image

あの夏で待ってる, Ano Natsu de Matteru Episode 8

ダ っ ダメ

ダ メ

もし あの 時 谷川 さん が 声 を かけ て 来 なかったら

私 きっと

ああ 沖縄 で 惜しかった よ な

あと もう ちょっと

ま う ちょっと

こう

ああ や ば

でも 忘れ て は いけない

私 が この 星 に 来 た の は

また トラブル

り の ん り の ん

もう 何 を し てる ん だ か

頬 を 過ぎる 潮風

君 は 黙って る だけ

本当 は その 横顔

触れ て み たい の に

口付け た 気 が し て た

あれ は そう 夢 の 中

現実 の 境界 を 風 が 触る

何気無い 言葉 で 輝き だし た 日常

いつか 見 た 映画 みたい だ ね

季節 が 巡り 巡って も

僕ら を ずっと 待って る

焦げ た フィルム の よう な 夏 の 薫り

付い て 消え ない 予感

覗 い た レンズ 飛び越え て

その 手 を 掴む から

エーリアン が 送り込 ん だ 巨大 怪獣 メ

MIA ミサイル 発射

なあ 哲郎

俺 ら 何 の 映画 取って る ん だ っけ

俺 に 聞く な よ

お前 さ

この 映画 で 何 回 死 ん でる

それ も 知る か

だ よ な

ご苦労様

少し 休憩 し ませ ん か

はい 石垣 君

アザス ( ありがとう ござい ます )

