image

艦隊これくしょん, Kantai Collection Episode 3

いよいよ 始まる の です ね

分かり まし た

至急 任務 に 当たる 部隊 を 選定 いたし ます

水 雷 魂 か

いい だ ろ う

第 三 水 雷 戦 隊 旗 艦 神 通

はい

このまま 出撃 準備 に 入る

今度 の 作戦 は お前 たち に かかって いる

朝 の 光 眩 しく て

Wake up

言葉 も 無く て ただ 波 の 音 聞い て た

記憶 の 意味 試さ れ て いる みたい に

闇 の 中 でも 思い出す

前 に 進む ん だ 見て い て よ

So repeat me we will be graduated

そんな 風 に 考え て い た の

憧れ 抜 錨 未来

絶望 喪失 別離

いく つ も の 悲しみ と 海 を 越え

たとえ 世界 の すべて が 海 色 に 溶け て も

きっと あなた の 声 が する

大丈夫 帰 ろ う って でも

世界 が すべて 反転 し て いる の なら

それ でも あなた と 真っ直ぐ に 前 を 見 て て

今 願い 込め た 一撃 爆ぜ た

どう し た の 吹雪 ちゃん

作戦 説明 って 初めて だ から

ちょっと き … 緊張 し てる で ご ざる

吹雪 ちゃん また 口調 変わって る っぽい

え 私 何 か 変 ?

気づ い て ない っぽい ?

大丈夫 だ よ

さ 早く 入 ろ う

睦月 ちゃん

如月 ちゃん

もし かして 如月 ちゃん も この 作戦 に ?

ええ

久しぶり に 一緒 だ ね

そう ね

相変わらず あの 二 人

あたし たち 姉妹 の 中 でも べったり コンビ だ よ な

羨ま しく なんか … ない

吹雪 ちゃん は 二 人 初めて っぽい ?

望月 で ー す

弥生 です 気 を 遣わ なく て いい です

吹雪 です よろしく お 願い いたし ます

敬礼

秘書 艦 の 長門 だ

さっそく だ が お前 たち に 提督 から の 作戦 を 伝える

先日 の 敵 棲 地 発見 と 殲滅 に より

近 在 の 深海 棲 艦 の 拠点 が 移送 さ れ た こと は 皆 も 承知 の こと と 思う

先日 の …

これ に より 近々 大規模 反攻 作戦 が 発令 さ れる 見通し と なった

本 作戦 は その 試金石 と も なる 作戦 で ある

目標 は ここ

ウ 島 だ

この 島 を 守備 し て いる 敵 水 雷 戦 隊 を 夜 戦 に よる 奇襲 で 殲滅 し て もらい たい

やった 待ちに待った 夜 戦 だ

姉さん

基本 の 作戦 は 第 三 水 雷 戦 隊 が 囮 と なり

敵 を 引き付け て 転身

第 四 水 雷 戦 隊 が 展開 する 海域 まで 誘導 し 二 隊 で 挟 撃 する

ウ 島 を 攻略 でき れ ば 哨戒 線 を 仕上げ さらなる 作戦 展開 が 可能 と なる

覚悟 は いい か

夜 戦 の 奇襲 か

緊張 する ね

吹雪 ちゃん 顔色 悪 すぎ っぽい

そんなに 心配 し なく て も

三水 戦 の みんな 出撃 する の ね

夜 戦 だ と 聞い た の です

だから これ 吹雪 さん に 食べ て ほしい の です

ありがとう これ って ?

ブルーベリー

目 に いい って いう でしょ う

これ で 夜 戦 も バッチリ な ん だ から

吹雪 ちゃん 出撃 です って ?

