image

艦隊これくしょん, Kantai Collection Episode 2

如月 弥生 望月 遅れ ない で

よし

川内 さん 早起き です ね

まさか これ から 寝る ところ

何 トレーニング

はい 少し でも みんな に 追い つい て

迷惑 かけ ない よう に し なきゃ いけ ませ ん から

元気 だ ね

よ ー し 頑張る ぞ

目指せ MVP

朝 の 光 眩 しく て

Wake up

言葉 も 無く て ただ 波 の 音 聞い て た

記憶 の 意味 試さ れ て いる みたい に

闇 の 中 でも 思い出す

前 に 進む ん だ 見て い て よ

So repeat me we will be graduated

そんな 風 に 考え て い た の

憧れ 抜 錨 未来

絶望 喪失 別離

いく つ も の 悲しみ と 海 を 越え

たとえ 世界 の すべて が 海 色 に 溶け て も

きっと あなた の 声 が する

大丈夫 帰 ろ う って でも

世界 が すべて 反転 し て いる の なら

それ でも あなた と 真っ直ぐ に 前 を 見 て て

今 願い 込め た 一撃 爆ぜ た

電 リボン 曲がって る わ

ありがとう な の です

吹雪 ちゃん 見せ て っぽい

また

だめ だ よ 昨日 一緒 に やろ う って 言った のに

やら なかった の 夕立 ちゃん よ

睦月 ちゃん ケチ っぽい

夕立 また 宿題 やって こ なかった の

ぽ い

おはよう な の です

おはよう

おはよう

如月 ちゃん

聞い て 夕立 ちゃん また 宿題 やって こ なかった ん だ よ

そう な ん だ

睦月 ちゃん 如月 ちゃん の こと 好き だ よ ね

姉妹 艦 だ からっぽ いし ね

お っ は よ ー

もう 大声 出さ ない で

レディー に は レディー の 振る舞い が ある ん だ から

あれ 暁 ちゃん また 背 縮 ん だ

縮ま ない わ よ もう

ハラ ショー

はい じゃあ 昨日 やった ところ から 続き やる わ よ

夕立

は はい

問題 よ

我が 水 雷 戦 隊 の 主 兵 装 酸素 魚雷 の 優位 性 は

でき たら さっき 罰 と して 出し た 追加 の 宿題

半分 に し て あげる わ よ

ほ … 本当

え … えっ と えっ と …

昨日 の 授業 飢え た 狼 の よう に 聞い て い れ ば

ちゃんと できる はず だ けど なあ

そう 思う っぽい の です が っぽい

ぽい ぽい うるさい と 20 センチ 砲 で ぽ いし ちゃ う わ よ

ぽ い

足柄 さん 機嫌 悪い ね

この 前 の 合 コン また 失敗 し た って ど …

私 語 は 厳禁 よ

ぽ い

圧倒 的 超 射程

圧倒 的 超 射程

そして 雷 速

そして 雷 速

炸薬 量 でも 優位

炸薬 量 でも 優位 っぽい

正解 よ

じゃ 吹雪

はい

酸素 魚雷 に は もう 一 つ 大きな 優位 性 が ある わ ね 何かしら

えっ と 普通 の 魚雷 と 違って 圧縮 空気 じゃ なく て 酸素 を 使って い ます

な の で 発射 後 排出 さ れる の は 二 酸化 炭素 に なり ます ね

これ は 海水 で 溶け やすい ので 敵 に 雷 跡 が 発見 さ れ にくい

つまり 攻撃 の 隠密 性 が 高く て

よく 勉強 し て いる わ ね

知識 は 十分 な のに どうして

こう なって しまう の じゃ

重心 を 落とせ と 言って おる だ ろ う

姉さん あの 子 は トップ ヘビー な ん だ から

大 目 に 見 て あげ ない と

分かって おる

もう 一 回 お 願い し ます

根性 は ある ん だ が な

