image

Gekkan Shoujo Nozaki-kun, Gekkan Shoujo Nozaki-kun Episode 12

おはよう

それ は 脈 ある でしょ う

そう かな

なになに 何 の 話

男 に もらって な ん だったら 脈 が ある か だって さ

私 は この 前 消しゴム もらった

それ テスト で 忘れ た から 貸し て もらった だけ でしょ う 脈 なし

私 ストラップ もらった

それ は どっち かな

千代 は 何か もらった こと ある

私 は その …

サイン 色紙 かな

やめ とき な よ そんな 男

ねぇ みんな で これ 食べよ う

どう し た ん だ それ

バレンタイン に 渡せ なく て 冷蔵庫 に 入れ っ 放し だった ん だ

買った のに 渡せ て なかった の ー

この 根性 なし が

賞味期限 は 大丈夫 だ から

そんな 問題 じゃ ねぇ

つーか 食べ たく ない

いや 渡す 気 は 満々 だった ん だ けど ね

最初 は 呼び出し て から チョコ を 渡そ う と 思った の

頑張る ぞ

おい 橋口 が チョコ もらって ん ぞ

なに !

人 が いる 所 で は 恥ずかしい から 待ち伏せ し たり

おい 裏庭 で 一年 が 告 られ てる ぞ

でも 捕まら なく て

先生 が …

購買 の おばちゃん が …

おい バレー 部 の 部長 が …

ちょっと 待て よ 体育館 裏 に …

まさか 先輩 が …

下駄箱 に …

本当 つかまら なく て …

もうすぐ バレンタイン だ な

楽しみ な の か

オイ そこ 女 だらけ だ ぞ

下調べ じゃ ねぇ の

もらえ る 奴 は いい よ なー

この ディスプレイ いい な 今度 の カラー 表紙 の 参考 に しよ う

限定 パッケージ も 装飾 が 凝ってる な 小物 の 参考 に なり そう

バレンタイン は いい な 年 に 三回 くらい あれ ば いい のに

何 それ

そしたら ホワイトデー も 三回 必要 に なっちゃう ね

ホワイトデー か

売り場 地味 だ し パッケージ 地味 だ し お菓子 も 地味 な ん だ よな

ホワイトデー はいら ない な

野崎 に は 義理 チョコ な しで あいつ なめ てる

あい よー 野崎 ナシ … と

野崎

チョコ 何個 もらった

チョコ 一個 も 貰って ない けど

なんで あんなに 楽しみ に し て た のに

そう言え ば 結月 って バレンタイン チョコ って あげ た こと ある の

そういう 話 聞い た こと ない けど

最近 は ない けど そうだ な …

あれ は 3 歳 の 時 の こと だった か

そこ まで 遡る の ! ?

同い年 に 岡田 って 奴 が い て さ

ちょっと ぼう と し た 奴 だった ん だ けど 割と よく 遊ん で て さ

ある とき トラック の 荷台 に 載せ て やったら すげ ぇ 喜ん で て

そしたら 突然 トラック が 発進 し て 岡田 ごと …

これ じゃ ない これ じゃ ない

待って 岡田 くん どうなった の ! ?

岡田 くん は ! ?

