image

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。, Yahari Ore no Seishun Love Come wa Machigatteiru Episode 1

( 比企 谷 ) ふん ッ

< 青春 を おう歌 せ し 者 達 は 常に 自己 と 周囲 を 欺き >

< 自ら を 取り巻く 環境 の すべて を 肯定 的 に とらえる >

はい

< 彼ら は 青春 の 2 文字 の 前 なら ば >

< どんな 一般 的 な 解釈 も 社会 通念 も ねじ曲げ て み せる >

< 彼ら に かかれ ば 嘘 も 秘密 も 罪 科 も 失敗 さえ も >

< 青春 の スパイス で しか ない の だ >

< 仮に 失敗 する こと が 青春 の 証し で ある の なら >

もし かして …

< 友達 づくり に 失敗 し た 人間 も また >

< 青春 の ど真ん中 で なけ れ ば おかしい で は ない か >

< しかし 彼ら は それ を 認め ない だ ろ う >

< すべて は 彼ら の ご 都合 主義 で しか ない >

< 結論 を 言 お う >

< 青春 を 楽しむ 愚か 者 ども >

♪♪~

( 平塚 ) 砕け 散る の は 君 の ほう だ →

なあ 比企 谷 私 が 授業 で 出し た 課題 は 何 だった かな

は あ 高校 生活 を 振り返って と いう テーマ の 作文 でし た が

それ で なぜ 君 は こんな ナメ た 作文 を 書き上げ てる

何 だ これ どうして こう なった は あ …

まったく …

君 の 目 は 死 ん だ 魚 の よう な 目 だ な

そんな DHA 豊富 そう に 見え ます か 賢 そう っす ね

真面目 に 聞け

いや … 俺 は ちゃんと 高校 生活 を 振り返って ます よ

近ごろ の 高校 生 は 大体 こんな 感じ じゃ ない で し ゅ か

小僧 へ理屈 を 言う な 小僧 って …

確かに 先生 の 年齢 から し たら 俺 は 小僧 …

女性 に 年齢 の 話 を する な と 教わら なかった の か

すみません で し た 書き 直 しま …

ちょっと つい てき たまえ

( 雪 乃 ) 平塚 先生 入る とき は ノック を お 願い し た はず です が

ノック を し て も 返事 を し た ためし が ない じゃ ない か

返事 を する 間もなく 先生 が 入って くる ん です よ

それ で その ぬ ぼ ー っと し た 人 は ? え ッ ?

< 俺 は この 少女 を 知って いる >

< 国際 教養 科 J 組 >

< 女子 が 9 割 を 占める その クラス は >

< 偏差値 が 高く 派手 な クラス と して 知ら れ て いる >

< その 中 で 異彩 を 放って いる の が 雪ノ下 雪 乃 >

< 学 内 誰 も が 知る 有名 人 だ >

彼 は 入部 希望 者 だ

2 年 F 組 比企 谷 八幡 です え ~ と …

おい 入部 って 何 だ よ

君 に は ナメ 腐った リポート の 罰 と して

ここ で の 部活 動 を 命じる

異論 反論 抗議 質問 口答え は 一切 認め ない

と いう わけ で 見 れ ば 分かる と 思う が

彼 は この 腐った 目 と 同様 根性 も 腐って る →

その せい で いつも 孤独 な あわれ むべ き やつ だ →

この 部 で 彼 の ひねくれ た 孤独 体質 を 更生 する →

これ が 私 の 依頼 だ お 断り し ます

そこ の 男 の 下心 に 満ち た 下 卑 た 目 を 見て いる と

身 の 危険 を 感じ ます

< 断じて 見て い ない そんな 慎ましやか な 胸 など >

< い ッ いや ホント だ よ >

安心 し たまえ この 男 の リスク リターン の 計算 と

自己 保身 に 関し て だけ は なかなか の もの だ

刑事罰 に 問わ れる よう な マネ だけ は 決して し ない

彼 の 小 悪党 ぶり は 信用 し て くれ て いい

いや 常識 的 な 判断 が できる って 言って ほしい ん です が

小 悪党 なるほど

< 聞い て ない 上 に 納得 し ちゃ った し よ >

まあ 先生 から の 依頼 で あれ ば むげに は でき ませ ん し

承り まし た

そう か なら 頼 ん だ ぞ 雪ノ下

< おいおい マジ か よ 何 この 展開 >

< ふと 甘 酸っぱい 思い出 が よみがえる >

《 友達 じゃ ダメ か な 》

< 友達 … どころ か 以降 一 度 も 話さ なかった >

< まあ 俺 に 関して は ラブ コメ なんて 現実 に は 起き ない の で ある >

< 高度 に 訓練 さ れ た 俺 が >

< こんな ラブ コメ トラップ に 引っかかる わけ が ない >

< 女子 と は イケメン に 興味 を 示し >

< 清く ない 男女 交際 を する や から で ある >

< つまり 俺 の 敵 だ >

《 友達 じゃ ダメ か な 》

< 二 度 と あんな 思い を し なく て すむ ため に は >

< 嫌わ れ て しまう の が 一 番 早い >

< 俺 は 挨拶 代わり に 雪ノ下 を 威嚇 し て おく こと に し た >

ガルルル …

キャウン 突っ立って ない で 座ったら

え ッ ああ はい すいません

何 か あ ッ いや 色々 把握 でき て なく て

そもそも ここ 何 部 な ん だ

当て て み たら

文芸 部 だ ろ へ ~ その 心 は

この 部屋 の 中 に 特殊 な 環境 特別 な 機器 が 存在 し て い ない

加え て あんた は ずっと 本 を 読 ん で い た

外れ じゃあ 何 部 な ん だ よ

今 私 が ここ で こうして いる こと が 部活 動 よ

降参 だ さっぱり 分から ん

比企 谷 君 女の子 と 話し た の は 何 年 ぶり ?

