image

ご注文はうさぎですか?, Gochuumon wa Usagi Desu ka? Episode 7

いや 来 ない で

それ 以上 近づ い たら

舌 噛む から

待って

兎 恐怖 症 の わたし を よく 助け て くれる 理 世 先輩 は

憧れ の 存在

こいつ よく 見る と 可愛い な

もし 私 が 先輩 の よう な 性格 だったら

貧乏 でも 堂々 と して い られ た の か な

特売 だ

道 を 開ける

ごめんなさい ごめんなさい

私 たら いけない 想像 を

理 世 先輩 に は 絶対 言え ない

いけない 想像 を

心 愛

今日 の 智 乃 機嫌 悪く ない か

そう かな

智 乃 ちゃん も ふ も ふ も ふ も ふ

止め て ください 心 愛 さん

心 愛 さん 邪魔 です

智 乃 ちゃん は いつも 私 に ツンツン だ よ

いつも そんな あしらわ れ 方 して ん の

なん に か あった の か

昨日 心 愛 さん と 私 の 部屋 で 遊 ん でる 時 に

ちょっと お 手洗い に

いって らっしゃい

戻って き たら . . .

毎日 少しずつ やる の が 楽しみ だった パズル が

ほぼ 完成 状態 に

しかも 一 ピース 足り なかった ん です

それ は 凹む

智 乃 ちゃん 喜ぶ と 思った のに

で でも パズル の ピース は 最初 から 無かった よ

なく し た の は 心 愛 だ と 思って ない だ ろ う けど

楽しみ が 取ら れ て ショック だ ろ う な

私 私 お 姉ちゃん 失格 だ

先 に あや まっ とけ よ

心 愛 が 帰って 来 ない

悪気 は なかった ん だ から

許し て や ったら どう だ

ですが あんな 態度 取って しまった 以上

普通 に 話す の が 恥 か しく て

気付 い て なかった けど なあ

智 乃 ちゃん

新しい パズル 買って き た から 許し て

八千 ピース

協力 し て 欲しい って . . .

これ な の

手伝って

始 めった もの の 終わら ない ん です

一 回 崩し ちゃ え ば

もったいない よ

それ に

今 の 理 世 ちゃん を 止める こと なんて 出来 ない

楽しい

た 確かに

仕方ない よ ね

手伝って あげる わ よ

本当

ジグソーパズル なんて 久しぶり

端 から 作って くる の が 楽 な ん だ よ ね

智 乃 ちゃん の 作った ところ と 合体

合い そう です ね

こ ち も 理 世 ちゃん の 作って た ところ と 合体 だ よ

紗 路 ちゃん

一 ピース も 合わせ られ ない 役立た ず が

ここ に い て も いい の かしら

急に ネガティブ に なった

きっと 私 パズル の 才能 が ない だ ん か

面倒くさい

先 . . . 先輩 から お 先 に どうぞ

いや 紗 路 の ほう が 当てる っぽい し

そ そんな こと ない です

だって ほら 形 が

いいえ 先輩 が 先 に

いや 紗 路 が

はまった

どう し た の よ

うん うん 何でもない わ

うん 格好いい の

息子 よ いつ 見 て も わし に そっくり だ と 思わ ん か

そろそろ それ も 飽き て き た な

なん だ と なん だ と 飽き て き た と

みんな 集中 力 が 無くなって き てる

ハート マーク が 出来 た ぞ

理 世 先輩 疲れ てる なら 休憩 し て く た さ い

心 愛 さん

先 から ピース 見つめ ながら 動か ない

そ その

責任 取 ろ う と し ない で ください

私 もう 怒って な . . . 寝 てる

もう 一息 頑張 ラ なく ちゃ

もう 少し で 完成 だ もん

そう です

ラスト スパート ね

ええ

これ 下 に なにも 敷 い て ない けど

どう する ん だ

なにも 考え て なかった の か

私 先 気づ い た のに

この 空気 に なる の が 怖く て 言え なかった

もっと 早く 言って れ ば . . .

