image

寄生獣 セイの格率, Kiseijuu: Sei no Kakuritsu (Parasyte -the maxim-) Episode 24

結局 彼ら は なん だった の か

ネット で は 未 だに 噂 に なって いる けど

公的 な 機関 から の 発表 は 何も ない

市 役所 で の 攻防 戦 以来

この 町 周辺 と いう より 全 世界 的 に 見 て も

寄生 生物 らしき 動き は 見 ら れ なく なった

何故 彼ら は 大人 しく なった の か

ひと つ に は もちろん 攻防 戦 の 見せしめ 効果 が あった

また 彼等 自身 の 人間 社会 へ の 潜伏 が ますます 巧み に なって き た こと も ある

田村 玲子 の よう に 本来 の 食 生活 を 徐々に 変化 さ せ

人 肉食 を 減らし 人間 化 し て 行った 者 たち も い た

そして ここ に も

シン イチ

ミギー は ホント 相変わらず な ん だ から な

あっけらかん と し て さ

でも 本当 に 生き て て 良かった ミギー

今度 は どう 見える シン イチ

ミギー っぽい よ

前 は ほら なんか 全然 違う 感じ だった だ ろ

えっ と たしか …

まあ いい

今日 は な 実は お 別れ に 来 た ん だ

どういう こと

眠り に つ こ う と 思う

眠り って

お前 しょっちゅう 眠って る じゃ ない か

それ と は 違う

今度 は 少し 長い

ひょっとしたら 死ぬ まで だ

つまり 君 に とって は ただ の 右手 に 戻る と 思って いい

何 だ 何 言って ん だ よ

さっぱり わか ら ない ぞ

内部 構造 が また 少し 変化 し た ん だ

特に この 前 の 後藤 の 体 内 で の 眠り ながら 覚め て い た よう な

あるいは 1 人 で あって 1 人 で ない よう な 生命 体験 が 大きく 作用 し て いる

けど ミギー

いきなり 膨大 な 情報 を 得 た うえ

別々 の 思索 を 同時に できる よう に も なった

しばらく 情報 を シャットアウト し て

ここ に ある 材料 だけ で やって み たく なった ん だ

だから 外面 の 活動 を 停止 する

そんな 信じ ら れ ない よ

あれ だけ 好奇心 旺盛 だった お前 が どう し ちゃ った ん だ よ

また 知 ら ない こと だって いっぱい ある だ ろ

そう だ な じゃ こう 言 お う

今度 は 別 の 方向 に 歩く ん だ

君 の いる 世界 と は 少し 別 の 方角 に

わか ら ない よ 俺 に は

シン イチ 私 の こと は 一 つ の 夢 だ と 思って 欲しい

だから 最後 に 夢 の 中 で 別れ を 言い に 来 た

何 言って ん だ

お前 と 暮らし て 一緒 に 助け合った 毎日 は 夢 なんか じゃ ない

確かに 君 の 周り で 起き た 辛い こと

多く の 人 の 死 は 現実 だ

母さん

母さん

なんで 母さん が ここ に

人 の 死 と 聞 い て 君 が 今 作り出し た イメージ だ よ

君 の 母親 は 君 の 脳 で は こういう 姿 に 見える の か

なん だって どういう こと

これ は

どれ も 私 が 自分 の 脳 で 見 た の と 違う

私 を 出し て みろ

へ ー

へ ー って ミギー

つまり そういう こと な の さ

お互い を 理解 し 合え る の は ほとんど 点 な ん だ よ

同じ 構造 を もつ はず の 人間 同士 で さえ

魂 を 交換 でき た と し たら

それぞれ 想像 を 絶 する 世界 が 見え 聞こえる はず だ

さ そろそろ 行く

スイッチ を 切る ぞ

待て よ もし 寄生 生物 が 出 たら 俺 一 人 で どう 戦え ば いい ん だ よ

君 なら 大丈夫 だ

それ より 交通 事故 に 気 を つけろ

まて ったら

もう お前 と 話す こと が でき ない って の か 一生 ?

