image

月刊少女野崎くん, Gekkan Shoujo Nozaki-kun Episode 10

使え ば

な … 何 よ … バカ …

以前 描 い た 雨 の 話 の 反応 が 妙に 良く

剣 さん に サブ キャラ の 話 を 勧め られ て しまった

だが あの キャラ の モデル は 若松 と 瀬尾

このまま 関係 を 進め て しまう の は いかが な もの か

いや 別に 話 が 思いつか ない と か

デート の 想像 が でき ない と か そういう 訳 で は ない の だ が …

野崎 先輩 瀬尾 先輩 に 映画 の チケット 貰った ん です けど どう すれ ば …

絶対 に 行く べき だ と 思う

後 で 感想 教え て

野崎 先輩 なら 止め て くれる か と 思った けど

やっぱり 敵 前 逃亡 は カッコ悪い って こと かな さすが 先輩

でも こういう 場合 どう すれ ば 勝った って ことに …

あー ら 何 その 庶民 の 格好

私服 に なる と ますます イモ 臭い わ ね

悔しい … これ じゃ 私 引き立て 役 じゃ ない

この 負け 犬 が

これ だ !

おいおい 若 今日 は 気張って ん なぁ

そんなに 楽しみ だった の か

違 っ …

これ これ なんか 最後 め っちゃ 感動 する らしい

どう 見 て も B 級 です けど

そういう の が 意外 と おも し れ ん じゃ ねぇ か

ま ぁ 付き合い ます よ

もう 開場 し てる

瀬尾 先輩 でも 映画 と か 見る ん です ね

ま ぁ たまに なぁ

そう いえ ば 映画 館 って どっち の 肘 置き を 使え ば いい の か

ちょっと 考え ちゃ ったり し ませ ん

右手 か 左手 か

そう か そんな こと 考え た こと ねぇ なぁ

こっち は 俺 の 肘 置き です って

そ っか 悪い な うっかり うっかり

そう だ ジュース を 置 い て 自分 の 位置 を 主張 しよ う

先輩 の 分 まで 買っちゃ ダメ だった

今度 は ポップコーン を 一 個 だけ 買って き た ぞ

そろそろ 始まる ぞ 若 左右 空席 で 良かった な

ま ぁ 映画 が 始まっちゃ え ば 隣 に 誰 が いよ う が 気 に なら ない か

待て よ ボブ

おせ ぇ よ ジョン

俺 って 超 格好いい だ ろ う

ああ 俺 の 次に な

冗談 言って ん じゃ ねぇ よ 行く ぜ

キャシー しっかり !

今 助ける 頑張れ

レーチェル 貴方 だけ でも 逃げる の よ …

そんな … っ キャシー

やめろ ー っ

い や ー っ

なんで そこ まで ズレ てる ん だ

もし かして 悪役 に 感情 移入 する タイプ か

おまえ … っ 裏切った な …

信じる おまえ が バカ な ん だ よ

まさか 新た な 敵 が …

まさか この 人 … 誰 が やら れ て も 楽しい の か

お 別れ の 時 が 来 た よう だ な

私 たち は 良く 頑張った わ よ ね

まさか ボブ が この 星 の 人間 じゃ なかった なんて …

見 て 私 たち の ホーム が 見え て き た わ

ちょ っ 瀬尾 先輩

待て よ … この 状況 から 起きる と かなり 恥ずかしい の で は

いや … や っち まっ た ぜ

ちょっと 見 て み たい

くつろぎ 始め た

い ー や ー 面白かった な ー

そう です ね 特に ラスト の キャシー の セリフ が もう 格好良く て …

キャシー って 誰 だ っけ 着 ぶ くれ て た お っ さん

ヒロイン です よ

それ より アレ 凄かった よ な 宇宙 人 の モナルッポ

あいつ マジ で 輝き まくって た けど 次回 作 出 て くん ねぇ か な ー

モナルッポ なんて い まし た っけ

おまえ ちゃん と 見 て た の か ?

