image

寄生獣 セイの格率, Kiseijuu: Sei no Kakuritsu (Parasyte -the maxim-) Episode 23

この 真っ暗闇 の 中 で

後藤 だけ の 呼吸 音 を 聞き分ける なんて 無理 だ

勝算 なんて なにも ない

それどころか

生 へ の 執着 死 へ の 恐怖

怒り や 悲しみ

そんな 感情 まで も が 麻痺 し て いる

だけど 追い立て られる よう に その 場所 を 目指す

今 俺 を 動かし て いる の は 勇敢 さ でも

人間 側 を 代表 し て 戦わ なきゃ って いう 使命 感 で も ない

明日 に なれ ば 俺 が 連れ て き た 怪物 に よって

さらに 多く の 死 を 見る こと に なる かも しれ ない

いい加減 俺 の 番 だ ろ

俺 だけ が 生き長らえ て いる の は 何 か おかしい

俺 が ケリ を 付ける べき な ん だ

そこ に は 確実 な 死 しか 待って い ない かも しれ ない けど

もう いい 面倒 だ

これ って 逃避 だ よ な

でも この 楽観 的 な 気分 は なん だ

自分 でも 分から ない

行け ば ひょっとして なんとか なる ん じゃ な いか って 思って いる

そんな はず 決して ない のに

不思議 な 感覚 だ

五感 が 研ぎ澄まさ れ て いる の が 分かる

そして 見つけ た

眠って る

こいつ ら だって ちゃんと 眠る ん だ

ミギー だって しょっちゅう 眠って た じゃ ない か

そう だ よ 寝込み を 襲え ば よかった ん だ よ

俺 が 寄生 生物 じゃ ない から

ミギー が い ない から 逆 に 気づか れ ず に こんな 近く まで

さっき から なんとか なり そう な 予感 が し て い た の は この こと だった ん だ

いや それとも う 1 つ

ミギー

ひょっとして お前 は こいつ の 体 の 中 で 生き てる ん じゃ ない の か

今 ここ で 叫 ん だ ら 返事 を し て くれる ん じゃ ない の か

ミギー

ダメ だ

そんなに うまい 話 が ある か

く っそ ダメ か

どこ だ 出 て 来い

ただ の 人間 が この 俺 に 戦い を 挑む だ と

そう さ そう と も 戦って やる

勝て ない の は わかって いる

でも 少し でも 貴 様 に ダメージ を

傷 を 負わ せ て やる

パワー や スピード で は 勝て なく て も 五感 の 鋭 さ は 俺 の ほう が 上 だ

戦え る

ちゃんと 作戦 を 立て れ ば 戦え る ん だ

どう すれ ば どう やって あいつ の 体 に 傷 を 負 わ す こと が できる

ミギー 教え て くれ

できる だけ 多く の こと を 考え を 巡らせ て み て おくれ

どんな こと が あ ろ う と 決して 諦め ず 臨機応変 に ね

そう だ 諦める な

考える ん だ

首筋

そう だ 全身 を 操る 時 は 首筋 が 弱点 の はず

たとえ 勝て なく て も ダメージ を

できる だけ 深い 傷

深い

ヤツ に とって 最も 重要 な 内臓 が 詰まった 胴体

水平 から は 硬質 化 さ れ た 鎧 の 隙間 が わから ない

でも 上 から なら

首筋 から 胴体 へ 食道 や 器官 が 通じ て いる 穴 が ある

そこ に 全 体重 を かけ て こいつ を

問題 は 角度 だ

今 だ

鉈 が 刺さった まま 邪魔 だ !