私 の せい で

余計 空気 が 重く なる から 自分 を 責める の は 止め て

お腹 すい た ね

ホットケーキ 作って くる よ

手伝い ます

あの 二 人

自然 に 仲直り し た みたい だ なあ

喧嘩 し て た ん です か

だて いつも 以上 に 智 乃 の 口数 少なかった だ ろ う

いつも あんな 感じ じゃ ない ん です か

智 乃 ちゃん 照れ 屋 だ から

わたし ね

最近 ホットケーキ 宙 に 浮かし て 返せ る よう に なった ん だ よ

見 て て ね

行く よ

智 乃 ちゃん が 口 利 い て くれ ない よ

自分 で どうにか しろ うよ

熱かった

完璧 に 嫌わ れ た

そろそろ 焼ける の で 先 に 運 ん で

これ か

大変 です 心 愛 さん が ケチャップ で 死 ん で ます

ごめん ね 智 乃 ちゃん

私 も 素っ気ない 態度 を とって しまい まし た

でも ね 初めて 姉妹 っぽい 喧嘩 でき て

ちょっと 嬉しかった . . . かも

兎 も 気 を 引き たく て 死 ん だ ふり を する ん だ よ

心 愛 さん は 兎 と いう より 笑顔 が . . . ウー パー ルーパー

ウー パー ルーパー か

複雑

御馳走 様 で し た

美味しかった な

はい

この 知恵 の 輪 難しい ね

お 爺ちゃん が 作って くれ た ん です

智 乃 って ハズルゲーム 好き な ん だ な

難しく て 何度 挑戦 し て も 解け なかった ん です が

いつか 自分 の 力 で 解 い て

お 爺ちゃん を わ っと 言わ せ て みせ ます

しかし

最初 に やって た パズル の ピース は どこ に いった だ ろ う な

そい う の って 忘れ た 頃 に 見つかり ます ね

紗 路 ちゃん は 学校 に ランドセル を 忘れ た まま 帰って き た こと が あった わ

明日 学校 行け ない って 泣 い て

理 世 先輩 の 前 で 昔 の 話 は やめ て よ

智 乃 ちゃん これ って

なくなった ピース

よかった これ で 完成 だ ね

はい

心 愛 さん

はい

お 姉ちゃん って

呼び ませ ん

おはよう 千 夜 ちゃん

おはよう 心 愛 ちゃん

智 乃 ちゃん の ご 機嫌 直った

朝 に なったら 許し て くれ た よ

あれっ 穴 が

嫌 だ

このまま だ と 目立っちゃ う ね

絆創膏 で 孔 を 塞ぐ の と ペン で 肌 を 黒く する の ど ちがい い

大丈夫 よ

その 手 が あった か

おじさん の 作った 栗 金 飩 おいしい ね

ええ

お 弁当 食べ ない の

食欲 なく て

なに か 落ち込 ん でる

悩み こと が あったら 言った ね

ありがとう で も いい の

これ は 私 の 問題 だ から

千 夜 が 落ち込 ん でる

そう な の

私 が 怒って る 時 は 気 が つか なかった のに

千 夜 さん の 様子 が おかしい 時 は 気 が 付く ん です ね

智 乃 ちゃん ジェラシー

お 姉ちゃん の 鈍感

智 乃 ちゃん の こと は ちゃんと 見 てる よ

一緒 に お 風呂 に 入って くれ ない 時 は

そういう 年 な ん だ なって 気 を つかったり

反抗 期 の 対処 を 考え た り し てる もん

考え てる と いう か . . .

