image

K RETURN OF KINGS, K - Return of Kings Episode 3

それ が さ ぁ 結局 あいつ 来 なかった ん だ よ

やっ べ ぇ 遅刻 だ

って わけ で

吠 舞 羅 の 連中 は 想定 どおり の 踊り を きっちり 踊って くれ て

青 服 の ヤツ ら も 引っ張り出せ た

や っぱ ゲーム に 参加 さ せる クラン は 多い 方 が カラフル で いい ねぇ

きれい

吠 舞 羅 が 暴れ て くれ れ ば

セプター 4 が 事件 の 鎮圧 に 割く 人員 も 飛躍 的 に 増える

吠 舞 羅 を 巻き込 ん だ の は まあ 面白い 選択 だった ん じゃ ない

死人 を ダシ に 使う やり 方 は あんまり 美しく ない けど

紫 の 美学 と か どう で も いい し

おかげ で 赤 と 青 の ダモクレス の 剣 も 見 られ た よ

青 の 剣 前 見 た とき より 傷 広がって る ぜ

順調 ね

ところで 狗 朗 ちゃん は どう だった

夜 刀 神 狗 朗 か

紫 が 言う ほど 強いよ う に は 見え なかった ぜ

ほんと に 弟 な の か よ

実の 弟 じゃ な いわ よ

三輪 一言 と いう 同じ 師匠 の もと に い た こと が ある って だけ の こと よ

ユカリ アニデシ

ん な こと より

さっき 頼 ん だ 洗剤 ちゃん と 買って き た か

俺 だって 忙しい ん だ から

つまら ねぇ お 使い 頼む な よ

買って き た けど

柔軟 剤 入り の やつ に しろ っ つ っ た ろ

マチガエタ マチガエタ マチガエタ マチガエタ

うる っせ ぇ な クソ 鳥

なんでも いい じゃ ん

ん な こと より そろそろ 新しい こと し たい よ な

下 の 連中 に ミッション 出す ばっ か で

飽き て き た し

まあ 確かに 華やか さ に は 欠ける わ ね

白銀 の 王 が 依然 行方 不明 の 現状 が

もどかしい ところ だ わ

白銀 の 王 ほんと に 生き てる の か よ

つ ぅ か 生き て た と して も

70 年 くらい 空 に 逃げ て た ヤツ だ から な

逃げる の は 得意 な ん だ ろ

けれど 彼 は 1 年 前 地上 に 降り まし た

降臨 です

俺 は 白銀 の 王 に 会い たい です

石 盤 の 神秘 を 見いだし た 最初 の 王 で ある 彼 に

相手 は 不変 の 王

改変 の 王 で ある 流 ちゃん と の 相性 は 最悪 だって いう のに

私 たち の 最大 の 障害 に なる かも しれ ない の よ

言って も 無駄 だって

こいつ が 言いだし たら 聞か ない の 知って ん だ ろ

まっ 流 ちゃん が し たい よう に すれ ば いい けど

私 は 流 ちゃん が 作る 新しい 世界 が

美しい もの な の か どう か 見 たい だけ だ から

流 が やる ゲーム なら 当然 俺 は なんでも 乗る ぜ

流 が 作る ゲーム の プレイヤー

それ が 俺 たち 緑 の クラン JUNGLE だ から な

お前 が ご 執心 の 白銀 の 王 の 臣下 だ な

気 に なる の か

はい 俺 は 彼ら の こと が 気 に なり ます

白銀 の クランズマン が 青 の 王 宗像 礼司 と

赤 の 王 櫛 名 アンナ の もと に 出入り し て いる

これ は 少々 気 に かけ なくて は なら ない 状況 です

こいつ ら が 赤 青 に 出入り し てる って の は

白銀 の 王 が 裏 で 糸 を 引 い てる から だって の か

花 の つぼみ は 美しい

けれど 花 開く 前 に 落ちる つぼみ は それ 以上 に 美しい

ツボミ オトス ツボミ オトス

そういう こと でしょ イワ さん 流 ちゃん

何 言って ん だ お前 は