海人 君 も どうぞ

ありがとう ござい ます

ありがとう ござい ます

う うん 私 洗濯 の 途中 だった

じゃ じゃあ がんばって ね

なんか あったか

何 かって

イチカ 先輩 と

ない よ まだ

まだ

ああ そうだ 俺 カメラ を 持って こ なきゃ

ちょっと 二 階 に

詳しく 聞か せろ

り の ん

そう いえ ば 昨日 は どこ 行って た の

沖縄 行って から 何 か 可 笑 しい わ よ

でも 端末 の 調子 悪い し

ホント に 大丈夫

そう

今日 の 晩 ご飯 は ハンバーグ に しよ う かな

海人 君 の 大 好物 だ し

わ 私 も 好き だ し

り の ん あれ

き キス

バカ 声 が 大きい って の

先輩 が いる ん だ から

し た の か

いや し た って いう か

し そう に なった って いう か

その あと ちょっと と いう か

し て ねえ じゃ ん

ぎりぎり とこ まで は 行った ん だ よ

柑 菜 可愛 そう

デッド エンド 確定 だ な

どう しよう も ない だ ろ う

お前 が 言った こと 本当 か どう かも 分か ん ねえ し

本当 だって 柑 菜 は 海 が 好き な ん だ

お前 さ 俺 と 谷川 を くっつけ させ たい わけ

だったら 悪い

ごめん ください

おう よう こっち こっち

何 やって ん の そんな とこ で

いや 別に

現像 さ れ た フィルム 送ら れ て き た よ

サンキュー

高 感度 フィルム って いう の が 混じって た らしく て

時間 が かかった って

き 北原

その 髪

ああ これ

暑い し イメチェン 込み で 切って み た ん だ けど

可 笑 しい かな

いや 似合って る 似合って る

なあ 哲郎

あ ああ

ホント に

あ ああ

良かった

北原 さん

やっぱり 北原 さん な の 髪 切った ん だ

す っ ごく 似合って る

その 服 も すごく いい

ありがとう ござい ます

ちょっと 待って て すぐ お茶 持っていく から

お構い なく

じゃあ 上がって よ

フィルム さ 特撮 の 部分 だけ テスト で 繋 い で み た ん だ

うん 見る 見る

お邪魔 し まし た

ねえ どれ どれ

今日 は 今日 は 大丈夫 だ から

これ まだ この ちょっと だけ

そ そう

どうか し た

いや 何でもない

うん 何でもない よ

お 待た せ し まし た

今日 は アイス に し て み まし た

は あ すごい

手作り です か

そう 初めて だ から 心配 し た けど

でも すごく すごく

美味し そう です よ

ホント ホント って いう か

アイス 手作り できる ん だ

ねえ

真奈美 先輩 お 久しぶり です

あんた まだ 高校 生 やって ん の

永遠 の 17 歳 です から

あ そう

ここ に いる って こと は 小倉 先輩 と 喧嘩 し た ん です か

あいつ あたし が 買った ゲーム を 先 に クリア し た の よ

しかも 落ち まで 喋って くれ ちゃ って さ

相変わらず 仲 が よろしく て

どこ が

それ より 何 用 事 って

これ を

見事 に 拗れ てる わ ね

そこ で 先輩 に 協力 し て ほしい こと が ある ん です

何 企 ん で ん の よ

じゃあ また

うん

気 を つけ て な

なんか 美 桜 変わった よ ね

髪 型 だけ じゃ なく て

そう だ な

理由 聞い て も 何となく って 言わ れる だけ な の

哲郎 知って る

柑 菜 に 分か ん ねえ こと が 俺 に 分かる か よ

まあ そりゃ そう か

海人 君 も なんか 変わった

そう か

分かっちゃ う ん だ

あの よ

す っご い 楽しみ だ よ ね

明後日 お祭り でしょ う

そう だ 去年 み たい に 皆 で 一緒 に 行 こ う

貴 月 先輩 や 檸檬 先輩 も 誘って

あ ああ

実は ね 美 桜 の お 母さん に 浴衣 を 作って もらった ん だ

お そろい な

帯 が ピンク 色 で ね すごく 可愛い の

そう か そう か

だから 女の子 の 髪 を かる かる しく 触る な

そう か そう か

だから 触る な

そう か そう か

もう

これ が 出会い だった ん だ よ な

この 時 多分 俺 は もう

なん だ こりゃ

これ 夜空

あの 時 の か

や っぱ ほとんど 映って

これ

海人 君 ご飯 でき た わ よ

はい

よし

おせ え な 何 やって ん だ

哲郎

おう それ が 例の 浴衣 か

うん いい じゃ ねえ

馬子 に も

い た ああ ああ

それ 以上 言ったら 殺す

クソ あいつ

もう 少し 素直 に なった ほう が いい と 思う

十分 素直 だ ろ う

そう じゃ な い と 伝わら ない よ

お 待た せ

ごめんなさい 着 慣れ て ない から 手間取って しまって

おう 色っぽい っす ね

先輩

ホント 素敵 です

そ そう かな

また 姉ちゃん の なん だ けど ね

着付け と か 大丈夫 で し た

また この 展開

ち ょ 何 する の よ

皆 揃った し

早く 行 こ う ぜ

だ な

行き ま しょ う か

