image

あの夏で待ってる, Ano Natsu de Matteru Episode 3

朦朧 と し た 意識 の 中 で

溢れ て た 思い だった

あの 時 の 僕 は

心 の 中 を 整理 する 余裕 も なく て

先輩 と 出会って

一 日 しか 経って ない のに

僕 は

先輩 先輩

俺 俺 は

ダメ

言っちゃ ダメ

お 願い

なんで

なんで 言ったら ダメ な ん です か

なん で って

海人 君 が 私 の 恋愛 対象 に なる わけない じゃ ない

だって 年 下 だ し メガネ だ し 貧弱 だ し

メガネ だ し 妄想 する し エッチ だ し

自 意識 過剰 って いう か

やめろ やめ て くれ

これ 以上 妄想 す ん な よ 俺

前略 姉 上 様

不 肖 の 弟 です

あなた の 弟 は 忘 想 し た 挙句 見事 に 自爆 し て しまい まし た

情けない 男 で すみません

生き て て すみません

頬 を 過ぎる 潮風

君 は 黙って る だけ

本当 は その 横顔

触れ て み たい の に

口付け た 気 が し て た

あれ は そう 夢 の 中

現実 の 境界 を 風 が 触る

何気無い 言葉 で 輝き だし た 日常

いつか 見 た 映画 みたい だ ね

季節 が 巡り 巡って も

僕ら を ずっと 待って る

焦げ た フィルム の よう な 夏 の 薫り

付い て 消え ない 予感

覗 い た レンズ 飛び越え て

その 手 を 掴む から

海人 君 起き て 海人 君

そろそろ 起き ない と 学校 に 遅刻 し ちゃ う わ

もう 朝食 を 取る 時間 も

休む って

どうか し た の 海人 君

もし かして 体調 が

り の ん

体 に 異常 なし

だったら どうして

海人 君 海人 君

海人 君

今日 は 休み ます 放って おい て ください

ね 放って おい て いい の か な

そもそも どうして 口 で 言わ ず に 紙 で 書 い て 渡し て き た の かしら

もし かして

何 か の 暗号 だったり し て

ふん 本当 に 面白い わ イチカ は

何 か 間違って た

これ は ね イチカ

ただ の ずる やすみ よ

ずる やすみ

つまり 霧島 君 に は 学校 に 行き たく ない 理由 が でき た の ね

勉強 し たく ない と か

誰 か に 会い たく ない と か

会い たく ない

理由

昨日 の 夜 何 が あった の

な 何も ない けど

あった の ね

若い って いい わ ね う ふ ふ ふ ふ

ねえ 美 桜 昨日 の こと 覚え てる

えっ と 皆 で 映画 の 話 を し て 乾杯 し て トランプ し て た の は 覚え てる ん だ けど

そこ から 先 は あんまり

実は 私 も

いつの間にか 寝 ちゃ って た し

起き たら 頭 が 痛かった し

何で だ ろ う

おう おはよう

ああ 哲郎 あんた 昨日 の こと 覚え てる

いや 俺 も あん ま 分か ん ねえ ん だ

あっ そう そう

登校 途中 檸檬 先輩 と 会って さ

柑 菜 に これ って

檸檬 先輩

なん だ ろ う

写真

ダメダメ ダメダメ 見 ちゃ ダメ

なんで だ よ

ダメ な もの は ダメ な の

何 何 な の 何 が あった の

昨日 の 私

柑 菜

はい 席 に 付い て

朝 の ホームルーム を 始め ます

ええ 最初 に 霧島 君 が 具合 が 悪い ので

欠席 する と の 連絡 が あり まし た

海 の やつ 風邪

昨日 は 元気 そう だった けど

皆 も 体調 に は 十分 注意 し て ください

はい で は 出席 を 取り ます

