image

ご注文はうさぎですか?, Gochuumon wa Usagi Desu ka? Episode 12

心 愛 さん 起き て ください

心 愛 さん 本当 起き て ください

智 乃 ちゃん

何で 私 の 部屋 で 寝 て た ん です か

えっ と 確か ね . . .

先 に 寝 ちゃ った 智 乃 ちゃん が 袖 を 離し て くれ なかった ん だ よ

夕食 後 に 焼 い た パン の 美味し そう な 匂い が し た の か な

美味し そう だった ん だ と 思い ます よ

パン って いう より 小麦粉 の 匂い かしら

やさしい 匂い よ

それ どっち に し て も パン だ よ ね

私 は

千 夜 ちゃん は ね

暖かく て 包み込 ん で くれる よう な 詫び 寂び を 感じ させる 匂い だ よ

詫び 寂び ?

年 末 も この マーケット は いろんな 物 が 売って る ね

お 使い で 来 た の に 楽しく なっちゃ う

智 乃 ちゃん も 来 れ ば よかった のに

クリスマス の 時 と は 違った 感じ で 楽しい わ ね

お 肉 や フルーツ の 匂い で お腹 が 減って . . .

理 世 ちゃん が 買い食い し てる

心 愛 千 夜

沙 路 ちゃん が 試食 し てる

ちゃんと 買った わ よ

けど よく 二 人 と も 気づ い た よ な こんなに 人 が 多い のに

お腹 空 い て た から

沙 路 ちゃん は ハーブ の 香り が 漂って る から

え 嘘 嫌 だ そんなに 染み付 い てる の

冗談 だ から 確認 し なく て いい ん だ ぞ

理 世 ちゃん は 硝煙 の 危険 な 香り が する から

近づく と すぐ 分かる よ

冗談 だ から 確認 し なく て いい ん だ よ

動 い てる と お腹 が 減る から 仕方ない よ ね

い . . . いつも じゃ ない から ね

普段 は お 仕事 で 忙しい けど

こう して る と 私 たち 普通 の 高校 生 ら しわ ね

確かに

この 町 は 空気 も 澄 ん で 綺麗 だ ね

良い 匂い する し

それ は 手 に 持って る ドーナツ の 匂い でしょ う

そう 言わ れ れ ば

慣れ ちゃ って 気 に し て なかった わ

冬 だ から 余計 に 空気 が 澄 ん でる な

皆 で 深呼吸 し て みよ う よ

はい 吸って

吐 い て

ぼっ と して き た

なに か 忘れ てる よう な

明日 は 日曜日 かしら

社会 に 貢献 する 使命 を 抱 い て た よう な 気 が する

遅い です ね

ただ の お 使い な のに

お 爺ちゃん 私 コーヒー の 匂い 大好き です

緑茶 と ハーブ の 匂い も 素敵 です

でも 最近 安心 する 匂い が 増え た みたい です

まだ かな

行け ない もう こんな 時間 急 い で 帰ら なきゃ

帰る 前 に 急 い で 智 乃 ちゃん の お土産 買わ なきゃ

私 も 急が ない と 遅刻 する

減給 は 嫌

こんな 日 も ある わ よ ね

お邪魔 し ます

あれ どう し た の

宿題 で 調べ もの あって さ

この 喫茶 店 に インタビュー で 来 た の

率直 に 聞き ます

この 喫茶 店 を 預かる もの と して の やりがい は なん です か

お 客 様 の 笑顔 です

心 愛 さん バイト です よ ね

智 乃 ちゃん

それ に 店 の こと は 店主 で ある 父 に 聴 い て ください

決して 楽 で は ない が この 息詰まる 現代 社会 の 中

ここ を 癒し の 場 と して いっぱい の コーヒー を 求め 訪れる 客 の ため に と 思う と

やりがい は ある

帰り の 際 「 また 来る よ マスター 」 の 一言 は

彼 に とって ここ は 第 二 の 家 な の だ と . . .