あるいは な

でも まあ お互い すぐ 死ぬ わけ じゃ ない

大体 自分 の 手 と 会話 する 人間 が いる こと 自体 おかしい ん だ ぜ 本来 は

ひどい よ

こんな いきなり

いつも の よう に 君 は 目 を 覚まし たら この 夢 の こと も あら かた 忘れ て いる だ ろ う

だから その 時 私 の こと も 一緒 に 忘れ て 欲しい

いや きっと 忘れる こと が できる

いい かい 朝 そこ に ある の は ただ の 君 の 右手 だ

それ が 本来 の 姿 な ん だ よ

ミギー …

今 まで ありがとう シン イチ

忘れる わけない だ ろ バカ やろ う !

バカ …

最近 長井 の 奴 が 付きまとって うるさい の よ ね

もう アキホ たら

き た き た

泉 くん 久しぶり

や 待った ?

う うん たまたま 裕子 と アキホ が 通りかかって

アキホ と これ から 美術 展 行く ん だ

あたし は 興味 ない ん だ けど ね ー

邪魔 し ちゃ 悪い から 私 たち は これ で

じゃ まった ね ー

みんな 楽し そう だ な

うん 大学 生活 楽し ん でる って 感じ かな

俺 は すっかり おいてきぼり だ

じゃあ 早く 追いつき なさい

待って る ん だ から

浪人 生 の 苦労 なんて あの とんでもない 出来事 の 数々 に 比べ れ ば

まるで 公園 の 日向 ぼ っこ だ

ここ の 所 何事 も ない

特に この 周辺 は 寄生 生物 の 寄 の 字 も で て こ ない

あいつ ら は どう なった の か

一 度 宇田 さん と 電話 で 話し た こと が ある

その 時 ミギー の こと は 話 さ なかった

ミギー の 消え 方 は 仲間 たち の 中 でも やはり 特殊 だ

ミギー お前 は やっぱり わかん ない やつ だ よ

でも いい

今頃 は 俺 の 知 ら ない 場所 を 歩 い て いる ん だ ろ う

ミギー と 俺 と で 協力 し て き た 戦い

それ は 別に 地球 の ため の 戦い なんか じゃ ない

人間 と いう か 俺 と いう 個人 の ため の 戦い だ

ミギー は ともかく 俺 は 寄生 生物 の 立場 に 立つ こと は でき なかった

そう と も

元々 そんな こと は でき っこ ない

違う 生き物 同士 時 に 利用 し 合い 時 に 殺し あう

でも わかり あう こと は 無理 だ

いや 相手 を 自分 の 物差し で 把握 し た 気 に なっちゃ ダメ な ん だ

他の 生き物 の 気持ち を 分かった 気 に なる の は 人間 の 自惚れ だ と 思う

他の 生き物 は 誰ひとり 人間 の 友達 じゃ ない の かも し れ ない

でも たとえ 得 体 は 知れ なく て も

尊敬 す べき 同居 人 に は 違いない

他の 生き物 を 守る の は 人間 自身 が 寂しい から だ

環境 を 守る の は 人間 自身 が 滅び たく ない から

人間 の 心 に は 人間 個人 の 満足 が ある だけ な ん だ

でも それ で いい し それ が すべて だ と 思う

人間 の 物差し を 使って 人間 自身 を 蔑 ん で み た って 意味 が ない

そう な ん だ よ な だ から

人間 自身 を 愛 さ ず に 地球 を 愛 する なんて 結局 矛盾 し てる ん だ よ

どう し た の ?

