image

Gekkan Shoujo Nozaki-kun, Gekkan Shoujo Nozaki-kun Episode 1

よし

佐倉 千代 行き ます

の … の の の の 野崎 くん

ず … ずっと ファン でし た

付き合って ください って 言わ なきゃ

あっ あの あの

どうぞ

佐倉 千代 16 歳

好き な 人 に 告白 し たら サイン を 貰い まし た

ちょっと 待って いや ファン だ とは言った けど

そう じゃ なく て その っ 野崎 くん と ずっと 一緒 に い たい っていうか

ずっと 一緒 に ?

って

私 何 言ってる の

普通 に 好き って 言え ば いい のに

重い 子 って 思わ れ たら どう しよ う

じゃあ これから 俺 の 家 来る ?

軽 っ

野崎 くん こんな 所 に 住ん でる ん だ

い やー 助かった 今 誰 も 捕まら なく て さ

いつもは 女の子 連れ込み 放題 な の

これ が 野崎 くん の 部屋 か

そう言え ば 男の子 の 部屋 に 来 た の 初めて だ なぁ

男の子 の 部屋 !

思わず 付い て 来 ちゃった けど

やっぱり 帰ろ う かな

でも そしたら 他の子 が 来る ん だ よ ね

そんなの … イヤ

どうぞ

のっ 野崎 くん 私 頑張り ます !

じゃあ そこ ベタ よろしく

黒く 塗って ね

ここ も よろしく

上手い な 佐倉

そろそろ 休憩 に し ない か

野崎 くん って マンガ家 な の ! ?

知ら ない で 4 時間 ベタ 塗って た の か

野崎 くん って すごい 人 だった ん だ なぁ

月刊誌 で 一応 連載 し て いる

サイン まで ちゃんと ある ん だ

え ー と ゆ… め … の

あぁ 夢野 咲子 か

この 名前 何処か で 見 た よう な

夢野 咲子 夢野 咲子 夢野 …

夢野 咲子 ?

夢野 咲子 ! ?

夢野 咲子 繊細 な 心理描写 と 華やか な 画面 で 大人気 の 作家

好き …っ 鈴木 くん …っ

マミコ …

野崎 ー 出 た 出 やがれ た

ふざけ ん な あんなの に 近づける なんて よっぽど 鈍い 奴 くらい しか

乙女心 を 大切 に 描き 女の子 の 心 の 代弁者 とも言わ れ て いる

ずっと 大切 に する ね

おい 下着 透け てる から 上着 着 た 方 が いい ぞ

なんで そう ハッキリ 言う の ほんと デリカシー な いわ ね

それ 今月号 か

この インタビュー 受け た 時 飲ん だ コーヒー が 苦く て な

なん だ っけ エスプレッソ

高校生 に エスプレッソ って

そもそも 初対面 から 失礼 な 人 で な

俺 を 見 て

本当 に 野崎 くん が 夢野 先生 な ん だ

えっ 高校生 って 言う から 美少女 の 女 か だ と 思って い まし た って

若い から 美少女 の 訳ない だろ う が

夢野 先生

はい

夢野 先生

はい

夢野 先生 夢野 先生 !