先生

鹿島 くん は チョコ もらう の 専門 だ よ ね

いや 私 は 堀 先輩 に 渡し た よ 心 を 込め た チョコ

やる じゃ ん

そ … それ は もしかして … 手作り … とか

それ が 先輩 「 手作り チョコ は 食べ たく ねぇ 」 とか 言う から さ ー

コンビニ 行って 並ん で た チョコ を 見本 に

見た目 完璧 な コピー を 作って

どうぞ ー

サンキュー

つまり あの時 先輩 は 大 っ 嫌い な 手作り チョコ を 知らず に 食べ て いたって わけ さ

やる じゃ ん

鹿島 くん は 先輩 の こと 好き な の 嫌い な の

好き だ よー 尊敬 し てる よー 部長 大好き ー

すげ ぇ 軽い の な

やだ なぁ 本当 だって ー

だいたい この 学校 に 入った の だって 先輩 の 演劇 を 見 た から だ し

予想外 に 重い な

そして 入学式 先輩 は 私 を 呼び止め て こう言った …

お前 なら 演劇部 の ヒーロー に なれる ぜ

運命的

それ に 対 し て おまえ は なんて 言った ん だ

マジ っす かー

軽い な

しかも 堀 ちゃん 先輩 は 入学 し た 後 も 結構 長い間 私 が 男 だ と 勘違い し て た よ

それ は 嬉しい の か

しかも 気づい た 時 の 先輩 の 驚き 様 と言ったら

入学式 かー

で なんで 今頃 チョコ の 話

実は ね …

まぁ その チョコ も せっかく 見つけ た ん だ から 今 から でも 食べ て もらえ ば

そっか 確かに 今 だったら すごく 自然 に 食べ て もらえ る か も

バレンタイン は もう 終わっちゃっ た けど

この チョコ に は 5 ヶ月 眠って い た 私 の 恋心 が 詰まって いる の かも しれ ない ね

す … すま ん 佐倉

その 大丈夫 か

の … 野崎 くん

本当 に 悪かった

どう すれ ば …

別に 怒って ない から 大丈夫 だ よ

本当 は コレ 食べ て 欲しかった けど

ものすごく 怒ってる

ひろ って 食い な

しかし それで 佐倉 の 気 が 済む の なら …

これ で 大丈夫 か 少し は 怒り も おさ まった か

のっ … 野崎 くん …

佐倉 そんなに 嬉し そう に

お詫び に 何か 奢る よ

い やっ 本当 に 気 に し ない で

しかし このまま で は 俺 としても …

いや 本当 に 大丈夫 だ から

まさか 佐倉 を そこ まで 怒らせる と は …

だから 怒って ない って

じゃあ アメ アメ もらえ る と うれしい な

アメ アメ ?

何 か の 隠語 か アメ と ム … ムチ ?

げ … 月刊 少女 野崎 くん

げ … 月刊 少女 野崎 くん

げ … 月刊 少女 野崎 くん

月刊 少女 野崎 くん

月刊 少女 野崎 くん

月刊 少女 野崎 くん

月刊 少女 野崎 くん

鹿島 くー ん

食べ て もらえ た

一応

良かった じゃん

一応 ね

邪魔 し て ごめん 練習 の 途中 だった

いや それほど

頑張 てる ね 鹿島 くん

いや ちょいちょい 教え て もらってる ん だ けど なかなか …

まぁ そんな 悲観的 に なる な よ 鹿島

前 に 比べりゃ 少し は 上手く なった ん じゃ ねぇ の

本当 に すごい よ 鹿島 くん ちょっと 聞い て み たい な

君 たち 社交辞令 は もっと わかりにくい よう に だ ね …

あっち い なー そう いや 今日 祭り だった よな

行って みる

いく いく

じゃ 一回 帰って から 集合 ね

他 に 誰か 誘って も いい ぞ 私ら だけ だ し

そうだ ね

お待たせ ー

かわいい じゃ ん

浴衣 着 ちゃ たー

やっぱり こういう の は 女の子 で わいわい 行く の が 楽しい よ ねー

まぁ 気楽 で いい よな

鹿島 くん は

あっち だって

誘っちゃう

声 かけ ちゃう

いや 私 が

おい 見ろ よ

すげ ー 今 から 私達 あの 中心 に 行く ん だ ぜ

行き たく ない

い たい た 千代 ちゃん

浴衣 だ ー かわいい ー

ありがと うー

鹿島 たこ焼き 食お う ぜ

いい ねー

もう 腹 減って さ

私 も

似合ってん じゃ ねぇ か

みこ りん も 似合ってる よー

その 柄 も いい な

みこ りん の も 渋く て いい ね

その 髪型 も スゲー な

帯 も ビシッと キマ って る じゃ ん

あの

それ に やっぱり 佐倉 は リボン が 似合う ぜ

ありがとう …

次 は 俺 の 番 次 は 俺 の 番

みこ りん も 帯 すごい

そう か

着付け も バッチリ だ ね

まあ な

かっこいい かっこいい

みこ りん 何 食べる

色々 ある な

私 お祭り 久しぶり かも 結構 浴衣 の 人 いる ね

日本人 の 嗜み だろ う

そう 男子 高校生 が 浴衣 着る なんて 珍しい ね 初めて 見 た

珍しい ? なんで だ 普通 祭り っ つっ たら 着る だろ 男 も …

ウソ だろ 女 なのに 浴衣 着 て ない ! ?