大丈夫 このまま だ と 吹雪 ちゃん 行っちゃ う か も

そう だ よ ね

あの 特 型 駆逐 艦 しばらく 三水 戦 に いる ん だ よ ね

提督 は そう おっしゃって い まし た けれど

アイドル の オーラ が ない な

センター の 座 は 安泰 だ ね

な 長門 秘書 艦

那珂 ちゃん で ー す

どう だ

だいぶ 苦戦 し て いる よう です

そう か

提督 は 何 を お 考え な の でしょ う

特 型 駆逐 艦 は これ から の 戦い に 必ず 必要 と なる 艦隊 型 駆逐 艦

提督 が 期待 さ れる の も 分かる

ただ

だめ だ

落ち込ま ない で

蜜柑 あげる っぽい

睦月 も ね 最初 は 失敗 し たり 怖かった こと も あった ん だ よ

だから 吹雪 ちゃん も きっと 練習 すれ ば うまく なる はず だ よ

そう かな

でも こんな 艦 娘 は 初めて だって 噂 に なって る って

誰 が そんな こと

夕立 ちゃん が

夕立 ちゃん

嘘 言って も しょうがない っぽい

やっぱり そう なん だ ね

利根 さん は なんて

吾輩 を 筆頭 に 鎮守 府 に は いい お 手本 が たくさん いる から それ を 見 て 学べ って

お 手本 か

赤城 先輩 は

お 手本 の ため に 赤城 先輩 を 見 に 行く と いう の は どう だ ろ う か

吹雪 ちゃん 口調 変わって る っぽい

でも 赤城 先輩 は 正規 空母 だ し

でも かっこいい よ

ここ

い ない

加賀 さん が ここ だって 言って た けど

吹雪 ちゃん は 本当 に 赤城 先輩 が 好き な ん だ ね

好き って いう か 憧れ

憧れ

うん 私 も あんな ふう に みんな を 守れ たら 素敵 な の に なって

駆逐 艦 に は 無理 っぽい

それ は 分かって いる けど

赤城 先輩 かな

あら

あ あなた は

こんにちは

えっ と 確か 新しく 入った 駆逐 艦 の

吹雪 です

そう そう 吹雪 ちゃん

どう し た の ドック に 来る なんて もし かして 被弾 し た

鼻 の ところ ちょっと 赤く なって る

いや これ は

早く 入った ほう が いい わ よ 今 空 い てる から

いや でも

はい 万歳 し て

万歳

万歳

万歳

吹雪 抜 錨 し ます

ち ょ ちょっと

さ 脱 い で 脱 い で あげる

どう しよ う

下 も 万 歳

戻って る しか ない っぽい

ば 万 歳

どう しよ う

ここ に 入れ って こと かな

暖かい

なんか 不思議 な 感じ

体 が 包ま れる って いう か

体 が 軽く なる って いう か

なんか 気持ちよ すぎ て

気持 よ さ そう です ね

あ あ 赤城 先輩

ダメージ を 受け た の です か

あ いや 実は 全然 入 渠 の 予定 なんか なく て

赤城 先輩 は

昨日 の 戦い で 敵 の 魚雷 を 受け て しまって

迂闊 で し た

昨日

こ こんなに かかる ん です か

何で すか

高速 修復 材 よ 提督 が 入れ て くださった の ね

上々 ね

それ 食べる ん です か

いただき ます

おいしい

どう かしま し た か

いえ 赤城 先輩 って やっぱり 素敵 だ なって 思って

どうして です

どうして も です

いただき ます

じゃあ 赤城 先輩 と ご飯 食べ て き た っぽい

うん

噂 だ けど 赤城 先輩 って 見かけ に よら ず すごい 大 食い だ と か

私 も 聞い た こ と ある っぽい

どう な の

それ は 秘密

明日 から 頑張 ろ う っと

赤城 先輩 も 同じ 艦 娘 な ん だ もん

私 に も きっと できる よ

じゃあ お 休み

