image

K RETURN OF KINGS, K - Return of Kings Episode 6

決行 は 24 日 クリスマスイブ です

俺 たち は これ から 持てる 力 全て を 使って

究極 の 秘 蹟 ドレスデン 石 盤 を 奪取 し ます

これ は 俺 たち JUNGLE の 目的 で ある

って 君 たち 聞い て ます か

聞い てる わ よ 流 ちゃん

や だ シワ が 出来 ちゃ った

そう です か 紫 で は 続き を 話し ます

現在 石 盤 は 御 柱 タワー に 保管 さ れ て い ます

もともと 俺 の もくろみ で は 黄金 の 王 亡き あと

封じる 人間 が い なく なった 石 盤 は

人類 全体 を 進化 さ せ て いく 本来 の 機能 を 発揮 する はず で し た

國常 路 大 覚 老人 なら ともかく

あの まだ 若く て 未熟 な 青 の 王 で は

とても 制御 し きれ ない だ ろ う と 踏 ん で

あえて ビル に 残し て いった の です が …

聞い て い ます か 君 たち

聞い てる よ 流

お っし レベル が 上がった

そう です か スクナ おめでとう

とにかく 予想 以上 に 青 の 王 が 頑張り まし た

偉い です

おまけに 最も 厄介 な 白銀 の 王 が 帰還 し

新生 赤 の 王 まで 合流 し て

御 柱 タワー の 守り を 固め まし た

これ で 俺 たち は

石 盤 を 直接 管理 下 に 置く 方法 を 取ら ざる を え なく なり まし た

それ と やっぱり 君 たち 俺 の 話 聞い て ませ ん

おいおい お前 ら ちゃん と 拝聴 しろ よ

これ でも 一応 俺 たち の 王様 な ん だ ぜ

もっと 緊張 感 持た ない と さ

そういう イワ さん が いちばん 緊張 感 ない で す

誤解 し ない で ちょうだい イワ さん

私 は 今 自分 を 磨 い て いる の

戦場 で もっと 華麗 に 最も 優雅 に 舞う ため に ね

心 は すでに 高ぶって いる わ

いつ で も 我が 愛 刀 過 を 抜ける くらい

俺 だって そう だ よ

ゲーム やって ない と さ 体 が うずうず し て しかたない から やって ん の

正直 流 の 言って る こと くらい は 十分 分かって る ん だ よ ね

なるほど 二 人 と も 準備 は 万端 だった の です か

感心 です

では 無事 に 石 盤 を 回収 し たら

派手 に クリスマス パーティー と いき ま しょ う

チキン チキン ジューシー オイシイ

コトサカ 君 に も 頑張って もらい ます よ

つ ぅ こと で 俺 たち は 十分 気合い 入って る けど さ

まあ 俺 は 俺 だ から な

こうして ゆっくり ビール でも 飲 ん でる さ

それ より 流 ちゃん

あなた こそ 事前 に きちんと し た ミーティング なんて 珍しい じゃ ない

もし かして さすが に 三 人 の 王 を 相手 に する の は

苦しい な と か 思って る の ?

