image

SSSS.GRIDMAN, SSSS.Gridman Episode 7

♪~

~♪

( アナウンス ) 生徒 の 呼び出し を し ます

3 年 C 組 坂本 ( さ かも と ) 幸作 ( こう さく ) くん 至急 職員 室 まで 来 て ください

( 内海 ( う つみ ) ) 新 条 ( しんじょう ) アカネ が … 神様 ?

( 六 花 ( り っか ) ) ごめん 全然 意味 分 かん ない

( 裕 太 ( ゆ うた ) ) 俺 だって 聞い た とき は 信じ られ なかった けど …

女の子 が 教え て くれ た ん だ

( 六 花 ) 女の子 ?

( 裕 太 ) ああ 小学生 くらい の 女の子 な ん だ けど

でも 正体 は 怪獣 で …

( 内海 ) お前 ぶん 殴り ます よ

いや マジ で …

いや ホント な ん だ って !

何 その 話 ? 気持ち 悪 っ

( 内海 ) 気持ち 悪 っ

( アノ シラス ) 新 条 アカネ は 怪獣 を 使って 街 を 壊し て 街 を 直す

何度 も それ を 繰り返し て き た

この 街 の 外 に は 何も ない よ

“ 何も ない よ ” と か 言わ れ て も 反応 に 困る し

いや でも あの …

お前 さ

自称 怪獣 少女 から 聞い た こ と うのみ に する と か …

ハァ …

えっ と アカネ が 怪獣 を 作って て 街 ごと 作り替え てる ?

そう あれ !

あの 襲って こ ない 怪獣 が きっと そう な の かも …

( 内海 ) いやいや … なんで その 話 が 新 条 と 関係 あん の よ ?

接点 ない だ ろ

( 裕 太 ) いや 例えば 新 条 さん が 怪獣 好き と か …

いや ない でしょ 女子 高 生 怪獣 なんか 興味 ない から

まあ ない っ しょ

それ だけ じゃ なく て いつも 出 て くる 青い 怪獣 の …

( 担任 ) 今 さあ 学校 見学 会 やって る から さあ

( 内海 ・ 六 花 ) すい ませ ~ ん

静か に し て

( チャイム )

( チャイム )

( 六 花 ) や ばっ 鳴って る

( チャイム )

( 内海 ) ああ もう ! なんか ムダ に 怒ら れ た し

( チャイム )

( チャイム )

( チャイム )

( 裕 太 ) いったん 聞い て いったん !

( 裕 太 ) いったん 聞い て いったん !

( 教師 ) え ~ N これ どういう こと か と いう と ―

自分 らし さ を 見つけ られ ない 場合 …

え ~ “ 自分 と は 何 ぞ や ”

そういう の が 言え ない 状態 です ね

そういう の が 言え ない 状態 です ね

( 裕 太 ) あっ

え ~ 例えば …

( アカネ ) うん ? どう し た の ?

あ … あ いや 全然

( 裕 太 ) ダメ だ

や っぱ 話 が ムチャクチャ すぎ て 聞け ない

どう しよ う …

どう する ?

あ …

う わ っ

なんで お前 学校 に ! ?

( アンチ ) 待て !

( 衝撃 音 ) ( 生徒 たち の 悲鳴 )

( 裕 太 と アンチ の 荒い 息 )

お前 に 用 は ない グリッド マン を 出 せ

無理 だ

怪獣 が 出 ない かぎり グリッド マン は 現れ ない

怪獣 が 出 ない かぎり ?

( 裕 太 ) し … しまった !

ここ で こいつ に 怪獣 に 変身 さ れ たら …

えっ 逃げ た ?

あっ

( 走り去る 足音 )

あいつ 何 が し たい ん だ ?

( アカネ ) 君 何 し てる の ? こんな 所 で

( アンチ ) グリッド マン を 倒し たい

ヤツ が 現れ れ ば 俺 は 自分 の 意思 で 怪獣 に 戻れ る

そういう 設定 だ っけ ? いちいち 覚え て ない し

俺 に 命じろ ! ヤツ を 倒せ と !

そう すれ ば グリッド マン が 現れ …

( 倒れる 音 )

うるさい から

ここ 学校 な ん だ けど

もう 余計 な ことし ない で よ

( アレクシス ) ふ ~ む

( 裕 太 ) えー っと …

新 条 さん は 自分 が 気 に 入ら ない 不完全 な もの を 排除 する ため に ―

怪獣 を 作り …

( 内海 ) 街 を 破壊 し リセット を 繰り返し た

( 六 花 ) … と 怪獣 の 少女 が 言い まし た

でしょ ?

( 裕 太 ) や っぱ 無理 ある ?