お前 は 青春 期 の 娘 に 対 する 父親 か

実は 私 も 悩み が

辛い こと が あったら 我慢 せ ず に

私 の 胸 に 飛び込 ん で おい て

相談 に 乗る から なんでも 言え よ

戦士 の ブレ は 戦場 で は 命取り に なる から な

成長 が 止まった 気 が し ます

精進 ある のみ じゃ

スルー

心配 だ から 千 夜 ちゃん の 様子 を 見 に 行って くる よ

そ と は もう 暗い です よ

何 が あったら 心配 だ な

これ 貸し て やる

打つ とき は 脇 を 締めて 両手 で 構えろ よ

私 が 捕まる から

紗 路 ちゃん

千 夜 ちゃん うち の 前 で な に し てる の

朝 起こし に 来 た 千 夜 と ちょっと 揉め ちゃ って

だから 落ち込 ん で た ん だ

追いかけ て 来 た の を 振り切って 学校 に 行った ん だ けど

紗 路 ちゃん

罪悪 感 が

それ で 仲直り し たい ん だ ね

でも 千 夜 だって 悪い の よ

成長 する よう に って 毎朝 しつこく 牛乳 を 押し付け て くる の

胸 が ない から って

身長 の 心配 だ と 思う よ

千 夜 ちゃん すごく 落ち込 ん で た よ

あんなに ショボン と し てる の を 見 た の は 初めて

そ . . . そんなに

幼馴染 って いい な

行 こ う

一緒 に 会え ば 恥ずかしく ない でしょ う

お 店 に 入り にくい の は そういう 理由 じゃ なく て

あいつ が 怖い の

私 を の 顔 を 見る なり 噛み付く から

それ なら 私 に 任せ て

私 が 守る よ

いらっしゃい ませ

強盗

私 だ よ 私

心 愛 ちゃん

どう し た の

だ . . . 大丈夫

お 昼 も 食べ て なかった し

食欲 が ない の

もう オーダー ストップ し てる 時間 よ ね

キッチン 借りろ よ

キッチン は そっち じゃ ない よ

こんな もん ね

お 味噌汁 作って る 紗 路 ちゃん って 意外 と 様 に なって る ね

お 母さん が 恋しく なっちゃ っ た

う や やめ て よ

ところで お 母さん

先 から ワカメ の 増殖 が 止まら ない の

入れ すぎ っ

玉ねぎ で 涙 が 止まら ない よ

娘 なら 邪魔 し ない で よ

二 人 と も 私 の ため に 夕食 作って くれ てる の

食欲 ない って いう から

食べ やすく て 体 に いい もの

嬉しい でも 紗 路 ちゃん は お 母さん と いう より

生活 に 困って も 愛 が あれ ば 大丈夫 な 新妻 役 で お 願い する わ

ちゃっかり 会話 聞い てん じゃ な いわ よ

その

朝 は 逃げ て ごめんなさい

紗 路 ちゃん

ね 千 夜 ちゃん も 元気 出し て

ごめんなさい その ね . . .

お 弁当 の おかず 交換 し よ

智 乃 ちゃん の お 父さん が 作った 栗 金 飩 が

私 の 作った 和菓子 より 美味しかった なんて

恥ずかしく て 言え なく て

そう だった ん だ

そう いえ ば 今朝 渡し たかった もの だ けど

牛乳 じゃ なかった の

これ が うち の 木 に ひ かかって た の

追いかけ て も 逃げる よう に 学校 行っちゃ う だ もん

これ 振り回し て 走って た ん じゃ ない でしょ う ね

この 和菓子 馬鹿

白 か

智 乃 ちゃん の 今日 の デザート は 牛乳 寒天

デザート 感覚 で カルシウム が 取れ て 背 も 伸びる の かも しれ ない と

あわよくば 胸 も 大きく

合理 的

効果 ある の か な

これ . . .

うち の 寒天 デザート より も 美味しい

フルール ド ラッパン です

ハーブ の お 店 です

ありがとう ござい ます

残り の チラシ は

そ . . . そこ 退き なさい よ

退き なさい

退 い て ください お 願い し ます . . .

うさぎ に 土下座 し てる

ほら

理 世 先輩

ありがとう ござい まし た

その 服 で 外 に いる なんて 珍しい です ね

心 愛 が 企画 し た 夏 の パン 祭り の チラシ 配り 担当 に 任命 さ れ た

食べ 放題 . . .

