image

あの夏で待ってる, Ano Natsu de Matteru Episode 11

生き て い た の ね イチカ

私 信じ て た わ

大丈夫 な の

どこ に も 怪我 は ない

別に 怪我 は し て ない けど

それ より どう し た の

私 に 会い に 来 て くれ た

探し て た の よ

あなた が 行方 不明 に なって

私 達 が どれ だけ 心配 し た か

行方 不明 って どうして

あなた が 緊急 救難 信号 を 発信 し た ん でしょ う

あれ は 事故 って いう か

なら どうして 救助 に 向かった 無人 ボット の 反応 が ロスト し た の

そ それ は

いろいろ あって

俺 が

あい や 僕 が やった ん です

先輩 イチカ さん が 危険 だ と 思って その

君 は

お 姉ちゃん に 紹介 する ね

霧島 海人 君 私 の その

彼 氏 さん って いう か

ど どうも はじめ まして

な な

何 考え て ん だ よ イチカ

原生 住民 と 接触 する どころ か

恋人 作る って どういう こと

あなた 連盟 法 分かって る ね 分かって る

お 姉さん だって 海人 君 と 接触 し てる

私 は 助け に 来 た の

非常 事態 な の

私 も 非常 事態

私 達 家族 が どれ だけ 心配 し た と 思って る の

あなた 今 の 状況 何も 分かって ない でしょ う

痛い ぃぃ ぃ

頬 を 過ぎる 潮風

君 は 黙って る だけ

本当 は その 横顔

触れ て み たい の に

口付け た 気 が し て た

あれ は そう 夢 の 中

現実 の 境界 を 風 が 触る

何気無い 言葉 で 輝き だし た 日常

いつか 見 た 映画 みたい だ ね

季節 が 巡り 巡って も

僕ら を ずっと 待って る

焦げ た フィルム の よう な 夏 の 薫り

付い て 消え ない 予感

覗 い た レンズ 飛び越え て

その 手 を 掴む から

檸檬 先輩 遅い っす よ

今後 の ストーリー を 考え すぎ て て

イチカ と 霧島 君 は

まだ 来 て ない っす

集合 時間 間違え てる の か な

谷川 さん 悪い けど

見 に 行って もらえ る

改めて ご挨拶 さ せ て もらう わ ね

イチカ の 姉 の 貴 月 絵美 夏 です

霧島 海人 です

霧島 海 人 君 ね

事故 に あった イチカ を 保護 し て くれ て ありがとう

家族 を 代表 し て

お 礼 申し上げ ます

あ いいえ

本当 に ご 迷惑 を お かけ し まし た

イチカ は 私 が 連れ て 帰り ます ので

お 姉ちゃん

辺境 惑星 から の 救難 信号

救出 に 向かった 無人 ボット の 通信 途絶

イチカ 今 の あなた は 遭難 者 どころ か

行方 不明 者 扱い に なって る の

それ を 知った 私 達 が

どれ だけ 心配 し た か 分かる

親戚 中 大騒ぎ に なって る の よ

だから 私 が 有給 と って

最 新鋭 の 船 を レンタル し て

必死 に なって あなた を 探し に き た の

それ が 何

これ だけ 心配 かけ た くせ に

能 天気 に 暮らし てる どころ か

彼 氏 まで 作って

ご ごめんなさい

そんなに 大事 に なって る と は 思わ なく て

あ あの お 姉さん

悪く ない 響き ね

年下 の 男の子 から そう 言わ れる の

なかなか 新鮮

その イチカ さん の 無事 が 分かった ん です から

もう 問題 ない です よ ね

ああ 確かに

捜索 すでに 始まって いる の

でも 私 が 無事 だって 報告 すれ ば

開発 レベル F

原生 住民 と の 接触 が 許さ れ ない

辺境 惑星 で の 行方 不明 者

連盟 と すれ ば

一刻 も 早く 状況 を 確認 し たい はず よ

もし あなた を 見つけ 今 し て いる こと を 知ったら

即座 に 逮捕 拘束

連盟 法 に よって 裁か れる こと に なる わ

そんな

どうにか なら ない ん です か

だから 私 が 来 た の

イチカ 事 が 大きく なる 前 に

私 と 一緒 に 帰る の よ

そんな

や だ

海人 君 と 離れ ない

絶対 に 離れ ない

あんた が 留まれ ば