智 乃 が 語り 始め た

それ より 早く 着替え て ください

私 手伝う

じゃ お 願い しよ う かな

こう やって お 手伝い し て み たかった ん だ

ありがとう メグ ちゃん

裏表 逆

えっ と リボン どう やって 付ける ん だ っけ

一 人 で 着 た ほう が 速く ね

ごめん

心 愛 チマメ は どう し た

智 乃 ちゃん の お 父さん に インタビュー 中 だ よ

そう か 職業 レポート か

中学 の 冬 休み の 宿題 で 出 た な

懐かしい な

理 世 ちゃん は お 父さん に 聞い た の

私 は 軍人 に なる つもり は ない けど あの 頃 は やんちゃ だった

花屋 さん に 行く なんて

それ 普通 だ よ

この 喫茶 店 の 遣 り 甲斐 や 拘り は なん です か

一 杯 の コーヒー を 大切 に 豆 に も 拘って

お 客 様 に 安らぎ の ある 静か な 空間 と 時間 を 提供 する

先代 まで に なり お 客 様 の 立場 に 立った 接客 を し て . . .

なん じゃ と お 前 より わし の 方 が お 客 の 立場 に 立って おる わ

な ぬ !

智 乃 が 二 代 目 に 宣戦 布告

個人 経営 って 大変 何 だ なあ

この 辺 競争 が 激しい みたい だ ね

インタビュー 終わった みたい だ な

甘 兎 庵 と フルール ドラ パン も あり ます し ね

その 喫茶 店 に も インタビュー 行って み たい ね

それ なら 心 愛 休憩 時間 に でも 連れ て いって や ったら どう だ

あっ 私 これ でも 仕事 ある ん だ よ

その 仕事 は 私 が 代わり に やり ます から

心 愛 さん 連れ て 行って あげて ください

妹 達 の 頼み なら 断れ ない なあ

いい の

よかった

心 愛 ちゃん で なら 安心 だ ね

偵察 か

気 を 抜 い たら やら れる ぞ

やら れる ?

理 世 さん の 冗談 です よ

あら 智 乃 ちゃん の お 友達 の サービス する わ よ

学校 の 宿題 で 千 夜 ちゃん の ところ に インタビュー に 来 た ん だ よ

つ ば り ラビット ハウス と は 敵対 関係 な ん です か

張り合った の は 昔 で 今 は 違う ん だ よ

よき ライバル と は 思って る わ

そう な の

最近 智 乃 ちゃん の お 父さん が ジャズ やって たって 聞い て

音楽 も でき なきゃ って 気づか さ れ た の

でも 楽器 ない から 歌い ます

すげ ぇ

カラオケ 居酒屋 みたい

でも さ バイト を し てる と 勉強 と か 大変 じゃ ない

両立 する の って 難しく ない です か

働く こと も 勉強 の うち だ よ

めりはり つけ て こなせ ば 大体 なんとか なる もの よ

なんか かっこ良く 見える なあ 恵

すごい ん だ ね 麻耶 ちゃん

心 愛 ちゃん 今度 数学 教え て ね ちょっと ピンチ な の

私 も 文系 全般 を 教え て ほしい かな

いらっしゃい ませ

ウサギ っぽ さ が 負け てる

ラビット ハウス 完敗 だ よ

しかも この スカート だけ . . .

なに

大胆 さ も 負け てる

歌い 出し て も 可 笑 しく ない 衣装 だ ね

歌 ?

歌 の サービス が あった け

服 より も ハーブティー 気 に 入って ほしい なあ

リラックス し た 隙 に やる つもり だ

何 で よ

お 店 の 決め ポーズ も やって よ

無 茶 振り ?

ラビット ハウス で は こんな

先輩 で さ せ やって いる と 言う なら

これ が サービス

でも 理 世 ちゃん に は 却下 さ れ た ん だ よ ね

職業 インタビュー なら あっ ち に 小説 家 さん も いる よ

あの 人 小説 家 だった な 恵 行 って 見よ う

今 の 職業 インタビュー だった の

あれ 言って なかった

是非 小説 家 さん に なった 契機 と 遣 り 甲斐 を 教え て ください

私 の よう な もの でも 参考 に なれ ば

きっかけ は ある 方 に 薦め られ て 遣 り 甲斐 は . . .

遣 り 甲斐 は

やっぱり 人 を 感動 さ せ られる 時 です か

そう です ね

店員 さん を 観察 し て も 怪しま れ ませ ん

人間 観察 って やつ です ね

これ ただ 覗 い て ねぇ

お 金 が . . .

