image

K RETURN OF KINGS, K - Return of Kings Episode 8

迦 具 都

お前 は なんて こと を

生き て いる 者 が い たら 返事 を しろ

誰 か 誰 か い ない の か

頼む 誰 か 返事 を

おい しっかり しろ 生き てる か

ダメ か

こんな 子供 まで

これ が 俺 が 目指し た 理想 の 結末 だって いう の か

子供 一 人 救え ない 王 の 力 に

なんの 意味 が ある ん だ

どういう こと な ん でしょ う 伏見 さん

5 本 目 の ダモクレス の 剣 が 出 て くる なんて

今 いる 王 は 四 人 じゃ なかった ん でしょ う か

ち っ ろく で も ない 事態 だ な

あれ って 何 色 です か ね

黄金 でも 無色 で も ない

って こと は 残り は 1 つ だ ろ

まさか と は 思った けど な

あっ 緑 が 消え ます

第 五 王権 者 の ヴァイス マン 偏 差 急速 に 下降 中

前 世紀 末 に 生じ た 最大 に し て 最悪 の 王権 暴発 事例

迦 具 都 事件

その 巻き添え に なり 死 ん だ と 思わ れ て い た

第 六 王権 者 灰色 の 王 鳳 聖 悟

その 男 が 生き延び 緑 の クラン の 黒幕 と なって い た と は

さすが に 驚 い た と 言わ ざる を え ませ ん ね

いい や 宗像

鳳 聖 悟 と か いう 男 は 確かに あの とき 死 ん だ の さ

今 お前 の 目の前 に いる の は

緑 の 王 比 水流 の 親 代わり に し て

JUNGLE の 居候 磐 舟 天 鶏

飛べ ない 鶏 さ

黒幕 なんて 大層 な もん じゃ ねぇ

ただ の お っ さん だ よ

絶対 守護 の 属性 を 持つ 霧 の サンクトゥム

その 力 を こうして 展開 し ながら

よく ぬけぬけ と ただ の 男 など と 言え た もの です

俺 の 勝ち です 宗像 礼司

なんか も わ っと し て き た よ

これ は …

ダメ 止め なきゃ

アンナ

シロ シロ

シロ

クロ ネコ を 頼む そこ から 離れろ

シロ シロ

宗像 さん

おいおい どこ 狙って ん だ

クラン を 失い 名 を 変え

地 に 潜って 一 人 おめおめ と 生き延び た 男 に ふさわしい

卑小 な 戦い 方 です ね

なんと でも 言 や ぁ いい

プライド なんて もの は とっくに 捨て ち まった んで ね

痛く も かゆ くも ねぇ よ

灰色 の クラン カテドラル

全 盛期 は 黄金 の クラン 非時 院 に 次ぐ 勢力 を 誇って い た

強大 な クラン

その カテドラル を 率い て い た の が 灰色 の 王 鳳 聖 悟

力 と 徳 を 備え

クランズマン のみ なら ず

一般 市民 から も 広く 慕わ れ て い た 傑 物 と いわ れ て いる

だから そんな ご 立派 な もん じゃ ねぇ って

14 年 前

赤 の 王 迦 具 都 玄 示 の ダモクレス ダウン を 阻止 しよ う と

クランズマン を 率い て 乗り込む も

迦 具 都 を 止める こと は でき ず

クラン は 全滅

一般 市民 を 含め 70 万 の 死者 が 出る 未曽有 の 大 惨事 と なった

あの とき 救う こと が でき なかった 人々 と 共に

昔 の 自分 を あの 時間 に 置 い て き た

と いう わけ です か

さあ どう だ ろ う なぁ

何 しろ 昔 の 話 だ から な

それ が なぜ 今頃 比 水流 に 加担 し て

表 舞台 に 出 て くる 気 に なった の です

比 水流 の 提言 どおり の 世界 が 仮に 実現 すれ ば

社会 は 混迷 に 陥り

間違い なく 多数 の 死傷 者 が 出る

その よう な 蛮行 に 賛同 する と は

人類 を 救済 し 理想 の 楽園 を 作り上げよ う と して い た

あなた の 考え と は 思え ませ ん ね

迦 具 都 の 事件 が そこ まで あなた を 落ちぶれ させ まし た か

理想 の 楽園 ねぇ

王 に そんな もん を 作る 力 は ねぇ よ

俺 も お前 も

この 意地 の 悪い 石 盤 の 上 で 転がさ れ てる だけ な の さ

石 盤 を 転 がそ う と して る あいつ 以外 は な

アンナ 大丈夫

寒い の ?