霧島 君 や この 星 に も 迷惑 を 掛ける こと に なる わ

私 何も 悪い こと なんて し て ない

そういう 問題 じゃ ない の

どうして 分かって くれ ない の

先輩 落ち着 い て

お 姉さん の 話 を ちゃんと 聞い て

どう すれ ば いい か を …

どう する こと も でき ない わ

イチカ あなた なら 分かる でしょ う

り の ん

先輩

先輩

ごめんなさい 霧島 君

みっともない ところ を 見せ て しまって

いいえ

貴 月 先輩

谷 川 さん

何 し てる ん です か

撮影 時間 とっくに 過ぎ ちゃ って ます よ

なんで 靴 履 い て ない ん です か

先輩

あ あの

先 あ いえ

イチカ さん は

どうして も 帰ら なく ちゃ いけない ん です か

いけない わ

一 度 戻って また ここ に 来る と か

こんな 状況 だ し それ は 難しい でしょ う ね

だったら

だったら 俺 を 一緒 に 宇宙 に 連れ て 行って もらえ ませ ん か

俺 何でも し ます から

あんな が さつ で 意固地 な 子 で

本当 に いい の

はい

少し 場所 を 変え ま しょ う か

か 帰る って

私 の 捜索 は もう 始まって て

とても 逃げ 切れる よう な 相手 じゃ ない の

話し合い に も 応じ ない と 思う

どうにも なら ない ん です か

うん

無理 に 残 ろ う と し たら

きっと 大 変な こと に

だから 私 は

行っちゃ う ん です か

海人 君 を 残し て 宇宙 に 行っちゃ う ん だ

でも もう 私 に は どう する こと も

好き な 人 と 一緒 に いる こと 諦める ん です ね

そんな 簡単 に 諦める よう な 気持ち で

その 程度 の 気持ち で 海人 君 と 付き合って た ん です か

私 が 私 が どんな 気持ち で

谷川 さん

勝手 に すれ ば

あきらめ て 好き な 人 残し て

宇宙 でも なんでも 行っちゃ え

この 星 いい ところ ね

こんなに 自然 が 残って る

私 の 星 と は 全然 違う のに

なんだか 懐かしい わ

イチカ さん も 同じ こ と 言って まし た

自分 の 頭 の 中 に ある イメージ の 場所 が

この 星 に ある って

だから この 星 に 来 た ん だ って

その イメージ ね 私 の 中 に も ある の

えっ

恐らく だ けど

イチカ や 私 の 先祖 が

その イメージ を 遺伝子 データ に 組み込 ん だ の ね

私 達 は それ を 受け継 い で いる の よ

どうして そんな こと を

さあ

ご 先祖 の お 宝 でも 埋まって いる の かしら ね

私 は そんな の 気 に し ない けど

イチカ は ずっと その イメージ を 引きずって い た の かも しれ ない

イチカ を 探す とき に

この 星 全体 を スキャン し て み た けど

イメージ と 合致 する 場所 は 見つから なかった ん だ けど ね

あの

一緒 に 宇宙 に 行き たい って 話し た けど

開発 レベル F の 住人 を 宇宙 に 連れ て 行く こと は でき ない わ

この 星 の 人々 が 恒星 間 航行 できる ほど の 技術 を 得 て

私 達 と 接触 し 銀河 連盟 に 加わって

そう なって 初めて 霧島 君 の 望み は 叶う

そう なる まで

この 星 の 標準 時 間 で

何 百 年 も の 時間 が 必要 でしょ う けど

何 が 何 が 別 の 方法 が

連盟 法 が 改正 でも さ れ ない 限り は

無理 ね

ありがとう 霧島 君

イチカ の こと を そんなに 思って くれ て

でも イチカ は 連れ て 帰る わ

それ が あの 子 の ため な の

あの 子 に 彼 氏 が いたって なんて

せっかく 迎え に 来 た のに

なんだか 損 な 役回り

貴 月 イチカ さん の お 姉さん です ね

柑 菜 戻って こ ない ね

檸檬 先輩 もど っか 行っちゃ う し

った く 海 たち も 何 やって ん だ か

撮影 忘れ て いちゃ つい てん じゃ ねえ だ ろ う な

私 は ちょっと ラッキー だ な

そう か

そう です よ

何 が そう な の

柑 菜

か 海 たち は

知ら ない