和菓子 と か ハーブ クッキー と か 美味しかった

いろいろ 話 も 聞け 出し ね

じゃあ そろそろ 帰 ろ う か

もう 帰る の

他の 喫茶 店 も インタビュー し よ う よ

駄目 遅く なったら 智 乃 ちゃん 心配 さ せ ちゃ う よ

お 願い 姉 貴

もっと 一緒 に い たい ね 心 愛 お 姉ちゃん

もう 遅く なったら 智 乃 ちゃん に 怒ら れる ん だ から ね

智 乃 と どっち が お 姉 か 分か ん ね な

理 世 帰った よ

お っ どう だった

将来 私 達 が ここ の ライバル に なる 可能 性 が ある

寝返る 気 か

私 は ね 智 乃 ちゃん が 素敵 な お 姉さん 達 と 友達 で いい な と 思った よ

お 姉さん ?

将来 あんな 人 達 み たい に なれる かな

恵 さん だけ でも そのまま で 行って ください

行って き ます

見 て 雪 が 積もり 捲 くり だ よ

雪 うさぎ 作る よ

先 に 買い物 に 行っちゃ い ます よ

完成

お 可愛い です

この ぐらい で 乱れる と は まだまだ 子供 だ ね

どっち が

このまま 新 学期 まで 雪 が 残って たら

きっと 学校 で 雪合戦 だ ね 武者震い する な

でも 千 夜 ちゃん に 玉 弾 投げ られ たら と 思う と ぞっと し て き た

心 愛 さん ちょっと 腰 低く し て ください

構えろ って 意味 じゃ ない です

すごい 熱 心 愛 さん

心 愛 ちゃん お 大事 に ね

お 見舞い ありがとう ね いろいろ 持って き て もらっちゃ っ て

桃 缶 と リンゴ と ニンニク ?

ニンニク を 首 に 巻く と 風邪 に 効く ん だ よ ね

普通 は 焼 い た 葱 じゃ

そう 病魔 が 立ち去る の よ ね

ニンニク で 撃退 する の は 吸 血 鬼 です

風邪 で 聞い た けど 大丈夫 か

理 世 ちゃん が 剥 い て くれ た の

刃物 の 扱い は 任せろ う

智 乃 に りんご ウサギ に しろ って 言わ れ だ けど

これ の どこ が ウサギ か 分から なく て

こっち の ほう が ウサギ ぽっ く ない か

すごい

可愛い

普通 の ウサギ は 銃 かまい ませ ん

心 愛 大丈夫

この 前 無理 さ せ ちゃ った から ?

