image

あの夏で待ってる, Ano Natsu de Matteru Episode 5

遅刻

って もう 夏 休み だ っけ

ほら り の ん

もう 邪魔 し ない で

だめ だって ば くすぐったい から

あ おはよう 海人 君

お おはよう ございます

前略 姉 上 様

不 肖 の 弟 です

夏 休み の 初日 から

や ばい です

理性 を 保て る か どう か

正直 自信 が あり ませ ん

頬 を 過ぎる 潮風

君 は 黙って る だけ

本当 は その 横顔

触れ て み たい の に

口付け た 気 が し て た

あれ は そう 夢 の 中

現実 の 境界 を 風 が 触る

何気無い 言葉 で 輝き だし た 日常

いつか 見 た 映画 みたい だ ね

季節 が 巡り 巡って も

僕ら を ずっと 待って る

焦げ た フィルム の よう な 夏 の 薫り

付い て 消え ない 予感

覗 い た レンズ 飛び越え て

その 手 を 掴む から

海人 君

はい 何 でしょう

その カメラ って 買った の

に し て は かなり 古い 感じ が する けど

家 の 納屋 に あった ん です

多分 死 ん だ 爺ちゃん の だ と 思う ん です けど

何となく 気 に 入って

ねえ ねえ どう やって 使う の

簡単 です よ

この フィルム を セット し て

レンズ の ピント に あわせて シャッター を 押す だけ

あ あの

近い

夏 休み の 初日 から

だいぶ フランク に なって き た わ ね

う ふ ふ ふ ふ ふ

そ そんな こと は あり ませ ん

ち ー っす

こんにちは

何 し てる の 海人 君

柔軟 かな

さあ 楽しい 楽しい 映画 制作 を 始め ま しょ う

なあ 海 今日 は 何 を 撮る ん だ

知ら ない よ

脚本 担当 と は 檸檬 先輩 だ ろ

大丈夫 よ 今日 の 分 の 本 は 出来上がって る わ

今日 の 分

私 の 制作 スタイル は 香港 式

今日 撮る 映画 の 内容 は

その 日 の 朝 に 決める の

それ は 行き当たり ばったり と いう ん じゃ

着替え 終わった よ

わ あ すげ え 似合って ます よ

先輩

そ そう かな

どう し た ん です この 衣装

かなり お 金 が かかって る よう な

学校 の コスプレ 部 に 協力 を 依頼 し た の

そんな 部 あった っけ

さあ

どう かな 変 じゃ ない

似合って ます よ 本当 に

なら い い ん だ けど

今日 撮る 内容 は ヒロイン が 初めて 男の子 と 出会う シーン よ

恋愛 もの な ん だ

すごく いい かも

ちなみに ヒロイン は 宇宙 人 と いう 設定 だ から

は 斬新 だ な

それ で あの 衣装 な ん だ

地球 に 降り立った ヒロイン が

地球 人 の 少年 と 運命 的 な 出会い を 果たす

台詞 は すべて アドリブ で

あと は 監督 に 任せる わ

無茶苦茶 です よ

それ で 地球 人 の 少年 役 は

俺 は カメラ を 回さ なきゃ なら ない から

必然 的 に 俺 か

いい と 思う すごく いい と 思う

待って くれよ 俺 は 裏方 を 手伝う つもり で

石垣 君

状況 に 応じ て 対応 する

そう 現場 は 生き物 な の よ

知った よう な 口 を

いい じゃ ない 貴 月 先輩 み たい な 美人 の 相手 が できる ん だ から

きっと 一生 忘れ られ ない 思い出 に なる わ よ

俺 の 人生 ここ が ピーク か よ

いい から いい から

お前 楽 しん でる だ ろ

そんな こと な い ない

宇宙 人 の 役

どう し まし た

う うん 何でもない から

よ しっと

海人 君 準備 整った よ

よし じゃあ

よい スタート

こ ここ が 地球

開発 レベル F の 辺境 惑星

宇宙 開発 は 始まった ばかり で