どういう こと

さあ

特 型 駆逐 艦

特訓 だ よ

特 型 駆逐 艦 は 重 装備 だ から

お世辞 に も バランス が いい と は 言え ない

普通 の 艦 娘 より 優れ た バランス 感覚 と 足腰 が ない と ダメ な ん だ

やって み て

は あ あの でも 今夜 中 です けど

それ が

いい 感じ

バランス は 腰 と 膝 で とる よう に し て

はい

痛い

まだ かかり そう だ ね 先 寝 て よ う か

っぽい

いたった っ た

しっか し うまく なら ない ね こんなに 練習 し てる のに

すみません

でも 感心 し た よ

見事 な 水 雷 魂 だ

水 雷 魂

水 雷 戦 隊 に 必要 な 心意気 みたい な もん だ よ

悖 ら ず 恥じ ず 憾 ま ず

悖 ら ず 恥じ ず 憾 ま ず

水 雷 魂 を 忘れ ず 明日 から も 頑張 ろ う

はい

疲れ た 早く 寝 なきゃ

あの

ああ 神 通 さん おはよう ございます

ちょうど よかった 今 起き た ところ ね

いえ

すこし 練習 し て み ない

特 型 駆逐 艦 は 重 装備 だ から

砲撃 も 通常 の 艦 娘 より バランス よく 行わ ない と いけない の

やって み て

は あ

基本 は 夾 叉 よ

それ が でき れ ば 必ず 当たる

はい

とりあえず 今日 は 一 度 当たる まで 頑張って み ま しょ う か

それ で こう なっちゃ っ た わけ ね

無理 ない よ 昨日 から 一睡 も し て ない ん だ もん

レディー の する 顔 じゃ な いわ ね

可哀想 な の です

吹雪 ちゃん

ああ い た

吹雪 ちゃん 起き て 起き て よ

みんな 艦隊 の アイドル 那珂 ちゃん です

今日 は 新しい 子 が 入った から 紹介 する ね

特 型 駆逐 艦 の 吹雪 ちゃん です

吹雪 です

そんな ん じゃ ダメ だ よ

アイドル は スマイル

ニコ

ニコ

アイドル は パワー

アイドル は キュート

吹雪 です

そう できる じゃ ん

でも 恥ずかしい です

なんで

と いう か これ が どうして 特訓 に なる ん です か

だって 艦 娘 に とって 一 番 大切 な の は 如何に アイドル に なれる か だ よ

並み居る 無数 の 艦 娘 の 中 で

如何に 目立ち 如何に 羽ばたき 如何に センター を 奪う か

それ が 旗 艦 の そして 秘書 艦 に なる ため に 一 番 必要 な こと な ん だ よ

そう なん です か

そう な ん だ よ

だから ほら 吹雪 ちゃん も 頑張って 歌って

そう

みんな 聞い て ね 初恋 水 雷 戦 隊

お 北上 さん

探し て た ん だ

ねえ ねえ 吹雪 ちゃん に 魚雷 の 撃ち 方 教え て あげて よ

魚雷

見 れ ば わかる でしょ う 今 忙しい の よ

あっ ち 行き なさい

いい でしょ う ちょっと だけ

あ あなた な に し て け つかる です

けつ か る

なんでもない で す 行き ま しょ う 北上 さん

痛い よ 大井 っち

もう わけ わかん ない

それ は 私 の セリフ です

疲れ た

お 疲れ 様

三 人 で 寄ってたかって 特訓 なんて イジメ っぽい

そんな こと ない よ

みんな 私 の ため だ し

特 型 駆逐 艦 いる

川内 さん

さあ 今日 も 特訓 だ よ

お 話 が あり ます

じゃあ 姉さん と 那珂 ちゃん も 吹雪 ちゃん に 特訓 を

だって 神 通 が 心配 そう に し て たから さ

姉さん でしょ う 心配 し て い た の は

那珂 ちゃん は 心配 し て ない よ

那珂 ちゃん に は 聞い て い ませ ん

