image

あの夏で待ってる, Ano Natsu de Matteru Episode 10

ずっと 好き で し た

ずっと 好き で し た

きっと 始め て あった 時 から

私 は 分から なかった

でも

好き に なって た

ようするに あれ か

夢 オチ か

それ 昨日 も 言って た

先輩

いくら 夏 だ から って

こんな ところ で 寝 て たら 風邪 引 い ちゃ う わ

だから

これ で 安心

夢 見 て た ん です

どんな

先輩 と 恋人 同士 に なる 夢

現実 だ よ

なんか まだ 信じ られ なく て

谷川 さん の おかげ

私 の 気持ち 気づか せ て くれ た から

谷川 まだ 体調 悪い の か な

頬 を 過ぎる 潮風

君 は 黙って る だけ

本当 は その 横顔

触れ て み たい の に

口付け た 気 が し て た

あれ は そう 夢 の 中

現実 の 境界 を 風 が 触る

何気無い 言葉 で 輝き だし た 日常

いつか 見 た 映画 みたい だ ね

季節 が 巡り 巡って も

僕ら を ずっと 待って る

焦げ た フィルム の よう な 夏 の 薫り

付い て 消え ない 予感

覗 い た レンズ 飛び越え て

その 手 を 掴む から

ひどい まだ 腫れ てる

こんな 顔 じゃ 皆 の 前 に 出 て いけ ない

気 に する こと ねえ だ ろ う

たいして 変わ ん っ

それ より 皆 に は 連絡 し て くれ た の

とりあえず 夏 風邪 って ことに し て おい た

まあ 妥当 よ ね

ありがとう

ま 幼馴染 だ から な

ね 一昨日 の こと は

誰 に も 言って ねえ から 安心 しろ よ

うん

ねえ そろそろ お 昼 に する けど

哲郎 君 食べ て いく

ああ ありがとう ござ いま

哲郎 用事 ある って すぐ 帰る から

そう みたい です

海人 君 が 好き

好き な の

柑 菜

えっ おい

帰る

は ちょ っ

つい て くん な

今頃

あいつ

きっと

北原 さん だ よ ね

同じ 小学校 だった のに

一緒 の クラス に なる の は 初めて だ ね

谷川 柑 菜 これ から よろしく

うん よろしく

また 同じ クラス か

代わり映え し ねえ な

それ は こっち の セリフ です

あ 石垣 哲郎

幼馴染

よろしく 北原 美 桜 さん

私 の 名前

あれ 知り合い

いや 女子 の 顔 と 名前 を 全部 記憶 し て き た

まめ って いう か バカ って いう か

フェミニスト の ジェントルマン って 解釈 は でき ない

でき ない

時間 かかった ん だ ぜ

無駄 な 努力

あれ から もう 三 年

哲郎 君

ど っか 行く の

柑 菜 の お 見舞い に

ああ やめ た ほう が いい

いや 今 あいつ 目

目 が

風邪 移す と 嫌 だ から って

俺 も 断ら れ た ん だ

柑 菜 の とこ 行った ん だ

幼馴染 だ から な

お 美 桜

お腹 空 い て ない

お 見舞い の ケーキ 無駄 に なっちゃ う の な ん だ し

ごちそうさま で し た

はい お粗末 さま です

ありがとう ござい ます

は あ フィルム の 整理 しよ う と 思って

檸檬 先輩 が 山ほど 撮って き て くれる から

だいぶ 溜まって

うん うん

なん です か

何 か な い と ダメ ?