有人 で 到達 し た の は 月 と 呼ば れ て いる

この 星 の 衛星 のみ

結構 セリフ が リアル です ね

たどたどしい けど

次 石垣 君 入る わ よ

ええ っす

わ 私 は この 星 に 来 た の に は 理由 が ある

わ 私 は この 場所 で

そこ に いたん です か

あ あなた は

あなた を 探し て い た ん です

私 を

すでに 出会って る 設定 に なり まし た よ

いい から

ずっと 見て い まし た あなた

つまり あなた は 宇宙 人 だ

そして 俺 は メン ? イン ? ブラック

メ メン ? イン ? ブラック は

いや あ ああ

はい カット

素晴らしかった わ よ イチカ 石垣 君

いや つい 熱く なっちゃ い まし た

相手 役 死 ん じゃ った

いい の か これ で

先輩 すごい アドリブ で し た ね

あ ふ ふ ふ ふ 何となく

で 今 は

映画 の 内容 が 変わった から

檸檬 先輩 の アイデア 待ち です

なんでも ヒロイン は 逃亡 開始

メン ? イン ? ブラック に よる 激しい 追跡 劇 が 始まる と か 何とか

へえ

ここ どう です

ここ の 景色 この先 に 池 も ある ん です

ほら 先輩 前 に 言って た じゃ ない です か

行き たい 場所 が ある って

木 が あって 池 が あって

何 の 特徴 も ない 場所 な ん だ けど

それ じゃ 探し よ う が

そう だ よ ね

でも 行き たい の

海人 君 覚え て い て くれ た ん だ

それ っぽい 場所 を チョイス し た ん です けど

違って る みたい です ね

すみません

そんな こと ない

ありがとう

また 探し ます から

この この この この この この

ちょっと なん です か やめ て ください

柑 菜 イチカ 先輩 たち に 飲み物 持って て やれ よ

ああ なん だ よ

前々 から 気 に なって た ん だ けど

哲郎 私 の 気持ち 知って る

バレバレ だ から な

いつ から

忘れ た

もし かして 応援 し て くれる の

幼馴染 だ から な

ありがとう

哲郎 も でき たら 教え て

応援 する から

そりゃ 無理 だ な

痛い わ 北原 さん

すみません あの ぼうっと し て て 私

でき た わ 撮影 再開 よ

追 手 から 逃れる ため

ヒロイン は 宇宙 船 に 戻り

そこ で 仲間 と 合流 する の

仲間

誰 が やる ん です

この 子 よ

り の ん

いつの間に

この 子 は 宇宙 船 の 生体 端末 と いう 設定 よ

よろしく 頼む わ ね イチカ

ええ まあ

では 始め ま しょ う

檸檬 先輩 準備 が 整い まし た

了解 よ

もう 誰 が 監督 だ か 分から ねえ よ

カメラ 準備 は

はい 整って ます

よい スタート

り の ん 追 手 が 来 てる の

お 願い 私 を 助け て

そう は 行か ない な

あ あの ど どうして

兄さん の 仇 は この 俺 が 取る

はい カット

素晴らしかった わ よ イチカ 石垣 君 り の ん

何 勝手 に 乱入 し て ん だ よ

役者 と して の サガ かな

その 気 に なり すぎ だ ろ う

あの これ から どう する ん です か

決まって る わ これ から 考える の よ

住む 場所 が ない

そ そう な の

だったら 俺 の 家 に 来 ませ ん か

俺 一 人 暮らし だ し 家 に 部屋 余って ます から

本当 に

ありがとう 本当 に ありがとう

ああ

はい カット

ようやく 本筋 に 戻り まし た ね

ええ

お 疲れ さ ん

つ う か 俺 いつの間にか 役者 やって る し カメラ やって ねえ し

いい じゃ ん か イチカ 先輩 の 相手 役 な ん だ から

お前 まさか わざと

どう でしょ う

海人 君 が 相手 役 に なっちゃ い まし た ね

