image

K RETURN OF KINGS, K - Return of Kings Episode 4

芋 侍 が

かたじけない

推して 参る

いざ 出陣

天 誅 で ご ざる

成 敗

かたじけない

この クソ ガキ

一撃 が 軽い 軽い

余裕 ぶってん じゃ ねぇ

今 まで こそ こそ 隠れ て た ヤツ ら が

は しゃい で ん じゃ ねぇ よ

お前 ら 赤 と 青 の ナンバー 3 な ん だ ろ

二 人 がかり で この 程度 か よ

ヌルゲー で ポイント 稼ぐ の は 趣味 じゃ ない ん だ けど なぁ

この

て め ぇ なめ た 口 利き や がって

ち っ まとめ てん じゃ ねぇ

まず 4 K ゲット

あれ って

まさか

あの 剣 知って る ぞ

1 年 前 の あの とき に

銀色 いや 白銀 か

シロ

シロ

人 の うち に 土足 で 上がり 込 ん で き て

人 の 家族 を 手 に 掛けよ う と する なんて

傲慢 が すぎる ん じゃ ない か

緑 の 王 比 水流

これ は 夢 幻 か

お初 に お目にかかり ます

第 一 王権 者 白銀 の 王 アドルフ ・ K ・ ヴァイス マン

私 は 緑 の クラン JUNGLE が J ランカー

御 芍 神 紫 そして

クランズマン 越し の 非 礼 ご 容赦 を

此 が かなた に おわす は 我が 君

はじめ まして 白銀 の 王

第 五 王権 者 緑 の 王 比 水流 です

待望 です

まんまと おびき出さ れ た って とこ かな

緑 の 王

肯定 です

これ で あなた が 今 まで の よう な 傍観 者 で ない こと が 確認 でき まし た

戦略 上 の 大 戦果 です

我が 弟 弟子 は その ダシ に 使わ れ た って こと

王様 って の は 非情 ねぇ

それ も 肯定 です

非情 ついでに 命令 変更 です

即時 撤退 し て ください

あら 釣り上げ た 大 魚 を さばけ じゃ ない の

即時 撤退 です

残念 お 名残惜しく は あり ます が

我が 君 の 命 と あれ ば 是非 も なし

これ にて 失礼 いたし ます 白銀 の 王

聞こえ た でしょ スクナ ちゃん

この ミッション は 終わり

余計 な 色気 出さ ず に 帰る わ よ

ち ぇっ ヌルゲー を リタイヤ と か

締ま ん ない の

狗 朗 ちゃん

あなた の ため に 駆けつけ た 美しい 白銀 の 王 に 免じ て

一旦 命 は 預ける けど

次 は もっと 楽しま せ て ちょうだい ね

で なきゃ 枯れ 枝 の よう に 斬り 捨てる わ よ

立てる ? クロ

よくぞ 帰ら れ た

我が …

シロ

シロ シロ シロ シロ

会い たかった

何 し て た の なんで 帰って 来 なかった の

き … 貴 様

なんで なんで

それ は 今 から 俺 が 問いただ そ う と

我が 輩 たち シロ の こと 捜し て た ん だ から

ずっと ずっと 捜し て た ん だ から

あっ ち こっち ウロウロ し て バリバリ 緑 が いっぱい 来 て も

キラキラ マン が ズバッ て クロスケ やっつけ て も

アンナ が メラメラ ドカン し て も

その あと も ずっと ずっと 捜し て て

んで ね そん で ね

ただいま

お かえり

そういう こと だ

素直 じゃ ない なぁ