その とおり です

どの よう な 可能 性 で あって も

芽 を 摘 ん で しまえ ば 可能 性 の まま に 終わる

紫 ミッション です

彼ら を ゲーム 盤 から 排除 し て ください

こんなに 早く あの とき の 続き が できる なんて ね

これ も 運命 かしら

ウン メー

夜 刀 神 狗 朗 を 始末 する ん なら 俺 も 行く ぜ

あいつ が 強い か 弱い か で 紫 と 意見 が 分かれ て ん だ

ここ ら で 白黒 はっきり つけ て やる

クロ だけ に 白黒 つける って か

ガキ の くせ に うまい こと 言う じゃ ん か スクナ

俺 イワ さん の そういう とこ 死ぬ ほど 嫌い だ な

では つぼみ を 摘み に 行き ま しょ う か スクナ ちゃん

言い 忘れ て い まし た 紫

夜 刀 神 狗 朗 は 殺し て かまい ませ ん が

雨 乃 雅 日 は 生き た まま ここ に 連れ てき て ください

かまわ ない けど 理由 を 聞い て も いい かしら

彼女 は 俺 の 同胞 だ から です

同胞 なるほど ね

了承 し まし た ミロード

お前 に し ちゃ あ

ちょいと 事 を 急ぎ 過ぎ てる ん じゃ ない か

肯定 です イワ さん

俺 は 急 い で い ます 気 が せ い て い ます

第 一 王権 者 白銀 の 王 アドルフ ・ K ・ ヴァイス マン に

ゲーム を 続ける つもり が ある の なら

己 の 臣下 を 見殺し に は し ない でしょ う

彼 が また 逃げる の か それとも 今度 は とどまる の か

これ で ようやく 確かめる こと が でき ます

期待 です

シロ 我 が 輩 たち は 元気 だ から ね

やめ ん か 縁起 で も ない

だって シロ に も ご飯 を 食べ させ て あげ たい ん だ もん

それ は かまわ ん が

まず 自分 の 食事 を 済ませ て から に しろ

いただき ます

なかなか

なかなか

そう いえ ば この 部屋 も 随分 と 物 が 増え た な

あちこち で シロ を 捜し 回って る うち に

なんとなく シロ っぽい もの を 持って 帰って 来 ちゃ った ん だ よ ね

この 部屋 は シロ 捜し の 拠点 と して 使って いる から な

しかし あいつ は 一体 どこ を ほっ つき 歩 い て いる の やら

分か ん ない けど

でも 案外 近く に いる ん じゃ ない か な

なぜ そう 思う

なんとなく

根拠 など いら ない か

信じる と いう こと は 確かに そういう もの な の かも しれ ん な

う ぃ っす

鎮目 町 に 入り込 ん でき や がった 緑 の ヤツ ら は

全員 たたき出し まし た よ

った く ゴキブリ み て ぇ な ヤツ ら っす よ

いくら 八田 ちゃん で も 全員 は 無理 やろ なぁ

どこ に 潜 ん ど る の か 分から ん っ ちゅう の が 緑 の 特色 やし

分かって ます よ

暴れ てる ヤツ は って こと です

って か 何 して ん すか

草薙 さん それ は

敵 を 知り 己 を 知 ら ば 百 戦 危うから ず 言う やろ

JUNGLE が どんな 仕組み な の か 興味 あって な

捨て タン マツ で 偵察 し とった ん や

そ したら こんな ん 出 てき たで

なん だ これ 俺 の 写真

要するに お前 は 緑 に とって の 賞金 首 って こと や な

お前 を しとめる こと が でき たら

ボーナス ポイント が 発生 する

で その ポイント を ため て いく と

クラン 内 で の 地位 が 上がる って 仕組み な ん や て

懸賞 金 って わけ か

まっ そん だけ あいつ ら は

この ヤタガラス 様 に ビビ って る って こと っす よ ね

ざ っけ ん な よ

