image

あの夏で待ってる, Ano Natsu de Matteru Episode 2

子供 の ごろ から

私 の 頭 の 中 に イメージ が あった

それ は どこ に でも あり そう な 風景

幾 度 と なく 見 続け てる 夢 の 景色

けれど 私 は その 場所 に 行った こと が ない

イン グローブ の アンチフェミナス を 受け た せい だ と 言わ れ た けど

ホント は 理由 なんて どうでも 良かった

ただ 私 は 何 か を 探し たかった の だ

だから 私 は 旅 に 出 た

エマージェンシー

デブリ 帯 に バンプ って

なんで

辺境 だ から クリーナー なんて

お 願 いり の ん

船体 制御

船体 安定 次第 ショット ジャンプ

なあ

お 願い 私 を あの 場所 まで 連れ て 行って

あと 少し

落下 予定 位置 に 生体 反応

私 は きっと その 場所 を 求め て いる

頬 を 過ぎる 潮風

君 は 黙って る だけ

本当 は その 横顔

触れ て み たい の に

口付け た 気 が し て た

あれ は そう 夢 の 中

現実 の 境界 を 風 が 触る

何気無い 言葉 で 輝き だし た 日常

いつか 見 た 映画 みたい だ ね

季節 が 巡り 巡って も

僕ら を ずっと 待って る

焦げ た フィルム の よう な 夏 の 薫り

付い て 消え ない 予感

覗 い た レンズ 飛び越え て

その 手 を 掴む から

七海 さん 七海 さん

柑 菜 ちゃん

や だ お 姉ちゃん 変 な 夢見 ちゃ った

何 かね 光 の 中 で 海 君 が 裸 の 女 の 人 に 抱きかかえ られ て て ね

そう とても 可愛い らしい

う うん とっても 美しい 女の子 だった わ

そう そう ちょうど そこ に いる 女の子 みたい

七海 さん

どういう こ と か 説明 し て もらえ る かしら

最初 に 言 っと く けど 誤解 し ない で ほしい ん だ

どういう 誤解

君 が 心 の 中 で 思って いる よう な こと

とにかく 彼女 は

貴 月 イチカ 先輩

今日 うち の 学校 の 三 年 に 転入 し て き た 人

正解

貴 月 イチカ さん ね

はじめ まして 海 君 の お 姉ちゃん の 七海 です

お邪魔 し て おり ます

さ れ て ます

で 今日 出合った ばかり の 先輩 が どうして 海 君 の うち に いる わけ

そそれ は

じ 実は クワン リンケージ に 不 具合 が 出 て

オルタ レイト に 深刻 な 被害 が 出 た ため 行く 宛て が 無く その うえ

インク ローブ に も それ は もう 甚大 な 被害 が

難しく て お 姉ちゃん よく 分か ん ない

要するに トラブル で 住む ところ が なくなって

しかも お 金 も 持って い ない らしい ん だ

学校 の 帰り に 偶然 先輩 と 会って

その 話 聞い て

じゃあ 一晩 だけ でも 泊め て あげよ う か な って

だって 放っておけ ない でしょ う

女 の 人 一 人 で 野宿 さ せる わけ に は いか ない し

そういう こと だった の

質問 どうして 玄関 先 で 抱き合って た ん です か

そんな こと し て ない って

あれ は

えっ し た ん です か

海人 君 の オルタ レイト に

いえ 具合 が 悪い よう だった ので

介抱 し て た ん です

ああ そう だった

なんか 俺 気 分 が 悪く なって 意識 が なくなって

海 君 病気 な の

分か ん ない けど 今 は 大丈夫

介抱 介抱 です か

そば に 付き添って 抱きしめる

文字通り 介抱 と いう わけ です ね

抱きしめ たら 病気 が 治っちゃ う と でも

私 の 星 で は ああ する ん です

ん ? 私 の 星

わ 私 の 故郷 です

貴 月 さん は どちら の ご 出身

プレア …… いいえ あの 北 の ほう です

北海道 と か です か

いいえ もっと 遠く から

留学 です か

う うん そんな 感じ です

へえ そんな 遠い ところ から 一 人 で 留学 し に 来 た ん だ

貴 月 さん 偉い 日本 語 も とって も 上手 だ し

ど どうも なるほど なんと なく です けど