納得 いか ない

先輩 … 俺 達 同じ 映画 見 て た ん です よ ね …

や っぱ 見 て すぐ 感想 言い合え る って の は いい よ な

なぁ 少し 話し てこ う ぜ いい だ ろ

俺 で 良 けれ ば 付き合い ます けど …

で さ あの 時 ドロー って いって ドバドバー って 血 で て さ

みんな ぐちゃぐちゃ に なった ろ

それ から でろ でろ ー と なって バン って 吹き飛 ん だ ところ と か さ

って 落ち た の が ベッチャア って ほんと ベッチャア って

マジ お もし れ ー もん な

もう 先輩 黙って て !

もう 今日 来る ん じゃ なかった

なん だ よ わかった よ 次 は 別 の ヤツ 誘う から よ

それ は それ で なんとなく … 微妙 に 気 に 入ら ない よう な …

実は 女 友達 全員 に 断ら れ た 絶叫 遊園地 の チケット が ある ん だ けど よ

おまえ の 代わり に バスケ 部 の 田中 か 山村 誘う わ

待て 田中 は 酔い やすい し 山村 は 彼女 持ち な ん です けど

ベスト チョイス だ ろ スリル 2 倍

俺 俺 が 代わり に 付き合い ます から やめ て あげて

アンタ なんか に 付き合う ん じゃ なかった もう 散々 よ

わかった よ じゃあ 次 は 他の ヤツ 誘う こと に する

な っ 何 それ … だったら 私 が 付き合う わ よ

あれ … ? 私 何 言って る の … ?

こいつ の こと なんか 大 ッ 嫌い な ハズ な のに …

嫌って る はず な のに 焦っちゃ う

これ は もう 恋 が 始まって る って こと です か 夢野 先生

多分 勘違い だ と 思う

その 場 の 空気 に のま れ た だけ だ ろ う きっと

なんで この 二 人 に は 常に ネガティブ な の 野崎 くん

私 は 応援 し てる けど な

頑張って

いつも 電話 で 励まし て くれる あなた は … 一体 誰 な の …

若松

何 してん だ

堀 先輩 実は 今 声楽 部 を 調べ て まし て

声楽 部 ? なんで また

知って ます 声楽 部 の ローレライ って

いや ローレライ か

いえ ちょっと 聞い て み た だけ な の で 先輩 に まで 手伝って いただく 訳 に は …

どれ が 格好いい と 思う

何 対抗 し てる ん です か

正体 確かめ たい なら 直接 行って みりゃ い い ん じゃ ねぇ の

い や ー 俺 声楽 部 に なんて 知り合い い ませ ん し 女 の 人 ばっかり だ し

ちょっと 行って くる

すいません

凄い なんて 頼り に なる ん だ 先輩

邪魔 し て 悪かった な

ど … どう で し た

次 の 劇 ミュージカル も いい な

この 人 目的 忘れ てる

鹿島 くん どう し た の

千 代 ちゃん

実は さっき 部長 に さ …

鹿島 次 の 劇 は ミュージカル に 挑戦 し て みよ う ぜ

おまえ 歌って 踊って 綱 渡 って バク 転 し て 火 の 輪 くぐり も できる よ な

… って 言わ れ て

それ は 本当 に ミュージカル な の

歌 以外 なら どうにか なる と 思う ん だ けど …

どうにか なる の か

もし かして 鹿島 くん って

は ぁ 私 が 音痴 ?