なんで サル の 方 が 懸賞 金 高 ぇ ん だ よ

腕っぷし の 方 は 互角 やろう けど

伏見 は 情報 処理 も できる から なぁ

緑 に し て み たら そっち の 方 が 脅威 って こと なん ちゃ う

アンナ どう し た

ネコ が 昨日 来 た とき 忘れ物 を し た みたい

忘れ物 だ ぁ まったく そそっかしい ヤツ だ な

届け て あげ ない と きっと ない と 困る から

貸し な

俺 が 届け て くる

でも

王様 は 軽々しく 外 出歩く もん じゃ ねぇ だ ろ

ミサキ

アンナ も 今 じゃ 赤 の 王 だ けど

尊 さん と は 違う

言った だ ろ 頼れ る よう な 男 に なる って さ

ありがとう

じゃあ これ を 学園 島 まで 届け て あげて

八田 ちゃん

お前 それ 持って 出歩く ん か 捕まる で

あの 女

何 を どう すりゃ こんな もん 忘れ て くん だ よ

な 何 は い て

はい て …

ごめん ね

大丈夫 だ よ

こっち こっち

ごめん

なんで だ よ

俺 に も あいつ と やら せろ よ

言った でしょ 狗 朗 ちゃん は 私 の 弟 弟子 な の

あの 子 を しとめる の は 私 の 役目 私 の 運命

それ を 邪魔 する なら いくら スクナ ちゃん で も 容赦 し ない わ

ポイント が 欲しい なら あと で いくら でも あげる

だから 邪魔 し ない で ね

タダ で ポイント 手 に 入れ て も つま ん ねぇ よ

そんな ん ゲーム じゃ ねぇ し

分かった よ 紫 そっち は あんた に 任せる

そっち は

俺 ちょっと 急用 が 出来 て さ

夜 刀 神 狗 朗 の 方 は よろしく 頼む わ

そんじゃ また な

まったく もう お 子 様 は 気まぐれ な ん だ から

J ランカー さん お 疲れ さま です

JUNGLE ポイント 5 点 加算

は いはい ご 苦労 さん

どうも

お っす

った く ネコ の ヤツ 一体 どこ に い ん だ よ

こんな もん 持って ウロウロ し てる ところ 見つかったら

自殺 もん の 赤 っ 恥 だ ぜ

サル

美咲

吠 舞 羅 が こんな 所 で 一体 何 してん だ

また 占領 する つもり か

て め ぇ に ゃ 関係 ねぇ だ ろ う が

あん とき の 礼 ちゃん と 言え て なかった な

王 の 力 に 目覚める 前 の アンナ が

緑 の クラン に さらわ れ た とき の こと だ よ

お前 が 教え て くれ なかったら 俺 は アンナ を 助ける どころ か

居場所 さえ 突き止める こと は でき なかった

それ で

だから お前 の こと は 気 に 入ら ねぇ し

まだ 許し ちゃ い ない が あん とき の こと は

感謝 し てる

あり が …

て め ぇ 何 し や がる

ち ぇっ バックアタク は 失敗 か

て め ぇ なん だ 何者 だ

無駄 口 たた い てる 暇 が あったら

少し は 周り を 警戒 しろ よ

JUNGLE の トップ ランカー 五條 スクナ だ な

俺 の こと 知って る ん だ

さ っす が そっち の ニット 帽 より ポイント 高い だけ の こと は ある ね

ん だ と この ガキ

お前 ら 二 人 潰し て 7 K なら

なかなか おいしい ミッション だ よ ね

って わけ で 二 人 と も 俺 の ポイント に なって よ

クロ 君 捜し た よ

菊 理 何 か 用 か

うんと ね 私 の 用事 じゃ ない ん だ けど

クロ 君 に 話 が ある って 子 を 連れ て き た の

ほら 出 て おい で よ

早く 早く こっち に おいで って ば もう ほら

さあ さあ さあ どうぞ

あ … あの 夜 刀 神 狗 朗 さん

これ 受け取って ください

俺 に ?