はい

これ よかったら もらって

お守り

敵 の 砲弾 が 当たら ない おまじない です

実は 中 に 愛宕 ちゃん の

高雄 ちゃん

私 たち から も 無事 を 祈ら せ て ください

ありがとう ござい ます

はい どうぞ

たくさん 食べ て ね

私 頼 ん で …

吾輩 から じゃ

悔い の ない よう 思う存分 食べ て おけ

武運 長久 を 祈る ぞ

あ … ありがとう ござい ます

喜んで もらって よかった わ ね

吹雪 ちゃん 大 人気 っぽい

って いう か

退き なさい 北上 さん の 邪魔 よ

す … すみません

お 見舞い 品 か

次 の 作戦 で 被弾 する 可能 性 が 一 番 高い の この 子 だ し ね

吹雪 ちゃん しっかり だ よ

まあ 今更 じたばた し て も しょうがない し 気楽 に やれ ば ?

いい こと 北上 さん が 私 と の 時間 を 割 い て まで 教え た ん だ から

一 発 ぐらい は 当て て 帰り なさい よ ね

はい

私 訓練 し て くる

だめ っぽい

今晩 は 明日 に 備え て ゆっくり 休め って 言わ れ た っぽい

でも 私 みんな の 足 引っ張っちゃ う し

そんな こと ない よ

睦月 ちゃん ?

大丈夫 きっと できる

吹雪 ちゃん あんな 一生懸命 特訓 し た ん だ もん

でも

私 は 信じ てる

自信 を 持って

吹雪 ちゃん なら 絶対 大丈夫 だ よ

睦月 ちゃん

うん

吹雪 ちゃん もう 平気 っぽい ?

うん 睦月 ちゃん の おかげ だ よ

私 は ただ 昔 如月 ちゃん に

同じ ように 信じ てる って 言って もらって

すごく 元気 に なれ た から

如月 ちゃん が ?

あの ね 私 睦月 型 の 一 番 艦 な ん だ けど

如月 ちゃん の ほう が ちょっと だけ 就 役 が 早い お 姉さん な の

何 か 珍しい っぽい

それ で 私 が 鎮守 府 に 着任 し て すぐに 実戦 が あって

何にも し ない うち に 先輩 たち が 片付け て くれ た けど

私 小破 し ちゃ った の

そ したら 如月 ちゃん が 付きっきり で 面倒 を 見 て くれ て

励まし て くれ て

すごく 感謝 し てる の

まるで 私 と 睦月 ちゃん みたい だ ね

私 なんて 全然

そんな こと ない よ

睦月 ちゃん が い て くれ た から 私 頑張れ た ん だ もん

吹雪 ちゃん

夕立 邪魔 っぽい ?

もちろん 夕立 ちゃん も 本当 に 感謝 し てる から

取って つけ た っぽい

本当 です

うそ っぽい

本当 に 本当 です

うそ っぽい

頑張って い ます ね

赤城 先輩

ち ょ … ちょっと だけ おさらい し たく て

みんな に 特訓 し て もらった のに 私 …

ちょっと 見て い て くれる ?

すごい です

正 射 必中 と いう 言葉 が あり ます

正しい 姿勢 で いれ ば 自ずと 矢 は 当たる と いう こと の 意味 です けれど

私 は きちんと 訓練 すれ ば 結果 は 必ず ついてくる

そういう 意味 だ と 思って い ます

正 射 必中

自分 で 十 分 に 訓練 し た と 思える の なら

ただ 任せ て み て

体 が きっと 覚え て いる から

はい

ところで あの

赤城 先輩 どうして こんなに 朝 早く から

お … おはよう

たまたま 早起き し たら ドア の 前 で ノック しよ う と して い た 彼女 が い て

私 は 如月 ちゃん だったら

こう する かも って そう 思った だけ だ から

睦月 ちゃん

どう し まし た ?