そんな こと ない よ 嫌 だ な もう 千 代 ちゃん は

鹿島 くん それ 野崎 くん …

そう だ よ 私 は 音痴 です よ

がっかり し た がっかり し てるよ ね

いや 別に …

じゃ 誰 か 歌 の 上手い 人 に

歌 を 教え て 欲しい

じゃ 「 どうか 教え て ください 瀬尾 様 」 って 頭 を 下げ て 教え を 乞 え よ

結 月 もう …

わるい わるい よく 似 た よう な こと 頼ま れ っ から よ

こう 言え ば 大体 諦める

いや な 慣れ だ な

土下座 すれ ば いい の か な

こっち も いや な 慣れ だ な

とりあえず 歌って 見ろ 聞い て 判断 す っ から

じゃ …

春 ~ の ~ 小 ~ 川 ~ は ~ さ ~…

だいたい 分かった

マジ や ベー なぁ

お前 も 聞け よ

今 すぐ 諦める の と

一 年 びっしり 練習 し た 後 諦める の どっち が いい

もっと 希望 の ある 選択肢 くれよ

別に 物 凄く 上手 に なり たい って わけ じゃ なく て さ

堀 先輩 が ちょっと 下手 だ なって 笑える レベル に なれ れ ば いい ん だ けど

先輩 が ミュージカル 大嫌い に なる よう に 仕向ける の と

そんな 記憶 なかった こと に する の

どっち が いい

どっち が いい

先輩 を どうにか し た ほう が 早い の

瀬尾 先輩 だ

そう いえ ば あの 人 も 声楽 部 だった な

ローレライ さん ほど じゃ ない に し て も

もしかしたら あの 人 も 歌 だけ は 上手かったり する の か な

それ じゃ 行く ぞ せ ー の ー

ど … どう し た 若松

あまり に も あの 人 可哀想 すぎ ます

部活 でも あんな なんて …

月刊 少女 野崎 君

月刊 少女 野崎 君

明日 から 芝居 の 稽古 な ん だ が

ミュージカル です か

いや 今回 は 何時も 通り だ けど

役者 の 一 人 が 骨折 し ち まって な そい つ の 変わり に 俺 が 出る こと に なった

珍しい です ね

見 に 行って も いい です か

別に いい ぞ

よし じゃ はじめる ぞ

鹿島 君 ご機嫌 だ ね

部長 の 演技 久しぶり に 見 られる から ね

鹿島 君 すごく 嬉し そう

なんだか こっち まで 嬉しく なって き ちゃ う な

父 の 仇 ~

姫 よ 泣か ない で ~

心 は 何時まで も 共に あなた と ~

真面目 に やれ

じゃ 次 王子 の 友人 だった ルドルフ が 襲って くる 場面 から

き た ー

待ち な 王子 私 が 相手 だ

君 の 彼女 へ の 愛 と や ら を ここ で 見せ て もら お う か

悪い 顔 し てる な 先輩

ダメ だ 顔 ニヤ けた ら 怒ら れる

抑え なきゃ 睨 ん で 睨 ん で

君 と は 戦い たく なかった よ ルドルフ

おい 王子 悪人 面 してん ぞ

いざ 尋常 に

勝負

さすが 劇 が 始まる と 鹿島 くん 完璧 に 王子 様 だ ね

きっと 毎日 の 練習 で 動き が 体 に 染み 付い て いる ん だ ろ う な

何で だ ろ う ここ で 倒さ なきゃ いけない のに

どうして も 先輩 に とどめ が さ せ ない

くそ 何で だ やら れ なきゃ いけない って 分かって ん の に

こいつ の 足 掴 ん で ぶん 投げ て ぇ

はい そこ まで

堀 ちゃん と 王子 相性 悪 すぎる よ

ほか に 代 役立て た ほう が いい ん じゃ ない です か

代役 っ つ っ て も なぁ そう 簡単 に …

野崎 野崎 は どう だ ルドルフ

俺 です か

何といっても こいつ こそ この シナリオ を 書 い た 張本人

誰 より も この 話 を 理解 し

誰 より も 全 キャラクター へ の 愛情 が 深い はず

こんな モブ い まし た っけ

私 の 剣 を 受け て みろ ー

めちゃくちゃ 棒読み だ

やら れ た ー

物 凄く 下手 だ

私 ルドルフ に は 故郷 に 残し て き た 妹 が い た の だ が

あいつ に 何と 言え ば いい の か

新しい 設定 作 ん な

次回 妹 ルーシー が 兄 の 仇 を 討つ ため 王子 に 挑む

スピン オフ さ せ ん な

ちょっと 待って ください 制服 の まま な の が 悪い ん だ と 思い ます

衣装 を 着 れ ば 俺 も 役 に 入り 込める と 思う ん です

しょうが ねぇ な 着替え て こい よ

野崎 君 の 衣装 姿

着 られる サイズ これ しか なかった

より に よって あんな 格好 に なる なんて …