結局 ね

これ から 二 人 は どう なる と 思い ます

えっ 分から ない か な

なら 先輩 は どういう 展開 に なれ ば いい と 思い ます か

幸せ に なれ れ ば いい と 思う けど

です よ ね

そう です よ ね

結局 監督 も カメラ も 檸檬 先輩 だ し

これ から どう なる ん だ か

お 先 に 失礼 し まし た

いえいえ

いい お 湯 で し た

で 明日 も 撮影

み たい です よ 檸檬 先輩 次第 です けど

なに

檸檬 先輩 に 言わ れ た ん です

ヒロイン が 地球 の 生活 に 馴染 ん で 行く シーン を

できる だけ 撮って おけ って

こんな とこ 撮ら ない で いい です

あの ね

はい

映画 の 話 な ん だ けど

海人 君 は ヒロイン の 正体 を 知ったら どう する

それ は 檸檬 先輩 が 考える こと で

海人 君 なら どう する か

教え て

まあ 単純 に すごい な と

そういう こと じゃ なく て

宇宙 に 連れ て て もらえ る か な と か

規則 が ある から

違う 星 の 人 と 一緒 に い て も 平気

ええ 変 な 液体 と か 出 さ なけ れ ば

そんな の ない

だったら いい ん じゃ ない です か

別に 俺 は 気 に し ませ ん けど

そ っか

あの 先輩

お茶 入れ て くる ね

先輩

何 だった ん だ ろ う

はい 谷川

ああ 美 桜 私

やっぱり 撮影 は な しか

この 雨 だ もん ね

うん 分かった

また 連絡 する ね

じゃあ

何 の 話 を し て た の

いや 別に

大した こと じゃ ない わ

うん

貴 月 先輩 ここ で の 生活 慣れ まし た

うん もう かなり

でも さ 先輩 ちょっと 変わって て

チョコレート 味 の カレー と か 作る ん だ よ

えっ ダメ な の

まあ ちょっと だけ

そう な ん だ

あっ 食 材 買い 足さ ない と

じゃあ 帰り スーパー より ます か

そう いえ ば ティッシュ が 少なく なって まし た ね

洗剤 も

だったら 薬局 に も 行き ま しょ う

そう ね

はい どちら 様

谷川

こんにちは お 母さん に 持って って あげ なさい って 言わ れ て

野沢 菜

ああ ありがとう

へえ こんなに たくさん

ああ えっ と

海人 君 大変

何 です

この 家 古い から

晴れ たら 屋根 見 とき ます よ

ごめんなさい びっくり し ちゃ って

まあ あんまり ない こと です から

あら 谷川 さん

あ お 邪魔 し ちゃ い まし た

どうぞ どうぞ って 私 が 言う べき じゃ ない けど

そう だ 良かったら お 昼 一緒 に 食べる

遠慮 し なく て いい よ

うん なら

え 柑 菜 出かけ た ん です か

こんな 雨 な のに

そう な の よ

うち に あった 野沢 菜 持ちだし て

我が 娘 ながら 変わった 子 よ ね

じゃあ 戻って き たら 電話 が あった こと 伝え て ください

はい 失礼 し ます

柑 菜

野沢 菜 の サンドイッチ

せっかく だ から 食 材 に 使って み まし た

これ は

何 か 間違って る

うん うま い です よ

ちょっと お 焼き みたい です けど

そ そう

まあ グレープフルーツ 丼 を 克服 し まし た から ね

何でも 来い って 感じ です よ

そ そんな こと は 言わ ない で

また 撮る の

たくさん 取れ って 言わ れ まし た から ね

谷川 も 協力 し て よ

あ うん

自然 な 感じ で 会話 し て み て

自然 って 言わ れ て も

ねえ ほら ほら

た 谷川 さん 兄弟 は いる の

一 人 子 です

でも 小さい 頃 から 哲郎 と 一緒 に 遊 ん で て

寂しい と か 無かった です

石垣 君 と は そんなに 古い ん だ

