image

寄生獣 セイの格率, Kiseijuu: Sei no Kakuritsu (Parasyte -the maxim-) Episode 21

や あ 諸君

弥生 班 が 広川 と エンゲージ

決して 逃がす な

確実 に 駆除 しろ

突っ立って ない で 座り たまえ

今回 は 君 たち の 勝利 と 言って いい だ ろ う

こ と 殺し に 関して は 地球 上 で 人間 の 右 に 出る 者 は ない

しかし 君 たち が 今 手 に し て いる 道具 は もっと 別 の

さらに 重要 な 目的 の ため に 使わ ね ば なら ん

生物 界 の バランス を 守る ため に ね

それ こそ が 君 たち 本来 の 仕事

つまり 間引き だ よ

もう しばらく し だ ら 人間 全体 が 気づく はず だ

人間 の 数 を すぐに も 減らさ ね ば なら ん と いう こと に

殺人 より も ゴミ の 垂れ流し の 方 が はるか に 重罪 だ と いう こと に

そして 我々 と いう 存在 の 重要 さ に 気づき

保護 さえ する よう に なる はず だ

君 ら は 自ら の 天敵 を もっと 大事 に し なけ れ ば なら ん の だ よ

そして この 天敵 こそ は 美しい 大 自然 の ピラミッド に ぴったり と 収まる

人間 の ひと つ 上 に な

それ で やっと バランス が 回復 する

広川 …

地球 上 の 誰 か が ふと 思った の だ

みんな の 命 を 守ら ね ば と

何 様 の つもり だ この 化け物

だから 人間 ども は 好き に なれ ん

最後 に 開き直る の なら はじめ から 飾ら ね ば よい

環境 保護 も すべて は 人間 を 目安 と し た 歪 な 物 ばかり だ

なぜ それ を 認めよ う と せ ん

人間 1 種 の 繁栄 より も 生物 全体 を 考える

そうして こそ 万物 の 霊 長 だ

正義 の ため と ほ ざ く 貴 様 ら 人間

これ 以上 の 正義 が どこ に ある か

人間 に 寄生 し 生物 全体 の バランス を 保つ 役割 を 担う 我々 から 比べ れ ば

人間 ども こそ 地球 を 蝕む 寄生 虫

いや …

寄生 「 獣 」 か

寄生 獣

撃て

どう し た

これ 人間 です よ

な に っ

広川 か

最後 まで よく わから ん 奴 だった な

田村 玲子 が この 人間 を ずいぶん と 面白 がって

色々 な 計画 を 立て た わけ だ が

それ も 全て 終わった

お前 ら から 見 て も かなり 珍しい ん だ ろ

こういう 人間 は

信じ られ ん

いったい 何 が 何 が 起き た ん だ

だから さっき の あいつ だ よ

桁外れ の パワー だ

銃 も 効か ない

なん だ

広川 を 処理 し まし た が 新手 の パラサイト が 現れ た よう です

我々 は 水無月 班 と 合流 し て 議会 棟 へ 向かう

う 浦上

貴 様 …

た ー 腕 が しびれる

や っぱ ナイフ の ほう が 好き だ な 俺

お ー すげ ぇ 手 が 吹っ飛 ん だ ぜ

あたり め え じゃ ん 刑事 さん

どうせ 何 やった って 俺 の 死刑 は 決まって ん だ ろ

必ず 逃げ て やる

さっき の 化け物 が これ だけ 桁外れ なら

きっと 包囲 網 に 穴 が 開く

そう いえ ば 田村 玲子 が よく 言って い た

我々 が 生まれて き た 目的 は なん な の か だ と

今更 どう で も いい こと だ が

しかし ひと つ わかった こと が ある

俺 に とって は 戦い こそ が

シン イチ もう 帰 ろ う

これ 以上 ここ に い て も 仕方 が 無い

我々 の 役目 は 終わった の だ

そんな こと わかん ない だ ろ

特に あの 後藤 って やつ を ちゃんと 倒せ る の か どう か 見極め ない と

関係ない さ

もう 人間 たち の 勝ち だ よ

その 気 に なれ ば 大砲 ミサイル ナパーム 弾

なんでも 使え ば いい

もはや 我々 の よう な 個人 が どう こういう 段階 で は なく なった の だ

