image

あの夏で待ってる, Ano Natsu de Matteru Episode 4

あ あの

えっ

どう しよ う

頬 を 過ぎる 潮風

君 は 黙って る だけ

本当 は その 横顔

触れ て み たい の に

口付け た 気 が し て た

あれ は そう 夢 の 中

現実 の 境界 を 風 が 触る

何気無い 言葉 で 輝き だし た 日常

いつか 見 た 映画 みたい だ ね

季節 が 巡り 巡って も

僕ら を ずっと 待って る

焦げ た フィルム の よう な 夏 の 薫り

付い て 消え ない 予感

覗 い た レンズ 飛び越え て

その 手 を 掴む から

考える な

深く 考える な 霧島 海人

昨日 は 別に 先輩 に 告白 し た わけ じゃ ない

一昨日 の こと だって 先輩 は 気づ い て なかった じゃ ない か

平常 心 よ イチカ

海人 君 より 年上 の 私 が しっかり し なく ちゃ

いつも の よう に 朝食 を 作って

ちょっと 頑張って

お 弁当 な ん かも 作って み たり

そう さ なんの 問題 も ない

この 家 に 先輩 が 同居 し て いる って だけ で

それ だけ で

自然 体 よ イチカ

あくまで 自然 体 に

いつも 通り に

平常 心 平常 心 平常 心

私 は やれ ば 出来る 子 だ から 自信 持って

いや 出来る 子 って 変 かな

むしろ

おはよう ございます

お おはよう

い いい 天気 です ね

そう です ね

今日 は 晴れ ます よ

そう です ね

もう すぐ 期末 テスト です

そう です ね

勉強 は 苦手 です

そう です か

朝 何 食った かも 覚え て ねえ

おはよう

霧島 君

珍しく 早起き なん だ ね

た たまに は ね

ああ 谷川 昨日 は ごめん

逸れ た まま それ きり に なって

う うん 私 の ほう こそ ごめん ね

って いう か 檸檬 先輩 や 美 桜 が 悪い

昨日 も 散々 謝った

そう だ 聞い て よ 海人 君

昨日 檸檬 先輩 だけ じゃ なく て

哲郎 や 美 桜 も 私 の こと 覗 い て た ん だ よ

ああ そう な の

ごめんなさい 霧島 君

いや 別に

何 か あった の

な 何 か って 何 が

いつも と 態度 が 違う から

そ そ そう かな そんな こと ない よ

いたって 普通 だ よ

昨日 軽井沢 に 行った ん です って

えっ まあ うん

何 し に

買い物 を ちょっと

霧島 君 も い た わ

軽井沢 に

そ そう

霧島 君 霧島 君

面白い わ

や っぱ 困ら し ちゃ って ん だ よ な

う うん そんな こと ない

突然 だった から 動揺 し た だけ な の

私 だって 海人 君 の こと が

マジ っす か

マジ っす よ

わ い 両 思い だ

やった

俺 に そっち の 趣味 は ねえ

そりゃ 俺 の リアクション だ

ほら

弁当

さっき イチカ 先輩 に 頼ま れ た ん だ よ

海 に 渡し て くれ って

先輩 が

せっかく 作って くれ た もん

忘れ ん な よ

ああ そう だ よ な

あの さ 哲郎

例え 話 な ん だ けど さ

A 男 君 が B 子 ちゃん に 告白 め い た こと を し た

直後 B 子 ちゃん は 黙って 帰って しまった

それ 以降 A 男 君 に 対 する B 子 ちゃん の 態度 が

どうにも ぎこちない

B 子 ちゃん の 心理 状態 を 答えよ

困って ん じゃ ねえ

だ よ な

A 美 ちゃん は B 太 君 に 告白 め い た こと を さ れ

あまり の 驚き に その 場 から 逃げ出し て しまい まし た

ここ で クエスチョン

A 美 ちゃん が とる べき 態度 と は

返事 を する べき ね

そう だ ね

ちなみに A 美 ちゃん は B 太 君 の こと を どう 思って いる の

決して 嫌って いる わけ で は あり ませ ん

可愛い と さえ 思って いる よう です

なら オーケー すれ ば

問題 は そう 簡単 で は あり ませ ん

なぜ

それ は

A 美 ちゃん が

いずれ この 町 を 離れ て しまう から です

B 子 ちゃん は 確かに 困って る

けど 迷惑 に 感じ てる の か

ただ 単に 困惑 し てる だけ な の か 分か ん ねえ し

A 男 君 は 結果 を 焦ら ない ほう が いい と 思う ぜ

焦る な か

サボり 魔 発見

あ 谷川

何 疲れ ちゃ った

ちょっと な

あの さ 今朝 聞き そびれ ちゃ った ん だ けど

昨日 逸れ た あと

何 し て た

ああ しかたなく 家 に 戻った けど

そ っか

悪い

探し て くれ た