私 睦月 ちゃん に お 世話 に なり っぱなし で

どう し たら 恩返し できる の か なって

私 な ん か い いよ

でも 私 も 同じ こと 考え て た か も

如月 ちゃん や 先輩 たち に どう やって お 礼 し たら い い ん だ ろ う って

誰 も 恩返し など 望 ん で い ませ ん

だから ただ 言え ば いい の です

ありがとう って

思って いる こと を 素直 に

それ だけ で い い ん です か

私 たち 艦 娘 は 存在 し た その 瞬間 から 戦う こと を 運命 づけ られ て い ます

反攻 作戦 が 開始 さ れ れ ば 戦闘 は 激化 する でしょ う

今 この 鎮守 府 に いる 艦 娘 たち も どれ だけ が 無事 で い られる か

でも それ でも 私 は 艦 娘 で よかった と 思い ます

大切 な 人 達 を 守る こと が できる

大好き な 仲間 と 一緒 に 戦え る の だ から

鋼 の 艤装 は 戦う ため に

高鳴る 血潮 は 守る ため に

秘め た 心 は 愛 する ため に

ありがとう 大好き 素敵 嬉しい

大切 な 人 へ の 大切 な 気持ち を 伝える こと を 躊躇 わ ない で

明日 会え なく なる かも しれ ない 私 達 だ から

はい

ありがとう 睦月 ちゃん 大好き だ よ

わたし も 大好き

それ から あの 赤城 先輩

わたし 先輩 の こと を 尊敬 し て ます

いつか 同じ 艦隊 で 戦い たい です

ありがとう 待って い ます ね

はい

さあ 夜 戦 だ 夜 戦 だ 腕 が 鳴る

わたし も 体 が 火照って しまい ます

誘き出す の は 任せ て ね

那珂 ちゃん の 魅力 で みんな 誘惑 し ちゃ う から

それ は 不安 だ クマ

みんな 置 い て か ない で ね

大丈夫 に ゃ ん 問題 に ゃ い

本当 に

ねえ 如月 ちゃん

な ー に

あの ね この 作戦 が 終わったら お 話 し たい こと が ある ん だ

あら 愛 の 告白 かしら

違う よ

って あんまり 違 く ない けど でも あの …

わかった わ 約束 ね

作戦 開始 予定 時刻 です

ウ 島 攻略 作戦 を 発動 する

第 三 第 四 水 雷 戦 隊 出撃 せよ

はい

み ー けん

気づかれ て ませ ん よ ね

うん 今日 は お忍び だ もん ね

作戦 通り

ここ で 敵 の 動向 を 探り つつ 夜 を 待ち ます

姉さん 零 式 水 偵 を

はい よ

お 願い し ます ね

行け

吹雪 ちゃん 夕立 ちゃん 睦月 ちゃん

あなた たち に は 交代 で 目 視 に よる 哨戒 を お 願い し ます

はい

ねえ 夕立 ちゃん

わたし 夕立 ちゃん の こと 大好き

唐突 すぎる

睦月 ちゃん 緊張 で 壊れ ちゃ った っぽい ?

違う よ 実は ね 今朝 …

水 偵 が なかなか 戻ら ない ね

収録 が 押し てる の か な

すこし 心配 です ね

で 赤城 先輩 が

そんな こと が あった ん だ

ちょっと 素敵 っぽい

でしょう

それ で 思った の 睦月 夕立 ちゃん に は あんまり 言え て なかった なって

そういう こと なら わたし だって

睦月 ちゃん たち の こと す …

ウソ

どう し た 特 型 駆逐 艦

10 時 の 方向 敵機 です

そんな ヲ 級 に 動き は なかった はず

どこ から

それ より も 偵察 機 に 発見 さ れ た って こと は

敵 の 艦隊 が 動き出し た よ

指令 部 に 打電 を

バカ な

どう する

三水 戦 が 敵 に 発見 さ れ た 時点 で 奇襲 作戦 は 破綻 よ

四 水 戦 を 動かし て 正面 対決 に 持ち込む ?