だから 頭 触 ん なって 言って る でしょ う

は あ こ これ が お祭り

じゃあ 人通り グル っと 回って

何 言って ん の 海人 君

お祭り の 醍醐味 と いえ ば あれ でしょ う

うん あれ だ ね

あれ

これ で ~ す

さ 食べ て み て ください

何 これ

し ゅ て き

シュテキ

ああ し ゅ て き お祭り って し ゅ て き

すげ え テンション だ な

ホント

し ゅ て き

先輩 次 見 たい ところ あり ます か

ええ そんな どれ も し ゅ て き だ から

こんばん は

檸檬 先輩

夏 祭り を 満喫 し て いる よう ね

そう な の よ 檸檬

お祭り って す っ ごく し ゅ て き で

いいえ まだ よ

まだ

本当 に 夏 祭り を 満喫 し きった と は 言え ない わ

まだ 何 が ある の

何 です

それ は ね

肝 試し よ

肝 試し って 何

いや 何 って いう か

簡単 な ゲーム よ

あの 階段 を 登って 行って

頂上 に ある お 堂 に

お札 を お供え し て 帰って くる だけ

うん うん

あ あの 私 怖い の は ちょっと

大丈夫 よ くじ引き で ペア を 決める から

海人 君

海人 君

ぜひ やり ま しょ う

その き に なって くれ て 嬉しい わ

では

か 神様 ありがとう ござい ます

あと は タイミング を 見計らって

ご ごめん なんか 虫 が 当たった みたい で

で ご ホント ごめん な

思って た の と は 違う けど

あ 行 こ う か

これ は これ で アリ

何も い ねえ って

で でも なんか 見え た し

い ねえ よ

でも でも

お化け 幽霊 死 ん だ 人間 の 魂

現世 を さまよって いる 様

伝承 や 目撃 情報 は ある が

科学 的 に は 実証 さ れ て い ない

要するに 人間 の 恐怖 心 や 迷信 が 作り出し た

想像 上 の 存在

でしょう

檸 檬

ごめんなさい ごめんなさい

素敵 な 反応 よ イチカ

さて 次 は

おい 終了 ほら なんとも なかった ろ う

う うん

さ 帰る か

ごめん ね

一緒 に いる の が 私 で

ホント は

な お前 さ

その 髪

な 何

いや なんか

いや あ ああ ああ

今 の は 哲郎 たち だ よ な

大丈夫

ご ごめん

ちょっと だけ

あ ああ

み 皆 大丈夫 かな

な 何 だった の 今 の 声

もう どこ 行った の よ 檸檬

わ わるい

ちょっと 大丈夫

ごめん ね そんなに 驚く なんて

失礼 ね

あたし よ あたし

ね 姉ちゃん ? ( 真奈美 さん )

何 考え て ん だ よ あんた

えっ と 肝 試し に 協力

ざ けん な よ もう

もう そんなに 怒 ん な よ

ごめん ね 美 桜 ちゃん

まあ いいえ その

ごめん じゃ ねえ よ

だから 謝った でしょ う

ナイス です 真奈美 先輩

えっ と 谷川 そろそろ その

海 君 私 私 ね

谷 川

檸 檸檬

どこ

私 私 ね

誰 か 海人 君

今 の は

これ

谷川 そこ 動か ない で

ち ょ ちょっと

海人 君

柑 菜

今 の は 貴 月 先輩 の 声 だ よ ね

霧島 君 は

柑 菜

先輩

ごめん ください ごめん ください

り の ん なんで

何 謝って

え 救難 信号 が 自動 発信

解除 不能 って

どうして そんな 大切 な こと

それ で その 救助 は いつ

な 何 だ

れ 連盟 の 無人 救助 機

待って

違う ん だ

救難 信号 が 間違え て

私 は まだ この 星 で やり 残し た こと が

り の ん 私 を ジャンプ さ せ て

リン ゲージ の アンチ フィールド

そんな

先輩

海人 君

な 何 な ん だ あいつ

り の ん リンナ を 呼べ る

先輩 何 やって る ん です

はやく

海人 君 は このまま 逃げ て

なんで

いい から 逃げ て

そんな こと できる わけない でしょ う

いう こと を 聞い て

お 願い

そんな こと あっ 先輩

海人 君

好き な 人 見捨て て 逃げ られる わけない って

今 の うち に

リンナ

な 何 だ こりゃ

り の ん

先輩

先輩

ちょっと 何 な の よ もう

あれ これ って 知って る

海人 君

先輩

何 だ これ

いったい これ

ごめんなさい * N

探し て い た 好き に なる 理由 を

もっとも 嬉しい 言葉 だ と か

気づ い た 時 糸 は もう ずれ 合って

片 結び は ひどく なって た

躊躇 わ ない で 逃げ た の なら

君 は もう 永 ら え ん の

雲 の 形 突き抜ける

思い の 衝動 映画

漂う 真夏 の 香り に

何度 も 思い出し て いる

貴方 くれ た 奇跡 だけ

夕立 の よう に ポツリ と

色 を 染み 出し て い た

そんな 先輩 が 宇宙 人 だ なんて

改めて よく 見る と

背中 に チャック ついて る

まさか

中身 は

わ わ わ あ ああ ああ



Want to learn a language?


Learn from this text and thousands like it on LingQ.