あら 霧島 君 と 谷川 さん じゃ ない

なん だ 檸檬 先輩 か

ご挨拶 ね

魅力 的 な 年上 の 女性 が

妖艶 な 水着 姿 を 晒し て いる と いう のに

妖艶 って

ただ の スク 水 です けど

檸檬 集合 だって

い 行き ま しょ う 檸檬

ええ

A 美 ちゃん に は C 子 ちゃん って ライバル が いる みたい ね

えっ なん の こと

もし かして まだ 貴 月 先輩 と ギクシャク し てる の

ああ まあ

海人 君 しっかり し なきゃ

そりゃ 貴 月 先輩 は 外国 の 人 だ から

コミニケーション と か

いろいろ と 問題 が ある かも しれ ない

でも ね 先輩 は 一 人 で この 国 に 来 て

不安 だったり 寂しい 思い を し てる ん じゃ ない か な

そこ は 海人 君 が フォロー し て あげ ない と

ああ そう だ な

うん 谷川 の 言う 通り だ と 思う

俺 自分 の こと ばっ か 考え て た

それ じゃ だめ だ よ な

けど 相手 の 人 の こと を ちゃんと 考える 海人 君 は いい と 思う よ

ありがとう

頑張れ

ああ

わ あ C 子 ちゃん 地雷 踏み っぱなし だ よ

C 子 ちゃん

しっかり し なきゃ しっかり

イチカ 先輩

な 何かしら

昨日 の こと な ん です けど

俺 変 な 態度 取っちゃ っ て すみません

でも そういう 意味 じゃ ない です から

気 に し ない で ください

そう だった ん だ

だから 普段 通り で 行き ま しょ う

普段 通り に する

よし これ だ

この パタン で 現状 を 打破 する

俺 は やれ る やる ん だ やら なく ちゃ

やり たい

そんなに 堪って ん の

ええ そりゃ もう

で えっ 真 真奈美 さん

なんなら あたし が 相手 し て あげよ う か

なんの です

な に の

意味 分 かん ない

純情 ぶっちゃ って

まあ いい か

海 あたし 買い物 の 途中 な の

付き合って よ

反論 なし でしょう

ご 明 察

海人 君

海人 君 の 気持ち は とって も 嬉しかった

でも 私 たち は まだ 出会った ばっかり で

だから お 返事 は 少し 時間 を もらえ ない か な

海人 君 の こと を よく 考え て ちゃん と 返事 し ます

それ まで は いつも 通り で い ま しょ う

はい 分かり まし た 先輩 の 言う こと に 従い ます

うん こんな 感じ で 話せ ば

海人 君

あの 女性 は

ど どういう こと

昨日 は 私 に

そりゃ ちゃん と 返事 を し なかった 私 も いけない けど

昨日 の 今日 で もう 違う 女 の 人 と デート し てる の なんて

信じ られ ない

悩 ん で い た 私 が バカ み たい じゃ ない

もう 勝手 に すれ ば いい わ

り の ん リン ゲージ で 私 を シャンプ さ せ て

今日 こそ 応答 し て くれ ない と どう なる か 分から ない わ よ

り の ん これ は あれ な の

お 姉ちゃん さん に 海人 君 の こと を 頼ま れ た から

よろしく ねって 言わ れ た から

それ だけ それ だけ な ん だ から

これ と これ ああ これ も

そんなに 買う の

今回 は 長期 戦 だ から

そう です か

で 次 は どこ 行く ん です

ち ょ 真奈美 さん

嬉しい くせ に

ん な わけ ない でしょ う

あ あんなに 大胆 に

ここ は

あの まだ です か

海 見 たい

いい です よ

どう 似合う

ええ もう ばっ ちり です よ

だから と と と とっとと 買っちゃ っ て ください

そんな

海人 君

海人 こっち に いらっしゃい

はい

いい 子 ね

どう イチカ って 子 より 私 の ほう が 全然 いい でしょ う

もちろん です

告 って も 返事 も し て くれ ない 女 の こと な ん か 忘れ ちゃ い なさい

はい

り の ん

あたし シャワー 浴びる から

勝手 に お茶 でも 飲 ん で て

へえ へえ

海 一緒 に 入る

心 より 遠慮 し ます

可愛く ない わ ね

やれやれ

帰ったら 先輩 に 言わ ない と な

何 を

せ 先輩

どうして

そんな こと は どう で も いい の

だって

帰る わ よ

なんで

いい から 帰る の

ちょ っ ちょっと 待って ください よ

そんなに ここ に い たい の

で でも 挨拶 ぐらい は

先輩

バカ

どうして どうして

なんで 私 こんなに

あの う 先輩 なんか 誤解 し て

何 バタバタ し てん の

誰 この 子

もし かして 海 の

違う ( 違い ます )

