image

あの夏で待ってる, Ano Natsu de Matteru Episode 1

人 が 死 ん だ ら 天国 に 行ける と いう

でも 僕 は そう は 思わ ない

死 ん だ 人間 は きっと 誰 か の 心 へ 旅立つ の だ

思い出 と なって 生き 続ける の だ

父 と 母 が そう だった よう に

僕ら の 心 に 宿る の だ

けれど それ も やがて 消え て いく

だから 人 は 何 か を 残し たい と 願う の だ

忘れ て しまわ ない よう に

ちゃんと 映って ん の か な

ファインダー 真っ黒 だ けど

忘れ ない よう に

な っ 何 だ

あ きれい な 手

あれ 俺 どうして

えっ と 昨日 は 高 感度 フィルム の テスト を しよ う と 思って

それ で 海 君

そろそろ 起き ない と 遅刻 し ちゃ う わ よ

ああ

頬 を 過ぎる 潮風

君 は 黙って る だけ

本当 は その 横顔

触れ て み たい の に

口付け た 気 が し て た

あれ は そう 夢 の 中

現実 の 境界 を 風 が 触る

何気無い 言葉 で 輝き だし た 日常

いつか 見 た 映画 みたい だ ね

季節 が 巡り 巡って も

僕ら を ずっと 待って る

焦げ た フィルム の よう な 夏 の 薫り

付い て 消え ない 予感

覗 い た レンズ 飛び越え て

その 手 を 掴む から

海外 出張

まあ 三 ヶ月 だけ な ん だ けど ね

ああ どこ に

ボリビア 人手 が 足り ない ん だ って

ねえ 海 君

お 姉ちゃん 行って き て いい かな

行き たい ん でしょ う

いい よ 行って おい で よ

俺 自炊 できる し

もう すぐ 夏 休み だ し

一 人 に なる から って 羽目 外 し すぎ ちゃ ダメ よ

はい はい

それ と お 行儀 悪い

帰り に 買い物 と か し て くる けど

七 時 まで に は 帰る から

分かった 行って らっしゃい

そっち も 行って らっしゃい

一 人 暮らし か

うん いい ロケーション

赤い 髪

なぜ どうして

こんなに 目立って る の

何 か 間違って る の かしら

で さ ロケ 場所 は 決まった の 海 君

昨日 ロケハン に 行って たん じゃ ない の

それ 持って

いや 昨日 は ただ フィルム の テスト し

映画 撮る ん だ ろ う 監督

適当 に 取って る だけ だ よ

ただ なんとなく

何 だ よ

手伝って やろう と 思った のに

けど けど 哲郎 君 が 映画 に 出 たら

女子 たち ぎ ゃあ ぎ ゃあ 言い そう かも

そう

俺 は いい よ

つ う かさ 美 桜 こそ どう よ

海 美 桜 主演 で 行か ねえ

夏 だ し アイドル の イメージ ビデオ っぽく さ

どう よ

金 も かから ず 脚本 も 要ら ない

なるほど

ぎょ 凝視 さ れ てる 想像 さ れ てる う わ

男子 の 欲望 出 まくり

冗談 だって

けど さ

何 か し たい ね

何 か って 何

分か ん ない けど

何 か さ

まあ そう だ な 何せ 俺 ら 高校 生 だ し

夏 だ し

そう だ ね 何 か し なく ちゃ かも

へえ 何 撮って ん の か と 思え ば

ああいう の が タイプ な ん だ

まだ カメラ 回って る よ

いや だ から そう 言う ん じゃ なく て

なるほど 確かに さっき の 人 柑 菜 と は 正反対 の タイプ だ な

ち ょ どういう 意味

いろいろ と

だから どういう 意味

だから いろいろ だ よ

何 よ それ

大体 あんた まあまあ 落ち着き な よ 柑 菜

当然 ながら 僕 は 気づ い て なかった

遅れ て すみません

今日 から こちら の 学校 に 転入 さ せ て いただき ます

貴 月 イチカ です

僕たち の ドラマ は

ほら ホームルーム はじめる よ

すでに 動き出し て いる こと

カメラ が 回り 始め て いる こと

前 の 学校 で 部活 と か し て た

こんな 時期 転校 と か 珍しい よ ね

髪 の 色 きれい だ ね

付き合って る やつ と か