そりゃ あ ない だ ろ う なあ 流

そう です ね

確かに 白銀 赤 青 の 王 の 連合 軍 は 強敵 です

でも

や あや あ 皆さん お 集まり いただき ありがとう

ご 機嫌 は いかが です かな

あんまり よく ない みたい です ね

白銀 の 王 で ある 僕 の 立場 を 考え て

あからさま に 反発 する ほど で は ない の かも しれ ない けど

僕 が 皆さん を 何度 も 呼び出し て

偉 そう に し てる の は ちょっと 不満 って 感じ な の か な

白銀 の 王 発言 し て も よろしい でしょう か

もちろん だ よ 草薙 さん

まず 大 前提 やけど

緑 の クラン が この 御 柱 タワー に 石 盤 を 奪取 し に 来る

そこ は 間違い ない ん や な

そう だ ね

そして 緑 の クラン が 石 盤 を 手 に 入れ た ら

中尉

う うん

黄金 の 王 や そこ に いる 青 の 王 が 頑張って 維持 し て い た この 世界 の 秩序 が

おそらく 瓦 解 し て しまう

少なくとも 僕ら が 知って いる 世界 で は なく なって しまう

なぜなら

彼ら 緑 の クラン の 望み は 全 人類 に 石 盤 の 力 を 与える こと だ から だ

俺 ら 赤 の クラン も

そして そこ に 控え て いらっしゃる 青 の クラン の 方々 も

あんた の 王 と して の 格 を 疑う 者 は 一 人 も おい て はら へん でしょ う

ただ それ と この 手 の 作戦 を 仕切れ る 力量 が ある か っ ちゅう の は

別物 です わ

率直 に 言う と みんな その あたり が 不安 な ん や と 思う

シロ は とって も すごい ん だ から

やめろ ネコ

草薙 出雲 身 び いき に 聞こえる かも しれ ない が

この 男 に は それ だけ の 器 が ある

頭 は 切れる し 統率 力 判断 力 も ある

クロ ありがとう

そして 草薙 さん も

あえて みんな の 気持ち を 代弁 し て くれ た ん だ よ ね

僕 が 今回 の 迎撃 作戦 の 指揮 に 当たる 理由 は 簡単 です

なぜなら 僕 は 緑 の 王 比 水流 の スペック を 知り尽くし て いる から

おい あんた

それ って どういう こと だ よ

緑 の 王 は ほとんど 表 に 出 て こ ない ヤツ って 俺 は 聞い た ぞ

まさか ヤツ ら と つながり でも あん じゃ ねぇ だ ろ う な

簡単 に 言う と ね

緑 の 王 比 水流 は

かつて 黄金 の 王 國常 路 大 覚 に 戦い を 挑 ん だ こと が ある ん だ

しかも たった 一 人 で

その とき の 記録 映像 が 全て 残って いる

僕 は 中尉 から その データ を 譲り受け た し

中尉 自身 から も その とき の 話 を 聞い た

発言 し て も よろしい です か 白銀 の 王

もちろん だ よ 淡 島 さん

それ と 僕 の こと は シロ で お 願い し ます

分かり まし た

シロ さん 率直 に 言って 私 は 信じ られ ない 思い です

緑 の 王 は なぜ その よう な 無謀 な 戦い を 挑 ん だ の でしょ う

無謀 で は なかった の かも しれ ない

なぜなら 最終 的 に 敗れ た と は いえ

一 時 は あの 最強 の 王 を 向こう に 回し て 互角 に 近い 戦い を 演じ た の だ から

比 水流 が その 異常 と も いえる 下 克 上 を 仕掛け た あ と の 言い分 が

また とても 振るって い て ね

負け て 逃げる 前 の 捨て 台詞 な ん だ けど

い わく 大 ボス に チャレンジ し て み まし た

子供 か よ

ふざけ た 野郎 だ な

辛うじて 黄金 の 王 から 逃げきって

緑 の 王 は 表 舞台 から 姿 を 消し た

彼ら が 今 まで 動か なかった の は 中尉 が いた から な ん だ

その 中尉 も 今 は もう い なく なって しまって

だから 今回 は 僕 に 迎撃 作戦 の 指揮 を 執ら せ て ほしい

僕 は 比 水流 の 倒し 方 も 分かって いる

緑 の 王 は すごく 強い けど 決して 勝て ない 相手 じゃ ない

ただ それ に は 君 たち みんな の 協力 が 必要 不可欠 な ん だ

しかし な そう は 言う て も

やる

アンナ

私 は やる

さよ か なら 俺 に 言う こと は なん も あら へん

白銀 の 王

いや シロ さん

赤 の クラン は あんた に 協力 し ます

ありがとう

青 の クラン は ?