あい や ほら

ここ ん とこ 平和 だ な ー と

そう 最近 犯罪 が 増え て いる らしい です けど

それ だ

それ で あいつ ら が 目立 た な い ん だ

いや もともと そんなに 目立って なかった の かも し れ ない

人殺し も 猛獣 の 食事 と 言って しまえ ば それ まで だ し

あいつ ら は 狭い 意味 じゃ 敵 だった けど

広い 意味 で は 仲間 だった ん だ よ な

みんな ここ で 生まれて き た ん だ ろ

そして 何 か に 寄り添い 生き た

考え て みる と 俺 たち 結構 付き合い 長い よ な

私 たち 付き合って た ん だ っけ

冗談

あの さ

言う こと 忘れ ちゃ った

は ぁ ?

あれ

何 よ 今度 は

気のせい かな

似 て い た

いや 多分 人違い

やっぱり あいつ だ

どう し た の

ちょっと いい

ここ で 待って て

すぐ 戻る から

こんな とこ 通った の か

誰 か 探し てる の か な

俺 だ よ

やっ ほ ー

里美

なん だ よ

なん な ん だ よ

馬鹿げ てる

あんな 奴 見 ない フリ すりゃ よかった ん だ

行 こ う か

ちょっと あんた 何 やって …

だ … 誰 か 誰 か ぁ

お め え は あと だ

まだ 彼 氏 に 話 が ある から な

里美

あの …

意外 と 早かった じゃ ねえ か

里美

泉 くん …

かわいらしい こと

怖く て 言葉 も 出 てこ ねえ と さ

やめろ 何 を し た ん だ

まだ 何も

この 血 は そっち の 女 の だ

なあ 頼む よ

その 子 の こと 放し て やって くれ ない か

ばか か お め え は

じゃあ どう すれ ば いい

その 子 を 助け て くれる なら 俺 な ん だって する から

何 か 目的 が ある の か だったら 言って くれ

目的 か

警察 は 甘く ねえ もう 時間 の 問題 だ 俺 が 吊 さ れる の も な

だが その 前 に せっかく あん ちゃん に 会った ん だ

人間 と は 違う 答え を 聞き て え と 思って よ

化け もん 共 が 人間 を 殺す なら わかり やすい ただ の 食事 だ

でも この 俺 は なん だ と 思う ?