( 六 花 ) 無理 ある てい うか さ …

( マックス ) いや 私 は その 少女 を 見 た

裕 太 は ウソ は つい て い ない

確かに 不思議 な 感じ の 少女 だった

( 裕 太 ) どう 思い ます ?

( キャリバー ) ど どうも 思わ ない

( 裕 太 ) う ~ ん …

( マックス ) 同級 生 なら 直接 聞い て 確かめ れ ば いい

今日 聞こ う と し た けど うまく いか なかった ん です よ

( ヴィット ) 代わり に 聞い て あげ れ ば ?

えっ 嫌 です よ そんな 意味 分 かん ない 話

( ボラー ) 内海 お前 聞い て やれ よ

勘弁 し て ください よ

グリッド マン 的 に は どう 思う ?

( グリッド マン ) すまない 私 に も よく 分から ない

( 裕 太 ) 怪獣 の 女の子 と か 知ら ない か な ?

( グリッド マン ) その 少女 に 関 する 情報 も 持って い ない

( 裕 太 ) そ っか …

い … 今 の グリッド マン は 完全 で は ない

俺 たち も 人 の こと は 言え ない けど ね

やっぱり あした 新 条 さん に 聞い て み ます

( グリッド マン ) 人 の 思い から 生まれる 怪獣 か

あの 子 も そんな こと 言って た

新 条 さん の 心 が 怪獣 を 生みだす ん だ って

アカネ の 心 が …

そんな こと って ある の か な ?

ウルトラ シリーズ なら それ って 定石 な ん だ よ な

いや こっち の 話 です

( 裕 太 ) あの 子 に もう 一 度 会え れ ば ―

もっと いろんな こと が 分かる はず な のに

( ドア の 閉まる 音 )

( 裕 太 ) あした … あした こそ 新 条 さん に 確かめ て みよ う

ん ? わ っ

え … な なんで ?

新 条 さん ! ?

お かえり グリッド マン くん

ど どう やって 入った の ?

か 鍵 は ?

( アカネ ) ねえ なんか 飲み 物 ない ?

のど 渇 い ちゃ った

( 裕 太 ) お茶 なら

( 飲む 音 )

ク … クーラー つける ? あれ ?

( アカネ ) ハァ …

いい よ そんな の

だって 私 …

神様 … だ から ?

あれ ? 知って た ん だ

話 が 早い じゃ ん

( におい を 嗅ぐ 音 )

( アカネ ) 響 ( ひびき ) くん の に おい が する

ねえ こっち に 来 ない ?

えっ ?

( アカネ ) 何 分かって ない ふり して ん すか

“ 手 を 組 も う ” って 言って ん の

私 の 仲間 に なって よ

きっと 神様 と 一緒 の ほう が 楽しい よ

自分 の 好き な よう に できる ん だ から

自分 の 好き な よう に し たい でしょ ?

ん …

悪い けど そっち に は 行け ない

( アカネ ) どうして ?

( 裕 太 ) 俺 に は やら なきゃ いけない こと が ある から

この 街 に は 大事 な 友達 が いる から

友達 を 裏切る こと は でき ない

友達 …

私 は 友達 じゃ ない の ?

それ は …

ふ ~ ん

( 息 を 吹きかける 音 ) ( 裕 太 ) う わ っ

ねえ 送って って よ 夜 遅い ん だ から

( アカネ ) この 街 は さ 余計 な もの だらけ だ よ ね

( 裕 太 ) そう な の ? ( アカネ ) そう な の

( 裕 太 ) 余計 な もの を 怪獣 で 壊す の ?

気 に 入ら ない もの を 壊し て 作り 直す って …

本当 に そんな こと し てる の ?

あ それ も 知って た ん だ

さすが グリッド マン

どう やって 怪獣 を 作る の ?

本当 に 新 条 さん の 心 が 怪獣 を 生みだす の ?

知り たい でしょ う ?

あっ もしもし 私

うん ちょっと さ 来 て 今 から

今 から 紹介 し たい 人 が いる ん だ けど

え ?

夜 まだ でしょ ?

ごちそう し て くれる って さ

( イヤホン から 流れる 音楽 )

( 六 花 ) 今度 渡さ なきゃ なあ …

( 携帯 電話 の 着信 音 ) ( 六 花 ) あっ

( 携帯 電話 の 着信 音 )

( 六 花 ) はい ?

( は っす ・ な みこ ) 六 花 ~

( 六 花 ) どう し た ?

( は っす ) 現 文 って ノート 提出 あした じゃ ん ?

( 六 花 ) あ ~ はい 写し たい ん でしょ ?

( は っす ) う お っ さすが 六 花 さん ! 尊い ぜ

( な みこ ) JK の 姿 し た 神 か よ !

( 六 花 ) は いはい

で どこ 行きゃ いい の ?