なんて 寒い 霧 これ が この 人 の 絶望 の 深 さ

灰色 の 王 鳳 聖 悟

争い を 憎む 平和 主義 者 で あり ながら

いざ 戦え ば

同 世代 の 青 の 王 羽 張 迅 赤 の 王 迦 具 都 玄 示 と 肩 を 並べる 強 さ だった って

中尉 から 聞い た

宗像 さん

しまった 空 か

何 十万 と いう 人々 が 訳 が 分から ねぇ まま

何も でき ねぇ まま ただ 死ぬ しか なかった

一人一人 が 力 を 持て ば

無抵抗 に 死 を 突きつけ られる だけ じゃ ねぇ

て め ぇ の 責任 で あらがう こと が できる

流 が ぶち上げよ う と して ん の は そういう 世界 さ

戯言 を

身 に 余る 力 を 突然 手 に 入れた 人間 たち が

力 を 誇示 し て 殺し 合う

愚か しい 混迷 の 世 が 来る だけ です

社会 に は 秩序 と それ を 管理 する 者 が 必要 だ

秩序 と 知性 ある 世界 こそ が 美しい 理想 の 世界 です

青臭い ねぇ まったく

おっと 青 の 王 だけ に って か

理想 の 世界 なんて もん を 自分 の 力 で 作 れる と 本気 で 思って ん の は

宗像 お前 が まだ 挫折 を 味わった こと が ねぇ 青二才 だ から さ

青 の 王 だけ に って か

ちょっと タンマ な

そんなに がつがつ 突っ込み 過ぎる ん じゃ ねぇ よ

青二才 これ は お っ さん から の アドバイス だ

理想 を 高く 持ち 過ぎる と 挫折 も で かく なる ぜ

何事 も ほどほど に 力 を 抜 い とく の が いい って こった

無駄 な おしゃべり に つきあう 気 は あり ませ ん

かくれんぼ の 再開 です か

やすやす と その 手 は 使わ せ ませ ん

無理 す ん な よ 調子 悪 ぃ ん だ ろ

弱って る 相手 に 全力 使う の も だせ ぇ けど な

こっち も そろそろ 潮時 だ

悪 ぃ な 宗像

お前 に つきあって ちょ ろ っと チャンバラ 演じ て やった の も

こいつ を 運び出す 時間 稼ぎ だった わけ だ

ああ 泥棒

返せ

不覚 を 取った か

モニター まだ 回復 し ない の か

室長 の 無事 を 確認 しろ

は はい 石 盤 の 間 に 至急 人員 を 回し ます

保険 は 掛け と くもん だ な

負傷 者 の 搬出 を 優先 しろ

タワー 内 に まだ 残って いる 負傷 者 は い ない か

内部 の 崩落 の 危険 性 が ある

救出 班 は 注意 し て 作業 に 当たれ

あの ヘリ の 行方 は

それ が 例の 霧 は 目 視 だけ で なく

レーダー も 妨害 する よう で 追跡 不能 と の こと です

そう か とにかく 全力 で 捜索 を 続けろ

はっ

情報 班 は 映像 分析 急げ

報告 は 伏見 に 集約 しろ

シロ 元 気 ない

シロ これ から どう する

どう し よっ か なぁ

実は 僕 も ちょっと 途方 に 暮れ ちゃ って る