いや 多分 お前 に ゃ わかって る はず だ

俺 こそ が 人間 だ と な

なんで 俺 以外 の やつ は こう 我慢強い の か ね

人間 て の は もともと お互い を 殺し た がって る 生き物 だ ろ

大騒ぎ し すぎ な ん だ よ

みんな 血 に 飢え てる くせ し や がって

自分 の 正体 も わか ら ねえ やつ が 俺 に 文句 を 言う

でも 俺 は 一目 で 化け もん と 人間 を 識別 でき ち まう

今 が どん だけ 不自然 な 世の中 かも わかる

化け もん な ん ざ 必要 ねえ の さ

人間 は 元々 共食い する よう に 出来 てる ん だ よ

何 千 年 も そうして き た ん だ

それ を いきなり やめよ う と する から

70 億 に も 80 億 に も 増え ち まう

このまま じゃ 世界 が パンク し ち まう ぜ

みんな 嘘吐き だ が お め え は 違う よ な

俺 み たく 正直 に なれよ

お前 は 一体

とぼけ ん な よ こら

混ざって る ん だ ろ 化け もん が

最初 に 見 た とき から わかって ら

ただし 頭 じゃ ねえ 体 の どこ か だ

で でたらめ 言う な

あんた 彼女 なら よ やつ の 体 見 た こと ある だ ろ

どこ か に それ らしい 跡 で も あった ん じゃ ねえ か

化け もん が 潜り こ ん だ 穴 と か

頼む 放し て やって くれよ

答えろ 俺 こそ が 正常 な 人間 だ な

ただ 本能 に 従って る だけ の こと だ

誰 より も 正直 な 俺 に 向かって 人間 社会 と やら は 必死 で 知らん顔 し や がる

せめて 人間 と 化け もん の 中間 の 立場 から 一 つ 頼む わ

泉 くん …

人間 と 寄生 生物 の 中間 か

前 に も 誰 か が 似 た よう な セリフ を 俺 に

お前 なんか 後藤 に 比べ れ ば 紙 細工 だ

でも 今 の 俺 に は 大した 力 は ない

言葉 で 済む なら なん だって 答える

だから その 子 は 放 せよ

ああ そう だ よ

あんた の 言う とおり 俺 は …

泉 くん

警察 呼 ん で き て

こんな やつ に 付き合う 必要 ない

こんな やつ の どこ が 正常 な 人間 よ

あんた こそ 化け もん 以上 の 化け もん じゃ ない

さっき まで 震え て 声 も 出 なかった の に 急に 元気 に なっちゃ っ て

あんた なんて 怖く も なんとも ない

もっと ずっと 酷 い こと が 学校 で あった ん だ から

里美

あたし も 泉 くん も それ を 見 て き た

そう だ よ あの 時 の 泉 くん 凄かった

私 を 抱きかかえ て 必死 に 守って くれ た

確かに 普通 の 人 と は 違う かも し れ ない

でも 人間 だ よ

どんな 命 も 大切 に 思う の が 人間 な ん だ

化け もん は あんた よ

もう いい 里美

泉 君 ここ は いい から 早く

わかった もう いい や

あん ちゃん 警察 呼 ん でき な よ

こっち の 子 の ほう が 面白 そう だ

待って る 間 この おもちゃ を 分解 し て 遊ぶ こと に する

たぶん これ が 最後 の お楽しみ だ から な

元気 が あって 壊し 甲斐 の ある の が いい

し 新 一 くん

あたし いつ だって 君 の いる 場所 に 行 こ う と し て た ん だ よ

でも 君 は 足 が 速い から どんどん 知 ら ない 世界 に 行っちゃ って

おいてきぼり は あたし の 方 だった

でも 今 やっと 追い つい て

なんだか ちょっと 追い 抜 い ちゃ った み たい

やめろ おお !

助ける 間に合う さ

そう と も 俺 は 足 が 速い

ただ の 人間 じゃ ない ん だ

奴 の 動き なんて 止まって みえる

左 で ナイフ を はね あげ

そのまま 顎 を 砕く

そして 右

おもちゃ は 簡単 に ぶ っ 壊れる

ひどい …

ひどい よ …

あんまり だ

なんで いつも こんな …

道 で 出会って 知り合い に なった 生き物 が ふと 見る と 死 ん で い た

そんな とき なんで 悲しく なる ん だ ろ う

そりゃ 人間 が それ だけ 暇 な 動物 だ から さ

だが な それ こそ が 人間 の 最大 の 取り柄 な ん だ

心 に 暇 の ある 生物

なんと 素晴らしい

だから な いつ まで も メソメソ し てる ん じゃ ない

疲れる から 自分 で 持ち な

里美

間に合った

ミ … ミギー …

大丈夫

ありがとう ミギー

お前 は やっぱり 生き てる

里美 は ミギー を 見 た の か な

まあ いい か

この 人 に なら 見 ら れ て も

綺麗 な 空 だ

君 は いつか の 死 ん だ 子 犬 の こと を 覚え てる ?

俺 が ゴミ 箱 に 捨て て

ずっと 言う の を 忘れ て た けど

あの 後 少し 考え て から 木 の 根元 へ 埋め なおし た ん だ

知って る よ

それ は 新一 くん が

君 が 新 一 くん だ から

あっ ち に も 3 人 倒れ てる ぞ

3 人 だって

一緒 に さ れ ちゃ った

俺 たち は みんな ここ で 生まれて

ほんの ちっぽけ な 点 で の 理解 を 繰り返し 積み重ね て いく

何 か に 寄り添い やがて 命 が 終わる まで



Want to learn a language?


Learn from this text and thousands like it on LingQ.