( 裕 太 ) ここ って …

入 ろ う

( 戸 の 開く 音 ) ( 問 川 と ん か わ の 父 ) いらっしゃい ませ ー

( アカネ ) 何 し よっ か な ~

あっ すい ませ ~ ん

豚 バラ 青菜 チャーハン と エビ チリ と ―

この タンタン 黒 ゴマ だれ ギョウザ の 6 個 の やつ と …

それ から …

あっ トマト ジュース って あり ます ?

( ウルトラマン ヒカリ ) グラン ナイト ビーム ブレード !

( アカネ ) いい よ 先 食べ ちゃ お う

じゃあ … いただき ます

( 裕 太 ) さすが に 毒 と か 入って たり しな いよ な

( アカネ ) うん N 響 くん の 考え てる とおり だ よ

あっ

ここ の 家 の 子 ―

私 の 怪獣 に お 願い し て 消し て もらった よ

なんで ? あの 人 新 条 さん に 何 か し た …

スペシャル ドッグ

響く ん に あげ た パン あの 子 たち さ ―

潰し ちゃ った じゃ ん

いや あ ホント な いわ ~ って 思って

え ?

えっ 覚え て ない ?

( 裕 太 ) じゃ なく って …

( メール の 着信 音 )

それ だけ ? そんな こと で ?

( メール の 着信 音 )

うん

だって 人 が 死 ん じゃ ったら 悲しむ 人 が いる でしょ

家族 と か 友達 と か …

( アカネ ) あ ~ まあ そう かも ね …

あっ もう 着く って さ !

( アレクシス ) どうも どうも アレクシス ・ ケリヴ です

いや あ 遅れ て 申し訳ない

君 が 響 裕 太 くん だ ね ?

アカネ くん から 話 は 聞い て いる よ

( 裕 太 ) 宇宙 人 だ …

( 戸 の 閉まる 音 ) ( 裕 太 ) こ … この 人 は ?

さっき 聞い て た じゃ ん “ どう やって 怪獣 を 作る の か ” って

彼 が ね いつも 頑張って くれ てる ん だ

( アレクシス ) いやいや

アカネ くん が デザイン し て いる もの を ―

ただ 起こし て いる に すぎ ない よ

( 問 川 の 父 ) タンタン 黒 ゴマ だれ ギョウザ です

( アレクシス ) ほう これ は おいし そう だ

( 裕 太 ) 何 が 目的 な ん だ ?

( アレクシス ) どう した ん だい ? N 響 裕 太 くん

遠慮 する こと は ない ぞ

( 裕 太 ) あ … はい

( アカネ ) あっ すい ませ ~ ん お しぼり もう 1 つ ください

( アレクシス ) ああ ありがとう

( アカネ ) てい うか 遅く ない ? 先 頼 ん じゃ った よ

( アレクシス ) すまない ね 急 な 用事 が 入って 出る の が 遅れ て しまって ね

( アレクシス ) すまない ね 急 な 用事 が 入って 出る の が 遅れ て しまって ね

( コール 音 )

( コール 音 )

( アカネ ) ねえ 絶対 ウソ でしょ

( コール 音 )

( コール 音 )

( コール 音 )

か 怪獣 ?

( コール 音 )

( アカネ ) は ?

( コール 音 )

今日 は そういう 日 じゃ ない から

( 裕 太 ) あ いや でも …

( アカネ ) 私 が そう 言う ん だ から そう に 決まって る でしょ ?

座 ん な よ

( アレクシス ) 気 に なる なら 見 て くる と いい

( 裕 太 ) ごちそうさま で し た !

( 戸 の 閉まる 音 )

あっ

何 だ あれ ?

( シャッター 音 ) ( 人々 の 騒ぎ 声 )

( な みこ ) うえ っ すげ え 何 あれ ?

( は っす ) め っちゃ UFO ( ユーフォー ) な ん です けど

( 六 花 ) ごめん ちょっと トイレ

( な みこ ・ は っす ) 唐突 だ な

裕 太 エイリアン クラフト だ

うん ついに 宇宙 人 襲来 だ !

ウソ …

アレクシス あれ どういう …

ハァ … ハァ …

あっ 来 た

裕 太 早く !

ごめん ちょっと 人 と 会って て …

グリッド マン

( グリッド マン ) 行く ぞ 裕 太

うん

アクセス フラッシュ !

( グリッド マン ) ふん っ

( マックス ) なぜ 攻撃 し て こ ない ?

( ボラー ) ただ 浮 い てる だけ ?

う わ っ

危ない !

( グリッド マン ) グリッド ビーム !

( グリッド マン ) ん ?