バカ な 弟 みたい な 感じ です

そう 私 から する と 石垣 君 の ほう が お 兄さん に 見える けど

背 が 高い から そう 思う だけ です よ

先輩 こそ 兄弟 は

姉 と 妹 が

三 姉妹 な ん だ いい な

うち は 女 系 家族 で

だから ここ に 来 て ちょっと 新鮮 な の

男 の 人 が 家族 に いる と

こういう 感じ な の か なって

海人 君 を 家族 に 例える と

そりゃ 弟 だ ろ う

うん そういう 感じ も ある けど

頼れ る ところ も ある し

なん だ ろ う うまく 言え ない か な

あ 今 の

いい です そのまま そのまま

ええ 分か ん ない よ

いい です って

ほら さっき の 感じ で

そんな こと 言わ れ て も

あの 先輩

先輩 って 留学 し てき てる ん です よ ね

うん まあ

どの くらい ここ に いる ん です か

半年 と か 一 年 と か

ああ それ は

ご ごめんなさい

私 余計 な こと を

うん うん いい の

気 に し ない で

どうして

どうして あんな こと 言っちゃ っ た ん だ ろ う

あれ じゃ 嫌 な やつ だ

ひどい やつ だ

みっともない やつ だ

可愛く ない ん だ

何 で ここ に いる の よ

偶然

美 桜 でしょ う

まあ な

海 ん ち 行って た ん だ ろ う

勇気 出し た じゃ ん

行か なきゃ よかった

なんで

入って いけ ない の

もやもや する の

二 人 が 話し てる だけ で

そう 思う 自分 が 嫌 な の

告 っちゃ えよ

海 は さ まだ 先輩

でき ない

なんで

できる わけない よ

もし ダメ だったら きっと ギクシャク する

気まずく なる

これ から 皆 で 映画 を 撮る のに

そう なったら 私 いけなく なる

海人 君 も きっと 困る

なら 何も せ ず に もやもや し 続け ん の

人 を 好き に なん ない と 分か ん ない よ

哲郎 に は 分か ん ない よ

そう だ な 悪い

私 も 言いすぎ だ

ごめん

や ん だ や ん だ よかった

あの さ 柑 菜

普通 で いる ん だ 私

夏 休み 楽しく 皆 で 映画 を 撮る の

映画 を 作って 学園 祭 なんか で 発表 し て

とにかく いつも の 谷川 柑 菜 で いる の

そう 決め た の

ああ

ほら 行く よ 哲郎

はい はい

あの 時 は そんな こと が あった なんて

知 りよう も なく

谷川 の 気持ち も

哲郎 の 気持ち も

北原 の 気持ち も

し りよう が なく

あの 時 僕 は ある 思い に 囚 われ て い て

先輩 が いつか い なく なる 思い に

よ よう

は 何 やって ん の

い 入れ て くれ

腕 が 持た ない

生体 反応

こんな 時間 に

何 だ よ こんな 遅く に

つ う か 玄関 から 入って こい よ

悪い 悪い

で なん だ よ

柑 菜 な

谷川 谷川 なら 今日 うち に

あいつ

海 が 好き だ ぜ

谷川 柑 菜 は

霧島 海人 を

好き な ん だ

探し て い た 好き に なる 理由 を

もっとも 嬉しい 言葉 だ と か

気づ い た 時 糸 は もう ずれ 合って

片 結び は ひどく なって た

躊躇 わ ない で 逃げ た の なら

君 は もう 永 ら え ん の

雲 の 形 突き抜ける

思い の 衝動 映画

漂う 真夏 の 香り に

何度 も 思い出し て いる

貴方 くれ た 奇跡 だけ

夕立 の よう に ポツリ と

色 を 染み 出し て い た

沖縄 だ

ああ 沖縄 だ

刺激 的 だ

ああ 魅惑 的 だ

ああ 堪 ん ねえ



Want to learn a language?


Learn from this text and thousands like it on LingQ.