そんな こと

私 ね くっ つい てる の が 好き みたい

海人 君 は こういう の 嫌

す そんな こと

俺 も 嫌い じゃ ない ん です

良かった

私 の こと は 気 に し ない で

そのまま 続け て

気 に し ます

でき た の ね あなた たち

ま まあ

もう や

ああ ああ 何 言い出す ん です か

ドサクサ に 紛れ て

良かった わ ね イチカ

うん

ありがとう

霧島 君 これ は 私 から の プレゼント よ

な 何

何 が です

だって 今

檸檬 先輩

大切 に する の よ

この 奇跡 の よう な 出会い を

ごちそう さん

ああ 食った 食った

や っぱ 美 桜 の ケーキ は うまい わ

私 に は これ ぐらい しか 取り柄 が ない から

ある だけ いい じゃ ん

哲郎 君 だって ある よ

背 が 高く て

ルックス が よく て

手先 が 器用 で

女の子 の 顔 と 名前 を 覚える の が 得意 で

そんな の 取り柄 じゃ ない って

聞き にくい こと

聞い て いい かな

映画 作り に どうして 貴 月 先輩 を 誘った の

海 が そうして ほし そう だった から だ よ

まさか 先輩 が 引き受ける と は 思わ なかった けど

柑 菜 の 気持ち

知って た よ ね

えっ

あんなに 近く に いる ん だ もん

私 が 分かった ん だ から

知ら ない わけ な いよ ね

どうして 貴 月 先輩 を 誘った の

先輩 と 霧島 君 が 仲良く なったら

違う

柑 菜 は

違う って

海 を 応援 しよ う と 思った から 先輩 に 声 を かけ た

柑 菜 が 映画 作り に 参加 すれ ば

海人 と の 距離 が 縮め られる と 思った

それ が どういう 結果 に なる か なんて 分か ん ねえ けど

俺 は どっち も 応援 しよ う と し た ん だ

それ だけ だ よ

だったら 哲郎 君 の 気持ち は どこ に 行く の

柑 菜 へ の 気持ち は どこ へ 行く の

なん だ よ それ お前 何 言って

ずっと 見 て き た から 分かる よ

哲郎 君 は ずっと 柑 菜 の こと だけ 見 て た から

そう なん じゃ ねえ よ

俺 は

どうして 自分 に ウソ を つく の

そう やって はぐらかし 続け て も

時間 が 解決 し て くれる わけ じゃ ない よ

言い たい こと 言え よって

私 に そう 言った の 哲郎 君 でしょ う

だから 私 は 勇気 を 振り絞った のに

好き

哲郎 君 が 好き

大好き

あの 時 は 返事 は いい って 言った けど

聞か せ て くれる

美 桜 俺 は

お前 の こと その

嫌い じゃ ない

でも 俺 今 は

分かった

帰る ね

普通 で いる ん だ 私

夏 休み 楽しく 皆 で 映画 を 撮る の

映画 を 作って 学園 祭 なんか で 発表 し て

とにかく いつも の 谷川 柑 菜 で いる の

そう 決め た の

柑 菜 な

谷川

谷川 なら 今日 うち に

あいつ 海 が 好き だ ぜ

海人 君 が 好き

海人 君 が

どう しよ う って ん だ よ

何 が できる ん だ よ

いっ

いて え

先輩

良かったら 湯冷まし が ったら 散歩 に でも いき ませ ん

うん いい けど

そう ね せっかく だ から

り の ん

おう すげ え

でしょう

夜 も 素敵 だ ろ うなって

その 思い出 の 場所 だ し

こん なにも 自然 が 残って る

おかしい な 初めて 来 た 星 な のに

なんだか 懐かしい 感じ が する

あの う 先輩

改めて 俺 に も

その 場所 探し 手伝わ せ て もらえ ませ ん か

えっ

俺 少し でも 先輩 の