( 一同 ) あ …

( アレクシス ) お かえり アカネ くん

( アカネ ) 何 な の ? あの UFO みたい な の

( アレクシス ) あれ は アンチ くん 持ち込み 企画 の 怪獣 だ

アンチ に 怪獣 を 作ら せ た の ? なんで ?

( アレクシス ) だって ―

アンチ くん は 君 より も グリッド マン を 憎 ん で いる よ

え ?

( アレクシス ) 憎しみ が 強い ほど 強い 怪獣 が 生まれる から ね

お う っ

( グリッド マン ) あっ …

グリッドー …

ビーム !

ん ? ぐ わ っ

( 裕 太 ) う う っ これ じゃ キリ が ない !

なんか 不利 じゃ ない ?

よっ しゃ ここ は ボラー さん の 遠距離 攻撃 を …

( 蹴る 音 ) ( 内海 ) 尻 ~ っ !

グリッド ビーム が 効 い て ない ん だ から ―

俺 が 行って も 結果 同じ だ ろ

飛べ る ヤツ が 行って こい よ

そ それ が 確実 だ

( マックス ) いい 考え だ

( ボラー ) いや お め え に 言って ん だ よ

( ヴィット ) アハッ 俺 か

は いはい

ハァ …

アクセス コード

スカイヴィッター

( ヴィット ) 悪い 遅く なった グリッド マン

( グリッド マン ) おう ヴィット

た あっ

( グリッド マン ・ ヴィット ) 大空 合体 超人

スカイ グリッド マン !

( ヴィット ) 飛ぶ ぞ グリッド マン !

( グリッド マン ) おかしい

この UFO 自体 に 意思 を 感じ ない

( 裕 太 ) どういう こと ? それ って …

( ヴィット ) 何 か 仕掛け が ある ん でしょ

ラッキー スモーク スクリーン !

( グリッド マン ) グリッドー …

上 か ! ? ふ っ !

( グリッド マン ) て や ー っ

( 裕 太 ) い た !

( グリッド マン ) やはり こっち が 本体 か

( 怪獣 ) 憎い …

待って い た ぞ グリッド マン

は ー っ !

あいつ 飛 ん でる !

ま ー た こっち を パク り や がって よ

( アンチ ) くら え グリッド マン !

( 裕 太 ) あ あれ は …

何 だ ? これ …

( アノ シラス ) この 街 の 外 に は 何も ない よ

街 ? 空 に 街 が …

( 六 花 ) どういう こと ? ( マックス ) うん

( マックス ) 裕 太 が 少女 から 聞い た こと は ―

事実 かも しれ ない と いう こと だ

じゃあ やっぱり アカネ が …

そんな こと って ある の か ?

いや 本当 に 宇宙 人 が い た と し たら …

( グリッド マン ) ふ っ !

( アンチ ) もらった !

( ヴィット ) どう かな ?

( アンチ ) ぐ わ っ

( グリッド マン ) と お っ

グリッド ライト セイバー スラッシュ !

( 怪獣 ) 憎い …

( ヴィット ) 逃がす か !

アンプ レーザー サーカス !

( アンチ ) くう っ …

うわ ー っ

くう う う う …

( アレクシス ) やはり アンチ くん で は ダメ だった よう だ ね

本当 の 怪獣 を 作る こと が できる の は ―

本当 の 人間 で ある 君 だけ だ

うん

私 に しか でき ない

( アレクシス ) あの どう しよう も ない アンチ くん は ―

私 が 処分 し て おく よ

( アカネ ) お 願い もう 誰 も この 部屋 に は 入れ ない で

宇宙 人 と 会った ! ?

アカネ も … 一緒 に ?

( 裕 太 ) うん ( 内海 ) 新 条 が 宇宙 人 と ?

( ボラー ) しかも 空 の 上 に は 天井 み たい な 街 が あった

どういう こと な ん だ ろ う ?

神様 と か 宇宙 人 と か 空 の 街 と か …

なん かこ う 要素 が 多 すぎ ん だ ろ

( グリッド マン ) この 街 に 迫る 危機 の 根源 は ―

新 条 アカネ と その アレクシス ・ ケリヴ と 名乗る 者 か

( 裕 太 ) 新 条 さん の 心 が 怪獣 を 生みだす なら ―

きっと 戦う だけ が 使命 じゃ ない

俺 たち と グリッド マン に は ―

やら なけ れ ば なら ない こと が まだ ある ん だ

( アレクシス ) アンチ くん ちょっと いい かい ?

よく 頑張った ねえ ご 褒美 を あげよ う

う う っ …

う わ あ ああ あっ

( アンチ の うめき声 )

( アレクシス ) フフフフフ …

♪~

~♪



Want to learn a language?


Learn from this text and thousands like it on LingQ.

  • A vast library of audio lessons, all with matching text
  • Revolutionary learning tools
  • A global, interactive learning community.