二 人 と も ありがとう お 姉ちゃん は 大丈夫 だ よ ちょっと 熱 が ある だけ

早く よく なって 雪だるま 作ったり 雪合戦 しよ う

いい ね

しばらく は 安静 です

風邪 が 完全 に 治る まで は 無理 だ なあ

そう よ 心 愛 ちゃん は 今 悪魔 と 戦って る の

病魔 です

だから ニンニク 持って る ん だ

そう な の 十字架 も 持って くる ん だった

十字架 なら 理 世 の ナイフ の ほう が 格好いい なあ

心 愛 さん また 熱 出 てる じゃ ない です か

ちゃんと 寝 ない と ダメ です

ゆっくり 安静 に し て 寝ろ う よ みんな 行く ぞ

また 来る わ ね

ちゃんと 寝ろ う よ

心 愛 ちゃん お 大事 に ね

みんな ごめん ね

病人 は ちゃん と 言う こと 聞い て ください

ごめん ね 智 乃 ちゃん

大丈夫 です から

紗 路 ちゃん どうして 起き てる の

寝 て でも 暇 な だけ だ し

ダメ よ 寝 て なきゃ 治れ ない わ よ

さあ ニンニク を 巻 い て 梅干 を へそ に

巻か ない わ よ あんた の お祖母 ちゃん の いう 民間 療法 は 絶対 間違って る

あの ね 治る って 思い込み の 効果 は 大事 よ

本当 は この 方法 を 信じ て ない でしょ う

帰って いい わ よ 長く いる と 移っちゃ う し

移す と 治る って の は 迷信 だった の かしら

捨て身 の 看病 だった の

何 し てる の

寝る まで いる わ この 本 読み 終わる のに 時間 かかる し

理 世 さん が お 粥 を 作って 帰り まし た よ

智 乃

苦しい ん です か 私 に できる こと だったら なんでも 言って ください

ち . . . ち

なん です か

心 愛 さん

地中海 風 オマール 海老 の リゾット が 食べ たい

地中海

すごく 熱い じゃ ない です か 早く お 薬 を

智 乃 風邪 薬 が 切れ て おる ぞ

近く の 店 は もう 閉まって ます し

父 は 仕事 中 です

どう し ま しょ う

家 が 近い 千 夜 に もらい に 行く の は どう じゃ ろ う

お 祖父 ちゃん ナイス アイディア です

今 から 走って 行け ば 一 時間 かから ず 帰って 来 られ ます

だが 外 は 雪 が 積もって 危険 じゃ

私 . . . 行って き ます

智 乃

たくさん 降って る

朝 に なったら 雪かき し なく ちゃ

智 乃 よ 夜道 を 一 人 で 行く 気 か

お 祖父 じゃ ん

雪 と 同化 し て どこ に いる か 分かり ませ ん

ありがとう お 祖父 じゃ ん 一緒 に 来 て くれ て

仕方 ない じゃ ろ う 智 乃 の 大事 な 姉 が あの 状態 で は な

お 姉ちゃん じゃ あり ませ ん 心 愛 さん は 心 愛 さん です

もう いい やめ なさい

でも

何 じゃ

心 愛 さん の 匂い は 嫌い じゃ あり ませ ん

あの う お 加減 いかが です か

ホット ワイン を お 持ち し まし た 心 愛 さん . . .

あら あら これ で は 治り ませ ん よ

なんだか 私 も 寒く なって き まし た ね

美味しい

さすが マスター の ワイン です 身 も 心 も 温まり ます

あら どう し た ん でしょ う 心 愛 さん が 二 人 も

もう 一 度 出直し て き ます

智 乃 ちゃん

千 夜 さん

智 乃 ちゃん

あら 頭 に 雪 つもら せ て

と おもったら ティッピー だった わ

あの 風 の お 薬 が あったら 譲って いただけ ない でしょう か

心 愛 さん の お 薬 きれ て しまって

いい わ よ いく つ

持ち歩 い てる ん です か

ちょっと ね

紗 路 ー さん 風邪 です か

ほら 早く お 薬 持って 心 愛 ちゃん の ところ に

はい ありがとう ござい ます

私 も 急が ない と

心 愛 さん お 薬 もらって き まし た

智 乃 ちゃん

大丈夫 です か

すこし 落ち着 い て き た

あれ お 凸 どう し た の

ゆ 雪 で 滑って 頭 から 転 ん だ って いったら 笑わ れる

雪 で 燥 い で スノボ ごっこ し たら 転 ん だった ね

危ない よ

普通 に 転び まし た

智 乃 ちゃん もし 風邪 移し ちゃ ったら

私 が 全力 で 看病 する から ね

私 は そんなに 柔 じゃ ない で す 理 世 さん に 鍛え られ た ので

私 の 風邪 は 移ら なかった けど お た ふく 風邪 に なる なんて

なぜ か 負け た 気 が し ます

ちゃんと 安静 に し て なきゃ ダメ だ よ

今度 は お 姉ちゃん が 看病 する から ね

一 人 で 大丈夫 です 熱 も まだ 微熱 です し

病人 は ちゃん と いう こと 聴か なきゃ ダメ だ よ

お た ふく 風邪 良く なった の か

おはよう ございます もう 治り まし た

まさか まだ かかって なかった と は な

お た ふく って 頬 っぺ が こんな なる ん だ よ な

そう いえ ば 心 愛 は

まだ 起き て ない みたい です ね

まったく

ちょっと 起こし て き ます

心 愛 さん 開店 の 時間 です よ 起き て ください

パン が 焼け たら 喇叭 で 知らせ て ね

風邪 治って 今日 から 一緒 に 働く ん じゃ ない ん です か

あと 20 分

お 姉ちゃん の 寝坊 助

どうして 目覚ましい より 小さい な 声 で 起きる ん です か

え どうして かな

智 乃 ちゃん 先 なん って 言った の

なにも 言って ませ ん



Want to learn a language?


Learn from this text and thousands like it on LingQ.