< あれ は 確か 2 年 前 の 6 月 >

《 ちょっと マジ 暑く ない ? 》 《 むしろ 蒸し暑い よ ね 》

《 え ッ ? う ッ うん … 》

《 あ ~ ! 》

持つ 者 が 持た ざる 者 に 慈悲 の 心 を もって これ を 与える

人 は それ を ボランティア と 呼ぶ の

困って いる 人 に 救い の 手 を 差し伸べる

それ が この 部 の 活動 よ

ようこそ 奉仕 部 へ 歓迎 する わ

頼ま れ た 以上 責任 は 果たす わ

あなた の 問題 を 矯正 し て あげる 感謝 な さ い

こん の アマ … 問題 ?

俺 は な そこそこ 優秀 な ん だ ぞ

実力 テスト 国語 学年 3 位 顔 だって いい ほう だ

友達 と 彼女 が い ない こと を 除け ば 基本 高 スペック な ん だ

そんな こと 自信 満々 に 言え る なんて ある 意味 すごい

変 な 人 もはや 気持ち 悪い わ

うる せ え お前 に 言わ れ たく ねえ よ 変 な 女

私 が 見 た ところ に よる と どうやら あなた が 独りぼっち な の って

その 腐った 根性 や ひねくれ た 感性 が 原因 み たい ね

それ と 容姿 に つい て だ けれど 美的 感覚 なんて 主観 で しか ない の

つまり この 場 に おい て は 私 の 言う こと だけ が 正しい の

め ッ メチャクチャ な 意見 だ が 筋 は 通って る 気 が する …

これ で 人 と の 会話 シミュレーション は 完了 は ッ ?

私 の よう な 女の子 と 話 が でき れ ば

大抵 の 人間 と も 会話 が できる と 思う わ

少し は 更生 した ん じゃ ない かしら

言って おく が 俺 は 別に 会話 が でき ない わけ じゃ ない

ムダ な 話 を し ない だけ だ 更生 など 断じて 必要な い

あなた は 変わら ない と 社会 的 に まずい レベル だ と 思う

( ドア が 開く )

雪ノ下 邪魔 する ぞ

ノック を 悪い 悪い

どうやら 比企 谷 の 更生 に てこずって いる よう だ な

本人 が 問題 を 自覚 し て い ない せい です

そう じゃ ねえ よ 何 だ その …\ N 変わる だの 変われ だの

他人 に 俺 の 自分 を 語ら れ たく ない ん だっ つ の

あなた の それ は 逃げ でしょ

変わる って の も 現状 から の 逃げ だ ろ

どうして 今 の 自分 や 過去 の 自分 を 肯定 して やれ ない ん だ よ

それ じゃあ …

それ じゃあ 悩み は 解決 し ない し 誰 も 救わ れ ない じゃ ない

2 人 と も 落ち着き たまえ

古来 より 互い の 正義 が ぶつかった とき は

勝負 で 雌雄 を 決 する の が 少年 漫画 の 習わし だ

何 言って る ん です か

つまり この 部 で どちら が 人 に 奉仕 できる か

勝負 だ 強引 すぎる

勝った ほう が 負け た ほう に 何でも 命令 できる の は どう だ

< 何でも と いう の は いわゆる 何でも と いう こと です よ ね >

お 断り し ます この 男 が 相手 だ と 身 の 危険 を 感じ ます

偏見 だ 高 2 男子 は 卑 わ い な こと ばかり 考え てる わけ で は ない

< 世界 平和 … と か ? あと は 特に 考え て ない な >

さしも の 雪ノ下 雪 乃 と い え ど 恐れる もの が ある か →

そんなに 勝つ 自信 が ない の か ね ?

いい でしょ う その 安い 挑発 に 乗る の は

少し ばかり しゃく です が

受けて立ち ます 決まり だ な

< 俺 の 意思 は ? >

( チャイム )

こんにちは

もう 来 ない か と 思った わ も しか して マゾヒスト ?

違う だったら ストーカー ?

何で 俺 が お前 に 好意 を 抱 い てる 前提 で 話 が 進 ん で ん の

違う の ? 違えよ

その 自信 過剰 ぶり に は さすが の 俺 も ひく ぞ

お前 さ 友達 いん の ?