事情 は 飲み込め まし た

それ は よかった

でも トラブル が あった の なら

実家 の ご 両親 に 連絡 と か すれ ば よかった ん じゃ ない ん です か

それ は その

ん 先輩

あの 何 か 事情 でも

お 姉ちゃん なんとなく 分かる

エスパー

貴 月 さん あっ う うん イチカ ちゃん

ごめんなさい ね 悲しい こと を 思い出さ せ て しまって

私 と 海 君 も 両親 失って る から

イチカ ちゃん の 気持ち が

イチカ ちゃん の 気持ち が 痛い ほど 分かる わ

ちょ っ 七海 さん

まあ さ とにかく そういう わけ だ から さ

姉さん 一晩 だけ でも 先輩 を 家 に 泊め て あげて も いい だ ろ う

一晩 なんて 言わ ない で ここ に 住め ば いい ん じゃ ない かしら

七海 さん

ほら 私 明日 から 長期 出張 する し

誰 か に 海 君 の 面倒 を 見 て もらわ なきゃ って 思って い た の

同じ 学校 の 先輩 さん なら 安心 だ し

女の子 だ から お 料理 や お 洗濯 も できる だ ろ う し

が 頑張り ます

頼もしい わ

七海 さん 安易 です

年頃 の 男女 が 同じ 屋根 の 下 で 暮らす だ なんて

困った とき は お互い様

それ に 海 君 は やさしい 子 だ から

いくら きれい な 先輩 さん と 一緒 に 暮らす から と いって

変な こと や 変な こと や 変な こと は し ない でしょ う

し ない でしょ う

も もちろん です

あ 今 間 が あり まし た

ちょっと 考え て まし た よ

考え て ねえ よ その 目 は ウソ の 目 だ

どんな 目 だ よ

どんな の って そう な の

じゃあ これ で 決まり

不束 者 です が よろしく お 願い し ます お 姉さん

お 姉ちゃん よ

はい お ねえ ちゃん さん

なんか 嫁入り 前 みたい

じゃあ 谷川 ん ち まで 送って くる

なんか 怒って る

そんな こと ない

あの さ 谷川 先輩 の こと は

人助け だ よ ね

困って る 先輩 を 助け て あげ た だけ だ よ ね

ああ そう だ よ それ だけ だ よ

じゃあ 信じる

ここ で いい から じゃ あまた あした

また あした か

ええ あの 美人 の 先輩 さん が 霧島 君 の 家 に 下宿

どういう こと な の 柑 菜

分か ん ない けど なし崩し 的 に そういう こと に なっちゃ っ た の

でも 霧島 君 の 家 に は ご 家族 も いる ん だ し

お 姉さん 明日 から 長期 出張 な の

おいおい マジ か よ

急 展開 じゃ ない の

どう しよ う か 哲郎 君

これ で 決まり だ な

決まり って 何 が

あした やる ミーティング の 待ち合わせ 場所

ただいま

お 帰り なさい

ご飯 でき て ます よ

どうか し た

いや なんでもない です

えっ と 姉さん は

荷造り が 残って いる から って

先 に 食事 を し て 部屋 に いる わ

ああ そう です か

パスタ と 味噌汁

定番 でしょ う

組み合わせ 以外 は

何 か 間違って た

いい や いい ん です

いただき ます

どう

大丈夫

おいしく なかった

いや おいしく ない って 言う か

この 味 酸味 が あって

これ 冷やし 中華

うん 今日 暑かった から 冷たい もの が いい と 思って

いや 予想外 の 味 だった んで びっくり し た だけ で

うん イケ ます よ この 冷やし バスタ

質問 し て も いい です か

先輩 は 何 で ここ に 留学 し に 来 た ん です か

行き たい 場所 が あった から

どこ です この 辺 な ん です か

よかったら 案内 し ます よ

それ が ね 分から ない の

分から ない って

木 が あって 池 が あって

何 の 特徴 も ない 場所 な ん だ けど

それ じゃ 探し よ う が

そう だ よ ね

でも 行き たい の

怒涛 の 一 日 だった

でも って 明日 は 打ち合わせ で 皆 と 会う ん だ よ な

どう やって 説明 する か

そう いえ ば これ 何 な ん だ

増え てる

そう いや さっき も

抱きしめ たら 病気 が 治っちゃ う と でも