  • A vast library of audio lessons, all with matching text
  • Revolutionary learning tools
  • A global, interactive learning community.

LingQでオンライン語学学習

遅刻

って もう 夏 休み だ っけ

ほら り の ん

もう 邪魔 し ない で

だめ だって ば くすぐったい から

あ おはよう 海人 君

お おはよう ございます

前略 姉 上 様

不 肖 の 弟 です

夏 休み の 初日 から

や ばい です

理性 を 保て る か どう か

正直 自信 が あり ませ ん

頬 を 過ぎる 潮風

君 は 黙って る だけ

本当 は その 横顔

触れ て み たい の に

口付け た 気 が し て た

あれ は そう 夢 の 中

現実 の 境界 を 風 が 触る

何気無い 言葉 で 輝き だし た 日常

いつか 見 た 映画 みたい だ ね

季節 が 巡り 巡って も

僕ら を ずっと 待って る

焦げ た フィルム の よう な 夏 の 薫り

付い て 消え ない 予感

覗 い た レンズ 飛び越え て

その 手 を 掴む から

海人 君

はい 何 でしょう

その カメラ って 買った の

に し て は かなり 古い 感じ が する けど

家 の 納屋 に あった ん です

多分 死 ん だ 爺ちゃん の だ と 思う ん です けど

何となく 気 に 入って

ねえ ねえ どう やって 使う の

簡単 です よ

この フィルム を セット し て

レンズ の ピント に あわせて シャッター を 押す だけ

あ あの

近い

夏 休み の 初日 から

だいぶ フランク に なって き た わ ね

う ふ ふ ふ ふ ふ

そ そんな こと は あり ませ ん

ち ー っす

こんにちは

何 し てる の 海人 君

柔軟 かな

さあ 楽しい 楽しい 映画 制作 を 始め ま しょ う

なあ 海 今日 は 何 を 撮る ん だ

知ら ない よ

脚本 担当 と は 檸檬 先輩 だ ろ

大丈夫 よ 今日 の 分 の 本 は 出来上がって る わ

今日 の 分

私 の 制作 スタイル は 香港 式

今日 撮る 映画 の 内容 は

その 日 の 朝 に 決める の

それ は 行き当たり ばったり と いう ん じゃ

着替え 終わった よ

わ あ すげ え 似合って ます よ

先輩

そ そう かな

どう し た ん です この 衣装

かなり お 金 が かかって る よう な

学校 の コスプレ 部 に 協力 を 依頼 し た の

そんな 部 あった っけ

さあ

どう かな 変 じゃ ない

似合って ます よ 本当 に

なら い い ん だ けど

今日 撮る 内容 は ヒロイン が 初めて 男の子 と 出会う シーン よ

恋愛 もの な ん だ

すごく いい かも

ちなみに ヒロイン は 宇宙 人 と いう 設定 だ から

は 斬新 だ な

それ で あの 衣装 な ん だ

地球 に 降り立った ヒロイン が

地球 人 の 少年 と 運命 的 な 出会い を 果たす

台詞 は すべて アドリブ で

あと は 監督 に 任せる わ

無茶苦茶 です よ

それ で 地球 人 の 少年 役 は

俺 は カメラ を 回さ なきゃ なら ない から

必然 的 に 俺 か

いい と 思う すごく いい と 思う

待って くれよ 俺 は 裏方 を 手伝う つもり で

石垣 君

状況 に 応じ て 対応 する

そう 現場 は 生き物 な の よ

知った よう な 口 を

いい じゃ ない 貴 月 先輩 み たい な 美人 の 相手 が できる ん だ から

きっと 一生 忘れ られ ない 思い出 に なる わ よ

俺 の 人生 ここ が ピーク か よ

いい から いい から

お前 楽 しん でる だ ろ

そんな こと な い ない

宇宙 人 の 役

どう し まし た

う うん 何でもない から

よ しっと