  • A vast library of audio lessons, all with matching text
  • Revolutionary learning tools
  • A global, interactive learning community.

LingQでオンライン語学学習

ダ っ ダメ

ダ メ

もし あの 時 谷川 さん が 声 を かけ て 来 なかったら

私 きっと

ああ 沖縄 で 惜しかった よ な

あと もう ちょっと

ま う ちょっと

こう

ああ や ば

でも 忘れ て は いけない

私 が この 星 に 来 た の は

また トラブル

り の ん り の ん

もう 何 を し てる ん だ か

頬 を 過ぎる 潮風

君 は 黙って る だけ

本当 は その 横顔

触れ て み たい の に

口付け た 気 が し て た

あれ は そう 夢 の 中

現実 の 境界 を 風 が 触る

何気無い 言葉 で 輝き だし た 日常

いつか 見 た 映画 みたい だ ね

季節 が 巡り 巡って も

僕ら を ずっと 待って る

焦げ た フィルム の よう な 夏 の 薫り

付い て 消え ない 予感

覗 い た レンズ 飛び越え て

その 手 を 掴む から

エーリアン が 送り込 ん だ 巨大 怪獣 メ

MIA ミサイル 発射

なあ 哲郎

俺 ら 何 の 映画 取って る ん だ っけ

俺 に 聞く な よ

お前 さ

この 映画 で 何 回 死 ん でる

それ も 知る か

だ よ な

ご苦労様

少し 休憩 し ませ ん か

はい 石垣 君

アザス ( ありがとう ござい ます )