じゃあ 何

わ 私 は お 姉ちゃん さん から 海人 君 の こと を 頼ま れ て いる もの です

七海 から

そう です です から

ここ に 海人 君 を い させる わけ に は いき ませ ん

先輩 あの

海人 君 は 黙って て

すみません

うん いい じゃ ない 恋愛 は 自由 よ

随分 と 年上 の よう です けど

歳 の 差 なんて 関係ない わ

海人 君 は 高校 生 です

愛 に 障害 は つきもの よ

真奈美 さん 何 を 言って

海人 君 は 黙って て

すみません

分から ない

何 が です か

お邪魔 な の

私 は 海人 君 を 守る 義務 が ある ん です

それ だけ

それ だけ の 理由 で 他人 の 家 に 断り も なく 上 が りこん で き た わけ

い 行け ませ ん か

非常識 よ

いい加減 白状 し たら

ここ に 来 た 本当 の 理由 を

そんな の あり ませ ん

本当 に

あり ませ ん

海 この 子 相当 鈍い わ よ

何 が

お前 も か

ああ もう 勝手 に すれ ば いい わ

そういう の も 楽しい 時期 だ ろ う し

姉ちゃん なん だ よ また 来 た の か よ

お 姉さん

あれ 海 イチカ 先輩 まで

姉ちゃん が 連れ て き た の

まあ そんな ところ

じゃ まあ ゆっくり し て て よ

つ う か そんな 格好 してん な よ

着替えろ って

分かった 分かった

石垣 君 あの お 姉さん って

紹介 まだ なん です か

あれ 俺 の お 姉ちゃん 小倉 真奈美 です

小倉 苗 字 が

結婚 し て ます から

って いう か 姉ちゃん 旦那 と 喧嘩 する たび に

すぐ こっち 戻って き て グチ グチ する ん です よ

今回 ばかり 許さ ない わ

喧嘩 の 理由 は

あの 人 あたし が 録画 し た 番組 勝手 に 消し た の

う わ くだ ん ねえ

楽しみ に し て た の よ

いい から さとし さ ん とこ 戻れ よ

土下座 し た って 許さ ない

許せ よ

今回 と いう 今回 は ホント に 愛想 が 尽き た わ

尽きる な よ

あんた は どっち の 見方 よ

正義 だ よ

ごめんなさい ホント に ごめんなさい

あい や 大丈夫 です よ

と いう か 心配 かけ て こっち こそ すみ ませ ん

全面 的 に 私 が 悪い です

真奈美 さん が 誤解 さ せる よう な こ と いう から 仕方ない です よ

さあ 行き ま しょ う

ねえ 海人 君 お 詫び を さ せ て

何でも する から

何でも

ええ 何でも

あの 時 僕 は

本当 は 聞き たかった ん だ

昨日 の 返事 を

僕 の こと を どう 思って いる の か