まさか あっ ち が あんな ジョーカー を 持って る と は 思わ なかった よ

僕 の 失策 だ

頼りない こと を 言う な シロ

落ち込 ん で いる 暇 は ない ぞ

もちろん 石 盤 を 奪い 返す の だ ろ う

奪い 返す か

中尉 が 身 を 賭 し て 半 世紀 以上

そして 中尉 の 死後 は 宗像 さん が 引き継 い で 制御 し て い た 石 盤 の 力 が

世界 に 解放 さ れる の も

これ で 時間 の 問題 に なった

解放 さ れる と どう なる の

みんな 裸 に なっちゃ う

バカ 者 真面目 な 話 を し て いる ん だ

シロ に 元気 に なって もら お う と し た ん だ もん

シロ さん 俺 たち は 一旦 引き揚げ ます わ

こっち も 負傷 者 が おり ます んで

うん ご苦労さま で し た

まだ 終わって ない

まだ できる こと は ある はず

私 たち は 諦め て い ない

うん そう だ ね

まだ 手段 は ある よ

白銀 の 王 に さんざん こき使わ れ て

結局 作戦 失敗 って こと か よ

それ 言ったら 身 も 蓋 も ない って さん ちゃん

そう そう 緑 の 王 を 止め られ なかった 俺 たち に も 責任 は ある ん だ ぜ

これ から どう なる ん だ ろ う な

緑 の 連中 が 石 盤 を 手 に 入れ た ら

つまり 何 が 起きる って こと なん す か ね 八田 さん

お … おう お 疲れ

同盟 なんて 仰々しい もん ぶち上げ て

バカバカしい なれ合い を 演じ た あげく に 負け た ん じゃ

目 も 当てられ ねぇ な

そういう 言い 方 する ん じゃ ねぇ よ

みんな 全力 で 戦った ん じゃ ねぇ か

全力 で やって この ザマ か よ

車 ん 中 で パソコン たた い て た だけ の お前 が 言う な

だいたい お前 ん と この 王 が

灰色 の 王 に 勝って れ ば よかった ん じゃ ねぇ の か

その とおり だ な

俺 も がっかり だ よ

って おい 自分 と この 王 だ ろ

もっと 違う 言い 方 ねぇ の か よ

なあ やっと 面白く なる かも しれ ない ぜ

俺 を 追っかけ て こい よ

猿 比 古

灰色 の 王 が 生存 し て い た と は

しかも 比 水 に 付い て いる と は 想定 外 で し た

想定 外 いいえ 違い ます ね

未然 に 防げ た ミス です

灰色 の 王 の 影 を 少しも 疑わ なかった の は

明らか に 王 で ある あんた と 伊 佐 那 社 の 落ち度 です

石 盤 の 取り合い だけ に 夢中 に なって て

王 が 王 の 存在 に まったく 感づか ない なんて ね

今更 言って も しかた の ない 批判 を しに 来 た だけ なら 下がり なさい

疲れ て いる ん です よ

これ から の 指示 も 出さ ない ん です か

今後 の こと は 伊 佐 那 社 が 考える でしょ う