  • A vast library of audio lessons, all with matching text
  • Revolutionary learning tools
  • A global, interactive learning community.

LingQでオンライン語学学習

心 愛 さん 起き て ください

心 愛 さん 本当 起き て ください

智 乃 ちゃん

何で 私 の 部屋 で 寝 て た ん です か

えっ と 確か ね . . .

先 に 寝 ちゃ った 智 乃 ちゃん が 袖 を 離し て くれ なかった ん だ よ

夕食 後 に 焼 い た パン の 美味し そう な 匂い が し た の か な

美味し そう だった ん だ と 思い ます よ

パン って いう より 小麦粉 の 匂い かしら

やさしい 匂い よ

それ どっち に し て も パン だ よ ね

私 は

千 夜 ちゃん は ね

暖かく て 包み込 ん で くれる よう な 詫び 寂び を 感じ させる 匂い だ よ

詫び 寂び ?

年 末 も この マーケット は いろんな 物 が 売って る ね

お 使い で 来 た の に 楽しく なっちゃ う

智 乃 ちゃん も 来 れ ば よかった のに

クリスマス の 時 と は 違った 感じ で 楽しい わ ね

お 肉 や フルーツ の 匂い で お腹 が 減って . . .

理 世 ちゃん が 買い食い し てる

心 愛 千 夜

沙 路 ちゃん が 試食 し てる

ちゃんと 買った わ よ

けど よく 二 人 と も 気づ い た よ な こんなに 人 が 多い のに

お腹 空 い て た から

沙 路 ちゃん は ハーブ の 香り が 漂って る から

え 嘘 嫌 だ そんなに 染み付 い てる の

冗談 だ から 確認 し なく て いい ん だ ぞ

理 世 ちゃん は 硝煙 の 危険 な 香り が する から

近づく と すぐ 分かる よ

冗談 だ から 確認 し なく て いい ん だ よ

動 い てる と お腹 が 減る から 仕方ない よ ね

い . . . いつも じゃ ない から ね

普段 は お 仕事 で 忙しい けど

こう して る と 私 たち 普通 の 高校 生 ら しわ ね

確かに

この 町 は 空気 も 澄 ん で 綺麗 だ ね

良い 匂い する し

それ は 手 に 持って る ドーナツ の 匂い でしょ う

そう 言わ れ れ ば

慣れ ちゃ って 気 に し て なかった わ

冬 だ から 余計 に 空気 が 澄 ん でる な

皆 で 深呼吸 し て みよ う よ

はい 吸って

吐 い て

ぼっ と して き た

なに か 忘れ てる よう な

明日 は 日曜日 かしら

社会 に 貢献 する 使命 を 抱 い て た よう な 気 が する

遅い です ね

ただ の お 使い な のに

お 爺ちゃん 私 コーヒー の 匂い 大好き です

緑茶 と ハーブ の 匂い も 素敵 です

でも 最近 安心 する 匂い が 増え た みたい です

まだ かな

行け ない もう こんな 時間 急 い で 帰ら なきゃ

帰る 前 に 急 い で 智 乃 ちゃん の お土産 買わ なきゃ

私 も 急が ない と 遅刻 する

減給 は 嫌

こんな 日 も ある わ よ ね

お邪魔 し ます

あれ どう し た の

宿題 で 調べ もの あって さ

この 喫茶 店 に インタビュー で 来 た の

率直 に 聞き ます

この 喫茶 店 を 預かる もの と して の やりがい は なん です か

お 客 様 の 笑顔 です

心 愛 さん バイト です よ ね

智 乃 ちゃん

それ に 店 の こと は 店主 で ある 父 に 聴 い て ください

決して 楽 で は ない が この 息詰まる 現代 社会 の 中

ここ を 癒し の 場 と して いっぱい の コーヒー を 求め 訪れる 客 の ため に と 思う と

やりがい は ある

帰り の 際 「 また 来る よ マスター 」 の 一言 は

彼 に とって ここ は 第 二 の 家 な の だ と . . .

