image

K RETURN OF KINGS, K - Return of Kings Episode 12

吠 舞 羅 の 八田 美咲 君

ん だ よ

うち の 伏見 君 と は

吠 舞 羅 に 入る 前 から の 友人 だ そう です ね

ダ … ダチ なんか じゃ ねぇ

あいつ は 俺 や 尊 さん を 裏切って 青 服 に

彼 に は 私 と 運命 を 共に し て

死 ん で もらう こと に なる かも しれ ませ ん

もし そう なったら すみません

先 に 謝罪 し て おき ます

ど … どういう 意味 だ よ

あいつ は あんた を 裏切って 青 服 を 出 てった ん じゃ ねぇ の か よ

そん で 今度 は … 今度 は 緑 に 寝返って

私 の 指示 です

クリスマス の 作戦 の 前 に

伏見 君 に 指示 を 出し て おき まし た

なんらか の 不確定 要素 の 介入 で 作戦 が 失敗 し

万一 石 盤 を 奪わ れ た 際 に は

あらゆる 手 を 使って JUNGLE の 中枢 に 潜入 する よう に と

過去 に 一 度 クラン を 変わって いる 彼 に は 適任 で し た し ね

そ … それ って 危険 な ん じゃ ねぇ の か

もし バレ ち まったら あいつ

緑 の ヤツ ら に 殺さ れる かも しれ ねぇ だ ろ

そう です ね

私 は 伏見 君 を 生き て 帰れ る 保証 の ない 任務 に 送り出し まし た

彼 だけ に 任せ られる 仕事 だった から です

もちろん 彼 も 全て 分かった うえ で 了承 し まし た

な … なんで そんな

自分 の クランズマン に そんな こと 命令 でき ん だ よ あんた は

なぜ

JUNGLE の 思いどおり に さ せる わけ に は いか ない から です

セプター 4 は 秩序 の クラン

世界 が 混迷 に 陥る の を 許す わけ に は いか ない

そして 伏見 君 は セプター 4 の 人間 です

伏見 君 が 生き延びる 方法 が 一 つ あり ます よ

私 を 裏切って 本当 に JUNGLE に 付く こと です

君 は 彼 が そう する と 思い ます か

かつて の 友人 の 君 は 彼 の こと を よく 分かって いる の でしょ う

八田 美咲 君

あの 光 の 柱 が 立った 場所 の 地下 に は

建設 途中 で 放棄 さ れ とった 取水 施設 が ある

JUNGLE は そこ を アジト に し て た よ う や な

石 盤 が 運び込ま れ て いる の は この 施設 の 最 下層 だ

僕たち は そこ まで 行く

俺 たち は それ を サポート する

必ず シロ さん たち を 最 下層 まで 送り届け ます

ええ な みんな ここ が 根性 入れる とこ や で

根性 入れ て く ぜ

ミサキ も これ を

任し とけ って

俺 の 持ち場 は 地下 9 階 だった な

八田 ちゃん ええ ん や で

草薙 さん いい って 何 が っす か

伏見 ん とこ へ 行け

持ち場 に 就く ん は それ から や

だけど 間に合わ なかったら

大丈夫

ミサキ を 信じ てる

突っ込み ます

みんな ど っか に つかまれ

助太刀 し ねぇ の か 善 条

それ は 俺 の 仕事 で は ない

羽 張 の とき み て ぇ に

暴走 し た 王 を 斬る の が 仕事 って こと か

よそ見 と は 余裕 です ね

何 に しがみつ い て ん だ よ お前 は 宗像

意地 に なって る だけ じゃ ねぇ の か

賽 は 投げ られ た ん だ