そう ね まず どこ から どこ まで が 友達 な の か 定義 し て …

もう いい わ その セリフ は 友達 い ない やつ の セリフ だ わ

ソース は 俺

お前 人 に 好か れ そう なくせ に 友達 い ない と か どういう こと だ よ

あなた に は 分から ない わ よ

私 って 昔 から かわいかった から

近づ い て くる 男子 は 大抵 私 に 好意 を 寄せ て き た わ

人 に 好か れ てる くせ に ぼ っち 名乗る と か

ぼ っち の 風上 に も おけ ねえ な

本当 に 誰 から も 好か れる なら それ も よかった かも しれ ない わ ね

どういう 意味 だ

小学校 の ころ 60 回 ほど

上履き を 隠さ れ た こと が あった の だ けれど

うち 50 回 は 女子 に やら れ た わ

おかげ で 私 は 毎日 上履き と リコーダー を

持って 帰る はめ に なった わ

大変 だった ん だ な

ええ 大変 よ 私 かわいい から

でも 仕方 ない と 思う わ

人 は 皆 完璧 で は ない から

弱く て 醜く て すぐ に 嫉妬 し 蹴落 とそ う と する

不思議 な こと に 優秀 な 人間 ほど 生き づらい の よ

そんな の おかしい じゃ ない

だから 変える の よ 人ごと この 世界 を

努力 の 方向 が ぶ っ 飛び すぎ だ ろ

それ でも あなた の よう に グダグダ 乾 い て 果てる より

マシ だ と 思う けれど

あなた の そう やって 弱 さ を 肯定 し て しまう 部分

嫌い だ わ

< 雪ノ下 は 持つ 者 ゆえ の 苦悩 を 抱え て いる >

< それ を 隠し て ごまかし ながら うまく やる こと は >

< 難しく ない はず だ >

< 世の中 の 人間 は そう して いる の だ から >

< けれど 雪ノ下 は それ を し ない >

< 自ら に 決して 嘘 を つか ない >

< きっと 俺 と 彼女 は どこ か 似 て いる >

< 柄 に も なく そんな こと を 思って しまった >

< 今 は この 沈黙 すら 心地 いい と そう 感じ て い た >

< 心臓 の 刻む 律 動 が 秒針 の 速度 を 追い越し て >

< もっと 先 へ 進み たい と そう 言って る 気 が し た >

< なら なら 俺 と 彼女 は …>

なあ 雪ノ下

何なら 俺 が …

友達 …\ N ごめんなさい それ は ムリ

え ~ まだ 最後 まで 言って ない のに

( ノック )

どうぞ

( 結 衣 ) し ッ 失礼 し ま ~ す

平塚 先生 に 言わ れ て 来 た ん です けど …

な ッ 何で ヒッキー が ここ に いん の ?

いや 俺 ここ の 部員 だ し

< つ ー か ヒッキー って 俺 の こと ? その 前 に こいつ 誰 ? >

2 年 F 組 由比 ヶ 浜 結 衣 さん よ ね とにかく 座って

私 の こと 知って る ん だ

全校 生徒 覚え てん じゃ ねえ の

いいえ あなた の こと なんて 知ら なかった もの

そう です か 気 に する こと ない わ

あなた の 存在 から 目 を そらし たく なって しまう

私 の 心 の 弱 さ が 悪い の よ

お前 それ 慰め てる つもり な の ? ただ の 皮肉 よ

何 か … 楽し そう な 部活 だ ね !

それ に ヒッキー よく しゃべる よ ね は ッ ?

いや 何て 言う か その …

ヒッキー も クラス に いる とき と 全然 違う し

なん つ ー か いつも は キョド り 方 キモ い し

この ビッチ め ビッチ って 何 だ し 私 は まだ 処 …

何でもない !

恥ずかしい こと で は ない でしょ この 年 で バージ …

う わ ~ ちょっと 何 言って ん の 高 2 で まだ と か 恥ずかしい よ

雪ノ下 さん 女子 力 足 ん ない ん じゃ ない の

くだらない 価値 観 ね

に し て も 女子 力 って 単語 が もう ビッチ くさい よ な

また 言った ビッチ 呼ばわり と か あり え ない マジ で キモ い

ビッチ 呼ばわり と 俺 の キモ さ は 関係 ねえ だ ろ

それ と ヒッキー 言う な ビッチ

この … ホント ウザ い キモ い

つ ー か マジ あり え ない

は ッ クッキー ?

手作り クッキー を 食べ て ほしい 人 が いる の だ そう よ

でも 自信 が ない から 手伝って ほしい

と いう の が 彼女 の お 願い

そんな の 友達 に 頼め よ

それ は その …

その … あんまり 知ら れ たく ない し

こんな マジ っぽい 雰囲気 友達 と は 合わ ない から

そう です か それ に 平塚 先生 から 聞い た けど

この 部 って 生徒 の お 願い かなえ て くれる ん だ よ ね

いいえ 奉仕 部 は あくまで 手助け する だけ

飢え た 人 に 魚 を 与える の で は なく とり かた を 教え て 自立 を 促す の

な ッ 何 か すごい ね

曲がって る わ あなた エプロン も まとも に 着 られ ない の ?

ごめん ありがとう

で 俺 は 何 を すれ ば

味見 し て 感想 を くれ れ ば いい の よ

なぜ あれ だけ ミス を 重ねる こと が できる の かしら

ホムセン で 売って る 木炭 み たい に なって ん ぞ

もはや 毒 味 だ どこ が 毒 だ し !

やっぱり 毒 かな ~

死な ない かしら

さて どう すれ ば よく なる か 考え ま しょ

由比 ヶ 浜 が 二 度 と 料理 し ない こと それ で 解決 し ちゃ う ん だ

やっぱり 私 料理 に 向 い て ない の か な

才能 って いう の ? そういう の ない し

解決 方法 は 努力 ある のみ よ

由比 ヶ 浜 さん さっき 才能 が ない って 言った わ ね

え ッ ? うん …\ N その 認識 を 改め なさい

最低 限 の 努力 も し ない 人間 に は

才能 が ある 人 を うらやむ 資格 は ない わ

成功 でき ない 人間 は

成功 者 が 積み上げ た 努力 を 想像 でき ない から 成功 でき ない の

で ッ でも さ 最近 みんな や ん ない って いう し

こういう の 合って ない ん だ よ

その 周囲 に 合わせよ う と する の やめ て くれる かしら

ひどく 不愉快 だ わ

自分 の 不器用 さ ぶざま さ 愚か し さ の 遠因 を

他人 に 求める なんて 恥ずかしく ない の ?