どう し た の 柑 菜

貴 月 先輩 が 宇宙 に 行く ん だ って

迎え が 来る ん だ って

事情 が ある ん だ って

どう しよう も ない ん だ って

だから 映画 作り も お 終い

ここ に い て も 無駄 だ から 帰り ま しょ う

ち ょ ちょっと 待って 柑 菜

貴 月 先輩 は ホント に 宇宙 へ 行き たい って 思って る の

そんな の

海 は どう なる ん だ よ

いい の か よ

海 を 残し て 先輩 が 行 っち まっ て

このまま で いい の か

柑 菜 は それ で 本当 に いい の か よ

そんな の

そんな の

いい わけ ない でしょ う

さっき まで お 姉さん と 話し て まし た

宇宙 に 連れ て て って 言ったら

断ら れ まし た けど

俺 諦め て ませ ん から

先輩 と 一緒 に い られる 方法

私 ね 谷川 さん に 怒ら れ ちゃ った

え どうして

先輩 まさか

り の ん 私 を ジャンプ さ せ て

せ 先輩

だ ー め

先輩 諦める の は 早く ねえ っす か

哲郎

北原 さん も

事情 聞き まし た

だから 来 まし た

ほっとけ ねえ よ な

こ 困る ん です よ ね

貴 月 先輩 が い なく なる と 映画 取れ なく なる し

谷川 さん

私 貴 月 先輩 に ここ に い て ほしい です

俺 も

で でも

ここ に は 霧島 君 が いる ん です よ

でも

本音 を 言って よ

先輩 は 本当 は どう し たい ん です か

行き たく ない

帰り たく ない

離れ たく ない

海人 君 が 好き な の

俺 も 好き です

一緒 に い たい

宇宙 ぐらい 敵 に まわし た って どう って こと ない

海人 君

だったら そう しろ

ありがとう

で どう する

逃げる か

どこ か に 隠れる と か

そ それ は

困って いる よう ね

檸檬

そんな あなた 達 に 朗報 が ある な

先輩 が 地球 に 残れ る

ええ 可能 性 は 限りなく 低い けれど

でも ゼロ で は ない わ

何 を すれ ば いい の

イチカ あなた は 頭 の 中 に ある イメージ の 場所 って いう の を 探し て た の よ ね

ええ

だ と する と

この 地球 に は 以前 に も 宇宙 人 が 来 た こと が ある と 考え られ ない かしら

で でも そこ は あくまで 私 の イメージ で

先輩 の お 姉さん が 言って た

自分 の 中 に も 先輩 と 同じ イメージ の 風景 が ある って

でも 地球 に それ らしい 場所 は ない って

記憶 に イメージ を 残す なんて

手 の こん だ こと を し た の よ

その 場所 に は

イチカ たち の 技術 で は 見つけ られ ない 装置 が 施さ れ て いる かも しれ ない

なら 調べよ う が

イチカ が 調べ た データ を 地球 の 地図 で 比較 し て みる の よ

そう か もし データ い ない 場所 が 地図 に 載って い たら

そこ が

檸檬 あなた どう やって その こと を

助言 し て くれ た 人 が いる の

それ って

お 姉ちゃん

私 あんなに わがまま 言った のに

お 友達 に 感謝 する こと ね イチカ

時間 が な いわ よ 急ぎ なさい

うん

その 場所 を 見つけ て

そこ に 地球 人 と 異 星 人 が 接触 し て い た 痕跡 が あれ ば

地球 は 開 レベル F の 惑星 で は なく なる

捜索 隊 が 来る 前 に 見つける こと が 出来 れ ば

先輩 イメージ の 風景 は 日本 に 限定 し て い い ん です よ ね

うん その 中 に あった 植物 の 生息 具合 から

信州 に 限定 し て いい と 思う

絶対 に 探しだす

おう

なんか 来る

右 から

海 も 少し 寝ろ よ

けど いつ 先輩 の 迎え が 来る か

なら 眠気 覚まし に いい こと 教え て やる よ

いい こと

この 前 柑 菜 に 告 った

ウソ お前 何 それ

結果 分かって た ん だ けど な

お前 だ から 谷川 の こと を 俺 に

俺 は さ 俺 の こと ばかり 考え すぎ て た ん だ

だから お前 に は そう なって 欲しく ねえ