海人 君

ありがとう

あの

でも もう いい の

確かに 私 は それ が 目的 で この 星 に 来 た わ

と いう より この 旅 を きっかけ に し たかった の

別に 何 が あった わけ じゃ ない の

だから 何 か し たい と 思って

俺 も です

俺 も これ で 何 か を 始め たい と 思った ん です

何 か 出来 れ ば って

そ っか

同じ だった ん です ね

なら 余計 俺 は 先輩 の 願い を 叶え て あげ たい

今 私 は 海人 君 と い たい の

海人 君 と 皆 と 一緒 に 映画 を 撮り たい

それ が 今 の 私 の 願い な の

いい かな

うん

分かって いた ん だ

この 世界 に 永遠 は 存在 し ない って

宇宙 人 だ から ダメ って 言う ん です か

いつ まで も 一緒 に い られ ない から

海人 君 の 気持ち に 答え られ ない って いう ん です か

そういう の 言い訳 に し て

海人 君 から ずっと 逃げ 続ける 気 です か

あれ で 良かった ん だ

海人 君 の 思い が 叶う ん だ から

それ で いい ん だ

ちょっと 何 な の よ

帰って き て から ずっと 黙り で さ

なんか あった の

姉ちゃん に 相談 し て み

言 っと く けど あんた の 悪い 部分 は そこ よ

黙って た って 物事 は 解決 し ない の よ ね

格好 つけ て も 無駄

そつ なく 生き てる よう に 見え て も

あたし から 見りゃ ただ の ガキ だって の

出 戻り が 偉 そう に 人生 語って ん じゃ ねえ よ

出 戻り じゃ なく て 家出

つまり 帰る 場所 が ある って こと

夫婦 喧嘩 の 種類 に も いろいろ あん の よ

ま 女の子 と 付き合った こと も ない あんた に は

分から ない だ ろ う けど

ああ いや だ いや だ

ここ 童 貞 の 匂い が する わ

だったら かえ

来 た 来 た

世話 に なった ね 哲郎

ま 頑張 ん な

もう 遅い

まち くたびれ た

また この オチ か の

はい もしもし

哲郎

どう し た 海

明後日 から 撮影 再開 しよ う と 思って

いい か

いい けど でも

先輩 も ちゃんと 来 て くれる から さ

あ そう か

お前 も しか して 先輩 と

ああ それ は 皆 と 会った とき に ちゃんと 話す よ

じゃあ やっぱり

うん まあ

じゃ 柑 菜 は どう する ん だ よ

だから なおさら ちゃん と 言わ なく ちゃ

俺 の 気持ち を

哲郎 俺 は

哲郎

何 やって ん だ 俺 は

うん よし

これ なら 明日 から の 撮影 も 大丈夫

大丈夫 うん

大丈夫

柑 菜 電話

はい

何 よ こんな ところ に 呼び出し て

一応 病み上がり って ことに なって る ん だ から

いい じゃ ん か 腫れ も 収まって る し

まあ ね

よっ しゃ マジック

ああ やら れ た

幼稚園 の ごろ よく 来 た よ な

そう だ ね

あの ごろ 私 の ほう が 背 が 高かった のに な

いつの間にか こんなに 差 を 付け られ て さ

いじめ られ て た 俺 を よく 助け て くれ て た よ な

柑 菜 パンチ は 無敵 だった もん

格好良かった よ

何 よ 気味 悪い

で 昔話 する ため に 呼び出し た わけ じゃ ない ん でしょ う

って いう か 何 その 足

ち ょ ちょっと な

で 要件 は 何 な の

うん その

海人 君 の こと なら 言わ なく て いい よ

何となく わかる から

私 は 大丈夫 だ から

他 に 用 が ない なら 帰る ね

お前 と 海 が うまく 行け ば いい と 思って た