でも 土曜日 は 一 日 中 バイト な の で

そこ は 残念 だ な

メロ パン お 腹 一 杯 食べ たかった な

さて やる か

こう やって 配れ ば 受け取って くれる の か

はい

フルール ド ラッパン を よろしく お 願い し ます

無意識 に うち の 宣伝 に なって ます

どうか し た

心 愛 さん Rabbit House の スペル が 間違って ます

house じゃ なく て horse 馬 です

やっちゃ っ た 看板 に も 馬 付け たら 解決

し ませ ん よ

それ に 「 う ぇ る か むか もん 」 って

どうして 格好 つけ て 変 な 言葉 使 お う と する ん です か

わし の 似顔絵 が 気持ち 悪い

私 の うっかり が 町 中 に 知 ら 渡る

チラシ 回収 し て くる

確認 し ない 私 が 馬鹿 で し た

お 願い し ます

あの

はい

この お 店 は いかがわしい お 店 な の でしょ か

普通 の 健全 な 喫茶 店 です

なるほど 耳 を つけ た 少女 達 を 拝み ながら お茶 を する

拝む ! ?

ふむ こういった 趣向 も ある ん です ね

近日 伺い ます ので なにとぞ よし なに

太もも に 向かって 話さ ない で ください

目 を あわせて 話せ ない せい で 誤解 さ れ て しまった み ない

是非 来 て ください

これ は Rabbit House の チラシ ?

マスター 久しぶり に お 会い . . .

Rabbit hHrse ?

違う お 店 だった みたい

チラシ 配り ストップ

紗 路 さん

スペル 間違っちゃ っ た

見落とし て た

しょうがない 残り は 書き 直し て . . .

動か ない で ください

本当 に 馬 に なる なんて

大きい 虫 が 落ち まし た

なんて こと を

意外 な 一面 です ね

お前 も 意外 と 逞 しい なあ

家 の 隙間 から よく 入って くる んで な . . .

なんでも ない です

でも ウサギ は だめ な ん だ なあ

この ちっちゃ い 子 なら 大丈夫 でしょ う

噛ま ない なら

どう し たら

ウサギ って 鳴く の

そんなに はっきり と は 鳴か ない か と

ウサギ は き ゅ って 鳴く の よ

本当

帰ったら 問い詰める

今日 は パン 祭り に 来 て くれ て ありがとう ね

無事 に 成功 し て 良かった わ ね

千 夜 ちゃん あまり 居 られ なかった から

はい お裾分け

ありがとう

それ で 紗 路 の 家 知ら ない か

バイト で 来 れ なかった から お裾分け し たく て

きっと 赤い 屋根 の 大きい な お うち に 住 ん でる と 思う ん だ けど

えっ と

夕食 買い 忘れ ちゃ った

もし かして 私 達 は

大きな 勘違い を し て い た

い . . . 今 まで 勝手 に 妄想 の 押し付け を

お 嬢 様 と か 関係なく 私 の 憧れ な の で

気 使わ せ ちゃ って る

ところで 紗 路 ちゃん の 家 は どこ

この 物置 よ

そ っか うち の 学校 の 特待 生 って 紗 路 だった ん だ なあ

その 言い出せ なく て

よし フェア に なる よう 私 の 秘密 も 教えよ

あの な ウサギ の 縫い包み に 銃 の ミニチュア を 背負 わ す のに 嵌 って る ん だ

可 笑 しい かな

分かり ます

私 も 人形 の 近く に 小物 の 食器 と か 置く の 好き です

同じ ベクトル かしら

もう 恥ずかしい こんな 家 見なれ て

でも 分かった でしょ う

お 嬢 様 じゃ なく て も 皆 幻滅 し たり し ない わ

紗 路 ちゃん は 紗 路 ちゃん よ

千 夜

けど 二 人 だけ の 秘密 が ばれ ちゃ って ちょっと 残念

なんで よ

さあ パン 食べ ま しょ う

私 の ティー カップ コレクション 勝手 に 使う な

メロン パイ いっぱい 入って る

良かった わ ね

なん じゃ こりゃ

わし の 絵 が . . .

新しい の に し て おい た

なん だ と

よく 見ろ よ 親父

この 五 匹 誰 か に 似 てる だ ろ う

なに

まあ これ は これ で 悪く ない

よく 見 たら 真ん中 の は わし に 似 とる し なあ

雨 それ は 人 を 素直 に さ せる

わし も 素直 に この 気持ち . . .

智 乃 は 夕焼け の ほう が 心 に 沁 みる みたい だ ぞ

わし は いや わし も



Want to learn a language?


Learn from this text and thousands like it on LingQ.