ほら ほら 散り なさい

飢え た 狼 ども

何 何 だ よ 山 乃

いい だ ろ 別 に

クラスメート だ し

あんた たち おとなしく し ない と

すごい こと する わ よ

今日 の 昼 何 する

そう そう 昨日 の テレビ さ

私 山 乃 檸檬

あっ えっ と

貴 月 イチカ です

あれ 何 か おかしい です か

私 たち いい 友達 に なれ そう ね

そ そう

山 乃 さん

檸檬 で いい わ

うん じゃあ 檸檬 一 つ 聞い て いい

何かしら

なぜ 違う 制服 を 着 てる の

内緒 すげ え 内緒

そ っ そう

それにしても 何 か 偏った 組み合わせ ね

えっ 何 か おかしい かしら

炭水化物 と 水分 平均 的 な 組み合わせ じゃ ない

何 か 珍 奇 的 な 食べ物 と か

あなた 変わって る わ

ど どこ が どんな 風 に

そういう ところ が

名前 は 貴 月 イチカ さん

今日 つけ て 三 年 A 組 に 転入

身長 は 160 センチ 体重 四十一 キロ

3 サイズ は 上 から 92 58 88

靴 の サイズ は

どう やって 調べ た

どう って

先生 三 年 に 転入 し て き た 先輩 の プロフィル

教え て もらえ ませ ん か

もう

石垣 君 ったら ほか の 人 に 言っちゃ ダメ よ

と まあ そんな 感じ で

犯罪 じゃ ない か それ

「 ありがとう 」 は

ありがとう

どう いたし まして

こんな ところ で 何 して ん の

谷川 や もう めし 食った の か

うん ああ そういう こと

また 隠し撮り でも する つもり

違う よ あれ は たまたま シャッター を 押し た だけ で

ウソ ホント だって

ああ もう 叩き たい 痛い ん で ん じゃ ん

うるさい

痴話 喧嘩 だ

よし 決め た

私 無理 だ から 可愛い 水着 と か 持って ない し だ から

海 行く ぞ

行く って どこ に

ねっ ねえ 私 の ご飯 どこ が

こんにちは

すいません ちょっと いい です か

おい 哲郎 お前 何 する 気 だ よ

いい から 任せ とけ って

いや 別に

えっ と 何

あの う 今日 転入 し て き た 貴 月 イチカ 先輩 です よ ね

俺 は 一 年 の 石垣 哲郎

こっち は 霧島 海人 です

実は 俺 たち 仲間 中 で 自主 映画 撮 ろ う と して て

で 先輩 よかったら 俺 ら の 映画 に 出演 し て もらえ ませ ん か

は ?

おい 急に 何 言い出す ん だ

いい わ よ

その 私 で よかったら

ぜひ 協力 さ せ て

一 度 動き出し た もの は 簡単 に は 止まら ない

ちなみに 私 も 参加 する わ

はい ?

三 年 の 山 乃 檸檬

よろしく 自分 でも 気づか ない うち に

えっ 三 年 年 上

カメラ は 回り 始め て いた ん だ

いや 言って みる もん だ な

まさか オーケー し て くれる の は 思わ なかった よ

イチカ 先輩 気前 よ すぎ

むちゃくちゃ だ よ お前

思い だったら すぐ 実行

俺 の ポリシー ね

いや 気分 が いい な

眺め も 最高

オヤジ 癖

ねえ ねえ ホント に 作る の

映画

先輩 に 宣言 し ちゃ った しな

ど どんな 内容 に する の か な

そこら へん は ちっちゃ い 檸檬 先輩 に 任せ れ ば いい さ

なん せ

ああ 映画 の 内容 は 私 に 任せ て

ちょうど ルーカス の ため に 書 い て おい た 本 が ある から

ハリウッド 級

って か 勝手 に 書 いただけ です よ ね

と か 言って た し

分かった

じゃ 私 も 参加 する

私 も 裏方 と か なら 手伝え る か も

いやいや 美 桜 は 出演 しろ よ

そんな ダメダメ

何で いい じゃ ん ダメ だ よ

映画 ね

監督 演技 指導 お 願い し て いい

じゃ 手 取り 腰 取り

足取り です よ

いや は あ ああ

何 笑って ん の

いや なんでも

てい うか 何 それ

これ よ これ

えっ 何 が

それ キス マーク じゃ ねえ

は あ ?