作戦 の 内容 しだい です ね

ご もっとも だ ね

なら 今 から それ を 説明 する よ

クロ

心得 た

対 緑 の クラン 戦 で 肝 に なる の は

実は 比 水流 本人 じゃ ない

この 二 人 御 芍 神 紫 と 五條 スクナ だ

よく 顔 を 覚え て ほしい

僕ら の 最初 の 目的 は まず この 二 人 に 仕事 を さ せ ない こと

いい

それ に はね

作戦 理 に か の てる と 思い ます

一緒 に 頑張り ま しょ

ありがとう 草薙 さん

頼む ね アンナ

任せ て

ところで どな い 思い ます あの 御 仁

も ひと つ 最後 まで 腹 見せ へん かった っ ちゅう か

頼って ええ もん か どう か

分から ない

ただ それ しか 勝ち目 は ない よ

それ だけ 相手 が 強力 な ん だ

レイシ

それ に ね あの 人 は 中尉 が 亡くなって から

ずっと たった 一 人 で 石 盤 を 抑え 込 ん で くれ て いた ん だ

だから 負担 が 大きく 消耗 も 激しい

慎重 に なる の も 無理 は ない よ

あれ は 王 の 力 で 制御 し ない と

人間 を 無制限 に 進化 さ せ て いって しまう ん だ

以前 は 中尉 が やって い た 仕事 を 宗像 さん が 引き継 い で くれ た

僕ら は 特に 僕 は あの 人 に 感謝 し ない と いけ ない

正門 正面 緑 の クラン 御 芍 神 紫 と 五條 スクナ を 確認

突入 し て き ます

監視 カメラ 4 か所 と も 破壊 さ れ た も よう

来る ぞ 総員 抜 刀

メリークリスマス

石 盤 を 頂 戴 し に 来 た わ よ

ポイント 稼げ そう な の は ナンバー 2 の 淡 島 世 理 だけ か

どうやら 始まった よう だ な

シロ お前 の 作戦 に は 盤石 の 信頼 を 置 い て いる が

大丈夫 な の か

1 階 を 青 の クラン だけ に 任せ て

作戦 会議 で 説明 し た とおり

迎撃 する 僕ら が まず やる べき こと は

あの 二 人 を

緑 の 王 の 露 払い 役 で ある 彼ら を 可能 な かぎり 妨害 する こと だ

彼ら の 目的 は 僕ら の 戦力 を 削 ぐ こと だ から ね

僕ら は その 逆 を して やる

淡 島 さん に は 適当 な ところ で 引く よう に 言って ある

大丈夫 だ よ

それ だけ 緑 の 王 は 動 ける 時間 が 限定 さ れ て いる と いう わけ か

そう あの 王 は 確かに 最強 に 近い

本気 を 出し たら 僕 青 の 王 赤 の 王 の 三 人 がかり でも

勝て る か どう か は 分から ない

いや それどころか 一 人 で この ビル に いる 人間 を

圧倒 する こと さえ できる と 思う

でも その 力 を 発揮 できる 時間 は そんなに 長く ない

なるほど

ねえ ねえ シロ なんか 楽しい ね

何 を 言って る ん だ お前 は

だって さ シロ が い て クロスケ が い て

みんな 一緒 で

みんな 一緒 に す っ ごく 頑張って る

我が 輩 なんか 心 が ギュッと する

やれやれ お前 と いう ヤツ は 相変わらず 能 天気 だ な

ああ そう だ ね

僕ら は みんな 一緒 だ から 大丈夫 だ

これ が 終わったら 盛大 に クリスマス を 祝 お う

来い

ムカ つく 雑魚 キャラ の くせ に

スクナ 追って は ダメ よ

でも

分かって る でしょ

私 たち が 向かう べき な の は 上

ウーエ ウーエ

限ら れ た 時間 しか 戦え ない 流 ちゃん の ため に

道 を 切り開く の が 私 たち の 今回 の 仕事 よ

確かに こんな 所 で リソース 使って る 場合 じゃ ねぇ よ な

いろいろ と 趣向 を 凝らし て いる よう だ けど 無駄 ね

所詮 あなた たち は JUNGLE と いう 鮮やか な 緑 と

そこ に 咲き誇る 美しい 花 たる 私 の 養分

引き立て 役 に すぎ ない の よ

は いはい

まったく 便利 な 力 を 持って る ね 新しい 赤 の 王 は

これ なら 緑 の 介入 を 心配 せ ず 通信 できる

御 芍 神 紫 と 五條 スクナ が 侵攻 を 開始 し まし た

みんな 作戦 どおり 頼む ね

さて でき れ ば 伊 佐 那 社 氏 の 思惑 どおり に

事 が 進んで ほしい もの です が

まだ 終わって ない ぞ 上 の 階 の 戦力 と 連携 し て

あの 二 人 を 更に 挟 撃 する

御 芍 神 五條 両 名 10 階 の 監視 カメラ で 捕 捉 し まし た

把握 し た

予定 どおり 御 柱 タワー 内 の 防御 設備 を マニュアル で 作動 さ せる

エン トラップ メント 10 E

プラス 3 プラス 4 F マイナス 4

エン トラップ メント 正常 展開 確認

主 は 来 ませ り

つり 天井 落とし穴 電気 ショック の フルコース だ