し … 失礼 し ます

ミッション 達成 JUNGLE ポイント 10 点 加算

やった ポイント ゲット

ねえ ねえ 何 が 書 い て ある の

開け て みよ う よ

さっき の 子 紫 ちゃん って いう ん だ ね すごい 達筆

いい ところ の お嬢さん な の か な

ついに 来 た か 御 芍 神 紫

頑張って ね 応援 し てる から さ

無事 を 祈って て くれ 菊 理

久しぶり ね また 会え て うれしい わ 狗 朗 ちゃん

御 芍 神 紫 何 を し に 来 た

もう 私 の こと は お 兄 様 と 呼 ん で と 言った でしょ う

それ に

聞か なく て も いい こと を いちいち 聞く の は 美しい と は 言え ない わ

決着 を つけ に 来 た と いう わけ か

答え なく て も いい こと を いちいち 答える の も 美しく ない わ

やはり まだまだ あなた の 腕 は 未熟 ね

でも 逃げ ず に 来 た こと だけ は 褒め て あげる

ここ は この 学園 島 は

我が 王 シロ の 帰る 場所 だ

この 場所 に 貴 様 ら を 一 歩 たり と も 踏み入れ させる もの か

それ は 残念

つい さっき 私 の 仲間 が 入って いった わ よ

クロ を いじめる な

ネコ

安心 し なさい

あなた の 身柄 は 我が 王 が ご 所望 です から ね

ネコ ちゃん

いえ 雨 乃 雅 日 ちゃん

あめ の 誰

覚え て ない の ね まあ いい わ

御 芍 神 紫 俺 の 仲間 に 手 を 出す な

相変わらず まっすぐ な の ね 狗 朗 ちゃん

美しい ほど に まっすぐ だ けれど それ で は 限界 が ある わ

何 を 訳 の 分から ん こと を

例えば スクナ ちゃん を この 学園 に 入れ た の は

ここ の 生徒 自身 よ

その 生徒 は 何も 知ら ない わ

あなた の 思い も 怒り も 使命 感 も

何も 知ら ず に 緑 を 招き入れ た の

あなた が 守 ろ う と して いる 場所 は

すでに 私 たち の もの な の よ

JUNGLE は どこ に でも 根 を 張り

どこ から でも 養分 を 吸い上げる

我ら が 緑 の 大樹 は やがて 星 々 に まで 枝葉 を 届か せ

黄金 の 太陽 も 白銀 の 月 も

等しく 飲み込 ん で しまう でしょ う

そして この 世界 は 美しき 緑 に 覆わ れ て

新しく 生まれ変わる

私 は それ が 見 て み たい

でも あなた が その 世界 を 見る こと は ない わ

あなた は ここ で つぼみ の まま 散る の だ から

俺 は 貴 様 ら に は 屈 し ない

シロ シロ

このまま じゃ クロ が 殺さ れ ちゃ う よ

そう 覚悟 は でき て いる の ね

あなた の 今 の 顔 は 美しい わ

夜 刀 神 狗 朗 お 命 ちょうだい する

シロ お 願い 助け て よ

シロ

あ … あなた は

シロ

シロ

人 の うち に 土足 で 上がり 込 ん で き て

人 の 家族 を 手 に 掛けよ う と する なんて

傲慢 が すぎる ん じゃ ない か

緑 の 王 比 水流

ついに ついに ついに 来 まし た ね

戻って き まし た ね

第 一 王権 者 白銀 の 王

アドルフ ・ K ・ ヴァイス マン

この 世界 に 俺 たち の ゲーム 盤 の 上 に

戻って き て くれ まし た ね

歓迎 です

誰 も が 待って い た 始まり の 男

ついに 帰って 来 た 白銀 の 王 は

決意 を 持って 緑 の 王 の 前 に 立つ

その 意図 する ところ は 赤 の 王 青 の 王 と の 連合

円卓 の 上 に 三 王 の 思惑 が 交差 する

次回 K RETURN OF KINGS

第 四 話 KNOT

これ は 始まり それとも …



Want to learn a language?


Learn from this text and thousands like it on LingQ.