なんか 変 だ ぞ ミギー

撃て ー

なん だ あの 動き は

もっと 工夫 しろ

人間 は 地球 上 で 最も 賢い 動物 の はず だ ろ

弾 を 避ける だ と

避ける だけ じゃ ない 盾 も 使う

う 撃た ない で くれ

撃て

どうせ 助から ん

くそ っ あの 動き

建物 の 中 で は 射撃 方向 が 限ら れ 同士 撃ち の 危険 も

もっと 広い 空間

退避 だ

屋上 だ 屋上 へ 急げ

もう 一 発

い … 今 の で 倒せ た の で は

油断 する な

ここ は 万全 を 期し 屋上 で 迎え撃つ

ヤツ に とって は 壁 や 天井 も 地面 と 同じ

屋内 戦 の マニュアル は 役 に 立た ん

巣 だ

ここ は 奴 の 巣 の 中 な の だ

人間 の 作りあげ た 建造 物 で 地 の 利 を 奪わ れる と は

よ ー し 左右 に 散れ

ここ で 迎え撃つ

何 の 話 だ

まさか

お前 一 人 だ

後ろ の 連中 は 片付け た

いや 「 散らかし た 」 と 言う べき か な ?

どう なって いる ん だ 貴 様 の 体 は

まさか ボディ に も

そう さ

だが 全体 を プロテクト し て いる わけ じゃ ない 隙間 も ある

今回 は お前 ら の 物量 に 多少 ながら 不覚 を 取った

例え 細胞 を 硬質 化 さ せ て も 弾丸 を 真 正面 から 受ける の は 危険 だ

だから こうして 斜め に 弾く

この バカ に し おって

また 弾丸 を 避ける と いって も 弾丸 より 早く 動け る わけ で は ない

相手 の 眼球 や 手元 の 動き から 弾 道 を 読む

今 の 音 は

屋上 みたい だ ぞ

な 何者 な ん だ き 貴 様 は

見 て の 通り さ 単なる 野生 生物 だ よ

生物 … だ と

お前 ら こそ 何 な ん だ

生物 …

火炎 放射 器 か

それ も 悪く ない かも な

おい 何 か 降って き た ぞ

どう し た ん だ よ

言わ ん こっちゃ ない

なん だ お前 か

後藤

そう か お前 も 噛 ん で い た の か

確かに 大きな 戦い だった

ほか の 仲間 は すべて 殺さ れ た よう だ

その 戦い に お前 が

これ は やり かけ の 仕事 で も ある

お前 を 殺せ ば すっきり する だ ろ う

そう だ 殺す べき な の だ

そして 俺 は 先 に 進む

先 に ?

心臓 だけ を 狙った と する と なかなか 正確 だ な

まさか

次に しよ う 邪魔 が 多い

それ に 今日 は 少々 疲れ た

飛 ん … 跳 ん だ

い 泉 くん 君 は 一体

知ら ない

知る もん か

待ち たまえ

死者 多数 大部分 が 山岸 の 指揮 する 部隊 だ

それ も たった 1 匹 の 怪物 に 戦況 を ひっくり返さ れ た

本当 に 知ら なかった の か ね

まだ 何 か 隠し て いる こと が ある だ ろ う

知ら ない よ

本当 に あの 一 匹 に あれ だけ の 力 が あった なんて

首 だ

人間 の 首 が 降って き た ぞ

シン イチ

シン イチ ひどい 夢 だった な

なんで 俺 の 夢 の こと

なんとなく だ

後藤 は 来る だ ろ う か

近い うち に 必ず 来る だ ろ う

それ だけ の 意志 は 感じ た

じゃあ 俺 たち 死ぬ ん だ

そう 簡単 に 諦める わけ に は いか ん

誰 か の 手 を 借りる の だ

たとえば 宇田

ダメ だ

こんな こと に まで 巻き 込め ない

じゃあ 人間 たち だ な

もう 一 度 ヤツ と 軍隊 を ぶつける

どう やって さ

かりに でき た と して も また 大勢 死ぬ ん だ

俺 たち が 殺す こと に なる ん だ ぞ

知った こと か

ミギー お前 は 本当 に いつ まで 経って も ミギー だ な

父さん もう じき さよなら かも しれ ない

母さん もう じき 会え る か も

そう だ ど っか 遠く へ 逃げる って の は どう だ

後藤 だって 日本 中 どこまでも 追って くる ほど しつこく は ない だ ろ う

ミギー ?