か ッ … かっこいい

は ッ ? 建前 と か 全然 言わ ない ん だ

何て いう か そういう の かっこいい

は ッ 話 聞い て た の かしら

結構 きつい こと 言った つもり だ けど

確かに 言葉 は ひどかった けど でも 本音 って 感じ が する の

私 人 に 合わせ て ばっ か だった から

ごめん 次 は ちゃんと やる

正しい やり 方 教え て やれ よ

一 度 お 手本 見せる から その とおり に やって み て

うん !

全然 違う

どう 教え れ ば 伝わる の かしら

あの さ 何で お前 ら うまい クッキー 作 ろ う と して ん の

は ッ ? 何 が 言い たい の ?

10 分 後 ここ へ 来 て ください

俺 が 本当 の 手作り クッキー って やつ を 見せ て あげ ます よ

< これ で 勝負 は 俺 の ターン >

これ が 本当 の 手作り クッキー な の ? あん ま おいしく ない

そ っか 悪い 捨てる わ 待って

別に 捨て なく て も

言う ほど まずく ない し

ま ッ お前 が 作った クッキー な ん だ けど な

え ッ ? どういう こと かしら

これ は 俺 の 友達 の 友達 の 話 な ん だ が

何 か ある たび に 話しかけ て くる 女子 が い た そう だ

絶対 自分 の こと 好き だ よ と 俺 …\ N じゃ なく て そ いつ は 思った

で 意 を 決して 聞い て みる こと に し た ん だ

《 す ッ 好き な やつ 教え て よ イニシャル で いい から 》

《 え ッ え ~ H … 》

《 H … それ って 俺 の こと ? 》

《 何 言って ん の マジ キモ い やめ て くん ない 》

ちょっと 待って

あなた の その 経験 談 から …\ N バカ お前 ! 友達 の 友達 だ

で そこ から 何 を 導け ば いい の かしら

つまり あれ だ 男 って の は 単純 な ん だ よ

話しかけ られ た だけ で 勘違い する し

手作り クッキー って だけ で 喜ぶ の

だから おいしく なく たって い い ん だ よ

おいしく ない ? う ッ うるさい !

まあ お前 が 頑張った ん だ って 姿勢 が 伝わりゃ

男 心 も 揺れる ん じゃ ねえ の

そういう もの かしら

ヒッキー も 揺れる の ? あ ?

ああ 超 揺れる ね てい うか ヒッキー って 呼ぶ な

で どう する の 由比 ヶ 浜 さん

私 自分 の やり 方 で やって みる よ

あり が と ね 雪ノ下 さん

本当 に よかった の かしら ね

先週 の 由比 ヶ 浜 さん の 依頼 何 だ よ 急に

私 は 自分 を 高め られる なら 限界 まで 挑戦 す べき だ と 思う の

それ が 最終 的 に は 由比 ヶ 浜 さん の ため に なる ん じゃ ない か と

努力 は 自分 を 裏切ら ない

夢 を 裏切る こと は ある けど な え ッ ?

努力 し て も 夢 が かなう と は かぎら ない

むしろ かなわない こと の ほう が 多い だ ろ

でも 頑張った 事実 が ありゃ 慰め に は なる

ただ の 自己 満足 よ 甘い の ね 気持ち 悪い

( ノック )

やっ は ろ ~

何 か 何 あまり 歓迎 さ れ て ない ?

雪ノ下 さん 私 の こと 嫌い ?

別に 嫌い じゃ ない わ ちょっと 苦手 かしら

それ 女子 言葉 じゃ 同じ こと だ から ね !

で 何 か 用 かしら

こない だ の お 礼 って の ? クッキー 作って き た から

私 あまり 食欲 が …\ N やって みる と 楽しい よ ね

今度 お 弁当 と か 作っちゃ お っか な

で さ ゆき の ん 部室 で お 昼 一緒 に 食べよ う よ

私 は 1 人 で 食べる の が 好き だ から そういう の は ちょっと

それ から ゆき の ん て 気持ち 悪い から やめ て

ゆき の ん 私 も 放課後 と か 暇 だ し 部活 手伝う ね

これ も お 礼 だ から 話 聞い てる ? 由比 ヶ 浜 さん

ヒッキー

一応 お礼 の 気持ち

ヒッキー も 手伝って くれ た し

ま がま が しい な おい

< そこはかとなく 不吉 だ が >

< お 礼 と いう なら ありがたく もらって おこ う >

う ッ …

< あと ヒッキー って 言う な >

♪♪~

≪ はっきり し ない 態度 って 結構 イラッ とく ん だ よ ね

つい 類人猿 の 威嚇 だ と 思って しまった わ

( 材木 座 ) 見下げ 果て た ぞ 八幡 あれ は 中 二 病 だ

中 二 病 ? ゆき の ん 逃げ て ~

( 材木 座 ) ゴラム ゴラム 大体 分かった わ

あなた の 依頼 は その 心 の 病 を

治す って こと で いい の かしら



Want to learn a language?


Learn from this text and thousands like it on LingQ.