抱きしめる

あら あら 大変 すぐに 治療 し なく ちゃ

痛い の 痛い の 飛 ん で 行け

なん って ね ある わけ ねえ し

ダメ だ わ 修復 は 無理 そう

り の ん クワン リンケージ の 方 は

見事 に バグ って る

後悔 なんて し ない

この 星 に 来 れ た ん だ から

疲れ が たまって い た の か

僕 は 布団 に 潜り込む なり すぐに 眠って しまった

夢 も 見 なかった

海人 君 海人 君

起き て 海人 君

お 姉ちゃん さん が もう すぐ 出かける って

もう そんな 時間

な 何

その 服

ああ お 姉ちゃん さん から 借り た の

でも この 土地 の 寝間着 って ちょっと 恥ずかしい よ ね

そそ そそ そう です ね

海 君 お 姉ちゃん 出かける わ よ

お 見送り し て くれ ない と 泣 い ちゃ う ん だ から

今 行く から

海人 君 病気 に は 気 を つけ て

生活 費 を 使え 過ぎ ない よう に

勉強 も しっかり お 友達 と 仲良く 夜 深し ない で

寂しい から 元気 で ね

イチカ ちゃん 海 君 の こと よろしく

ほら もう 時間 だ よ

ああ やっと 行った よ

海人 君

さみしい

まあ 少し は

ああ そうだ 先輩

帰る 前 に ちょっと より たい ところ が ある ん です

より たい ところ

姉さん に 頼ま れ て

お 姉ちゃん さん に

え さすが に 私服 が ない の は まずい でしょ う

なんか ちょっと 変わった ところ も ある けど

でも

可愛い 人 だ な

これ だけ あれ ば 大丈夫 です よ ね

ありがとう す っ ごく 楽しかった

やっぱり 買い物 は 女の子 の 醍醐味 よ ね

お 姉ちゃん さん に も お 礼 を 言わ なく ちゃ

こう から 連絡 が 来 た とき で いい です よ

うん そう する

あれ 開 い てる

なんで は

あら 遅かった わ ね

待ちくたびれ た わ

よ お 帰り なさい

な なんで

昨日 映画 制作 の 決起 集会 する って 言った ろ う

悪い が 集合 場所 は 勝手 に 海 ん ち に 決め させ て もらった

そう じゃ なく て

早速 仲良く お 買い物 です か

そそう でも なく て

だいたい どう やって 家 に 入った ん だ よ

もう 少し 丈夫 な 鍵 を 使った ほう が いい わ よ

う ふ ふ ふ ふ ふ

勝手 に 開け ない で ください

思い切り 犯罪 です って

あら だって ちゃんと 調べ て おか ない と ね

親友 の 下宿 先 を

ど どうして それ を

あっ 谷川

それでは 全員 集まった ところ で

私 達 有志 に よる 第 一 回

霧島 海人 監督 作品 の 内容 に つい て

話し合い を 始め ます

始め ます ったら 始め ます

よ 監督

なん だ よ そりゃ った く

つ う か なん で あの 人 が 仕切って ん だ

いい じゃ ん か 上級 生 だ し

それ で どんな 映画 に する ん です か

私 が 書 い た この 脚本 を 映像 化 し ます

ちなみに 構想 20 年 執筆 期間 は 5 年

おい

で どんな ストーリー な の

23 世紀 に 機動 兵器 が 世界 を 股 に かけ て 活躍 する

ハリウッド も ハダカ で 逃げ出す 一 大 エンターテイメント 作品 よ

無理 です

すべて CG で やる から 大丈夫

カメラ が 必要 ない かも

無難 な 内容 に し た ほう が いい ん じゃ ない

なら 学園 モノ と か じゃ ねえ

撮影 許可 ぐらい 学校 も 出し て くれる と 思う し

まあ 確かに 無難 だ な

ストーリー は

こういう の は どう かしら

学園 に 突如 ゾンビ が 発生

生き残った 主人公 たち が

無理 です

イチカ 先輩 リクエスト あり ます

霧島 君 あなた なかなか いい 度胸 ね

主演 な ん だ から 希望 言って ください

そそ ん な

ストーリー じゃ ない ん だ けど 綺麗 な 風景 が 見 たい か な

私 ここ に 来 た ばっかり だ し

いろんな 場所 に 行って

いろいろ な もの を 見 て み たい な

いき たい 場所 が あった から