いや 三水 戦 を 下がら せる

全速力 で 現 海域 を 離脱 する よう 伝え て くれ

でも 敵 は 軽 巡 2 駆逐 艦 4 計 6 隻

2 隊 合わせ れ ば 押し きれ る と 思う けど

それ だけ なら な

姉さん あれ

ウソ

ヌ 級 が 2 隻 も

発見 さ れ た よ

くる

輪 形 陣

全 艦 対空 戦闘 用意

撃ち 方 始め

帰る ん だ 絶対 みんな と 一緒 に

空母 が 2 隻 ?

やはり か

このまま だ と 三水 戦 は 敵 の 水 雷 戦 隊 に も 追いつか れ て

挟み撃ち に

さ せ ない さ

四 水 戦 に 打電

敵 水 雷 戦 隊 の 足止め を

でも この あと は どう する の

ここ から 増 援 を 出し て も 間に合わ ない

いや まだ 手 は ある

敵 水 雷 戦 隊 を 発見 し た クマ

砲 雷 撃 戦 用意

睦月 ちゃん

みんな ここ で 食い止める から

撃て

那珂 ちゃん は みんな の もの な ん だ から

そんなに 攻撃 し ちゃ ダメ な ん だ よ

ぶん ぶん 煩 く て 落とす の 難しい っぽい

ねえ 吹雪 ちゃん

絶対 絶対 に 一緒 に お家 に 帰り ま しょ う

はい

睦月 魚雷 その 位置 から なら

撃て

睦月 ちゃん

吹雪 ちゃん 魚雷

正 射 必中 だ よ

自分 を 信じ て

お 願い 当って ください

みんな 今

撃て

やった

気 を 抜か ない で まだ 敵 は …

三 式 弾 ?

水平 線 の 向こう から

間に合った か

主砲 一 斉 射

すごい

そう だ わ やっぱり

遠征 に 出 て た 第 二 艦隊 です

そう か この 海域 の 近く まで 戻って き て た ん だ

見る クマ

敵 の 残存 艦 が 撤退 し て いく クマ

良かった これ で もう 大丈夫 そう

いや だ 髪 の 毛 が 傷 ん じゃ

待って て ね 如月 ちゃん

如月 の こと を 忘れ ない で ね

金星 を とった そう で は ない か

よく やった のう 吹雪

すごい の です

ハラ ショー

みんな の お陰 です

本当 に ありがとう ござい まし た

本当 に すごい わ

ありがとう ござい まし た

なかなか やる じゃ ない

四 水 戦 の 皆さん は まだ ?

ああ まだ じゃ

わかり まし た

睦月 ちゃん どこ 行く の

岬 一 番 最初 に 如月 ちゃん たち を お迎え し たい ん だ

眠れ ぬ 夜 を 越え て

待って わたし も

それ で 言う ん だ

大好き です ありがとう って

星 を 見上げ 続け て た

きっと 如月 ちゃん 最初 は 驚く よ ね

でも きっと その後 す っ ごく 照れ て 笑って くれる はず

幾多 の 別れ こえ て

波 を 見つめ 続け て た

言って おら ぬ の か

まだ 確定 し て ませ ん から

さあ こぼれる 朝日 が 僕ら を 待って る

希望 が すこし で も ある うち は

じゃ が その ほう が 残酷 な こと も ある ぞ

時 の 向こう で は

提督 ご 報告 いたし ます

忘れ ない よ 二 人 の ひだまり

本日 一五四二 ウ 島 沖 56 キロ の 海域 にて

思い出す よ ね 髪 なでる 風 を

駆逐 艦 如月 敵 艦載機 の 爆撃 に より

大破 炎上

ねえ 二 人 の 証し は 消える 事 ない

夕張 たち は 捜索 を 続け て い まし た が もはや 絶望 的 と 判断 し

11 分 前 に 捜索 を 断念 し まし た

轟 沈 です



Want to learn a language?


Learn from this text and thousands like it on LingQ.

  • A vast library of audio lessons, all with matching text
  • Revolutionary learning tools
  • A global, interactive learning community.