期待 し て た のに 残念 だった よ ね

あれ じゃ 顔 が 見え ない

見 たい か

こんな ん だ よ

先輩 これ どう やって 構え れ ば いい ん です か

選択 体育 で やった こと ある だ ろ そんな 感じ で

さ ぁ 構えろ ルドルフ

野崎 君 の 選択 体育 は 柔道 です よ

すげ ー 熊 っぽい なぁ

なんか お前 ら の 知り合い に い ない か

目立つ こと が 好き で 度胸 が ある やつ と か

思いつき ませ ん ね

い て も 今 すぐ って 頼み にくい です よ ね

むこう の 都合 も あり ます し

そう か …

こういう 時 調子 いい こと 言ったら すぐ ノ って くれ そう な

騙し やすく て ちょ ろ そう な や つが い れ ば いい のに なぁ

ち ょ … ち ょ え …

それ は いる の か

俺 が 劇 ! ? 無理 に 決まって ん だ ろ ふざけ ん な

みこ りん すごく 似合って る よ

写真 撮って も いい か

さすが 私 の 認め た ライバル だ ね

おいおい やめろ よ

って のせ られ て たまる か お前 ら バカ じゃ ねぇ の

こんな 見え見え の 手 に ノ る やつ が どこ に い ん だ よ

みこ りん そっち の 構え の ほう が かっこいい よ

こう か

王子 も 霞 む ポーズ だ よ 御子柴

さすが よう みこ りん

かっこいい かっこいい

御子柴 いい よ その 調子

堀 ちゃん 何 見 てる の

いや なんか あいつ ど っか で 見 た なって

鹿島 君 の 友達 だ から じゃ ない の 僕 も よく 見る よ

それ は 知って ん だ けど

もっと こ う よく 知って る やつ に 似 てる って いう か

妙に 努力 家 で

すぐ 恥ずかし がって

すぐ へ こん で よく 悩む

マミコ だ

大体 覚え た みたい だ し ちょっと 通し て やって みよ う か

王子 が 勝つ って 分かって て も 思わず 応援 し ちゃ い ます ね

王子 頑張れ

そう だ よ な あれ は マミコ じゃ なく て 御子柴 だ

危なっかしい な

そう じゃ ねぇ だ ろ もっと 腰 入れ て

よし そこ で 一 歩 踏み込 ん で

そこ だ 王子 なんか ぶ っ 潰せ

何 言って ん す か 部長

はい そこ は い

これ つけ ない

こっち だ よ ね

そっち も いい ね

でしょう こっち の ほう が …

いや 一 時 は どう なる こと か と 思った けど

いい 人 が 手伝って くれ て よかった です ね

で お前 は 何で 拗ね て ん だ 鹿島

別に

先輩 が 私 より 御子柴 を 応援 する なんて

もし かして すごく 気 に 入って たり

いや そんな こと は ない はず だ

やる じゃ ねぇ か マミ … 子 柴

あの 台詞 と か よかった ぜ マミ … 子 柴

なんか 名前 何度 も 間違え てる し

ありがとう な マミ … 子 柴

今日 も 御子柴 と 稽古 する ん です か

昨日 約束 取り付け とい た

明日 も 頼め る か

いい です よ

慣れる と 話し やすい な あいつ

すみません 御子柴 は …

一 日 経ったら 元 に 戻った ので

もう 一 度 最初 から 慣らし て ください

鹿島 や っぱ 俺 出る わ 練習 する ぞ

彼 氏 が 超 怒って さ

つ ー か その 携帯 見 てる お前 も どう か と 思う ぞ

だって 疚 しい こと ある から ロック かけ てん じゃ ん

二 股 と か その 根性 を 評価 する べき

マジ な いわ

先輩 に も きっと どこ か いい ところ が ある はず だ

昨日 帰り に 仲直り し た ん だ

よかった じゃ ん

けど 今朝 彼 氏 が 手 繋 い で 先輩 と 歩 い てる とこ 見 た よ

なんで そういう こと 言う の どこ で 見 た の それ

どこ だ どこ に ある ん だ

最近 若松 が 瀬尾 先輩 に 熱い 視線 送って る ん だ けど

マジ か よ あの 人 の いったい どこ に 惚れ た ん だ

今度 聞い て みよ う ぜ

だから 一 人 の つま ん ねぇ 男 取り合って も 仕方 ねぇ だ ろ

もっと いい 男 捜せ よ

瀬尾 先生 歌 の 指導 宜しく お 願い し ます

って ちょっと 先生 聞い てる の

耳 栓 取る の 忘れ て た わ

わかん ない けど お楽しみ に



Want to learn a language?


Learn from this text and thousands like it on LingQ.

