image

あの夏で待ってる, Ano Natsu de Matteru Episode 7

あの 時 二 人 が どんな 状況 で

どんな 話 を し て い た の か

私 全然 分かって なかった

自分 の 気持ち すら

分かって なかった

先 輩

あ あの う

先輩 これ は です ね

わ 私

ご ごめんなさい

先輩

でも 見て いる の が すごく 嫌 で

貴 月 先輩

あの 時 の 私 は

自分 の 気持ち と 向き合う の が

怖かった の だ

頬 を 過ぎる 潮風

君 は 黙って る だけ

本当 は その 横顔

触れ て み たい の に

口付け た 気 が し て た

あれ は そう 夢 の 中

現実 の 境界 を 風 が 触る

何気無い 言葉 で 輝き だし た 日常

いつか 見 た 映画 みたい だ ね

季節 が 巡り 巡って も

僕ら を ずっと 待って る

焦げ た フィルム の よう な 夏 の 薫り

付い て 消え ない 予感

覗 い た レンズ 飛び越え て

その 手 を 掴む から

哲郎 さん

もう 照れ 屋 さん な ん だ から

って いう か 私 な ん で

ここ まで 来 れ ば もう 大丈夫 だ ろ う

っ つ か あの 子 強 引 過ぎ だって

言わ ない で

お 願い

誰 に も

言わ ない で

な 何 を

哲郎

戻 ろ う ぜ

早く し ない と

檸檬 先輩 に 怒ら れる

あの

私 部屋 に 戻って

ああ そ っか じゃあ 先 に 戻って っ から

やっと 戻って き た

わ 悪い

一体 二 人 で 何 し て た の

そ それ は

演技 に つい て 教え て もらって た ん です

海 ちゃん 完璧 主義 だ から

本当 に

ああ まあ ちょっと した こと な ん だ けど さ

それ より 先輩 は

すみません

遅く なり まし た

遅かった わ ね

何 か あった の

あ ええ 別に 何も

ああ っ つ か それ よ り か イチカ 先輩 は

ここ に いる けど

あれ いつの間に

あの う 先輩 さっき は

撮影 始め ま しょ う

よい スタート

さあ 観念 な さ い

は 話 を 聞い て

あなた は 犯罪 者 な の よ

樹 下 が 急に 泣き出し て

先輩 が いきなり 現れ て

何も 分から ない まま

カメラ 回し て

UFO

なんか ギクシャク し てる な って

どこ どこ どこ に いる の

そこそこ

どこ そこ そこ に ある そこ

このまま じゃ いけない ん じゃ な いか って 思ったり まして

隙 あり

お 願い 見逃し て

だったら 私 の 質問 に 答え なさい

あなた は どうして この 星 に 来 た の そして

そして

そして 本当 の 目的 を

海 ちゃん が 好き な の

な 何 を

カット

ご ごめんなさい

先輩

今 の シーン 角度 変え て もう 一 度 行き ま しょ う

はい

谷川 バック お 願い

美 桜 移る よ

脅かせ ちゃ い まし た

はい

檸檬 先輩 も 手伝って ください よ

あなた は どう な の

今 まさに 映画 の 神 と 交信 し て いる の

海人 君 の

待って 哲郎 さん

あれ 千春

アグレッシブ だ よ ね

有沢 さん だ っけ

あの 子 可愛い し

哲郎 付き合っちゃ え ば いい のに

そんな こと 哲郎 君 に 言っちゃ ダメ だ よ

なんで

どうして も

北原 さん

代わり に レフ 板 持って くれる

わ 分かり まし た

撮影 続ける わ よ

ああ はい

海 ちゃん

可愛く 撮って ね

は いはい

イチカ 準備 は いい

うん 大丈夫

哲郎 君

ここ まで 来 れ ば

どこ まで です か