  • A vast library of audio lessons, all with matching text
  • Revolutionary learning tools
  • A global, interactive learning community.

LingQでオンライン語学学習

( 比企 谷 ) ふん ッ

< 青春 を おう歌 せ し 者 達 は 常に 自己 と 周囲 を 欺き >

< 自ら を 取り巻く 環境 の すべて を 肯定 的 に とらえる >

はい

< 彼ら は 青春 の 2 文字 の 前 なら ば >

< どんな 一般 的 な 解釈 も 社会 通念 も ねじ曲げ て み せる >

< 彼ら に かかれ ば 嘘 も 秘密 も 罪 科 も 失敗 さえ も >

< 青春 の スパイス で しか ない の だ >

< 仮に 失敗 する こと が 青春 の 証し で ある の なら >

もし かして …

< 友達 づくり に 失敗 し た 人間 も また >

< 青春 の ど真ん中 で なけ れ ば おかしい で は ない か >

< しかし 彼ら は それ を 認め ない だ ろ う >

< すべて は 彼ら の ご 都合 主義 で しか ない >

< 結論 を 言 お う >

< 青春 を 楽しむ 愚か 者 ども >

♪♪~

( 平塚 ) 砕け 散る の は 君 の ほう だ →

なあ 比企 谷 私 が 授業 で 出し た 課題 は 何 だった かな

は あ 高校 生活 を 振り返って と いう テーマ の 作文 でし た が

それ で なぜ 君 は こんな ナメ た 作文 を 書き上げ てる

何 だ これ どうして こう なった は あ …

まったく …

君 の 目 は 死 ん だ 魚 の よう な 目 だ な

そんな DHA 豊富 そう に 見え ます か 賢 そう っす ね

真面目 に 聞け

いや … 俺 は ちゃんと 高校 生活 を 振り返って ます よ

近ごろ の 高校 生 は 大体 こんな 感じ じゃ ない で し ゅ か

小僧 へ理屈 を 言う な 小僧 って …

確かに 先生 の 年齢 から し たら 俺 は 小僧 …

女性 に 年齢 の 話 を する な と 教わら なかった の か

すみません で し た 書き 直 しま …

ちょっと つい てき たまえ

( 雪 乃 ) 平塚 先生 入る とき は ノック を お 願い し た はず です が

ノック を し て も 返事 を し た ためし が ない じゃ ない か

返事 を する 間もなく 先生 が 入って くる ん です よ

それ で その ぬ ぼ ー っと し た 人 は ? え ッ ?

< 俺 は この 少女 を 知って いる >

< 国際 教養 科 J 組 >

< 女子 が 9 割 を 占める その クラス は >

< 偏差値 が 高く 派手 な クラス と して 知ら れ て いる >

< その 中 で 異彩 を 放って いる の が 雪ノ下 雪 乃 >

< 学 内 誰 も が 知る 有名 人 だ >

彼 は 入部 希望 者 だ

2 年 F 組 比企 谷 八幡 です え ~ と …

おい 入部 って 何 だ よ

君 に は ナメ 腐った リポート の 罰 と して

ここ で の 部活 動 を 命じる

異論 反論 抗議 質問 口答え は 一切 認め ない

と いう わけ で 見 れ ば 分かる と 思う が

彼 は この 腐った 目 と 同様 根性 も 腐って る →

その せい で いつも 孤独 な あわれ むべ き やつ だ →

この 部 で 彼 の ひねくれ た 孤独 体質 を 更生 する →

これ が 私 の 依頼 だ お 断り し ます

そこ の 男 の 下心 に 満ち た 下 卑 た 目 を 見て いる と

身 の 危険 を 感じ ます

< 断じて 見て い ない そんな 慎ましやか な 胸 など >

< い ッ いや ホント だ よ >

安心 し たまえ この 男 の リスク リターン の 計算 と

自己 保身 に 関し て だけ は なかなか の もの だ

刑事罰 に 問わ れる よう な マネ だけ は 決して し ない

彼 の 小 悪党 ぶり は 信用 し て くれ て いい

いや 常識 的 な 判断 が できる って 言って ほしい ん です が

小 悪党 なるほど

< 聞い て ない 上 に 納得 し ちゃ った し よ >

まあ 先生 から の 依頼 で あれ ば むげに は でき ませ ん し

承り まし た

そう か なら 頼 ん だ ぞ 雪ノ下

< おいおい マジ か よ 何 この 展開 >

< ふと 甘 酸っぱい 思い出 が よみがえる >

《 友達 じゃ ダメ か な 》

< 友達 … どころ か 以降 一 度 も 話さ なかった >

< まあ 俺 に 関して は ラブ コメ なんて 現実 に は 起き ない の で ある >

< 高度 に 訓練 さ れ た 俺 が >

< こんな ラブ コメ トラップ に 引っかかる わけ が ない >

< 女子 と は イケメン に 興味 を 示し >

< 清く ない 男女 交際 を する や から で ある >

< つまり 俺 の 敵 だ >

《 友達 じゃ ダメ か な 》

< 二 度 と あんな 思い を し なく て すむ ため に は >

< 嫌わ れ て しまう の が 一 番 早い >

< 俺 は 挨拶 代わり に 雪ノ下 を 威嚇 し て おく こと に し た >

ガルルル …

キャウン 突っ立って ない で 座ったら

え ッ ああ はい すいません

何 か あ ッ いや 色々 把握 でき て なく て

そもそも ここ 何 部 な ん だ

当て て み たら

文芸 部 だ ろ へ ~ その 心 は

この 部屋 の 中 に 特殊 な 環境 特別 な 機器 が 存在 し て い ない

加え て あんた は ずっと 本 を 読 ん で い た

外れ じゃあ 何 部 な ん だ よ

今 私 が ここ で こうして いる こと が 部活 動 よ

降参 だ さっぱり 分から ん

比企 谷 君 女の子 と 話し た の は 何 年 ぶり ?