せいぜい 踊って くれよ

全て 突破 さ れ まし た

エン トラップ メント 11 D マイナス 3

マイナス 4 マイナス 5

S プラス 4 プラス 5 Z ホール ナイン ヤーズ

エン トラップ メント 正常 展開 確認

御 芍 神 紫 五條 スクナ 両 名 の 分断 に 成功 し まし た

しかし ともに ダメージ 限りなく 微小 な もよう です

化け物 ども め

強力 な 二 人 を 各 個 分断 誘導 し

五條 スクナ は 俺 ら 赤 の クラン で

御 芍 神 紫 は 白銀 の クラン で 包囲 消耗 さ せる 作戦

この ビル の 保安 設備 を 完全 に 掌握 し て

完璧 に 操作 し て いる 伏見 の 手腕 な し で は

成り立た ん 作戦 や な

なあ 八田 ちゃん

草薙 さん 俺 だって

あいつ の そういう ところ は 認め ない わけ じゃ ない っす よ

それ より そろそろ です か ね

俺 ら の 担当 の ガキ が 来る の は

ほんと それ だけ は シロ に 感謝 だ ぜ

野郎 に は さんざん 借り が ある から な

あら

って おい オネエ の 方 じゃ ねぇ か よ サル

こいつ ら は 一人一人 が でたらめ に 強い ん だ

なんとか 誘導 だけ は でき た が

相手 が 違う くらい 僅か な 誤差 だ よ

文句 ある なら て め ぇ で やって みろ

御 芍 神 五條 は 王 を 含め た クラン 総がかり で 抑え 込み

緑 の 王 は 白銀 赤 青 の 三 人 の 王 で 総 攻撃 する

確かに これ 以外 は 方法 が ない の かも な

ただ …

クロ どう し た の

ふがいない と 思って な

俺 が もっと 強 けれ ば

せめて 御 芍 神 紫 と 対等 に 斬り 合う こと が でき れ ば

もっと お前 も 楽 な 戦い が できる だ ろ う に

クロ

話 しか 聞い て ない けど

僕 に は 決して 君 が 御 芍 神 紫 に 引け を 取る と は 思わ ない

どういう こと だ

君 は さ その とき は まだ

白銀 の クランズマン と して の 本当 の 力 を 使う こと が でき なかった ん だ

それ に 君 が 真に 力 を 発揮 する の は

きっと もっと …

シロ 何 か 近づ い て くる

御 芍 神 紫 かな

ネコ もし オウム が 一緒 に いる よう なら 君 が

うん 我が 輩 に 任せ て

クリスマス チキン に し て 食べ ちゃ う

御 芍 神 紫 じゃ ない 五條 スクナ か

お っ 白銀 の 王 じゃ ん

ラス ボス が ここ で エン カウント と は

トラップ が やたら 多く て イライラ し て た けど

俺 って ついて る

シロ やっちゃ お う

流 が やる 仕事 俺 が 1 つ 減らし とく よ

特大 ポイント 頂く ぜ

白銀 の 王

図 に 乗る な

赤 の クラン の 方 は どう かな

八田 さん や ばい っす や ばい っす や ばい っす

や ばい っす や ばい っす や ばい っす

黙って 走り や がれ

まったく キリ が な いわ ねぇ

こういう 露骨 な 時間 稼ぎ って 美しく ない わ

中 ボス 頂 きっ

体 が 軽い

シロ が そば に いる から か

よそ見 す ん な

ネコ

は いはい

なん だ これ

ちく しょ う 卑怯 だ ぞ

なんと でも 言って

シロ が 悪い 顔 し てる

さて 君 の 活動 は ここ まで だ

戦力 と して の 君 は ここ で 確実 に すり潰さ せ て もらう

ふざける な

おうおう あちら さん も 意外 と 頑張って る ねぇ

今 ん とこ クリア 状況 は 7 割 って とこ か

ちょっと 早く 来 過ぎ た な 流

いいえ 早 すぎ は し ませ ん

俺 は 出陣 です

上 に は 三 人 の 王 が 控え てる ん だ ぜ

紫 ちゃん たち が ルート 作る まで

もう ちょっと 待 っと け よ

待た ない です

こう なって は 親 代わり の イワ さん の 言う こと でも 聞け ねぇ って か

肯定 です

俺 は わがまま を 通し ます

そろそろ 反抗 期 って こと か ね

いい ぜ 行って き な

ありがとう イワ さん

感謝 です

確かに 白銀 の 王 青 の 王 赤 の 王 の 連合 軍 は 強力 です

でも 俺 なら

楽勝 です

まっ 思いっ切り 楽し ん だ ら いい さ

鋼 の 牢獄 すら も 緑 の 獣 を 捕らえ て は おけ ない

駆け上る 王 そして 待ち受ける 王 たち

力 のみ が 力 を 制 する

それ が 彼 の 望む ルール の ない ゲーム

次回 K RETURN OF KINGS

第 七 話 KICKDOWN

でも 私 たち の 気持ち は 遊び な ん か じゃ ない



Want to learn a language?


Learn from this text and thousands like it on LingQ.