智 乃 が 語り 始め た

それ より 早く 着替え て ください

私 手伝う

じゃ お 願い しよ う かな

こう やって お 手伝い し て み たかった ん だ

ありがとう メグ ちゃん

裏表 逆

えっ と リボン どう やって 付ける ん だ っけ

一 人 で 着 た ほう が 速く ね

ごめん

心 愛 チマメ は どう し た

智 乃 ちゃん の お 父さん に インタビュー 中 だ よ

そう か 職業 レポート か

中学 の 冬 休み の 宿題 で 出 た な

懐かしい な

理 世 ちゃん は お 父さん に 聞い た の

私 は 軍人 に なる つもり は ない けど あの 頃 は やんちゃ だった

花屋 さん に 行く なんて

それ 普通 だ よ

この 喫茶 店 の 遣 り 甲斐 や 拘り は なん です か

一 杯 の コーヒー を 大切 に 豆 に も 拘って

お 客 様 に 安らぎ の ある 静か な 空間 と 時間 を 提供 する

先代 まで に なり お 客 様 の 立場 に 立った 接客 を し て . . .

なん じゃ と お 前 より わし の 方 が お 客 の 立場 に 立って おる わ

な ぬ !

智 乃 が 二 代 目 に 宣戦 布告

個人 経営 って 大変 何 だ なあ

この 辺 競争 が 激しい みたい だ ね

インタビュー 終わった みたい だ な

甘 兎 庵 と フルール ドラ パン も あり ます し ね

その 喫茶 店 に も インタビュー 行って み たい ね

それ なら 心 愛 休憩 時間 に でも 連れ て いって や ったら どう だ

あっ 私 これ でも 仕事 ある ん だ よ

その 仕事 は 私 が 代わり に やり ます から

心 愛 さん 連れ て 行って あげて ください

妹 達 の 頼み なら 断れ ない なあ

いい の

よかった

心 愛 ちゃん で なら 安心 だ ね

偵察 か

気 を 抜 い たら やら れる ぞ

やら れる ?

理 世 さん の 冗談 です よ

あら 智 乃 ちゃん の お 友達 の サービス する わ よ

学校 の 宿題 で 千 夜 ちゃん の ところ に インタビュー に 来 た ん だ よ

つ ば り ラビット ハウス と は 敵対 関係 な ん です か

張り合った の は 昔 で 今 は 違う ん だ よ

よき ライバル と は 思って る わ

そう な の

最近 智 乃 ちゃん の お 父さん が ジャズ やって たって 聞い て

音楽 も でき なきゃ って 気づか さ れ た の

でも 楽器 ない から 歌い ます

すげ ぇ

カラオケ 居酒屋 みたい

でも さ バイト を し てる と 勉強 と か 大変 じゃ ない

両立 する の って 難しく ない です か

働く こと も 勉強 の うち だ よ

めりはり つけ て こなせ ば 大体 なんとか なる もの よ

なんか かっこ良く 見える なあ 恵

すごい ん だ ね 麻耶 ちゃん

心 愛 ちゃん 今度 数学 教え て ね ちょっと ピンチ な の

私 も 文系 全般 を 教え て ほしい かな

いらっしゃい ませ

ウサギ っぽ さ が 負け てる

ラビット ハウス 完敗 だ よ

しかも この スカート だけ . . .

なに

大胆 さ も 負け てる

歌い 出し て も 可 笑 しく ない 衣装 だ ね

歌 ?

歌 の サービス が あった け

服 より も ハーブティー 気 に 入って ほしい なあ

リラックス し た 隙 に やる つもり だ

何 で よ

お 店 の 決め ポーズ も やって よ

無 茶 振り ?

ラビット ハウス で は こんな

先輩 で さ せ やって いる と 言う なら

これ が サービス

でも 理 世 ちゃん に は 却下 さ れ た ん だ よ ね

職業 インタビュー なら あっ ち に 小説 家 さん も いる よ

あの 人 小説 家 だった な 恵 行 って 見よ う

今 の 職業 インタビュー だった の

あれ 言って なかった

是非 小説 家 さん に なった 契機 と 遣 り 甲斐 を 教え て ください

私 の よう な もの でも 参考 に なれ ば

きっかけ は ある 方 に 薦め られ て 遣 り 甲斐 は . . .

遣 り 甲斐 は

やっぱり 人 を 感動 さ せ られる 時 です か

そう です ね

店員 さん を 観察 し て も 怪しま れ ませ ん

人間 観察 って やつ です ね

これ ただ 覗 い て ねぇ

お 金 が . . .