軽 巡 の 先輩 な の で 黙って い まし た が

もう 我慢 でき ませ ん

このまま じゃ 吹雪 ちゃん が 轟 沈 し ちゃ い ます

でも

でも も ヘチマ も ない で す

いえ です が

長門 さん が そんな こと を

うん 近々 出撃 が ある から

それ まで に 出撃 可能 艦 見極め たい と

もし ダメ そう だったら 吹雪 ちゃん を 艦隊 から 外す よう 提督 に 進言 する と

同じ 艦隊 に 入った ん だ から

メンバー は 欠ける こと なく 最後 まで 一緒 に い たい もん

でも 姉妹 で ちゃんと 話し合って から に す べき で し た

いくら 吹雪 ちゃん を 思って の こと と は いえ

夕立 ちゃん どう し た の

吹雪 ちゃん が

吹雪 ちゃん

本当 に 根性 だけ は ある ん だ よ な

どう する っぽい

第 三 水 雷 戦 隊 の 旗 艦 と して

艦隊 に い て ほしい です あの よう に 心 が きちんと し て いる 娘 に は

那珂 ちゃん も 賛成

睦月 ちゃん は

そんな の 決まって る でしょ う

みんな

吹雪 ちゃん みんな で 協力 し ます 頑張り ま しょ う

絶対 できる よう に なる って

アイドル に 一 番 大切 な の は 根性 だ よ

夕立 は 手伝う っぽい

次 の 戦い も この 六 隻 で 出撃 しよ う

みんな

うん

睦月 ちゃん

はい

えっ と じゃあ みんな 頑張って いき ま しょ う

はい 確か 本日 演習 が 行わ れ て いる はず です

わかり まし た その 場 で 最終 判断 を し

彼女 たち に 伝え ます

どう だ

長門 秘書 艦

では 次 吹雪

はい

その 傷

ずいぶん 特訓 し て き た よう じゃ の

期待 し て おる ぞ

はい お 願い し ます

吹雪 行き ます

できる 信じ なきゃ

身 の こなし も 砲撃 も まだまだ 実践 レベル と は 言え ませ ん

ですが

ですが 彼女 に は それ を 補った あまり ある 水 雷 魂 が あり ます

直す べき ところ を 教え 進む べき 道 を 示し

経験 を 重ねて いけ ば 彼女 は 飛躍 的 に 成長 する でしょ う

悖 ら ず 恥じ ず 憾 ま ず

その 心 が ある 限り

水 雷 魂 か

吹雪 ちゃん

よし よく 立て直し た そこ は 認め て やろ う

もう 一 度 じゃ

はい

いい だ ろ

第 三 水 雷 戦 隊 旗 艦 神 通

はい

六 杯 の 編成 で このまま 出撃 準備 に 入れ

今度 の 作戦 は お前 たち に かかって いる

届け 届け

思い よ 届け

そう 「 あの 日 」 「 笑顔 」 「 私 の 願い 」 すべて

君 と 優しい 時間 へ と 届け

海 の 青 広 がる 赤 煉瓦 その 向こう に

ねえ

光る 磯 波 越え 叢雲 の 空 眩 し

言葉 選 ん で 瞳 伏せ て も

見え ない 明日 も 君 も 笑顔

白く 白く 吹雪 の よう な

そう 出会う 前 から 分かって た この 思い

今 なら もっと ずっと 強く

強く 強く 願い を 強く

繋ぐ よ その 手 を 感じ て 明日 を

信じる 優しい 未来 へ と 届け



Want to learn a language?


Learn from this text and thousands like it on LingQ.

  • A vast library of audio lessons, all with matching text
  • Revolutionary learning tools
  • A global, interactive learning community.