でも そんな の 見 たく なかった

海 と 先輩 が うまく 行け ば

お前 が フリー に なる と か

つま ん ねえ 期待 し て さ

そんな こと ある わけ ねえ の に

哲郎

好き な 女の子 振り回し て 挙句 泣か せ て

何も でき ねえ で

好き な 人 って

う ウソ でしょ う

本気

いつ から

ずっと 前 から

もう 頭 ん 中 くしゃくしゃ に なって る とき に

いきなり 何 言い出す の よ バカ

ホント タイミング 悪い よ な

けど ようやく 言え た

哲郎

分かって る お前 は 海 の こと が 好き だ よ な

うん

海 が イチカ 先輩 を 好き でも

そう だ よ な

うん

そういう お前 が 好き だった

何 よ

自分 だけ 言い たい こと 言って

満足 し た よう な 顔 し て

私 は

私 は

我慢 す ん な 柑 菜 は 柑 菜 の まま で いい ん だ

お 女の子 の 髪 を 軽々しく 触る な

言わ れ なく て も 分かって る

ありがとう

泣 い て いい よ

泣か ねえ よ

意地っ張り

うるさい

って いう か さ お前 ここ に 来る の は 犯 則 だ よ

女の子 は 強 か な ん です

お前 強い よ

好き な 人 が できる よ 強く なれる ん だ よ

私 は 哲郎 君 の お陰 で 変われ た よ

う うん 少なくとも 変わ ろ う って

強く な ろ う って

思える よう に なった

だから ありがとう

こっち の セルフ だって

私 は

私 の

海人 君

谷川

もう 風邪 いい の か

西瓜 食う

海人 君

海人 君 が 好き

ずっと 前 から 好き だった

大好き

ごめん 谷川

俺 は 先輩 が 好き だ

知って る

聞い て くれ て ありがとう

映画 頑張 ろ う ね

ああ

たとえ この 世界 に 永遠 が ない と して も

それ でも

僕ら は

カメラ オッケー

こっち も いい ぞ

準備 でき まし た

シーン 275 よ ー い

はい

ごめんなさい ブラック マン

でも 私 は まだ この 星 に い たい の

この 星 に は 大切 な もの が ある から

だから

探し て い た 好き に なる 理由 を

もっとも 嬉しい 言葉 だ と か

気づ い た 時 糸 は もう ずれ 合って

片 結び は ひどく なって た

躊躇 わ ない で 逃げ た の なら

君 は もう 永 ら え ん の

雲 の 形 突き抜ける

思い の 衝動 映画

漂う 真夏 の 香り に

何度 も 思い出し て いる

貴方 くれ た 奇跡 だけ

夕立 の よう に ポツリ と

色 を 染み 出し て い た

今日 は 夕方 まで みっちり 撮影 って 檸檬 先輩 言って まし た よ

あと どの ぐらい で 撮り 終える の か な

夏 休 中 に は 終わる と 思い ます けど

あと 一 週間 か

イチカ

生き て い た の ね イチカ もう

どれ だけ 心配 し た と 思って る の よ

お 姉ちゃん

イチカ

お 姉 さん

お 姉ちゃん どうして 地球 に

あれ です よ きっと 僕達 を 祝福 し に 来 て くれ た ん です よ

や だ もん お 姉ちゃん ったら 気 が 早い

果たして そう かしら



Want to learn a language?


Learn from this text and thousands like it on LingQ.

  • A vast library of audio lessons, all with matching text
  • Revolutionary learning tools
  • A global, interactive learning community.