哲郎 さん

哲郎 は あの まま 戻って こ ない し

美 桜 も 終わった 途端 い なく なっちゃ う し

貴 月 先輩 も い ない し

か 海人 君 いる

失礼 し ます

あれ い ない

霧島 君 なら

さっき そそくさ と 出かけ て 行った わ

恐らく

樹 下 さん の ところ ね

海人 君 やっぱり 樹 下 さん の こと

いいえ それ は ない わ

なんで そう 言い 切れる ん です か

見て い れ ば 分かる もの

霧島 君 の 気持ち

見て い れ ば

ええ

あの よかったら 教え て もらえ ませ ん か

その 気持ち って いう の

ええ ゆっくり と 語り合い ま しょ う

7035 室 の 樹 下 様 は お出かけ に なって おり ます

えっ そう です か

霧島 様 で いらっしゃい ます よ ね

樹 下 様 から 伝言 を お 預かり し て おり ます

遅かった です ね

待って ください 哲郎 さん

つ う か 何 時間 走ら せる ん だ よ 鉄人 か あの 子 は

まって ください

哲郎 君

美 桜

哲郎 君

恥 かし がっちゃ って 哲郎 さん どこ です か

また 助け られ た

ありがとう な 美 桜

お礼 だ よ 黙って て くれ た

な なん だ っけ それ

優しい ね 哲郎 君 は

まあ な

可愛い 女の子 限定 だ けど な

いや その

見つけ た

ええ

ひどい じゃ ない です か 哲郎 さん

にげ まわったり し て

そういう プレー も 嫌い じゃ ない です けど

さ デート の 続き 楽しみ ま しょ う

い 今 まで テート だった の

もちろん です

ダメ ダメ

呼び出し て おい て 遅れ て き て

しかも 黙り です か

ごめんなさい

うまく 考え が まとまら なく て

あの ね ちゃん と 聞い て おき たい って 思って

その 樹 下 さん は 海人 君 の こと を

その どう

好き です よ

って 言ったら どう し ます

か からかって る の

ごめんなさい

ちょっと 羨ま しく て

振ら れ ちゃ った ん です

ええ

ちょっと 何 する の よ

て 哲郎 君 が め 迷惑 し てる と 思って

なんで 迷惑 に なる わけ

ねえ 哲郎 さん

いや あの さ

ほら

けど

分かった

あなた 哲郎 さん の こと 好き な ん でしょ う

あの そ それ は

可 笑 し い ん じゃ ない

あんた なんて 露出 狂 の くせ に

ち ょ おい

私 見 ちゃ った ん だ から

あなた が 飛び込 ん で き た とき

下着 つけ て なかった の

それ って 可 笑 しい よ ね

可 笑 し い でしょ う

きっと あれ よ

下着 も 穿 か ず に 出歩 い て

誰 か に 見 られる こと 想像 し て 楽し ん でる 変態 さん な ん でしょ う

そんな 女の子 に 好か れ た なんて 哲郎 さん は

裸 族 です

私 ら 裸 族 な ん です

ふ ふら 振ら れ た って いう の は その

海人 君 に

違う 違う

東京 の 学校 の 先輩 に

沖縄 に 来 た の は 傷心 旅行 だったり する ん です よ

そう だった の

そ したら

偶然 海 ちゃん と 再会 し て

は しゃい で 彼 氏 に 振ら れ た 寂しい 気持ち

紛らわ そ う と して

その こと で いっぱい 迷惑 かけ ちゃ い まし た

ごめんなさい

う うん そんな こと

まあ そういう こと な の で

どうして

どうして あの 時 泣 い て い た の

彼 氏 に 振ら れ た 時 の 言葉 を そっくり そのまま

海 ちゃん に 言わ れ た ん です

それ 思い出し たら