小僧

この 前 は 尻尾 を 切った トカゲ の よう に 無 様 に 逃げ た はず だ が

戦い の 続き だ と でも いう の か

1 匹 の 人間 に 何 が できる

化け物 如き が

人間 の 姿 で いる より その ほう が よっぽど 似合って る

ここ で は 人間 の 形 を し て いる 必要 は ない

空気 も いい し 気分 も いい から しばらく 過ごし て み た が

少々 退屈 し て い た ところ だ

無論 戦い は 望む ところ だ が

相手 が お前 だけ で は な

ミギー

おい ミギー い ない の か

お前 の 右手 の こ と か

あいにく だ な ここ に は 俺 一 人 だ

く っそ ぉ

よくも …

よくも ミギー を

お前 の 戦い は なんだか さっぱり わから ん

この 小さい な 道具 と いい

人間 同士 の 殴り合い と いう の を 見 た こ と ある が

あんな もの は

なん だ よ ここ

この 間 の ゴミ の 山

こんな ところ で 俺 死ぬ の か よ

つまら ん な まるで 戦い に なら ん

俺 を 作り上げ た 田村 玲子 と なら 面白い 戦い が でき た か も し れ ん が

どうやら 死 ん で いる らしい

お前 なに か 知ら ん か

た 田村 玲子

彼 は 私 が 実験 に より 作りあげ た か 弱い 仲間 の 一 人 で は ある が

無敵 だ

か弱い 無敵 な の に どこ が か弱い

まあ いい お前 は 死 ん で 周り と 同じ ゴミ に なれ

できる だけ 多く の こと を

考え てる 時間 なんて ない よ

決して 諦め ず

もう 何 秒 も ない 死ぬ ん だ 今

いい さ 本当 なら もう あの 時 に

あの 時 に …

次に しよ う 邪魔 が 多い

それ に 今日 は 少々 疲れ た

負け っこ ない

あの 血 は …

あの 血 は なん だ

ひょっとして あれ が 鎧 の 隙間

これ で 鎧 の 隙間 を 突き刺す

いや こんな 棒 なんか で

そもそも 後藤 の スピード に 敵 う の か

こっち が 起き上がれ ば すぐ に 後藤 の 攻撃 で 体 を 引き裂か れ て

ほとんど 可能 性 ゼロ じゃ ない か

でも やら なけりゃ

確実 な ゼロ だ

入った

やった

人間 如き に

許さ ん

来 た

けども う 限界 だ 逃げ られ ない

でも 上出来 だ よ

あの 程度 じゃ 大した ダメージ に なら ない かも しれ ない けど

とにかく 一撃 食らわし て やった ん だ

なぜ 硬質 化 の 隙間 が わかった

前 に そこ に 血 が 付い て い た の を 見 た

それ だけ か

たった それだけに すべて を かけ た と いう こと か

いい だ ろ う 褒め て やる

だが たった 1 匹 の 人間 に 傷 を 負わ さ れ た の は 我慢 でき ん

消えろ

今度 こそ 本当 の 終わり か

誰 だ ミギー か

逆らう ん な あと に しろ う

何 やって ん だ

殺す ん なら さっさと やって くれ

長く 苦しむ の は ごめん だ

俺 の 右 肩 先 から 入って 左 脇腹 へ 抜ける

即死 だ な

ミギー

ミ ミギー

バカ な なぜ 逆らう

何 だ と いう の だ 黙れ

シン イチ

ミギー

すごい 綱引き だ な

倒す お前 ら を 今 すぐ

無駄 だ

こちら 側 に 移動 する 際 に 重要 器官 を いく つ か 引き千切った

完全 修復 し なけ れ ば 戦え は し ない

よくも

何 が 起こって いる ん だ

反乱 だ

統率 者 以外 の 寄生 細胞 が 本能 的 に 危機 を 察知 し 逃げ た がって いる

今 頭 と それ 以外 と の 間 で 壮絶 な 綱引き の 真っ最中 だ

でも 何で いきなり

君 だ ろ

ヤツ の 体 内 深く に 毒物 を ねじ込 ん だ の は

毒 ?