  • A vast library of audio lessons, all with matching text
  • Revolutionary learning tools
  • A global, interactive learning community.

LingQでオンライン語学学習

決行 は 24 日 クリスマスイブ です

俺 たち は これ から 持てる 力 全て を 使って

究極 の 秘 蹟 ドレスデン 石 盤 を 奪取 し ます

これ は 俺 たち JUNGLE の 目的 で ある

って 君 たち 聞い て ます か

聞い てる わ よ 流 ちゃん

や だ シワ が 出来 ちゃ った

そう です か 紫 で は 続き を 話し ます

現在 石 盤 は 御 柱 タワー に 保管 さ れ て い ます

もともと 俺 の もくろみ で は 黄金 の 王 亡き あと

封じる 人間 が い なく なった 石 盤 は

人類 全体 を 進化 さ せ て いく 本来 の 機能 を 発揮 する はず で し た

國常 路 大 覚 老人 なら ともかく

あの まだ 若く て 未熟 な 青 の 王 で は

とても 制御 し きれ ない だ ろ う と 踏 ん で

あえて ビル に 残し て いった の です が …

聞い て い ます か 君 たち

聞い てる よ 流

お っし レベル が 上がった

そう です か スクナ おめでとう

とにかく 予想 以上 に 青 の 王 が 頑張り まし た

偉い です

おまけに 最も 厄介 な 白銀 の 王 が 帰還 し

新生 赤 の 王 まで 合流 し て

御 柱 タワー の 守り を 固め まし た

これ で 俺 たち は

石 盤 を 直接 管理 下 に 置く 方法 を 取ら ざる を え なく なり まし た

それ と やっぱり 君 たち 俺 の 話 聞い て ませ ん

おいおい お前 ら ちゃん と 拝聴 しろ よ

これ でも 一応 俺 たち の 王様 な ん だ ぜ

もっと 緊張 感 持た ない と さ

そういう イワ さん が いちばん 緊張 感 ない で す

誤解 し ない で ちょうだい イワ さん

私 は 今 自分 を 磨 い て いる の

戦場 で もっと 華麗 に 最も 優雅 に 舞う ため に ね

心 は すでに 高ぶって いる わ

いつ で も 我が 愛 刀 過 を 抜ける くらい

俺 だって そう だ よ

ゲーム やって ない と さ 体 が うずうず し て しかたない から やって ん の

正直 流 の 言って る こと くらい は 十分 分かって る ん だ よ ね

なるほど 二 人 と も 準備 は 万端 だった の です か

感心 です

では 無事 に 石 盤 を 回収 し たら

派手 に クリスマス パーティー と いき ま しょ う

チキン チキン ジューシー オイシイ

コトサカ 君 に も 頑張って もらい ます よ

つ ぅ こと で 俺 たち は 十分 気合い 入って る けど さ

まあ 俺 は 俺 だ から な

こうして ゆっくり ビール でも 飲 ん でる さ

それ より 流 ちゃん

あなた こそ 事前 に きちんと し た ミーティング なんて 珍しい じゃ ない

もし かして さすが に 三 人 の 王 を 相手 に する の は

苦しい な と か 思って る の ?