イベント スチル どう する ん だ よ !

みこ りん 綿菓子 ある よ あれ みこ りん が 好き な アニメ じゃ ない

ち げ ぇ よ あれ じゃ ねぇ よ

そう な の

今日 の 夕飯 は 屋台 で 済ませる か 好き な の 食べ て いい ぞ

俺 焼きそば 食べ たい です

いただき ます

そういえ ば 野崎 先輩 こういう イベント 好き です よ ね

カップル 多い から な 設定 想像 する と ネタ に なる ん だ 短編 の

設定 ?

たとえば あの 二人

罰 ゲーム で デート 中 の 悪友 同士

それ っぽい

あっち は 一回 限り の 記念 デート

切ない です ね

そして 今 向こう から 来る 女 は

お前 を 不幸 に する 設定 だ

よう 若 お前 も 来 て たん だ な

こ … こんばんは

ちょっと 待て バスケ 部 の 後輩 見つけ た

瀬尾 先輩 が かっこいい 人 と デート し てる

いや でも 先輩 だ ぞ あれ で モテる とか ない だろ う

そうだ どうせ 物珍しさ で 興味 もたれ た だけ だ よ

すぐに 別れる ことに なって でも 先輩 は 本気 に なっちゃっ て

そこ に 彼 の 幼馴染 の 美人 とか 現れ て それで それで …

先輩 か わ いそ うー

こいつ 俺 より 想像力 豊か だ な

若 金魚掬い しよ う ぜ あっち に あった

野崎 先輩 ー

頑張れ よ

彼氏 置い て 何で 俺 彼氏 の 立場 は

違う 先輩 は ヤキ モチ 焼い て 欲しい ん だ

他の やつ と 遊びに行っちゃう ぞ いいの か よ

じゃ 先 行ってる よ

普通 逃げる の は 追いかけ て 欲しい から です よ ね

いや 捕まれ たく ねぇ から だろ う 何 言って ん だ

逃げ られ た

やっぱり 鹿島 君 も 誘った ほう が よかった ん じゃ ない の

いや あいつ 連れ て くる と 何 する か わかん ねぇ から な

それにしても 祭り か

定番 イベント だ し そのうち 背景 描く ことに なり そう だ な

写真 撮っとく か

マミコ が ナンパ さ れる で あろ う 裏通り

資料 の 少ない 屋台 の 裏

うっかり 転ん だ マミコ 視点 の 背景

堀 ちゃん だって 大概 だ よな

で 転ん だ マミコ を 鈴木 が 助け 起こす から

あれ 何 し てる ん です か 先輩

動く な

は … はい

よし でかした 鹿島 お前 に は 何か 奢って やる

私 は いったい 何 を …

もう … 皆 どこ 行った ん だろ う

すみません

の … 野崎 君 だ

も … ものすごく 見 られ てる なんか 変 だった

リボン の 柄 は 違う が もしかして 佐倉 佐倉 な ん だ な

「 もしか し 」 なく て も 佐倉 だ よ どこ で 認識 し てん の

いや 冗談 冗談

浴衣 着 てる の 珍しく て

野崎 君 そりゃ 珍しい けど

ちょっと じっくり 見 て も いい か

じゃ

どう しよ う そんなに 真剣 に 見 られる なんて

き … 緊張 し て き た

あ … あの

着付け 合ってる

た … 多分

ダメ だ よ 野崎 君 このまま 漫画 に 使う気 でしょ う

間違って たら 全国 レベル の 恥 だ よ

はい

なんか 野崎 君 の 行動 が 読め て き た 気が する 余計 な 期待 は す まい

リンゴ 飴 か いい な

食べる

なんて …

美味い ご馳走様

読め ない !