毒 だ

毒 だ

毒 だ

毒 よ

毒 だ

黙れ

許さ ん

許さ ん ぞ 貴 様 ごとき に

凄ま じい 怒り だ

ヤツ の 怒り の 正体

それ は 脳 を 奪わ なかった 私 に は 存在 し ない 感情

すなわち この 種 を 食い 殺せ

その 感情 が より 集まり 増幅 し

戦い を 求め 続ける 戦闘 マシーン が 完成 し た

しかし それ も もはや

綱引き の 綱 に 切れ込み を 入れる だけ で 全身 が 弾け 飛ぶ

体 内 に 毒物 が 埋め込ま れる まで ヤツ は 完全 な 1 匹 の 生命 体 だった

頭 の 統制 力 は 凄ま じく

ほか の 寄生 生物 を 瞬時 に 眠ら せ 操る こと が でき た

お前 も あいつ の 奴隷 だった の か

実は それ が とても 心地よかった ん だ よ

眠って い ながら も 常に いろんな 情報 が 心 の 中 を 駆け抜け て いく 感じ だ

それ が なんとも 気分 が よく て

このまま 無敵 生物 後藤 の 一部 と して 生きる の も 悪く ない 気 が し て い た

俺 は お前 が 死 ん だ と 思って どれ だけ 悲しい 思い を し た か

あっ そう

君 が ヤツ に 突き刺し た 棒 は ここ で 拾った の か

ああ でも 毒 って いったい

燃え た ゴミ か

はっきり と は わから ん が

アクリル 製品 が 燃え て でき た シアン 化 水素 でも 含ま れ て いる の かも しれ ん

それ って 毒 な の か

猛毒

そんな もの を こんな 平気 で 捨て て いく なんて

でも その おかげ で 勝て た ろ

要するに 人間 様 に は 敵 わ ん って こと さ

シン イチ さっき の 場所 に 戻れ

驚 い た な 後藤 が 復活 しよ う と して いる

なん だって

見ろ

さっき の 破裂 で 毒物 も 体 外 に 放出 さ れ た ん だ

今 頭 が 必死 に 招集 を かけ て いる

だが あまり に 細かく 飛び散った ため に 反応 が 遅い

復活 の 可能 性 は 五分五分 だ な

もしも 復活 に 成功 し たら

前 と 変わら ん さ

多少 の パワー ダウン は ある だ ろ う が

生き て いる 限り 殺戮 を 求め 続ける だ ろ う な

じゃあ 殺さ なきゃ

そう だ な

ミギー

やめ た

私 に とって み れ ば こいつ は 同種 で あり

一 時 は 肉体 を 共有 し た 仲間 だ

私 が こいつ を 殺す と いう こと は 人間 で 言う なら 殺人 に あたる

君 に 任せる よ

その 鉈 で 露出 し た 内臓 を 破壊 すれ ば すべて が 終わる

お … 俺 に やれ って

好き に しろ

いや なら 今 の うち に 遠く へ 逃げる と いう 手 も ある

でも それ じゃ また 人 が 殺さ れる こと に なる

そう だ な

それ なら 何も 考える こと

なんだか 哀れ な 感じ だ な

我々 は か弱い

それ のみ で は 生き て ゆけ ない ただ の 生命 体 だ

だから あまり いじめる な

そんな こと 言った って

何の ため に 生まれて き た ん だ

増え すぎ た 人間 を 殺す ため ?

地球 を 汚し た 人間 を 減らす ため ?

確かに 人間 の 出し た 毒 が 生き物 たち を 追い詰め てる の は 知って いる

これ こそ そう だ

あれほど 強かった 後藤 が 棒切れ に つい て い た 毒 で あっけなく

合わせ て 1 つ

我々 と 人間 は 1 つ の 家族 だ

生き物 を 全体 から 見 たら

人間 が 毒 で こいつ ら は 薬 って わけ か

誰 が 決める

人間 と それ 以外 の 命 の 目方 を 誰 が 決め て くれる ん だ

どっち か に 決め て くれ

あまり のんびり でき ない ぞ

殺し たく ない

必死 に 生き抜 こ う と して いる 命 を

そう だ 殺し たく ない ん だ よ

殺し たく ない って 思う 心 が 人間 に 残さ れ た 最後 の 宝 じゃ ない の か

どう し た ?