ここ は ネコ みたい に 抱き つい て

会い たかった よ シロ って 泣 い ちゃ って いい 場面 な のに

誰 が そんな こと を する か

ごめん

いや 生き て い て よかった

お互いに ね

今 の 状況 に つい て は

大体 は 知って る よ

で なきゃ あんな いい タイミング で 出 て いけ ない でしょ

まさか 貴 様 狙って い た の か

さて どう かな

相変わらず 人 を 食った ヤツ だ

みんな を 巻き込ま ず に 一 人 で なんとか でき ない か って

陰 で いろいろ 動 い て た ん だ けど

緑 の クラン の 動き は 予想 以上 に 早く て さ

根負け し た 感じ で 引きずり出さ れ ちゃ った

結局 みんな を ひどい 目 に 遭わ せ た だけ だった かな

その とおり だ バカ 者 め

さっさと 出 て き て 俺 たち と 苦楽 を 共に すれ ば それ で 済 ん だ ん だ

俺 たち は アドルフ ・ K ・ ヴァイス マン …

いや 伊 佐 那 社 の クランズマン な の だ から

シロ は 我が 輩 たち の 王様 な ん だ もん ね

ネコ クロ

かたじけない

よき に 計らえ

しばし 待た れよ

苦しゅう ない

無念

それ っ

ごめん

それ で どう な ん だ

抜け目 の ない 貴 様 の こと だ

ただ 引きずり出さ れ た だけ で は なか ろ う

対抗 策 の 一 つ や 二 つ 期待 さ せ て もらい たい ところ だ が

ご 要望 に お 応え し て 一 つ ある に は ある か な

これ まで 潜在 的 大 勢力 だった 緑 の クラン が

公然と 動きだし て いる 今

僕ら 三 人 だけ じゃ 心もとない

だから

君 たち の 王 に 伝言 を 頼め る か な

あっぱれ あっぱれ

いざ 出陣

第 三 王権 者 赤 の 王 櫛 名 アンナ

第 四 王権 者 青 の 王 宗像 礼司

そして 僕 第 一 王権 者

白銀 の 王 アドルフ ・ K ・ ヴァイス マン こと

伊 佐 那 社

そう そう たる メンツ が 同じ テーブル を 囲 ん で 一堂 に 会す

さながら 円卓 会議 だ ね

円卓 って ちゃぶ台 か よ

つ ぅ か 四角い し

ただ で さえ すし詰め な ん だ

ギャギャ 騒 い で ん じゃ ねぇ 暑苦しい

なん だ と て め ぇ

そっち こそ 堅 っ 苦しい ん だ よ

青 服 が ぞろぞろ と

去年 み たく

チンピラ が 無秩序 に 押しかけ たら 迷惑 だ から

わざわざ 整理 に 来 た ん だ よ

八田 ちゃん VIP 参 席 の 場 や

ちょっと 自重 し て くれ ん か

伏見 も 無意味 な 挑発 は 慎め

すいません で し た

えっ と 失礼 し ます

どうぞ

どうも ありがとう 菊 理

どう いたし まして

こんな こと さ せ ちゃ って ごめん ね

いい よ いい よ

クロ 君 と ワガハイ ちゃん

やっと 会え た シロ 君 から 離れ たく ない みたい だ し

これ は そういう こと で は なく

3 対 3 の 会談 の 形式 と して

そう だ よ

もう ぜったい 離れ ない もん ね

そろそろ 円卓 …

いや ちゃぶ台 会議 を 始め ま しょ う か

白銀 の 王 アドルフ ・ K ・ ヴァイス マン