哲郎

あと な 沖縄 に 行った とき

美 桜 に 告 られ た

マジ で

マジ で

なん かさ 高校 入って 何も し て なく て

なんか し たい と 思って たら

いろんな こと 起こっちゃ っ た な

先輩 が 来 て から は 特に な

この 夏 は すげ え よ

ああ

なん だって 宇宙 だ し な

これ ぐらい しか でき ない けど

見つかる と いい わ ね イチカ

あなた の 場所 が

未来 が

俺 いつの間に

もう 少し 寝 て てい いわ よ

私 達 も 起き た から

なんなら 私 の 膝 で 寝る

え あ いや

何 ラブラブ し てん です か

そういう わけ じゃ

ええ 別に

何 だ

み 見つけ た

チェック さ れ て ない 場所

先輩

うん

イチカ 聞こえ てる

お 姉ちゃん

捜索 隊 が 惑星 の 近く に

早く そこ から

お 姉ちゃん

先輩

り の ん 急 い で さっき の ポイント へ 私 達 を ジャンプ さ せ て

り の ん

どう し た の

そんな リンケージ の アンチ フィールド が

惑星 レベル で 張り巡らさ れ てる

伝送 が でき ない

どう する 電車 で 行く と して も 三 時間 は かかる ぜ

追 手 が 来 てる ん でしょ う

早く し なきゃ

なん だ こりゃ

無人

私 よ

檸檬 先輩

こんな こと が あ ろ う か と 車 を 用意 し て おい て よかった わ

先輩 免許 持って た ん っす か

ええ 一 通り

迎え って どんな 人 が 来る の

多分 この 前 と 同じ 救助 ボット だ と 思う けど

イチカ

相手 は あなた の 生体 データ を スキャン し て 追って くる の よ ね

ええ でも どうして

これ を 羽織って

あなた が 放つ 生体 反応 を 軽減 し て くれる わ

それ から

この 装置

スイッチ を 入れる と イチカ の 生体 データ と 同等 の もの を 発信 する わ

檸檬

もし かして これ も

そう あなた の お 姉さん に 協力 し て もらった の

姉ちゃん

よしゃ このまま 目的 地 まで

ぎ ギシギシ 言って る

ま まさか

追 手 だ

また 来る

石垣 君

了解

私 も

私 も 行く

美 桜

一緒 に 行か せ て

哲郎

必ず 辿 り つけよ 海

頑張って

美 桜 スイッチ

はい

ほら ほら よって こい よって こい

ビンゴ

哲郎

美 桜

今度 さ 映画 行か ない

柑 菜 と 海 抜き で 二 人 で

うん 行く

檸檬 先輩

75 線 に 入って ください

残り あと 10 キロ 強

後ろ

まだ いる

私 が 降り ます

谷川 さん

先輩 の ため に やる ん じゃ ない ん です

大好き な 人 の ため に やる ん です

私 の 大好き な 人 に は

笑顔 で い て ほしい から

谷川

三 年 後 死ぬ ほど 後悔 さ せ て やる ん だ から

幸せ に なれ ば ー か

追 手 い ない みたい です

霧島 君

これ を

俺 の カメラ

何 を する の

決まって る でしょ う

撮影 を する の よ

ヒロイン は 敵 の 攻撃 を かい くぐり 目的 地 を 目指す

素敵 な クライマックス が 撮れ そう ね

そして エピローグ は 神 任せ

これ も また 映画 作り の 醍醐味 よ

準備 オッケー です

よい スタート

探し て い た 好き に なる 理由 を

もっとも 嬉しい 言葉 だ と か

こ しゃく ね

気づ い た 時 糸 は もう ずれ 合って

な 何 な ん です この 車

片 結び は ひどく なって た

躊躇 わ ない で 逃げ た の なら

君 は もう 永 ら え ん の

雲 の 形 突き抜ける

思い の 衝動 映画

漂う 真夏 の 香り に

何度 も 思い出し て いる

貴方 くれ た 奇跡 だけ

夕立 の よう に ポツリ と

色 を 染み 出し て い た

僕達 は きっと 忘れ ない

皆 と 過ごし た 特別 な 夏 を

どんなに 時 が 流れ て も

僕達 は あの 夏 で 待って る



Want to learn a language?


Learn from this text and thousands like it on LingQ.