無性に 泣け てき ちゃ って

あの 時 海 ちゃん こう 言った ん です よ

俺 に は 好き な 人 が いる って

きっと あなた の こと だ と 思い ます

何 を

海 ちゃん 見 て れ ば 分かり ます

これ でも 一応 幼馴染 です し

それ に あなた だって そう な ん でしょ う

わ 私 は

だから お 詫び です

えっ 樹 下 っ

明日 も 撮影 よろしく です

お 詫び って

あれ 先輩

海人 君

俺 樹 下 に 呼ば れ て 来 た ん です けど

でも どうして 先輩 が

あの う 先輩

分かって た

何 が

きっと 分かって た の

先輩

そろそろ 教え て ください よ

海人 君 の 気持ち

そう ね

この 衣装 を 着 て くれ れ ば

考え ない でも ない わ

ええ また です か

裸 族

えと 裸 族 って あれ

家 の 中 を 全裸 で フリーダム で 過ごす って いう あれ

そう です

家族 も そう で

幼い ごろ から 私 も そう で

うち で は そう する ん だって 思って て

小学校 に 入った あたり から なんだか 違う なって 思い 始め た ん です けど

こんな こと 誰 に も 言え ない し

え えっ と

下着 を つける の が 当たり前 だって こと

わかって ます

でも 私 すごい 低 血圧 な ん です

朝 ボー っと して たまに 下着 を 穿 き 忘れ て

そのまま 学校 行ったり し て

すごく 恥ずかしく て

これ じゃ いけない って 思って

何度 も 何度 も 直 そ う と し た けど

たまに やっちゃ っ たり し て

だったら 目立た ない よう に しよ う と 思って

影 薄く し て た ん だ けど

そんな 私 に

柑 菜 が 声 かけ てき て くれ て

哲郎 君 や 霧島 君 も 友達 に なって くれ て

すごく 嬉しく て 楽しく て

だから 知ら れ て たく なく て

私 変態 なんか じゃ

お前 バカ じゃ ねえ の

よく 忘れる ん なら

変え の やつ かばん に 入れ ときゃ いい だ ろ う

そ そう

そん で トイレ でも 行く 振り し て 入って くりゃ いい じゃ ん

体操 着 だって ある だ ろ う

そう な ん だ

焦って あたふた し た って 物事 解決 し ねえ ん だ よ

何 が 影 薄く だ

ネガティブ 思考 すぎる って の

困って ん なら 相談 しろ

フォロー する に 決まって ん だ ろ う

柑 菜 も 海 も 俺 も

でも

でも じゃ ねえ よ

皆 に 嫌わ れ たら って

し ねえ よ

ホント に

俺 ら が 信用 でき ねえ の か よ

だから さ 言い たい こと 言え よ な

好き

哲郎 君 が 好き

大好き

そう です か

樹 下 そんな こと あった ん だ

だから あんなに

ごめんなさい って 言って た

ああ 情けない

あいつ が 無理 し てる の 気づ い て た のに

ちゃんと 聞い て やれ なく て

先輩 に 任せる 形 に なっちゃ っ て

樹 下 さん は 海人 君 に 言 お う と して た と 思う

でも その 前 に 私 が 呼び出し ちゃ った から

樹 下 を

用事 で も あった ん です か

ああ だ から 昼 の 時 来 た ん です ね

何 が 言う こと で も あった ん です か

そ それ は

それ は

綺麗 です ね

うん

なん かね 二 人 いい 感じ で

あたし お邪魔 みたい な 感じ で

哲郎 さん 好き な 子 い ない って 言って た のに

私 どん だけ ピエロ だ な

私 の 傷心 旅行 に 付き合って くれ た のに

同じ に なっちゃ っ た ね