海人 君

愛川 さん

やっぱり 私 の 正体 分かっちゃ っ てる の か な

海人 君

先輩

先輩

俺 俺 は

きづ い た ん です よ

先輩 は この 星 の 人間 じゃ ない って

そ それ は

この 人 エイリアン す よ 超 ヤベ っす よ

助け て この 星 に 居る メン * イン * ブラァーック

いや 助け て

モルモット は イヤ 解剖 は もっと イヤーッ

なんて 恐ろしい こと に

でも どう やって 海人 君 に 説明 し たら いい か

正直 に 話し た ほう が いい の か な

でも その 時 海人 君 は

先輩 今頃

ええ 海人 君 に 告白 さ れ た

そう な の 昨日 の 夜 いきなり

それ で 返事 は

もちろん NO

う わ 海 の やつ 身の程 わきまえ なかった ね

恐れ多い かも

と いう より 無謀 ね

なんで こんな 不吉 な 妄想 を し て しまう ん だ 俺 は

何 な ん だ よ お前 は

美 桜 帰 ろ っか

うん

あれ

行か ねえ の

行く って どこ に

お 見舞い 海 ん とこ

具合 悪い の に 行ったら 迷惑 でしょ う

腹 減らし てる かも しれ ない ぜ

貴 月 先輩 が いる もの ちゃん と お 世話 し て くれる わ よ

確かに そうだ よ な

イチカ 先輩 だったら 海 の こと めちゃくちゃ お 世話 し て そう だ よ な

もう 手 取り 腰 取り

はい 海人 君

キレイ キレイ し ま しょ う ね

ありがとう ござい ます 先輩

ここ も 念入り に

そ そこ は

後ろ から

My god

美 桜 用事 思い出し た から 先 に 帰る ね

あ 柑 菜

は は どこ 行く か バレバレ

哲郎 君 は いい の

何 が

それ で いい の

どういう 意味

だから 哲郎 くん は

これ は チャンス ね

檸檬 先輩

さ 行く わ よ

行く って どこ に です か

ふ ふ 決まって る じゃ ない

あ 八 ミリ

先輩 の です か

こんな こと が あ ろ う か と 用意 し て おい た の よ

リアル の シーン が 取れ そう だ わ う ふ ふ ふ ふ ふ

どんな 時 でも 人 って 腹 が へる もん だ よ な

お前 何 っ つ っ た っけ

り の ん だ っけ

お前 も なんか 食う

宅配 かな

はい えっ

海人 君

た 谷川

あの 俺 違う から ちゃん と 言って ない し

返事 も 聞い て ない し

だから 笑わ ない で

何 言って る の

顔 赤 よ

まだ 具合 悪い の

あ ああ いや 大丈夫 大丈夫

ちょっと 寝 たら 具合 よく なった し

もう 全然 平気 だ から

ホント に

ごめん 嘘 つく の は よく ない よ な

実は 今日 サボった ん だ

ちょっと いろいろ あって

よかった

元気 なら よかった

ごめん 心配 かける よう な 真似 し て

謝ら なく て いい よ 安心 で きたし

見舞い に 来 て くれ た ん だ よ な ありがとう

ああ 立ち話 も なん だ から 上がって

へえ 昨日 私 に 告 って おいて

もう 別 の 女の子 部屋 に 連れ込 ん じゃ ん だ

海人 君 肉食 って いう か 雑 食

ここ は まずい

へ なに

ああ えっ と

これ から ど っか 行か ない

どう し た の いきなり

行き たい ん だ

う うん

いい けど

じゃ 着替え て くる から ちょっと 待って て

うん

お 待た せ

ど どこ 行く

久しぶり に 軽井沢 行 こっか

映画 の ロケハン 兼ねて

うん

なん だ 出かける の か

霧島 君 病気 じゃ なかった の