あっ ごめんなさい 抽象 的 で

いい ん じゃ ない です か いろいろ と 行き ま しょ う

もう すぐ 夏 休み な ん だ し

いい ね 遊び と 映画 の 撮影 一 粒 で 二 度 おいしい

きっと 遊 ん で ばっかり に なる と 思う けど

それ は それ で いい じゃ ん か

絶対 に 映画 作 ん なきゃ いけない わけ で も ない ん だ し

いろんな 場所 に 行って 見 ま しょ う よ

いき たい 場所 を 見つかる かも しれ ない し

ありがとう 海人 君

映画 の 内容 は これ から 考える と して

まずは 映画 の 完成 を 願って

皆 で 乾杯 し ま しょ う

では 乾杯

乾杯

な ん です この 飲み物

変わった 味 だ ね

でも ほんのり 甘く て 美味しい か も

おかわり あり ます

ええ たくさん 持って き た から

心ゆくまで 飲 ん で 頂 戴

う ふ ふ ふ ふ ふ ふ ふ

革命 そして 上がり

ニヤリ

ねえ 檸檬 先輩

この 飲み物 を 何 って いう ん です か

ダイナマイト ドリンク

なるほど それ は 引き ます ね

ダイナマイト か

先輩 大丈夫 です か

なんだか ぼうっと し ちゃ って

ぼうっと

うん ちょっと 体 が 熱く て

体 が

そそう です か

それ は 大変 です ね

こら 二 人 っきり 何 し てる

こっち 来い

な 何 だ よ 谷川

今 私 の こと お邪魔 だ と 思った でしょ う

思った でしょ う

そんな こと ない です

先輩 は どう なん です

思って な いわ よ

ここ に 下宿 する ん です よ ね

二 人 っきり で 暮らす ん だ

ああ そう な の な

もう すぐ 夏 休み 一 日 中 二 人 っきり

二 人 っきり

いや まあ

イチカ 先輩

はっ あ はい

単 刀 直入 に 聞き ます けど

先輩 は 海人 君 の こと を どう 思って る ん です か

そそれ は 海人 君 は 困った 時 に 助け て くれ た 人 で

そう じゃ なく て

どう 思って る か お 聞い てる ん です

それ は

それ は

な なんで

なん だ よ これ

生体 じゃ なく て

私 の ぺ ペット な の

名前 はり の ん

こんな 動物 いる か

さあ 興 が 乗って き た ところ で

私 の 特製 王様 ゲーム を 始め ま しょ う

王様 ゲーム って

いい です ね

面白 そう

やれ ば 分かる わ

王様 誰 だ

私 だ

では 軽 め に

三 番 一 番 に デコ ピン

全力 で

いて え

四 番 一 番 を 叩く

海人 の バカ

なんで 俺 ばっかり

五 番 四 番 に キス

三 番 ズボン を 脱ぐ

はい

おい 何 パンツ に 手 かけ てん だ よ

変態

四 番 女 豹 の ポーズ

そして 二 番

わ 私

一 番 と

エッチ

できる か

素敵 よ 皆

とても いい 映画 に なり そう だ わ

う ふ ふ ふ ふ ふ

海人 君

大丈夫 ?

ああ まあ なんとか

先輩 こそ

私 は もう 大丈夫

そう です か

けど 何 だ だ ん です か ね

あの 飲み物

あれ 急に 頭 が

海人 君

すみません 先輩

少し 目 を 閉じ て

り の ん

探し て い た 好き に なる 理由 を

どう

もっとも 嬉しい 言葉 だ と か

あれ 痛み が

良かった

バカ

気づ い た 時 糸 は もう ずれ 合って

海 君 の バカ

片 結び は ひどく なって た

バカ は 俺 だ な

先輩

先輩 俺

躊躇 わ ない で 逃げ た の なら

俺 は

ダメ

言っちゃ ダメ

君 は もう 永 ら え ん の

お 願い

言わ ない で

雲 の 形 突き抜ける

思い の 衝動 映画

漂う 真夏 の 香り に

何度 も 思い出し て いる

貴方 くれ た 奇跡 だけ

夕立 の よう に ポツリ と

色 を 染み 出し て い た

柑 菜 霧島 君 と お 休み だって

大変 お 見舞い に 行か なきゃ

最 優先 実行 で

ああ 言って は いけない セリフ は



Want to learn a language?


Learn from this text and thousands like it on LingQ.