ああ 失礼 し まし た

僕 の こと なら 伊 佐 那 社 で いい です よ

青 の 王 宗像 礼司

赤 の 王 櫛 名 アンナ も

突然 の 呼び出し に 応じ て くれ て どうも ありがとう

かまわ ない あなた の クランズマン に

何度 も お 世話 に なって る お返し

アンナ ありがとう

その 論法 で 言う なら

我々 は 後始末 ばかり 押しつけ られ て いる よう に 思い ます が

まあ それ は この際 置 い て おき ま しょ う

この 一 席 を 設け た 目的 は

あなた ほど の 人 が 予想 し て ない と は 思え ませ ん けど

緑 の クラン 対策 それ 以外 ない

ご 名答

今更 の 議題 だ けど

改めて それ を 今 ここ に いる 僕ら で

協議 し なきゃ いけない 理由 が 出来 た

第 二 王権 者 黄金 の 王

國常 路 大 覚 が 死 ん だ ん だ

なるほど

日本 いや 全 世界 に 隠 然 たる 影響 力 を 持つ ドレスデン 石 盤

それ に よる 支配 体制 の 柱 石 たる 最強 の 王 の 喪失 です か

やはり 昨今 の 緑 の クラン 活性 化 は …

中尉 黄金 の 王 さえ い なく なって しまえ ば

緑 の 王 に 怖い もの は ない

野望 も 力 も 彼 は もう 抑える 必要 は なく なった ん だ

しかし 連中 あんた を 捜し 回って た 聞い と る で

あんた の こと も 恐れ てる ん と 違い ます の ん

僕 の 方 は 黄金 の 王 み たい に 直接 な 脅威 じゃ ない

野望 の 核 と なる 石 盤 へ の 影響 力 と

僕 が 連中 の 改変 と 相反 する 不変 の 力 を 持って いる から だ ろ う ね

いつ どこ で どう 使わ れる か 分から ん ジョーカー やった いう こと です か

黄金 の 王 は それ が 分かって い た から

自分 が 死ぬ ギリギリ まで 僕 を かくまって くれ た ん だ けど

全然 分か ん ねぇ

目 を 閉じる の が 惜しい

中尉 君 が 歩き きった よう に

僕 も 前 に 歩 こ う

今度 こそ 逃げ ない

立ち向かって み せる よ

こうして 今 引っ張り出さ れ て しまった

これ から は 緑 の クラン も 遠慮 なく

場 に 出 た ジョーカー が どう 使わ れ てる か

計算 し ながら 勝負 を かけ て くる だ ろ う

それ と 対抗 する ため に 残った 王権 者 三 人 で

緑 の クラン に 当たる と

もう 絶対 強者 たる 黄金 の 王 が い ない から です か

どう かな

いい でしょ う

秩序 を 守る の が 我ら 青 の クラン セプター 4 の 大義

室長 しか し よろしい の です か

淡 島 君 我々 も 緑 の クラン へ の 対処 に 忙殺 さ れ て い た ところ です

有力 な 援軍 を 得 られる と いう の なら

多少 の あつれき も あえて 受け入れ ま しょ う

レイシ

私 は あなた に 言った

「 ありがとう 」 と は 言い たく ない と

でも 「 ミコト が 望 ん だ こと だった

憎 ん で は い ない 」 と も 言った

赤 の クラン は 白銀 の クラン

そして 青 の クラン と 一緒 に 戦う

赤 の 王 の 名 に 懸けて

ミコト 見 て て