眠って る の か

あ 学校 行く の 忘れ た

学校 だって

えっ 眠って る

ミギー

今 来 られ たら

今 来 られ たら

おい

謝れ よ

す すみません

すげ え ビビ って る ぜ

土下座 しろ よ

すみません ごめんなさい

謝って る だ ろ

すみません って よ

謝って る のに

謝って る のに

泉 くん

や や あ

あ ひょっとして 今日 学校 ずる 休み ?

そう

ずる 休み

ずるい 奴 な ん だ 俺 って

クズ 野郎 な ん だ

どう し た の

変 だ よ

ち ょ …

いや 痛い

離し て

やめ て

泉 くん

遠く へ 逃げる 案

いい かも しれ ない な シン イチ

なん だ 起き て た の か ミギー

どこ か 遠く へ か

もう 少し で 卒業 な のに

シン イチ

君 の 五感 鈍って ない か

こんばん は

なんで 俺 が ここ に いる って

泉 くん わりと 公園 好き でしょ

あたし も 好き だ から

さっき は ごめん おど かす つもり じゃ なかった ん だ

泉 くん って 不思議 な 人 だ よ ね

たまに わけ わか ん なく なる よ

ここ なんか 寒く ない

うち に おいで よ

なんか 話 そ

今日 誰 も い ない ん だ

命 の 危険 を 感じる と 本性 が 出る

何 に し て も オレ って 情けない ヤツ だ よ な

頭 の 中 は 死に たく ない って こと ばかり だ

生き たい

生き て い たい

俺 は ミギー の こと 冷血 だ なんて よく 言った けど

俺 に そんな こと 言う 資格 は ない

結局 は 自分 の ため に 周り の 何 か を 踏みにじって 生き て いる

新一 くん

新 一 くん って かっこいい よ ね

私 たち って いろんな もの を 見 た よ ね

だから よっぽど の こと が あって も 負け ない

負け っこ ない

里美 キミ が 好き だ

愛し てる

泉 くん

一 番 最後 に ポツリ って いう

生きよ う

なんと して も

次回 「 静 と 醒 」



Want to learn a language?


Learn from this text and thousands like it on LingQ.

  • A vast library of audio lessons, all with matching text
  • Revolutionary learning tools
  • A global, interactive learning community.