LingQでオンライン語学学習

ずっと 好き で し た

ずっと 好き で し た

きっと 始め て あった 時 から

私 は 分から なかった

でも

好き に なって た

ようするに あれ か

夢 オチ か

それ 昨日 も 言って た

先輩

いくら 夏 だ から って

こんな ところ で 寝 て たら 風邪 引 い ちゃ う わ

だから

これ で 安心

夢 見 て た ん です

どんな

先輩 と 恋人 同士 に なる 夢

現実 だ よ

なんか まだ 信じ られ なく て

谷川 さん の おかげ

私 の 気持ち 気づか せ て くれ た から

谷川 まだ 体調 悪い の か な

頬 を 過ぎる 潮風

君 は 黙って る だけ

本当 は その 横顔

触れ て み たい の に

口付け た 気 が し て た

あれ は そう 夢 の 中

現実 の 境界 を 風 が 触る

何気無い 言葉 で 輝き だし た 日常

いつか 見 た 映画 みたい だ ね

季節 が 巡り 巡って も

僕ら を ずっと 待って る

焦げ た フィルム の よう な 夏 の 薫り

付い て 消え ない 予感

覗 い た レンズ 飛び越え て

その 手 を 掴む から

ひどい まだ 腫れ てる

こんな 顔 じゃ 皆 の 前 に 出 て いけ ない

気 に する こと ねえ だ ろ う

たいして 変わ ん っ

それ より 皆 に は 連絡 し て くれ た の

とりあえず 夏 風邪 って ことに し て おい た

まあ 妥当 よ ね

ありがとう

ま 幼馴染 だ から な

ね 一昨日 の こと は

誰 に も 言って ねえ から 安心 しろ よ

うん

ねえ そろそろ お 昼 に する けど

哲郎 君 食べ て いく

ああ ありがとう ござ いま

哲郎 用事 ある って すぐ 帰る から

そう みたい です

海人 君 が 好き

好き な の

柑 菜

えっ おい

帰る

は ちょ っ

つい て くん な

今頃

あいつ

きっと

北原 さん だ よ ね

同じ 小学校 だった のに

一緒 の クラス に なる の は 初めて だ ね

谷川 柑 菜 これ から よろしく

うん よろしく

また 同じ クラス か

代わり映え し ねえ な

それ は こっち の セリフ です

あ 石垣 哲郎

幼馴染

よろしく 北原 美 桜 さん

私 の 名前

あれ 知り合い

いや 女子 の 顔 と 名前 を 全部 記憶 し て き た

まめ って いう か バカ って いう か

フェミニスト の ジェントルマン って 解釈 は でき ない

でき ない

時間 かかった ん だ ぜ

無駄 な 努力

あれ から もう 三 年

哲郎 君

ど っか 行く の

柑 菜 の お 見舞い に

ああ やめ た ほう が いい

いや 今 あいつ 目

目 が

風邪 移す と 嫌 だ から って

俺 も 断ら れ た ん だ

柑 菜 の とこ 行った ん だ

幼馴染 だ から な

お 美 桜

お腹 空 い て ない

お 見舞い の ケーキ 無駄 に なっちゃ う の な ん だ し

ごちそうさま で し た

はい お粗末 さま です

ありがとう ござい ます

は あ フィルム の 整理 しよ う と 思って

檸檬 先輩 が 山ほど 撮って き て くれる から

だいぶ 溜まって

うん うん

なん です か

何 か な い と ダメ ?