了解 し まし た

三 つ の クラン に よる 共闘 ね

まっ 今 の 情勢 下 で 反対 する 理由 は ない わな

し ゃ あ 要するに

緑 の ヤツ ら を 全員 で ボコ る って こと だ ろ

やった ろ う じゃ ねぇ か

反撃 だ

緑 ムシ ども を ぶ っ 飛ばす ぞ

特務 は 屯所 に 帰着 し しだい 警戒 態勢 の 見直し に かかれ

赤 の クラン の 担当 者 が 来る まで に

こちら 側 の 受け入れ 態勢 を 整え て おけ よ

はっ

いや まっ 担当 者 いう て も 俺 しか おら ん けど な

なあ 世 理 ちゃん

働き に 期待 する わ

それ より あの 書類 だ けど どう する つもり

ああ あれ な

仲よし ごっこ か よ

宗像 さん

まだ 何 か 御用 が 伊 佐 那 社

あなた は 今 黄金 の 王 に 代わって

石 盤 を 管理 し てる ん だ よ ね

それ が 何 か

ほか に 適任 者 も い ない 以上 当然 の 役回り と 思い ます が

あなた は 石 盤 の こと を どこ まで

始まり の 王 で ある あなた に は 及び ませ ん が それなり に は

あなた は 第 二 の 國常 路 大 覚 に なる つもり

もし よけ れ ば 僕 に も 石 盤 の 管理 を 手伝わ せ …

一 度 逃げ た あなた を 当て に しろ と

終わり さ

逃げる の か

逃げる の か ヴァイス マン

緑 の クラン 対策 の 方 で あれ ば

あなた 方 の 協力 は 大いに 歓迎 し ます よ

では 失敬

これ も 因果応報 って やつ かな

ねっ クロ

気付 い て い た の か

シロ

ボス メガネ に いじめ られ た の

大丈夫 なんでもない よ

ほんと に ねえ ほんと に なんでもない

だからこそ 今度 こそ 逃げ ない

立ち向かう って 決め た ん だ けど ね

一 歩 ずつ 信じる 道 を スキップ で

キモ っ

な っ

部屋 に 戻れ

今日 は アジ の 開き と 味噌汁 だ

やった やった やった

やった やった お 魚 大好き

分かった 分かった

そう いや 元 僕 の 部屋

修理 から 君 たち へ の 譲渡 契約 まで し て くれ た ん だ って

さすが 黄金 の クラン は 手回し いい よ ね

お前 の 帰る 場所 を 作って くれ た の だ

感謝 せ ね ば

中尉 様々 だ ね

サマ サマ 中尉 サマ サマ

三 つ の クラン の 共同 歩調 は

力強く 緑 の 跋扈 を 踏み潰し て ゆく

憂い と 脅威 を おのおの の 心 に 降り積もら せ ながら

そして 緑 の 王 は 翼 と 共に 運 ん で くる

差し伸べる 手 と 宣戦 の 布告 を

次回 K RETURN OF KINGS

第 五 話 KEN

誰 も 密林 を まっすぐ に は 歩け ない



Want to learn a language?


Learn from this text and thousands like it on LingQ.

  • A vast library of audio lessons, all with matching text
  • Revolutionary learning tools
  • A global, interactive learning community.