LingQでオンライン語学学習

や あ 諸君

弥生 班 が 広川 と エンゲージ

決して 逃がす な

確実 に 駆除 しろ

突っ立って ない で 座り たまえ

今回 は 君 たち の 勝利 と 言って いい だ ろ う

こ と 殺し に 関して は 地球 上 で 人間 の 右 に 出る 者 は ない

しかし 君 たち が 今 手 に し て いる 道具 は もっと 別 の

さらに 重要 な 目的 の ため に 使わ ね ば なら ん

生物 界 の バランス を 守る ため に ね

それ こそ が 君 たち 本来 の 仕事

つまり 間引き だ よ

もう しばらく し だ ら 人間 全体 が 気づく はず だ

人間 の 数 を すぐに も 減らさ ね ば なら ん と いう こと に

殺人 より も ゴミ の 垂れ流し の 方 が はるか に 重罪 だ と いう こと に

そして 我々 と いう 存在 の 重要 さ に 気づき

保護 さえ する よう に なる はず だ

君 ら は 自ら の 天敵 を もっと 大事 に し なけ れ ば なら ん の だ よ

そして この 天敵 こそ は 美しい 大 自然 の ピラミッド に ぴったり と 収まる

人間 の ひと つ 上 に な

それ で やっと バランス が 回復 する

広川 …

地球 上 の 誰 か が ふと 思った の だ

みんな の 命 を 守ら ね ば と

何 様 の つもり だ この 化け物

だから 人間 ども は 好き に なれ ん

最後 に 開き直る の なら はじめ から 飾ら ね ば よい

環境 保護 も すべて は 人間 を 目安 と し た 歪 な 物 ばかり だ

なぜ それ を 認めよ う と せ ん

人間 1 種 の 繁栄 より も 生物 全体 を 考える

そうして こそ 万物 の 霊 長 だ

正義 の ため と ほ ざ く 貴 様 ら 人間

これ 以上 の 正義 が どこ に ある か

人間 に 寄生 し 生物 全体 の バランス を 保つ 役割 を 担う 我々 から 比べ れ ば

人間 ども こそ 地球 を 蝕む 寄生 虫

いや …

寄生 「 獣 」 か

寄生 獣

撃て

どう し た

これ 人間 です よ

な に っ

広川 か

最後 まで よく わから ん 奴 だった な

田村 玲子 が この 人間 を ずいぶん と 面白 がって

色々 な 計画 を 立て た わけ だ が

それ も 全て 終わった

お前 ら から 見 て も かなり 珍しい ん だ ろ

こういう 人間 は

信じ られ ん

いったい 何 が 何 が 起き た ん だ

だから さっき の あいつ だ よ

桁外れ の パワー だ

銃 も 効か ない

なん だ

広川 を 処理 し まし た が 新手 の パラサイト が 現れ た よう です

我々 は 水無月 班 と 合流 し て 議会 棟 へ 向かう

う 浦上

貴 様 …

た ー 腕 が しびれる

や っぱ ナイフ の ほう が 好き だ な 俺

お ー すげ ぇ 手 が 吹っ飛 ん だ ぜ

あたり め え じゃ ん 刑事 さん

どうせ 何 やった って 俺 の 死刑 は 決まって ん だ ろ

必ず 逃げ て やる

さっき の 化け物 が これ だけ 桁外れ なら

きっと 包囲 網 に 穴 が 開く

そう いえ ば 田村 玲子 が よく 言って い た

我々 が 生まれて き た 目的 は なん な の か だ と

今更 どう で も いい こと だ が

しかし ひと つ わかった こと が ある

俺 に とって は 戦い こそ が

シン イチ もう 帰 ろ う

これ 以上 ここ に い て も 仕方 が 無い

我々 の 役目 は 終わった の だ

そんな こと わかん ない だ ろ

特に あの 後藤 って やつ を ちゃんと 倒せ る の か どう か 見極め ない と

関係ない さ

もう 人間 たち の 勝ち だ よ

その 気 に なれ ば 大砲 ミサイル ナパーム 弾

なんでも 使え ば いい

もはや 我々 の よう な 個人 が どう こういう 段階 で は なく なった の だ

なんか 変 だ ぞ ミギー

撃て ー

なん だ あの 動き は

もっと 工夫 しろ

人間 は 地球 上 で 最も 賢い 動物 の はず だ ろ

弾 を 避ける だ と

避ける だけ じゃ ない 盾 も 使う

う 撃た ない で くれ

撃て

どうせ 助から ん

くそ っ あの 動き

建物 の 中 で は 射撃 方向 が 限ら れ 同士 撃ち の 危険 も

もっと 広い 空間

退避 だ

屋上 だ 屋上 へ 急げ

もう 一 発

い … 今 の で 倒せ た の で は

油断 する な

ここ は 万全 を 期し 屋上 で 迎え撃つ

ヤツ に とって は 壁 や 天井 も 地面 と 同じ

屋内 戦 の マニュアル は 役 に 立た ん

巣 だ

ここ は 奴 の 巣 の 中 な の だ

人間 の 作りあげ た 建造 物 で 地 の 利 を 奪わ れる と は

よ ー し 左右 に 散れ

ここ で 迎え撃つ

何 の 話 だ

まさか

お前 一 人 だ

後ろ の 連中 は 片付け た

いや 「 散らかし た 」 と 言う べき か な ?

どう なって いる ん だ 貴 様 の 体 は

まさか ボディ に も

そう さ

だが 全体 を プロテクト し て いる わけ じゃ ない 隙間 も ある

今回 は お前 ら の 物量 に 多少 ながら 不覚 を 取った

例え 細胞 を 硬質 化 さ せ て も 弾丸 を 真 正面 から 受ける の は 危険 だ

だから こうして 斜め に 弾く

この バカ に し おって

また 弾丸 を 避ける と いって も 弾丸 より 早く 動け る わけ で は ない

相手 の 眼球 や 手元 の 動き から 弾 道 を 読む

今 の 音 は

屋上 みたい だ ぞ

な 何者 な ん だ き 貴 様 は

見 て の 通り さ 単なる 野生 生物 だ よ

生物 … だ と

お前 ら こそ 何 な ん だ

生物 …

火炎 放射 器 か

それ も 悪く ない かも な

おい 何 か 降って き た ぞ

どう し た ん だ よ

言わ ん こっちゃ ない

なん だ お前 か

後藤

そう か お前 も 噛 ん で い た の か

確かに 大きな 戦い だった

ほか の 仲間 は すべて 殺さ れ た よう だ

その 戦い に お前 が

これ は やり かけ の 仕事 で も ある

お前 を 殺せ ば すっきり する だ ろ う

そう だ 殺す べき な の だ

そして 俺 は 先 に 進む

先 に ?