和菓子 と か ハーブ クッキー と か 美味しかった

いろいろ 話 も 聞け 出し ね

じゃあ そろそろ 帰 ろ う か

もう 帰る の

他の 喫茶 店 も インタビュー し よ う よ

駄目 遅く なったら 智 乃 ちゃん 心配 さ せ ちゃ う よ

お 願い 姉 貴

もっと 一緒 に い たい ね 心 愛 お 姉ちゃん

もう 遅く なったら 智 乃 ちゃん に 怒ら れる ん だ から ね

智 乃 と どっち が お 姉 か 分か ん ね な

理 世 帰った よ

お っ どう だった

将来 私 達 が ここ の ライバル に なる 可能 性 が ある

寝返る 気 か

私 は ね 智 乃 ちゃん が 素敵 な お 姉さん 達 と 友達 で いい な と 思った よ

お 姉さん ?

将来 あんな 人 達 み たい に なれる かな

恵 さん だけ でも そのまま で 行って ください

行って き ます

見 て 雪 が 積もり 捲 くり だ よ

雪 うさぎ 作る よ

先 に 買い物 に 行っちゃ い ます よ

完成

お 可愛い です

この ぐらい で 乱れる と は まだまだ 子供 だ ね

どっち が

このまま 新 学期 まで 雪 が 残って たら

きっと 学校 で 雪合戦 だ ね 武者震い する な

でも 千 夜 ちゃん に 玉 弾 投げ られ たら と 思う と ぞっと し て き た

心 愛 さん ちょっと 腰 低く し て ください

構えろ って 意味 じゃ ない です

すごい 熱 心 愛 さん

心 愛 ちゃん お 大事 に ね

お 見舞い ありがとう ね いろいろ 持って き て もらっちゃ っ て

桃 缶 と リンゴ と ニンニク ?

ニンニク を 首 に 巻く と 風邪 に 効く ん だ よ ね

普通 は 焼 い た 葱 じゃ

そう 病魔 が 立ち去る の よ ね

ニンニク で 撃退 する の は 吸 血 鬼 です

風邪 で 聞い た けど 大丈夫 か

理 世 ちゃん が 剥 い て くれ た の

刃物 の 扱い は 任せろ う

智 乃 に りんご ウサギ に しろ って 言わ れ だ けど

これ の どこ が ウサギ か 分から なく て

こっち の ほう が ウサギ ぽっ く ない か

すごい

可愛い

普通 の ウサギ は 銃 かまい ませ ん

心 愛 大丈夫

この 前 無理 さ せ ちゃ った から ?