LingQでオンライン語学学習

芋 侍 が

かたじけない

推して 参る

いざ 出陣

天 誅 で ご ざる

成 敗

かたじけない

この クソ ガキ

一撃 が 軽い 軽い

余裕 ぶってん じゃ ねぇ

今 まで こそ こそ 隠れ て た ヤツ ら が

は しゃい で ん じゃ ねぇ よ

お前 ら 赤 と 青 の ナンバー 3 な ん だ ろ

二 人 がかり で この 程度 か よ

ヌルゲー で ポイント 稼ぐ の は 趣味 じゃ ない ん だ けど なぁ

この

て め ぇ なめ た 口 利き や がって

ち っ まとめ てん じゃ ねぇ

まず 4 K ゲット

あれ って

まさか

あの 剣 知って る ぞ

1 年 前 の あの とき に

銀色 いや 白銀 か

シロ

シロ

人 の うち に 土足 で 上がり 込 ん で き て

人 の 家族 を 手 に 掛けよ う と する なんて

傲慢 が すぎる ん じゃ ない か

緑 の 王 比 水流

これ は 夢 幻 か

お初 に お目にかかり ます

第 一 王権 者 白銀 の 王 アドルフ ・ K ・ ヴァイス マン

私 は 緑 の クラン JUNGLE が J ランカー

御 芍 神 紫 そして

クランズマン 越し の 非 礼 ご 容赦 を

此 が かなた に おわす は 我が 君

はじめ まして 白銀 の 王

第 五 王権 者 緑 の 王 比 水流 です

待望 です

まんまと おびき出さ れ た って とこ かな

緑 の 王

肯定 です

これ で あなた が 今 まで の よう な 傍観 者 で ない こと が 確認 でき まし た

戦略 上 の 大 戦果 です

我が 弟 弟子 は その ダシ に 使わ れ た って こと

王様 って の は 非情 ねぇ

それ も 肯定 です

非情 ついでに 命令 変更 です

即時 撤退 し て ください

あら 釣り上げ た 大 魚 を さばけ じゃ ない の

即時 撤退 です

残念 お 名残惜しく は あり ます が

我が 君 の 命 と あれ ば 是非 も なし

これ にて 失礼 いたし ます 白銀 の 王

聞こえ た でしょ スクナ ちゃん

この ミッション は 終わり

余計 な 色気 出さ ず に 帰る わ よ

ち ぇっ ヌルゲー を リタイヤ と か

締ま ん ない の

狗 朗 ちゃん

あなた の ため に 駆けつけ た 美しい 白銀 の 王 に 免じ て

一旦 命 は 預ける けど

次 は もっと 楽しま せ て ちょうだい ね

で なきゃ 枯れ 枝 の よう に 斬り 捨てる わ よ

立てる ? クロ

よくぞ 帰ら れ た

我が …

シロ

シロ シロ シロ シロ

会い たかった

何 し て た の なんで 帰って 来 なかった の

き … 貴 様

なんで なんで

それ は 今 から 俺 が 問いただ そ う と

我が 輩 たち シロ の こと 捜し て た ん だ から

ずっと ずっと 捜し て た ん だ から

あっ ち こっち ウロウロ し て バリバリ 緑 が いっぱい 来 て も

キラキラ マン が ズバッ て クロスケ やっつけ て も

アンナ が メラメラ ドカン し て も

その あと も ずっと ずっと 捜し て て

んで ね そん で ね

ただいま

お かえり

そういう こと だ

素直 じゃ ない なぁ

ここ は ネコ みたい に 抱き つい て

会い たかった よ シロ って 泣 い ちゃ って いい 場面 な のに

誰 が そんな こと を する か

ごめん

いや 生き て い て よかった

お互いに ね

今 の 状況 に つい て は

大体 は 知って る よ

で なきゃ あんな いい タイミング で 出 て いけ ない でしょ

まさか 貴 様 狙って い た の か

さて どう かな

相変わらず 人 を 食った ヤツ だ

みんな を 巻き込ま ず に 一 人 で なんとか でき ない か って

陰 で いろいろ 動 い て た ん だ けど

緑 の クラン の 動き は 予想 以上 に 早く て さ

根負け し た 感じ で 引きずり出さ れ ちゃ った

結局 みんな を ひどい 目 に 遭わ せ た だけ だった かな

その とおり だ バカ 者 め

さっさと 出 て き て 俺 たち と 苦楽 を 共に すれ ば それ で 済 ん だ ん だ

俺 たち は アドルフ ・ K ・ ヴァイス マン …