海人 君 も どうぞ

ありがとう ござい ます

ありがとう ござい ます

う うん 私 洗濯 の 途中 だった

じゃ じゃあ がんばって ね

なんか あったか

何 かって

イチカ 先輩 と

ない よ まだ

まだ

ああ そうだ 俺 カメラ を 持って こ なきゃ

ちょっと 二 階 に

詳しく 聞か せろ

り の ん

そう いえ ば 昨日 は どこ 行って た の

沖縄 行って から 何 か 可 笑 しい わ よ

でも 端末 の 調子 悪い し

ホント に 大丈夫

そう

今日 の 晩 ご飯 は ハンバーグ に しよ う かな

海人 君 の 大 好物 だ し

わ 私 も 好き だ し

り の ん あれ

き キス

バカ 声 が 大きい って の

先輩 が いる ん だ から

し た の か

いや し た って いう か

し そう に なった って いう か

その あと ちょっと と いう か

し て ねえ じゃ ん

ぎりぎり とこ まで は 行った ん だ よ

柑 菜 可愛 そう

デッド エンド 確定 だ な

どう しよう も ない だ ろ う

お前 が 言った こと 本当 か どう かも 分か ん ねえ し

本当 だって 柑 菜 は 海 が 好き な ん だ

お前 さ 俺 と 谷川 を くっつけ させ たい わけ

だったら 悪い

ごめん ください

おう よう こっち こっち

何 やって ん の そんな とこ で

いや 別に

現像 さ れ た フィルム 送ら れ て き た よ

サンキュー

高 感度 フィルム って いう の が 混じって た らしく て

時間 が かかった って

き 北原

その 髪

ああ これ

暑い し イメチェン 込み で 切って み た ん だ けど

可 笑 しい かな

いや 似合って る 似合って る

なあ 哲郎

あ ああ

ホント に

あ ああ

良かった

北原 さん

やっぱり 北原 さん な の 髪 切った ん だ

す っ ごく 似合って る

その 服 も すごく いい

ありがとう ござい ます

ちょっと 待って て すぐ お茶 持っていく から

お構い なく

じゃあ 上がって よ

フィルム さ 特撮 の 部分 だけ テスト で 繋 い で み た ん だ

うん 見る 見る

お邪魔 し まし た

ねえ どれ どれ

今日 は 今日 は 大丈夫 だ から

これ まだ この ちょっと だけ

そ そう

どうか し た

いや 何でもない

うん 何でもない よ

お 待た せ し まし た

今日 は アイス に し て み まし た

は あ すごい

手作り です か

そう 初めて だ から 心配 し た けど

でも すごく すごく

美味し そう です よ

ホント ホント って いう か

アイス 手作り できる ん だ

ねえ

真奈美 先輩 お 久しぶり です

あんた まだ 高校 生 やって ん の

永遠 の 17 歳 です から

あ そう

ここ に いる って こと は 小倉 先輩 と 喧嘩 し た ん です か

あいつ あたし が 買った ゲーム を 先 に クリア し た の よ

しかも 落ち まで 喋って くれ ちゃ って さ

相変わらず 仲 が よろしく て

どこ が

それ より 何 用 事 って

これ を

見事 に 拗れ てる わ ね

そこ で 先輩 に 協力 し て ほしい こと が ある ん です

何 企 ん で ん の よ

じゃあ また

うん

気 を つけ て な

なんか 美 桜 変わった よ ね

髪 型 だけ じゃ なく て

そう だ な

理由 聞い て も 何となく って 言わ れる だけ な の

哲郎 知って る

柑 菜 に 分か ん ねえ こと が 俺 に 分かる か よ

まあ そりゃ そう か

海人 君 も なんか 変わった

そう か

分かっちゃ う ん だ

あの よ

す っご い 楽しみ だ よ ね

明後日 お祭り でしょ う

そう だ 去年 み たい に 皆 で 一緒 に 行 こ う

貴 月 先輩 や 檸檬 先輩 も 誘って

あ ああ

実は ね 美 桜 の お 母さん に 浴衣 を 作って もらった ん だ

お そろい な

帯 が ピンク 色 で ね すごく 可愛い の

そう か そう か

だから 女の子 の 髪 を かる かる しく 触る な

そう か そう か

だから 触る な

そう か そう か

もう

これ が 出会い だった ん だ よ な

この 時 多分 俺 は もう

なん だ こりゃ

これ 夜空

あの 時 の か

や っぱ ほとんど 映って

これ

海人 君 ご飯 でき た わ よ

はい

よし

おせ え な 何 やって ん だ

哲郎

おう それ が 例の 浴衣 か

うん いい じゃ ねえ

馬子 に も

い た ああ ああ

それ 以上 言ったら 殺す

クソ あいつ

もう 少し 素直 に なった ほう が いい と 思う

十分 素直 だ ろ う

そう じゃ な い と 伝わら ない よ

お 待た せ

ごめんなさい 着 慣れ て ない から 手間取って しまって

おう 色っぽい っす ね

先輩

ホント 素敵 です

そ そう かな

また 姉ちゃん の なん だ けど ね

着付け と か 大丈夫 で し た

また この 展開

ち ょ 何 する の よ

皆 揃った し

早く 行 こ う ぜ

だ な

行き ま しょ う か