  • A vast library of audio lessons, all with matching text
  • Revolutionary learning tools
  • A global, interactive learning community.

LingQでオンライン語学学習

子供 の ごろ から

私 の 頭 の 中 に イメージ が あった

それ は どこ に でも あり そう な 風景

幾 度 と なく 見 続け てる 夢 の 景色

けれど 私 は その 場所 に 行った こと が ない

イン グローブ の アンチフェミナス を 受け た せい だ と 言わ れ た けど

ホント は 理由 なんて どうでも 良かった

ただ 私 は 何 か を 探し たかった の だ

だから 私 は 旅 に 出 た

エマージェンシー

デブリ 帯 に バンプ って

なんで

辺境 だ から クリーナー なんて

お 願 いり の ん

船体 制御

船体 安定 次第 ショット ジャンプ

なあ

お 願い 私 を あの 場所 まで 連れ て 行って

あと 少し

落下 予定 位置 に 生体 反応

私 は きっと その 場所 を 求め て いる

頬 を 過ぎる 潮風

君 は 黙って る だけ

本当 は その 横顔

触れ て み たい の に

口付け た 気 が し て た

あれ は そう 夢 の 中

現実 の 境界 を 風 が 触る

何気無い 言葉 で 輝き だし た 日常

いつか 見 た 映画 みたい だ ね

季節 が 巡り 巡って も

僕ら を ずっと 待って る

焦げ た フィルム の よう な 夏 の 薫り

付い て 消え ない 予感

覗 い た レンズ 飛び越え て

その 手 を 掴む から

七海 さん 七海 さん

柑 菜 ちゃん

や だ お 姉ちゃん 変 な 夢見 ちゃ った

何 かね 光 の 中 で 海 君 が 裸 の 女 の 人 に 抱きかかえ られ て て ね

そう とても 可愛い らしい

う うん とっても 美しい 女の子 だった わ

そう そう ちょうど そこ に いる 女の子 みたい

七海 さん

どういう こ と か 説明 し て もらえ る かしら

最初 に 言 っと く けど 誤解 し ない で ほしい ん だ

どういう 誤解

君 が 心 の 中 で 思って いる よう な こと

とにかく 彼女 は

貴 月 イチカ 先輩

今日 うち の 学校 の 三 年 に 転入 し て き た 人

正解

貴 月 イチカ さん ね

はじめ まして 海 君 の お 姉ちゃん の 七海 です

お邪魔 し て おり ます

さ れ て ます

で 今日 出合った ばかり の 先輩 が どうして 海 君 の うち に いる わけ

そそれ は

じ 実は クワン リンケージ に 不 具合 が 出 て

オルタ レイト に 深刻 な 被害 が 出 た ため 行く 宛て が 無く その うえ

インク ローブ に も それ は もう 甚大 な 被害 が

難しく て お 姉ちゃん よく 分か ん ない

要するに トラブル で 住む ところ が なくなって

しかも お 金 も 持って い ない らしい ん だ

学校 の 帰り に 偶然 先輩 と 会って

その 話 聞い て

じゃあ 一晩 だけ でも 泊め て あげよ う か な って

だって 放っておけ ない でしょ う

女 の 人 一 人 で 野宿 さ せる わけ に は いか ない し

そういう こと だった の

質問 どうして 玄関 先 で 抱き合って た ん です か

そんな こと し て ない って

あれ は

えっ し た ん です か

海人 君 の オルタ レイト に

いえ 具合 が 悪い よう だった ので

介抱 し て た ん です

ああ そう だった

なんか 俺 気 分 が 悪く なって 意識 が なくなって

海 君 病気 な の

分か ん ない けど 今 は 大丈夫

介抱 介抱 です か

そば に 付き添って 抱きしめる

文字通り 介抱 と いう わけ です ね

抱きしめ たら 病気 が 治っちゃ う と でも

私 の 星 で は ああ する ん です

ん ? 私 の 星

わ 私 の 故郷 です

貴 月 さん は どちら の ご 出身

プレア …… いいえ あの 北 の ほう です

北海道 と か です か

いいえ もっと 遠く から

留学 です か

う うん そんな 感じ です