  • A vast library of audio lessons, all with matching text
  • Revolutionary learning tools
  • A global, interactive learning community.

LingQでオンライン語学学習

それ が さ ぁ 結局 あいつ 来 なかった ん だ よ

やっ べ ぇ 遅刻 だ

って わけ で

吠 舞 羅 の 連中 は 想定 どおり の 踊り を きっちり 踊って くれ て

青 服 の ヤツ ら も 引っ張り出せ た

や っぱ ゲーム に 参加 さ せる クラン は 多い 方 が カラフル で いい ねぇ

きれい

吠 舞 羅 が 暴れ て くれ れ ば

セプター 4 が 事件 の 鎮圧 に 割く 人員 も 飛躍 的 に 増える

吠 舞 羅 を 巻き込 ん だ の は まあ 面白い 選択 だった ん じゃ ない

死人 を ダシ に 使う やり 方 は あんまり 美しく ない けど

紫 の 美学 と か どう で も いい し

おかげ で 赤 と 青 の ダモクレス の 剣 も 見 られ た よ

青 の 剣 前 見 た とき より 傷 広がって る ぜ

順調 ね

ところで 狗 朗 ちゃん は どう だった

夜 刀 神 狗 朗 か

紫 が 言う ほど 強いよ う に は 見え なかった ぜ

ほんと に 弟 な の か よ

実の 弟 じゃ な いわ よ

三輪 一言 と いう 同じ 師匠 の もと に い た こと が ある って だけ の こと よ

ユカリ アニデシ

ん な こと より

さっき 頼 ん だ 洗剤 ちゃん と 買って き た か

俺 だって 忙しい ん だ から

つまら ねぇ お 使い 頼む な よ

買って き た けど

柔軟 剤 入り の やつ に しろ っ つ っ た ろ

マチガエタ マチガエタ マチガエタ マチガエタ

うる っせ ぇ な クソ 鳥

なんでも いい じゃ ん

ん な こと より そろそろ 新しい こと し たい よ な

下 の 連中 に ミッション 出す ばっ か で

飽き て き た し

まあ 確かに 華やか さ に は 欠ける わ ね

白銀 の 王 が 依然 行方 不明 の 現状 が

もどかしい ところ だ わ

白銀 の 王 ほんと に 生き てる の か よ

つ ぅ か 生き て た と して も

70 年 くらい 空 に 逃げ て た ヤツ だ から な

逃げる の は 得意 な ん だ ろ

けれど 彼 は 1 年 前 地上 に 降り まし た

降臨 です

俺 は 白銀 の 王 に 会い たい です

石 盤 の 神秘 を 見いだし た 最初 の 王 で ある 彼 に

相手 は 不変 の 王

改変 の 王 で ある 流 ちゃん と の 相性 は 最悪 だって いう のに

私 たち の 最大 の 障害 に なる かも しれ ない の よ

言って も 無駄 だって

こいつ が 言いだし たら 聞か ない の 知って ん だ ろ

まっ 流 ちゃん が し たい よう に すれ ば いい けど

私 は 流 ちゃん が 作る 新しい 世界 が

美しい もの な の か どう か 見 たい だけ だ から

流 が やる ゲーム なら 当然 俺 は なんでも 乗る ぜ

流 が 作る ゲーム の プレイヤー

それ が 俺 たち 緑 の クラン JUNGLE だ から な

お前 が ご 執心 の 白銀 の 王 の 臣下 だ な

気 に なる の か

はい 俺 は 彼ら の こと が 気 に なり ます

白銀 の クランズマン が 青 の 王 宗像 礼司 と

赤 の 王 櫛 名 アンナ の もと に 出入り し て いる

これ は 少々 気 に かけ なくて は なら ない 状況 です

こいつ ら が 赤 青 に 出入り し てる って の は

白銀 の 王 が 裏 で 糸 を 引 い てる から だって の か

花 の つぼみ は 美しい

けれど 花 開く 前 に 落ちる つぼみ は それ 以上 に 美しい