いや 伊 佐 那 社 の クランズマン な の だ から

シロ は 我が 輩 たち の 王様 な ん だ もん ね

ネコ クロ

かたじけない

よき に 計らえ

しばし 待た れよ

苦しゅう ない

無念

それ っ

ごめん

それ で どう な ん だ

抜け目 の ない 貴 様 の こと だ

ただ 引きずり出さ れ た だけ で は なか ろ う

対抗 策 の 一 つ や 二 つ 期待 さ せ て もらい たい ところ だ が

ご 要望 に お 応え し て 一 つ ある に は ある か な

これ まで 潜在 的 大 勢力 だった 緑 の クラン が

公然と 動きだし て いる 今

僕ら 三 人 だけ じゃ 心もとない

だから

君 たち の 王 に 伝言 を 頼め る か な

あっぱれ あっぱれ

いざ 出陣

第 三 王権 者 赤 の 王 櫛 名 アンナ

第 四 王権 者 青 の 王 宗像 礼司

そして 僕 第 一 王権 者

白銀 の 王 アドルフ ・ K ・ ヴァイス マン こと

伊 佐 那 社

そう そう たる メンツ が 同じ テーブル を 囲 ん で 一堂 に 会す

さながら 円卓 会議 だ ね

円卓 って ちゃぶ台 か よ

つ ぅ か 四角い し

ただ で さえ すし詰め な ん だ

ギャギャ 騒 い で ん じゃ ねぇ 暑苦しい

なん だ と て め ぇ

そっち こそ 堅 っ 苦しい ん だ よ

青 服 が ぞろぞろ と

去年 み たく

チンピラ が 無秩序 に 押しかけ たら 迷惑 だ から

わざわざ 整理 に 来 た ん だ よ

八田 ちゃん VIP 参 席 の 場 や

ちょっと 自重 し て くれ ん か

伏見 も 無意味 な 挑発 は 慎め

すいません で し た

えっ と 失礼 し ます

どうぞ

どうも ありがとう 菊 理

どう いたし まして

こんな こと さ せ ちゃ って ごめん ね

いい よ いい よ

クロ 君 と ワガハイ ちゃん

やっと 会え た シロ 君 から 離れ たく ない みたい だ し

これ は そういう こと で は なく

3 対 3 の 会談 の 形式 と して

そう だ よ

もう ぜったい 離れ ない もん ね

そろそろ 円卓 …

いや ちゃぶ台 会議 を 始め ま しょ う か

白銀 の 王 アドルフ ・ K ・ ヴァイス マン

ああ 失礼 し まし た

僕 の こと なら 伊 佐 那 社 で いい です よ

青 の 王 宗像 礼司

赤 の 王 櫛 名 アンナ も

突然 の 呼び出し に 応じ て くれ て どうも ありがとう

かまわ ない あなた の クランズマン に

何度 も お 世話 に なって る お返し

アンナ ありがとう

その 論法 で 言う なら

我々 は 後始末 ばかり 押しつけ られ て いる よう に 思い ます が

まあ それ は この際 置 い て おき ま しょ う

この 一 席 を 設け た 目的 は

あなた ほど の 人 が 予想 し て ない と は 思え ませ ん けど

緑 の クラン 対策 それ 以外 ない

ご 名答

今更 の 議題 だ けど

改めて それ を 今 ここ に いる 僕ら で

協議 し なきゃ いけない 理由 が 出来 た

第 二 王権 者 黄金 の 王

國常 路 大 覚 が 死 ん だ ん だ

なるほど

日本 いや 全 世界 に 隠 然 たる 影響 力 を 持つ ドレスデン 石 盤

それ に よる 支配 体制 の 柱 石 たる 最強 の 王 の 喪失 です か

やはり 昨今 の 緑 の クラン 活性 化 は …

中尉 黄金 の 王 さえ い なく なって しまえ ば

緑 の 王 に 怖い もの は ない

野望 も 力 も 彼 は もう 抑える 必要 は なく なった ん だ

しかし 連中 あんた を 捜し 回って た 聞い と る で

あんた の こと も 恐れ てる ん と 違い ます の ん

僕 の 方 は 黄金 の 王 み たい に 直接 な 脅威 じゃ ない

野望 の 核 と なる 石 盤 へ の 影響 力 と

僕 が 連中 の 改変 と 相反 する 不変 の 力 を 持って いる から だ ろ う ね

いつ どこ で どう 使わ れる か 分から ん ジョーカー やった いう こと です か

黄金 の 王 は それ が 分かって い た から

自分 が 死ぬ ギリギリ まで 僕 を かくまって くれ た ん だ けど

全然 分か ん ねぇ