彼 の 指示 に 従い なさい

私 は 敗者 です から しばらく 自粛 し ます よ

1 対 1 で こ てんぱん に やら れ た から って

何 すね てる ん です か

黄金 の 王 が 死 ん で

目 の 上 の たん こぶ が これ で 全員 あんた の 目の前 から 退場 し て

これ から 世の中 が 思いどおり に なる って ところ だった のに

厄介 な 年寄り が まだ 生き残って た って わけ だ

そりゃ 嫌気 も 差す でしょう ね

君 の 方 は この 結果 に なって 気 が 晴れ まし た か

もともと 君 は 今回 の 同盟 に 不服 だった ん でしょ う から ね

作戦 が 失敗 し て ざま ぁ みろ と いった ところ です か

ついでに あんた が 負け て ざま ぁ みろ と 思って ます よ

伏見 さん 言い過ぎ っす

あんた が ここ で 放り出す って いう なら

俺 は 降り ます よ

では 降り なさい

私 に 文句 が ある なら 出 て いって 結構

もともと 君 は 裏切り者 じゃ ない です か

気 に 入ら なけ れ ば すぐ 辞める

君 は 昔 から そういう 人間 でしょ う

そう やって どの 王 に も 心 から は 従え ず

それでいて 石 盤 の 歯車 から 外れる こと も でき ず

狭い 範囲 を うろうろ し てる だけ の 小物 です よ

君 は

伏見 さん

室長 いい ん です か

放っておき なさい

は いはい 世 理 ちゃん ど ない した ん

今後 の 方針 の こと かい な

ん 伏見 ?

いや うち に は 来 て へん けど

伏見 が なん や て

八田

伏見 と 連絡 なんか 取って へん よ な

取って る わけない じゃ ない っす か

って あいつ が どう かし たんす か

うん いや な セプター 4 で なん やもめ て

飛び出し た っきり 音信 不通 らしい ん や

室長 と 言い合った らしい ん だ けど

正直 仕事 が 回ら なく て 困って る の よ

伏見 君 個人 の スキル で 回し て た こと が 山ほど あった から

どこ で 何 を し てる ん だ か

寝る 場所 ある の かしら

もともと 君 は 裏切り者 じゃ ない です か

だったら 裏切り者 に なって やる よ

咲き誇る 緑 の 大樹 と こぼれ落ちる 青 の かけら

次回 K RETURN OF KINGS

第 九 話 KID ' S ROOM

いびつ な 心 が 迷い ながら 転がって いく



Want to learn a language?


Learn from this text and thousands like it on LingQ.

  • A vast library of audio lessons, all with matching text
  • Revolutionary learning tools
  • A global, interactive learning community.