ツボミ オトス ツボミ オトス

そういう こと でしょ イワ さん 流 ちゃん

何 言って ん だ お前 は

その とおり です

どの よう な 可能 性 で あって も

芽 を 摘 ん で しまえ ば 可能 性 の まま に 終わる

紫 ミッション です

彼ら を ゲーム 盤 から 排除 し て ください

こんなに 早く あの とき の 続き が できる なんて ね

これ も 運命 かしら

ウン メー

夜 刀 神 狗 朗 を 始末 する ん なら 俺 も 行く ぜ

あいつ が 強い か 弱い か で 紫 と 意見 が 分かれ て ん だ

ここ ら で 白黒 はっきり つけ て やる

クロ だけ に 白黒 つける って か

ガキ の くせ に うまい こと 言う じゃ ん か スクナ

俺 イワ さん の そういう とこ 死ぬ ほど 嫌い だ な

では つぼみ を 摘み に 行き ま しょ う か スクナ ちゃん

言い 忘れ て い まし た 紫

夜 刀 神 狗 朗 は 殺し て かまい ませ ん が

雨 乃 雅 日 は 生き た まま ここ に 連れ てき て ください

かまわ ない けど 理由 を 聞い て も いい かしら

彼女 は 俺 の 同胞 だ から です

同胞 なるほど ね

了承 し まし た ミロード

お前 に し ちゃ あ

ちょいと 事 を 急ぎ 過ぎ てる ん じゃ ない か

肯定 です イワ さん

俺 は 急 い で い ます 気 が せ い て い ます

第 一 王権 者 白銀 の 王 アドルフ ・ K ・ ヴァイス マン に

ゲーム を 続ける つもり が ある の なら

己 の 臣下 を 見殺し に は し ない でしょ う

彼 が また 逃げる の か それとも 今度 は とどまる の か

これ で ようやく 確かめる こと が でき ます

期待 です

シロ 我 が 輩 たち は 元気 だ から ね

やめ ん か 縁起 で も ない

だって シロ に も ご飯 を 食べ させ て あげ たい ん だ もん

それ は かまわ ん が

まず 自分 の 食事 を 済ませ て から に しろ

いただき ます

なかなか

なかなか

そう いえ ば この 部屋 も 随分 と 物 が 増え た な

あちこち で シロ を 捜し 回って る うち に

なんとなく シロ っぽい もの を 持って 帰って 来 ちゃ った ん だ よ ね

この 部屋 は シロ 捜し の 拠点 と して 使って いる から な

しかし あいつ は 一体 どこ を ほっ つき 歩 い て いる の やら

分か ん ない けど

でも 案外 近く に いる ん じゃ ない か な

なぜ そう 思う

なんとなく

根拠 など いら ない か

信じる と いう こと は 確かに そういう もの な の かも しれ ん な

う ぃ っす

鎮目 町 に 入り込 ん でき や がった 緑 の ヤツ ら は

全員 たたき出し まし た よ

った く ゴキブリ み て ぇ な ヤツ ら っす よ

いくら 八田 ちゃん で も 全員 は 無理 やろ なぁ

どこ に 潜 ん ど る の か 分から ん っ ちゅう の が 緑 の 特色 やし

分かって ます よ

暴れ てる ヤツ は って こと です

って か 何 して ん すか

草薙 さん それ は

敵 を 知り 己 を 知 ら ば 百 戦 危うから ず 言う やろ

JUNGLE が どんな 仕組み な の か 興味 あって な

捨て タン マツ で 偵察 し とった ん や

そ したら こんな ん 出 てき たで

なん だ これ 俺 の 写真

要するに お前 は 緑 に とって の 賞金 首 って こと や な

お前 を しとめる こと が でき たら

ボーナス ポイント が 発生 する

で その ポイント を ため て いく と

クラン 内 で の 地位 が 上がる って 仕組み な ん や て

懸賞 金 って わけ か

まっ そん だけ あいつ ら は