はい

よ 用意 いい って なん だ これ

だから キス マーク

違う よ 昨日 撮影 し て た とき に でも 虫 に 刺さ れ た ん だ よ

った く そんな の 身 に 覚え が ない って

な なんか 沈黙 し てる

見 見 に 覚え が

おいおい どんな ロケ し て ん だ よ

違う って

農民 に よる 地 租 軽減

庶民 な に よる 自由 な 言論 集会 の 改正

よかった

他国 と の 対等 条約 の 締結 要請

元気 そう で

え これ ら 三 つ の 主張 を 掲げ

じゃ 明日 の 休み は 皆 で 集まって

映画 製作 の 決起 集会 ね

ああ

檸檬 先輩 たち に は 俺 から 連絡 し と くわ

じゃ お 先

おう

また 明日

うん

じゃあ 私 も

お 気 を つけ て な

あれ で 意外 と 楽しみ に し て ん だ ぜ 海人

そう な の

そう

余計 な こと し た か

何 が

ま きっかけ は 多い ほう が いい だ ろ

頑張 ん な

そういう 上 から 目線 なんか むかつく ん です けど

何 浮かれ て ん だ 俺

でも 映画 か

あれ って

これ で 間違って ない はず だ けど

何 し て ん っす か

え えっ と

海人 です 霧島 海人

ああ 海人 君

でも どうして

いや あそこ から 見え た んで

で それ 釣り です よ ね

そ そう な の 私 こういう の が 趣味 な の

それ は それ で い い ん です けど

この 川 魚 いま せ ん よ

あっ ありがとう 教え て くれ て

お 役 に 立て て 何より です

私 まだ この 辺 よく 分から なく て

とっても 助かっちゃ っ た

あの 釣り なら もう 少し 行く と 大きな 川 に ぶつかる んで

そこ なら きっと

じゃあ 俺 は これ で

う うん 何でも その これ から よろしく

あっ はい こちら こそ よろしく

え 惜しい こと し た かな

こう もう ちょっと 会話 を 繋げ て さ

何と 言う か こう

ずばり 言い ま しょ う

イチカ 先輩 は 一 人 で ここ へ 引っ越し て き た ん です ね

す っご い どうして 分かった の

その 手 に し て いる 荷物 を 見 れ ば 分かり ます

簡単 な プロ ファイリング です よ

そして 俺 は 更に こう 推理 し まし た

先輩 は 住む 場所 が なく て 困って いる

またまた すごい

下宿 先 と 何 か トラブル が あった

ピンポン ピンポン

正直 路頭 に 迷って る

あんな 場所 で 釣り を し て い た の が 何より の 証拠 です

またまた ピンポン

あの う 俺 ん ち 来 ませ ん か

イチカ 先輩 さえ よけ れ ば だ けど

本当 に いい の

もちろん です ちなみに ここ が 僕 の 家 です

ああ 大きな お家

死 ん だ ばあちゃん の 家 な ん です

大き すぎ で 持て余す ほど です

先輩 一 人 増え て も どう って こと は あり ませ ん

素敵

それ に 一緒 に いれ ば 映画 の 演技 指導 も でき ます から

それ こそ 手 取り 腰 取り

それ は 足取り だ と 思う けど

は そう で し た

で これ 現実 です か

あ はい

えと いつ から

結構 前 から

海人 君

でも すごく 助かる

私 本当 に 困って たから

あの 何 の 話す

えっ 来 ませ ん か 俺 ん ち って

そこ から 聞い て た

で ちょっと 待って ください

先 の は その 俺 の 妄想 って いう か

独り言 で

それ に うち に は 姉さん が いる ん です

いきなり 女の子 を 家 に 連れ込 ん だ り し たら

そっと うし ちゃ う と 思う し

そう だ ね

だ よ ね

分かって る