はい

学校 で 言わ れる と 変な気 分 だ な

もしかして みんな 知ら ない の

そうだ な クラス の 奴 も ほとんど 知ら ない し

それ って …

もしかして 私 が 特別

言って も みんな 信じ て くれ なかった から な

野崎 くん

そのうち しつこい って 怒ら れ た

だよ ね

そうだ 昨日 は ありがとう

美術部 は 平気 だった の か

私 の 部活 知って た の

ずっと 目 を 付け て いたから な

目 っ 目 って

あの はみ出し の 少ない ポスター 描け る 奴 は

いい 仕事 する だろ う なぁー と

技術 目当て

やっぱり 上手い な 佐倉

おかげ で 今度 の 締め切り は 早め に あげ られ そう だ

そう言え ば 野崎 くん

たまに ボロボロ で 学校 に 来る こと が あった けど …

おい 野崎 大丈夫 か

何が あった ん だ

ボロボロ じゃ ねぇ か

機嫌 悪い な

あれ って 締め切り だった ん だ ね

もしかして 喧嘩 裏 で 不良 やってる の かも なんて 思った よ

首 ばっかり 狙わ れる 不良 か 怖い な

だが 表 は 一般人 裏 で は ヤンキー という の は セオリー だ な

うん ネタ に なる な

隠れ て タバコ を 吸ったり お酒 飲ん だり する の

いや 少女漫画 だ から な

健全 に タバコ は チョコレート お酒 は ジュース に し て おこ う

いや 無理 ある よ

漫画 でも 法律 違反 は 怒ら れる ん だ

そっか 大変 な ん だ ね

これ は あの 伝統的 ラブ イベント の 前 振り です か 夢野 先生

い … 一緒 に 帰って も いい

俺 自転車 だ けど

何が

何 って 自転車 だ よ

後ろ で 感じる 彼 の 体温

どこ を 持って ば いい の ドキドキ し て 手 が 震え ちゃう

それ 今 は 道路交通法 違反 だ から

ごめんなさい

二 人乗り が でき ない 今

チャリ通 の 奴 と 一緒 に 帰る 図って の は

こう だ な

なんだか 華やか さ が 足り ない けど しょうがない ね

じゃあ こう する か

最低 最低 だ よ この 男

もしくは こう

なんか 馬 っぽい

少女漫画 の お話 考える の って 色々 大変 な ん だ ね

佐倉 一緒 に 帰ら ない か

帰る 帰る 帰る

今日 は チャリ通 だ から 後ろ に 乗っけ て やる

月刊 少女 野崎 くん

月刊 少女 野崎 くん

どっ どういう こと

野崎 くん もしかして 昨日 私 が 羨まし がって たから 無理 し て

どう しよ う 緊張 し て き た

そもそも 自転車 の 後ろ って どうなる ん だ っけ ?