LingQでオンライン語学学習

いよいよ 始まる の です ね

分かり まし た

至急 任務 に 当たる 部隊 を 選定 いたし ます

水 雷 魂 か

いい だ ろ う

第 三 水 雷 戦 隊 旗 艦 神 通

はい

このまま 出撃 準備 に 入る

今度 の 作戦 は お前 たち に かかって いる

朝 の 光 眩 しく て

Wake up

言葉 も 無く て ただ 波 の 音 聞い て た

記憶 の 意味 試さ れ て いる みたい に

闇 の 中 でも 思い出す

前 に 進む ん だ 見て い て よ

So repeat me we will be graduated

そんな 風 に 考え て い た の

憧れ 抜 錨 未来

絶望 喪失 別離

いく つ も の 悲しみ と 海 を 越え

たとえ 世界 の すべて が 海 色 に 溶け て も

きっと あなた の 声 が する

大丈夫 帰 ろ う って でも

世界 が すべて 反転 し て いる の なら

それ でも あなた と 真っ直ぐ に 前 を 見 て て

今 願い 込め た 一撃 爆ぜ た

どう し た の 吹雪 ちゃん

作戦 説明 って 初めて だ から

ちょっと き … 緊張 し てる で ご ざる

吹雪 ちゃん また 口調 変わって る っぽい

え 私 何 か 変 ?

気づ い て ない っぽい ?

大丈夫 だ よ

さ 早く 入 ろ う

睦月 ちゃん

如月 ちゃん

もし かして 如月 ちゃん も この 作戦 に ?

ええ

久しぶり に 一緒 だ ね

そう ね

相変わらず あの 二 人

あたし たち 姉妹 の 中 でも べったり コンビ だ よ な

羨ま しく なんか … ない

吹雪 ちゃん は 二 人 初めて っぽい ?

望月 で ー す

弥生 です 気 を 遣わ なく て いい です

吹雪 です よろしく お 願い いたし ます

敬礼

秘書 艦 の 長門 だ

さっそく だ が お前 たち に 提督 から の 作戦 を 伝える

先日 の 敵 棲 地 発見 と 殲滅 に より

近 在 の 深海 棲 艦 の 拠点 が 移送 さ れ た こと は 皆 も 承知 の こと と 思う

先日 の …

これ に より 近々 大規模 反攻 作戦 が 発令 さ れる 見通し と なった

本 作戦 は その 試金石 と も なる 作戦 で ある

目標 は ここ

ウ 島 だ

この 島 を 守備 し て いる 敵 水 雷 戦 隊 を 夜 戦 に よる 奇襲 で 殲滅 し て もらい たい

やった 待ちに待った 夜 戦 だ

姉さん

基本 の 作戦 は 第 三 水 雷 戦 隊 が 囮 と なり

敵 を 引き付け て 転身

第 四 水 雷 戦 隊 が 展開 する 海域 まで 誘導 し 二 隊 で 挟 撃 する

ウ 島 を 攻略 でき れ ば 哨戒 線 を 仕上げ さらなる 作戦 展開 が 可能 と なる

覚悟 は いい か

夜 戦 の 奇襲 か

緊張 する ね

吹雪 ちゃん 顔色 悪 すぎ っぽい

そんなに 心配 し なく て も

三水 戦 の みんな 出撃 する の ね

夜 戦 だ と 聞い た の です

だから これ 吹雪 さん に 食べ て ほしい の です

ありがとう これ って ?

ブルーベリー

目 に いい って いう でしょ う

これ で 夜 戦 も バッチリ な ん だ から

吹雪 ちゃん 出撃 です って ?