そりゃ あ ない だ ろ う なあ 流

そう です ね

確かに 白銀 赤 青 の 王 の 連合 軍 は 強敵 です

でも

や あや あ 皆さん お 集まり いただき ありがとう

ご 機嫌 は いかが です かな

あんまり よく ない みたい です ね

白銀 の 王 で ある 僕 の 立場 を 考え て

あからさま に 反発 する ほど で は ない の かも しれ ない けど

僕 が 皆さん を 何度 も 呼び出し て

偉 そう に し てる の は ちょっと 不満 って 感じ な の か な

白銀 の 王 発言 し て も よろしい でしょう か

もちろん だ よ 草薙 さん

まず 大 前提 やけど

緑 の クラン が この 御 柱 タワー に 石 盤 を 奪取 し に 来る

そこ は 間違い ない ん や な

そう だ ね

そして 緑 の クラン が 石 盤 を 手 に 入れ た ら

中尉

う うん

黄金 の 王 や そこ に いる 青 の 王 が 頑張って 維持 し て い た この 世界 の 秩序 が

おそらく 瓦 解 し て しまう

少なくとも 僕ら が 知って いる 世界 で は なく なって しまう

なぜなら

彼ら 緑 の クラン の 望み は 全 人類 に 石 盤 の 力 を 与える こと だ から だ

俺 ら 赤 の クラン も

そして そこ に 控え て いらっしゃる 青 の クラン の 方々 も

あんた の 王 と して の 格 を 疑う 者 は 一 人 も おい て はら へん でしょ う

ただ それ と この 手 の 作戦 を 仕切れ る 力量 が ある か っ ちゅう の は

別物 です わ

率直 に 言う と みんな その あたり が 不安 な ん や と 思う

シロ は とって も すごい ん だ から

やめろ ネコ

草薙 出雲 身 び いき に 聞こえる かも しれ ない が

この 男 に は それ だけ の 器 が ある

頭 は 切れる し 統率 力 判断 力 も ある

クロ ありがとう

そして 草薙 さん も

あえて みんな の 気持ち を 代弁 し て くれ た ん だ よ ね

僕 が 今回 の 迎撃 作戦 の 指揮 に 当たる 理由 は 簡単 です

なぜなら 僕 は 緑 の 王 比 水流 の スペック を 知り尽くし て いる から

おい あんた

それ って どういう こと だ よ

緑 の 王 は ほとんど 表 に 出 て こ ない ヤツ って 俺 は 聞い た ぞ

まさか ヤツ ら と つながり でも あん じゃ ねぇ だ ろ う な

簡単 に 言う と ね

緑 の 王 比 水流 は

かつて 黄金 の 王 國常 路 大 覚 に 戦い を 挑 ん だ こと が ある ん だ

しかも たった 一 人 で

その とき の 記録 映像 が 全て 残って いる

僕 は 中尉 から その データ を 譲り受け た し

中尉 自身 から も その とき の 話 を 聞い た

発言 し て も よろしい です か 白銀 の 王

もちろん だ よ 淡 島 さん

それ と 僕 の こと は シロ で お 願い し ます

分かり まし た

シロ さん 率直 に 言って 私 は 信じ られ ない 思い です

緑 の 王 は なぜ その よう な 無謀 な 戦い を 挑 ん だ の でしょ う

無謀 で は なかった の かも しれ ない

なぜなら 最終 的 に 敗れ た と は いえ

一 時 は あの 最強 の 王 を 向こう に 回し て 互角 に 近い 戦い を 演じ た の だ から

比 水流 が その 異常 と も いえる 下 克 上 を 仕掛け た あ と の 言い分 が

また とても 振るって い て ね

負け て 逃げる 前 の 捨て 台詞 な ん だ けど

い わく 大 ボス に チャレンジ し て み まし た

子供 か よ

ふざけ た 野郎 だ な

辛うじて 黄金 の 王 から 逃げきって

緑 の 王 は 表 舞台 から 姿 を 消し た

彼ら が 今 まで 動か なかった の は 中尉 が いた から な ん だ

その 中尉 も 今 は もう い なく なって しまって

だから 今回 は 僕 に 迎撃 作戦 の 指揮 を 執ら せ て ほしい

僕 は 比 水流 の 倒し 方 も 分かって いる

緑 の 王 は すごく 強い けど 決して 勝て ない 相手 じゃ ない

ただ それ に は 君 たち みんな の 協力 が 必要 不可欠 な ん だ

しかし な そう は 言う て も

やる

アンナ

私 は やる

さよ か なら 俺 に 言う こと は なん も あら へん

白銀 の 王

いや シロ さん

赤 の クラン は あんた に 協力 し ます

ありがとう

青 の クラン は ?