目 を 閉じる の が 惜しい

中尉 君 が 歩き きった よう に

僕 も 前 に 歩 こ う

今度 こそ 逃げ ない

立ち向かって み せる よ

こうして 今 引っ張り出さ れ て しまった

これ から は 緑 の クラン も 遠慮 なく

場 に 出 た ジョーカー が どう 使わ れ てる か

計算 し ながら 勝負 を かけ て くる だ ろ う

それ と 対抗 する ため に 残った 王権 者 三 人 で

緑 の クラン に 当たる と

もう 絶対 強者 たる 黄金 の 王 が い ない から です か

どう かな

いい でしょ う

秩序 を 守る の が 我ら 青 の クラン セプター 4 の 大義

室長 しか し よろしい の です か

淡 島 君 我々 も 緑 の クラン へ の 対処 に 忙殺 さ れ て い た ところ です

有力 な 援軍 を 得 られる と いう の なら

多少 の あつれき も あえて 受け入れ ま しょ う

レイシ

私 は あなた に 言った

「 ありがとう 」 と は 言い たく ない と

でも 「 ミコト が 望 ん だ こと だった

憎 ん で は い ない 」 と も 言った

赤 の クラン は 白銀 の クラン

そして 青 の クラン と 一緒 に 戦う

赤 の 王 の 名 に 懸けて

ミコト 見 て て

了解 し まし た

三 つ の クラン に よる 共闘 ね

まっ 今 の 情勢 下 で 反対 する 理由 は ない わな

し ゃ あ 要するに

緑 の ヤツ ら を 全員 で ボコ る って こと だ ろ

やった ろ う じゃ ねぇ か

反撃 だ

緑 ムシ ども を ぶ っ 飛ばす ぞ

特務 は 屯所 に 帰着 し しだい 警戒 態勢 の 見直し に かかれ

赤 の クラン の 担当 者 が 来る まで に

こちら 側 の 受け入れ 態勢 を 整え て おけ よ

はっ

いや まっ 担当 者 いう て も 俺 しか おら ん けど な

なあ 世 理 ちゃん

働き に 期待 する わ

それ より あの 書類 だ けど どう する つもり

ああ あれ な

仲よし ごっこ か よ

宗像 さん

まだ 何 か 御用 が 伊 佐 那 社

あなた は 今 黄金 の 王 に 代わって

石 盤 を 管理 し てる ん だ よ ね

それ が 何 か

ほか に 適任 者 も い ない 以上 当然 の 役回り と 思い ます が

あなた は 石 盤 の こと を どこ まで

始まり の 王 で ある あなた に は 及び ませ ん が それなり に は

あなた は 第 二 の 國常 路 大 覚 に なる つもり

もし よけ れ ば 僕 に も 石 盤 の 管理 を 手伝わ せ …

一 度 逃げ た あなた を 当て に しろ と

終わり さ

逃げる の か

逃げる の か ヴァイス マン

緑 の クラン 対策 の 方 で あれ ば

あなた 方 の 協力 は 大いに 歓迎 し ます よ

では 失敬

これ も 因果応報 って やつ かな

ねっ クロ

気付 い て い た の か

シロ

ボス メガネ に いじめ られ た の

大丈夫 なんでもない よ

ほんと に ねえ ほんと に なんでもない

だからこそ 今度 こそ 逃げ ない

立ち向かう って 決め た ん だ けど ね

一 歩 ずつ 信じる 道 を スキップ で

キモ っ

な っ

部屋 に 戻れ

今日 は アジ の 開き と 味噌汁 だ

やった やった やった

やった やった お 魚 大好き

分かった 分かった

そう いや 元 僕 の 部屋

修理 から 君 たち へ の 譲渡 契約 まで し て くれ た ん だ って

さすが 黄金 の クラン は 手回し いい よ ね

お前 の 帰る 場所 を 作って くれ た の だ

感謝 せ ね ば

中尉 様々 だ ね

サマ サマ 中尉 サマ サマ

三 つ の クラン の 共同 歩調 は

力強く 緑 の 跋扈 を 踏み潰し て ゆく

憂い と 脅威 を おのおの の 心 に 降り積もら せ ながら

そして 緑 の 王 は 翼 と 共に 運 ん で くる

差し伸べる 手 と 宣戦 の 布告 を

次回 K RETURN OF KINGS

第 五 話 KEN

誰 も 密林 を まっすぐ に は 歩け ない


×

LingQをより快適にするためCookieを使用しています。サイトの訪問により同意したと見なされます cookie policy.