< あれ は 確か 2 年 前 の 6 月 >

《 ちょっと マジ 暑く ない ? 》 《 むしろ 蒸し暑い よ ね 》

《 え ッ ? う ッ うん … 》

《 あ ~ ! 》

持つ 者 が 持た ざる 者 に 慈悲 の 心 を もって これ を 与える

人 は それ を ボランティア と 呼ぶ の

困って いる 人 に 救い の 手 を 差し伸べる

それ が この 部 の 活動 よ

ようこそ 奉仕 部 へ 歓迎 する わ

頼ま れ た 以上 責任 は 果たす わ

あなた の 問題 を 矯正 し て あげる 感謝 な さ い

こん の アマ … 問題 ?

俺 は な そこそこ 優秀 な ん だ ぞ

実力 テスト 国語 学年 3 位 顔 だって いい ほう だ

友達 と 彼女 が い ない こと を 除け ば 基本 高 スペック な ん だ

そんな こと 自信 満々 に 言え る なんて ある 意味 すごい

変 な 人 もはや 気持ち 悪い わ

うる せ え お前 に 言わ れ たく ねえ よ 変 な 女

私 が 見 た ところ に よる と どうやら あなた が 独りぼっち な の って

その 腐った 根性 や ひねくれ た 感性 が 原因 み たい ね

それ と 容姿 に つい て だ けれど 美的 感覚 なんて 主観 で しか ない の

つまり この 場 に おい て は 私 の 言う こと だけ が 正しい の

め ッ メチャクチャ な 意見 だ が 筋 は 通って る 気 が する …

これ で 人 と の 会話 シミュレーション は 完了 は ッ ?

私 の よう な 女の子 と 話 が でき れ ば

大抵 の 人間 と も 会話 が できる と 思う わ

少し は 更生 した ん じゃ ない かしら

言って おく が 俺 は 別に 会話 が でき ない わけ じゃ ない

ムダ な 話 を し ない だけ だ 更生 など 断じて 必要な い

あなた は 変わら ない と 社会 的 に まずい レベル だ と 思う

( ドア が 開く )

雪ノ下 邪魔 する ぞ

ノック を 悪い 悪い

どうやら 比企 谷 の 更生 に てこずって いる よう だ な

本人 が 問題 を 自覚 し て い ない せい です

そう じゃ ねえ よ 何 だ その …\ N 変わる だの 変われ だの

他人 に 俺 の 自分 を 語ら れ たく ない ん だっ つ の

あなた の それ は 逃げ でしょ

変わる って の も 現状 から の 逃げ だ ろ

どうして 今 の 自分 や 過去 の 自分 を 肯定 して やれ ない ん だ よ

それ じゃあ …

それ じゃあ 悩み は 解決 し ない し 誰 も 救わ れ ない じゃ ない

2 人 と も 落ち着き たまえ

古来 より 互い の 正義 が ぶつかった とき は

勝負 で 雌雄 を 決 する の が 少年 漫画 の 習わし だ

何 言って る ん です か

つまり この 部 で どちら が 人 に 奉仕 できる か

勝負 だ 強引 すぎる

勝った ほう が 負け た ほう に 何でも 命令 できる の は どう だ

< 何でも と いう の は いわゆる 何でも と いう こと です よ ね >

お 断り し ます この 男 が 相手 だ と 身 の 危険 を 感じ ます

偏見 だ 高 2 男子 は 卑 わ い な こと ばかり 考え てる わけ で は ない

< 世界 平和 … と か ? あと は 特に 考え て ない な >

さしも の 雪ノ下 雪 乃 と い え ど 恐れる もの が ある か →

そんなに 勝つ 自信 が ない の か ね ?

いい でしょ う その 安い 挑発 に 乗る の は

少し ばかり しゃく です が

受けて立ち ます 決まり だ な

< 俺 の 意思 は ? >

( チャイム )

こんにちは

もう 来 ない か と 思った わ も しか して マゾヒスト ?

違う だったら ストーカー ?

何で 俺 が お前 に 好意 を 抱 い てる 前提 で 話 が 進 ん で ん の

違う の ? 違えよ

その 自信 過剰 ぶり に は さすが の 俺 も ひく ぞ

お前 さ 友達 いん の ?