海人 君 準備 整った よ

よし じゃあ

よい スタート

こ ここ が 地球

開発 レベル F の 辺境 惑星

宇宙 開発 は 始まった ばかり で

有人 で 到達 し た の は 月 と 呼ば れ て いる

この 星 の 衛星 のみ

結構 セリフ が リアル です ね

たどたどしい けど

次 石垣 君 入る わ よ

ええ っす

わ 私 は この 星 に 来 た の に は 理由 が ある

わ 私 は この 場所 で

そこ に いたん です か

あ あなた は

あなた を 探し て い た ん です

私 を

すでに 出会って る 設定 に なり まし た よ

いい から

ずっと 見て い まし た あなた

つまり あなた は 宇宙 人 だ

そして 俺 は メン ? イン ? ブラック

メ メン ? イン ? ブラック は

いや あ ああ

はい カット

素晴らしかった わ よ イチカ 石垣 君

いや つい 熱く なっちゃ い まし た

相手 役 死 ん じゃ った

いい の か これ で

先輩 すごい アドリブ で し た ね

あ ふ ふ ふ ふ 何となく

で 今 は

映画 の 内容 が 変わった から

檸檬 先輩 の アイデア 待ち です

なんでも ヒロイン は 逃亡 開始

メン ? イン ? ブラック に よる 激しい 追跡 劇 が 始まる と か 何とか

へえ

ここ どう です

ここ の 景色 この先 に 池 も ある ん です

ほら 先輩 前 に 言って た じゃ ない です か

行き たい 場所 が ある って

木 が あって 池 が あって

何 の 特徴 も ない 場所 な ん だ けど

それ じゃ 探し よ う が

そう だ よ ね

でも 行き たい の

海人 君 覚え て い て くれ た ん だ

それ っぽい 場所 を チョイス し た ん です けど

違って る みたい です ね

すみません

そんな こと ない

ありがとう

また 探し ます から

この この この この この この

ちょっと なん です か やめ て ください

柑 菜 イチカ 先輩 たち に 飲み物 持って て やれ よ

ああ なん だ よ

前々 から 気 に なって た ん だ けど

哲郎 私 の 気持ち 知って る

バレバレ だ から な

いつ から

忘れ た

もし かして 応援 し て くれる の

幼馴染 だ から な

ありがとう

哲郎 も でき たら 教え て

応援 する から

そりゃ 無理 だ な

痛い わ 北原 さん

すみません あの ぼうっと し て て 私

でき た わ 撮影 再開 よ

追 手 から 逃れる ため

ヒロイン は 宇宙 船 に 戻り

そこ で 仲間 と 合流 する の

仲間

誰 が やる ん です

この 子 よ

り の ん

いつの間に

この 子 は 宇宙 船 の 生体 端末 と いう 設定 よ

よろしく 頼む わ ね イチカ

ええ まあ

では 始め ま しょ う

檸檬 先輩 準備 が 整い まし た

了解 よ

もう 誰 が 監督 だ か 分から ねえ よ

カメラ 準備 は

はい 整って ます

よい スタート

り の ん 追 手 が 来 てる の

お 願い 私 を 助け て

そう は 行か ない な

あ あの ど どうして

兄さん の 仇 は この 俺 が 取る

はい カット

素晴らしかった わ よ イチカ 石垣 君 り の ん

何 勝手 に 乱入 し て ん だ よ

役者 と して の サガ かな

その 気 に なり すぎ だ ろ う

あの これ から どう する ん です か

決まって る わ これ から 考える の よ

住む 場所 が ない

そ そう な の

だったら 俺 の 家 に 来 ませ ん か

俺 一 人 暮らし だ し 家 に 部屋 余って ます から

本当 に

ありがとう 本当 に ありがとう

ああ

はい カット

ようやく 本筋 に 戻り まし た ね

ええ

お 疲れ さ ん

つ う か 俺 いつの間にか 役者 やって る し カメラ やって ねえ し