  • A vast library of audio lessons, all with matching text
  • Revolutionary learning tools
  • A global, interactive learning community.

LingQでオンライン語学学習

使え ば

な … 何 よ … バカ …

以前 描 い た 雨 の 話 の 反応 が 妙に 良く

剣 さん に サブ キャラ の 話 を 勧め られ て しまった

だが あの キャラ の モデル は 若松 と 瀬尾

このまま 関係 を 進め て しまう の は いかが な もの か

いや 別に 話 が 思いつか ない と か

デート の 想像 が でき ない と か そういう 訳 で は ない の だ が …

野崎 先輩 瀬尾 先輩 に 映画 の チケット 貰った ん です けど どう すれ ば …

絶対 に 行く べき だ と 思う

後 で 感想 教え て

野崎 先輩 なら 止め て くれる か と 思った けど

やっぱり 敵 前 逃亡 は カッコ悪い って こと かな さすが 先輩

でも こういう 場合 どう すれ ば 勝った って ことに …

あー ら 何 その 庶民 の 格好

私服 に なる と ますます イモ 臭い わ ね

悔しい … これ じゃ 私 引き立て 役 じゃ ない

この 負け 犬 が

これ だ !

おいおい 若 今日 は 気張って ん なぁ

そんなに 楽しみ だった の か

違 っ …

これ これ なんか 最後 め っちゃ 感動 する らしい

どう 見 て も B 級 です けど

そういう の が 意外 と おも し れ ん じゃ ねぇ か

ま ぁ 付き合い ます よ

もう 開場 し てる

瀬尾 先輩 でも 映画 と か 見る ん です ね

ま ぁ たまに なぁ

そう いえ ば 映画 館 って どっち の 肘 置き を 使え ば いい の か

ちょっと 考え ちゃ ったり し ませ ん

右手 か 左手 か

そう か そんな こと 考え た こと ねぇ なぁ

こっち は 俺 の 肘 置き です って

そ っか 悪い な うっかり うっかり

そう だ ジュース を 置 い て 自分 の 位置 を 主張 しよ う

先輩 の 分 まで 買っちゃ ダメ だった

今度 は ポップコーン を 一 個 だけ 買って き た ぞ

そろそろ 始まる ぞ 若 左右 空席 で 良かった な

ま ぁ 映画 が 始まっちゃ え ば 隣 に 誰 が いよ う が 気 に なら ない か

待て よ ボブ

おせ ぇ よ ジョン

俺 って 超 格好いい だ ろ う

ああ 俺 の 次に な

冗談 言って ん じゃ ねぇ よ 行く ぜ

キャシー しっかり !

今 助ける 頑張れ

レーチェル 貴方 だけ でも 逃げる の よ …

そんな … っ キャシー

やめろ ー っ

い や ー っ

なんで そこ まで ズレ てる ん だ

もし かして 悪役 に 感情 移入 する タイプ か

おまえ … っ 裏切った な …

信じる おまえ が バカ な ん だ よ

まさか 新た な 敵 が …

まさか この 人 … 誰 が やら れ て も 楽しい の か

お 別れ の 時 が 来 た よう だ な

私 たち は 良く 頑張った わ よ ね

まさか ボブ が この 星 の 人間 じゃ なかった なんて …

見 て 私 たち の ホーム が 見え て き た わ

ちょ っ 瀬尾 先輩

待て よ … この 状況 から 起きる と かなり 恥ずかしい の で は

いや … や っち まっ た ぜ

ちょっと 見 て み たい

くつろぎ 始め た

い ー や ー 面白かった な ー

そう です ね 特に ラスト の キャシー の セリフ が もう 格好良く て …

キャシー って 誰 だ っけ 着 ぶ くれ て た お っ さん

ヒロイン です よ

それ より アレ 凄かった よ な 宇宙 人 の モナルッポ

あいつ マジ で 輝き まくって た けど 次回 作 出 て くん ねぇ か な ー

モナルッポ なんて い まし た っけ

おまえ ちゃん と 見 て た の か ?