はい

これ よかったら もらって

お守り

敵 の 砲弾 が 当たら ない おまじない です

実は 中 に 愛宕 ちゃん の

高雄 ちゃん

私 たち から も 無事 を 祈ら せ て ください

ありがとう ござい ます

はい どうぞ

たくさん 食べ て ね

私 頼 ん で …

吾輩 から じゃ

悔い の ない よう 思う存分 食べ て おけ

武運 長久 を 祈る ぞ

あ … ありがとう ござい ます

喜んで もらって よかった わ ね

吹雪 ちゃん 大 人気 っぽい

って いう か

退き なさい 北上 さん の 邪魔 よ

す … すみません

お 見舞い 品 か

次 の 作戦 で 被弾 する 可能 性 が 一 番 高い の この 子 だ し ね

吹雪 ちゃん しっかり だ よ

まあ 今更 じたばた し て も しょうがない し 気楽 に やれ ば ?

いい こと 北上 さん が 私 と の 時間 を 割 い て まで 教え た ん だ から

一 発 ぐらい は 当て て 帰り なさい よ ね

はい

私 訓練 し て くる

だめ っぽい

今晩 は 明日 に 備え て ゆっくり 休め って 言わ れ た っぽい

でも 私 みんな の 足 引っ張っちゃ う し

そんな こと ない よ

睦月 ちゃん ?

大丈夫 きっと できる

吹雪 ちゃん あんな 一生懸命 特訓 し た ん だ もん

でも

私 は 信じ てる

自信 を 持って

吹雪 ちゃん なら 絶対 大丈夫 だ よ

睦月 ちゃん

うん

吹雪 ちゃん もう 平気 っぽい ?

うん 睦月 ちゃん の おかげ だ よ

私 は ただ 昔 如月 ちゃん に

同じ ように 信じ てる って 言って もらって

すごく 元気 に なれ た から

如月 ちゃん が ?

あの ね 私 睦月 型 の 一 番 艦 な ん だ けど

如月 ちゃん の ほう が ちょっと だけ 就 役 が 早い お 姉さん な の

何 か 珍しい っぽい

それ で 私 が 鎮守 府 に 着任 し て すぐに 実戦 が あって

何にも し ない うち に 先輩 たち が 片付け て くれ た けど

私 小破 し ちゃ った の

そ したら 如月 ちゃん が 付きっきり で 面倒 を 見 て くれ て

励まし て くれ て

すごく 感謝 し てる の

まるで 私 と 睦月 ちゃん みたい だ ね

私 なんて 全然

そんな こと ない よ

睦月 ちゃん が い て くれ た から 私 頑張れ た ん だ もん

吹雪 ちゃん

夕立 邪魔 っぽい ?

もちろん 夕立 ちゃん も 本当 に 感謝 し てる から

取って つけ た っぽい

本当 です

うそ っぽい

本当 に 本当 です

うそ っぽい

頑張って い ます ね

赤城 先輩

ち ょ … ちょっと だけ おさらい し たく て

みんな に 特訓 し て もらった のに 私 …

ちょっと 見て い て くれる ?

すごい です

正 射 必中 と いう 言葉 が あり ます

正しい 姿勢 で いれ ば 自ずと 矢 は 当たる と いう こと の 意味 です けれど

私 は きちんと 訓練 すれ ば 結果 は 必ず ついてくる

そういう 意味 だ と 思って い ます

正 射 必中

自分 で 十 分 に 訓練 し た と 思える の なら

ただ 任せ て み て

体 が きっと 覚え て いる から

はい

ところで あの

赤城 先輩 どうして こんなに 朝 早く から

お … おはよう

たまたま 早起き し たら ドア の 前 で ノック しよ う と して い た 彼女 が い て

私 は 如月 ちゃん だったら

こう する かも って そう 思った だけ だ から

睦月 ちゃん

どう し まし た ?