本物 の 天然 ずるい よ

参っちゃ う な この 夏 二 度 目 だ よ

遅く なっちゃ っ た ね

そう だ な

心配 し てる かな

そう だ な

さっき の 返事 と か いい から

分かって る から

石垣 君 どう し てる かしら

今 も 樹 下 の 連れ の 子 に

追い回さ れ て たり し て

やっぱり 女の子 に あれ だけ アプローチ さ れ たら

男の子 は 悪い 気 し ない

まあ それ は 多少 が

樹 下 さん の 時 も

いじめ ない で ください よ

ごめん ごめん

先輩

俺 追いかけ られる ん じゃ なく て

追いかけ て い たい ん です

好き な 人 の こと を

追いかけ たい

でも

俺 の 気持ち が 先輩 を 困ら せる よう なら

そんな こと ない

困って な ん か

ない よ

ダ っ ダメ

ダ メ

何 し てる に ゃ

たた た た 谷川 さん

いや これ は なんでもなく て

つ う か 何 その 格好

二 人 っきり で どこ 行って た ん な に ゃ

つ う か どこ 行って た ん です か

ち ょ 何 な ん です これ

二 人 っきり の 女子 会 を し て い た の よ

谷川 さん 大丈夫

は あ 貴 月 先輩

な 何 してん だ よ 谷川

じゃあ 海人 君

ダメ

やめろ

柑 菜 は

何 やって ん だ

哲郎 に ゃ ん に 美 桜 に ゃ ん に ゃ

二 人 で どこ 行って た に ゃ に ゃ

つ う か

どこ 行って た の に ゃ

何 な ん だ

か 柑 菜

ずるい ずるい

私 だけ のけ もの で

それ で 眠い

ダ ダメ だ よ こんな とこ で 寝 ちゃ う

何 な ん だ よ これ は

に ゃ ん

あなた

私 を かばって

ごめんなさい

ありがとう

カット

これ で 樹 下 さん の パート は 終わり 撮 了 です

お 疲れ 様

こちら こそ

じゃあ 私 飛行機 の 時間 ある んで ここ で

悪い な ぎりぎり まで 粘って

平気 平気

撮影 頑張って

出来上がったら 絶対 見せ て ね

ああ

樹 下 さん これ

あ ありがとう ござい ます

ぼやぼや し てる と 海 ちゃん 取っちゃ い ます よ

じゃあ

寂しい

まあ 少し は

初恋 の 人 です もん ね

違い ます って

俺 ら 夕方 の 便 だ っけ

17 時 の だ よ

今日 の 撮影 は 終了

撤収 の 準備 が でき 次第

沖縄 の 海 を 楽しみ ま しょ う

賛成

先輩

私 気づ い て しまった の

探し て い た 好き に なる 理由 を

もっとも 嬉しい 言葉 だ と か

海人 君 が

気づ い た 時 糸 は もう ずれ 合って

片 結び は ひどく なって た

躊躇 わ ない で 逃げ た の なら

君 は もう 永 ら え ん の

雲 の 形 突き抜ける

思い の 衝動 映画

漂う 真夏 の 香り に

何度 も 思い出し て いる

貴方 くれ た 奇跡 だけ

夕立 の よう に ポツリ と

色 を 染み 出し て い た

北原 さん 檸檬 が 皆 で お祭り に 行 こ う って

それ は 危険 です

どうして

陰謀 の 匂い が し ます



Want to learn a language?


Learn from this text and thousands like it on LingQ.

  • A vast library of audio lessons, all with matching text
  • Revolutionary learning tools
  • A global, interactive learning community.