お前 が 守る っ つ っ て た 世界 は もう ぶ っ 壊れ た ん だ よ

ええ 意地 に なって ます よ

あなた に 負け た こと が

自分 で 思った 以上 に 気 に 入ら ない よう です

そんなに 俺 が 嫌い か ね

嫌い です ね あなた の 生き 方 が

まあ 好き か 嫌い か で 言ったら 俺 も お前 は 嫌い だ ぜ

お前 を 見 てる と 昔 の 俺 を 思い出す んで な

一 度 剣 を 折ら れ て も まだ 分から ねぇ の か

青臭 ぇ 理想 を 振りかざし た ところ で

お前 に は 何も 変え られ ねぇ ん だ よ

新手 だ

ちょっと 待った

室長 の ピンチ に ただいま 見 参

道明 寺 一 人 で 突っ込む な

逃がす な

秋山 弁 財 行く ぞ

弁 財 気 を 抜く な よ

そっち こそ

俺 が 先 に 行か せ て もらう

室長 ご 無事 で

こんな 所 で 何 を し て いる ん です か 君 たち は

可及的 速やか に JUNGLE の 本拠 地 を 制圧 する こと が

現在 最 優先 に 遂行 す べき 任務 と 判断 し

室長 の 援護 に 参じ まし た

私 は 何も 命じ て い ませ ん

それ に もう 私 は 室長 で は

命じ られ なけ れ ば 動け ない よう な

セプター 4 で は あり ませ ん

東京 法務 局 戸籍 課 第 四 分室 の 肩書 など

所詮 セプター 4 の 隠れみの じゃ ない です か

そう そう 形式 です よ 形式

いつ いかなる とき でも 室長 の 大義 は 我々 と 共に あり ます

我々 は 青 の 王 宗像 礼司 の クランズマン です

現在 セプター 4 全 隊 を 動員 し

暴動 の 鎮圧 ならびに 市民 の 救援 に 当たって い ます

我々 特務 隊 が JUNGLE 本拠 地 を 制圧 し

混乱 の 大 本 を 断つ まで

死に物狂い で これ 以上 の 混乱 の 波及 を 防ぐ 心構え です

ご 命令 を 室長

我ら セプター 4 佩剣 者 たる の 責務 を 遂行 す

聖域 に 乱 ある を 許さ ず

塵 界 に 暴 ある を 許さ ず

八 荒 を 閉ざす 霧 を 晴らさ ん

総員 抜 刀

秋山 抜 刀

弁 財 抜 刀

加茂 抜 刀

道明 寺 抜 刀

榎本 抜 刀

布施 抜 刀

五島 抜 刀

日高 抜 刀

淡 島 抜 刀

青 の クラン の 様式 美 って やつ か

美しい ねぇ

だが 現実 は そんなに きれい に なら せる よう な もん じゃ ない ぜ

あなた は 目の前 の 悲劇 から 逃げ た 人間 だ

まさしく 視界 に 霧 を 掛け 見る べき もの を 曖昧 に し て

のら りく ら り と はぐらかし て いる

比 水流 は すでに 死 ん で いる と いう のに

あなた は 死者 が 楽園 を 作る のに 手 を 貸し て いる だけ だ

分かって ん だ よ ん な こ た ぁ

な …

剣 を もって 剣 を 制す

我ら が 大義 に 曇り なし

勝 っち まい や がった よ

いい さ 青二才

お前 の 意地 と 理想 って やつ を 貫 い て みりゃ あい い

よっ しゃ

よし やった な

そう だ な

室長 今 すぐ に サンクトゥム の 展開 を 解 い て ください

解 い て い ます が

あれ は もう 私 の 意思 で は 消え ない よう です ね

お前 たち は 近づく な あなた も です 善 条 さん

この 人 の 副 官 は 私 です

必要 と なれ ば 私 が …