二 人 と も ありがとう お 姉ちゃん は 大丈夫 だ よ ちょっと 熱 が ある だけ

早く よく なって 雪だるま 作ったり 雪合戦 しよ う

いい ね

しばらく は 安静 です

風邪 が 完全 に 治る まで は 無理 だ なあ

そう よ 心 愛 ちゃん は 今 悪魔 と 戦って る の

病魔 です

だから ニンニク 持って る ん だ

そう な の 十字架 も 持って くる ん だった

十字架 なら 理 世 の ナイフ の ほう が 格好いい なあ

心 愛 さん また 熱 出 てる じゃ ない です か

ちゃんと 寝 ない と ダメ です

ゆっくり 安静 に し て 寝ろ う よ みんな 行く ぞ

また 来る わ ね

ちゃんと 寝ろ う よ

心 愛 ちゃん お 大事 に ね

みんな ごめん ね

病人 は ちゃん と 言う こと 聞い て ください

ごめん ね 智 乃 ちゃん

大丈夫 です から

紗 路 ちゃん どうして 起き てる の

寝 て でも 暇 な だけ だ し

ダメ よ 寝 て なきゃ 治れ ない わ よ

さあ ニンニク を 巻 い て 梅干 を へそ に

巻か ない わ よ あんた の お祖母 ちゃん の いう 民間 療法 は 絶対 間違って る

あの ね 治る って 思い込み の 効果 は 大事 よ

本当 は この 方法 を 信じ て ない でしょ う

帰って いい わ よ 長く いる と 移っちゃ う し

移す と 治る って の は 迷信 だった の かしら

捨て身 の 看病 だった の

何 し てる の

寝る まで いる わ この 本 読み 終わる のに 時間 かかる し

理 世 さん が お 粥 を 作って 帰り まし た よ

智 乃

苦しい ん です か 私 に できる こと だったら なんでも 言って ください

ち . . . ち

なん です か

心 愛 さん

地中海 風 オマール 海老 の リゾット が 食べ たい

地中海

すごく 熱い じゃ ない です か 早く お 薬 を

智 乃 風邪 薬 が 切れ て おる ぞ

近く の 店 は もう 閉まって ます し

父 は 仕事 中 です

どう し ま しょ う

家 が 近い 千 夜 に もらい に 行く の は どう じゃ ろ う

お 祖父 ちゃん ナイス アイディア です

今 から 走って 行け ば 一 時間 かから ず 帰って 来 られ ます

だが 外 は 雪 が 積もって 危険 じゃ

私 . . . 行って き ます

智 乃

たくさん 降って る

朝 に なったら 雪かき し なく ちゃ

智 乃 よ 夜道 を 一 人 で 行く 気 か

お 祖父 じゃ ん

雪 と 同化 し て どこ に いる か 分かり ませ ん

ありがとう お 祖父 じゃ ん 一緒 に 来 て くれ て

仕方 ない じゃ ろ う 智 乃 の 大事 な 姉 が あの 状態 で は な

お 姉ちゃん じゃ あり ませ ん 心 愛 さん は 心 愛 さん です

もう いい やめ なさい

でも

何 じゃ

心 愛 さん の 匂い は 嫌い じゃ あり ませ ん

あの う お 加減 いかが です か

ホット ワイン を お 持ち し まし た 心 愛 さん . . .

あら あら これ で は 治り ませ ん よ

なんだか 私 も 寒く なって き まし た ね

美味しい

さすが マスター の ワイン です 身 も 心 も 温まり ます

あら どう し た ん でしょ う 心 愛 さん が 二 人 も

もう 一 度 出直し て き ます

智 乃 ちゃん

千 夜 さん

智 乃 ちゃん

あら 頭 に 雪 つもら せ て

と おもったら ティッピー だった わ

あの 風 の お 薬 が あったら 譲って いただけ ない でしょう か

心 愛 さん の お 薬 きれ て しまって

いい わ よ いく つ

持ち歩 い てる ん です か

ちょっと ね

紗 路 ー さん 風邪 です か

ほら 早く お 薬 持って 心 愛 ちゃん の ところ に

はい ありがとう ござい ます

私 も 急が ない と

心 愛 さん お 薬 もらって き まし た

智 乃 ちゃん

大丈夫 です か

すこし 落ち着 い て き た

あれ お 凸 どう し た の

ゆ 雪 で 滑って 頭 から 転 ん だ って いったら 笑わ れる

雪 で 燥 い で スノボ ごっこ し たら 転 ん だった ね

危ない よ

普通 に 転び まし た

智 乃 ちゃん もし 風邪 移し ちゃ ったら

私 が 全力 で 看病 する から ね

私 は そんなに 柔 じゃ ない で す 理 世 さん に 鍛え られ た ので

私 の 風邪 は 移ら なかった けど お た ふく 風邪 に なる なんて

なぜ か 負け た 気 が し ます

ちゃんと 安静 に し て なきゃ ダメ だ よ

今度 は お 姉ちゃん が 看病 する から ね

一 人 で 大丈夫 です 熱 も まだ 微熱 です し

病人 は ちゃん と いう こと 聴か なきゃ ダメ だ よ

お た ふく 風邪 良く なった の か

おはよう ございます もう 治り まし た

まさか まだ かかって なかった と は な

お た ふく って 頬 っぺ が こんな なる ん だ よ な

そう いえ ば 心 愛 は

まだ 起き て ない みたい です ね

まったく

ちょっと 起こし て き ます

心 愛 さん 開店 の 時間 です よ 起き て ください

パン が 焼け たら 喇叭 で 知らせ て ね

風邪 治って 今日 から 一緒 に 働く ん じゃ ない ん です か

あと 20 分

お 姉ちゃん の 寝坊 助

どうして 目覚ましい より 小さい な 声 で 起きる ん です か

え どうして かな

智 乃 ちゃん 先 なん って 言った の

なにも 言って ませ ん


×

LingQをより快適にするためCookieを使用しています。サイトの訪問により同意したと見なされます cookie policy.