  • A vast library of audio lessons, all with matching text
  • Revolutionary learning tools
  • A global, interactive learning community.

LingQでオンライン語学学習

結局 彼ら は なん だった の か

ネット で は 未 だに 噂 に なって いる けど

公的 な 機関 から の 発表 は 何も ない

市 役所 で の 攻防 戦 以来

この 町 周辺 と いう より 全 世界 的 に 見 て も

寄生 生物 らしき 動き は 見 ら れ なく なった

何故 彼ら は 大人 しく なった の か

ひと つ に は もちろん 攻防 戦 の 見せしめ 効果 が あった

また 彼等 自身 の 人間 社会 へ の 潜伏 が ますます 巧み に なって き た こと も ある

田村 玲子 の よう に 本来 の 食 生活 を 徐々に 変化 さ せ

人 肉食 を 減らし 人間 化 し て 行った 者 たち も い た

そして ここ に も

シン イチ

ミギー は ホント 相変わらず な ん だ から な

あっけらかん と し て さ

でも 本当 に 生き て て 良かった ミギー

今度 は どう 見える シン イチ

ミギー っぽい よ

前 は ほら なんか 全然 違う 感じ だった だ ろ

えっ と たしか …

まあ いい

今日 は な 実は お 別れ に 来 た ん だ

どういう こと

眠り に つ こ う と 思う

眠り って

お前 しょっちゅう 眠って る じゃ ない か

それ と は 違う

今度 は 少し 長い

ひょっとしたら 死ぬ まで だ

つまり 君 に とって は ただ の 右手 に 戻る と 思って いい

何 だ 何 言って ん だ よ

さっぱり わか ら ない ぞ

内部 構造 が また 少し 変化 し た ん だ

特に この 前 の 後藤 の 体 内 で の 眠り ながら 覚め て い た よう な

あるいは 1 人 で あって 1 人 で ない よう な 生命 体験 が 大きく 作用 し て いる

けど ミギー

いきなり 膨大 な 情報 を 得 た うえ

別々 の 思索 を 同時に できる よう に も なった

しばらく 情報 を シャットアウト し て

ここ に ある 材料 だけ で やって み たく なった ん だ

だから 外面 の 活動 を 停止 する

そんな 信じ ら れ ない よ

あれ だけ 好奇心 旺盛 だった お前 が どう し ちゃ った ん だ よ

また 知 ら ない こと だって いっぱい ある だ ろ

そう だ な じゃ こう 言 お う

今度 は 別 の 方向 に 歩く ん だ

君 の いる 世界 と は 少し 別 の 方角 に

わか ら ない よ 俺 に は

シン イチ 私 の こと は 一 つ の 夢 だ と 思って 欲しい

だから 最後 に 夢 の 中 で 別れ を 言い に 来 た

何 言って ん だ

お前 と 暮らし て 一緒 に 助け合った 毎日 は 夢 なんか じゃ ない

確かに 君 の 周り で 起き た 辛い こと

多く の 人 の 死 は 現実 だ

母さん

母さん

なんで 母さん が ここ に

人 の 死 と 聞 い て 君 が 今 作り出し た イメージ だ よ

君 の 母親 は 君 の 脳 で は こういう 姿 に 見える の か

なん だって どういう こと

これ は

どれ も 私 が 自分 の 脳 で 見 た の と 違う

私 を 出し て みろ

へ ー

へ ー って ミギー

つまり そういう こと な の さ

お互い を 理解 し 合え る の は ほとんど 点 な ん だ よ

同じ 構造 を もつ はず の 人間 同士 で さえ

魂 を 交換 でき た と し たら

それぞれ 想像 を 絶 する 世界 が 見え 聞こえる はず だ

さ そろそろ 行く

スイッチ を 切る ぞ

待て よ もし 寄生 生物 が 出 たら 俺 一 人 で どう 戦え ば いい ん だ よ

君 なら 大丈夫 だ

それ より 交通 事故 に 気 を つけろ

まて ったら

もう お前 と 話す こと が でき ない って の か 一生 ?