  • A vast library of audio lessons, all with matching text
  • Revolutionary learning tools
  • A global, interactive learning community.

LingQでオンライン語学学習

いや 来 ない で

それ 以上 近づ い たら

舌 噛む から

待って

兎 恐怖 症 の わたし を よく 助け て くれる 理 世 先輩 は

憧れ の 存在

こいつ よく 見る と 可愛い な

もし 私 が 先輩 の よう な 性格 だったら

貧乏 でも 堂々 と して い られ た の か な

特売 だ

道 を 開ける

ごめんなさい ごめんなさい

私 たら いけない 想像 を

理 世 先輩 に は 絶対 言え ない

いけない 想像 を

心 愛

今日 の 智 乃 機嫌 悪く ない か

そう かな

智 乃 ちゃん も ふ も ふ も ふ も ふ

止め て ください 心 愛 さん

心 愛 さん 邪魔 です

智 乃 ちゃん は いつも 私 に ツンツン だ よ

いつも そんな あしらわ れ 方 して ん の

なん に か あった の か

昨日 心 愛 さん と 私 の 部屋 で 遊 ん でる 時 に

ちょっと お 手洗い に

いって らっしゃい

戻って き たら . . .

毎日 少しずつ やる の が 楽しみ だった パズル が

ほぼ 完成 状態 に

しかも 一 ピース 足り なかった ん です

それ は 凹む

智 乃 ちゃん 喜ぶ と 思った のに

で でも パズル の ピース は 最初 から 無かった よ

なく し た の は 心 愛 だ と 思って ない だ ろ う けど

楽しみ が 取ら れ て ショック だ ろ う な

私 私 お 姉ちゃん 失格 だ

先 に あや まっ とけ よ

心 愛 が 帰って 来 ない

悪気 は なかった ん だ から

許し て や ったら どう だ

ですが あんな 態度 取って しまった 以上

普通 に 話す の が 恥 か しく て

気付 い て なかった けど なあ

智 乃 ちゃん

新しい パズル 買って き た から 許し て

八千 ピース

協力 し て 欲しい って . . .

これ な の

手伝って

始 めった もの の 終わら ない ん です

一 回 崩し ちゃ え ば

もったいない よ

それ に

今 の 理 世 ちゃん を 止める こと なんて 出来 ない

楽しい

た 確かに

仕方ない よ ね

手伝って あげる わ よ

本当

ジグソーパズル なんて 久しぶり

端 から 作って くる の が 楽 な ん だ よ ね

智 乃 ちゃん の 作った ところ と 合体

合い そう です ね

こ ち も 理 世 ちゃん の 作って た ところ と 合体 だ よ

紗 路 ちゃん

一 ピース も 合わせ られ ない 役立た ず が

ここ に い て も いい の かしら

急に ネガティブ に なった

きっと 私 パズル の 才能 が ない だ ん か

面倒くさい

先 . . . 先輩 から お 先 に どうぞ

いや 紗 路 の ほう が 当てる っぽい し

そ そんな こと ない です

だって ほら 形 が

いいえ 先輩 が 先 に

いや 紗 路 が

はまった

どう し た の よ

うん うん 何でもない わ

うん 格好いい の

息子 よ いつ 見 て も わし に そっくり だ と 思わ ん か

そろそろ それ も 飽き て き た な

なん だ と なん だ と 飽き て き た と

みんな 集中 力 が 無くなって き てる

ハート マーク が 出来 た ぞ

理 世 先輩 疲れ てる なら 休憩 し て く た さ い

心 愛 さん

先 から ピース 見つめ ながら 動か ない

そ その

責任 取 ろ う と し ない で ください

私 もう 怒って な . . . 寝 てる

もう 一息 頑張 ラ なく ちゃ

もう 少し で 完成 だ もん

そう です

ラスト スパート ね

ええ

これ 下 に なにも 敷 い て ない けど

どう する ん だ

なにも 考え て なかった の か

私 先 気づ い た のに

この 空気 に なる の が 怖く て 言え なかった

もっと 早く 言って れ ば . . .