でも

俺 勉強 を 苦手 な ん です

先輩 教え て もらえ ませ ん か

うん 頑張る

そこ の スペル 間違って る わ よ

そこ は 「 E 」 じゃ なく て 「 I 」 です

すみません

英語 が 終わったら 次 は 数学 ね

先輩 もう 寝 ませ ん か 明日 も 学校 ある し

期末 テスト まで 時間 が ない の よ

こんな 学力 じゃ

お 姉ちゃん さん も 心配 する わ

せめて 平均 点 以上 を 目指さ ない と

赤 点 じゃ なきゃ いい です よ

そういう 態度 だ から ダメ な の

勉強 教え て ほしい って 言った の 海人 君 でしょ う

はい

はい 問題 解 い て

うん

言わ なきゃ よかった

おい 海 大丈夫 か

パイ が

あ おっぱい

先輩 が ああいう 性格 だ と 思わ なかった

海人 君 勉強 する わ よ

貴 月 先輩

先輩 今 は お 昼 休み

食べ ながら 勉強 よ 時間 が ない の

あ はい

ああ 大変 そう

でも よかった

何 が

海人 君 と 貴 月 先輩 が ギクシャク し なく なって

うん よかった

C 子 ちゃん は 鈍かった

何 する の よ

もう 女の子 の 頭 に 軽々しく 触る な

女の子 ほう 女の子

何 よ もう 一 回 言って み なさい よ

海人 君

先輩

帰 ろ

夏 休み が 始 ま ろ う と して い た

一生 忘れ られる こと の ない

忘れ られ ない 夏

きっと それ は

皆 も 同じ だった と 思う

喜び や 悲しみ 痛み

そういう の を 全部 ひっくるめ て

たった 一 度 の

あの 夏 が 始まる

探し て い た 好き に なる 理由 を

もっとも 嬉しい 言葉 だ と か

気づ い た 時 糸 は もう ずれ 合って

片 結び は ひどく なって た

躊躇 わ ない で 逃げ た の なら

君 は もう 永 ら え ん の

雲 の 形 突き抜ける

思い の 衝動 映画

漂う 真夏 の 香り に

何度 も 思い出し て いる

貴方 くれ た 奇跡 だけ

夕立 の よう に ポツリ と

色 を 染み 出し て い た

イチカ 先輩 の 正体

見切った

言わ ない で そう で ない と 私 は

哲郎 君 が 死 ん じゃ った



Want to learn a language?


Learn from this text and thousands like it on LingQ.

  • A vast library of audio lessons, all with matching text
  • Revolutionary learning tools
  • A global, interactive learning community.