やめる

散々 戦って き て 変 に 思う かも しれ ない けど

生きる 可能 性 が 五分五分 なら 俺 が 決める より も 天 に 任せる

こいつ は 人間 と は 別 の 生き物 だ

人間 の 都合 ばかり 押しつけ たく ない

そう か

君 が そう 決め た ん なら それ で いい だ ろ う

じゃあ 行 こ う

俺 は 今 人間 と して とんでもない 罪 を 犯 そ う と して いる の かも しれ ない

でも 害 が ある から って その 生き物 に 生きる 権利 が ない って いう の か

人間 に とって 不都合 だ と し でも

地球 全体 に し て み れ ば む しろ

シン イチ 君 は 地球 を 美しい と 思う かい

わから ない よ

私 は 恥ずかし げ も なく 地球 の ため に と いう 人間 が 嫌い だ

なぜなら 地球 は 泣き も 笑い も し ない から な

地球 で 最初 の 生命 体 は 煮え た 硫化 水素 の 中 で 産まれ た そう だ

天 に 任せる … か

俺 は ちっぽけ な 1 匹 の 人間 だ

せいぜい 小さな 家族 を 守る 程度 の

ごめん よ

君 は 悪く なんか ない

でも ごめん よ

なん だ 何 が あった ん だい

化け物 だ よ

化け物 の 死体 が 見つかった ん だ

なん だって 死体

やった の か シン イチ

帰 ろ う

次回 「 寄生 獣 」



Want to learn a language?


Learn from this text and thousands like it on LingQ.

  • A vast library of audio lessons, all with matching text
  • Revolutionary learning tools
  • A global, interactive learning community.