LingQでオンライン語学学習

あの 時 二 人 が どんな 状況 で

どんな 話 を し て い た の か

私 全然 分かって なかった

自分 の 気持ち すら

分かって なかった

先 輩

あ あの う

先輩 これ は です ね

わ 私

ご ごめんなさい

先輩

でも 見て いる の が すごく 嫌 で

貴 月 先輩

あの 時 の 私 は

自分 の 気持ち と 向き合う の が

怖かった の だ

頬 を 過ぎる 潮風

君 は 黙って る だけ

本当 は その 横顔

触れ て み たい の に

口付け た 気 が し て た

あれ は そう 夢 の 中

現実 の 境界 を 風 が 触る

何気無い 言葉 で 輝き だし た 日常

いつか 見 た 映画 みたい だ ね

季節 が 巡り 巡って も

僕ら を ずっと 待って る

焦げ た フィルム の よう な 夏 の 薫り

付い て 消え ない 予感

覗 い た レンズ 飛び越え て

その 手 を 掴む から

哲郎 さん

もう 照れ 屋 さん な ん だ から

って いう か 私 な ん で

ここ まで 来 れ ば もう 大丈夫 だ ろ う

っ つ か あの 子 強 引 過ぎ だって

言わ ない で

お 願い

誰 に も

言わ ない で

な 何 を

哲郎

戻 ろ う ぜ

早く し ない と

檸檬 先輩 に 怒ら れる

あの

私 部屋 に 戻って

ああ そ っか じゃあ 先 に 戻って っ から

やっと 戻って き た

わ 悪い

一体 二 人 で 何 し て た の

そ それ は

演技 に つい て 教え て もらって た ん です

海 ちゃん 完璧 主義 だ から

本当 に

ああ まあ ちょっと した こと な ん だ けど さ

それ より 先輩 は

すみません

遅く なり まし た

遅かった わ ね

何 か あった の

あ ええ 別に 何も

ああ っ つ か それ よ り か イチカ 先輩 は

ここ に いる けど

あれ いつの間に

あの う 先輩 さっき は

撮影 始め ま しょ う

よい スタート

さあ 観念 な さ い

は 話 を 聞い て

あなた は 犯罪 者 な の よ

樹 下 が 急に 泣き出し て

先輩 が いきなり 現れ て

何も 分から ない まま

カメラ 回し て

UFO

なんか ギクシャク し てる な って

どこ どこ どこ に いる の

そこそこ

どこ そこ そこ に ある そこ

このまま じゃ いけない ん じゃ な いか って 思ったり まして

隙 あり

お 願い 見逃し て

だったら 私 の 質問 に 答え なさい

あなた は どうして この 星 に 来 た の そして

そして

そして 本当 の 目的 を

海 ちゃん が 好き な の

な 何 を

カット

ご ごめんなさい

先輩

今 の シーン 角度 変え て もう 一 度 行き ま しょ う

はい

谷川 バック お 願い

美 桜 移る よ

脅かせ ちゃ い まし た

はい

檸檬 先輩 も 手伝って ください よ

あなた は どう な の

今 まさに 映画 の 神 と 交信 し て いる の

海人 君 の

待って 哲郎 さん

あれ 千春

アグレッシブ だ よ ね

有沢 さん だ っけ

あの 子 可愛い し

哲郎 付き合っちゃ え ば いい のに

そんな こと 哲郎 君 に 言っちゃ ダメ だ よ

なんで

どうして も

北原 さん

代わり に レフ 板 持って くれる

わ 分かり まし た

撮影 続ける わ よ

ああ はい

海 ちゃん

可愛く 撮って ね

は いはい

イチカ 準備 は いい

うん 大丈夫

哲郎 君

ここ まで 来 れ ば

どこ まで です か

哲郎 さん

哲郎 は あの まま 戻って こ ない し

美 桜 も 終わった 途端 い なく なっちゃ う し

貴 月 先輩 も い ない し

か 海人 君 いる

失礼 し ます

あれ い ない

霧島 君 なら

さっき そそくさ と 出かけ て 行った わ

恐らく

樹 下 さん の ところ ね

海人 君 やっぱり 樹 下 さん の こと

いいえ それ は ない わ

なんで そう 言い 切れる ん です か

見て い れ ば 分かる もの

霧島 君 の 気持ち

見て い れ ば

ええ

あの よかったら 教え て もらえ ませ ん か

その 気持ち って いう の

ええ ゆっくり と 語り合い ま しょ う

7035 室 の 樹 下 様 は お出かけ に なって おり ます

えっ そう です か

霧島 様 で いらっしゃい ます よ ね

樹 下 様 から 伝言 を お 預かり し て おり ます

遅かった です ね

待って ください 哲郎 さん

つ う か 何 時間 走ら せる ん だ よ 鉄人 か あの 子 は

まって ください

哲郎 君

美 桜

哲郎 君

恥 かし がっちゃ って 哲郎 さん どこ です か