こちら 赤城 B 2 スタンバイ オーケー

こちら 坂東 B 3 スタンバイ オッケー だ ぜ

こちら 千 歳 B 4 スタンバイ オーケー

こちら 出羽 B 5 スタンバイ オーケー

こちら エリック B 6 スタンバイ オーケー

こちら 藤島 B 7 スタンバイ オーケー

青 の 王 が 上 を 抑え て くれ てる おかげ で

なんとか なり そう だ な

あと は イズモ と ミサキ

撃て

すま ん な こっち は 急 い ど る ん や 通 らし て もらう で

遅 なった

草薙 B 8 スタンバイ オーケー や

ほ な 俺 は ここ まで です わ

こっか ら 先 は お 送り でき ませ ん けど

頼 ん ます シロ さん

ありがとう 草薙 さん

赤 の クラン の 協力 に 感謝 する

あと で ね イロ メガネ

また ホットケーキ 作って ね

は いはい ネコ ちゃん

これ が 終わったら ホットケーキ タワー 焼 いたる で

ほれ

やった

死ね

だっせ ぇ の

最終 ダンジョン に は 経験 値 稼ぎ し て から 挑む もん だ ぜ

今更 セーブ ポイント に は 戻ら せ て やら ねぇ けど な

ゲーム 脳 の クソ ガキ が

電源 切 っと き ゃ

そこ で 止まって て くれる よう な もん じゃ ねぇ ん だ よ 現実 は

ぜ って ぇ 勝て ねぇ レベル の 戦い で も

し なく ちゃ な ん ねぇ とき が あん だ よ

俺 も ガキ に 現実 が どう と か 説教 する よう に なった の か よ

まったく むかつく 現実 だ ぜ

危険 手当 程度 じゃ 割に 合わ ねぇ な これ じゃあ

ほんと なん だって こんな 仕事 やって ん だ よ 俺 は

猿 比 古

美咲

て め ぇ どこ に いやがる 猿 比 古

あの バカ

マジ で こんな とこ まで 追っかけ てき や がった

猿 比 古

あの 野郎 一 人 で かっこ つけ や がって

俺 に 何も 言わ ねぇ で 勝手 に 死 ん だ ら 許さ ねぇ

プレイヤー 交代 って わけ か 別に こっち は かまわ ない ぜ

逃がす か よ

猿 比 古 生き て ん の か

おい サル

遅 ぇ ん だ よ

何 が 切り込み 隊長 だ

笑わ せる ぜ

て め ぇ … なんで 言わ なかった ん だ よ

極秘 任務 を 話す わけ ねぇ だ ろ バカ

察 しろ よ

あれ で 察 する わけ ねぇ だ ろ う が

なんで お前 は 昔 っ から そう な ん だ よ

そう だ よ 俺 は バカ だ よ

だから ちゃんと 話し て くん なきゃ 分か ん ねぇ ん だ よ

言って お前 に 何 が 分かる ん だ よ

分かる よう に 言え よ 分かる まで 言え よ

何も 聞か せ られ ねぇ まま もし お前 が 死 ん で たら

俺 は ずっと お前 を 裏切り者 と 思った まま だった じゃ ねぇ か

俺 は 裏切り者 だ ろ

そう じゃ ねぇ だ ろ

俺 が 尊 さん や アンナ の ため に 命 張れ ん の と 同じ ように

お前 が 青 の 王 の ため に ここ まで の こと やった って ん なら

お前 の 王 は 青 の 王 だった って こと な ん だ ろ

俺 は セプター 4 の 伏見 猿 比 古 って ヤツ を すげ ぇ って 思う

猿 比 古 は 瀕死

お前 も そろそろ イエロー ゲージ だ ぜ どう する

お め ぇ 一緒 に ゲーム する 友達 い ねぇ の か よ

俺 は ずっと ソロ プレイヤー だ

弱い ヤツ に 足 引っ張ら れる くらい なら

一 人 の 方 が 100 倍 いい