LingQでオンライン語学学習

この 真っ暗闇 の 中 で

後藤 だけ の 呼吸 音 を 聞き分ける なんて 無理 だ

勝算 なんて なにも ない

それどころか

生 へ の 執着 死 へ の 恐怖

怒り や 悲しみ

そんな 感情 まで も が 麻痺 し て いる

だけど 追い立て られる よう に その 場所 を 目指す

今 俺 を 動かし て いる の は 勇敢 さ でも

人間 側 を 代表 し て 戦わ なきゃ って いう 使命 感 で も ない

明日 に なれ ば 俺 が 連れ て き た 怪物 に よって

さらに 多く の 死 を 見る こと に なる かも しれ ない

いい加減 俺 の 番 だ ろ

俺 だけ が 生き長らえ て いる の は 何 か おかしい

俺 が ケリ を 付ける べき な ん だ

そこ に は 確実 な 死 しか 待って い ない かも しれ ない けど

もう いい 面倒 だ

これ って 逃避 だ よ な

でも この 楽観 的 な 気分 は なん だ

自分 でも 分から ない

行け ば ひょっとして なんとか なる ん じゃ な いか って 思って いる

そんな はず 決して ない のに

不思議 な 感覚 だ

五感 が 研ぎ澄まさ れ て いる の が 分かる

そして 見つけ た

眠って る

こいつ ら だって ちゃんと 眠る ん だ

ミギー だって しょっちゅう 眠って た じゃ ない か

そう だ よ 寝込み を 襲え ば よかった ん だ よ

俺 が 寄生 生物 じゃ ない から

ミギー が い ない から 逆 に 気づか れ ず に こんな 近く まで

さっき から なんとか なり そう な 予感 が し て い た の は この こと だった ん だ

いや それとも う 1 つ

ミギー

ひょっとして お前 は こいつ の 体 の 中 で 生き てる ん じゃ ない の か

今 ここ で 叫 ん だ ら 返事 を し て くれる ん じゃ ない の か

ミギー

ダメ だ

そんなに うまい 話 が ある か

く っそ ダメ か

どこ だ 出 て 来い

ただ の 人間 が この 俺 に 戦い を 挑む だ と

そう さ そう と も 戦って やる

勝て ない の は わかって いる

でも 少し でも 貴 様 に ダメージ を

傷 を 負わ せ て やる

パワー や スピード で は 勝て なく て も 五感 の 鋭 さ は 俺 の ほう が 上 だ

戦え る

ちゃんと 作戦 を 立て れ ば 戦え る ん だ

どう すれ ば どう やって あいつ の 体 に 傷 を 負 わ す こと が できる

ミギー 教え て くれ

できる だけ 多く の こと を 考え を 巡らせ て み て おくれ

どんな こと が あ ろ う と 決して 諦め ず 臨機応変 に ね

そう だ 諦める な

考える ん だ

首筋

そう だ 全身 を 操る 時 は 首筋 が 弱点 の はず

たとえ 勝て なく て も ダメージ を

できる だけ 深い 傷

深い

ヤツ に とって 最も 重要 な 内臓 が 詰まった 胴体

水平 から は 硬質 化 さ れ た 鎧 の 隙間 が わから ない

でも 上 から なら

首筋 から 胴体 へ 食道 や 器官 が 通じ て いる 穴 が ある

そこ に 全 体重 を かけ て こいつ を

問題 は 角度 だ

今 だ

鉈 が 刺さった まま 邪魔 だ !