LingQでオンライン語学学習

♪~

~♪

( アナウンス ) 生徒 の 呼び出し を し ます

3 年 C 組 坂本 ( さ かも と ) 幸作 ( こう さく ) くん 至急 職員 室 まで 来 て ください

( 内海 ( う つみ ) ) 新 条 ( しんじょう ) アカネ が … 神様 ?

( 六 花 ( り っか ) ) ごめん 全然 意味 分 かん ない

( 裕 太 ( ゆ うた ) ) 俺 だって 聞い た とき は 信じ られ なかった けど …

女の子 が 教え て くれ た ん だ

( 六 花 ) 女の子 ?

( 裕 太 ) ああ 小学生 くらい の 女の子 な ん だ けど

でも 正体 は 怪獣 で …

( 内海 ) お前 ぶん 殴り ます よ

いや マジ で …

いや ホント な ん だ って !

何 その 話 ? 気持ち 悪 っ

( 内海 ) 気持ち 悪 っ

( アノ シラス ) 新 条 アカネ は 怪獣 を 使って 街 を 壊し て 街 を 直す

何度 も それ を 繰り返し て き た

この 街 の 外 に は 何も ない よ

“ 何も ない よ ” と か 言わ れ て も 反応 に 困る し

いや でも あの …

お前 さ

自称 怪獣 少女 から 聞い た こ と うのみ に する と か …

ハァ …

えっ と アカネ が 怪獣 を 作って て 街 ごと 作り替え てる ?

そう あれ !

あの 襲って こ ない 怪獣 が きっと そう な の かも …

( 内海 ) いやいや … なんで その 話 が 新 条 と 関係 あん の よ ?

接点 ない だ ろ

( 裕 太 ) いや 例えば 新 条 さん が 怪獣 好き と か …

いや ない でしょ 女子 高 生 怪獣 なんか 興味 ない から

まあ ない っ しょ

それ だけ じゃ なく て いつも 出 て くる 青い 怪獣 の …

( 担任 ) 今 さあ 学校 見学 会 やって る から さあ

( 内海 ・ 六 花 ) すい ませ ~ ん

静か に し て

( チャイム )

( チャイム )

( 六 花 ) や ばっ 鳴って る

( チャイム )

( 内海 ) ああ もう ! なんか ムダ に 怒ら れ た し

( チャイム )

( チャイム )

( チャイム )

( 裕 太 ) いったん 聞い て いったん !

( 裕 太 ) いったん 聞い て いったん !

( 教師 ) え ~\ N これ どういう こと か と いう と ―

自分 らし さ を 見つけ られ ない 場合 …

え ~ “ 自分 と は 何 ぞ や ”

そういう の が 言え ない 状態 です ね

そういう の が 言え ない 状態 です ね

( 裕 太 ) あっ

え ~ 例えば …

( アカネ ) うん ? どう し た の ?

あ … あ いや 全然

( 裕 太 ) ダメ だ

や っぱ 話 が ムチャクチャ すぎ て 聞け ない

どう しよ う …

どう する ?

あ …

う わ っ

なんで お前 学校 に ! ?

( アンチ ) 待て !

( 衝撃 音 ) ( 生徒 たち の 悲鳴 )

( 裕 太 と アンチ の 荒い 息 )

お前 に 用 は ない グリッド マン を 出 せ

無理 だ

怪獣 が 出 ない かぎり グリッド マン は 現れ ない

怪獣 が 出 ない かぎり ?

( 裕 太 ) し … しまった !

ここ で こいつ に 怪獣 に 変身 さ れ たら …

えっ 逃げ た ?

あっ

( 走り去る 足音 )

あいつ 何 が し たい ん だ ?

( アカネ ) 君 何 し てる の ? こんな 所 で

( アンチ ) グリッド マン を 倒し たい

ヤツ が 現れ れ ば 俺 は 自分 の 意思 で 怪獣 に 戻れ る

そういう 設定 だ っけ ? いちいち 覚え て ない し

俺 に 命じろ ! ヤツ を 倒せ と !

そう すれ ば グリッド マン が 現れ …

( 倒れる 音 )

うるさい から

ここ 学校 な ん だ けど

もう 余計 な ことし ない で よ

( アレクシス ) ふ ~ む

( 裕 太 ) えー っと …

新 条 さん は 自分 が 気 に 入ら ない 不完全 な もの を 排除 する ため に ―

怪獣 を 作り …

( 内海 ) 街 を 破壊 し リセット を 繰り返し た

( 六 花 ) … と 怪獣 の 少女 が 言い まし た

でしょ ?

( 裕 太 ) や っぱ 無理 ある ?