へえ そんな 遠い ところ から 一 人 で 留学 し に 来 た ん だ

貴 月 さん 偉い 日本 語 も とって も 上手 だ し

ど どうも なるほど なんと なく です けど

事情 は 飲み込め まし た

それ は よかった

でも トラブル が あった の なら

実家 の ご 両親 に 連絡 と か すれ ば よかった ん じゃ ない ん です か

それ は その

ん 先輩

あの 何 か 事情 でも

お 姉ちゃん なんとなく 分かる

エスパー

貴 月 さん あっ う うん イチカ ちゃん

ごめんなさい ね 悲しい こと を 思い出さ せ て しまって

私 と 海 君 も 両親 失って る から

イチカ ちゃん の 気持ち が

イチカ ちゃん の 気持ち が 痛い ほど 分かる わ

ちょ っ 七海 さん

まあ さ とにかく そういう わけ だ から さ

姉さん 一晩 だけ でも 先輩 を 家 に 泊め て あげて も いい だ ろ う

一晩 なんて 言わ ない で ここ に 住め ば いい ん じゃ ない かしら

七海 さん

ほら 私 明日 から 長期 出張 する し

誰 か に 海 君 の 面倒 を 見 て もらわ なきゃ って 思って い た の

同じ 学校 の 先輩 さん なら 安心 だ し

女の子 だ から お 料理 や お 洗濯 も できる だ ろ う し

が 頑張り ます

頼もしい わ

七海 さん 安易 です

年頃 の 男女 が 同じ 屋根 の 下 で 暮らす だ なんて

困った とき は お互い様

それ に 海 君 は やさしい 子 だ から

いくら きれい な 先輩 さん と 一緒 に 暮らす から と いって

変な こと や 変な こと や 変な こと は し ない でしょ う

し ない でしょ う

も もちろん です

あ 今 間 が あり まし た

ちょっと 考え て まし た よ

考え て ねえ よ その 目 は ウソ の 目 だ

どんな 目 だ よ

どんな の って そう な の

じゃあ これ で 決まり

不束 者 です が よろしく お 願い し ます お 姉さん

お 姉ちゃん よ

はい お ねえ ちゃん さん

なんか 嫁入り 前 みたい

じゃあ 谷川 ん ち まで 送って くる

なんか 怒って る

そんな こと ない

あの さ 谷川 先輩 の こと は

人助け だ よ ね

困って る 先輩 を 助け て あげ た だけ だ よ ね

ああ そう だ よ それ だけ だ よ

じゃあ 信じる

ここ で いい から じゃ あまた あした

また あした か

ええ あの 美人 の 先輩 さん が 霧島 君 の 家 に 下宿

どういう こと な の 柑 菜

分か ん ない けど なし崩し 的 に そういう こと に なっちゃ っ た の

でも 霧島 君 の 家 に は ご 家族 も いる ん だ し

お 姉さん 明日 から 長期 出張 な の

おいおい マジ か よ

急 展開 じゃ ない の

どう しよ う か 哲郎 君

これ で 決まり だ な

決まり って 何 が

あした やる ミーティング の 待ち合わせ 場所

ただいま

お 帰り なさい

ご飯 でき て ます よ

どうか し た

いや なんでもない です

えっ と 姉さん は

荷造り が 残って いる から って

先 に 食事 を し て 部屋 に いる わ

ああ そう です か

パスタ と 味噌汁

定番 でしょ う

組み合わせ 以外 は

何 か 間違って た

いい や いい ん です

いただき ます

どう

大丈夫

おいしく なかった

いや おいしく ない って 言う か

この 味 酸味 が あって

これ 冷やし 中華

うん 今日 暑かった から 冷たい もの が いい と 思って

いや 予想外 の 味 だった んで びっくり し た だけ で

うん イケ ます よ この 冷やし バスタ

質問 し て も いい です か

先輩 は 何 で ここ に 留学 し に 来 た ん です か

行き たい 場所 が あった から

どこ です この 辺 な ん です か

よかったら 案内 し ます よ

それ が ね 分から ない の

分から ない って

木 が あって 池 が あって

何 の 特徴 も ない 場所 な ん だ けど

それ じゃ 探し よ う が

そう だ よ ね

でも 行き たい の

怒涛 の 一 日 だった

でも って 明日 は 打ち合わせ で 皆 と 会う ん だ よ な

どう やって 説明 する か