そんな こと

私 ね くっ つい てる の が 好き みたい

海人 君 は こういう の 嫌

す そんな こと

俺 も 嫌い じゃ ない ん です

良かった

私 の こと は 気 に し ない で

そのまま 続け て

気 に し ます

でき た の ね あなた たち

ま まあ

もう や

ああ ああ 何 言い出す ん です か

ドサクサ に 紛れ て

良かった わ ね イチカ

うん

ありがとう

霧島 君 これ は 私 から の プレゼント よ

な 何

何 が です

だって 今

檸檬 先輩

大切 に する の よ

この 奇跡 の よう な 出会い を

ごちそう さん

ああ 食った 食った

や っぱ 美 桜 の ケーキ は うまい わ

私 に は これ ぐらい しか 取り柄 が ない から

ある だけ いい じゃ ん

哲郎 君 だって ある よ

背 が 高く て

ルックス が よく て

手先 が 器用 で

女の子 の 顔 と 名前 を 覚える の が 得意 で

そんな の 取り柄 じゃ ない って

聞き にくい こと

聞い て いい かな

映画 作り に どうして 貴 月 先輩 を 誘った の

海 が そうして ほし そう だった から だ よ

まさか 先輩 が 引き受ける と は 思わ なかった けど

柑 菜 の 気持ち

知って た よ ね

えっ

あんなに 近く に いる ん だ もん

私 が 分かった ん だ から

知ら ない わけ な いよ ね

どうして 貴 月 先輩 を 誘った の

先輩 と 霧島 君 が 仲良く なったら

違う

柑 菜 は

違う って

海 を 応援 しよ う と 思った から 先輩 に 声 を かけ た

柑 菜 が 映画 作り に 参加 すれ ば

海人 と の 距離 が 縮め られる と 思った

それ が どういう 結果 に なる か なんて 分か ん ねえ けど

俺 は どっち も 応援 しよ う と し た ん だ

それ だけ だ よ

だったら 哲郎 君 の 気持ち は どこ に 行く の

柑 菜 へ の 気持ち は どこ へ 行く の

なん だ よ それ お前 何 言って

ずっと 見 て き た から 分かる よ

哲郎 君 は ずっと 柑 菜 の こと だけ 見 て た から

そう なん じゃ ねえ よ

俺 は

どうして 自分 に ウソ を つく の

そう やって はぐらかし 続け て も

時間 が 解決 し て くれる わけ じゃ ない よ

言い たい こと 言え よって

私 に そう 言った の 哲郎 君 でしょ う

だから 私 は 勇気 を 振り絞った のに

好き

哲郎 君 が 好き

大好き

あの 時 は 返事 は いい って 言った けど

聞か せ て くれる

美 桜 俺 は

お前 の こと その

嫌い じゃ ない

でも 俺 今 は

分かった

帰る ね

普通 で いる ん だ 私

夏 休み 楽しく 皆 で 映画 を 撮る の

映画 を 作って 学園 祭 なんか で 発表 し て

とにかく いつも の 谷川 柑 菜 で いる の

そう 決め た の

柑 菜 な

谷川

谷川 なら 今日 うち に

あいつ 海 が 好き だ ぜ

海人 君 が 好き

海人 君 が

どう しよ う って ん だ よ

何 が できる ん だ よ

いっ

いて え

先輩

良かったら 湯冷まし が ったら 散歩 に でも いき ませ ん

うん いい けど

そう ね せっかく だ から

り の ん

おう すげ え

でしょう

夜 も 素敵 だ ろ うなって

その 思い出 の 場所 だ し

こん なにも 自然 が 残って る

おかしい な 初めて 来 た 星 な のに

なんだか 懐かしい 感じ が する

あの う 先輩

改めて 俺 に も

その 場所 探し 手伝わ せ て もらえ ませ ん か

えっ

俺 少し でも 先輩 の

海人 君

ありがとう

あの

でも もう いい の

確かに 私 は それ が 目的 で この 星 に 来 た わ

と いう より この 旅 を きっかけ に し たかった の

別に 何 が あった わけ じゃ ない の

だから 何 か し たい と 思って

俺 も です

俺 も これ で 何 か を 始め たい と 思った ん です

何 か 出来 れ ば って

そ っか

同じ だった ん です ね

なら 余計 俺 は 先輩 の 願い を 叶え て あげ たい

今 私 は 海人 君 と い たい の

海人 君 と 皆 と 一緒 に 映画 を 撮り たい

それ が 今 の 私 の 願い な の

いい かな

うん

分かって いた ん だ

この 世界 に 永遠 は 存在 し ない って

宇宙 人 だ から ダメ って 言う ん です か

いつ まで も 一緒 に い られ ない から

海人 君 の 気持ち に 答え られ ない って いう ん です か

そういう の 言い訳 に し て

海人 君 から ずっと 逃げ 続ける 気 です か

あれ で 良かった ん だ

海人 君 の 思い が 叶う ん だ から

それ で いい ん だ

ちょっと 何 な の よ

帰って き て から ずっと 黙り で さ

なんか あった の

姉ちゃん に 相談 し て み

言 っと く けど あんた の 悪い 部分 は そこ よ

黙って た って 物事 は 解決 し ない の よ ね

格好 つけ て も 無駄

そつ なく 生き てる よう に 見え て も

あたし から 見りゃ ただ の ガキ だって の

出 戻り が 偉 そう に 人生 語って ん じゃ ねえ よ

出 戻り じゃ なく て 家出

つまり 帰る 場所 が ある って こと