作戦 の 内容 しだい です ね

ご もっとも だ ね

なら 今 から それ を 説明 する よ

クロ

心得 た

対 緑 の クラン 戦 で 肝 に なる の は

実は 比 水流 本人 じゃ ない

この 二 人 御 芍 神 紫 と 五條 スクナ だ

よく 顔 を 覚え て ほしい

僕ら の 最初 の 目的 は まず この 二 人 に 仕事 を さ せ ない こと

いい

それ に はね

作戦 理 に か の てる と 思い ます

一緒 に 頑張り ま しょ

ありがとう 草薙 さん

頼む ね アンナ

任せ て

ところで どな い 思い ます あの 御 仁

も ひと つ 最後 まで 腹 見せ へん かった っ ちゅう か

頼って ええ もん か どう か

分から ない

ただ それ しか 勝ち目 は ない よ

それ だけ 相手 が 強力 な ん だ

レイシ

それ に ね あの 人 は 中尉 が 亡くなって から

ずっと たった 一 人 で 石 盤 を 抑え 込 ん で くれ て いた ん だ

だから 負担 が 大きく 消耗 も 激しい

慎重 に なる の も 無理 は ない よ

あれ は 王 の 力 で 制御 し ない と

人間 を 無制限 に 進化 さ せ て いって しまう ん だ

以前 は 中尉 が やって い た 仕事 を 宗像 さん が 引き継 い で くれ た

僕ら は 特に 僕 は あの 人 に 感謝 し ない と いけ ない

正門 正面 緑 の クラン 御 芍 神 紫 と 五條 スクナ を 確認

突入 し て き ます

監視 カメラ 4 か所 と も 破壊 さ れ た も よう

来る ぞ 総員 抜 刀

メリークリスマス

石 盤 を 頂 戴 し に 来 た わ よ

ポイント 稼げ そう な の は ナンバー 2 の 淡 島 世 理 だけ か

どうやら 始まった よう だ な

シロ お前 の 作戦 に は 盤石 の 信頼 を 置 い て いる が

大丈夫 な の か

1 階 を 青 の クラン だけ に 任せ て

作戦 会議 で 説明 し た とおり

迎撃 する 僕ら が まず やる べき こと は

あの 二 人 を

緑 の 王 の 露 払い 役 で ある 彼ら を 可能 な かぎり 妨害 する こと だ

彼ら の 目的 は 僕ら の 戦力 を 削 ぐ こと だ から ね

僕ら は その 逆 を して やる

淡 島 さん に は 適当 な ところ で 引く よう に 言って ある

大丈夫 だ よ

それ だけ 緑 の 王 は 動 ける 時間 が 限定 さ れ て いる と いう わけ か

そう あの 王 は 確かに 最強 に 近い

本気 を 出し たら 僕 青 の 王 赤 の 王 の 三 人 がかり でも

勝て る か どう か は 分から ない

いや それどころか 一 人 で この ビル に いる 人間 を

圧倒 する こと さえ できる と 思う

でも その 力 を 発揮 できる 時間 は そんなに 長く ない

なるほど

ねえ ねえ シロ なんか 楽しい ね

何 を 言って る ん だ お前 は

だって さ シロ が い て クロスケ が い て

みんな 一緒 で

みんな 一緒 に す っ ごく 頑張って る

我が 輩 なんか 心 が ギュッと する

やれやれ お前 と いう ヤツ は 相変わらず 能 天気 だ な

ああ そう だ ね

僕ら は みんな 一緒 だ から 大丈夫 だ

これ が 終わったら 盛大 に クリスマス を 祝 お う

来い

ムカ つく 雑魚 キャラ の くせ に

スクナ 追って は ダメ よ

でも

分かって る でしょ

私 たち が 向かう べき な の は 上

ウーエ ウーエ

限ら れ た 時間 しか 戦え ない 流 ちゃん の ため に

道 を 切り開く の が 私 たち の 今回 の 仕事 よ

確かに こんな 所 で リソース 使って る 場合 じゃ ねぇ よ な

いろいろ と 趣向 を 凝らし て いる よう だ けど 無駄 ね

所詮 あなた たち は JUNGLE と いう 鮮やか な 緑 と

そこ に 咲き誇る 美しい 花 たる 私 の 養分

引き立て 役 に すぎ ない の よ

は いはい

まったく 便利 な 力 を 持って る ね 新しい 赤 の 王 は

これ なら 緑 の 介入 を 心配 せ ず 通信 できる

御 芍 神 紫 と 五條 スクナ が 侵攻 を 開始 し まし た

みんな 作戦 どおり 頼む ね

さて でき れ ば 伊 佐 那 社 氏 の 思惑 どおり に

事 が 進んで ほしい もの です が

まだ 終わって ない ぞ 上 の 階 の 戦力 と 連携 し て

あの 二 人 を 更に 挟 撃 する

御 芍 神 五條 両 名 10 階 の 監視 カメラ で 捕 捉 し まし た

把握 し た

予定 どおり 御 柱 タワー 内 の 防御 設備 を マニュアル で 作動 さ せる

エン トラップ メント 10 E

プラス 3 プラス 4 F マイナス 4

エン トラップ メント 正常 展開 確認

主 は 来 ませ り

つり 天井 落とし穴 電気 ショック の フルコース だ