一 人 で 強 ぇ から な 俺 は

面白い ヤツ は 流 だけ だ

だから 流 の 邪魔 を する ヤツ は

潰す

美咲

JUNGLE が 逃げ場 だった ん だ な

お前 昔 の 俺 たち と 似 てる よ

でも 帰れ よ うち に

偉 そう に

お前 ら 二 人 足し た ところ で 俺 の 方 が 強い

ただ の 足し算 じゃ ねぇ

昔 み て ぇ だ な

お前 と こう やって 戦う の

同じ じゃ ねぇ よ あの ころ と は

そう だ な 同じ じゃ ねぇ

赤 の クランズマン 八田 美咲 と

言え よ

青 の クランズマン 伏見 猿 比 古 が

相手 に なる ぜ

旧 世代 が かっこ つけ ん な

こっち は 仕事 だ

ガキ の ゲーム に いつ まで も つきあって られる か

猿 比 古

死に 損ない は ステージ から 降りろ

帰れ よ … か

偉 そう に ガキ に 説教 し や がって

大人 か よ

うる せ ぇ な 大人 か どう か は 分か ん ねぇ けど

もう 子供 じゃ ねぇ よ

八田 さん 八田 さん 聞こえ ます か 今 どこ っす か

おう 鎌 本 猿 比 古 は 無事 だ ぜ

無事 でも ねぇ けど

そう っす か アンナ 伏見 無事 だって よ

急 い で ください 八田 さん が スタンバ ら ない と 完成 し ませ ん

ああ 分かった

行け よ

俺 は つきあわ ねぇ から な

さすが に サービス 残業 だ

けど よ お 前

何 が いちばん 大事 な ん だ よ

アンナ だ

だったら 早く 行け よ

お前 は お前 の 仕事 を しろ

こっち は 一 人 で 脱出 できる

美咲

バカ に も 分かる よう に 話す 方法 考え とく

あと で もっと 話 そ う ぜ

い た ぞ こっち だ

ナイフ も 使い きった か

単純 で バカ で 考え な し で

何も 分かって ねぇ くせ に

いきなり 100 点 の 答え 出し て くる こと が ある ん だ から な

お前 の 王 は 青 の 王 だった って こと な ん だ ろ

そりゃ あ 割に 合わ ねぇ 命 も 張る わけ だ

脱出 経路 は 確保 し た

頼 ん だ 覚え は ねぇ ぞ

報酬 は すでに お 主 の 上司 から 支払わ れ て いる

地 の 底 を 照らす は 白い 葉 が 命

分かって いる わ よ ね これ より 先 へ は 行か せ ない わ

全力 で 妨害 する わ よ

御 芍 神 紫 ここ は 1 対 1 だ

クロ

お前 たち は 先 へ 行け

俺 は 一 人 で この 人 に 勝た ね ば なら ない

これ だけ は 俺 の わがまま を 聞き入れ て ほしい

君 が わがまま を 言う なんて 初めて だ ね

その 意気 は いい けれど

狗 朗 ちゃん

私 に 勝た ない と

あなた の 王 を すぐ 追っかけ ちゃ う わ よ

変革 を 望 ん だ 王 最後 の 破壊 に 懸ける 王

次回 K RETURN OF KINGS

第 十 三 話 KINGS

始まり の 王 が 全て の 幕 を 下ろす



Want to learn a language?


Learn from this text and thousands like it on LingQ.

  • A vast library of audio lessons, all with matching text
  • Revolutionary learning tools
  • A global, interactive learning community.