そう ね まず どこ から どこ まで が 友達 な の か 定義 し て …

もう いい わ その セリフ は 友達 い ない やつ の セリフ だ わ

ソース は 俺

お前 人 に 好か れ そう なくせ に 友達 い ない と か どういう こと だ よ

あなた に は 分から ない わ よ

私 って 昔 から かわいかった から

近づ い て くる 男子 は 大抵 私 に 好意 を 寄せ て き た わ

人 に 好か れ てる くせ に ぼ っち 名乗る と か

ぼ っち の 風上 に も おけ ねえ な

本当 に 誰 から も 好か れる なら それ も よかった かも しれ ない わ ね

どういう 意味 だ

小学校 の ころ 60 回 ほど

上履き を 隠さ れ た こと が あった の だ けれど

うち 50 回 は 女子 に やら れ た わ

おかげ で 私 は 毎日 上履き と リコーダー を

持って 帰る はめ に なった わ

大変 だった ん だ な

ええ 大変 よ 私 かわいい から

でも 仕方 ない と 思う わ

人 は 皆 完璧 で は ない から

弱く て 醜く て すぐ に 嫉妬 し 蹴落 とそ う と する

不思議 な こと に 優秀 な 人間 ほど 生き づらい の よ

そんな の おかしい じゃ ない

だから 変える の よ 人ごと この 世界 を

努力 の 方向 が ぶ っ 飛び すぎ だ ろ

それ でも あなた の よう に グダグダ 乾 い て 果てる より

マシ だ と 思う けれど

あなた の そう やって 弱 さ を 肯定 し て しまう 部分

嫌い だ わ

< 雪ノ下 は 持つ 者 ゆえ の 苦悩 を 抱え て いる >

< それ を 隠し て ごまかし ながら うまく やる こと は >

< 難しく ない はず だ >

< 世の中 の 人間 は そう して いる の だ から >

< けれど 雪ノ下 は それ を し ない >

< 自ら に 決して 嘘 を つか ない >

< きっと 俺 と 彼女 は どこ か 似 て いる >

< 柄 に も なく そんな こと を 思って しまった >

< 今 は この 沈黙 すら 心地 いい と そう 感じ て い た >

< 心臓 の 刻む 律 動 が 秒針 の 速度 を 追い越し て >

< もっと 先 へ 進み たい と そう 言って る 気 が し た >

< なら なら 俺 と 彼女 は …>

なあ 雪ノ下

何なら 俺 が …

友達 …\ N ごめんなさい それ は ムリ

え ~ まだ 最後 まで 言って ない のに

( ノック )

どうぞ

( 結 衣 ) し ッ 失礼 し ま ~ す

平塚 先生 に 言わ れ て 来 た ん です けど …

な ッ 何で ヒッキー が ここ に いん の ?

いや 俺 ここ の 部員 だ し

< つ ー か ヒッキー って 俺 の こと ? その 前 に こいつ 誰 ? >

2 年 F 組 由比 ヶ 浜 結 衣 さん よ ね とにかく 座って

私 の こと 知って る ん だ

全校 生徒 覚え てん じゃ ねえ の

いいえ あなた の こと なんて 知ら なかった もの

そう です か 気 に する こと ない わ

あなた の 存在 から 目 を そらし たく なって しまう

私 の 心 の 弱 さ が 悪い の よ

お前 それ 慰め てる つもり な の ? ただ の 皮肉 よ

何 か … 楽し そう な 部活 だ ね !

それ に ヒッキー よく しゃべる よ ね は ッ ?

いや 何て 言う か その …

ヒッキー も クラス に いる とき と 全然 違う し

なん つ ー か いつも は キョド り 方 キモ い し

この ビッチ め ビッチ って 何 だ し 私 は まだ 処 …

何でもない !

恥ずかしい こと で は ない でしょ この 年 で バージ …

う わ ~ ちょっと 何 言って ん の 高 2 で まだ と か 恥ずかしい よ

雪ノ下 さん 女子 力 足 ん ない ん じゃ ない の

くだらない 価値 観 ね

に し て も 女子 力 って 単語 が もう ビッチ くさい よ な

また 言った ビッチ 呼ばわり と か あり え ない マジ で キモ い

ビッチ 呼ばわり と 俺 の キモ さ は 関係 ねえ だ ろ

それ と ヒッキー 言う な ビッチ

この … ホント ウザ い キモ い

つ ー か マジ あり え ない

は ッ クッキー ?

手作り クッキー を 食べ て ほしい 人 が いる の だ そう よ

でも 自信 が ない から 手伝って ほしい

と いう の が 彼女 の お 願い

そんな の 友達 に 頼め よ

それ は その …

その … あんまり 知ら れ たく ない し

こんな マジ っぽい 雰囲気 友達 と は 合わ ない から

そう です か それ に 平塚 先生 から 聞い た けど

この 部 って 生徒 の お 願い かなえ て くれる ん だ よ ね

いいえ 奉仕 部 は あくまで 手助け する だけ

飢え た 人 に 魚 を 与える の で は なく とり かた を 教え て 自立 を 促す の

な ッ 何 か すごい ね

曲がって る わ あなた エプロン も まとも に 着 られ ない の ?

ごめん ありがとう

で 俺 は 何 を すれ ば

味見 し て 感想 を くれ れ ば いい の よ

なぜ あれ だけ ミス を 重ねる こと が できる の かしら

ホムセン で 売って る 木炭 み たい に なって ん ぞ

もはや 毒 味 だ どこ が 毒 だ し !

やっぱり 毒 かな ~

死な ない かしら

さて どう すれ ば よく なる か 考え ま しょ

由比 ヶ 浜 が 二 度 と 料理 し ない こと それ で 解決 し ちゃ う ん だ

やっぱり 私 料理 に 向 い て ない の か な

才能 って いう の ? そういう の ない し

解決 方法 は 努力 ある のみ よ

由比 ヶ 浜 さん さっき 才能 が ない って 言った わ ね

え ッ ? うん …\ N その 認識 を 改め なさい

最低 限 の 努力 も し ない 人間 に は

才能 が ある 人 を うらやむ 資格 は ない わ

成功 でき ない 人間 は

成功 者 が 積み上げ た 努力 を 想像 でき ない から 成功 でき ない の

で ッ でも さ 最近 みんな や ん ない って いう し

こういう の 合って ない ん だ よ

その 周囲 に 合わせよ う と する の やめ て くれる かしら

ひどく 不愉快 だ わ

自分 の 不器用 さ ぶざま さ 愚か し さ の 遠因 を

他人 に 求める なんて 恥ずかしく ない の ?