こう

こう

荷台 が ない 場合 も ある よ ね

その時 は これ で いい ん だ っけ

こんなこと に なる なら もっと 前もって 練習 し て おけ ば

佐倉

はい

これ な ん だ が

一緒 に 乗って 感想 聞かせ て くれ

四輪 チャリ です

二 人乗り

どんな 気分 だ

ちょっと し た レジャー 気分 です

よし 次 右 行く ぞ

はい

次 の 角 は 曲がる ぞ

はい

恋 とか 生まれる と 思う か

なん かこ う … 信頼感 なら 生まれ そう です

そう か 後ろ が 漕い じゃ いけない ん じゃ ない か

なるほど じゃ 何も し ない で 座って みる よ

自分 だけ 何も し て ない 罪悪感 ハンパ な いよ

私 に も 漕が せ て

じゃ せめて …

腰 に 手 を 回し て ドキドキ だけ でも やって みる か

とりあえず 今日 の 経験 を 踏まえ て 描い て み た ん だ が

どう 思う

よけれ ば 乗って いく か

ダセー

どう し た 佐倉

いや なん かこ う … ヒーロー に モテ 要素 が 感じ られ ない という か

なるほど モテ 要素 だ な

先着 3 人 だけ 俺 の 後ろ に 乗せ て やる ぜ

4 人乗り

どい て 今日 こそ ここ に 座る わ

ふざけ ない で この サドル は 私 の もの よ

君 の ため に 2 番目 の サドル は キープ し て おい た よ 特別 さ

私 …

私 の 他 に も 何人 も 座った ん でしょ う

そんなの イヤッ

だめ こんな ワガママ 言ったら 嫌わ れ ちゃう の に

これ 最終的 に どうなる の

サドル が 全部 盗ま れる

でも 結局 雑誌 の 担当 編集 さん に ふざけ ん な と 却下 さ れ て

こうなり まし た

さ … 先に 帰って いい から …

いや 暗い し 送って いく よ

それ に こうして 歩け ば

少し でも 長く 君 とい られる し ね

このまま 時 が 止まって しまえ ば いい のに

今回 も 面白かった なぁ 夢野 先生 の 『 恋し よっ 』

チャリ の シーン とか かっこよかった よ ね

ねー 佐倉

そう ね

野崎 くん 乗ってか ない 君 の 特等席 だ ぜ

野崎 くん

気 に いった の か

でも なんだかんだ で 最終的 に は ロマンチック な 漫画 に なっちゃう ん だ から

やっぱ すごい なぁ

本当 は このまま ずっと ぎゅっと し て い て 欲しい のに

これ も 野崎 くん が 考え てる ん だ よ ね

だめ どうして 鈴木 君 の 事 ばっかり 考え ちゃう の

もう キライ キライ キライ

私 の 心の中 全部 占領 し ちゃう 鈴木 君 なんて

キライ だ もん

こ … これ も 野崎 くん が …

佐倉 どう し た

野崎 くん は 何で 少女漫画 描い てる の

まぁ 趣味 だった から そのまま ノリ で

そんなこと 言ってる けど この 内容 だ もん 私 だったら 絶対 描け ない

やっぱり 恋愛 経験 の 差 かな

まぁ あせる こと ない ん じゃ ない か

俺 なんて 初恋 も まだ だ し なぁ

本当 なんで 少女漫画 描い てる の

だが 恋愛 相談 に は けっこう 乗って き た ほう だ ぞ

佐倉 は 好き な やつ とか いる の か

わ … わ … わたし

えっと

わ … 私 は 最初 は 背 の 高さ と お … 男らしい 性格 に 引かれ て

告白 し た ん だ けど 気づい て もらえ なく て

でも その おかげ で 話す 回数 は 増え た ん だ けど

便利屋 くらい に しか 思わ れ て ない … よう な

そんな やつ のど こが いい ん だ

そう よ 私 このまま で いい の

や べー 青木 に 怒ら れる

ちょっ やばっ

野崎 くん ー

そうだ 私 …

まだ 自分 の 気持ち 伝え て ない

もう 一回 ちゃんと 告白 しよ う

野崎 くん

佐倉

千代 頑張る の よ

二度 目 な ん だ から ちゃんと きちんと 自分 の 思い を 伝え ない と

どう し た

わ … わたし …

その あ … あの … あの

あの …

あー の ー

ファン です

分かった 分かった

どうぞ

ワーイ うれしい なぁー 二枚目 の サイン だ ー

ワーイ ワーイ

私 の … バカー

佐倉

野崎 くん

今日 は 御子柴 も 手伝い に くる から 男 だ けど 大丈夫 か

御子柴 どんな 人

健気 で 傷つき やすい デリケート な やつで

俺 は 心の中 で 「 みこ りん 」 と 呼ん で いる

みこ りん …

癒し系 な の かな

は よーっ ス 野崎

なん だ その ちっこい の

御子柴 君 です

嘘つき !

夢野 先生 の コメント が 載ってる

先日 学校 の お友達 に サイン を お願い さ れ ちゃい まし た

緊張 し て 手 が 震え ちゃった けど 喜ん で くれる といい なぁ

これから も ハート に キュン キュン で 頑張る よ

次回 ニュー ヒロイン を よろしく ね

見 て ね



Want to learn a language?


Learn from this text and thousands like it on LingQ.

  • A vast library of audio lessons, all with matching text
  • Revolutionary learning tools
  • A global, interactive learning community.

Linguagem de Aprendizagem online @ LingQ

よし

佐倉 千代 行き ます

の … の の の の 野崎 くん

ず … ずっと ファン でし た

付き合って ください って 言わ なきゃ

あっ あの あの

どうぞ

佐倉 千代 16 歳

好き な 人 に 告白 し たら サイン を 貰い まし た

ちょっと 待って いや ファン だ とは言った けど

そう じゃ なく て その っ 野崎 くん と ずっと 一緒 に い たい っていうか

ずっと 一緒 に ?

って

私 何 言ってる の

普通 に 好き って 言え ば いい のに

重い 子 って 思わ れ たら どう しよ う

じゃあ これから 俺 の 家 来る ?

軽 っ

野崎 くん こんな 所 に 住ん でる ん だ

い やー 助かった 今 誰 も 捕まら なく て さ

いつもは 女の子 連れ込み 放題 な の

これ が 野崎 くん の 部屋 か

そう言え ば 男の子 の 部屋 に 来 た の 初めて だ なぁ

男の子 の 部屋 !

思わず 付い て 来 ちゃった けど

やっぱり 帰ろ う かな

でも そしたら 他の子 が 来る ん だ よ ね

そんなの … イヤ

どうぞ

のっ 野崎 くん 私 頑張り ます !

じゃあ そこ ベタ よろしく

黒く 塗って ね

ここ も よろしく

上手い な 佐倉

そろそろ 休憩 に し ない か

野崎 くん って マンガ家 な の ! ?

知ら ない で 4 時間 ベタ 塗って た の か

野崎 くん って すごい 人 だった ん だ なぁ

月刊誌 で 一応 連載 し て いる

サイン まで ちゃんと ある ん だ

え ー と ゆ… め … の

あぁ 夢野 咲子 か

この 名前 何処か で 見 た よう な

夢野 咲子 夢野 咲子 夢野 …

夢野 咲子 ?

夢野 咲子 ! ?