花火 始まん じゃ ね

人 が 増え て き た なぁ

そうだ ね

資料 用 に 上 から 写真 を 撮ろ う

見え た

佐倉 も 来る か

夢野 先生 浴衣 で 登る の は 無理 です

行く ぞ

あの時 と … 同じ …

電車 乗り 間違え た

校門 を よじ登り ながら 寝 て いる 人 が いる

お前 も 遅刻 な の か

は … はい 遅刻 です

じゃ はい

引き上げる 手 伸ばし て

む… 無理 … かも …

そう か

行く ぞ

あの … ありがとう ござい まし た

怖 そう だ けど いい人 な の かな

って 寝 てる の

大 … 大丈夫

大丈夫 だ 本当 は 今日 学校 休も う と 思って た ん だ

やっぱり この人 ちょっと 怖い 人 だ

学校 ? サボり だ よ

じゃ どうして き た の

あの 胸 に 着ける 花 を もらう まで は 帰れ ない

花 が ほしかった ん だ よ

やだ ギャップ 可愛い

そうだ 初めて 野崎 君 に 会った あの日

野崎 君 遅刻 し て 焦って 泣き そう に なった 私 を 助け て くれ た ん だ よ ね

お陰 で 笑顔 に なれ た よ

すごい

特等席 だった ね

なん だ

特 等 席 だね

そうだ な

あれから いろんな こと が あった よ ね

ず … ずっと ファン でし た

わかった わかった

どうぞ

全然 関係 は 進ま ない けど

私 どんどん 野崎 君 を 好き に なってく よ

きっと ただ の 友達 だ と 思わ れ てる ん だろ うなって 思う けど

でも ね 私

野崎 君 の こと ずっと ずっと …

好き だ よ

ど … どう しよ う 聞こえ ちゃった

俺 も 好き だ よ

花火

ありがとう 一緒 に い て くれ て

今 は これ で 幸せ だ よ

次 の ネタ は 花火 だ な



Want to learn a language?


Learn from this text and thousands like it on LingQ.

  • A vast library of audio lessons, all with matching text
  • Revolutionary learning tools
  • A global, interactive learning community.

Linguagem de Aprendizagem online @ LingQ

おはよう

それ は 脈 ある でしょ う

そう かな

なになに 何 の 話

男 に もらって な ん だったら 脈 が ある か だって さ

私 は この 前 消しゴム もらった

それ テスト で 忘れ た から 貸し て もらった だけ でしょ う 脈 なし

私 ストラップ もらった

それ は どっち かな

千代 は 何か もらった こと ある

私 は その …

サイン 色紙 かな

やめ とき な よ そんな 男

ねぇ みんな で これ 食べよ う

どう し た ん だ それ

バレンタイン に 渡せ なく て 冷蔵庫 に 入れ っ 放し だった ん だ

買った のに 渡せ て なかった の ー

この 根性 なし が

賞味期限 は 大丈夫 だ から

そんな 問題 じゃ ねぇ

つーか 食べ たく ない

いや 渡す 気 は 満々 だった ん だ けど ね

最初 は 呼び出し て から チョコ を 渡そ う と 思った の

頑張る ぞ

おい 橋口 が チョコ もらって ん ぞ

なに !