納得 いか ない

先輩 … 俺 達 同じ 映画 見 て た ん です よ ね …

や っぱ 見 て すぐ 感想 言い合え る って の は いい よ な

なぁ 少し 話し てこ う ぜ いい だ ろ

俺 で 良 けれ ば 付き合い ます けど …

で さ あの 時 ドロー って いって ドバドバー って 血 で て さ

みんな ぐちゃぐちゃ に なった ろ

それ から でろ でろ ー と なって バン って 吹き飛 ん だ ところ と か さ

って 落ち た の が ベッチャア って ほんと ベッチャア って

マジ お もし れ ー もん な

もう 先輩 黙って て !

もう 今日 来る ん じゃ なかった

なん だ よ わかった よ 次 は 別 の ヤツ 誘う から よ

それ は それ で なんとなく … 微妙 に 気 に 入ら ない よう な …

実は 女 友達 全員 に 断ら れ た 絶叫 遊園地 の チケット が ある ん だ けど よ

おまえ の 代わり に バスケ 部 の 田中 か 山村 誘う わ

待て 田中 は 酔い やすい し 山村 は 彼女 持ち な ん です けど

ベスト チョイス だ ろ スリル 2 倍

俺 俺 が 代わり に 付き合い ます から やめ て あげて

アンタ なんか に 付き合う ん じゃ なかった もう 散々 よ

わかった よ じゃあ 次 は 他の ヤツ 誘う こと に する

な っ 何 それ … だったら 私 が 付き合う わ よ

あれ … ? 私 何 言って る の … ?

こいつ の こと なんか 大 ッ 嫌い な ハズ な のに …

嫌って る はず な のに 焦っちゃ う

これ は もう 恋 が 始まって る って こと です か 夢野 先生

多分 勘違い だ と 思う

その 場 の 空気 に のま れ た だけ だ ろ う きっと

なんで この 二 人 に は 常に ネガティブ な の 野崎 くん

私 は 応援 し てる けど な

頑張って

いつも 電話 で 励まし て くれる あなた は … 一体 誰 な の …

若松

何 してん だ

堀 先輩 実は 今 声楽 部 を 調べ て まし て

声楽 部 ? なんで また

知って ます 声楽 部 の ローレライ って

いや ローレライ か

いえ ちょっと 聞い て み た だけ な の で 先輩 に まで 手伝って いただく 訳 に は …

どれ が 格好いい と 思う

何 対抗 し てる ん です か

正体 確かめ たい なら 直接 行って みりゃ い い ん じゃ ねぇ の

い や ー 俺 声楽 部 に なんて 知り合い い ませ ん し 女 の 人 ばっかり だ し

ちょっと 行って くる

すいません

凄い なんて 頼り に なる ん だ 先輩

邪魔 し て 悪かった な

ど … どう で し た

次 の 劇 ミュージカル も いい な

この 人 目的 忘れ てる

鹿島 くん どう し た の

千 代 ちゃん

実は さっき 部長 に さ …

鹿島 次 の 劇 は ミュージカル に 挑戦 し て みよ う ぜ

おまえ 歌って 踊って 綱 渡 って バク 転 し て 火 の 輪 くぐり も できる よ な

… って 言わ れ て

それ は 本当 に ミュージカル な の

歌 以外 なら どうにか なる と 思う ん だ けど …

どうにか なる の か

もし かして 鹿島 くん って

は ぁ 私 が 音痴 ?