私 の せい で

余計 空気 が 重く なる から 自分 を 責める の は 止め て

お腹 すい た ね

ホットケーキ 作って くる よ

手伝い ます

あの 二 人

自然 に 仲直り し た みたい だ なあ

喧嘩 し て た ん です か

だて いつも 以上 に 智 乃 の 口数 少なかった だ ろ う

いつも あんな 感じ じゃ ない ん です か

智 乃 ちゃん 照れ 屋 だ から

わたし ね

最近 ホットケーキ 宙 に 浮かし て 返せ る よう に なった ん だ よ

見 て て ね

行く よ

智 乃 ちゃん が 口 利 い て くれ ない よ

自分 で どうにか しろ うよ

熱かった

完璧 に 嫌わ れ た

そろそろ 焼ける の で 先 に 運 ん で

これ か

大変 です 心 愛 さん が ケチャップ で 死 ん で ます

ごめん ね 智 乃 ちゃん

私 も 素っ気ない 態度 を とって しまい まし た

でも ね 初めて 姉妹 っぽい 喧嘩 でき て

ちょっと 嬉しかった . . . かも

兎 も 気 を 引き たく て 死 ん だ ふり を する ん だ よ

心 愛 さん は 兎 と いう より 笑顔 が . . . ウー パー ルーパー

ウー パー ルーパー か

複雑

御馳走 様 で し た

美味しかった な

はい

この 知恵 の 輪 難しい ね

お 爺ちゃん が 作って くれ た ん です

智 乃 って ハズルゲーム 好き な ん だ な

難しく て 何度 挑戦 し て も 解け なかった ん です が

いつか 自分 の 力 で 解 い て

お 爺ちゃん を わ っと 言わ せ て みせ ます

しかし

最初 に やって た パズル の ピース は どこ に いった だ ろ う な

そい う の って 忘れ た 頃 に 見つかり ます ね

紗 路 ちゃん は 学校 に ランドセル を 忘れ た まま 帰って き た こと が あった わ

明日 学校 行け ない って 泣 い て

理 世 先輩 の 前 で 昔 の 話 は やめ て よ

智 乃 ちゃん これ って

なくなった ピース

よかった これ で 完成 だ ね

はい

心 愛 さん

はい

お 姉ちゃん って

呼び ませ ん

おはよう 千 夜 ちゃん

おはよう 心 愛 ちゃん

智 乃 ちゃん の ご 機嫌 直った

朝 に なったら 許し て くれ た よ

あれっ 穴 が

嫌 だ

このまま だ と 目立っちゃ う ね

絆創膏 で 孔 を 塞ぐ の と ペン で 肌 を 黒く する の ど ちがい い

大丈夫 よ

その 手 が あった か

おじさん の 作った 栗 金 飩 おいしい ね

ええ

お 弁当 食べ ない の

食欲 なく て

なに か 落ち込 ん でる

悩み こと が あったら 言った ね

ありがとう で も いい の

これ は 私 の 問題 だ から

千 夜 が 落ち込 ん でる

そう な の

私 が 怒って る 時 は 気 が つか なかった のに

千 夜 さん の 様子 が おかしい 時 は 気 が 付く ん です ね

智 乃 ちゃん ジェラシー

お 姉ちゃん の 鈍感

智 乃 ちゃん の こと は ちゃんと 見 てる よ

一緒 に お 風呂 に 入って くれ ない 時 は

そういう 年 な ん だ なって 気 を つかったり

反抗 期 の 対処 を 考え た り し てる もん

考え てる と いう か . . .