LingQでオンライン語学学習

如月 弥生 望月 遅れ ない で

よし

川内 さん 早起き です ね

まさか これ から 寝る ところ

何 トレーニング

はい 少し でも みんな に 追い つい て

迷惑 かけ ない よう に し なきゃ いけ ませ ん から

元気 だ ね

よ ー し 頑張る ぞ

目指せ MVP

朝 の 光 眩 しく て

Wake up

言葉 も 無く て ただ 波 の 音 聞い て た

記憶 の 意味 試さ れ て いる みたい に

闇 の 中 でも 思い出す

前 に 進む ん だ 見て い て よ

So repeat me we will be graduated

そんな 風 に 考え て い た の

憧れ 抜 錨 未来

絶望 喪失 別離

いく つ も の 悲しみ と 海 を 越え

たとえ 世界 の すべて が 海 色 に 溶け て も

きっと あなた の 声 が する

大丈夫 帰 ろ う って でも

世界 が すべて 反転 し て いる の なら

それ でも あなた と 真っ直ぐ に 前 を 見 て て

今 願い 込め た 一撃 爆ぜ た

電 リボン 曲がって る わ

ありがとう な の です

吹雪 ちゃん 見せ て っぽい

また

だめ だ よ 昨日 一緒 に やろ う って 言った のに

やら なかった の 夕立 ちゃん よ

睦月 ちゃん ケチ っぽい

夕立 また 宿題 やって こ なかった の

ぽ い

おはよう な の です

おはよう

おはよう

如月 ちゃん

聞い て 夕立 ちゃん また 宿題 やって こ なかった ん だ よ

そう な ん だ

睦月 ちゃん 如月 ちゃん の こと 好き だ よ ね

姉妹 艦 だ からっぽ いし ね

お っ は よ ー

もう 大声 出さ ない で

レディー に は レディー の 振る舞い が ある ん だ から

あれ 暁 ちゃん また 背 縮 ん だ

縮ま ない わ よ もう

ハラ ショー

はい じゃあ 昨日 やった ところ から 続き やる わ よ

夕立

は はい

問題 よ

我が 水 雷 戦 隊 の 主 兵 装 酸素 魚雷 の 優位 性 は

でき たら さっき 罰 と して 出し た 追加 の 宿題

半分 に し て あげる わ よ

ほ … 本当

え … えっ と えっ と …

昨日 の 授業 飢え た 狼 の よう に 聞い て い れ ば

ちゃんと できる はず だ けど なあ

そう 思う っぽい の です が っぽい

ぽい ぽい うるさい と 20 センチ 砲 で ぽ いし ちゃ う わ よ

ぽ い

足柄 さん 機嫌 悪い ね

この 前 の 合 コン また 失敗 し た って ど …

私 語 は 厳禁 よ

ぽ い

圧倒 的 超 射程

圧倒 的 超 射程

そして 雷 速

そして 雷 速

炸薬 量 でも 優位

炸薬 量 でも 優位 っぽい

正解 よ

じゃ 吹雪

はい

酸素 魚雷 に は もう 一 つ 大きな 優位 性 が ある わ ね 何かしら

えっ と 普通 の 魚雷 と 違って 圧縮 空気 じゃ なく て 酸素 を 使って い ます

な の で 発射 後 排出 さ れる の は 二 酸化 炭素 に なり ます ね

これ は 海水 で 溶け やすい ので 敵 に 雷 跡 が 発見 さ れ にくい

つまり 攻撃 の 隠密 性 が 高く て

よく 勉強 し て いる わ ね

知識 は 十分 な のに どうして

こう なって しまう の じゃ

重心 を 落とせ と 言って おる だ ろ う

姉さん あの 子 は トップ ヘビー な ん だ から

大 目 に 見 て あげ ない と

分かって おる

もう 一 回 お 願い し ます

根性 は ある ん だ が な

大丈夫 このまま だ と 吹雪 ちゃん 行っちゃ う か も

そう だ よ ね

あの 特 型 駆逐 艦 しばらく 三水 戦 に いる ん だ よ ね

提督 は そう おっしゃって い まし た けれど

アイドル の オーラ が ない な

センター の 座 は 安泰 だ ね

な 長門 秘書 艦

那珂 ちゃん で ー す

どう だ

だいぶ 苦戦 し て いる よう です

そう か

提督 は 何 を お 考え な の でしょ う

特 型 駆逐 艦 は これ から の 戦い に 必ず 必要 と なる 艦隊 型 駆逐 艦

提督 が 期待 さ れる の も 分かる