これ は これ で 好都合 よ

さあ 行く わ よ スネーク

このまま 家 に 帰ら ず どこ か に 行って しまえ ば

でも お 姉ちゃん さん に 海人 君 の こと 頼ま れ てる し

海人 君 に 谷川 さん

どうして

あ まさか

先輩 地球 人 じゃ ない ん す よ エイリアン す よ

助け て メン * イン * ブラァーック

り の ん 聞こえる り の ん

お 願い リン ゲージ で 私 を ジャンプ さ せ て

なんで 返事 し て くれ ない の よ もう

け 結構 混 ん でる ね

7 月 の 土曜日 だ から ね

どこ を ロケハン する

特に 考え て ない から ぶらぶら と

じゃあ ぶらぶら で

なんだか デート みたい

だ な

しかし

こう 人 が 多い と 撮影 に は 向か ない わ ね

わ な ん っす か それ

これ ぐらい は 当然 でしょ う

当然 っす か

そう よ

青春 の 煌 き は 一瞬

それ を モノ に する ため に は

あらゆる 努力 が 必要 な の よ

そういう もん っす か

どう し た

う うん あの 私 喉 が 乾 い た から

ジュース 買って くる ね

あ は 俺 も 行く よ

檸檬 先輩 要り ます

お 願い する わ

どこ に 行っちゃ っ た の よ もう

ありがとう ござい まし た

お 待た せ

ごめん ね 付き合って もらって

別に いい よ 俺 も 喉 乾 い て た し

うん

ああ うめ え もう 一 つ 大きい サイズ に し ときゃ よかった かな

霧島 君 どうして 学校 休 ん だ の か な

そりゃ 決まって る だ ろ

貴 月 先輩

ま 休む くらい だ から な

なんか トラブル で も あった ん だ ろ う

けど 柑 菜 から すりゃ チャンス だ よ な

蹴ら れる

人 の 恋 路 を 邪魔 する と

邪魔 し てる か

これ でも 応援 し てる つもり だ ぜ

し てる よ 邪魔

哲郎 君 は 蹴ら れる よ

自分 に

それ は 多分 ね

痛い よ

お 気遣い どうも

けど それ は 美 桜 の 思いすごし

柑 菜 は ガキ ん ごろ から の 幼馴染

それ だけ だ よ

おう 結構 見晴らし な

よ さ そう な 場所 を 見つかった

まあ ね

良かった

ありがとう な 谷川

何 が

学校 を サボった 理由 聞か ない で くれ って

気 に なる よ

気 に なる けど

海人 君 が 言い たく ない なら 言わ なく て いい よ

先輩 の お こと で さ

で 別に 特別 なんか あった わけ じゃ なく て

実際 何も なかった し

や っぱ さ 他人 の しかも 女 の 人 と いきなり 一緒 に 暮らす って の は

いろいろ と 気 を 遣う から

貴 月 先輩 美人 だ もの ね

その スタイル だって いい し

けど 年上 で 外国 の 人 だ から

微妙 に 咬 み 合わ ない ところ が あったり

そういう の を 意識 し ちゃ って

優しい ん だ

そう なん じゃ ない よ

そう なん じゃ

何 言って ん だ ろ う な 俺

あれ 檸檬 先輩 は

何 し てる ん です か

えっ 何 が 檸檬 先輩

迂闊 映像 美 を 追求 する あまり 隠れる の を 忘れ て しまった わ

な に を 撮って る ん です か

青春 真っ盛り の 思春期 の 少女 から 繰り出さ れる

青臭い 告白

わけ 分か ん ない こと 言わ ない で ください

これ は 盗 撮 です よ 盗 撮

立派 な 犯罪 です

って か 今朝 の 写真 は 何 な ん です か

あんな 姿 隠し撮り し て

あんな 姿 ?