心臓 だけ を 狙った と する と なかなか 正確 だ な

まさか

次に しよ う 邪魔 が 多い

それ に 今日 は 少々 疲れ た

飛 ん … 跳 ん だ

い 泉 くん 君 は 一体

知ら ない

知る もん か

待ち たまえ

死者 多数 大部分 が 山岸 の 指揮 する 部隊 だ

それ も たった 1 匹 の 怪物 に 戦況 を ひっくり返さ れ た

本当 に 知ら なかった の か ね

まだ 何 か 隠し て いる こと が ある だ ろ う

知ら ない よ

本当 に あの 一 匹 に あれ だけ の 力 が あった なんて

首 だ

人間 の 首 が 降って き た ぞ

シン イチ

シン イチ ひどい 夢 だった な

なんで 俺 の 夢 の こと

なんとなく だ

後藤 は 来る だ ろ う か

近い うち に 必ず 来る だ ろ う

それ だけ の 意志 は 感じ た

じゃあ 俺 たち 死ぬ ん だ

そう 簡単 に 諦める わけ に は いか ん

誰 か の 手 を 借りる の だ

たとえば 宇田

ダメ だ

こんな こと に まで 巻き 込め ない

じゃあ 人間 たち だ な

もう 一 度 ヤツ と 軍隊 を ぶつける

どう やって さ

かりに でき た と して も また 大勢 死ぬ ん だ

俺 たち が 殺す こと に なる ん だ ぞ

知った こと か

ミギー お前 は 本当 に いつ まで 経って も ミギー だ な

父さん もう じき さよなら かも しれ ない

母さん もう じき 会え る か も

そう だ ど っか 遠く へ 逃げる って の は どう だ

後藤 だって 日本 中 どこまでも 追って くる ほど しつこく は ない だ ろ う

ミギー ?

眠って る の か

あ 学校 行く の 忘れ た

学校 だって

えっ 眠って る

ミギー

今 来 られ たら

今 来 られ たら

おい

謝れ よ

す すみません

すげ え ビビ って る ぜ

土下座 しろ よ

すみません ごめんなさい

謝って る だ ろ

すみません って よ

謝って る のに

謝って る のに

泉 くん

や や あ

あ ひょっとして 今日 学校 ずる 休み ?

そう

ずる 休み

ずるい 奴 な ん だ 俺 って

クズ 野郎 な ん だ

どう し た の

変 だ よ

ち ょ …

いや 痛い

離し て

やめ て

泉 くん

遠く へ 逃げる 案

いい かも しれ ない な シン イチ

なん だ 起き て た の か ミギー

どこ か 遠く へ か

もう 少し で 卒業 な のに

シン イチ

君 の 五感 鈍って ない か

こんばん は

なんで 俺 が ここ に いる って

泉 くん わりと 公園 好き でしょ

あたし も 好き だ から

さっき は ごめん おど かす つもり じゃ なかった ん だ

泉 くん って 不思議 な 人 だ よ ね

たまに わけ わか ん なく なる よ

ここ なんか 寒く ない

うち に おいで よ

なんか 話 そ

今日 誰 も い ない ん だ

命 の 危険 を 感じる と 本性 が 出る

何 に し て も オレ って 情けない ヤツ だ よ な

頭 の 中 は 死に たく ない って こと ばかり だ

生き たい

生き て い たい

俺 は ミギー の こと 冷血 だ なんて よく 言った けど

俺 に そんな こと 言う 資格 は ない

結局 は 自分 の ため に 周り の 何 か を 踏みにじって 生き て いる

新一 くん

新 一 くん って かっこいい よ ね

私 たち って いろんな もの を 見 た よ ね

だから よっぽど の こと が あって も 負け ない

負け っこ ない

里美 キミ が 好き だ

愛し てる

泉 くん

一 番 最後 に ポツリ って いう

生きよ う

なんと して も

次回 「 静 と 醒 」


×

LingQをより快適にするためCookieを使用しています。サイトの訪問により同意したと見なされます cookie policy.