小僧

この 前 は 尻尾 を 切った トカゲ の よう に 無 様 に 逃げ た はず だ が

戦い の 続き だ と でも いう の か

1 匹 の 人間 に 何 が できる

化け物 如き が

人間 の 姿 で いる より その ほう が よっぽど 似合って る

ここ で は 人間 の 形 を し て いる 必要 は ない

空気 も いい し 気分 も いい から しばらく 過ごし て み た が

少々 退屈 し て い た ところ だ

無論 戦い は 望む ところ だ が

相手 が お前 だけ で は な

ミギー

おい ミギー い ない の か

お前 の 右手 の こ と か

あいにく だ な ここ に は 俺 一 人 だ

く っそ ぉ

よくも …

よくも ミギー を

お前 の 戦い は なんだか さっぱり わから ん

この 小さい な 道具 と いい

人間 同士 の 殴り合い と いう の を 見 た こ と ある が

あんな もの は

なん だ よ ここ

この 間 の ゴミ の 山

こんな ところ で 俺 死ぬ の か よ

つまら ん な まるで 戦い に なら ん

俺 を 作り上げ た 田村 玲子 と なら 面白い 戦い が でき た か も し れ ん が

どうやら 死 ん で いる らしい

お前 なに か 知ら ん か

た 田村 玲子

彼 は 私 が 実験 に より 作りあげ た か 弱い 仲間 の 一 人 で は ある が

無敵 だ

か弱い 無敵 な の に どこ が か弱い

まあ いい お前 は 死 ん で 周り と 同じ ゴミ に なれ

できる だけ 多く の こと を

考え てる 時間 なんて ない よ

決して 諦め ず

もう 何 秒 も ない 死ぬ ん だ 今

いい さ 本当 なら もう あの 時 に

あの 時 に …

次に しよ う 邪魔 が 多い

それ に 今日 は 少々 疲れ た

負け っこ ない

あの 血 は …

あの 血 は なん だ

ひょっとして あれ が 鎧 の 隙間

これ で 鎧 の 隙間 を 突き刺す

いや こんな 棒 なんか で

そもそも 後藤 の スピード に 敵 う の か

こっち が 起き上がれ ば すぐ に 後藤 の 攻撃 で 体 を 引き裂か れ て

ほとんど 可能 性 ゼロ じゃ ない か

でも やら なけりゃ

確実 な ゼロ だ

入った

やった

人間 如き に

許さ ん

来 た

けども う 限界 だ 逃げ られ ない

でも 上出来 だ よ

あの 程度 じゃ 大した ダメージ に なら ない かも しれ ない けど

とにかく 一撃 食らわし て やった ん だ

なぜ 硬質 化 の 隙間 が わかった

前 に そこ に 血 が 付い て い た の を 見 た

それ だけ か

たった それだけに すべて を かけ た と いう こと か

いい だ ろ う 褒め て やる

だが たった 1 匹 の 人間 に 傷 を 負わ さ れ た の は 我慢 でき ん

消えろ

今度 こそ 本当 の 終わり か

誰 だ ミギー か

逆らう ん な あと に しろ う

何 やって ん だ

殺す ん なら さっさと やって くれ

長く 苦しむ の は ごめん だ

俺 の 右 肩 先 から 入って 左 脇腹 へ 抜ける

即死 だ な

ミギー

ミ ミギー

バカ な なぜ 逆らう

何 だ と いう の だ 黙れ

シン イチ

ミギー

すごい 綱引き だ な

倒す お前 ら を 今 すぐ

無駄 だ

こちら 側 に 移動 する 際 に 重要 器官 を いく つ か 引き千切った

完全 修復 し なけ れ ば 戦え は し ない

よくも

何 が 起こって いる ん だ

反乱 だ

統率 者 以外 の 寄生 細胞 が 本能 的 に 危機 を 察知 し 逃げ た がって いる

今 頭 と それ 以外 と の 間 で 壮絶 な 綱引き の 真っ最中 だ

でも 何で いきなり

君 だ ろ

ヤツ の 体 内 深く に 毒物 を ねじ込 ん だ の は

毒 ?