こ こっち の 話 で

ああ 逃げ た 待ち なさい 先輩 先輩 ったら

何 な ん だ 一体

った く どこ 行った ん だ が

あれ って

もう 探し まし た よ

あら ありがとう

氷 溶け てる

自業自得 です

は ああ ああ

あっ 柑 菜

ど どうして 美 桜 たち まで ここ に いる の

そ それ は

いや これ は 檸檬 先輩 に 協力 しろ って 言わ れ て それ で

嬉々 と して つい て き た くせ に

ち ょ それ は 檸檬 先輩 が

違う の 柑 菜 これ は

覗 い て た ん だ ずっと

もう 皆 の バカ

今 の 声

谷川 どこ 行った ん だ

すみません

せ 先輩

海人 君

な なんで

その 私 ね

ちょっと 海人 君 に 話 が ね

ある って いう か その

海人 君

ま 待って

嫌 です

どうして 逃げる の

なんで 追いかけ て くる ん です か

理由 が ある もの

こっち に だって あり ます

どこ 行った ん だ 海 は

帰った の か な

残念 だった わ ね 谷川 さん

どういう 意味 です か

う ふ ふ ふ ふ

何 笑って る ん です か もう

なんで ここ まで

理由 って 何 な ん です か

昨日 海人 君 が 言 お う と した こと って 私 に つい て だ よ ね

え ええ

お 願い 言わ ない で

バレ たら 困る

大 変な こと に なる

大 変な こと

なる でしょ う

まあ 状況 に よって は なる かも しれ ませ ん けど

ほら なる ん じゃ ない

そう なったら 海人 君 の 家 に も い られ なく なる

あの 場所 に も

いや 別に 出 て いく 必要 は

そりゃ 多少 は ぎくしゃく する と 思う けど

すみません そんなに 困る と 思って なかった から

この こと は 海人 君 の 心 の 中 に 締まって おい て

皆 に は 言わ ない で

は いう わけない じゃ ない です か

ホント に

恥ずかしい でしょ う

恥ずかしい

決まって ます

そんなに

俺 振ら れ た ん です よ

えっ 誰 に

質問 先輩 は 俺 が どんな こと 言う と 思って た ん です か

だから それ は

私 の 人 に 言え ない 秘密 を

そう な の ある ん です か

質問 昨日 海人 君 は 何 を 言 お う と し た の

言え ませ ん

どうして

先輩 こそ 人 に 言え ない 秘密 って なん です か

ず ずるい 私 の 質問 に

先輩 が 言え ば

言い ます よ

ホント に わから ない です か ( ホント に わから ない の )

ホント に

あ あの

そう いえ ば 今日 何も 食べ て なかった

昨日 の こと は お互いに 触れ ず

僕達 は たわいない 話 を し た

趣味 と か 好き な 食べ物 と か

そう 僕達 は まだ

その 程度 の 関係 で しか ない こと を 知って

なんだか 気持ち が 軽く なった

もう 勝手 に 撮ったら ダメ

いい じゃ ない です か これ から たくさん 撮る ん です から

それ は そう だ けど

はい 目線 ください

あっ はい 海人 君 昨日 の こと 以外 で 質問 が あり ます

な ん です 一体 誰 に 振ら れ た ん です か

それ は

誰 誰

嘘 です よ 嘘

振ら れ て な ん か い ませ ん

ホント に

ホント です って ば

じゃあ 好き な 人 は い ない の

それ は

分かった

谷川 さん でしょ う

今日 だって 一緒 に いたし

違い ます

じゃあ 北原 さん

違い ます って

じゃ も しか して 私 だったり

あ な ん て

あれ

あれ

探し て い た 好き に なる 理由 を

もっとも 嬉しい 言葉 だ と か

気づ い た 時 糸 は もう ずれ 合って

片 結び は ひどく なって た

躊躇 わ ない で 逃げ た の なら

君 は もう 永 ら え ん の

雲 の 形 突き抜ける

思い の 衝動 映画

漂う 真夏 の 香り に

何度 も 思い出し て いる

貴方 くれ た 奇跡 だけ

夕立 の よう に ポツリ と

色 を 染み 出し て い た

檸檬 先輩 AO 君 が B 子 ちゃん に 告白 し まし た

A 美 ちゃん が B 太 君 に

C 子 ちゃん ピンチ です

誰 が 誰 だ か 分から ない わ



Want to learn a language?


Learn from this text and thousands like it on LingQ.