あるいは な

でも まあ お互い すぐ 死ぬ わけ じゃ ない

大体 自分 の 手 と 会話 する 人間 が いる こと 自体 おかしい ん だ ぜ 本来 は

ひどい よ

こんな いきなり

いつも の よう に 君 は 目 を 覚まし たら この 夢 の こと も あら かた 忘れ て いる だ ろ う

だから その 時 私 の こと も 一緒 に 忘れ て 欲しい

いや きっと 忘れる こと が できる

いい かい 朝 そこ に ある の は ただ の 君 の 右手 だ

それ が 本来 の 姿 な ん だ よ

ミギー …

今 まで ありがとう シン イチ

忘れる わけない だ ろ バカ やろ う !

バカ …

最近 長井 の 奴 が 付きまとって うるさい の よ ね

もう アキホ たら

き た き た

泉 くん 久しぶり

や 待った ?

う うん たまたま 裕子 と アキホ が 通りかかって

アキホ と これ から 美術 展 行く ん だ

あたし は 興味 ない ん だ けど ね ー

邪魔 し ちゃ 悪い から 私 たち は これ で

じゃ まった ね ー

みんな 楽し そう だ な

うん 大学 生活 楽し ん でる って 感じ かな

俺 は すっかり おいてきぼり だ

じゃあ 早く 追いつき なさい

待って る ん だ から

浪人 生 の 苦労 なんて あの とんでもない 出来事 の 数々 に 比べ れ ば

まるで 公園 の 日向 ぼ っこ だ

ここ の 所 何事 も ない

特に この 周辺 は 寄生 生物 の 寄 の 字 も で て こ ない

あいつ ら は どう なった の か

一 度 宇田 さん と 電話 で 話し た こと が ある

その 時 ミギー の こと は 話 さ なかった

ミギー の 消え 方 は 仲間 たち の 中 でも やはり 特殊 だ

ミギー お前 は やっぱり わかん ない やつ だ よ

でも いい

今頃 は 俺 の 知 ら ない 場所 を 歩 い て いる ん だ ろ う

ミギー と 俺 と で 協力 し て き た 戦い

それ は 別に 地球 の ため の 戦い なんか じゃ ない

人間 と いう か 俺 と いう 個人 の ため の 戦い だ

ミギー は ともかく 俺 は 寄生 生物 の 立場 に 立つ こと は でき なかった

そう と も

元々 そんな こと は でき っこ ない

違う 生き物 同士 時 に 利用 し 合い 時 に 殺し あう

でも わかり あう こと は 無理 だ

いや 相手 を 自分 の 物差し で 把握 し た 気 に なっちゃ ダメ な ん だ

他の 生き物 の 気持ち を 分かった 気 に なる の は 人間 の 自惚れ だ と 思う

他の 生き物 は 誰ひとり 人間 の 友達 じゃ ない の かも し れ ない

でも たとえ 得 体 は 知れ なく て も

尊敬 す べき 同居 人 に は 違いない

他の 生き物 を 守る の は 人間 自身 が 寂しい から だ

環境 を 守る の は 人間 自身 が 滅び たく ない から

人間 の 心 に は 人間 個人 の 満足 が ある だけ な ん だ

でも それ で いい し それ が すべて だ と 思う

人間 の 物差し を 使って 人間 自身 を 蔑 ん で み た って 意味 が ない

そう な ん だ よ な だ から

人間 自身 を 愛 さ ず に 地球 を 愛 する なんて 結局 矛盾 し てる ん だ よ

どう し た の ?