LingQでオンライン語学学習

吠 舞 羅 の 八田 美咲 君

ん だ よ

うち の 伏見 君 と は

吠 舞 羅 に 入る 前 から の 友人 だ そう です ね

ダ … ダチ なんか じゃ ねぇ

あいつ は 俺 や 尊 さん を 裏切って 青 服 に

彼 に は 私 と 運命 を 共に し て

死 ん で もらう こと に なる かも しれ ませ ん

もし そう なったら すみません

先 に 謝罪 し て おき ます

ど … どういう 意味 だ よ

あいつ は あんた を 裏切って 青 服 を 出 てった ん じゃ ねぇ の か よ

そん で 今度 は … 今度 は 緑 に 寝返って

私 の 指示 です

クリスマス の 作戦 の 前 に

伏見 君 に 指示 を 出し て おき まし た

なんらか の 不確定 要素 の 介入 で 作戦 が 失敗 し

万一 石 盤 を 奪わ れ た 際 に は

あらゆる 手 を 使って JUNGLE の 中枢 に 潜入 する よう に と

過去 に 一 度 クラン を 変わって いる 彼 に は 適任 で し た し ね

そ … それ って 危険 な ん じゃ ねぇ の か

もし バレ ち まったら あいつ

緑 の ヤツ ら に 殺さ れる かも しれ ねぇ だ ろ

そう です ね

私 は 伏見 君 を 生き て 帰れ る 保証 の ない 任務 に 送り出し まし た

彼 だけ に 任せ られる 仕事 だった から です

もちろん 彼 も 全て 分かった うえ で 了承 し まし た

な … なんで そんな

自分 の クランズマン に そんな こと 命令 でき ん だ よ あんた は

なぜ

JUNGLE の 思いどおり に さ せる わけ に は いか ない から です

セプター 4 は 秩序 の クラン

世界 が 混迷 に 陥る の を 許す わけ に は いか ない

そして 伏見 君 は セプター 4 の 人間 です

伏見 君 が 生き延びる 方法 が 一 つ あり ます よ

私 を 裏切って 本当 に JUNGLE に 付く こと です

君 は 彼 が そう する と 思い ます か

かつて の 友人 の 君 は 彼 の こと を よく 分かって いる の でしょ う

八田 美咲 君

あの 光 の 柱 が 立った 場所 の 地下 に は

建設 途中 で 放棄 さ れ とった 取水 施設 が ある

JUNGLE は そこ を アジト に し て た よ う や な

石 盤 が 運び込ま れ て いる の は この 施設 の 最 下層 だ

僕たち は そこ まで 行く

俺 たち は それ を サポート する

必ず シロ さん たち を 最 下層 まで 送り届け ます

ええ な みんな ここ が 根性 入れる とこ や で

根性 入れ て く ぜ

ミサキ も これ を

任し とけ って

俺 の 持ち場 は 地下 9 階 だった な

八田 ちゃん ええ ん や で

草薙 さん いい って 何 が っす か

伏見 ん とこ へ 行け

持ち場 に 就く ん は それ から や

だけど 間に合わ なかったら

大丈夫

ミサキ を 信じ てる

突っ込み ます

みんな ど っか に つかまれ

助太刀 し ねぇ の か 善 条

それ は 俺 の 仕事 で は ない

羽 張 の とき み て ぇ に

暴走 し た 王 を 斬る の が 仕事 って こと か

よそ見 と は 余裕 です ね

何 に しがみつ い て ん だ よ お前 は 宗像

意地 に なって る だけ じゃ ねぇ の か

賽 は 投げ られ た ん だ

お前 が 守る っ つ っ て た 世界 は もう ぶ っ 壊れ た ん だ よ

ええ 意地 に なって ます よ

あなた に 負け た こと が

自分 で 思った 以上 に 気 に 入ら ない よう です

そんなに 俺 が 嫌い か ね

嫌い です ね あなた の 生き 方 が

まあ 好き か 嫌い か で 言ったら 俺 も お前 は 嫌い だ ぜ

お前 を 見 てる と 昔 の 俺 を 思い出す んで な

一 度 剣 を 折ら れ て も まだ 分から ねぇ の か

青臭 ぇ 理想 を 振りかざし た ところ で

お前 に は 何も 変え られ ねぇ ん だ よ

新手 だ

ちょっと 待った

室長 の ピンチ に ただいま 見 参

道明 寺 一 人 で 突っ込む な

逃がす な

秋山 弁 財 行く ぞ

弁 財 気 を 抜く な よ

そっち こそ

俺 が 先 に 行か せ て もらう

室長 ご 無事 で

こんな 所 で 何 を し て いる ん です か 君 たち は

可及的 速やか に JUNGLE の 本拠 地 を 制圧 する こと が

現在 最 優先 に 遂行 す べき 任務 と 判断 し