ごめんなさい 無理 を 言って

あの 先輩 どこ へ

この 辺 で

どこ か 野宿 の し やす そう な 場所 に

ああ もう

あれ 七海 さん

あら 柑 菜 ちゃん

珍しい です ね こんな 早く に こんな 場所 で

仕事 は 引き継ぎ だけ だった し 用意 も あった から

用意

そう な のに こいつ が 急に 機嫌 悪く なっちゃ っ て

そう だ 柑 菜 ちゃん

よかったら ちょっと お 手伝って くれ ない か な

はい

その辺 座って て ください

ああ 荷物 は 取りあえ ず こっち に

お も っ

どう やって ここ まで

ああ グラビ

グラ

ぐ ら っと さ せ て ね コツ が ある の

とりあえず 一晩 だけ です よ

今晩 だけ は 泊め ます から

な ん です

ごめんなさい 男の子 の 部屋 に 入る の 初めて だ から

そ っ そう なん です か

そう だ こんなに のんびり し て られ ない ん です

食事 は 後 で 持って き ます から じゃ なく て

その 前 に 姉さん が 帰って くる の が 七 時 ぐらい だ から

今 の うち に シャワー を

着替え この 中 です か

ご ごめんなさい

何 入れ てる ん です か あれ

えっ と こっち が シャンプー で

パジャマ パジャマ

ねえ ちゃ ん ネグリジェ 派 だった

とりあえず 着る もの は

着 着替え 洗濯 機 の 上 に 置 い と き ます から

ありがとう

開け なく て いい です

まだ 七 時 まで に は 結構 ある な

った く 何 って 日 だ

先輩 と 会って

映画 作る こと に なって

なぜ か 先輩 が 家 に い て

とにかく 俺 も 荷物 を 片付け て 着替え し て

そう か これ も 片付け と か なく ちゃ

何 だ ここ って 虫 に 刺さ れ た

な 何 だ これ

海人 君 この 服 な ん だ けど

海人 君

海人 君 海人 君

どう し た の しっかり

海人 君

これ は セル の 代謝 が

り の ん

よかった 機能 し てる

ごめん ごめん ね

大丈夫 だ から ね

ホント 助かった わ

ありがとう ね 柑 菜 ちゃん

いえいえ でも 三 ヶ月 の 転勤 です か

そう な の 柑 菜 ちゃん 海 君 の こと 頼む わ ね

なんなら 泊まり に 来 ちゃ って も いい から

そ そんな

お 姉ちゃん 柑 菜 ちゃん の こと 応援 し てる ん だ けど な

ど どういう 意味 です か

あら と ぼけ ちゃ って

どう し た ん です か

おね え ちゃん また 目 が 悪く なった みたい で

なん かね 光 に 包まれ ながら 海 君 が 女 の 人 と 抱き合って る 幻 が

探し て い た 好き に なる 理由 を

何で すか それ おかしい

もっとも 嬉しい 言葉 だ と か

ホント よ ね

ああ あの

気づ い た 時 糸 は もう ずれ 合って

これ は

な なな な な な な 何 してん の おお お っ ハメ を 外し すぎ っっ

片 結び は ひどく なって た

あの とりあえず 離れ て

当然 ながら 僕 は 気づ い て い なかった

躊躇 わ ない で 逃げ た の なら

知って いる の は

君 は もう 永 ら え ん の

残って いる の は

雲 の 形 突き抜ける

思い の 衝動 映画

漂う 真夏 の 香り に

何度 も 思い出し て いる

貴方 くれ た 奇跡 だけ

夕立 の よう に ポツリ と

色 を 染み 出し て い た

あなた に は 溢れ 出す 思い が

知ら れ たく ない から

止まら なく て



Want to learn a language?


Learn from this text and thousands like it on LingQ.