LingQでオンライン語学学習

あ あの

えっ

どう しよ う

頬 を 過ぎる 潮風

君 は 黙って る だけ

本当 は その 横顔

触れ て み たい の に

口付け た 気 が し て た

あれ は そう 夢 の 中

現実 の 境界 を 風 が 触る

何気無い 言葉 で 輝き だし た 日常

いつか 見 た 映画 みたい だ ね

季節 が 巡り 巡って も

僕ら を ずっと 待って る

焦げ た フィルム の よう な 夏 の 薫り

付い て 消え ない 予感

覗 い た レンズ 飛び越え て

その 手 を 掴む から

考える な

深く 考える な 霧島 海人

昨日 は 別に 先輩 に 告白 し た わけ じゃ ない

一昨日 の こと だって 先輩 は 気づ い て なかった じゃ ない か

平常 心 よ イチカ

海人 君 より 年上 の 私 が しっかり し なく ちゃ

いつも の よう に 朝食 を 作って

ちょっと 頑張って

お 弁当 な ん かも 作って み たり

そう さ なんの 問題 も ない

この 家 に 先輩 が 同居 し て いる って だけ で

それ だけ で

自然 体 よ イチカ

あくまで 自然 体 に

いつも 通り に

平常 心 平常 心 平常 心

私 は やれ ば 出来る 子 だ から 自信 持って

いや 出来る 子 って 変 かな

むしろ

おはよう ございます

お おはよう

い いい 天気 です ね

そう です ね

今日 は 晴れ ます よ

そう です ね

もう すぐ 期末 テスト です

そう です ね

勉強 は 苦手 です

そう です か

朝 何 食った かも 覚え て ねえ

おはよう

霧島 君

珍しく 早起き なん だ ね

た たまに は ね

ああ 谷川 昨日 は ごめん

逸れ た まま それ きり に なって

う うん 私 の ほう こそ ごめん ね

って いう か 檸檬 先輩 や 美 桜 が 悪い

昨日 も 散々 謝った

そう だ 聞い て よ 海人 君

昨日 檸檬 先輩 だけ じゃ なく て

哲郎 や 美 桜 も 私 の こと 覗 い て た ん だ よ

ああ そう な の

ごめんなさい 霧島 君

いや 別に

何 か あった の

な 何 か って 何 が

いつも と 態度 が 違う から

そ そ そう かな そんな こと ない よ

いたって 普通 だ よ

昨日 軽井沢 に 行った ん です って

えっ まあ うん

何 し に

買い物 を ちょっと

霧島 君 も い た わ

軽井沢 に

そ そう

霧島 君 霧島 君

面白い わ

や っぱ 困ら し ちゃ って ん だ よ な

う うん そんな こと ない

突然 だった から 動揺 し た だけ な の

私 だって 海人 君 の こと が

マジ っす か

マジ っす よ

わ い 両 思い だ

やった

俺 に そっち の 趣味 は ねえ

そりゃ 俺 の リアクション だ

ほら

弁当

さっき イチカ 先輩 に 頼ま れ た ん だ よ

海 に 渡し て くれ って

先輩 が

せっかく 作って くれ た もん

忘れ ん な よ

ああ そう だ よ な

あの さ 哲郎

例え 話 な ん だ けど さ

A 男 君 が B 子 ちゃん に 告白 め い た こと を し た

直後 B 子 ちゃん は 黙って 帰って しまった

それ 以降 A 男 君 に 対 する B 子 ちゃん の 態度 が

どうにも ぎこちない

B 子 ちゃん の 心理 状態 を 答えよ

困って ん じゃ ねえ

だ よ な

A 美 ちゃん は B 太 君 に 告白 め い た こと を さ れ

あまり の 驚き に その 場 から 逃げ出し て しまい まし た

ここ で クエスチョン

A 美 ちゃん が とる べき 態度 と は

返事 を する べき ね

そう だ ね

ちなみに A 美 ちゃん は B 太 君 の こと を どう 思って いる の

決して 嫌って いる わけ で は あり ませ ん

可愛い と さえ 思って いる よう です

なら オーケー すれ ば

問題 は そう 簡単 で は あり ませ ん

なぜ

それ は

A 美 ちゃん が

いずれ この 町 を 離れ て しまう から です

B 子 ちゃん は 確かに 困って る

けど 迷惑 に 感じ てる の か

ただ 単に 困惑 し てる だけ な の か 分か ん ねえ し

A 男 君 は 結果 を 焦ら ない ほう が いい と 思う ぜ

焦る な か

サボり 魔 発見

あ 谷川

何 疲れ ちゃ った

ちょっと な

あの さ 今朝 聞き そびれ ちゃ った ん だ けど

昨日 逸れ た あと

何 し て た

ああ しかたなく 家 に 戻った けど

そ っか

悪い

探し て くれ た

あら 霧島 君 と 谷川 さん じゃ ない