また 助け られ た

ありがとう な 美 桜

お礼 だ よ 黙って て くれ た

な なん だ っけ それ

優しい ね 哲郎 君 は

まあ な

可愛い 女の子 限定 だ けど な

いや その

見つけ た

ええ

ひどい じゃ ない です か 哲郎 さん

にげ まわったり し て

そういう プレー も 嫌い じゃ ない です けど

さ デート の 続き 楽しみ ま しょ う

い 今 まで テート だった の

もちろん です

ダメ ダメ

呼び出し て おい て 遅れ て き て

しかも 黙り です か

ごめんなさい

うまく 考え が まとまら なく て

あの ね ちゃん と 聞い て おき たい って 思って

その 樹 下 さん は 海人 君 の こと を

その どう

好き です よ

って 言ったら どう し ます

か からかって る の

ごめんなさい

ちょっと 羨ま しく て

振ら れ ちゃ った ん です

ええ

ちょっと 何 する の よ

て 哲郎 君 が め 迷惑 し てる と 思って

なんで 迷惑 に なる わけ

ねえ 哲郎 さん

いや あの さ

ほら

けど

分かった

あなた 哲郎 さん の こと 好き な ん でしょ う

あの そ それ は

可 笑 し い ん じゃ ない

あんた なんて 露出 狂 の くせ に

ち ょ おい

私 見 ちゃ った ん だ から

あなた が 飛び込 ん で き た とき

下着 つけ て なかった の

それ って 可 笑 しい よ ね

可 笑 し い でしょ う

きっと あれ よ

下着 も 穿 か ず に 出歩 い て

誰 か に 見 られる こと 想像 し て 楽し ん でる 変態 さん な ん でしょ う

そんな 女の子 に 好か れ た なんて 哲郎 さん は

裸 族 です

私 ら 裸 族 な ん です

ふ ふら 振ら れ た って いう の は その

海人 君 に

違う 違う

東京 の 学校 の 先輩 に

沖縄 に 来 た の は 傷心 旅行 だったり する ん です よ

そう だった の

そ したら

偶然 海 ちゃん と 再会 し て

は しゃい で 彼 氏 に 振ら れ た 寂しい 気持ち

紛らわ そ う と して

その こと で いっぱい 迷惑 かけ ちゃ い まし た

ごめんなさい

う うん そんな こと

まあ そういう こと な の で

どうして

どうして あの 時 泣 い て い た の

彼 氏 に 振ら れ た 時 の 言葉 を そっくり そのまま

海 ちゃん に 言わ れ た ん です

それ 思い出し たら

無性に 泣け てき ちゃ って

あの 時 海 ちゃん こう 言った ん です よ

俺 に は 好き な 人 が いる って

きっと あなた の こと だ と 思い ます

何 を

海 ちゃん 見 て れ ば 分かり ます

これ でも 一応 幼馴染 です し

それ に あなた だって そう な ん でしょ う

わ 私 は

だから お 詫び です

えっ 樹 下 っ

明日 も 撮影 よろしく です

お 詫び って

あれ 先輩

海人 君

俺 樹 下 に 呼ば れ て 来 た ん です けど

でも どうして 先輩 が

あの う 先輩

分かって た

何 が

きっと 分かって た の

先輩

そろそろ 教え て ください よ

海人 君 の 気持ち

そう ね

この 衣装 を 着 て くれ れ ば

考え ない でも ない わ

ええ また です か

裸 族

えと 裸 族 って あれ

家 の 中 を 全裸 で フリーダム で 過ごす って いう あれ

そう です

家族 も そう で

幼い ごろ から 私 も そう で

うち で は そう する ん だって 思って て

小学校 に 入った あたり から なんだか 違う なって 思い 始め た ん です けど

こんな こと 誰 に も 言え ない し

え えっ と

下着 を つける の が 当たり前 だって こと

わかって ます

でも 私 すごい 低 血圧 な ん です

朝 ボー っと して たまに 下着 を 穿 き 忘れ て

そのまま 学校 行ったり し て

すごく 恥ずかしく て

これ じゃ いけない って 思って

何度 も 何度 も 直 そ う と し た けど

たまに やっちゃ っ たり し て

だったら 目立た ない よう に しよ う と 思って

影 薄く し て た ん だ けど

そんな 私 に

柑 菜 が 声 かけ てき て くれ て

哲郎 君 や 霧島 君 も 友達 に なって くれ て

すごく 嬉しく て 楽しく て

だから 知ら れ て たく なく て

私 変態 なんか じゃ

お前 バカ じゃ ねえ の

よく 忘れる ん なら

変え の やつ かばん に 入れ ときゃ いい だ ろ う

そ そう

そん で トイレ でも 行く 振り し て 入って くりゃ いい じゃ ん

体操 着 だって ある だ ろ う