  • A vast library of audio lessons, all with matching text
  • Revolutionary learning tools
  • A global, interactive learning community.

LingQでオンライン語学学習

人 が 死 ん だ ら 天国 に 行ける と いう

でも 僕 は そう は 思わ ない

死 ん だ 人間 は きっと 誰 か の 心 へ 旅立つ の だ

思い出 と なって 生き 続ける の だ

父 と 母 が そう だった よう に

僕ら の 心 に 宿る の だ

けれど それ も やがて 消え て いく

だから 人 は 何 か を 残し たい と 願う の だ

忘れ て しまわ ない よう に

ちゃんと 映って ん の か な

ファインダー 真っ黒 だ けど

忘れ ない よう に

な っ 何 だ

あ きれい な 手

あれ 俺 どうして

えっ と 昨日 は 高 感度 フィルム の テスト を しよ う と 思って

それ で 海 君

そろそろ 起き ない と 遅刻 し ちゃ う わ よ

ああ

頬 を 過ぎる 潮風

君 は 黙って る だけ

本当 は その 横顔

触れ て み たい の に

口付け た 気 が し て た

あれ は そう 夢 の 中

現実 の 境界 を 風 が 触る

何気無い 言葉 で 輝き だし た 日常

いつか 見 た 映画 みたい だ ね

季節 が 巡り 巡って も

僕ら を ずっと 待って る

焦げ た フィルム の よう な 夏 の 薫り

付い て 消え ない 予感

覗 い た レンズ 飛び越え て

その 手 を 掴む から

海外 出張

まあ 三 ヶ月 だけ な ん だ けど ね

ああ どこ に

ボリビア 人手 が 足り ない ん だ って

ねえ 海 君

お 姉ちゃん 行って き て いい かな

行き たい ん でしょ う

いい よ 行って おい で よ

俺 自炊 できる し

もう すぐ 夏 休み だ し

一 人 に なる から って 羽目 外 し すぎ ちゃ ダメ よ

はい はい

それ と お 行儀 悪い

帰り に 買い物 と か し て くる けど

七 時 まで に は 帰る から

分かった 行って らっしゃい

そっち も 行って らっしゃい

一 人 暮らし か

うん いい ロケーション

赤い 髪

なぜ どうして

こんなに 目立って る の

何 か 間違って る の かしら

で さ ロケ 場所 は 決まった の 海 君

昨日 ロケハン に 行って たん じゃ ない の

それ 持って

いや 昨日 は ただ フィルム の テスト し

映画 撮る ん だ ろ う 監督

適当 に 取って る だけ だ よ

ただ なんとなく

何 だ よ

手伝って やろう と 思った のに

けど けど 哲郎 君 が 映画 に 出 たら

女子 たち ぎ ゃあ ぎ ゃあ 言い そう かも

そう

俺 は いい よ

つ う かさ 美 桜 こそ どう よ

海 美 桜 主演 で 行か ねえ

夏 だ し アイドル の イメージ ビデオ っぽく さ

どう よ

金 も かから ず 脚本 も 要ら ない

なるほど

ぎょ 凝視 さ れ てる 想像 さ れ てる う わ

男子 の 欲望 出 まくり

冗談 だって

けど さ

何 か し たい ね

何 か って 何

分か ん ない けど

何 か さ

まあ そう だ な 何せ 俺 ら 高校 生 だ し

夏 だ し

そう だ ね 何 か し なく ちゃ かも

へえ 何 撮って ん の か と 思え ば

ああいう の が タイプ な ん だ

まだ カメラ 回って る よ

いや だ から そう 言う ん じゃ なく て

なるほど 確かに さっき の 人 柑 菜 と は 正反対 の タイプ だ な

ち ょ どういう 意味

いろいろ と

だから どういう 意味

だから いろいろ だ よ

何 よ それ

大体 あんた まあまあ 落ち着き な よ 柑 菜

当然 ながら 僕 は 気づ い て なかった

遅れ て すみません

今日 から こちら の 学校 に 転入 さ せ て いただき ます

貴 月 イチカ です

僕たち の ドラマ は

ほら ホームルーム はじめる よ

すでに 動き出し て いる こと

カメラ が 回り 始め て いる こと

前 の 学校 で 部活 と か し て た