LingQでオンライン語学学習

迦 具 都

お前 は なんて こと を

生き て いる 者 が い たら 返事 を しろ

誰 か 誰 か い ない の か

頼む 誰 か 返事 を

おい しっかり しろ 生き てる か

ダメ か

こんな 子供 まで

これ が 俺 が 目指し た 理想 の 結末 だって いう の か

子供 一 人 救え ない 王 の 力 に

なんの 意味 が ある ん だ

どういう こと な ん でしょ う 伏見 さん

5 本 目 の ダモクレス の 剣 が 出 て くる なんて

今 いる 王 は 四 人 じゃ なかった ん でしょ う か

ち っ ろく で も ない 事態 だ な

あれ って 何 色 です か ね

黄金 でも 無色 で も ない

って こと は 残り は 1 つ だ ろ

まさか と は 思った けど な

あっ 緑 が 消え ます

第 五 王権 者 の ヴァイス マン 偏 差 急速 に 下降 中

前 世紀 末 に 生じ た 最大 に し て 最悪 の 王権 暴発 事例

迦 具 都 事件

その 巻き添え に なり 死 ん だ と 思わ れ て い た

第 六 王権 者 灰色 の 王 鳳 聖 悟

その 男 が 生き延び 緑 の クラン の 黒幕 と なって い た と は

さすが に 驚 い た と 言わ ざる を え ませ ん ね

いい や 宗像

鳳 聖 悟 と か いう 男 は 確かに あの とき 死 ん だ の さ

今 お前 の 目の前 に いる の は

緑 の 王 比 水流 の 親 代わり に し て

JUNGLE の 居候 磐 舟 天 鶏

飛べ ない 鶏 さ

黒幕 なんて 大層 な もん じゃ ねぇ

ただ の お っ さん だ よ

絶対 守護 の 属性 を 持つ 霧 の サンクトゥム

その 力 を こうして 展開 し ながら

よく ぬけぬけ と ただ の 男 など と 言え た もの です

俺 の 勝ち です 宗像 礼司

なんか も わ っと し て き た よ

これ は …

ダメ 止め なきゃ

アンナ

シロ シロ

シロ

クロ ネコ を 頼む そこ から 離れろ

シロ シロ

宗像 さん

おいおい どこ 狙って ん だ

クラン を 失い 名 を 変え

地 に 潜って 一 人 おめおめ と 生き延び た 男 に ふさわしい

卑小 な 戦い 方 です ね

なんと でも 言 や ぁ いい

プライド なんて もの は とっくに 捨て ち まった んで ね

痛く も かゆ くも ねぇ よ

灰色 の クラン カテドラル

全 盛期 は 黄金 の クラン 非時 院 に 次ぐ 勢力 を 誇って い た

強大 な クラン

その カテドラル を 率い て い た の が 灰色 の 王 鳳 聖 悟

力 と 徳 を 備え

クランズマン のみ なら ず

一般 市民 から も 広く 慕わ れ て い た 傑 物 と いわ れ て いる

だから そんな ご 立派 な もん じゃ ねぇ って

14 年 前

赤 の 王 迦 具 都 玄 示 の ダモクレス ダウン を 阻止 しよ う と

クランズマン を 率い て 乗り込む も

迦 具 都 を 止める こと は でき ず

クラン は 全滅

一般 市民 を 含め 70 万 の 死者 が 出る 未曽有 の 大 惨事 と なった

あの とき 救う こと が でき なかった 人々 と 共に

昔 の 自分 を あの 時間 に 置 い て き た

と いう わけ です か

さあ どう だ ろ う なぁ

何 しろ 昔 の 話 だ から な

それ が なぜ 今頃 比 水流 に 加担 し て

表 舞台 に 出 て くる 気 に なった の です

比 水流 の 提言 どおり の 世界 が 仮に 実現 すれ ば

社会 は 混迷 に 陥り

間違い なく 多数 の 死傷 者 が 出る

その よう な 蛮行 に 賛同 する と は

人類 を 救済 し 理想 の 楽園 を 作り上げよ う と して い た

あなた の 考え と は 思え ませ ん ね

迦 具 都 の 事件 が そこ まで あなた を 落ちぶれ させ まし た か

理想 の 楽園 ねぇ

王 に そんな もん を 作る 力 は ねぇ よ

俺 も お前 も

この 意地 の 悪い 石 盤 の 上 で 転がさ れ てる だけ な の さ

石 盤 を 転 がそ う と して る あいつ 以外 は な

アンナ 大丈夫

寒い の ?