夫婦 喧嘩 の 種類 に も いろいろ あん の よ

ま 女の子 と 付き合った こと も ない あんた に は

分から ない だ ろ う けど

ああ いや だ いや だ

ここ 童 貞 の 匂い が する わ

だったら かえ

来 た 来 た

世話 に なった ね 哲郎

ま 頑張 ん な

もう 遅い

まち くたびれ た

また この オチ か の

はい もしもし

哲郎

どう し た 海

明後日 から 撮影 再開 しよ う と 思って

いい か

いい けど でも

先輩 も ちゃんと 来 て くれる から さ

あ そう か

お前 も しか して 先輩 と

ああ それ は 皆 と 会った とき に ちゃんと 話す よ

じゃあ やっぱり

うん まあ

じゃ 柑 菜 は どう する ん だ よ

だから なおさら ちゃん と 言わ なく ちゃ

俺 の 気持ち を

哲郎 俺 は

哲郎

何 やって ん だ 俺 は

うん よし

これ なら 明日 から の 撮影 も 大丈夫

大丈夫 うん

大丈夫

柑 菜 電話

はい

何 よ こんな ところ に 呼び出し て

一応 病み上がり って ことに なって る ん だ から

いい じゃ ん か 腫れ も 収まって る し

まあ ね

よっ しゃ マジック

ああ やら れ た

幼稚園 の ごろ よく 来 た よ な

そう だ ね

あの ごろ 私 の ほう が 背 が 高かった のに な

いつの間にか こんなに 差 を 付け られ て さ

いじめ られ て た 俺 を よく 助け て くれ て た よ な

柑 菜 パンチ は 無敵 だった もん

格好良かった よ

何 よ 気味 悪い

で 昔話 する ため に 呼び出し た わけ じゃ ない ん でしょ う

って いう か 何 その 足

ち ょ ちょっと な

で 要件 は 何 な の

うん その

海人 君 の こと なら 言わ なく て いい よ

何となく わかる から

私 は 大丈夫 だ から

他 に 用 が ない なら 帰る ね

お前 と 海 が うまく 行け ば いい と 思って た

でも そんな の 見 たく なかった

海 と 先輩 が うまく 行け ば

お前 が フリー に なる と か

つま ん ねえ 期待 し て さ

そんな こと ある わけ ねえ の に

哲郎

好き な 女の子 振り回し て 挙句 泣か せ て

何も でき ねえ で

好き な 人 って

う ウソ でしょ う

本気

いつ から

ずっと 前 から

もう 頭 ん 中 くしゃくしゃ に なって る とき に

いきなり 何 言い出す の よ バカ

ホント タイミング 悪い よ な

けど ようやく 言え た

哲郎

分かって る お前 は 海 の こと が 好き だ よ な

うん

海 が イチカ 先輩 を 好き でも

そう だ よ な

うん

そういう お前 が 好き だった

何 よ

自分 だけ 言い たい こと 言って

満足 し た よう な 顔 し て

私 は

私 は

我慢 す ん な 柑 菜 は 柑 菜 の まま で いい ん だ

お 女の子 の 髪 を 軽々しく 触る な

言わ れ なく て も 分かって る

ありがとう

泣 い て いい よ

泣か ねえ よ

意地っ張り

うるさい

って いう か さ お前 ここ に 来る の は 犯 則 だ よ

女の子 は 強 か な ん です

お前 強い よ

好き な 人 が できる よ 強く なれる ん だ よ

私 は 哲郎 君 の お陰 で 変われ た よ

う うん 少なくとも 変わ ろ う って

強く な ろ う って

思える よう に なった

だから ありがとう

こっち の セルフ だって

私 は

私 の

海人 君

谷川

もう 風邪 いい の か

西瓜 食う

海人 君

海人 君 が 好き

ずっと 前 から 好き だった

大好き

ごめん 谷川

俺 は 先輩 が 好き だ

知って る

聞い て くれ て ありがとう

映画 頑張 ろ う ね

ああ

たとえ この 世界 に 永遠 が ない と して も

それ でも

僕ら は

カメラ オッケー

こっち も いい ぞ

準備 でき まし た

シーン 275 よ ー い

はい

ごめんなさい ブラック マン

でも 私 は まだ この 星 に い たい の

この 星 に は 大切 な もの が ある から

だから

探し て い た 好き に なる 理由 を

もっとも 嬉しい 言葉 だ と か

気づ い た 時 糸 は もう ずれ 合って

片 結び は ひどく なって た

躊躇 わ ない で 逃げ た の なら

君 は もう 永 ら え ん の

雲 の 形 突き抜ける

思い の 衝動 映画

漂う 真夏 の 香り に

何度 も 思い出し て いる

貴方 くれ た 奇跡 だけ

夕立 の よう に ポツリ と

色 を 染み 出し て い た

今日 は 夕方 まで みっちり 撮影 って 檸檬 先輩 言って まし た よ

あと どの ぐらい で 撮り 終える の か な

夏 休 中 に は 終わる と 思い ます けど

あと 一 週間 か

イチカ

生き て い た の ね イチカ もう

どれ だけ 心配 し た と 思って る の よ

お 姉ちゃん

イチカ

お 姉 さん

お 姉ちゃん どうして 地球 に

あれ です よ きっと 僕達 を 祝福 し に 来 て くれ た ん です よ

や だ もん お 姉ちゃん ったら 気 が 早い

果たして そう かしら


×

LingQをより快適にするためCookieを使用しています。サイトの訪問により同意したと見なされます cookie policy.