そんな こと ない よ 嫌 だ な もう 千 代 ちゃん は

鹿島 くん それ 野崎 くん …

そう だ よ 私 は 音痴 です よ

がっかり し た がっかり し てるよ ね

いや 別に …

じゃ 誰 か 歌 の 上手い 人 に

歌 を 教え て 欲しい

じゃ 「 どうか 教え て ください 瀬尾 様 」 って 頭 を 下げ て 教え を 乞 え よ

結 月 もう …

わるい わるい よく 似 た よう な こと 頼ま れ っ から よ

こう 言え ば 大体 諦める

いや な 慣れ だ な

土下座 すれ ば いい の か な

こっち も いや な 慣れ だ な

とりあえず 歌って 見ろ 聞い て 判断 す っ から

じゃ …

春 ~ の ~ 小 ~ 川 ~ は ~ さ ~…

だいたい 分かった

マジ や ベー なぁ

お前 も 聞け よ

今 すぐ 諦める の と

一 年 びっしり 練習 し た 後 諦める の どっち が いい

もっと 希望 の ある 選択肢 くれよ

別に 物 凄く 上手 に なり たい って わけ じゃ なく て さ

堀 先輩 が ちょっと 下手 だ なって 笑える レベル に なれ れ ば いい ん だ けど

先輩 が ミュージカル 大嫌い に なる よう に 仕向ける の と

そんな 記憶 なかった こと に する の

どっち が いい

どっち が いい

先輩 を どうにか し た ほう が 早い の

瀬尾 先輩 だ

そう いえ ば あの 人 も 声楽 部 だった な

ローレライ さん ほど じゃ ない に し て も

もしかしたら あの 人 も 歌 だけ は 上手かったり する の か な

それ じゃ 行く ぞ せ ー の ー

ど … どう し た 若松

あまり に も あの 人 可哀想 すぎ ます

部活 でも あんな なんて …

月刊 少女 野崎 君

月刊 少女 野崎 君

明日 から 芝居 の 稽古 な ん だ が

ミュージカル です か

いや 今回 は 何時も 通り だ けど

役者 の 一 人 が 骨折 し ち まって な そい つ の 変わり に 俺 が 出る こと に なった

珍しい です ね

見 に 行って も いい です か

別に いい ぞ

よし じゃ はじめる ぞ

鹿島 君 ご機嫌 だ ね

部長 の 演技 久しぶり に 見 られる から ね

鹿島 君 すごく 嬉し そう

なんだか こっち まで 嬉しく なって き ちゃ う な

父 の 仇 ~

姫 よ 泣か ない で ~

心 は 何時まで も 共に あなた と ~

真面目 に やれ

じゃ 次 王子 の 友人 だった ルドルフ が 襲って くる 場面 から

き た ー

待ち な 王子 私 が 相手 だ

君 の 彼女 へ の 愛 と や ら を ここ で 見せ て もら お う か

悪い 顔 し てる な 先輩

ダメ だ 顔 ニヤ けた ら 怒ら れる

抑え なきゃ 睨 ん で 睨 ん で

君 と は 戦い たく なかった よ ルドルフ

おい 王子 悪人 面 してん ぞ

いざ 尋常 に

勝負

さすが 劇 が 始まる と 鹿島 くん 完璧 に 王子 様 だ ね

きっと 毎日 の 練習 で 動き が 体 に 染み 付い て いる ん だ ろ う な

何で だ ろ う ここ で 倒さ なきゃ いけない のに

どうして も 先輩 に とどめ が さ せ ない

くそ 何で だ やら れ なきゃ いけない って 分かって ん の に

こいつ の 足 掴 ん で ぶん 投げ て ぇ

はい そこ まで

堀 ちゃん と 王子 相性 悪 すぎる よ

ほか に 代 役立て た ほう が いい ん じゃ ない です か

代役 っ つ っ て も なぁ そう 簡単 に …

野崎 野崎 は どう だ ルドルフ

俺 です か

何といっても こいつ こそ この シナリオ を 書 い た 張本人

誰 より も この 話 を 理解 し

誰 より も 全 キャラクター へ の 愛情 が 深い はず

こんな モブ い まし た っけ

私 の 剣 を 受け て みろ ー

めちゃくちゃ 棒読み だ

やら れ た ー

物 凄く 下手 だ

私 ルドルフ に は 故郷 に 残し て き た 妹 が い た の だ が

あいつ に 何と 言え ば いい の か

新しい 設定 作 ん な

次回 妹 ルーシー が 兄 の 仇 を 討つ ため 王子 に 挑む

スピン オフ さ せ ん な

ちょっと 待って ください 制服 の まま な の が 悪い ん だ と 思い ます

衣装 を 着 れ ば 俺 も 役 に 入り 込める と 思う ん です

しょうが ねぇ な 着替え て こい よ

野崎 君 の 衣装 姿

着 られる サイズ これ しか なかった

より に よって あんな 格好 に なる なんて …