お前 は 青春 期 の 娘 に 対 する 父親 か

実は 私 も 悩み が

辛い こと が あったら 我慢 せ ず に

私 の 胸 に 飛び込 ん で おい て

相談 に 乗る から なんでも 言え よ

戦士 の ブレ は 戦場 で は 命取り に なる から な

成長 が 止まった 気 が し ます

精進 ある のみ じゃ

スルー

心配 だ から 千 夜 ちゃん の 様子 を 見 に 行って くる よ

そ と は もう 暗い です よ

何 が あったら 心配 だ な

これ 貸し て やる

打つ とき は 脇 を 締めて 両手 で 構えろ よ

私 が 捕まる から

紗 路 ちゃん

千 夜 ちゃん うち の 前 で な に し てる の

朝 起こし に 来 た 千 夜 と ちょっと 揉め ちゃ って

だから 落ち込 ん で た ん だ

追いかけ て 来 た の を 振り切って 学校 に 行った ん だ けど

紗 路 ちゃん

罪悪 感 が

それ で 仲直り し たい ん だ ね

でも 千 夜 だって 悪い の よ

成長 する よう に って 毎朝 しつこく 牛乳 を 押し付け て くる の

胸 が ない から って

身長 の 心配 だ と 思う よ

千 夜 ちゃん すごく 落ち込 ん で た よ

あんなに ショボン と し てる の を 見 た の は 初めて

そ . . . そんなに

幼馴染 って いい な

行 こ う

一緒 に 会え ば 恥ずかしく ない でしょ う

お 店 に 入り にくい の は そういう 理由 じゃ なく て

あいつ が 怖い の

私 を の 顔 を 見る なり 噛み付く から

それ なら 私 に 任せ て

私 が 守る よ

いらっしゃい ませ

強盗

私 だ よ 私

心 愛 ちゃん

どう し た の

だ . . . 大丈夫

お 昼 も 食べ て なかった し

食欲 が ない の

もう オーダー ストップ し てる 時間 よ ね

キッチン 借りろ よ

キッチン は そっち じゃ ない よ

こんな もん ね

お 味噌汁 作って る 紗 路 ちゃん って 意外 と 様 に なって る ね

お 母さん が 恋しく なっちゃ っ た

う や やめ て よ

ところで お 母さん

先 から ワカメ の 増殖 が 止まら ない の

入れ すぎ っ

玉ねぎ で 涙 が 止まら ない よ

娘 なら 邪魔 し ない で よ

二 人 と も 私 の ため に 夕食 作って くれ てる の

食欲 ない って いう から

食べ やすく て 体 に いい もの

嬉しい でも 紗 路 ちゃん は お 母さん と いう より

生活 に 困って も 愛 が あれ ば 大丈夫 な 新妻 役 で お 願い する わ

ちゃっかり 会話 聞い てん じゃ な いわ よ

その

朝 は 逃げ て ごめんなさい

紗 路 ちゃん

ね 千 夜 ちゃん も 元気 出し て

ごめんなさい その ね . . .

お 弁当 の おかず 交換 し よ

智 乃 ちゃん の お 父さん が 作った 栗 金 飩 が

私 の 作った 和菓子 より 美味しかった なんて

恥ずかしく て 言え なく て

そう だった ん だ

そう いえ ば 今朝 渡し たかった もの だ けど

牛乳 じゃ なかった の

これ が うち の 木 に ひ かかって た の

追いかけ て も 逃げる よう に 学校 行っちゃ う だ もん

これ 振り回し て 走って た ん じゃ ない でしょ う ね

この 和菓子 馬鹿

白 か

智 乃 ちゃん の 今日 の デザート は 牛乳 寒天

デザート 感覚 で カルシウム が 取れ て 背 も 伸びる の かも しれ ない と

あわよくば 胸 も 大きく

合理 的

効果 ある の か な

これ . . .

うち の 寒天 デザート より も 美味しい

フルール ド ラッパン です

ハーブ の お 店 です

ありがとう ござい ます

残り の チラシ は

そ . . . そこ 退き なさい よ

退き なさい

退 い て ください お 願い し ます . . .

うさぎ に 土下座 し てる

ほら

理 世 先輩

ありがとう ござい まし た

その 服 で 外 に いる なんて 珍しい です ね

心 愛 が 企画 し た 夏 の パン 祭り の チラシ 配り 担当 に 任命 さ れ た

食べ 放題 . . .