人 が いる 所 で は 恥ずかしい から 待ち伏せ し たり

おい 裏庭 で 一年 が 告 られ てる ぞ

でも 捕まら なく て

先生 が …

購買 の おばちゃん が …

おい バレー 部 の 部長 が …

ちょっと 待て よ 体育館 裏 に …

まさか 先輩 が …

下駄箱 に …

本当 つかまら なく て …

もうすぐ バレンタイン だ な

楽しみ な の か

オイ そこ 女 だらけ だ ぞ

下調べ じゃ ねぇ の

もらえ る 奴 は いい よ なー

この ディスプレイ いい な 今度 の カラー 表紙 の 参考 に しよ う

限定 パッケージ も 装飾 が 凝ってる な 小物 の 参考 に なり そう

バレンタイン は いい な 年 に 三回 くらい あれ ば いい のに

何 それ

そしたら ホワイトデー も 三回 必要 に なっちゃう ね

ホワイトデー か

売り場 地味 だ し パッケージ 地味 だ し お菓子 も 地味 な ん だ よな

ホワイトデー はいら ない な

野崎 に は 義理 チョコ な しで あいつ なめ てる

あい よー 野崎 ナシ … と

野崎

チョコ 何個 もらった

チョコ 一個 も 貰って ない けど

なんで あんなに 楽しみ に し て た のに

そう言え ば 結月 って バレンタイン チョコ って あげ た こと ある の

そういう 話 聞い た こと ない けど

最近 は ない けど そうだ な …

あれ は 3 歳 の 時 の こと だった か

そこ まで 遡る の ! ?

同い年 に 岡田 って 奴 が い て さ

ちょっと ぼう と し た 奴 だった ん だ けど 割と よく 遊ん で て さ

ある とき トラック の 荷台 に 載せ て やったら すげ ぇ 喜ん で て

そしたら 突然 トラック が 発進 し て 岡田 ごと …

これ じゃ ない これ じゃ ない

待って 岡田 くん どうなった の ! ?

岡田 くん は ! ?

先生

鹿島 くん は チョコ もらう の 専門 だ よ ね

いや 私 は 堀 先輩 に 渡し た よ 心 を 込め た チョコ

やる じゃ ん

そ … それ は もしかして … 手作り … とか

それ が 先輩 「 手作り チョコ は 食べ たく ねぇ 」 とか 言う から さ ー

コンビニ 行って 並ん で た チョコ を 見本 に

見た目 完璧 な コピー を 作って

どうぞ ー

サンキュー

つまり あの時 先輩 は 大 っ 嫌い な 手作り チョコ を 知らず に 食べ て いたって わけ さ

やる じゃ ん

鹿島 くん は 先輩 の こと 好き な の 嫌い な の

好き だ よー 尊敬 し てる よー 部長 大好き ー

すげ ぇ 軽い の な

やだ なぁ 本当 だって ー

だいたい この 学校 に 入った の だって 先輩 の 演劇 を 見 た から だ し

予想外 に 重い な

そして 入学式 先輩 は 私 を 呼び止め て こう言った …

お前 なら 演劇部 の ヒーロー に なれる ぜ

運命的

それ に 対 し て おまえ は なんて 言った ん だ

マジ っす かー

軽い な

しかも 堀 ちゃん 先輩 は 入学 し た 後 も 結構 長い間 私 が 男 だ と 勘違い し て た よ

それ は 嬉しい の か

しかも 気づい た 時 の 先輩 の 驚き 様 と言ったら

入学式 かー

で なんで 今頃 チョコ の 話

実は ね …

まぁ その チョコ も せっかく 見つけ た ん だ から 今 から でも 食べ て もらえ ば

そっか 確かに 今 だったら すごく 自然 に 食べ て もらえ る か も

バレンタイン は もう 終わっちゃっ た けど

この チョコ に は 5 ヶ月 眠って い た 私 の 恋心 が 詰まって いる の かも しれ ない ね

す … すま ん 佐倉

その 大丈夫 か

の … 野崎 くん

本当 に 悪かった

どう すれ ば …

別に 怒って ない から 大丈夫 だ よ

本当 は コレ 食べ て 欲しかった けど

ものすごく 怒ってる

ひろ って 食い な

しかし それで 佐倉 の 気 が 済む の なら …

これ で 大丈夫 か 少し は 怒り も おさ まった か

のっ … 野崎 くん …

佐倉 そんなに 嬉し そう に

お詫び に 何か 奢る よ

い やっ 本当 に 気 に し ない で

しかし このまま で は 俺 としても …

いや 本当 に 大丈夫 だ から

まさか 佐倉 を そこ まで 怒らせる と は …

だから 怒って ない って

じゃあ アメ アメ もらえ る と うれしい な

アメ アメ ?

何 か の 隠語 か アメ と ム … ムチ ?