なん だ 檸檬 先輩 か

ご挨拶 ね

魅力 的 な 年上 の 女性 が

妖艶 な 水着 姿 を 晒し て いる と いう のに

妖艶 って

ただ の スク 水 です けど

檸檬 集合 だって

い 行き ま しょ う 檸檬

ええ

A 美 ちゃん に は C 子 ちゃん って ライバル が いる みたい ね

えっ なん の こと

もし かして まだ 貴 月 先輩 と ギクシャク し てる の

ああ まあ

海人 君 しっかり し なきゃ

そりゃ 貴 月 先輩 は 外国 の 人 だ から

コミニケーション と か

いろいろ と 問題 が ある かも しれ ない

でも ね 先輩 は 一 人 で この 国 に 来 て

不安 だったり 寂しい 思い を し てる ん じゃ ない か な

そこ は 海人 君 が フォロー し て あげ ない と

ああ そう だ な

うん 谷川 の 言う 通り だ と 思う

俺 自分 の こと ばっ か 考え て た

それ じゃ だめ だ よ な

けど 相手 の 人 の こと を ちゃんと 考える 海人 君 は いい と 思う よ

ありがとう

頑張れ

ああ

わ あ C 子 ちゃん 地雷 踏み っぱなし だ よ

C 子 ちゃん

しっかり し なきゃ しっかり

イチカ 先輩

な 何かしら

昨日 の こと な ん です けど

俺 変 な 態度 取っちゃ っ て すみません

でも そういう 意味 じゃ ない です から

気 に し ない で ください

そう だった ん だ

だから 普段 通り で 行き ま しょ う

普段 通り に する

よし これ だ

この パタン で 現状 を 打破 する

俺 は やれ る やる ん だ やら なく ちゃ

やり たい

そんなに 堪って ん の

ええ そりゃ もう

で えっ 真 真奈美 さん

なんなら あたし が 相手 し て あげよ う か

なんの です

な に の

意味 分 かん ない

純情 ぶっちゃ って

まあ いい か

海 あたし 買い物 の 途中 な の

付き合って よ

反論 なし でしょう

ご 明 察

海人 君

海人 君 の 気持ち は とって も 嬉しかった

でも 私 たち は まだ 出会った ばっかり で

だから お 返事 は 少し 時間 を もらえ ない か な

海人 君 の こと を よく 考え て ちゃん と 返事 し ます

それ まで は いつも 通り で い ま しょ う

はい 分かり まし た 先輩 の 言う こと に 従い ます

うん こんな 感じ で 話せ ば

海人 君

あの 女性 は

ど どういう こと

昨日 は 私 に

そりゃ ちゃん と 返事 を し なかった 私 も いけない けど

昨日 の 今日 で もう 違う 女 の 人 と デート し てる の なんて

信じ られ ない

悩 ん で い た 私 が バカ み たい じゃ ない

もう 勝手 に すれ ば いい わ

り の ん リン ゲージ で 私 を シャンプ さ せ て

今日 こそ 応答 し て くれ ない と どう なる か 分から ない わ よ

り の ん これ は あれ な の

お 姉ちゃん さん に 海人 君 の こと を 頼ま れ た から

よろしく ねって 言わ れ た から

それ だけ それ だけ な ん だ から

これ と これ ああ これ も

そんなに 買う の

今回 は 長期 戦 だ から

そう です か

で 次 は どこ 行く ん です

ち ょ 真奈美 さん

嬉しい くせ に

ん な わけ ない でしょ う

あ あんなに 大胆 に

ここ は

あの まだ です か

海 見 たい

いい です よ

どう 似合う

ええ もう ばっ ちり です よ

だから と と と とっとと 買っちゃ っ て ください

そんな

海人 君

海人 こっち に いらっしゃい

はい

いい 子 ね

どう イチカ って 子 より 私 の ほう が 全然 いい でしょ う

もちろん です

告 って も 返事 も し て くれ ない 女 の こと な ん か 忘れ ちゃ い なさい

はい

り の ん

あたし シャワー 浴びる から

勝手 に お茶 でも 飲 ん で て

へえ へえ

海 一緒 に 入る

心 より 遠慮 し ます

可愛く ない わ ね

やれやれ

帰ったら 先輩 に 言わ ない と な

何 を

せ 先輩

どうして

そんな こと は どう で も いい の

だって

帰る わ よ

なんで

いい から 帰る の

ちょ っ ちょっと 待って ください よ

そんなに ここ に い たい の

で でも 挨拶 ぐらい は

先輩

バカ

どうして どうして

なんで 私 こんなに

あの う 先輩 なんか 誤解 し て

何 バタバタ し てん の

誰 この 子

もし かして 海 の

違う ( 違い ます )