室長 の 援護 に 参じ まし た

私 は 何も 命じ て い ませ ん

それ に もう 私 は 室長 で は

命じ られ なけ れ ば 動け ない よう な

セプター 4 で は あり ませ ん

東京 法務 局 戸籍 課 第 四 分室 の 肩書 など

所詮 セプター 4 の 隠れみの じゃ ない です か

そう そう 形式 です よ 形式

いつ いかなる とき でも 室長 の 大義 は 我々 と 共に あり ます

我々 は 青 の 王 宗像 礼司 の クランズマン です

現在 セプター 4 全 隊 を 動員 し

暴動 の 鎮圧 ならびに 市民 の 救援 に 当たって い ます

我々 特務 隊 が JUNGLE 本拠 地 を 制圧 し

混乱 の 大 本 を 断つ まで

死に物狂い で これ 以上 の 混乱 の 波及 を 防ぐ 心構え です

ご 命令 を 室長

我ら セプター 4 佩剣 者 たる の 責務 を 遂行 す

聖域 に 乱 ある を 許さ ず

塵 界 に 暴 ある を 許さ ず

八 荒 を 閉ざす 霧 を 晴らさ ん

総員 抜 刀

秋山 抜 刀

弁 財 抜 刀

加茂 抜 刀

道明 寺 抜 刀

榎本 抜 刀

布施 抜 刀

五島 抜 刀

日高 抜 刀

淡 島 抜 刀

青 の クラン の 様式 美 って やつ か

美しい ねぇ

だが 現実 は そんなに きれい に なら せる よう な もん じゃ ない ぜ

あなた は 目の前 の 悲劇 から 逃げ た 人間 だ

まさしく 視界 に 霧 を 掛け 見る べき もの を 曖昧 に し て

のら りく ら り と はぐらかし て いる

比 水流 は すでに 死 ん で いる と いう のに

あなた は 死者 が 楽園 を 作る のに 手 を 貸し て いる だけ だ

分かって ん だ よ ん な こ た ぁ

な …

剣 を もって 剣 を 制す

我ら が 大義 に 曇り なし

勝 っち まい や がった よ

いい さ 青二才

お前 の 意地 と 理想 って やつ を 貫 い て みりゃ あい い

よっ しゃ

よし やった な

そう だ な

室長 今 すぐ に サンクトゥム の 展開 を 解 い て ください

解 い て い ます が

あれ は もう 私 の 意思 で は 消え ない よう です ね

お前 たち は 近づく な あなた も です 善 条 さん

この 人 の 副 官 は 私 です

必要 と なれ ば 私 が …

こちら 赤城 B 2 スタンバイ オーケー

こちら 坂東 B 3 スタンバイ オッケー だ ぜ

こちら 千 歳 B 4 スタンバイ オーケー

こちら 出羽 B 5 スタンバイ オーケー

こちら エリック B 6 スタンバイ オーケー

こちら 藤島 B 7 スタンバイ オーケー

青 の 王 が 上 を 抑え て くれ てる おかげ で

なんとか なり そう だ な

あと は イズモ と ミサキ

撃て

すま ん な こっち は 急 い ど る ん や 通 らし て もらう で

遅 なった

草薙 B 8 スタンバイ オーケー や

ほ な 俺 は ここ まで です わ

こっか ら 先 は お 送り でき ませ ん けど

頼 ん ます シロ さん

ありがとう 草薙 さん

赤 の クラン の 協力 に 感謝 する

あと で ね イロ メガネ

また ホットケーキ 作って ね

は いはい ネコ ちゃん

これ が 終わったら ホットケーキ タワー 焼 いたる で

ほれ

やった

死ね

だっせ ぇ の

最終 ダンジョン に は 経験 値 稼ぎ し て から 挑む もん だ ぜ

今更 セーブ ポイント に は 戻ら せ て やら ねぇ けど な

ゲーム 脳 の クソ ガキ が

電源 切 っと き ゃ

そこ で 止まって て くれる よう な もん じゃ ねぇ ん だ よ 現実 は

ぜ って ぇ 勝て ねぇ レベル の 戦い で も

し なく ちゃ な ん ねぇ とき が あん だ よ

俺 も ガキ に 現実 が どう と か 説教 する よう に なった の か よ

まったく むかつく 現実 だ ぜ

危険 手当 程度 じゃ 割に 合わ ねぇ な これ じゃあ

ほんと なん だって こんな 仕事 やって ん だ よ 俺 は

猿 比 古

美咲

て め ぇ どこ に いやがる 猿 比 古

あの バカ

マジ で こんな とこ まで 追っかけ てき や がった

猿 比 古

あの 野郎 一 人 で かっこ つけ や がって

俺 に 何も 言わ ねぇ で 勝手 に 死 ん だ ら 許さ ねぇ

プレイヤー 交代 って わけ か 別に こっち は かまわ ない ぜ

逃がす か よ

猿 比 古 生き て ん の か

おい サル

遅 ぇ ん だ よ