げ … 月刊 少女 野崎 くん

げ … 月刊 少女 野崎 くん

げ … 月刊 少女 野崎 くん

月刊 少女 野崎 くん

月刊 少女 野崎 くん

月刊 少女 野崎 くん

月刊 少女 野崎 くん

鹿島 くー ん

食べ て もらえ た

一応

良かった じゃん

一応 ね

邪魔 し て ごめん 練習 の 途中 だった

いや それほど

頑張 てる ね 鹿島 くん

いや ちょいちょい 教え て もらってる ん だ けど なかなか …

まぁ そんな 悲観的 に なる な よ 鹿島

前 に 比べりゃ 少し は 上手く なった ん じゃ ねぇ の

本当 に すごい よ 鹿島 くん ちょっと 聞い て み たい な

君 たち 社交辞令 は もっと わかりにくい よう に だ ね …

あっち い なー そう いや 今日 祭り だった よな

行って みる

いく いく

じゃ 一回 帰って から 集合 ね

他 に 誰か 誘って も いい ぞ 私ら だけ だ し

そうだ ね

お待たせ ー

かわいい じゃ ん

浴衣 着 ちゃ たー

やっぱり こういう の は 女の子 で わいわい 行く の が 楽しい よ ねー

まぁ 気楽 で いい よな

鹿島 くん は

あっち だって

誘っちゃう

声 かけ ちゃう

いや 私 が

おい 見ろ よ

すげ ー 今 から 私達 あの 中心 に 行く ん だ ぜ

行き たく ない

い たい た 千代 ちゃん

浴衣 だ ー かわいい ー

ありがと うー

鹿島 たこ焼き 食お う ぜ

いい ねー

もう 腹 減って さ

私 も

似合ってん じゃ ねぇ か

みこ りん も 似合ってる よー

その 柄 も いい な

みこ りん の も 渋く て いい ね

その 髪型 も スゲー な

帯 も ビシッと キマ って る じゃ ん

あの

それ に やっぱり 佐倉 は リボン が 似合う ぜ

ありがとう …

次 は 俺 の 番 次 は 俺 の 番

みこ りん も 帯 すごい

そう か

着付け も バッチリ だ ね

まあ な

かっこいい かっこいい

みこ りん 何 食べる

色々 ある な

私 お祭り 久しぶり かも 結構 浴衣 の 人 いる ね

日本人 の 嗜み だろ う

そう 男子 高校生 が 浴衣 着る なんて 珍しい ね 初めて 見 た

珍しい ? なんで だ 普通 祭り っ つっ たら 着る だろ 男 も …

ウソ だろ 女 なのに 浴衣 着 て ない ! ?

イベント スチル どう する ん だ よ !

みこ りん 綿菓子 ある よ あれ みこ りん が 好き な アニメ じゃ ない

ち げ ぇ よ あれ じゃ ねぇ よ

そう な の

今日 の 夕飯 は 屋台 で 済ませる か 好き な の 食べ て いい ぞ

俺 焼きそば 食べ たい です

いただき ます

そういえ ば 野崎 先輩 こういう イベント 好き です よ ね

カップル 多い から な 設定 想像 する と ネタ に なる ん だ 短編 の

設定 ?