あい や ほら

ここ ん とこ 平和 だ な ー と

そう 最近 犯罪 が 増え て いる らしい です けど

それ だ

それ で あいつ ら が 目立 た な い ん だ

いや もともと そんなに 目立って なかった の かも し れ ない

人殺し も 猛獣 の 食事 と 言って しまえ ば それ まで だ し

あいつ ら は 狭い 意味 じゃ 敵 だった けど

広い 意味 で は 仲間 だった ん だ よ な

みんな ここ で 生まれて き た ん だ ろ

そして 何 か に 寄り添い 生き た

考え て みる と 俺 たち 結構 付き合い 長い よ な

私 たち 付き合って た ん だ っけ

冗談

あの さ

言う こと 忘れ ちゃ った

は ぁ ?

あれ

何 よ 今度 は

気のせい かな

似 て い た

いや 多分 人違い

やっぱり あいつ だ

どう し た の

ちょっと いい

ここ で 待って て

すぐ 戻る から

こんな とこ 通った の か

誰 か 探し てる の か な

俺 だ よ

やっ ほ ー

里美

なん だ よ

なん な ん だ よ

馬鹿げ てる

あんな 奴 見 ない フリ すりゃ よかった ん だ

行 こ う か

ちょっと あんた 何 やって …

だ … 誰 か 誰 か ぁ

お め え は あと だ

まだ 彼 氏 に 話 が ある から な

里美

あの …

意外 と 早かった じゃ ねえ か

里美

泉 くん …

かわいらしい こと

怖く て 言葉 も 出 てこ ねえ と さ

やめろ 何 を し た ん だ

まだ 何も

この 血 は そっち の 女 の だ

なあ 頼む よ

その 子 の こと 放し て やって くれ ない か

ばか か お め え は

じゃあ どう すれ ば いい

その 子 を 助け て くれる なら 俺 な ん だって する から

何 か 目的 が ある の か だったら 言って くれ

目的 か

警察 は 甘く ねえ もう 時間 の 問題 だ 俺 が 吊 さ れる の も な

だが その 前 に せっかく あん ちゃん に 会った ん だ

人間 と は 違う 答え を 聞き て え と 思って よ

化け もん 共 が 人間 を 殺す なら わかり やすい ただ の 食事 だ

でも この 俺 は なん だ と 思う ?