  • A vast library of audio lessons, all with matching text
  • Revolutionary learning tools
  • A global, interactive learning community.

LingQでオンライン語学学習

朦朧 と し た 意識 の 中 で

溢れ て た 思い だった

あの 時 の 僕 は

心 の 中 を 整理 する 余裕 も なく て

先輩 と 出会って

一 日 しか 経って ない のに

僕 は

先輩 先輩

俺 俺 は

ダメ

言っちゃ ダメ

お 願い

なんで

なんで 言ったら ダメ な ん です か

なん で って

海人 君 が 私 の 恋愛 対象 に なる わけない じゃ ない

だって 年 下 だ し メガネ だ し 貧弱 だ し

メガネ だ し 妄想 する し エッチ だ し

自 意識 過剰 って いう か

やめろ やめ て くれ

これ 以上 妄想 す ん な よ 俺

前略 姉 上 様

不 肖 の 弟 です

あなた の 弟 は 忘 想 し た 挙句 見事 に 自爆 し て しまい まし た

情けない 男 で すみません

生き て て すみません

頬 を 過ぎる 潮風

君 は 黙って る だけ

本当 は その 横顔

触れ て み たい の に

口付け た 気 が し て た

あれ は そう 夢 の 中

現実 の 境界 を 風 が 触る

何気無い 言葉 で 輝き だし た 日常

いつか 見 た 映画 みたい だ ね

季節 が 巡り 巡って も

僕ら を ずっと 待って る

焦げ た フィルム の よう な 夏 の 薫り

付い て 消え ない 予感

覗 い た レンズ 飛び越え て

その 手 を 掴む から

海人 君 起き て 海人 君

そろそろ 起き ない と 学校 に 遅刻 し ちゃ う わ

もう 朝食 を 取る 時間 も

休む って

どうか し た の 海人 君

もし かして 体調 が

り の ん

体 に 異常 なし

だったら どうして

海人 君 海人 君

海人 君

今日 は 休み ます 放って おい て ください

ね 放って おい て いい の か な

そもそも どうして 口 で 言わ ず に 紙 で 書 い て 渡し て き た の かしら

もし かして

何 か の 暗号 だったり し て

ふん 本当 に 面白い わ イチカ は

何 か 間違って た

これ は ね イチカ

ただ の ずる やすみ よ

ずる やすみ

つまり 霧島 君 に は 学校 に 行き たく ない 理由 が でき た の ね

勉強 し たく ない と か

誰 か に 会い たく ない と か

会い たく ない

理由

昨日 の 夜 何 が あった の

な 何も ない けど

あった の ね

若い って いい わ ね う ふ ふ ふ ふ

ねえ 美 桜 昨日 の こと 覚え てる

えっ と 皆 で 映画 の 話 を し て 乾杯 し て トランプ し て た の は 覚え てる ん だ けど

そこ から 先 は あんまり

実は 私 も

いつの間にか 寝 ちゃ って た し

起き たら 頭 が 痛かった し

何で だ ろ う

おう おはよう

ああ 哲郎 あんた 昨日 の こと 覚え てる

いや 俺 も あん ま 分か ん ねえ ん だ

あっ そう そう

登校 途中 檸檬 先輩 と 会って さ

柑 菜 に これ って

檸檬 先輩

なん だ ろ う

写真

ダメダメ ダメダメ 見 ちゃ ダメ

なんで だ よ

ダメ な もの は ダメ な の

何 何 な の 何 が あった の

昨日 の 私

柑 菜

はい 席 に 付い て

朝 の ホームルーム を 始め ます

ええ 最初 に 霧島 君 が 具合 が 悪い ので

欠席 する と の 連絡 が あり まし た