たとえば あの 二人

罰 ゲーム で デート 中 の 悪友 同士

それ っぽい

あっち は 一回 限り の 記念 デート

切ない です ね

そして 今 向こう から 来る 女 は

お前 を 不幸 に する 設定 だ

よう 若 お前 も 来 て たん だ な

こ … こんばんは

ちょっと 待て バスケ 部 の 後輩 見つけ た

瀬尾 先輩 が かっこいい 人 と デート し てる

いや でも 先輩 だ ぞ あれ で モテる とか ない だろ う

そうだ どうせ 物珍しさ で 興味 もたれ た だけ だ よ

すぐに 別れる ことに なって でも 先輩 は 本気 に なっちゃっ て

そこ に 彼 の 幼馴染 の 美人 とか 現れ て それで それで …

先輩 か わ いそ うー

こいつ 俺 より 想像力 豊か だ な

若 金魚掬い しよ う ぜ あっち に あった

野崎 先輩 ー

頑張れ よ

彼氏 置い て 何で 俺 彼氏 の 立場 は

違う 先輩 は ヤキ モチ 焼い て 欲しい ん だ

他の やつ と 遊びに行っちゃう ぞ いいの か よ

じゃ 先 行ってる よ

普通 逃げる の は 追いかけ て 欲しい から です よ ね

いや 捕まれ たく ねぇ から だろ う 何 言って ん だ

逃げ られ た

やっぱり 鹿島 君 も 誘った ほう が よかった ん じゃ ない の

いや あいつ 連れ て くる と 何 する か わかん ねぇ から な

それにしても 祭り か

定番 イベント だ し そのうち 背景 描く ことに なり そう だ な

写真 撮っとく か

マミコ が ナンパ さ れる で あろ う 裏通り

資料 の 少ない 屋台 の 裏

うっかり 転ん だ マミコ 視点 の 背景

堀 ちゃん だって 大概 だ よな

で 転ん だ マミコ を 鈴木 が 助け 起こす から

あれ 何 し てる ん です か 先輩

動く な

は … はい

よし でかした 鹿島 お前 に は 何か 奢って やる

私 は いったい 何 を …

もう … 皆 どこ 行った ん だろ う

すみません

の … 野崎 君 だ

も … ものすごく 見 られ てる なんか 変 だった

リボン の 柄 は 違う が もしかして 佐倉 佐倉 な ん だ な

「 もしか し 」 なく て も 佐倉 だ よ どこ で 認識 し てん の

いや 冗談 冗談

浴衣 着 てる の 珍しく て

野崎 君 そりゃ 珍しい けど

ちょっと じっくり 見 て も いい か

じゃ

どう しよ う そんなに 真剣 に 見 られる なんて

き … 緊張 し て き た

あ … あの

着付け 合ってる

た … 多分

ダメ だ よ 野崎 君 このまま 漫画 に 使う気 でしょ う

間違って たら 全国 レベル の 恥 だ よ

はい

なんか 野崎 君 の 行動 が 読め て き た 気が する 余計 な 期待 は す まい

リンゴ 飴 か いい な

食べる

なんて …

美味い ご馳走様

読め ない !

花火 始まん じゃ ね

人 が 増え て き た なぁ

そうだ ね

資料 用 に 上 から 写真 を 撮ろ う

見え た

佐倉 も 来る か

夢野 先生 浴衣 で 登る の は 無理 です

行く ぞ

あの時 と … 同じ …

電車 乗り 間違え た

校門 を よじ登り ながら 寝 て いる 人 が いる

お前 も 遅刻 な の か

は … はい 遅刻 です

じゃ はい

引き上げる 手 伸ばし て

む… 無理 … かも …

そう か

行く ぞ

あの … ありがとう ござい まし た

怖 そう だ けど いい人 な の かな

って 寝 てる の

大 … 大丈夫

大丈夫 だ 本当 は 今日 学校 休も う と 思って た ん だ

やっぱり この人 ちょっと 怖い 人 だ

学校 ? サボり だ よ

じゃ どうして き た の

あの 胸 に 着ける 花 を もらう まで は 帰れ ない

花 が ほしかった ん だ よ

やだ ギャップ 可愛い

そうだ 初めて 野崎 君 に 会った あの日

野崎 君 遅刻 し て 焦って 泣き そう に なった 私 を 助け て くれ た ん だ よ ね

お陰 で 笑顔 に なれ た よ

すごい

特等席 だった ね

なん だ

特 等 席 だね

そうだ な

あれから いろんな こと が あった よ ね

ず … ずっと ファン でし た

わかった わかった

どうぞ

全然 関係 は 進ま ない けど

私 どんどん 野崎 君 を 好き に なってく よ

きっと ただ の 友達 だ と 思わ れ てる ん だろ うなって 思う けど

でも ね 私

野崎 君 の こと ずっと ずっと …

好き だ よ

ど … どう しよ う 聞こえ ちゃった

俺 も 好き だ よ

花火

ありがとう 一緒 に い て くれ て

今 は これ で 幸せ だ よ

次 の ネタ は 花火 だ な


×

Nós usamos cookies para ajudar a deixar o LingQ melhor. Ao visitar o site, você concorda com nossos política de cookies.