何 が 切り込み 隊長 だ

笑わ せる ぜ

て め ぇ … なんで 言わ なかった ん だ よ

極秘 任務 を 話す わけ ねぇ だ ろ バカ

察 しろ よ

あれ で 察 する わけ ねぇ だ ろ う が

なんで お前 は 昔 っ から そう な ん だ よ

そう だ よ 俺 は バカ だ よ

だから ちゃんと 話し て くん なきゃ 分か ん ねぇ ん だ よ

言って お前 に 何 が 分かる ん だ よ

分かる よう に 言え よ 分かる まで 言え よ

何も 聞か せ られ ねぇ まま もし お前 が 死 ん で たら

俺 は ずっと お前 を 裏切り者 と 思った まま だった じゃ ねぇ か

俺 は 裏切り者 だ ろ

そう じゃ ねぇ だ ろ

俺 が 尊 さん や アンナ の ため に 命 張れ ん の と 同じ ように

お前 が 青 の 王 の ため に ここ まで の こと やった って ん なら

お前 の 王 は 青 の 王 だった って こと な ん だ ろ

俺 は セプター 4 の 伏見 猿 比 古 って ヤツ を すげ ぇ って 思う

猿 比 古 は 瀕死

お前 も そろそろ イエロー ゲージ だ ぜ どう する

お め ぇ 一緒 に ゲーム する 友達 い ねぇ の か よ

俺 は ずっと ソロ プレイヤー だ

弱い ヤツ に 足 引っ張ら れる くらい なら

一 人 の 方 が 100 倍 いい

一 人 で 強 ぇ から な 俺 は

面白い ヤツ は 流 だけ だ

だから 流 の 邪魔 を する ヤツ は

潰す

美咲

JUNGLE が 逃げ場 だった ん だ な

お前 昔 の 俺 たち と 似 てる よ

でも 帰れ よ うち に

偉 そう に

お前 ら 二 人 足し た ところ で 俺 の 方 が 強い

ただ の 足し算 じゃ ねぇ

昔 み て ぇ だ な

お前 と こう やって 戦う の

同じ じゃ ねぇ よ あの ころ と は

そう だ な 同じ じゃ ねぇ

赤 の クランズマン 八田 美咲 と

言え よ

青 の クランズマン 伏見 猿 比 古 が

相手 に なる ぜ

旧 世代 が かっこ つけ ん な

こっち は 仕事 だ

ガキ の ゲーム に いつ まで も つきあって られる か

猿 比 古

死に 損ない は ステージ から 降りろ

帰れ よ … か

偉 そう に ガキ に 説教 し や がって

大人 か よ

うる せ ぇ な 大人 か どう か は 分か ん ねぇ けど

もう 子供 じゃ ねぇ よ

八田 さん 八田 さん 聞こえ ます か 今 どこ っす か

おう 鎌 本 猿 比 古 は 無事 だ ぜ

無事 でも ねぇ けど

そう っす か アンナ 伏見 無事 だって よ

急 い で ください 八田 さん が スタンバ ら ない と 完成 し ませ ん

ああ 分かった

行け よ

俺 は つきあわ ねぇ から な

さすが に サービス 残業 だ

けど よ お 前

何 が いちばん 大事 な ん だ よ

アンナ だ

だったら 早く 行け よ

お前 は お前 の 仕事 を しろ

こっち は 一 人 で 脱出 できる

美咲

バカ に も 分かる よう に 話す 方法 考え とく

あと で もっと 話 そ う ぜ

い た ぞ こっち だ

ナイフ も 使い きった か

単純 で バカ で 考え な し で

何も 分かって ねぇ くせ に

いきなり 100 点 の 答え 出し て くる こと が ある ん だ から な

お前 の 王 は 青 の 王 だった って こと な ん だ ろ

そりゃ あ 割に 合わ ねぇ 命 も 張る わけ だ

脱出 経路 は 確保 し た

頼 ん だ 覚え は ねぇ ぞ

報酬 は すでに お 主 の 上司 から 支払わ れ て いる

地 の 底 を 照らす は 白い 葉 が 命

分かって いる わ よ ね これ より 先 へ は 行か せ ない わ

全力 で 妨害 する わ よ

御 芍 神 紫 ここ は 1 対 1 だ

クロ

お前 たち は 先 へ 行け

俺 は 一 人 で この 人 に 勝た ね ば なら ない

これ だけ は 俺 の わがまま を 聞き入れ て ほしい

君 が わがまま を 言う なんて 初めて だ ね

その 意気 は いい けれど

狗 朗 ちゃん

私 に 勝た ない と

あなた の 王 を すぐ 追っかけ ちゃ う わ よ

変革 を 望 ん だ 王 最後 の 破壊 に 懸ける 王

次回 K RETURN OF KINGS

第 十 三 話 KINGS

始まり の 王 が 全て の 幕 を 下ろす


×

LingQをより快適にするためCookieを使用しています。サイトの訪問により同意したと見なされます cookie policy.