そう いえ ば これ 何 な ん だ

増え てる

そう いや さっき も

抱きしめ たら 病気 が 治っちゃ う と でも

抱きしめる

あら あら 大変 すぐに 治療 し なく ちゃ

痛い の 痛い の 飛 ん で 行け

なん って ね ある わけ ねえ し

ダメ だ わ 修復 は 無理 そう

り の ん クワン リンケージ の 方 は

見事 に バグ って る

後悔 なんて し ない

この 星 に 来 れ た ん だ から

疲れ が たまって い た の か

僕 は 布団 に 潜り込む なり すぐに 眠って しまった

夢 も 見 なかった

海人 君 海人 君

起き て 海人 君

お 姉ちゃん さん が もう すぐ 出かける って

もう そんな 時間

な 何

その 服

ああ お 姉ちゃん さん から 借り た の

でも この 土地 の 寝間着 って ちょっと 恥ずかしい よ ね

そそ そそ そう です ね

海 君 お 姉ちゃん 出かける わ よ

お 見送り し て くれ ない と 泣 い ちゃ う ん だ から

今 行く から

海人 君 病気 に は 気 を つけ て

生活 費 を 使え 過ぎ ない よう に

勉強 も しっかり お 友達 と 仲良く 夜 深し ない で

寂しい から 元気 で ね

イチカ ちゃん 海 君 の こと よろしく

ほら もう 時間 だ よ

ああ やっと 行った よ

海人 君

さみしい

まあ 少し は

ああ そうだ 先輩

帰る 前 に ちょっと より たい ところ が ある ん です

より たい ところ

姉さん に 頼ま れ て

お 姉ちゃん さん に

え さすが に 私服 が ない の は まずい でしょ う

なんか ちょっと 変わった ところ も ある けど

でも

可愛い 人 だ な

これ だけ あれ ば 大丈夫 です よ ね

ありがとう す っ ごく 楽しかった

やっぱり 買い物 は 女の子 の 醍醐味 よ ね

お 姉ちゃん さん に も お 礼 を 言わ なく ちゃ

こう から 連絡 が 来 た とき で いい です よ

うん そう する

あれ 開 い てる

なんで は

あら 遅かった わ ね

待ちくたびれ た わ

よ お 帰り なさい

な なんで

昨日 映画 制作 の 決起 集会 する って 言った ろ う

悪い が 集合 場所 は 勝手 に 海 ん ち に 決め させ て もらった

そう じゃ なく て

早速 仲良く お 買い物 です か

そそう でも なく て

だいたい どう やって 家 に 入った ん だ よ

もう 少し 丈夫 な 鍵 を 使った ほう が いい わ よ

う ふ ふ ふ ふ ふ

勝手 に 開け ない で ください

思い切り 犯罪 です って

あら だって ちゃんと 調べ て おか ない と ね

親友 の 下宿 先 を

ど どうして それ を

あっ 谷川

それでは 全員 集まった ところ で

私 達 有志 に よる 第 一 回

霧島 海人 監督 作品 の 内容 に つい て

話し合い を 始め ます

始め ます ったら 始め ます

よ 監督

なん だ よ そりゃ った く

つ う か なん で あの 人 が 仕切って ん だ

いい じゃ ん か 上級 生 だ し

それ で どんな 映画 に する ん です か

私 が 書 い た この 脚本 を 映像 化 し ます

ちなみに 構想 20 年 執筆 期間 は 5 年

おい

で どんな ストーリー な の

23 世紀 に 機動 兵器 が 世界 を 股 に かけ て 活躍 する

ハリウッド も ハダカ で 逃げ出す 一 大 エンターテイメント 作品 よ

無理 です

すべて CG で やる から 大丈夫

カメラ が 必要 ない かも

無難 な 内容 に し た ほう が いい ん じゃ ない

なら 学園 モノ と か じゃ ねえ

撮影 許可 ぐらい 学校 も 出し て くれる と 思う し

まあ 確かに 無難 だ な

ストーリー は

こういう の は どう かしら

学園 に 突如 ゾンビ が 発生

生き残った 主人公 たち が

無理 です

イチカ 先輩 リクエスト あり ます

霧島 君 あなた なかなか いい 度胸 ね

主演 な ん だ から 希望 言って ください

そそ ん な

ストーリー じゃ ない ん だ けど 綺麗 な 風景 が 見 たい か な

私 ここ に 来 た ばっかり だ し

いろんな 場所 に 行って