だから 頭 触 ん なって 言って る でしょ う

は あ こ これ が お祭り

じゃあ 人通り グル っと 回って

何 言って ん の 海人 君

お祭り の 醍醐味 と いえ ば あれ でしょ う

うん あれ だ ね

あれ

これ で ~ す

さ 食べ て み て ください

何 これ

し ゅ て き

シュテキ

ああ し ゅ て き お祭り って し ゅ て き

すげ え テンション だ な

ホント

し ゅ て き

先輩 次 見 たい ところ あり ます か

ええ そんな どれ も し ゅ て き だ から

こんばん は

檸檬 先輩

夏 祭り を 満喫 し て いる よう ね

そう な の よ 檸檬

お祭り って す っ ごく し ゅ て き で

いいえ まだ よ

まだ

本当 に 夏 祭り を 満喫 し きった と は 言え ない わ

まだ 何 が ある の

何 です

それ は ね

肝 試し よ

肝 試し って 何

いや 何 って いう か

簡単 な ゲーム よ

あの 階段 を 登って 行って

頂上 に ある お 堂 に

お札 を お供え し て 帰って くる だけ

うん うん

あ あの 私 怖い の は ちょっと

大丈夫 よ くじ引き で ペア を 決める から

海人 君

海人 君

ぜひ やり ま しょ う

その き に なって くれ て 嬉しい わ

では

か 神様 ありがとう ござい ます

あと は タイミング を 見計らって

ご ごめん なんか 虫 が 当たった みたい で

で ご ホント ごめん な

思って た の と は 違う けど

あ 行 こ う か

これ は これ で アリ

何も い ねえ って

で でも なんか 見え た し

い ねえ よ

でも でも

お化け 幽霊 死 ん だ 人間 の 魂

現世 を さまよって いる 様

伝承 や 目撃 情報 は ある が

科学 的 に は 実証 さ れ て い ない

要するに 人間 の 恐怖 心 や 迷信 が 作り出し た

想像 上 の 存在

でしょう

檸 檬

ごめんなさい ごめんなさい

素敵 な 反応 よ イチカ

さて 次 は

おい 終了 ほら なんとも なかった ろ う

う うん

さ 帰る か

ごめん ね

一緒 に いる の が 私 で

ホント は

な お前 さ

その 髪

な 何

いや なんか

いや あ ああ ああ

今 の は 哲郎 たち だ よ な

大丈夫

ご ごめん

ちょっと だけ

あ ああ

み 皆 大丈夫 かな

な 何 だった の 今 の 声

もう どこ 行った の よ 檸檬

わ わるい

ちょっと 大丈夫

ごめん ね そんなに 驚く なんて

失礼 ね

あたし よ あたし

ね 姉ちゃん ? ( 真奈美 さん )

何 考え て ん だ よ あんた

えっ と 肝 試し に 協力

ざ けん な よ もう

もう そんなに 怒 ん な よ

ごめん ね 美 桜 ちゃん

まあ いいえ その

ごめん じゃ ねえ よ

だから 謝った でしょ う

ナイス です 真奈美 先輩

えっ と 谷川 そろそろ その

海 君 私 私 ね

谷 川

檸 檸檬

どこ

私 私 ね

誰 か 海人 君

今 の は

これ

谷川 そこ 動か ない で

ち ょ ちょっと

海人 君

柑 菜

今 の は 貴 月 先輩 の 声 だ よ ね

霧島 君 は

柑 菜

先輩

ごめん ください ごめん ください

り の ん なんで

何 謝って

え 救難 信号 が 自動 発信

解除 不能 って

どうして そんな 大切 な こと

それ で その 救助 は いつ

な 何 だ

れ 連盟 の 無人 救助 機

待って

違う ん だ

救難 信号 が 間違え て

私 は まだ この 星 で やり 残し た こと が

り の ん 私 を ジャンプ さ せ て

リン ゲージ の アンチ フィールド

そんな

先輩

海人 君

な 何 な ん だ あいつ

り の ん リンナ を 呼べ る

先輩 何 やって る ん です

はやく

海人 君 は このまま 逃げ て

なんで

いい から 逃げ て

そんな こと できる わけない でしょ う

いう こと を 聞い て

お 願い

そんな こと あっ 先輩

海人 君

好き な 人 見捨て て 逃げ られる わけない って

今 の うち に

リンナ

な 何 だ こりゃ

り の ん

先輩

先輩

ちょっと 何 な の よ もう

あれ これ って 知って る

海人 君

先輩

何 だ これ

いったい これ

ごめんなさい * N

探し て い た 好き に なる 理由 を

もっとも 嬉しい 言葉 だ と か

気づ い た 時 糸 は もう ずれ 合って

片 結び は ひどく なって た

躊躇 わ ない で 逃げ た の なら

君 は もう 永 ら え ん の

雲 の 形 突き抜ける

思い の 衝動 映画

漂う 真夏 の 香り に

何度 も 思い出し て いる

貴方 くれ た 奇跡 だけ

夕立 の よう に ポツリ と

色 を 染み 出し て い た

そんな 先輩 が 宇宙 人 だ なんて

改めて よく 見る と

背中 に チャック ついて る

まさか

中身 は

わ わ わ あ ああ ああ


×

LingQをより快適にするためCookieを使用しています。サイトの訪問により同意したと見なされます cookie policy.