なんて 寒い 霧 これ が この 人 の 絶望 の 深 さ

灰色 の 王 鳳 聖 悟

争い を 憎む 平和 主義 者 で あり ながら

いざ 戦え ば

同 世代 の 青 の 王 羽 張 迅 赤 の 王 迦 具 都 玄 示 と 肩 を 並べる 強 さ だった って

中尉 から 聞い た

宗像 さん

しまった 空 か

何 十万 と いう 人々 が 訳 が 分から ねぇ まま

何も でき ねぇ まま ただ 死ぬ しか なかった

一人一人 が 力 を 持て ば

無抵抗 に 死 を 突きつけ られる だけ じゃ ねぇ

て め ぇ の 責任 で あらがう こと が できる

流 が ぶち上げよ う と して ん の は そういう 世界 さ

戯言 を

身 に 余る 力 を 突然 手 に 入れた 人間 たち が

力 を 誇示 し て 殺し 合う

愚か しい 混迷 の 世 が 来る だけ です

社会 に は 秩序 と それ を 管理 する 者 が 必要 だ

秩序 と 知性 ある 世界 こそ が 美しい 理想 の 世界 です

青臭い ねぇ まったく

おっと 青 の 王 だけ に って か

理想 の 世界 なんて もん を 自分 の 力 で 作 れる と 本気 で 思って ん の は

宗像 お前 が まだ 挫折 を 味わった こと が ねぇ 青二才 だ から さ

青 の 王 だけ に って か

ちょっと タンマ な

そんなに がつがつ 突っ込み 過ぎる ん じゃ ねぇ よ

青二才 これ は お っ さん から の アドバイス だ

理想 を 高く 持ち 過ぎる と 挫折 も で かく なる ぜ

何事 も ほどほど に 力 を 抜 い とく の が いい って こった

無駄 な おしゃべり に つきあう 気 は あり ませ ん

かくれんぼ の 再開 です か

やすやす と その 手 は 使わ せ ませ ん

無理 す ん な よ 調子 悪 ぃ ん だ ろ

弱って る 相手 に 全力 使う の も だせ ぇ けど な

こっち も そろそろ 潮時 だ

悪 ぃ な 宗像

お前 に つきあって ちょ ろ っと チャンバラ 演じ て やった の も

こいつ を 運び出す 時間 稼ぎ だった わけ だ

ああ 泥棒

返せ

不覚 を 取った か

モニター まだ 回復 し ない の か

室長 の 無事 を 確認 しろ

は はい 石 盤 の 間 に 至急 人員 を 回し ます

保険 は 掛け と くもん だ な

負傷 者 の 搬出 を 優先 しろ

タワー 内 に まだ 残って いる 負傷 者 は い ない か

内部 の 崩落 の 危険 性 が ある

救出 班 は 注意 し て 作業 に 当たれ

あの ヘリ の 行方 は

それ が 例の 霧 は 目 視 だけ で なく

レーダー も 妨害 する よう で 追跡 不能 と の こと です

そう か とにかく 全力 で 捜索 を 続けろ

はっ

情報 班 は 映像 分析 急げ

報告 は 伏見 に 集約 しろ

シロ 元 気 ない

シロ これ から どう する

どう し よっ か なぁ

実は 僕 も ちょっと 途方 に 暮れ ちゃ って る

まさか あっ ち が あんな ジョーカー を 持って る と は 思わ なかった よ

僕 の 失策 だ

頼りない こと を 言う な シロ

落ち込 ん で いる 暇 は ない ぞ

もちろん 石 盤 を 奪い 返す の だ ろ う

奪い 返す か

中尉 が 身 を 賭 し て 半 世紀 以上

そして 中尉 の 死後 は 宗像 さん が 引き継 い で 制御 し て い た 石 盤 の 力 が

世界 に 解放 さ れる の も

これ で 時間 の 問題 に なった

解放 さ れる と どう なる の

みんな 裸 に なっちゃ う

バカ 者 真面目 な 話 を し て いる ん だ

シロ に 元気 に なって もら お う と し た ん だ もん

シロ さん 俺 たち は 一旦 引き揚げ ます わ

こっち も 負傷 者 が おり ます んで

うん ご苦労さま で し た

まだ 終わって ない

まだ できる こと は ある はず

私 たち は 諦め て い ない

うん そう だ ね

まだ 手段 は ある よ

白銀 の 王 に さんざん こき使わ れ て

結局 作戦 失敗 って こと か よ

それ 言ったら 身 も 蓋 も ない って さん ちゃん

そう そう 緑 の 王 を 止め られ なかった 俺 たち に も 責任 は ある ん だ ぜ

これ から どう なる ん だ ろ う な

