ

じゃ 一人 飛び出し て 座ろ う 学級 委員長 っぽく

なんか これ 不自然 じゃ ねぇ ?

そんなこと ない よ

ケーキ 置け ば ほら

とっても 自然

誕生日 会 じゃ ねぇ から なぁ !

じゃ 私達 相手 に し て 女の子 と 二人 で 話す 練習 し て みよ う よ

よし 女の子 を 退屈 さ せる な よ 御子柴

さ … 最近 どこか 行った

家 から 出 て ない

休日 は 何 し てる

休日 は ない

いつも 見 てる ドラマ は

ネット ラジオ 派 だ

最近 …

ねぇ 聞い て みこ りん

野崎 君 が この 前 デザート 作って くれ た ん だ けど すごく 美味しく て ね

それで …

で ね 野崎 君 が その時 何 って 言った と 思う

いや …

野崎 君 がね こういう デザート は 冷す 時 が 肝心 だって …

お前 ら 合コン に はぜ って ぇ 行く な よ 迷惑 だ から

さて フリー トーク も 終わった し 行く ぞ 佐倉

また トイレ ?

黙って 聞い てりゃ いい加減 に しろ よ お前 ら

み … みこ りん ごめん

ふざけ ん な よ

俺 だけ 俺 一人 だけ 仲間 はずれ じゃ ねぇ か

俺 も 混ぜろ よ !

それで そこ の ケーキ が 超 美味しかった の よ

あら まぁ 今度 食べに行こ う かしら

ねぇ その 話 ここ でし なきゃ だめ ?

結局 ただ の 女子 会 に なった

御子柴 遅い なぁ

まさか 帰った とか ない よな

やっ ほ ー

御子柴 の 代理 で 来 まし た

鹿島

お前 一度 断った じゃ ねぇ か いいの

いや 御子柴 に どうして もって 頼ま れ ちゃって さ

もしかして あいつ 合コン 苦手 だった の かな

だ と し たら 無理 言っちゃ って 悪い こと し た なぁ

あいつ も 言って くれれ ば いい のに

いや 「 女 だらけ なら 混 ざれる 自信 ある ぜ 」 って 言って た けど

ハーレム 状態 で しか 満足 でき ねぇ って こと か よ !

まぁ でも 鹿島 が 来 て くれ て よかった ぜ

本当 ?

お前 女 だ し 実質 男 3 人 女 5 人 だ もん な

ライバル 減って 嬉しい ぜ

嫌 だ この アイス 美味しい

―― この チョコ 食べ た ? ―― 食べ た 美味しい ね

―― これ も 食べ て ―― 甘 ~ い

ねね 鹿島 君 も これ 食べ て

こら こら 喧嘩 し ない で お姫様 達

君達 の 笑顔 が 見 られれ ば お 腹いっぱい だ よ

私 は なんて 幸せ者 な ん だ

嫌 だ もう … 鹿島 君 ったら

もっと言っ て

結局 合コン は 鹿島 の 一人勝ち だった らしい

お邪魔 し ます

今日 ちょっと 綺麗 だ ね

昨日 掃除 し た から なぁ

それ は … あれ ですか

「 明日 君 が 来る と 思ったら 落ち着か なく て … 」

的 な … !

はい 野崎

今 から こっち くる ! ?

ちょっと 待って ください

いや 今 ここ 人 通せ る 状態 じゃ ない んで 本当 ぐちゃぐちゃ な ん で

はい はい じゃ 一 時間後 に

誰 が 来る の

俺 の 担当 さん だ

じゃ そんなに 必死 に 片付け なく て も …

それ って 彼女 が 来 た 時 の 反応 だ よ

いや 彼女 だったら こんなに 焦ら ない と 思う

彼女 以上 … だと !

みこ りん って 子羊 ちゃん って よく 言ってる 気が する けど 羊 好き な の

バカ 決め ゼリフ は 山 の よう に 持ってる ぜ

俺 の ボキャブラリー な めん じゃ ねぇ ぞ

次回 恋 を 思い描く 男子

また 会お う なぁ 全国 の 子羊 ちゃん 達

o ( *////^////* ) q


×

Nós usamos cookies para ajudar a deixar o LingQ melhor. Ao visitar o site, você concorda com nossos política de cookies.