  • A vast library of audio lessons, all with matching text
  • Revolutionary learning tools
  • A global, interactive learning community.

LingQでオンライン語学学習

生き て い た の ね イチカ

私 信じ て た わ

大丈夫 な の

どこ に も 怪我 は ない

別に 怪我 は し て ない けど

それ より どう し た の

私 に 会い に 来 て くれ た

探し て た の よ

あなた が 行方 不明 に なって

私 達 が どれ だけ 心配 し た か

行方 不明 って どうして

あなた が 緊急 救難 信号 を 発信 し た ん でしょ う

あれ は 事故 って いう か

なら どうして 救助 に 向かった 無人 ボット の 反応 が ロスト し た の

そ それ は

いろいろ あって

俺 が

あい や 僕 が やった ん です

先輩 イチカ さん が 危険 だ と 思って その

君 は

お 姉ちゃん に 紹介 する ね

霧島 海人 君 私 の その

彼 氏 さん って いう か

ど どうも はじめ まして

な な

何 考え て ん だ よ イチカ

原生 住民 と 接触 する どころ か

恋人 作る って どういう こと

あなた 連盟 法 分かって る ね 分かって る

お 姉さん だって 海人 君 と 接触 し てる

私 は 助け に 来 た の

非常 事態 な の

私 も 非常 事態

私 達 家族 が どれ だけ 心配 し た と 思って る の

あなた 今 の 状況 何も 分かって ない でしょ う

痛い ぃぃ ぃ

頬 を 過ぎる 潮風

君 は 黙って る だけ

本当 は その 横顔

触れ て み たい の に

口付け た 気 が し て た

あれ は そう 夢 の 中

現実 の 境界 を 風 が 触る

何気無い 言葉 で 輝き だし た 日常

いつか 見 た 映画 みたい だ ね

季節 が 巡り 巡って も

僕ら を ずっと 待って る

焦げ た フィルム の よう な 夏 の 薫り

付い て 消え ない 予感

覗 い た レンズ 飛び越え て

その 手 を 掴む から

檸檬 先輩 遅い っす よ

今後 の ストーリー を 考え すぎ て て

イチカ と 霧島 君 は

まだ 来 て ない っす

集合 時間 間違え てる の か な

谷川 さん 悪い けど

見 に 行って もらえ る

改めて ご挨拶 さ せ て もらう わ ね

イチカ の 姉 の 貴 月 絵美 夏 です

霧島 海人 です

霧島 海 人 君 ね

事故 に あった イチカ を 保護 し て くれ て ありがとう

家族 を 代表 し て

お 礼 申し上げ ます

あ いいえ

本当 に ご 迷惑 を お かけ し まし た

イチカ は 私 が 連れ て 帰り ます ので

お 姉ちゃん

辺境 惑星 から の 救難 信号

救出 に 向かった 無人 ボット の 通信 途絶

イチカ 今 の あなた は 遭難 者 どころ か

行方 不明 者 扱い に なって る の

それ を 知った 私 達 が

どれ だけ 心配 し た か 分かる

親戚 中 大騒ぎ に なって る の よ

だから 私 が 有給 と って

最 新鋭 の 船 を レンタル し て

必死 に なって あなた を 探し に き た の

それ が 何

これ だけ 心配 かけ た くせ に

能 天気 に 暮らし てる どころ か

彼 氏 まで 作って

ご ごめんなさい

そんなに 大事 に なって る と は 思わ なく て

あ あの お 姉さん

悪く ない 響き ね

年下 の 男の子 から そう 言わ れる の

なかなか 新鮮

その イチカ さん の 無事 が 分かった ん です から

もう 問題 ない です よ ね

ああ 確かに

捜索 すでに 始まって いる の

でも 私 が 無事 だって 報告 すれ ば

開発 レベル F

原生 住民 と の 接触 が 許さ れ ない

辺境 惑星 で の 行方 不明 者

連盟 と すれ ば

一刻 も 早く 状況 を 確認 し たい はず よ

もし あなた を 見つけ 今 し て いる こと を 知ったら

即座 に 逮捕 拘束

連盟 法 に よって 裁か れる こと に なる わ

そんな

どうにか なら ない ん です か

だから 私 が 来 た の