( 六 花 ) 無理 ある てい うか さ …

( マックス ) いや 私 は その 少女 を 見 た

裕 太 は ウソ は つい て い ない

確かに 不思議 な 感じ の 少女 だった

( 裕 太 ) どう 思い ます ?

( キャリバー ) ど どうも 思わ ない

( 裕 太 ) う ~ ん …

( マックス ) 同級 生 なら 直接 聞い て 確かめ れ ば いい

今日 聞こ う と し た けど うまく いか なかった ん です よ

( ヴィット ) 代わり に 聞い て あげ れ ば ?

えっ 嫌 です よ そんな 意味 分 かん ない 話

( ボラー ) 内海 お前 聞い て やれ よ

勘弁 し て ください よ

グリッド マン 的 に は どう 思う ?

( グリッド マン ) すまない 私 に も よく 分から ない

( 裕 太 ) 怪獣 の 女の子 と か 知ら ない か な ?

( グリッド マン ) その 少女 に 関 する 情報 も 持って い ない

( 裕 太 ) そ っか …

い … 今 の グリッド マン は 完全 で は ない

俺 たち も 人 の こと は 言え ない けど ね

やっぱり あした 新 条 さん に 聞い て み ます

( グリッド マン ) 人 の 思い から 生まれる 怪獣 か

あの 子 も そんな こと 言って た

新 条 さん の 心 が 怪獣 を 生みだす ん だ って

アカネ の 心 が …

そんな こと って ある の か な ?

ウルトラ シリーズ なら それ って 定石 な ん だ よ な

いや こっち の 話 です

( 裕 太 ) あの 子 に もう 一 度 会え れ ば ―

もっと いろんな こと が 分かる はず な のに

( ドア の 閉まる 音 )

( 裕 太 ) あした … あした こそ 新 条 さん に 確かめ て みよ う

ん ? わ っ

え … な なんで ?

新 条 さん ! ?

お かえり グリッド マン くん

ど どう やって 入った の ?

か 鍵 は ?

( アカネ ) ねえ なんか 飲み 物 ない ?

のど 渇 い ちゃ った

( 裕 太 ) お茶 なら

( 飲む 音 )

ク … クーラー つける ? あれ ?

( アカネ ) ハァ …

いい よ そんな の

だって 私 …

神様 … だ から ?

あれ ? 知って た ん だ

話 が 早い じゃ ん

( におい を 嗅ぐ 音 )

( アカネ ) 響 ( ひびき ) くん の に おい が する

ねえ こっち に 来 ない ?

えっ ?

( アカネ ) 何 分かって ない ふり して ん すか

“ 手 を 組 も う ” って 言って ん の

私 の 仲間 に なって よ

きっと 神様 と 一緒 の ほう が 楽しい よ

自分 の 好き な よう に できる ん だ から

自分 の 好き な よう に し たい でしょ ?

ん …

悪い けど そっち に は 行け ない

( アカネ ) どうして ?

( 裕 太 ) 俺 に は やら なきゃ いけない こと が ある から

この 街 に は 大事 な 友達 が いる から

友達 を 裏切る こと は でき ない

友達 …

私 は 友達 じゃ ない の ?

それ は …

ふ ~ ん

( 息 を 吹きかける 音 ) ( 裕 太 ) う わ っ

ねえ 送って って よ 夜 遅い ん だ から

( アカネ ) この 街 は さ 余計 な もの だらけ だ よ ね

( 裕 太 ) そう な の ? ( アカネ ) そう な の

( 裕 太 ) 余計 な もの を 怪獣 で 壊す の ?

気 に 入ら ない もの を 壊し て 作り 直す って …

本当 に そんな こと し てる の ?

あ それ も 知って た ん だ

さすが グリッド マン

どう やって 怪獣 を 作る の ?

本当 に 新 条 さん の 心 が 怪獣 を 生みだす の ?

知り たい でしょ う ?

あっ もしもし 私

うん ちょっと さ 来 て 今 から

今 から 紹介 し たい 人 が いる ん だ けど

え ?

夜 まだ でしょ ?

ごちそう し て くれる って さ

( イヤホン から 流れる 音楽 )

( 六 花 ) 今度 渡さ なきゃ なあ …

( 携帯 電話 の 着信 音 ) ( 六 花 ) あっ

( 携帯 電話 の 着信 音 )

( 六 花 ) はい ?

( は っす ・ な みこ ) 六 花 ~

( 六 花 ) どう し た ?

( は っす ) 現 文 って ノート 提出 あした じゃ ん ?

( 六 花 ) あ ~ はい 写し たい ん でしょ ?

( は っす ) う お っ さすが 六 花 さん ! 尊い ぜ

( な みこ ) JK の 姿 し た 神 か よ !

( 六 花 ) は いはい

で どこ 行きゃ いい の ?