この ヤタガラス 様 に ビビ って る って こと っす よ ね

ざ っけ ん な よ

なんで サル の 方 が 懸賞 金 高 ぇ ん だ よ

腕っぷし の 方 は 互角 やろう けど

伏見 は 情報 処理 も できる から なぁ

緑 に し て み たら そっち の 方 が 脅威 って こと なん ちゃ う

アンナ どう し た

ネコ が 昨日 来 た とき 忘れ物 を し た みたい

忘れ物 だ ぁ まったく そそっかしい ヤツ だ な

届け て あげ ない と きっと ない と 困る から

貸し な

俺 が 届け て くる

でも

王様 は 軽々しく 外 出歩く もん じゃ ねぇ だ ろ

ミサキ

アンナ も 今 じゃ 赤 の 王 だ けど

尊 さん と は 違う

言った だ ろ 頼れ る よう な 男 に なる って さ

ありがとう

じゃあ これ を 学園 島 まで 届け て あげて

八田 ちゃん

お前 それ 持って 出歩く ん か 捕まる で

あの 女

何 を どう すりゃ こんな もん 忘れ て くん だ よ

な 何 は い て

はい て …

ごめん ね

大丈夫 だ よ

こっち こっち

ごめん

なんで だ よ

俺 に も あいつ と やら せろ よ

言った でしょ 狗 朗 ちゃん は 私 の 弟 弟子 な の

あの 子 を しとめる の は 私 の 役目 私 の 運命

それ を 邪魔 する なら いくら スクナ ちゃん で も 容赦 し ない わ

ポイント が 欲しい なら あと で いくら でも あげる

だから 邪魔 し ない で ね

タダ で ポイント 手 に 入れ て も つま ん ねぇ よ

そんな ん ゲーム じゃ ねぇ し

分かった よ 紫 そっち は あんた に 任せる

そっち は

俺 ちょっと 急用 が 出来 て さ

夜 刀 神 狗 朗 の 方 は よろしく 頼む わ

そんじゃ また な

まったく もう お 子 様 は 気まぐれ な ん だ から

J ランカー さん お 疲れ さま です

JUNGLE ポイント 5 点 加算

は いはい ご 苦労 さん

どうも

お っす

った く ネコ の ヤツ 一体 どこ に い ん だ よ

こんな もん 持って ウロウロ し てる ところ 見つかったら

自殺 もん の 赤 っ 恥 だ ぜ

サル

美咲

吠 舞 羅 が こんな 所 で 一体 何 してん だ

また 占領 する つもり か

て め ぇ に ゃ 関係 ねぇ だ ろ う が

あん とき の 礼 ちゃん と 言え て なかった な

王 の 力 に 目覚める 前 の アンナ が

緑 の クラン に さらわ れ た とき の こと だ よ

お前 が 教え て くれ なかったら 俺 は アンナ を 助ける どころ か

居場所 さえ 突き止める こと は でき なかった

それ で

だから お前 の こと は 気 に 入ら ねぇ し

まだ 許し ちゃ い ない が あん とき の こと は

感謝 し てる

あり が …

て め ぇ 何 し や がる

ち ぇっ バックアタク は 失敗 か

て め ぇ なん だ 何者 だ

無駄 口 たた い てる 暇 が あったら

少し は 周り を 警戒 しろ よ

JUNGLE の トップ ランカー 五條 スクナ だ な

俺 の こと 知って る ん だ

さ っす が そっち の ニット 帽 より ポイント 高い だけ の こと は ある ね

ん だ と この ガキ

お前 ら 二 人 潰し て 7 K なら

なかなか おいしい ミッション だ よ ね

って わけ で 二 人 と も 俺 の ポイント に なって よ

クロ 君 捜し た よ

菊 理 何 か 用 か

うんと ね 私 の 用事 じゃ ない ん だ けど

クロ 君 に 話 が ある って 子 を 連れ て き た の

ほら 出 て おい で よ

早く 早く こっち に おいで って ば もう ほら

さあ さあ さあ どうぞ

あ … あの 夜 刀 神 狗 朗 さん

これ 受け取って ください

俺 に ?