海 の やつ 風邪

昨日 は 元気 そう だった けど

皆 も 体調 に は 十分 注意 し て ください

はい で は 出席 を 取り ます

海人 君

愛川 さん

やっぱり 私 の 正体 分かっちゃ っ てる の か な

海人 君

先輩

先輩

俺 俺 は

きづ い た ん です よ

先輩 は この 星 の 人間 じゃ ない って

そ それ は

この 人 エイリアン す よ 超 ヤベ っす よ

助け て この 星 に 居る メン * イン * ブラァーック

いや 助け て

モルモット は イヤ 解剖 は もっと イヤーッ

なんて 恐ろしい こと に

でも どう やって 海人 君 に 説明 し たら いい か

正直 に 話し た ほう が いい の か な

でも その 時 海人 君 は

先輩 今頃

ええ 海人 君 に 告白 さ れ た

そう な の 昨日 の 夜 いきなり

それ で 返事 は

もちろん NO

う わ 海 の やつ 身の程 わきまえ なかった ね

恐れ多い かも

と いう より 無謀 ね

なんで こんな 不吉 な 妄想 を し て しまう ん だ 俺 は

何 な ん だ よ お前 は

美 桜 帰 ろ っか

うん

あれ

行か ねえ の

行く って どこ に

お 見舞い 海 ん とこ

具合 悪い の に 行ったら 迷惑 でしょ う

腹 減らし てる かも しれ ない ぜ

貴 月 先輩 が いる もの ちゃん と お 世話 し て くれる わ よ

確かに そうだ よ な

イチカ 先輩 だったら 海 の こと めちゃくちゃ お 世話 し て そう だ よ な

もう 手 取り 腰 取り

はい 海人 君

キレイ キレイ し ま しょ う ね

ありがとう ござい ます 先輩

ここ も 念入り に

そ そこ は

後ろ から

My god

美 桜 用事 思い出し た から 先 に 帰る ね

あ 柑 菜

は は どこ 行く か バレバレ

哲郎 君 は いい の

何 が

それ で いい の

どういう 意味

だから 哲郎 くん は

これ は チャンス ね

檸檬 先輩

さ 行く わ よ

行く って どこ に です か

ふ ふ 決まって る じゃ ない

あ 八 ミリ

先輩 の です か

こんな こと が あ ろ う か と 用意 し て おい た の よ

リアル の シーン が 取れ そう だ わ う ふ ふ ふ ふ ふ

どんな 時 でも 人 って 腹 が へる もん だ よ な

お前 何 っ つ っ た っけ

り の ん だ っけ

お前 も なんか 食う

宅配 かな

はい えっ

海人 君

た 谷川

あの 俺 違う から ちゃん と 言って ない し

返事 も 聞い て ない し

だから 笑わ ない で

何 言って る の

顔 赤 よ

まだ 具合 悪い の

あ ああ いや 大丈夫 大丈夫

ちょっと 寝 たら 具合 よく なった し

もう 全然 平気 だ から

ホント に

ごめん 嘘 つく の は よく ない よ な

実は 今日 サボった ん だ

ちょっと いろいろ あって

よかった

元気 なら よかった

ごめん 心配 かける よう な 真似 し て

謝ら なく て いい よ 安心 で きたし

見舞い に 来 て くれ た ん だ よ な ありがとう

ああ 立ち話 も なん だ から 上がって

へえ 昨日 私 に 告 って おいて

もう 別 の 女の子 部屋 に 連れ込 ん じゃ ん だ

海人 君 肉食 って いう か 雑 食

ここ は まずい

へ なに

ああ えっ と

これ から ど っか 行か ない

どう し た の いきなり

行き たい ん だ

う うん

いい けど

じゃ 着替え て くる から ちょっと 待って て

うん

お 待た せ

ど どこ 行く

久しぶり に 軽井沢 行 こっか

映画 の ロケハン 兼ねて