いろいろ な もの を 見 て み たい な

いき たい 場所 が あった から

あっ ごめんなさい 抽象 的 で

いい ん じゃ ない です か いろいろ と 行き ま しょ う

もう すぐ 夏 休み な ん だ し

いい ね 遊び と 映画 の 撮影 一 粒 で 二 度 おいしい

きっと 遊 ん で ばっかり に なる と 思う けど

それ は それ で いい じゃ ん か

絶対 に 映画 作 ん なきゃ いけない わけ で も ない ん だ し

いろんな 場所 に 行って 見 ま しょ う よ

いき たい 場所 を 見つかる かも しれ ない し

ありがとう 海人 君

映画 の 内容 は これ から 考える と して

まずは 映画 の 完成 を 願って

皆 で 乾杯 し ま しょ う

では 乾杯

乾杯

な ん です この 飲み物

変わった 味 だ ね

でも ほんのり 甘く て 美味しい か も

おかわり あり ます

ええ たくさん 持って き た から

心ゆくまで 飲 ん で 頂 戴

う ふ ふ ふ ふ ふ ふ ふ

革命 そして 上がり

ニヤリ

ねえ 檸檬 先輩

この 飲み物 を 何 って いう ん です か

ダイナマイト ドリンク

なるほど それ は 引き ます ね

ダイナマイト か

先輩 大丈夫 です か

なんだか ぼうっと し ちゃ って

ぼうっと

うん ちょっと 体 が 熱く て

体 が

そそう です か

それ は 大変 です ね

こら 二 人 っきり 何 し てる

こっち 来い

な 何 だ よ 谷川

今 私 の こと お邪魔 だ と 思った でしょ う

思った でしょ う

そんな こと ない です

先輩 は どう なん です

思って な いわ よ

ここ に 下宿 する ん です よ ね

二 人 っきり で 暮らす ん だ

ああ そう な の な

もう すぐ 夏 休み 一 日 中 二 人 っきり

二 人 っきり

いや まあ

イチカ 先輩

はっ あ はい

単 刀 直入 に 聞き ます けど

先輩 は 海人 君 の こと を どう 思って る ん です か

そそれ は 海人 君 は 困った 時 に 助け て くれ た 人 で

そう じゃ なく て

どう 思って る か お 聞い てる ん です

それ は

それ は

な なんで

なん だ よ これ

生体 じゃ なく て

私 の ぺ ペット な の

名前 はり の ん

こんな 動物 いる か

さあ 興 が 乗って き た ところ で

私 の 特製 王様 ゲーム を 始め ま しょ う

王様 ゲーム って

いい です ね

面白 そう

やれ ば 分かる わ

王様 誰 だ

私 だ

では 軽 め に

三 番 一 番 に デコ ピン

全力 で

いて え

四 番 一 番 を 叩く

海人 の バカ

なんで 俺 ばっかり

五 番 四 番 に キス

三 番 ズボン を 脱ぐ

はい

おい 何 パンツ に 手 かけ てん だ よ

変態

四 番 女 豹 の ポーズ

そして 二 番

わ 私

一 番 と

エッチ

できる か

素敵 よ 皆

とても いい 映画 に なり そう だ わ

う ふ ふ ふ ふ ふ

海人 君

大丈夫 ?

ああ まあ なんとか

先輩 こそ

私 は もう 大丈夫

そう です か

けど 何 だ だ ん です か ね

あの 飲み物

あれ 急に 頭 が

海人 君

すみません 先輩

少し 目 を 閉じ て

り の ん

探し て い た 好き に なる 理由 を

どう

もっとも 嬉しい 言葉 だ と か

あれ 痛み が

良かった

バカ

気づ い た 時 糸 は もう ずれ 合って

海 君 の バカ

片 結び は ひどく なって た

バカ は 俺 だ な

先輩

先輩 俺

躊躇 わ ない で 逃げ た の なら

俺 は

ダメ

言っちゃ ダメ

君 は もう 永 ら え ん の

お 願い

言わ ない で

雲 の 形 突き抜ける

思い の 衝動 映画

漂う 真夏 の 香り に

何度 も 思い出し て いる

貴方 くれ た 奇跡 だけ

夕立 の よう に ポツリ と

色 を 染み 出し て い た

柑 菜 霧島 君 と お 休み だって

大変 お 見舞い に 行か なきゃ

最 優先 実行 で

ああ 言って は いけない セリフ は


×

LingQをより快適にするためCookieを使用しています。サイトの訪問により同意したと見なされます cookie policy.