し … 失礼 し ます

ミッション 達成 JUNGLE ポイント 10 点 加算

やった ポイント ゲット

ねえ ねえ 何 が 書 い て ある の

開け て みよ う よ

さっき の 子 紫 ちゃん って いう ん だ ね すごい 達筆

いい ところ の お嬢さん な の か な

ついに 来 た か 御 芍 神 紫

頑張って ね 応援 し てる から さ

無事 を 祈って て くれ 菊 理

久しぶり ね また 会え て うれしい わ 狗 朗 ちゃん

御 芍 神 紫 何 を し に 来 た

もう 私 の こと は お 兄 様 と 呼 ん で と 言った でしょ う

それ に

聞か なく て も いい こと を いちいち 聞く の は 美しい と は 言え ない わ

決着 を つけ に 来 た と いう わけ か

答え なく て も いい こと を いちいち 答える の も 美しく ない わ

やはり まだまだ あなた の 腕 は 未熟 ね

でも 逃げ ず に 来 た こと だけ は 褒め て あげる

ここ は この 学園 島 は

我が 王 シロ の 帰る 場所 だ

この 場所 に 貴 様 ら を 一 歩 たり と も 踏み入れ させる もの か

それ は 残念

つい さっき 私 の 仲間 が 入って いった わ よ

クロ を いじめる な

ネコ

安心 し なさい

あなた の 身柄 は 我が 王 が ご 所望 です から ね

ネコ ちゃん

いえ 雨 乃 雅 日 ちゃん

あめ の 誰

覚え て ない の ね まあ いい わ

御 芍 神 紫 俺 の 仲間 に 手 を 出す な

相変わらず まっすぐ な の ね 狗 朗 ちゃん

美しい ほど に まっすぐ だ けれど それ で は 限界 が ある わ

何 を 訳 の 分から ん こと を

例えば スクナ ちゃん を この 学園 に 入れ た の は

ここ の 生徒 自身 よ

その 生徒 は 何も 知ら ない わ

あなた の 思い も 怒り も 使命 感 も

何も 知ら ず に 緑 を 招き入れ た の

あなた が 守 ろ う と して いる 場所 は

すでに 私 たち の もの な の よ

JUNGLE は どこ に でも 根 を 張り

どこ から でも 養分 を 吸い上げる

我ら が 緑 の 大樹 は やがて 星 々 に まで 枝葉 を 届か せ

黄金 の 太陽 も 白銀 の 月 も

等しく 飲み込 ん で しまう でしょ う

そして この 世界 は 美しき 緑 に 覆わ れ て

新しく 生まれ変わる

私 は それ が 見 て み たい

でも あなた が その 世界 を 見る こと は ない わ

あなた は ここ で つぼみ の まま 散る の だ から

俺 は 貴 様 ら に は 屈 し ない

シロ シロ

このまま じゃ クロ が 殺さ れ ちゃ う よ

そう 覚悟 は でき て いる の ね

あなた の 今 の 顔 は 美しい わ

夜 刀 神 狗 朗 お 命 ちょうだい する

シロ お 願い 助け て よ

シロ

あ … あなた は

シロ

シロ

人 の うち に 土足 で 上がり 込 ん で き て

人 の 家族 を 手 に 掛けよ う と する なんて

傲慢 が すぎる ん じゃ ない か

緑 の 王 比 水流

ついに ついに ついに 来 まし た ね

戻って き まし た ね

第 一 王権 者 白銀 の 王

アドルフ ・ K ・ ヴァイス マン

この 世界 に 俺 たち の ゲーム 盤 の 上 に

戻って き て くれ まし た ね

歓迎 です

誰 も が 待って い た 始まり の 男

ついに 帰って 来 た 白銀 の 王 は

決意 を 持って 緑 の 王 の 前 に 立つ

その 意図 する ところ は 赤 の 王 青 の 王 と の 連合

円卓 の 上 に 三 王 の 思惑 が 交差 する

次回 K RETURN OF KINGS

第 四 話 KNOT

これ は 始まり それとも …


×

LingQをより快適にするためCookieを使用しています。サイトの訪問により同意したと見なされます cookie policy.