そう な ん だ

焦って あたふた し た って 物事 解決 し ねえ ん だ よ

何 が 影 薄く だ

ネガティブ 思考 すぎる って の

困って ん なら 相談 しろ

フォロー する に 決まって ん だ ろ う

柑 菜 も 海 も 俺 も

でも

でも じゃ ねえ よ

皆 に 嫌わ れ たら って

し ねえ よ

ホント に

俺 ら が 信用 でき ねえ の か よ

だから さ 言い たい こと 言え よ な

好き

哲郎 君 が 好き

大好き

そう です か

樹 下 そんな こと あった ん だ

だから あんなに

ごめんなさい って 言って た

ああ 情けない

あいつ が 無理 し てる の 気づ い て た のに

ちゃんと 聞い て やれ なく て

先輩 に 任せる 形 に なっちゃ っ て

樹 下 さん は 海人 君 に 言 お う と して た と 思う

でも その 前 に 私 が 呼び出し ちゃ った から

樹 下 を

用事 で も あった ん です か

ああ だ から 昼 の 時 来 た ん です ね

何 が 言う こと で も あった ん です か

そ それ は

それ は

綺麗 です ね

うん

なん かね 二 人 いい 感じ で

あたし お邪魔 みたい な 感じ で

哲郎 さん 好き な 子 い ない って 言って た のに

私 どん だけ ピエロ だ な

私 の 傷心 旅行 に 付き合って くれ た のに

同じ に なっちゃ っ た ね

本物 の 天然 ずるい よ

参っちゃ う な この 夏 二 度 目 だ よ

遅く なっちゃ っ た ね

そう だ な

心配 し てる かな

そう だ な

さっき の 返事 と か いい から

分かって る から

石垣 君 どう し てる かしら

今 も 樹 下 の 連れ の 子 に

追い回さ れ て たり し て

やっぱり 女の子 に あれ だけ アプローチ さ れ たら

男の子 は 悪い 気 し ない

まあ それ は 多少 が

樹 下 さん の 時 も

いじめ ない で ください よ

ごめん ごめん

先輩

俺 追いかけ られる ん じゃ なく て

追いかけ て い たい ん です

好き な 人 の こと を

追いかけ たい

でも

俺 の 気持ち が 先輩 を 困ら せる よう なら

そんな こと ない

困って な ん か

ない よ

ダ っ ダメ

ダ メ

何 し てる に ゃ

たた た た 谷川 さん

いや これ は なんでもなく て

つ う か 何 その 格好

二 人 っきり で どこ 行って た ん な に ゃ

つ う か どこ 行って た ん です か

ち ょ 何 な ん です これ

二 人 っきり の 女子 会 を し て い た の よ

谷川 さん 大丈夫

は あ 貴 月 先輩

な 何 してん だ よ 谷川

じゃあ 海人 君

ダメ

やめろ

柑 菜 は

何 やって ん だ

哲郎 に ゃ ん に 美 桜 に ゃ ん に ゃ

二 人 で どこ 行って た に ゃ に ゃ

つ う か

どこ 行って た の に ゃ

何 な ん だ

か 柑 菜

ずるい ずるい

私 だけ のけ もの で

それ で 眠い

ダ ダメ だ よ こんな とこ で 寝 ちゃ う

何 な ん だ よ これ は

に ゃ ん

あなた

私 を かばって

ごめんなさい

ありがとう

カット

これ で 樹 下 さん の パート は 終わり 撮 了 です

お 疲れ 様

こちら こそ

じゃあ 私 飛行機 の 時間 ある んで ここ で

悪い な ぎりぎり まで 粘って

平気 平気

撮影 頑張って

出来上がったら 絶対 見せ て ね

ああ

樹 下 さん これ

あ ありがとう ござい ます

ぼやぼや し てる と 海 ちゃん 取っちゃ い ます よ

じゃあ

寂しい

まあ 少し は

初恋 の 人 です もん ね

違い ます って

俺 ら 夕方 の 便 だ っけ

17 時 の だ よ

今日 の 撮影 は 終了

撤収 の 準備 が でき 次第

沖縄 の 海 を 楽しみ ま しょ う

賛成

先輩

私 気づ い て しまった の

探し て い た 好き に なる 理由 を

もっとも 嬉しい 言葉 だ と か

海人 君 が

気づ い た 時 糸 は もう ずれ 合って

片 結び は ひどく なって た

躊躇 わ ない で 逃げ た の なら

君 は もう 永 ら え ん の

雲 の 形 突き抜ける

思い の 衝動 映画

漂う 真夏 の 香り に

何度 も 思い出し て いる

貴方 くれ た 奇跡 だけ

夕立 の よう に ポツリ と

色 を 染み 出し て い た

北原 さん 檸檬 が 皆 で お祭り に 行 こ う って

それ は 危険 です

どうして

陰謀 の 匂い が し ます


×

LingQをより快適にするためCookieを使用しています。サイトの訪問により同意したと見なされます cookie policy.