( 裕 太 ) ここ って …

入 ろ う

( 戸 の 開く 音 ) ( 問 川 と ん か わ の 父 ) いらっしゃい ませ ー

( アカネ ) 何 し よっ か な ~

あっ すい ませ ~ ん

豚 バラ 青菜 チャーハン と エビ チリ と ―

この タンタン 黒 ゴマ だれ ギョウザ の 6 個 の やつ と …

それ から …

あっ トマト ジュース って あり ます ?

( ウルトラマン ヒカリ ) グラン ナイト ビーム ブレード !

( アカネ ) いい よ 先 食べ ちゃ お う

じゃあ … いただき ます

( 裕 太 ) さすが に 毒 と か 入って たり しな いよ な

( アカネ ) うん \ N 響 くん の 考え てる とおり だ よ

あっ

ここ の 家 の 子 ―

私 の 怪獣 に お 願い し て 消し て もらった よ

なんで ? あの 人 新 条 さん に 何 か し た …

スペシャル ドッグ

響く ん に あげ た パン あの 子 たち さ ―

潰し ちゃ った じゃ ん

いや あ ホント な いわ ~ って 思って

え ?

えっ 覚え て ない ?

( 裕 太 ) じゃ なく って …

( メール の 着信 音 )

それ だけ ? そんな こと で ?

( メール の 着信 音 )

うん

だって 人 が 死 ん じゃ ったら 悲しむ 人 が いる でしょ

家族 と か 友達 と か …

( アカネ ) あ ~ まあ そう かも ね …

あっ もう 着く って さ !

( アレクシス ) どうも どうも アレクシス ・ ケリヴ です

いや あ 遅れ て 申し訳ない

君 が 響 裕 太 くん だ ね ?

アカネ くん から 話 は 聞い て いる よ

( 裕 太 ) 宇宙 人 だ …

( 戸 の 閉まる 音 ) ( 裕 太 ) こ … この 人 は ?

さっき 聞い て た じゃ ん “ どう やって 怪獣 を 作る の か ” って

彼 が ね いつも 頑張って くれ てる ん だ

( アレクシス ) いやいや

アカネ くん が デザイン し て いる もの を ―

ただ 起こし て いる に すぎ ない よ

( 問 川 の 父 ) タンタン 黒 ゴマ だれ ギョウザ です

( アレクシス ) ほう これ は おいし そう だ

( 裕 太 ) 何 が 目的 な ん だ ?

( アレクシス ) どう した ん だい ? \ N 響 裕 太 くん

遠慮 する こと は ない ぞ

( 裕 太 ) あ … はい

( アカネ ) あっ すい ませ ~ ん お しぼり もう 1 つ ください

( アレクシス ) ああ ありがとう

( アカネ ) てい うか 遅く ない ? 先 頼 ん じゃ った よ

( アレクシス ) すまない ね 急 な 用事 が 入って 出る の が 遅れ て しまって ね

( アレクシス ) すまない ね 急 な 用事 が 入って 出る の が 遅れ て しまって ね

( コール 音 )

( コール 音 )

( アカネ ) ねえ 絶対 ウソ でしょ

( コール 音 )

( コール 音 )

( コール 音 )

か 怪獣 ?

( コール 音 )

( アカネ ) は ?

( コール 音 )

今日 は そういう 日 じゃ ない から

( 裕 太 ) あ いや でも …

( アカネ ) 私 が そう 言う ん だ から そう に 決まって る でしょ ?

座 ん な よ

( アレクシス ) 気 に なる なら 見 て くる と いい

( 裕 太 ) ごちそうさま で し た !

( 戸 の 閉まる 音 )

あっ

何 だ あれ ?

( シャッター 音 ) ( 人々 の 騒ぎ 声 )

( な みこ ) うえ っ すげ え 何 あれ ?

( は っす ) め っちゃ UFO ( ユーフォー ) な ん です けど

( 六 花 ) ごめん ちょっと トイレ

( な みこ ・ は っす ) 唐突 だ な

裕 太 エイリアン クラフト だ

うん ついに 宇宙 人 襲来 だ !

ウソ …

アレクシス あれ どういう …

ハァ … ハァ …

あっ 来 た

裕 太 早く !

ごめん ちょっと 人 と 会って て …

グリッド マン

( グリッド マン ) 行く ぞ 裕 太

うん

アクセス フラッシュ !

( グリッド マン ) ふん っ

( マックス ) なぜ 攻撃 し て こ ない ?

( ボラー ) ただ 浮 い てる だけ ?

う わ っ

危ない !

( グリッド マン ) グリッド ビーム !

( グリッド マン ) ん ?