せいぜい 踊って くれよ

全て 突破 さ れ まし た

エン トラップ メント 11 D マイナス 3

マイナス 4 マイナス 5

S プラス 4 プラス 5 Z ホール ナイン ヤーズ

エン トラップ メント 正常 展開 確認

御 芍 神 紫 五條 スクナ 両 名 の 分断 に 成功 し まし た

しかし ともに ダメージ 限りなく 微小 な もよう です

化け物 ども め

強力 な 二 人 を 各 個 分断 誘導 し

五條 スクナ は 俺 ら 赤 の クラン で

御 芍 神 紫 は 白銀 の クラン で 包囲 消耗 さ せる 作戦

この ビル の 保安 設備 を 完全 に 掌握 し て

完璧 に 操作 し て いる 伏見 の 手腕 な し で は

成り立た ん 作戦 や な

なあ 八田 ちゃん

草薙 さん 俺 だって

あいつ の そういう ところ は 認め ない わけ じゃ ない っす よ

それ より そろそろ です か ね

俺 ら の 担当 の ガキ が 来る の は

ほんと それ だけ は シロ に 感謝 だ ぜ

野郎 に は さんざん 借り が ある から な

あら

って おい オネエ の 方 じゃ ねぇ か よ サル

こいつ ら は 一人一人 が でたらめ に 強い ん だ

なんとか 誘導 だけ は でき た が

相手 が 違う くらい 僅か な 誤差 だ よ

文句 ある なら て め ぇ で やって みろ

御 芍 神 五條 は 王 を 含め た クラン 総がかり で 抑え 込み

緑 の 王 は 白銀 赤 青 の 三 人 の 王 で 総 攻撃 する

確かに これ 以外 は 方法 が ない の かも な

ただ …

クロ どう し た の

ふがいない と 思って な

俺 が もっと 強 けれ ば

せめて 御 芍 神 紫 と 対等 に 斬り 合う こと が でき れ ば

もっと お前 も 楽 な 戦い が できる だ ろ う に

クロ

話 しか 聞い て ない けど

僕 に は 決して 君 が 御 芍 神 紫 に 引け を 取る と は 思わ ない

どういう こと だ

君 は さ その とき は まだ

白銀 の クランズマン と して の 本当 の 力 を 使う こと が でき なかった ん だ

それ に 君 が 真に 力 を 発揮 する の は

きっと もっと …

シロ 何 か 近づ い て くる

御 芍 神 紫 かな

ネコ もし オウム が 一緒 に いる よう なら 君 が

うん 我が 輩 に 任せ て

クリスマス チキン に し て 食べ ちゃ う

御 芍 神 紫 じゃ ない 五條 スクナ か

お っ 白銀 の 王 じゃ ん

ラス ボス が ここ で エン カウント と は

トラップ が やたら 多く て イライラ し て た けど

俺 って ついて る

シロ やっちゃ お う

流 が やる 仕事 俺 が 1 つ 減らし とく よ

特大 ポイント 頂く ぜ

白銀 の 王

図 に 乗る な

赤 の クラン の 方 は どう かな

八田 さん や ばい っす や ばい っす や ばい っす

や ばい っす や ばい っす や ばい っす

黙って 走り や がれ

まったく キリ が な いわ ねぇ

こういう 露骨 な 時間 稼ぎ って 美しく ない わ

中 ボス 頂 きっ

体 が 軽い

シロ が そば に いる から か

よそ見 す ん な

ネコ

は いはい

なん だ これ

ちく しょ う 卑怯 だ ぞ

なんと でも 言って

シロ が 悪い 顔 し てる

さて 君 の 活動 は ここ まで だ

戦力 と して の 君 は ここ で 確実 に すり潰さ せ て もらう

ふざける な

おうおう あちら さん も 意外 と 頑張って る ねぇ

今 ん とこ クリア 状況 は 7 割 って とこ か

ちょっと 早く 来 過ぎ た な 流

いいえ 早 すぎ は し ませ ん

俺 は 出陣 です

上 に は 三 人 の 王 が 控え てる ん だ ぜ

紫 ちゃん たち が ルート 作る まで

もう ちょっと 待 っと け よ

待た ない です

こう なって は 親 代わり の イワ さん の 言う こと でも 聞け ねぇ って か

肯定 です

俺 は わがまま を 通し ます

そろそろ 反抗 期 って こと か ね

いい ぜ 行って き な

ありがとう イワ さん

感謝 です

確かに 白銀 の 王 青 の 王 赤 の 王 の 連合 軍 は 強力 です

でも 俺 なら

楽勝 です

まっ 思いっ切り 楽し ん だ ら いい さ

鋼 の 牢獄 すら も 緑 の 獣 を 捕らえ て は おけ ない

駆け上る 王 そして 待ち受ける 王 たち

力 のみ が 力 を 制 する

それ が 彼 の 望む ルール の ない ゲーム

次回 K RETURN OF KINGS

第 七 話 KICKDOWN

でも 私 たち の 気持ち は 遊び な ん か じゃ ない


×

LingQをより快適にするためCookieを使用しています。サイトの訪問により同意したと見なされます cookie policy.