夢野 咲子 繊細 な 心理描写 と 華やか な 画面 で 大人気 の 作家

好き …っ 鈴木 くん …っ

マミコ …

野崎 ー 出 た 出 やがれ た

ふざけ ん な あんなの に 近づける なんて よっぽど 鈍い 奴 くらい しか

乙女心 を 大切 に 描き 女の子 の 心 の 代弁者 とも言わ れ て いる

ずっと 大切 に する ね

おい 下着 透け てる から 上着 着 た 方 が いい ぞ

なんで そう ハッキリ 言う の ほんと デリカシー な いわ ね

それ 今月号 か

この インタビュー 受け た 時 飲ん だ コーヒー が 苦く て な

なん だ っけ エスプレッソ

高校生 に エスプレッソ って

そもそも 初対面 から 失礼 な 人 で な

俺 を 見 て

本当 に 野崎 くん が 夢野 先生 な ん だ

えっ 高校生 って 言う から 美少女 の 女 か だ と 思って い まし た って

若い から 美少女 の 訳ない だろ う が

夢野 先生

はい

夢野 先生

はい

夢野 先生 夢野 先生 !

はい

学校 で 言わ れる と 変な気 分 だ な

もしかして みんな 知ら ない の

そうだ な クラス の 奴 も ほとんど 知ら ない し

それ って …

もしかして 私 が 特別

言って も みんな 信じ て くれ なかった から な

野崎 くん

そのうち しつこい って 怒ら れ た

だよ ね

そうだ 昨日 は ありがとう

美術部 は 平気 だった の か

私 の 部活 知って た の

ずっと 目 を 付け て いたから な

目 っ 目 って

あの はみ出し の 少ない ポスター 描け る 奴 は

いい 仕事 する だろ う なぁー と

技術 目当て

やっぱり 上手い な 佐倉

おかげ で 今度 の 締め切り は 早め に あげ られ そう だ

そう言え ば 野崎 くん

たまに ボロボロ で 学校 に 来る こと が あった けど …

おい 野崎 大丈夫 か

何が あった ん だ

ボロボロ じゃ ねぇ か

機嫌 悪い な

あれ って 締め切り だった ん だ ね

もしかして 喧嘩 裏 で 不良 やってる の かも なんて 思った よ

首 ばっかり 狙わ れる 不良 か 怖い な

だが 表 は 一般人 裏 で は ヤンキー という の は セオリー だ な

うん ネタ に なる な

隠れ て タバコ を 吸ったり お酒 飲ん だり する の

いや 少女漫画 だ から な

健全 に タバコ は チョコレート お酒 は ジュース に し て おこ う

いや 無理 ある よ

漫画 でも 法律 違反 は 怒ら れる ん だ

そっか 大変 な ん だ ね

これ は あの 伝統的 ラブ イベント の 前 振り です か 夢野 先生

い … 一緒 に 帰って も いい

俺 自転車 だ けど

何が

何 って 自転車 だ よ

後ろ で 感じる 彼 の 体温

どこ を 持って ば いい の ドキドキ し て 手 が 震え ちゃう

それ 今 は 道路交通法 違反 だ から

ごめんなさい

二 人乗り が でき ない 今

チャリ通 の 奴 と 一緒 に 帰る 図って の は

こう だ な

なんだか 華やか さ が 足り ない けど しょうがない ね

じゃあ こう する か

最低 最低 だ よ この 男

もしくは こう

なんか 馬 っぽい

少女漫画 の お話 考える の って 色々 大変 な ん だ ね

佐倉 一緒 に 帰ら ない か

帰る 帰る 帰る

今日 は チャリ通 だ から 後ろ に 乗っけ て やる

月刊 少女 野崎 くん

月刊 少女 野崎 くん

どっ どういう こと

野崎 くん もしかして 昨日 私 が 羨まし がって たから 無理 し て

どう しよ う 緊張 し て き た

そもそも 自転車 の 後ろ って どうなる ん だ っけ ?