イチカ 事 が 大きく なる 前 に

私 と 一緒 に 帰る の よ

そんな

や だ

海人 君 と 離れ ない

絶対 に 離れ ない

あんた が 留まれ ば

霧島 君 や この 星 に も 迷惑 を 掛ける こと に なる わ

私 何も 悪い こと なんて し て ない

そういう 問題 じゃ ない の

どうして 分かって くれ ない の

先輩 落ち着 い て

お 姉さん の 話 を ちゃんと 聞い て

どう すれ ば いい か を …

どう する こと も でき ない わ

イチカ あなた なら 分かる でしょ う

り の ん

先輩

先輩

ごめんなさい 霧島 君

みっともない ところ を 見せ て しまって

いいえ

貴 月 先輩

谷 川 さん

何 し てる ん です か

撮影 時間 とっくに 過ぎ ちゃ って ます よ

なんで 靴 履 い て ない ん です か

先輩

あ あの

先 あ いえ

イチカ さん は

どうして も 帰ら なく ちゃ いけない ん です か

いけない わ

一 度 戻って また ここ に 来る と か

こんな 状況 だ し それ は 難しい でしょ う ね

だったら

だったら 俺 を 一緒 に 宇宙 に 連れ て 行って もらえ ませ ん か

俺 何でも し ます から

あんな が さつ で 意固地 な 子 で

本当 に いい の

はい

少し 場所 を 変え ま しょ う か

か 帰る って

私 の 捜索 は もう 始まって て

とても 逃げ 切れる よう な 相手 じゃ ない の

話し合い に も 応じ ない と 思う

どうにも なら ない ん です か

うん

無理 に 残 ろ う と し たら

きっと 大 変な こと に

だから 私 は

行っちゃ う ん です か

海人 君 を 残し て 宇宙 に 行っちゃ う ん だ

でも もう 私 に は どう する こと も

好き な 人 と 一緒 に いる こと 諦める ん です ね

そんな 簡単 に 諦める よう な 気持ち で

その 程度 の 気持ち で 海人 君 と 付き合って た ん です か

私 が 私 が どんな 気持ち で

谷川 さん

勝手 に すれ ば

あきらめ て 好き な 人 残し て

宇宙 でも なんでも 行っちゃ え

この 星 いい ところ ね

こんなに 自然 が 残って る

私 の 星 と は 全然 違う のに

なんだか 懐かしい わ

イチカ さん も 同じ こ と 言って まし た

自分 の 頭 の 中 に ある イメージ の 場所 が

この 星 に ある って

だから この 星 に 来 た ん だ って

その イメージ ね 私 の 中 に も ある の

えっ

恐らく だ けど

イチカ や 私 の 先祖 が

その イメージ を 遺伝子 データ に 組み込 ん だ の ね

私 達 は それ を 受け継 い で いる の よ

どうして そんな こと を

さあ

ご 先祖 の お 宝 でも 埋まって いる の かしら ね

私 は そんな の 気 に し ない けど

イチカ は ずっと その イメージ を 引きずって い た の かも しれ ない

イチカ を 探す とき に

この 星 全体 を スキャン し て み た けど

イメージ と 合致 する 場所 は 見つから なかった ん だ けど ね

あの

一緒 に 宇宙 に 行き たい って 話し た けど

開発 レベル F の 住人 を 宇宙 に 連れ て 行く こと は でき ない わ

この 星 の 人々 が 恒星 間 航行 できる ほど の 技術 を 得 て

私 達 と 接触 し 銀河 連盟 に 加わって

そう なって 初めて 霧島 君 の 望み は 叶う

そう なる まで

この 星 の 標準 時 間 で

何 百 年 も の 時間 が 必要 でしょ う けど

何 が 何 が 別 の 方法 が

連盟 法 が 改正 でも さ れ ない 限り は

無理 ね

ありがとう 霧島 君

イチカ の こと を そんなに 思って くれ て

でも イチカ は 連れ て 帰る わ

それ が あの 子 の ため な の

あの 子 に 彼 氏 が いたって なんて

せっかく 迎え に 来 た のに

なんだか 損 な 役回り

貴 月 イチカ さん の お 姉さん です ね

柑 菜 戻って こ ない ね

檸檬 先輩 もど っか 行っちゃ う し

った く 海 たち も 何 やって ん だ か

撮影 忘れ て いちゃ つい てん じゃ ねえ だ ろ う な