緑 の 連中 が 石 盤 を 手 に 入れ た ら

つまり 何 が 起きる って こと なん す か ね 八田 さん

お … おう お 疲れ

同盟 なんて 仰々しい もん ぶち上げ て

バカバカしい なれ合い を 演じ た あげく に 負け た ん じゃ

目 も 当てられ ねぇ な

そういう 言い 方 する ん じゃ ねぇ よ

みんな 全力 で 戦った ん じゃ ねぇ か

全力 で やって この ザマ か よ

車 ん 中 で パソコン たた い て た だけ の お前 が 言う な

だいたい お前 ん と この 王 が

灰色 の 王 に 勝って れ ば よかった ん じゃ ねぇ の か

その とおり だ な

俺 も がっかり だ よ

って おい 自分 と この 王 だ ろ

もっと 違う 言い 方 ねぇ の か よ

なあ やっと 面白く なる かも しれ ない ぜ

俺 を 追っかけ て こい よ

猿 比 古

灰色 の 王 が 生存 し て い た と は

しかも 比 水 に 付い て いる と は 想定 外 で し た

想定 外 いいえ 違い ます ね

未然 に 防げ た ミス です

灰色 の 王 の 影 を 少しも 疑わ なかった の は

明らか に 王 で ある あんた と 伊 佐 那 社 の 落ち度 です

石 盤 の 取り合い だけ に 夢中 に なって て

王 が 王 の 存在 に まったく 感づか ない なんて ね

今更 言って も しかた の ない 批判 を しに 来 た だけ なら 下がり なさい

疲れ て いる ん です よ

これ から の 指示 も 出さ ない ん です か

今後 の こと は 伊 佐 那 社 が 考える でしょ う

彼 の 指示 に 従い なさい

私 は 敗者 です から しばらく 自粛 し ます よ

1 対 1 で こ てんぱん に やら れ た から って

何 すね てる ん です か

黄金 の 王 が 死 ん で

目 の 上 の たん こぶ が これ で 全員 あんた の 目の前 から 退場 し て

これ から 世の中 が 思いどおり に なる って ところ だった のに

厄介 な 年寄り が まだ 生き残って た って わけ だ

そりゃ 嫌気 も 差す でしょう ね

君 の 方 は この 結果 に なって 気 が 晴れ まし た か

もともと 君 は 今回 の 同盟 に 不服 だった ん でしょ う から ね

作戦 が 失敗 し て ざま ぁ みろ と いった ところ です か

ついでに あんた が 負け て ざま ぁ みろ と 思って ます よ

伏見 さん 言い過ぎ っす

あんた が ここ で 放り出す って いう なら

俺 は 降り ます よ

では 降り なさい

私 に 文句 が ある なら 出 て いって 結構

もともと 君 は 裏切り者 じゃ ない です か

気 に 入ら なけ れ ば すぐ 辞める

君 は 昔 から そういう 人間 でしょ う

そう やって どの 王 に も 心 から は 従え ず

それでいて 石 盤 の 歯車 から 外れる こと も でき ず

狭い 範囲 を うろうろ し てる だけ の 小物 です よ

君 は

伏見 さん

室長 いい ん です か

放っておき なさい

は いはい 世 理 ちゃん ど ない した ん

今後 の 方針 の こと かい な

ん 伏見 ?

いや うち に は 来 て へん けど

伏見 が なん や て

八田

伏見 と 連絡 なんか 取って へん よ な

取って る わけない じゃ ない っす か

って あいつ が どう かし たんす か

うん いや な セプター 4 で なん やもめ て

飛び出し た っきり 音信 不通 らしい ん や

室長 と 言い合った らしい ん だ けど

正直 仕事 が 回ら なく て 困って る の よ

伏見 君 個人 の スキル で 回し て た こと が 山ほど あった から

どこ で 何 を し てる ん だ か

寝る 場所 ある の かしら

もともと 君 は 裏切り者 じゃ ない です か

だったら 裏切り者 に なって やる よ

咲き誇る 緑 の 大樹 と こぼれ落ちる 青 の かけら

次回 K RETURN OF KINGS

第 九 話 KID ' S ROOM

いびつ な 心 が 迷い ながら 転がって いく


×

LingQをより快適にするためCookieを使用しています。サイトの訪問により同意したと見なされます cookie policy.