私 睦月 ちゃん に お 世話 に なり っぱなし で

どう し たら 恩返し できる の か なって

私 な ん か い いよ

でも 私 も 同じ こと 考え て た か も

如月 ちゃん や 先輩 たち に どう やって お 礼 し たら い い ん だ ろ う って

誰 も 恩返し など 望 ん で い ませ ん

だから ただ 言え ば いい の です

ありがとう って

思って いる こと を 素直 に

それ だけ で い い ん です か

私 たち 艦 娘 は 存在 し た その 瞬間 から 戦う こと を 運命 づけ られ て い ます

反攻 作戦 が 開始 さ れ れ ば 戦闘 は 激化 する でしょ う

今 この 鎮守 府 に いる 艦 娘 たち も どれ だけ が 無事 で い られる か

でも それ でも 私 は 艦 娘 で よかった と 思い ます

大切 な 人 達 を 守る こと が できる

大好き な 仲間 と 一緒 に 戦え る の だ から

鋼 の 艤装 は 戦う ため に

高鳴る 血潮 は 守る ため に

秘め た 心 は 愛 する ため に

ありがとう 大好き 素敵 嬉しい

大切 な 人 へ の 大切 な 気持ち を 伝える こと を 躊躇 わ ない で

明日 会え なく なる かも しれ ない 私 達 だ から

はい

ありがとう 睦月 ちゃん 大好き だ よ

わたし も 大好き

それ から あの 赤城 先輩

わたし 先輩 の こと を 尊敬 し て ます

いつか 同じ 艦隊 で 戦い たい です

ありがとう 待って い ます ね

はい

さあ 夜 戦 だ 夜 戦 だ 腕 が 鳴る

わたし も 体 が 火照って しまい ます

誘き出す の は 任せ て ね

那珂 ちゃん の 魅力 で みんな 誘惑 し ちゃ う から

それ は 不安 だ クマ

みんな 置 い て か ない で ね

大丈夫 に ゃ ん 問題 に ゃ い

本当 に

ねえ 如月 ちゃん

な ー に

あの ね この 作戦 が 終わったら お 話 し たい こと が ある ん だ

あら 愛 の 告白 かしら

違う よ

って あんまり 違 く ない けど でも あの …

わかった わ 約束 ね

作戦 開始 予定 時刻 です

ウ 島 攻略 作戦 を 発動 する

第 三 第 四 水 雷 戦 隊 出撃 せよ

はい

み ー けん

気づかれ て ませ ん よ ね

うん 今日 は お忍び だ もん ね

作戦 通り

ここ で 敵 の 動向 を 探り つつ 夜 を 待ち ます

姉さん 零 式 水 偵 を

はい よ

お 願い し ます ね

行け

吹雪 ちゃん 夕立 ちゃん 睦月 ちゃん

あなた たち に は 交代 で 目 視 に よる 哨戒 を お 願い し ます

はい

ねえ 夕立 ちゃん

わたし 夕立 ちゃん の こと 大好き

唐突 すぎる

睦月 ちゃん 緊張 で 壊れ ちゃ った っぽい ?

違う よ 実は ね 今朝 …

水 偵 が なかなか 戻ら ない ね

収録 が 押し てる の か な

すこし 心配 です ね

で 赤城 先輩 が

そんな こと が あった ん だ

ちょっと 素敵 っぽい

でしょう

それ で 思った の 睦月 夕立 ちゃん に は あんまり 言え て なかった なって

そういう こと なら わたし だって

睦月 ちゃん たち の こと す …

ウソ

どう し た 特 型 駆逐 艦

10 時 の 方向 敵機 です

そんな ヲ 級 に 動き は なかった はず

どこ から

それ より も 偵察 機 に 発見 さ れ た って こと は

敵 の 艦隊 が 動き出し た よ

指令 部 に 打電 を

バカ な

どう する

三水 戦 が 敵 に 発見 さ れ た 時点 で 奇襲 作戦 は 破綻 よ

四 水 戦 を 動かし て 正面 対決 に 持ち込む ?