こんな 時期 転校 と か 珍しい よ ね

髪 の 色 きれい だ ね

付き合って る やつ と か

ほら ほら 散り なさい

飢え た 狼 ども

何 何 だ よ 山 乃

いい だ ろ 別 に

クラスメート だ し

あんた たち おとなしく し ない と

すごい こと する わ よ

今日 の 昼 何 する

そう そう 昨日 の テレビ さ

私 山 乃 檸檬

あっ えっ と

貴 月 イチカ です

あれ 何 か おかしい です か

私 たち いい 友達 に なれ そう ね

そ そう

山 乃 さん

檸檬 で いい わ

うん じゃあ 檸檬 一 つ 聞い て いい

何かしら

なぜ 違う 制服 を 着 てる の

内緒 すげ え 内緒

そ っ そう

それにしても 何 か 偏った 組み合わせ ね

えっ 何 か おかしい かしら

炭水化物 と 水分 平均 的 な 組み合わせ じゃ ない

何 か 珍 奇 的 な 食べ物 と か

あなた 変わって る わ

ど どこ が どんな 風 に

そういう ところ が

名前 は 貴 月 イチカ さん

今日 つけ て 三 年 A 組 に 転入

身長 は 160 センチ 体重 四十一 キロ

3 サイズ は 上 から 92 58 88

靴 の サイズ は

どう やって 調べ た

どう って

先生 三 年 に 転入 し て き た 先輩 の プロフィル

教え て もらえ ませ ん か

もう

石垣 君 ったら ほか の 人 に 言っちゃ ダメ よ

と まあ そんな 感じ で

犯罪 じゃ ない か それ

「 ありがとう 」 は

ありがとう

どう いたし まして

こんな ところ で 何 して ん の

谷川 や もう めし 食った の か

うん ああ そういう こと

また 隠し撮り でも する つもり

違う よ あれ は たまたま シャッター を 押し た だけ で

ウソ ホント だって

ああ もう 叩き たい 痛い ん で ん じゃ ん

うるさい

痴話 喧嘩 だ

よし 決め た

私 無理 だ から 可愛い 水着 と か 持って ない し だ から

海 行く ぞ

行く って どこ に

ねっ ねえ 私 の ご飯 どこ が

こんにちは

すいません ちょっと いい です か

おい 哲郎 お前 何 する 気 だ よ

いい から 任せ とけ って

いや 別に

えっ と 何

あの う 今日 転入 し て き た 貴 月 イチカ 先輩 です よ ね

俺 は 一 年 の 石垣 哲郎

こっち は 霧島 海人 です

実は 俺 たち 仲間 中 で 自主 映画 撮 ろ う と して て

で 先輩 よかったら 俺 ら の 映画 に 出演 し て もらえ ませ ん か

は ?

おい 急に 何 言い出す ん だ

いい わ よ

その 私 で よかったら

ぜひ 協力 さ せ て

一 度 動き出し た もの は 簡単 に は 止まら ない

ちなみに 私 も 参加 する わ

はい ?

三 年 の 山 乃 檸檬

よろしく 自分 でも 気づか ない うち に

えっ 三 年 年 上

カメラ は 回り 始め て いた ん だ

いや 言って みる もん だ な

まさか オーケー し て くれる の は 思わ なかった よ

イチカ 先輩 気前 よ すぎ

むちゃくちゃ だ よ お前

思い だったら すぐ 実行

俺 の ポリシー ね

いや 気分 が いい な

眺め も 最高

オヤジ 癖

ねえ ねえ ホント に 作る の

映画

先輩 に 宣言 し ちゃ った しな

ど どんな 内容 に する の か な

そこら へん は ちっちゃ い 檸檬 先輩 に 任せ れ ば いい さ

なん せ

ああ 映画 の 内容 は 私 に 任せ て

ちょうど ルーカス の ため に 書 い て おい た 本 が ある から

ハリウッド 級

って か 勝手 に 書 いただけ です よ ね

と か 言って た し

分かった

じゃ 私 も 参加 する

私 も 裏方 と か なら 手伝え る か も

いやいや 美 桜 は 出演 しろ よ

そんな ダメダメ

何で いい じゃ ん ダメ だ よ

映画 ね

監督 演技 指導 お 願い し て いい

じゃ 手 取り 腰 取り

足取り です よ

いや は あ ああ

何 笑って ん の

いや なんでも

てい うか 何 それ

これ よ これ

えっ 何 が

それ キス マーク じゃ ねえ

は あ ?