でも 土曜日 は 一 日 中 バイト な の で

そこ は 残念 だ な

メロ パン お 腹 一 杯 食べ たかった な

さて やる か

こう やって 配れ ば 受け取って くれる の か

はい

フルール ド ラッパン を よろしく お 願い し ます

無意識 に うち の 宣伝 に なって ます

どうか し た

心 愛 さん Rabbit House の スペル が 間違って ます

house じゃ なく て horse 馬 です

やっちゃ っ た 看板 に も 馬 付け たら 解決

し ませ ん よ

それ に 「 う ぇ る か むか もん 」 って

どうして 格好 つけ て 変 な 言葉 使 お う と する ん です か

わし の 似顔絵 が 気持ち 悪い

私 の うっかり が 町 中 に 知 ら 渡る

チラシ 回収 し て くる

確認 し ない 私 が 馬鹿 で し た

お 願い し ます

あの

はい

この お 店 は いかがわしい お 店 な の でしょ か

普通 の 健全 な 喫茶 店 です

なるほど 耳 を つけ た 少女 達 を 拝み ながら お茶 を する

拝む ! ?

ふむ こういった 趣向 も ある ん です ね

近日 伺い ます ので なにとぞ よし なに

太もも に 向かって 話さ ない で ください

目 を あわせて 話せ ない せい で 誤解 さ れ て しまった み ない

是非 来 て ください

これ は Rabbit House の チラシ ?

マスター 久しぶり に お 会い . . .

Rabbit hHrse ?

違う お 店 だった みたい

チラシ 配り ストップ

紗 路 さん

スペル 間違っちゃ っ た

見落とし て た

しょうがない 残り は 書き 直し て . . .

動か ない で ください

本当 に 馬 に なる なんて

大きい 虫 が 落ち まし た

なんて こと を

意外 な 一面 です ね

お前 も 意外 と 逞 しい なあ

家 の 隙間 から よく 入って くる んで な . . .

なんでも ない です

でも ウサギ は だめ な ん だ なあ

この ちっちゃ い 子 なら 大丈夫 でしょ う

噛ま ない なら

どう し たら

ウサギ って 鳴く の

そんなに はっきり と は 鳴か ない か と

ウサギ は き ゅ って 鳴く の よ

本当

帰ったら 問い詰める

今日 は パン 祭り に 来 て くれ て ありがとう ね

無事 に 成功 し て 良かった わ ね

千 夜 ちゃん あまり 居 られ なかった から

はい お裾分け

ありがとう

それ で 紗 路 の 家 知ら ない か

バイト で 来 れ なかった から お裾分け し たく て

きっと 赤い 屋根 の 大きい な お うち に 住 ん でる と 思う ん だ けど

えっ と

夕食 買い 忘れ ちゃ った

もし かして 私 達 は

大きな 勘違い を し て い た

い . . . 今 まで 勝手 に 妄想 の 押し付け を

お 嬢 様 と か 関係なく 私 の 憧れ な の で

気 使わ せ ちゃ って る

ところで 紗 路 ちゃん の 家 は どこ

この 物置 よ

そ っか うち の 学校 の 特待 生 って 紗 路 だった ん だ なあ

その 言い出せ なく て

よし フェア に なる よう 私 の 秘密 も 教えよ

あの な ウサギ の 縫い包み に 銃 の ミニチュア を 背負 わ す のに 嵌 って る ん だ

可 笑 しい かな

分かり ます

私 も 人形 の 近く に 小物 の 食器 と か 置く の 好き です

同じ ベクトル かしら

もう 恥ずかしい こんな 家 見なれ て

でも 分かった でしょ う

お 嬢 様 じゃ なく て も 皆 幻滅 し たり し ない わ

紗 路 ちゃん は 紗 路 ちゃん よ

千 夜

けど 二 人 だけ の 秘密 が ばれ ちゃ って ちょっと 残念

なんで よ

さあ パン 食べ ま しょ う

私 の ティー カップ コレクション 勝手 に 使う な

メロン パイ いっぱい 入って る

良かった わ ね

なん じゃ こりゃ

わし の 絵 が . . .

新しい の に し て おい た

なん だ と

よく 見ろ よ 親父

この 五 匹 誰 か に 似 てる だ ろ う

なに

まあ これ は これ で 悪く ない

よく 見 たら 真ん中 の は わし に 似 とる し なあ

雨 それ は 人 を 素直 に さ せる

わし も 素直 に この 気持ち . . .

智 乃 は 夕焼け の ほう が 心 に 沁 みる みたい だ ぞ

わし は いや わし も


×

LingQをより快適にするためCookieを使用しています。サイトの訪問により同意したと見なされます cookie policy.