( 一同 ) あ …

( アレクシス ) お かえり アカネ くん

( アカネ ) 何 な の ? あの UFO みたい な の

( アレクシス ) あれ は アンチ くん 持ち込み 企画 の 怪獣 だ

アンチ に 怪獣 を 作ら せ た の ? なんで ?

( アレクシス ) だって ―

アンチ くん は 君 より も グリッド マン を 憎 ん で いる よ

え ?

( アレクシス ) 憎しみ が 強い ほど 強い 怪獣 が 生まれる から ね

お う っ

( グリッド マン ) あっ …

グリッドー …

ビーム !

ん ? ぐ わ っ

( 裕 太 ) う う っ これ じゃ キリ が ない !

なんか 不利 じゃ ない ?

よっ しゃ ここ は ボラー さん の 遠距離 攻撃 を …

( 蹴る 音 ) ( 内海 ) 尻 ~ っ !

グリッド ビーム が 効 い て ない ん だ から ―

俺 が 行って も 結果 同じ だ ろ

飛べ る ヤツ が 行って こい よ

そ それ が 確実 だ

( マックス ) いい 考え だ

( ボラー ) いや お め え に 言って ん だ よ

( ヴィット ) アハッ 俺 か

は いはい

ハァ …

アクセス コード

スカイヴィッター

( ヴィット ) 悪い 遅く なった グリッド マン

( グリッド マン ) おう ヴィット

た あっ

( グリッド マン ・ ヴィット ) 大空 合体 超人

スカイ グリッド マン !

( ヴィット ) 飛ぶ ぞ グリッド マン !

( グリッド マン ) おかしい

この UFO 自体 に 意思 を 感じ ない

( 裕 太 ) どういう こと ? それ って …

( ヴィット ) 何 か 仕掛け が ある ん でしょ

ラッキー スモーク スクリーン !

( グリッド マン ) グリッドー …

上 か ! ? ふ っ !

( グリッド マン ) て や ー っ

( 裕 太 ) い た !

( グリッド マン ) やはり こっち が 本体 か

( 怪獣 ) 憎い …

待って い た ぞ グリッド マン

は ー っ !

あいつ 飛 ん でる !

ま ー た こっち を パク り や がって よ

( アンチ ) くら え グリッド マン !

( 裕 太 ) あ あれ は …

何 だ ? これ …

( アノ シラス ) この 街 の 外 に は 何も ない よ

街 ? 空 に 街 が …

( 六 花 ) どういう こと ? ( マックス ) うん

( マックス ) 裕 太 が 少女 から 聞い た こと は ―

事実 かも しれ ない と いう こと だ

じゃあ やっぱり アカネ が …

そんな こと って ある の か ?

いや 本当 に 宇宙 人 が い た と し たら …

( グリッド マン ) ふ っ !

( アンチ ) もらった !

( ヴィット ) どう かな ?

( アンチ ) ぐ わ っ

( グリッド マン ) と お っ

グリッド ライト セイバー スラッシュ !

( 怪獣 ) 憎い …

( ヴィット ) 逃がす か !

アンプ レーザー サーカス !

( アンチ ) くう っ …

うわ ー っ

くう う う う …

( アレクシス ) やはり アンチ くん で は ダメ だった よう だ ね

本当 の 怪獣 を 作る こと が できる の は ―

本当 の 人間 で ある 君 だけ だ

うん

私 に しか でき ない

( アレクシス ) あの どう しよう も ない アンチ くん は ―

私 が 処分 し て おく よ

( アカネ ) お 願い もう 誰 も この 部屋 に は 入れ ない で

宇宙 人 と 会った ! ?

アカネ も … 一緒 に ?

( 裕 太 ) うん ( 内海 ) 新 条 が 宇宙 人 と ?

( ボラー ) しかも 空 の 上 に は 天井 み たい な 街 が あった

どういう こと な ん だ ろ う ?

神様 と か 宇宙 人 と か 空 の 街 と か …

なん かこ う 要素 が 多 すぎ ん だ ろ

( グリッド マン ) この 街 に 迫る 危機 の 根源 は ―

新 条 アカネ と その アレクシス ・ ケリヴ と 名乗る 者 か

( 裕 太 ) 新 条 さん の 心 が 怪獣 を 生みだす なら ―

きっと 戦う だけ が 使命 じゃ ない

俺 たち と グリッド マン に は ―

やら なけ れ ば なら ない こと が まだ ある ん だ

( アレクシス ) アンチ くん ちょっと いい かい ?

よく 頑張った ねえ ご 褒美 を あげよ う

う う っ …

う わ あ ああ あっ

( アンチ の うめき声 )

( アレクシス ) フフフフフ …

♪~

~♪

×

LingQをより快適にするためCookieを使用しています。サイトの訪問により同意したと見なされます cookie policy.