毒 だ

毒 だ

毒 だ

毒 よ

毒 だ

黙れ

許さ ん

許さ ん ぞ 貴 様 ごとき に

凄ま じい 怒り だ

ヤツ の 怒り の 正体

それ は 脳 を 奪わ なかった 私 に は 存在 し ない 感情

すなわち この 種 を 食い 殺せ

その 感情 が より 集まり 増幅 し

戦い を 求め 続ける 戦闘 マシーン が 完成 し た

しかし それ も もはや

綱引き の 綱 に 切れ込み を 入れる だけ で 全身 が 弾け 飛ぶ

体 内 に 毒物 が 埋め込ま れる まで ヤツ は 完全 な 1 匹 の 生命 体 だった

頭 の 統制 力 は 凄ま じく

ほか の 寄生 生物 を 瞬時 に 眠ら せ 操る こと が でき た

お前 も あいつ の 奴隷 だった の か

実は それ が とても 心地よかった ん だ よ

眠って い ながら も 常に いろんな 情報 が 心 の 中 を 駆け抜け て いく 感じ だ

それ が なんとも 気分 が よく て

このまま 無敵 生物 後藤 の 一部 と して 生きる の も 悪く ない 気 が し て い た

俺 は お前 が 死 ん だ と 思って どれ だけ 悲しい 思い を し た か

あっ そう

君 が ヤツ に 突き刺し た 棒 は ここ で 拾った の か

ああ でも 毒 って いったい

燃え た ゴミ か

はっきり と は わから ん が

アクリル 製品 が 燃え て でき た シアン 化 水素 でも 含ま れ て いる の かも しれ ん

それ って 毒 な の か

猛毒

そんな もの を こんな 平気 で 捨て て いく なんて

でも その おかげ で 勝て た ろ

要するに 人間 様 に は 敵 わ ん って こと さ

シン イチ さっき の 場所 に 戻れ

驚 い た な 後藤 が 復活 しよ う と して いる

なん だって

見ろ

さっき の 破裂 で 毒物 も 体 外 に 放出 さ れ た ん だ

今 頭 が 必死 に 招集 を かけ て いる

だが あまり に 細かく 飛び散った ため に 反応 が 遅い

復活 の 可能 性 は 五分五分 だ な

もしも 復活 に 成功 し たら

前 と 変わら ん さ

多少 の パワー ダウン は ある だ ろ う が

生き て いる 限り 殺戮 を 求め 続ける だ ろ う な

じゃあ 殺さ なきゃ

そう だ な

ミギー

やめ た

私 に とって み れ ば こいつ は 同種 で あり

一 時 は 肉体 を 共有 し た 仲間 だ

私 が こいつ を 殺す と いう こと は 人間 で 言う なら 殺人 に あたる

君 に 任せる よ

その 鉈 で 露出 し た 内臓 を 破壊 すれ ば すべて が 終わる

お … 俺 に やれ って

好き に しろ

いや なら 今 の うち に 遠く へ 逃げる と いう 手 も ある

でも それ じゃ また 人 が 殺さ れる こと に なる

そう だ な

それ なら 何も 考える こと

なんだか 哀れ な 感じ だ な

我々 は か弱い

それ のみ で は 生き て ゆけ ない ただ の 生命 体 だ

だから あまり いじめる な

そんな こと 言った って

何の ため に 生まれて き た ん だ

増え すぎ た 人間 を 殺す ため ?

地球 を 汚し た 人間 を 減らす ため ?

確かに 人間 の 出し た 毒 が 生き物 たち を 追い詰め てる の は 知って いる

これ こそ そう だ

あれほど 強かった 後藤 が 棒切れ に つい て い た 毒 で あっけなく

合わせ て 1 つ

我々 と 人間 は 1 つ の 家族 だ

生き物 を 全体 から 見 たら

人間 が 毒 で こいつ ら は 薬 って わけ か

誰 が 決める

人間 と それ 以外 の 命 の 目方 を 誰 が 決め て くれる ん だ

どっち か に 決め て くれ

あまり のんびり でき ない ぞ

殺し たく ない

必死 に 生き抜 こ う と して いる 命 を

そう だ 殺し たく ない ん だ よ

殺し たく ない って 思う 心 が 人間 に 残さ れ た 最後 の 宝 じゃ ない の か

どう し た ?

やめる

散々 戦って き て 変 に 思う かも しれ ない けど

生きる 可能 性 が 五分五分 なら 俺 が 決める より も 天 に 任せる

こいつ は 人間 と は 別 の 生き物 だ

人間 の 都合 ばかり 押しつけ たく ない

そう か

君 が そう 決め た ん なら それ で いい だ ろ う

じゃあ 行 こ う

俺 は 今 人間 と して とんでもない 罪 を 犯 そ う と して いる の かも しれ ない

でも 害 が ある から って その 生き物 に 生きる 権利 が ない って いう の か

人間 に とって 不都合 だ と し でも

地球 全体 に し て み れ ば む しろ

シン イチ 君 は 地球 を 美しい と 思う かい

わから ない よ

私 は 恥ずかし げ も なく 地球 の ため に と いう 人間 が 嫌い だ

なぜなら 地球 は 泣き も 笑い も し ない から な

地球 で 最初 の 生命 体 は 煮え た 硫化 水素 の 中 で 産まれ た そう だ

天 に 任せる … か

俺 は ちっぽけ な 1 匹 の 人間 だ

せいぜい 小さな 家族 を 守る 程度 の

ごめん よ

君 は 悪く なんか ない

でも ごめん よ

なん だ 何 が あった ん だい

化け物 だ よ

化け物 の 死体 が 見つかった ん だ

なん だって 死体

やった の か シン イチ

帰 ろ う

次回 「 寄生 獣 」


×

LingQをより快適にするためCookieを使用しています。サイトの訪問により同意したと見なされます cookie policy.