こう

こう

荷台 が ない 場合 も ある よ ね

その時 は これ で いい ん だ っけ

こんなこと に なる なら もっと 前もって 練習 し て おけ ば

佐倉

はい

これ な ん だ が

一緒 に 乗って 感想 聞かせ て くれ

四輪 チャリ です

二 人乗り

どんな 気分 だ

ちょっと し た レジャー 気分 です

よし 次 右 行く ぞ

はい

次 の 角 は 曲がる ぞ

はい

恋 とか 生まれる と 思う か

なん かこ う … 信頼感 なら 生まれ そう です

そう か 後ろ が 漕い じゃ いけない ん じゃ ない か

なるほど じゃ 何も し ない で 座って みる よ

自分 だけ 何も し て ない 罪悪感 ハンパ な いよ

私 に も 漕が せ て

じゃ せめて …

腰 に 手 を 回し て ドキドキ だけ でも やって みる か

とりあえず 今日 の 経験 を 踏まえ て 描い て み た ん だ が

どう 思う

よけれ ば 乗って いく か

ダセー

どう し た 佐倉

いや なん かこ う … ヒーロー に モテ 要素 が 感じ られ ない という か

なるほど モテ 要素 だ な

先着 3 人 だけ 俺 の 後ろ に 乗せ て やる ぜ

4 人乗り

どい て 今日 こそ ここ に 座る わ

ふざけ ない で この サドル は 私 の もの よ

君 の ため に 2 番目 の サドル は キープ し て おい た よ 特別 さ

私 …

私 の 他 に も 何人 も 座った ん でしょ う

そんなの イヤッ

だめ こんな ワガママ 言ったら 嫌わ れ ちゃう の に

これ 最終的 に どうなる の

サドル が 全部 盗ま れる

でも 結局 雑誌 の 担当 編集 さん に ふざけ ん な と 却下 さ れ て

こうなり まし た

さ … 先に 帰って いい から …

いや 暗い し 送って いく よ

それ に こうして 歩け ば

少し でも 長く 君 とい られる し ね

このまま 時 が 止まって しまえ ば いい のに

今回 も 面白かった なぁ 夢野 先生 の 『 恋し よっ 』

チャリ の シーン とか かっこよかった よ ね

ねー 佐倉

そう ね

野崎 くん 乗ってか ない 君 の 特等席 だ ぜ

野崎 くん

気 に いった の か

でも なんだかんだ で 最終的 に は ロマンチック な 漫画 に なっちゃう ん だ から

やっぱ すごい なぁ

本当 は このまま ずっと ぎゅっと し て い て 欲しい のに

これ も 野崎 くん が 考え てる ん だ よ ね

だめ どうして 鈴木 君 の 事 ばっかり 考え ちゃう の

もう キライ キライ キライ

私 の 心の中 全部 占領 し ちゃう 鈴木 君 なんて

キライ だ もん

こ … これ も 野崎 くん が …

佐倉 どう し た

野崎 くん は 何で 少女漫画 描い てる の

まぁ 趣味 だった から そのまま ノリ で

そんなこと 言ってる けど この 内容 だ もん 私 だったら 絶対 描け ない

やっぱり 恋愛 経験 の 差 かな

まぁ あせる こと ない ん じゃ ない か

俺 なんて 初恋 も まだ だ し なぁ

本当 なんで 少女漫画 描い てる の

だが 恋愛 相談 に は けっこう 乗って き た ほう だ ぞ

佐倉 は 好き な やつ とか いる の か

わ … わ … わたし

えっと

わ … 私 は 最初 は 背 の 高さ と お … 男らしい 性格 に 引かれ て

告白 し た ん だ けど 気づい て もらえ なく て

でも その おかげ で 話す 回数 は 増え た ん だ けど

便利屋 くらい に しか 思わ れ て ない … よう な

そんな やつ のど こが いい ん だ

そう よ 私 このまま で いい の

や べー 青木 に 怒ら れる

ちょっ やばっ

野崎 くん ー

そうだ 私 …

まだ 自分 の 気持ち 伝え て ない

もう 一回 ちゃんと 告白 しよ う

野崎 くん

佐倉

千代 頑張る の よ

二度 目 な ん だ から ちゃんと きちんと 自分 の 思い を 伝え ない と

どう し た

わ … わたし …

その あ … あの … あの

あの …

あー の ー

ファン です

分かった 分かった

どうぞ

ワーイ うれしい なぁー 二枚目 の サイン だ ー

ワーイ ワーイ

私 の … バカー

佐倉

野崎 くん

今日 は 御子柴 も 手伝い に くる から 男 だ けど 大丈夫 か

御子柴 どんな 人

健気 で 傷つき やすい デリケート な やつで

俺 は 心の中 で 「 みこ りん 」 と 呼ん で いる

みこ りん …

癒し系 な の かな

は よーっ ス 野崎

なん だ その ちっこい の

御子柴 君 です

嘘つき !

夢野 先生 の コメント が 載ってる

先日 学校 の お友達 に サイン を お願い さ れ ちゃい まし た

緊張 し て 手 が 震え ちゃった けど 喜ん で くれる といい なぁ

これから も ハート に キュン キュン で 頑張る よ

次回 ニュー ヒロイン を よろしく ね

見 て ね


×

Nós usamos cookies para ajudar a deixar o LingQ melhor. Ao visitar o site, você concorda com nossos política de cookies.