いや 多分 お前 に ゃ わかって る はず だ

俺 こそ が 人間 だ と な

なんで 俺 以外 の やつ は こう 我慢強い の か ね

人間 て の は もともと お互い を 殺し た がって る 生き物 だ ろ

大騒ぎ し すぎ な ん だ よ

みんな 血 に 飢え てる くせ し や がって

自分 の 正体 も わか ら ねえ やつ が 俺 に 文句 を 言う

でも 俺 は 一目 で 化け もん と 人間 を 識別 でき ち まう

今 が どん だけ 不自然 な 世の中 かも わかる

化け もん な ん ざ 必要 ねえ の さ

人間 は 元々 共食い する よう に 出来 てる ん だ よ

何 千 年 も そうして き た ん だ

それ を いきなり やめよ う と する から

70 億 に も 80 億 に も 増え ち まう

このまま じゃ 世界 が パンク し ち まう ぜ

みんな 嘘吐き だ が お め え は 違う よ な

俺 み たく 正直 に なれよ

お前 は 一体

とぼけ ん な よ こら

混ざって る ん だ ろ 化け もん が

最初 に 見 た とき から わかって ら

ただし 頭 じゃ ねえ 体 の どこ か だ

で でたらめ 言う な

あんた 彼女 なら よ やつ の 体 見 た こと ある だ ろ

どこ か に それ らしい 跡 で も あった ん じゃ ねえ か

化け もん が 潜り こ ん だ 穴 と か

頼む 放し て やって くれよ

答えろ 俺 こそ が 正常 な 人間 だ な

ただ 本能 に 従って る だけ の こと だ

誰 より も 正直 な 俺 に 向かって 人間 社会 と やら は 必死 で 知らん顔 し や がる

せめて 人間 と 化け もん の 中間 の 立場 から 一 つ 頼む わ

泉 くん …

人間 と 寄生 生物 の 中間 か

前 に も 誰 か が 似 た よう な セリフ を 俺 に

お前 なんか 後藤 に 比べ れ ば 紙 細工 だ

でも 今 の 俺 に は 大した 力 は ない

言葉 で 済む なら なん だって 答える

だから その 子 は 放 せよ

ああ そう だ よ

あんた の 言う とおり 俺 は …

泉 くん

警察 呼 ん で き て

こんな やつ に 付き合う 必要 ない

こんな やつ の どこ が 正常 な 人間 よ

あんた こそ 化け もん 以上 の 化け もん じゃ ない

さっき まで 震え て 声 も 出 なかった の に 急に 元気 に なっちゃ っ て

あんた なんて 怖く も なんとも ない

もっと ずっと 酷 い こと が 学校 で あった ん だ から

里美

あたし も 泉 くん も それ を 見 て き た

そう だ よ あの 時 の 泉 くん 凄かった

私 を 抱きかかえ て 必死 に 守って くれ た

確かに 普通 の 人 と は 違う かも し れ ない

でも 人間 だ よ

どんな 命 も 大切 に 思う の が 人間 な ん だ

化け もん は あんた よ

もう いい 里美

泉 君 ここ は いい から 早く

わかった もう いい や

あん ちゃん 警察 呼 ん でき な よ

こっち の 子 の ほう が 面白 そう だ

待って る 間 この おもちゃ を 分解 し て 遊ぶ こと に する

たぶん これ が 最後 の お楽しみ だ から な

元気 が あって 壊し 甲斐 の ある の が いい

し 新 一 くん

あたし いつ だって 君 の いる 場所 に 行 こ う と し て た ん だ よ

でも 君 は 足 が 速い から どんどん 知 ら ない 世界 に 行っちゃ って

おいてきぼり は あたし の 方 だった

でも 今 やっと 追い つい て

なんだか ちょっと 追い 抜 い ちゃ った み たい

やめろ おお !

助ける 間に合う さ

そう と も 俺 は 足 が 速い

ただ の 人間 じゃ ない ん だ

奴 の 動き なんて 止まって みえる

左 で ナイフ を はね あげ

そのまま 顎 を 砕く

そして 右

おもちゃ は 簡単 に ぶ っ 壊れる

ひどい …

ひどい よ …

あんまり だ

なんで いつも こんな …

道 で 出会って 知り合い に なった 生き物 が ふと 見る と 死 ん で い た

そんな とき なんで 悲しく なる ん だ ろ う

そりゃ 人間 が それ だけ 暇 な 動物 だ から さ

だが な それ こそ が 人間 の 最大 の 取り柄 な ん だ

心 に 暇 の ある 生物

なんと 素晴らしい

だから な いつ まで も メソメソ し てる ん じゃ ない

疲れる から 自分 で 持ち な

里美

間に合った

ミ … ミギー …

大丈夫

ありがとう ミギー

お前 は やっぱり 生き てる

里美 は ミギー を 見 た の か な

まあ いい か

この 人 に なら 見 ら れ て も

綺麗 な 空 だ

君 は いつか の 死 ん だ 子 犬 の こと を 覚え てる ?

俺 が ゴミ 箱 に 捨て て

ずっと 言う の を 忘れ て た けど

あの 後 少し 考え て から 木 の 根元 へ 埋め なおし た ん だ

知って る よ

それ は 新一 くん が

君 が 新 一 くん だ から

あっ ち に も 3 人 倒れ てる ぞ

3 人 だって

一緒 に さ れ ちゃ った

俺 たち は みんな ここ で 生まれて

ほんの ちっぽけ な 点 で の 理解 を 繰り返し 積み重ね て いく

何 か に 寄り添い やがて 命 が 終わる まで


×

LingQをより快適にするためCookieを使用しています。サイトの訪問により同意したと見なされます cookie policy.