いい じゃ ん か イチカ 先輩 の 相手 役 な ん だ から

お前 まさか わざと

どう でしょ う

海人 君 が 相手 役 に なっちゃ い まし た ね

結局 ね

これ から 二 人 は どう なる と 思い ます

えっ 分から ない か な

なら 先輩 は どういう 展開 に なれ ば いい と 思い ます か

幸せ に なれ れ ば いい と 思う けど

です よ ね

そう です よ ね

結局 監督 も カメラ も 檸檬 先輩 だ し

これ から どう なる ん だ か

お 先 に 失礼 し まし た

いえいえ

いい お 湯 で し た

で 明日 も 撮影

み たい です よ 檸檬 先輩 次第 です けど

なに

檸檬 先輩 に 言わ れ た ん です

ヒロイン が 地球 の 生活 に 馴染 ん で 行く シーン を

できる だけ 撮って おけ って

こんな とこ 撮ら ない で いい です

あの ね

はい

映画 の 話 な ん だ けど

海人 君 は ヒロイン の 正体 を 知ったら どう する

それ は 檸檬 先輩 が 考える こと で

海人 君 なら どう する か

教え て

まあ 単純 に すごい な と

そういう こと じゃ なく て

宇宙 に 連れ て て もらえ る か な と か

規則 が ある から

違う 星 の 人 と 一緒 に い て も 平気

ええ 変 な 液体 と か 出 さ なけ れ ば

そんな の ない

だったら いい ん じゃ ない です か

別に 俺 は 気 に し ませ ん けど

そ っか

あの 先輩

お茶 入れ て くる ね

先輩

何 だった ん だ ろ う

はい 谷川

ああ 美 桜 私

やっぱり 撮影 は な しか

この 雨 だ もん ね

うん 分かった

また 連絡 する ね

じゃあ

何 の 話 を し て た の

いや 別に

大した こと じゃ ない わ

うん

貴 月 先輩 ここ で の 生活 慣れ まし た

うん もう かなり

でも さ 先輩 ちょっと 変わって て

チョコレート 味 の カレー と か 作る ん だ よ

えっ ダメ な の

まあ ちょっと だけ

そう な ん だ

あっ 食 材 買い 足さ ない と

じゃあ 帰り スーパー より ます か

そう いえ ば ティッシュ が 少なく なって まし た ね

洗剤 も

だったら 薬局 に も 行き ま しょ う

そう ね

はい どちら 様

谷川

こんにちは お 母さん に 持って って あげ なさい って 言わ れ て

野沢 菜

ああ ありがとう

へえ こんなに たくさん

ああ えっ と

海人 君 大変

何 です

この 家 古い から

晴れ たら 屋根 見 とき ます よ

ごめんなさい びっくり し ちゃ って

まあ あんまり ない こと です から

あら 谷川 さん

あ お 邪魔 し ちゃ い まし た

どうぞ どうぞ って 私 が 言う べき じゃ ない けど

そう だ 良かったら お 昼 一緒 に 食べる

遠慮 し なく て いい よ

うん なら

え 柑 菜 出かけ た ん です か

こんな 雨 な のに

そう な の よ

うち に あった 野沢 菜 持ちだし て

我が 娘 ながら 変わった 子 よ ね

じゃあ 戻って き たら 電話 が あった こと 伝え て ください

はい 失礼 し ます

柑 菜

野沢 菜 の サンドイッチ

せっかく だ から 食 材 に 使って み まし た

これ は

何 か 間違って る

うん うま い です よ

ちょっと お 焼き みたい です けど

そ そう

まあ グレープフルーツ 丼 を 克服 し まし た から ね

何でも 来い って 感じ です よ

そ そんな こと は 言わ ない で

また 撮る の

たくさん 取れ って 言わ れ まし た から ね

谷川 も 協力 し て よ

あ うん

自然 な 感じ で 会話 し て み て

自然 って 言わ れ て も

ねえ ほら ほら

た 谷川 さん 兄弟 は いる の

一 人 子 です

でも 小さい 頃 から 哲郎 と 一緒 に 遊 ん で て