うん

なん だ 出かける の か

霧島 君 病気 じゃ なかった の

これ は これ で 好都合 よ

さあ 行く わ よ スネーク

このまま 家 に 帰ら ず どこ か に 行って しまえ ば

でも お 姉ちゃん さん に 海人 君 の こと 頼ま れ てる し

海人 君 に 谷川 さん

どうして

あ まさか

先輩 地球 人 じゃ ない ん す よ エイリアン す よ

助け て メン * イン * ブラァーック

り の ん 聞こえる り の ん

お 願い リン ゲージ で 私 を ジャンプ さ せ て

なんで 返事 し て くれ ない の よ もう

け 結構 混 ん でる ね

7 月 の 土曜日 だ から ね

どこ を ロケハン する

特に 考え て ない から ぶらぶら と

じゃあ ぶらぶら で

なんだか デート みたい

だ な

しかし

こう 人 が 多い と 撮影 に は 向か ない わ ね

わ な ん っす か それ

これ ぐらい は 当然 でしょ う

当然 っす か

そう よ

青春 の 煌 き は 一瞬

それ を モノ に する ため に は

あらゆる 努力 が 必要 な の よ

そういう もん っす か

どう し た

う うん あの 私 喉 が 乾 い た から

ジュース 買って くる ね

あ は 俺 も 行く よ

檸檬 先輩 要り ます

お 願い する わ

どこ に 行っちゃ っ た の よ もう

ありがとう ござい まし た

お 待た せ

ごめん ね 付き合って もらって

別に いい よ 俺 も 喉 乾 い て た し

うん

ああ うめ え もう 一 つ 大きい サイズ に し ときゃ よかった かな

霧島 君 どうして 学校 休 ん だ の か な

そりゃ 決まって る だ ろ

貴 月 先輩

ま 休む くらい だ から な

なんか トラブル で も あった ん だ ろ う

けど 柑 菜 から すりゃ チャンス だ よ な

蹴ら れる

人 の 恋 路 を 邪魔 する と

邪魔 し てる か

これ でも 応援 し てる つもり だ ぜ

し てる よ 邪魔

哲郎 君 は 蹴ら れる よ

自分 に

それ は 多分 ね

痛い よ

お 気遣い どうも

けど それ は 美 桜 の 思いすごし

柑 菜 は ガキ ん ごろ から の 幼馴染

それ だけ だ よ

おう 結構 見晴らし な

よ さ そう な 場所 を 見つかった

まあ ね

良かった

ありがとう な 谷川

何 が

学校 を サボった 理由 聞か ない で くれ って

気 に なる よ

気 に なる けど

海人 君 が 言い たく ない なら 言わ なく て いい よ

先輩 の お こと で さ

で 別に 特別 なんか あった わけ じゃ なく て

実際 何も なかった し

や っぱ さ 他人 の しかも 女 の 人 と いきなり 一緒 に 暮らす って の は

いろいろ と 気 を 遣う から

貴 月 先輩 美人 だ もの ね

その スタイル だって いい し

けど 年上 で 外国 の 人 だ から

微妙 に 咬 み 合わ ない ところ が あったり

そういう の を 意識 し ちゃ って

優しい ん だ

そう なん じゃ ない よ

そう なん じゃ

何 言って ん だ ろ う な 俺

あれ 檸檬 先輩 は

何 し てる ん です か

えっ 何 が 檸檬 先輩

迂闊 映像 美 を 追求 する あまり 隠れる の を 忘れ て しまった わ

な に を 撮って る ん です か

青春 真っ盛り の 思春期 の 少女 から 繰り出さ れる

青臭い 告白

わけ 分か ん ない こと 言わ ない で ください

これ は 盗 撮 です よ 盗 撮

立派 な 犯罪 です

って か 今朝 の 写真 は 何 な ん です か

あんな 姿 隠し撮り し て

あんな 姿 ?