じゃあ 何

わ 私 は お 姉ちゃん さん から 海人 君 の こと を 頼ま れ て いる もの です

七海 から

そう です です から

ここ に 海人 君 を い させる わけ に は いき ませ ん

先輩 あの

海人 君 は 黙って て

すみません

うん いい じゃ ない 恋愛 は 自由 よ

随分 と 年上 の よう です けど

歳 の 差 なんて 関係ない わ

海人 君 は 高校 生 です

愛 に 障害 は つきもの よ

真奈美 さん 何 を 言って

海人 君 は 黙って て

すみません

分から ない

何 が です か

お邪魔 な の

私 は 海人 君 を 守る 義務 が ある ん です

それ だけ

それ だけ の 理由 で 他人 の 家 に 断り も なく 上 が りこん で き た わけ

い 行け ませ ん か

非常識 よ

いい加減 白状 し たら

ここ に 来 た 本当 の 理由 を

そんな の あり ませ ん

本当 に

あり ませ ん

海 この 子 相当 鈍い わ よ

何 が

お前 も か

ああ もう 勝手 に すれ ば いい わ

そういう の も 楽しい 時期 だ ろ う し

姉ちゃん なん だ よ また 来 た の か よ

お 姉さん

あれ 海 イチカ 先輩 まで

姉ちゃん が 連れ て き た の

まあ そんな ところ

じゃ まあ ゆっくり し て て よ

つ う か そんな 格好 してん な よ

着替えろ って

分かった 分かった

石垣 君 あの お 姉さん って

紹介 まだ なん です か

あれ 俺 の お 姉ちゃん 小倉 真奈美 です

小倉 苗 字 が

結婚 し て ます から

って いう か 姉ちゃん 旦那 と 喧嘩 する たび に

すぐ こっち 戻って き て グチ グチ する ん です よ

今回 ばかり 許さ ない わ

喧嘩 の 理由 は

あの 人 あたし が 録画 し た 番組 勝手 に 消し た の

う わ くだ ん ねえ

楽しみ に し て た の よ

いい から さとし さ ん とこ 戻れ よ

土下座 し た って 許さ ない

許せ よ

今回 と いう 今回 は ホント に 愛想 が 尽き た わ

尽きる な よ

あんた は どっち の 見方 よ

正義 だ よ

ごめんなさい ホント に ごめんなさい

あい や 大丈夫 です よ

と いう か 心配 かけ て こっち こそ すみ ませ ん

全面 的 に 私 が 悪い です

真奈美 さん が 誤解 さ せる よう な こ と いう から 仕方ない です よ

さあ 行き ま しょ う

ねえ 海人 君 お 詫び を さ せ て

何でも する から

何でも

ええ 何でも

あの 時 僕 は

本当 は 聞き たかった ん だ

昨日 の 返事 を

僕 の こと を どう 思って いる の か

でも

俺 勉強 を 苦手 な ん です

先輩 教え て もらえ ませ ん か

うん 頑張る

そこ の スペル 間違って る わ よ

そこ は 「 E 」 じゃ なく て 「 I 」 です

すみません

英語 が 終わったら 次 は 数学 ね

先輩 もう 寝 ませ ん か 明日 も 学校 ある し

期末 テスト まで 時間 が ない の よ

こんな 学力 じゃ

お 姉ちゃん さん も 心配 する わ

せめて 平均 点 以上 を 目指さ ない と

赤 点 じゃ なきゃ いい です よ

そういう 態度 だ から ダメ な の

勉強 教え て ほしい って 言った の 海人 君 でしょ う

はい

はい 問題 解 い て

うん

言わ なきゃ よかった

おい 海 大丈夫 か

パイ が

あ おっぱい

先輩 が ああいう 性格 だ と 思わ なかった

海人 君 勉強 する わ よ

貴 月 先輩

先輩 今 は お 昼 休み

食べ ながら 勉強 よ 時間 が ない の

あ はい

ああ 大変 そう

でも よかった

何 が

海人 君 と 貴 月 先輩 が ギクシャク し なく なって

うん よかった

C 子 ちゃん は 鈍かった

何 する の よ

もう 女の子 の 頭 に 軽々しく 触る な

女の子 ほう 女の子

何 よ もう 一 回 言って み なさい よ

海人 君

先輩

帰 ろ

夏 休み が 始 ま ろ う と して い た

一生 忘れ られる こと の ない

忘れ られ ない 夏

きっと それ は

皆 も 同じ だった と 思う

喜び や 悲しみ 痛み

そういう の を 全部 ひっくるめ て

たった 一 度 の

あの 夏 が 始まる

探し て い た 好き に なる 理由 を

もっとも 嬉しい 言葉 だ と か

気づ い た 時 糸 は もう ずれ 合って

片 結び は ひどく なって た

躊躇 わ ない で 逃げ た の なら

君 は もう 永 ら え ん の

雲 の 形 突き抜ける

思い の 衝動 映画

漂う 真夏 の 香り に

何度 も 思い出し て いる

貴方 くれ た 奇跡 だけ

夕立 の よう に ポツリ と

色 を 染み 出し て い た

イチカ 先輩 の 正体

見切った

言わ ない で そう で ない と 私 は

哲郎 君 が 死 ん じゃ った


×

LingQをより快適にするためCookieを使用しています。サイトの訪問により同意したと見なされます cookie policy.