期待 し て た のに 残念 だった よ ね

あれ じゃ 顔 が 見え ない

見 たい か

こんな ん だ よ

先輩 これ どう やって 構え れ ば いい ん です か

選択 体育 で やった こと ある だ ろ そんな 感じ で

さ ぁ 構えろ ルドルフ

野崎 君 の 選択 体育 は 柔道 です よ

すげ ー 熊 っぽい なぁ

なんか お前 ら の 知り合い に い ない か

目立つ こと が 好き で 度胸 が ある やつ と か

思いつき ませ ん ね

い て も 今 すぐ って 頼み にくい です よ ね

むこう の 都合 も あり ます し

そう か …

こういう 時 調子 いい こと 言ったら すぐ ノ って くれ そう な

騙し やすく て ちょ ろ そう な や つが い れ ば いい のに なぁ

ち ょ … ち ょ え …

それ は いる の か

俺 が 劇 ! ? 無理 に 決まって ん だ ろ ふざけ ん な

みこ りん すごく 似合って る よ

写真 撮って も いい か

さすが 私 の 認め た ライバル だ ね

おいおい やめろ よ

って のせ られ て たまる か お前 ら バカ じゃ ねぇ の

こんな 見え見え の 手 に ノ る やつ が どこ に い ん だ よ

みこ りん そっち の 構え の ほう が かっこいい よ

こう か

王子 も 霞 む ポーズ だ よ 御子柴

さすが よう みこ りん

かっこいい かっこいい

御子柴 いい よ その 調子

堀 ちゃん 何 見 てる の

いや なんか あいつ ど っか で 見 た なって

鹿島 君 の 友達 だ から じゃ ない の 僕 も よく 見る よ

それ は 知って ん だ けど

もっと こ う よく 知って る やつ に 似 てる って いう か

妙に 努力 家 で

すぐ 恥ずかし がって

すぐ へ こん で よく 悩む

マミコ だ

大体 覚え た みたい だ し ちょっと 通し て やって みよ う か

王子 が 勝つ って 分かって て も 思わず 応援 し ちゃ い ます ね

王子 頑張れ

そう だ よ な あれ は マミコ じゃ なく て 御子柴 だ

危なっかしい な

そう じゃ ねぇ だ ろ もっと 腰 入れ て

よし そこ で 一 歩 踏み込 ん で

そこ だ 王子 なんか ぶ っ 潰せ

何 言って ん す か 部長

はい そこ は い

これ つけ ない

こっち だ よ ね

そっち も いい ね

でしょう こっち の ほう が …

いや 一 時 は どう なる こと か と 思った けど

いい 人 が 手伝って くれ て よかった です ね

で お前 は 何で 拗ね て ん だ 鹿島

別に

先輩 が 私 より 御子柴 を 応援 する なんて

もし かして すごく 気 に 入って たり

いや そんな こと は ない はず だ

やる じゃ ねぇ か マミ … 子 柴

あの 台詞 と か よかった ぜ マミ … 子 柴

なんか 名前 何度 も 間違え てる し

ありがとう な マミ … 子 柴

今日 も 御子柴 と 稽古 する ん です か

昨日 約束 取り付け とい た

明日 も 頼め る か

いい です よ

慣れる と 話し やすい な あいつ

すみません 御子柴 は …

一 日 経ったら 元 に 戻った ので

もう 一 度 最初 から 慣らし て ください

鹿島 や っぱ 俺 出る わ 練習 する ぞ

彼 氏 が 超 怒って さ

つ ー か その 携帯 見 てる お前 も どう か と 思う ぞ

だって 疚 しい こと ある から ロック かけ てん じゃ ん

二 股 と か その 根性 を 評価 する べき

マジ な いわ

先輩 に も きっと どこ か いい ところ が ある はず だ

昨日 帰り に 仲直り し た ん だ

よかった じゃ ん

けど 今朝 彼 氏 が 手 繋 い で 先輩 と 歩 い てる とこ 見 た よ

なんで そういう こと 言う の どこ で 見 た の それ

どこ だ どこ に ある ん だ

最近 若松 が 瀬尾 先輩 に 熱い 視線 送って る ん だ けど

マジ か よ あの 人 の いったい どこ に 惚れ た ん だ

今度 聞い て みよ う ぜ

だから 一 人 の つま ん ねぇ 男 取り合って も 仕方 ねぇ だ ろ

もっと いい 男 捜せ よ

瀬尾 先生 歌 の 指導 宜しく お 願い し ます

って ちょっと 先生 聞い てる の

耳 栓 取る の 忘れ て た わ

わかん ない けど お楽しみ に


×

LingQをより快適にするためCookieを使用しています。サイトの訪問により同意したと見なされます cookie policy.