いや 三水 戦 を 下がら せる

全速力 で 現 海域 を 離脱 する よう 伝え て くれ

でも 敵 は 軽 巡 2 駆逐 艦 4 計 6 隻

2 隊 合わせ れ ば 押し きれ る と 思う けど

それ だけ なら な

姉さん あれ

ウソ

ヌ 級 が 2 隻 も

発見 さ れ た よ

くる

輪 形 陣

全 艦 対空 戦闘 用意

撃ち 方 始め

帰る ん だ 絶対 みんな と 一緒 に

空母 が 2 隻 ?

やはり か

このまま だ と 三水 戦 は 敵 の 水 雷 戦 隊 に も 追いつか れ て

挟み撃ち に

さ せ ない さ

四 水 戦 に 打電

敵 水 雷 戦 隊 の 足止め を

でも この あと は どう する の

ここ から 増 援 を 出し て も 間に合わ ない

いや まだ 手 は ある

敵 水 雷 戦 隊 を 発見 し た クマ

砲 雷 撃 戦 用意

睦月 ちゃん

みんな ここ で 食い止める から

撃て

那珂 ちゃん は みんな の もの な ん だ から

そんなに 攻撃 し ちゃ ダメ な ん だ よ

ぶん ぶん 煩 く て 落とす の 難しい っぽい

ねえ 吹雪 ちゃん

絶対 絶対 に 一緒 に お家 に 帰り ま しょ う

はい

睦月 魚雷 その 位置 から なら

撃て

睦月 ちゃん

吹雪 ちゃん 魚雷

正 射 必中 だ よ

自分 を 信じ て

お 願い 当って ください

みんな 今

撃て

やった

気 を 抜か ない で まだ 敵 は …

三 式 弾 ?

水平 線 の 向こう から

間に合った か

主砲 一 斉 射

すごい

そう だ わ やっぱり

遠征 に 出 て た 第 二 艦隊 です

そう か この 海域 の 近く まで 戻って き て た ん だ

見る クマ

敵 の 残存 艦 が 撤退 し て いく クマ

良かった これ で もう 大丈夫 そう

いや だ 髪 の 毛 が 傷 ん じゃ

待って て ね 如月 ちゃん

如月 の こと を 忘れ ない で ね

金星 を とった そう で は ない か

よく やった のう 吹雪

すごい の です

ハラ ショー

みんな の お陰 です

本当 に ありがとう ござい まし た

本当 に すごい わ

ありがとう ござい まし た

なかなか やる じゃ ない

四 水 戦 の 皆さん は まだ ?

ああ まだ じゃ

わかり まし た

睦月 ちゃん どこ 行く の

岬 一 番 最初 に 如月 ちゃん たち を お迎え し たい ん だ

眠れ ぬ 夜 を 越え て

待って わたし も

それ で 言う ん だ

大好き です ありがとう って

星 を 見上げ 続け て た

きっと 如月 ちゃん 最初 は 驚く よ ね

でも きっと その後 す っ ごく 照れ て 笑って くれる はず

幾多 の 別れ こえ て

波 を 見つめ 続け て た

言って おら ぬ の か

まだ 確定 し て ませ ん から

さあ こぼれる 朝日 が 僕ら を 待って る

希望 が すこし で も ある うち は

じゃ が その ほう が 残酷 な こと も ある ぞ

時 の 向こう で は

提督 ご 報告 いたし ます

忘れ ない よ 二 人 の ひだまり

本日 一五四二 ウ 島 沖 56 キロ の 海域 にて

思い出す よ ね 髪 なでる 風 を

駆逐 艦 如月 敵 艦載機 の 爆撃 に より

大破 炎上

ねえ 二 人 の 証し は 消える 事 ない

夕張 たち は 捜索 を 続け て い まし た が もはや 絶望 的 と 判断 し

11 分 前 に 捜索 を 断念 し まし た

轟 沈 です


×

LingQをより快適にするためCookieを使用しています。サイトの訪問により同意したと見なされます cookie policy.