はい

よ 用意 いい って なん だ これ

だから キス マーク

違う よ 昨日 撮影 し て た とき に でも 虫 に 刺さ れ た ん だ よ

った く そんな の 身 に 覚え が ない って

な なんか 沈黙 し てる

見 見 に 覚え が

おいおい どんな ロケ し て ん だ よ

違う って

農民 に よる 地 租 軽減

庶民 な に よる 自由 な 言論 集会 の 改正

よかった

他国 と の 対等 条約 の 締結 要請

元気 そう で

え これ ら 三 つ の 主張 を 掲げ

じゃ 明日 の 休み は 皆 で 集まって

映画 製作 の 決起 集会 ね

ああ

檸檬 先輩 たち に は 俺 から 連絡 し と くわ

じゃ お 先

おう

また 明日

うん

じゃあ 私 も

お 気 を つけ て な

あれ で 意外 と 楽しみ に し て ん だ ぜ 海人

そう な の

そう

余計 な こと し た か

何 が

ま きっかけ は 多い ほう が いい だ ろ

頑張 ん な

そういう 上 から 目線 なんか むかつく ん です けど

何 浮かれ て ん だ 俺

でも 映画 か

あれ って

これ で 間違って ない はず だ けど

何 し て ん っす か

え えっ と

海人 です 霧島 海人

ああ 海人 君

でも どうして

いや あそこ から 見え た んで

で それ 釣り です よ ね

そ そう な の 私 こういう の が 趣味 な の

それ は それ で い い ん です けど

この 川 魚 いま せ ん よ

あっ ありがとう 教え て くれ て

お 役 に 立て て 何より です

私 まだ この 辺 よく 分から なく て

とっても 助かっちゃ っ た

あの 釣り なら もう 少し 行く と 大きな 川 に ぶつかる んで

そこ なら きっと

じゃあ 俺 は これ で

う うん 何でも その これ から よろしく

あっ はい こちら こそ よろしく

え 惜しい こと し た かな

こう もう ちょっと 会話 を 繋げ て さ

何と 言う か こう

ずばり 言い ま しょ う

イチカ 先輩 は 一 人 で ここ へ 引っ越し て き た ん です ね

す っご い どうして 分かった の

その 手 に し て いる 荷物 を 見 れ ば 分かり ます

簡単 な プロ ファイリング です よ

そして 俺 は 更に こう 推理 し まし た

先輩 は 住む 場所 が なく て 困って いる

またまた すごい

下宿 先 と 何 か トラブル が あった

ピンポン ピンポン

正直 路頭 に 迷って る

あんな 場所 で 釣り を し て い た の が 何より の 証拠 です

またまた ピンポン

あの う 俺 ん ち 来 ませ ん か

イチカ 先輩 さえ よけ れ ば だ けど

本当 に いい の

もちろん です ちなみに ここ が 僕 の 家 です

ああ 大きな お家

死 ん だ ばあちゃん の 家 な ん です

大き すぎ で 持て余す ほど です

先輩 一 人 増え て も どう って こと は あり ませ ん

素敵

それ に 一緒 に いれ ば 映画 の 演技 指導 も でき ます から

それ こそ 手 取り 腰 取り

それ は 足取り だ と 思う けど

は そう で し た

で これ 現実 です か

あ はい

えと いつ から

結構 前 から

海人 君

でも すごく 助かる

私 本当 に 困って たから

あの 何 の 話す

えっ 来 ませ ん か 俺 ん ち って

そこ から 聞い て た

で ちょっと 待って ください

先 の は その 俺 の 妄想 って いう か

独り言 で

それ に うち に は 姉さん が いる ん です

いきなり 女の子 を 家 に 連れ込 ん だ り し たら

そっと うし ちゃ う と 思う し

そう だ ね

だ よ ね