寂しい と か 無かった です

石垣 君 と は そんなに 古い ん だ

バカ な 弟 みたい な 感じ です

そう 私 から する と 石垣 君 の ほう が お 兄さん に 見える けど

背 が 高い から そう 思う だけ です よ

先輩 こそ 兄弟 は

姉 と 妹 が

三 姉妹 な ん だ いい な

うち は 女 系 家族 で

だから ここ に 来 て ちょっと 新鮮 な の

男 の 人 が 家族 に いる と

こういう 感じ な の か なって

海人 君 を 家族 に 例える と

そりゃ 弟 だ ろ う

うん そういう 感じ も ある けど

頼れ る ところ も ある し

なん だ ろ う うまく 言え ない か な

あ 今 の

いい です そのまま そのまま

ええ 分か ん ない よ

いい です って

ほら さっき の 感じ で

そんな こと 言わ れ て も

あの 先輩

先輩 って 留学 し てき てる ん です よ ね

うん まあ

どの くらい ここ に いる ん です か

半年 と か 一 年 と か

ああ それ は

ご ごめんなさい

私 余計 な こと を

うん うん いい の

気 に し ない で

どうして

どうして あんな こと 言っちゃ っ た ん だ ろ う

あれ じゃ 嫌 な やつ だ

ひどい やつ だ

みっともない やつ だ

可愛く ない ん だ

何 で ここ に いる の よ

偶然

美 桜 でしょ う

まあ な

海 ん ち 行って た ん だ ろ う

勇気 出し た じゃ ん

行か なきゃ よかった

なんで

入って いけ ない の

もやもや する の

二 人 が 話し てる だけ で

そう 思う 自分 が 嫌 な の

告 っちゃ えよ

海 は さ まだ 先輩

でき ない

なんで

できる わけない よ

もし ダメ だったら きっと ギクシャク する

気まずく なる

これ から 皆 で 映画 を 撮る のに

そう なったら 私 いけなく なる

海人 君 も きっと 困る

なら 何も せ ず に もやもや し 続け ん の

人 を 好き に なん ない と 分か ん ない よ

哲郎 に は 分か ん ない よ

そう だ な 悪い

私 も 言いすぎ だ

ごめん

や ん だ や ん だ よかった

あの さ 柑 菜

普通 で いる ん だ 私

夏 休み 楽しく 皆 で 映画 を 撮る の

映画 を 作って 学園 祭 なんか で 発表 し て

とにかく いつも の 谷川 柑 菜 で いる の

そう 決め た の

ああ

ほら 行く よ 哲郎

はい はい

あの 時 は そんな こと が あった なんて

知 りよう も なく

谷川 の 気持ち も

哲郎 の 気持ち も

北原 の 気持ち も

し りよう が なく

あの 時 僕 は ある 思い に 囚 われ て い て

先輩 が いつか い なく なる 思い に

よ よう

は 何 やって ん の

い 入れ て くれ

腕 が 持た ない

生体 反応

こんな 時間 に

何 だ よ こんな 遅く に

つ う か 玄関 から 入って こい よ

悪い 悪い

で なん だ よ

柑 菜 な

谷川 谷川 なら 今日 うち に

あいつ

海 が 好き だ ぜ

谷川 柑 菜 は

霧島 海人 を

好き な ん だ

探し て い た 好き に なる 理由 を

もっとも 嬉しい 言葉 だ と か

気づ い た 時 糸 は もう ずれ 合って

片 結び は ひどく なって た

躊躇 わ ない で 逃げ た の なら

君 は もう 永 ら え ん の

雲 の 形 突き抜ける

思い の 衝動 映画

漂う 真夏 の 香り に

何度 も 思い出し て いる

貴方 くれ た 奇跡 だけ

夕立 の よう に ポツリ と

色 を 染み 出し て い た

沖縄 だ

ああ 沖縄 だ

刺激 的 だ

ああ 魅惑 的 だ

ああ 堪 ん ねえ


×

LingQをより快適にするためCookieを使用しています。サイトの訪問により同意したと見なされます cookie policy.