こ こっち の 話 で

ああ 逃げ た 待ち なさい 先輩 先輩 ったら

何 な ん だ 一体

った く どこ 行った ん だ が

あれ って

もう 探し まし た よ

あら ありがとう

氷 溶け てる

自業自得 です

は ああ ああ

あっ 柑 菜

ど どうして 美 桜 たち まで ここ に いる の

そ それ は

いや これ は 檸檬 先輩 に 協力 しろ って 言わ れ て それ で

嬉々 と して つい て き た くせ に

ち ょ それ は 檸檬 先輩 が

違う の 柑 菜 これ は

覗 い て た ん だ ずっと

もう 皆 の バカ

今 の 声

谷川 どこ 行った ん だ

すみません

せ 先輩

海人 君

な なんで

その 私 ね

ちょっと 海人 君 に 話 が ね

ある って いう か その

海人 君

ま 待って

嫌 です

どうして 逃げる の

なんで 追いかけ て くる ん です か

理由 が ある もの

こっち に だって あり ます

どこ 行った ん だ 海 は

帰った の か な

残念 だった わ ね 谷川 さん

どういう 意味 です か

う ふ ふ ふ ふ

何 笑って る ん です か もう

なんで ここ まで

理由 って 何 な ん です か

昨日 海人 君 が 言 お う と した こと って 私 に つい て だ よ ね

え ええ

お 願い 言わ ない で

バレ たら 困る

大 変な こと に なる

大 変な こと

なる でしょ う

まあ 状況 に よって は なる かも しれ ませ ん けど

ほら なる ん じゃ ない

そう なったら 海人 君 の 家 に も い られ なく なる

あの 場所 に も

いや 別に 出 て いく 必要 は

そりゃ 多少 は ぎくしゃく する と 思う けど

すみません そんなに 困る と 思って なかった から

この こと は 海人 君 の 心 の 中 に 締まって おい て

皆 に は 言わ ない で

は いう わけない じゃ ない です か

ホント に

恥ずかしい でしょ う

恥ずかしい

決まって ます

そんなに

俺 振ら れ た ん です よ

えっ 誰 に

質問 先輩 は 俺 が どんな こと 言う と 思って た ん です か

だから それ は

私 の 人 に 言え ない 秘密 を

そう な の ある ん です か

質問 昨日 海人 君 は 何 を 言 お う と し た の

言え ませ ん

どうして

先輩 こそ 人 に 言え ない 秘密 って なん です か

ず ずるい 私 の 質問 に

先輩 が 言え ば

言い ます よ

ホント に わから ない です か ( ホント に わから ない の )

ホント に

あ あの

そう いえ ば 今日 何も 食べ て なかった

昨日 の こと は お互いに 触れ ず

僕達 は たわいない 話 を し た

趣味 と か 好き な 食べ物 と か

そう 僕達 は まだ

その 程度 の 関係 で しか ない こと を 知って

なんだか 気持ち が 軽く なった

もう 勝手 に 撮ったら ダメ

いい じゃ ない です か これ から たくさん 撮る ん です から

それ は そう だ けど

はい 目線 ください

あっ はい 海人 君 昨日 の こと 以外 で 質問 が あり ます

な ん です 一体 誰 に 振ら れ た ん です か

それ は

誰 誰

嘘 です よ 嘘

振ら れ て な ん か い ませ ん

ホント に

ホント です って ば

じゃあ 好き な 人 は い ない の

それ は

分かった

谷川 さん でしょ う

今日 だって 一緒 に いたし

違い ます

じゃあ 北原 さん

違い ます って

じゃ も しか して 私 だったり

あ な ん て

あれ

あれ

探し て い た 好き に なる 理由 を

もっとも 嬉しい 言葉 だ と か

気づ い た 時 糸 は もう ずれ 合って

片 結び は ひどく なって た

躊躇 わ ない で 逃げ た の なら

君 は もう 永 ら え ん の

雲 の 形 突き抜ける

思い の 衝動 映画

漂う 真夏 の 香り に

何度 も 思い出し て いる

貴方 くれ た 奇跡 だけ

夕立 の よう に ポツリ と

色 を 染み 出し て い た

檸檬 先輩 AO 君 が B 子 ちゃん に 告白 し まし た

A 美 ちゃん が B 太 君 に

C 子 ちゃん ピンチ です

誰 が 誰 だ か 分から ない わ


×

LingQをより快適にするためCookieを使用しています。サイトの訪問により同意したと見なされます cookie policy.