分かって る

ごめんなさい 無理 を 言って

あの 先輩 どこ へ

この 辺 で

どこ か 野宿 の し やす そう な 場所 に

ああ もう

あれ 七海 さん

あら 柑 菜 ちゃん

珍しい です ね こんな 早く に こんな 場所 で

仕事 は 引き継ぎ だけ だった し 用意 も あった から

用意

そう な のに こいつ が 急に 機嫌 悪く なっちゃ っ て

そう だ 柑 菜 ちゃん

よかったら ちょっと お 手伝って くれ ない か な

はい

その辺 座って て ください

ああ 荷物 は 取りあえ ず こっち に

お も っ

どう やって ここ まで

ああ グラビ

グラ

ぐ ら っと さ せ て ね コツ が ある の

とりあえず 一晩 だけ です よ

今晩 だけ は 泊め ます から

な ん です

ごめんなさい 男の子 の 部屋 に 入る の 初めて だ から

そ っ そう なん です か

そう だ こんなに のんびり し て られ ない ん です

食事 は 後 で 持って き ます から じゃ なく て

その 前 に 姉さん が 帰って くる の が 七 時 ぐらい だ から

今 の うち に シャワー を

着替え この 中 です か

ご ごめんなさい

何 入れ てる ん です か あれ

えっ と こっち が シャンプー で

パジャマ パジャマ

ねえ ちゃ ん ネグリジェ 派 だった

とりあえず 着る もの は

着 着替え 洗濯 機 の 上 に 置 い と き ます から

ありがとう

開け なく て いい です

まだ 七 時 まで に は 結構 ある な

った く 何 って 日 だ

先輩 と 会って

映画 作る こと に なって

なぜ か 先輩 が 家 に い て

とにかく 俺 も 荷物 を 片付け て 着替え し て

そう か これ も 片付け と か なく ちゃ

何 だ ここ って 虫 に 刺さ れ た

な 何 だ これ

海人 君 この 服 な ん だ けど

海人 君

海人 君 海人 君

どう し た の しっかり

海人 君

これ は セル の 代謝 が

り の ん

よかった 機能 し てる

ごめん ごめん ね

大丈夫 だ から ね

ホント 助かった わ

ありがとう ね 柑 菜 ちゃん

いえいえ でも 三 ヶ月 の 転勤 です か

そう な の 柑 菜 ちゃん 海 君 の こと 頼む わ ね

なんなら 泊まり に 来 ちゃ って も いい から

そ そんな

お 姉ちゃん 柑 菜 ちゃん の こと 応援 し てる ん だ けど な

ど どういう 意味 です か

あら と ぼけ ちゃ って

どう し た ん です か

おね え ちゃん また 目 が 悪く なった みたい で

なん かね 光 に 包まれ ながら 海 君 が 女 の 人 と 抱き合って る 幻 が

探し て い た 好き に なる 理由 を

何で すか それ おかしい

もっとも 嬉しい 言葉 だ と か

ホント よ ね

ああ あの

気づ い た 時 糸 は もう ずれ 合って

これ は

な なな な な な な 何 してん の おお お っ ハメ を 外し すぎ っっ

片 結び は ひどく なって た

あの とりあえず 離れ て

当然 ながら 僕 は 気づ い て い なかった

躊躇 わ ない で 逃げ た の なら

知って いる の は

君 は もう 永 ら え ん の

残って いる の は

雲 の 形 突き抜ける

思い の 衝動 映画

漂う 真夏 の 香り に

何度 も 思い出し て いる

貴方 くれ た 奇跡 だけ

夕立 の よう に ポツリ と

色 を 染み 出し て い た

あなた に は 溢れ 出す 思い が

知ら れ たく ない から

止まら なく て


×

LingQをより快適にするためCookieを使用しています。サイトの訪問により同意したと見なされます cookie policy.