私 は ちょっと ラッキー だ な

そう か

そう です よ

何 が そう な の

柑 菜

か 海 たち は

知ら ない

どう し た の 柑 菜

貴 月 先輩 が 宇宙 に 行く ん だ って

迎え が 来る ん だ って

事情 が ある ん だ って

どう しよう も ない ん だ って

だから 映画 作り も お 終い

ここ に い て も 無駄 だ から 帰り ま しょ う

ち ょ ちょっと 待って 柑 菜

貴 月 先輩 は ホント に 宇宙 へ 行き たい って 思って る の

そんな の

海 は どう なる ん だ よ

いい の か よ

海 を 残し て 先輩 が 行 っち まっ て

このまま で いい の か

柑 菜 は それ で 本当 に いい の か よ

そんな の

そんな の

いい わけ ない でしょ う

さっき まで お 姉さん と 話し て まし た

宇宙 に 連れ て て って 言ったら

断ら れ まし た けど

俺 諦め て ませ ん から

先輩 と 一緒 に い られる 方法

私 ね 谷川 さん に 怒ら れ ちゃ った

え どうして

先輩 まさか

り の ん 私 を ジャンプ さ せ て

せ 先輩

だ ー め

先輩 諦める の は 早く ねえ っす か

哲郎

北原 さん も

事情 聞き まし た

だから 来 まし た

ほっとけ ねえ よ な

こ 困る ん です よ ね

貴 月 先輩 が い なく なる と 映画 取れ なく なる し

谷川 さん

私 貴 月 先輩 に ここ に い て ほしい です

俺 も

で でも

ここ に は 霧島 君 が いる ん です よ

でも

本音 を 言って よ

先輩 は 本当 は どう し たい ん です か

行き たく ない

帰り たく ない

離れ たく ない

海人 君 が 好き な の

俺 も 好き です

一緒 に い たい

宇宙 ぐらい 敵 に まわし た って どう って こと ない

海人 君

だったら そう しろ

ありがとう

で どう する

逃げる か

どこ か に 隠れる と か

そ それ は

困って いる よう ね

檸檬

そんな あなた 達 に 朗報 が ある な

先輩 が 地球 に 残れ る

ええ 可能 性 は 限りなく 低い けれど

でも ゼロ で は ない わ

何 を すれ ば いい の

イチカ あなた は 頭 の 中 に ある イメージ の 場所 って いう の を 探し て た の よ ね

ええ

だ と する と

この 地球 に は 以前 に も 宇宙 人 が 来 た こと が ある と 考え られ ない かしら

で でも そこ は あくまで 私 の イメージ で

先輩 の お 姉さん が 言って た

自分 の 中 に も 先輩 と 同じ イメージ の 風景 が ある って

でも 地球 に それ らしい 場所 は ない って

記憶 に イメージ を 残す なんて

手 の こん だ こと を し た の よ

その 場所 に は

イチカ たち の 技術 で は 見つけ られ ない 装置 が 施さ れ て いる かも しれ ない

なら 調べよ う が

イチカ が 調べ た データ を 地球 の 地図 で 比較 し て みる の よ

そう か もし データ い ない 場所 が 地図 に 載って い たら

そこ が

檸檬 あなた どう やって その こと を

助言 し て くれ た 人 が いる の

それ って

お 姉ちゃん

私 あんなに わがまま 言った のに

お 友達 に 感謝 する こと ね イチカ

時間 が な いわ よ 急ぎ なさい

うん

その 場所 を 見つけ て

そこ に 地球 人 と 異 星 人 が 接触 し て い た 痕跡 が あれ ば

地球 は 開 レベル F の 惑星 で は なく なる

捜索 隊 が 来る 前 に 見つける こと が 出来 れ ば

先輩 イメージ の 風景 は 日本 に 限定 し て い い ん です よ ね

うん その 中 に あった 植物 の 生息 具合 から

信州 に 限定 し て いい と 思う

絶対 に 探しだす

おう

なんか 来る

右 から

海 も 少し 寝ろ よ

けど いつ 先輩 の 迎え が 来る か

なら 眠気 覚まし に いい こと 教え て やる よ

いい こと

この 前 柑 菜 に 告 った

ウソ お前 何 それ

結果 分かって た ん だ けど な

お前 だ から 谷川 の こと を 俺 に

俺 は さ 俺 の こと ばかり 考え すぎ て た ん だ