か ッ … かっこいい

は ッ ? 建前 と か 全然 言わ ない ん だ

何て いう か そういう の かっこいい

は ッ 話 聞い て た の かしら

結構 きつい こと 言った つもり だ けど

確かに 言葉 は ひどかった けど でも 本音 って 感じ が する の

私 人 に 合わせ て ばっ か だった から

ごめん 次 は ちゃんと やる

正しい やり 方 教え て やれ よ

一 度 お 手本 見せる から その とおり に やって み て

うん !

全然 違う

どう 教え れ ば 伝わる の かしら

あの さ 何で お前 ら うまい クッキー 作 ろ う と して ん の

は ッ ? 何 が 言い たい の ?

10 分 後 ここ へ 来 て ください

俺 が 本当 の 手作り クッキー って やつ を 見せ て あげ ます よ

< これ で 勝負 は 俺 の ターン >

これ が 本当 の 手作り クッキー な の ? あん ま おいしく ない

そ っか 悪い 捨てる わ 待って

別に 捨て なく て も

言う ほど まずく ない し

ま ッ お前 が 作った クッキー な ん だ けど な

え ッ ? どういう こと かしら

これ は 俺 の 友達 の 友達 の 話 な ん だ が

何 か ある たび に 話しかけ て くる 女子 が い た そう だ

絶対 自分 の こと 好き だ よ と 俺 …\ N じゃ なく て そ いつ は 思った

で 意 を 決して 聞い て みる こと に し た ん だ

《 す ッ 好き な やつ 教え て よ イニシャル で いい から 》

《 え ッ え ~ H … 》

《 H … それ って 俺 の こと ? 》

《 何 言って ん の マジ キモ い やめ て くん ない 》

ちょっと 待って

あなた の その 経験 談 から …\ N バカ お前 ! 友達 の 友達 だ

で そこ から 何 を 導け ば いい の かしら

つまり あれ だ 男 って の は 単純 な ん だ よ

話しかけ られ た だけ で 勘違い する し

手作り クッキー って だけ で 喜ぶ の

だから おいしく なく たって い い ん だ よ

おいしく ない ? う ッ うるさい !

まあ お前 が 頑張った ん だ って 姿勢 が 伝わりゃ

男 心 も 揺れる ん じゃ ねえ の

そういう もの かしら

ヒッキー も 揺れる の ? あ ?

ああ 超 揺れる ね てい うか ヒッキー って 呼ぶ な

で どう する の 由比 ヶ 浜 さん

私 自分 の やり 方 で やって みる よ

あり が と ね 雪ノ下 さん

本当 に よかった の かしら ね

先週 の 由比 ヶ 浜 さん の 依頼 何 だ よ 急に

私 は 自分 を 高め られる なら 限界 まで 挑戦 す べき だ と 思う の

それ が 最終 的 に は 由比 ヶ 浜 さん の ため に なる ん じゃ ない か と

努力 は 自分 を 裏切ら ない

夢 を 裏切る こと は ある けど な え ッ ?

努力 し て も 夢 が かなう と は かぎら ない

むしろ かなわない こと の ほう が 多い だ ろ

でも 頑張った 事実 が ありゃ 慰め に は なる

ただ の 自己 満足 よ 甘い の ね 気持ち 悪い

( ノック )

やっ は ろ ~

何 か 何 あまり 歓迎 さ れ て ない ?

雪ノ下 さん 私 の こと 嫌い ?

別に 嫌い じゃ ない わ ちょっと 苦手 かしら

それ 女子 言葉 じゃ 同じ こと だ から ね !

で 何 か 用 かしら

こない だ の お 礼 って の ? クッキー 作って き た から

私 あまり 食欲 が …\ N やって みる と 楽しい よ ね

今度 お 弁当 と か 作っちゃ お っか な

で さ ゆき の ん 部室 で お 昼 一緒 に 食べよ う よ

私 は 1 人 で 食べる の が 好き だ から そういう の は ちょっと

それ から ゆき の ん て 気持ち 悪い から やめ て

ゆき の ん 私 も 放課後 と か 暇 だ し 部活 手伝う ね

これ も お 礼 だ から 話 聞い てる ? 由比 ヶ 浜 さん

ヒッキー

一応 お礼 の 気持ち

ヒッキー も 手伝って くれ た し

ま がま が しい な おい

< そこはかとなく 不吉 だ が >

< お 礼 と いう なら ありがたく もらって おこ う >

う ッ …

< あと ヒッキー って 言う な >

♪♪~

≪ はっきり し ない 態度 って 結構 イラッ とく ん だ よ ね

つい 類人猿 の 威嚇 だ と 思って しまった わ

( 材木 座 ) 見下げ 果て た ぞ 八幡 あれ は 中 二 病 だ

中 二 病 ? ゆき の ん 逃げ て ~

( 材木 座 ) ゴラム ゴラム 大体 分かった わ

あなた の 依頼 は その 心 の 病 を

治す って こと で いい の かしら


×

LingQをより快適にするためCookieを使用しています。サイトの訪問により同意したと見なされます cookie policy.