だから お前 に は そう なって 欲しく ねえ

哲郎

あと な 沖縄 に 行った とき

美 桜 に 告 られ た

マジ で

マジ で

なん かさ 高校 入って 何も し て なく て

なんか し たい と 思って たら

いろんな こと 起こっちゃ っ た な

先輩 が 来 て から は 特に な

この 夏 は すげ え よ

ああ

なん だって 宇宙 だ し な

これ ぐらい しか でき ない けど

見つかる と いい わ ね イチカ

あなた の 場所 が

未来 が

俺 いつの間に

もう 少し 寝 て てい いわ よ

私 達 も 起き た から

なんなら 私 の 膝 で 寝る

え あ いや

何 ラブラブ し てん です か

そういう わけ じゃ

ええ 別に

何 だ

み 見つけ た

チェック さ れ て ない 場所

先輩

うん

イチカ 聞こえ てる

お 姉ちゃん

捜索 隊 が 惑星 の 近く に

早く そこ から

お 姉ちゃん

先輩

り の ん 急 い で さっき の ポイント へ 私 達 を ジャンプ さ せ て

り の ん

どう し た の

そんな リンケージ の アンチ フィールド が

惑星 レベル で 張り巡らさ れ てる

伝送 が でき ない

どう する 電車 で 行く と して も 三 時間 は かかる ぜ

追 手 が 来 てる ん でしょ う

早く し なきゃ

なん だ こりゃ

無人

私 よ

檸檬 先輩

こんな こと が あ ろ う か と 車 を 用意 し て おい て よかった わ

先輩 免許 持って た ん っす か

ええ 一 通り

迎え って どんな 人 が 来る の

多分 この 前 と 同じ 救助 ボット だ と 思う けど

イチカ

相手 は あなた の 生体 データ を スキャン し て 追って くる の よ ね

ええ でも どうして

これ を 羽織って

あなた が 放つ 生体 反応 を 軽減 し て くれる わ

それ から

この 装置

スイッチ を 入れる と イチカ の 生体 データ と 同等 の もの を 発信 する わ

檸檬

もし かして これ も

そう あなた の お 姉さん に 協力 し て もらった の

姉ちゃん

よしゃ このまま 目的 地 まで

ぎ ギシギシ 言って る

ま まさか

追 手 だ

また 来る

石垣 君

了解

私 も

私 も 行く

美 桜

一緒 に 行か せ て

哲郎

必ず 辿 り つけよ 海

頑張って

美 桜 スイッチ

はい

ほら ほら よって こい よって こい

ビンゴ

哲郎

美 桜

今度 さ 映画 行か ない

柑 菜 と 海 抜き で 二 人 で

うん 行く

檸檬 先輩

75 線 に 入って ください

残り あと 10 キロ 強

後ろ

まだ いる

私 が 降り ます

谷川 さん

先輩 の ため に やる ん じゃ ない ん です

大好き な 人 の ため に やる ん です

私 の 大好き な 人 に は

笑顔 で い て ほしい から

谷川

三 年 後 死ぬ ほど 後悔 さ せ て やる ん だ から

幸せ に なれ ば ー か

追 手 い ない みたい です

霧島 君

これ を

俺 の カメラ

何 を する の

決まって る でしょ う

撮影 を する の よ

ヒロイン は 敵 の 攻撃 を かい くぐり 目的 地 を 目指す

素敵 な クライマックス が 撮れ そう ね

そして エピローグ は 神 任せ

これ も また 映画 作り の 醍醐味 よ

準備 オッケー です

よい スタート

探し て い た 好き に なる 理由 を

もっとも 嬉しい 言葉 だ と か

こ しゃく ね

気づ い た 時 糸 は もう ずれ 合って

な 何 な ん です この 車

片 結び は ひどく なって た

躊躇 わ ない で 逃げ た の なら

君 は もう 永 ら え ん の

雲 の 形 突き抜ける

思い の 衝動 映画

漂う 真夏 の 香り に

何度 も 思い出し て いる

貴方 くれ た 奇跡 だけ

夕立 の よう に ポツリ と

色 を 染み 出し て い た

僕達 は きっと 忘れ ない

皆 と 過ごし た 特別 な 夏 を

どんなに 時 が 流れ て も

僕達 は あの 夏 で 待って る


×

LingQをより快適にするためCookieを使用しています。サイトの訪問により同意したと見なされます cookie policy.