ただ

だめ だ

落ち込ま ない で

蜜柑 あげる っぽい

睦月 も ね 最初 は 失敗 し たり 怖かった こと も あった ん だ よ

だから 吹雪 ちゃん も きっと 練習 すれ ば うまく なる はず だ よ

そう かな

でも こんな 艦 娘 は 初めて だって 噂 に なって る って

誰 が そんな こと

夕立 ちゃん が

夕立 ちゃん

嘘 言って も しょうがない っぽい

やっぱり そう なん だ ね

利根 さん は なんて

吾輩 を 筆頭 に 鎮守 府 に は いい お 手本 が たくさん いる から それ を 見 て 学べ って

お 手本 か

赤城 先輩 は

お 手本 の ため に 赤城 先輩 を 見 に 行く と いう の は どう だ ろ う か

吹雪 ちゃん 口調 変わって る っぽい

でも 赤城 先輩 は 正規 空母 だ し

でも かっこいい よ

ここ

い ない

加賀 さん が ここ だって 言って た けど

吹雪 ちゃん は 本当 に 赤城 先輩 が 好き な ん だ ね

好き って いう か 憧れ

憧れ

うん 私 も あんな ふう に みんな を 守れ たら 素敵 な の に なって

駆逐 艦 に は 無理 っぽい

それ は 分かって いる けど

赤城 先輩 かな

あら

あ あなた は

こんにちは

えっ と 確か 新しく 入った 駆逐 艦 の

吹雪 です

そう そう 吹雪 ちゃん

どう し た の ドック に 来る なんて もし かして 被弾 し た

鼻 の ところ ちょっと 赤く なって る

いや これ は

早く 入った ほう が いい わ よ 今 空 い てる から

いや でも

はい 万歳 し て

万歳

万歳

万歳

吹雪 抜 錨 し ます

ち ょ ちょっと

さ 脱 い で 脱 い で あげる

どう しよ う

下 も 万 歳

戻って る しか ない っぽい

ば 万 歳

どう しよ う

ここ に 入れ って こと かな

暖かい

なんか 不思議 な 感じ

体 が 包ま れる って いう か

体 が 軽く なる って いう か

なんか 気持ちよ すぎ て

気持 よ さ そう です ね

あ あ 赤城 先輩

ダメージ を 受け た の です か

あ いや 実は 全然 入 渠 の 予定 なんか なく て

赤城 先輩 は

昨日 の 戦い で 敵 の 魚雷 を 受け て しまって

迂闊 で し た

昨日

こ こんなに かかる ん です か

何で すか

高速 修復 材 よ 提督 が 入れ て くださった の ね

上々 ね

それ 食べる ん です か

いただき ます

おいしい

どう かしま し た か

いえ 赤城 先輩 って やっぱり 素敵 だ なって 思って

どうして です

どうして も です

いただき ます

じゃあ 赤城 先輩 と ご飯 食べ て き た っぽい

うん

噂 だ けど 赤城 先輩 って 見かけ に よら ず すごい 大 食い だ と か

私 も 聞い た こ と ある っぽい

どう な の

それ は 秘密

明日 から 頑張 ろ う っと

赤城 先輩 も 同じ 艦 娘 な ん だ もん

私 に も きっと できる よ

じゃあ お 休み

どういう こと

さあ

特 型 駆逐 艦

特訓 だ よ

特 型 駆逐 艦 は 重 装備 だ から

お世辞 に も バランス が いい と は 言え ない

普通 の 艦 娘 より 優れ た バランス 感覚 と 足腰 が ない と ダメ な ん だ

やって み て

は あ あの でも 今夜 中 です けど

それ が

いい 感じ

バランス は 腰 と 膝 で とる よう に し て

はい

痛い

まだ かかり そう だ ね 先 寝 て よ う か

っぽい

いたった っ た

しっか し うまく なら ない ね こんなに 練習 し てる のに

すみません

でも 感心 し た よ

見事 な 水 雷 魂 だ

水 雷 魂

水 雷 戦 隊 に 必要 な 心意気 みたい な もん だ よ

悖 ら ず 恥じ ず 憾 ま ず

悖 ら ず 恥じ ず 憾 ま ず

水 雷 魂 を 忘れ ず 明日 から も 頑張 ろ う

はい

疲れ た 早く 寝 なきゃ

あの

ああ 神 通 さん おはよう ございます

ちょうど よかった 今 起き た ところ ね

いえ

すこし 練習 し て み ない

特 型 駆逐 艦 は 重 装備 だ から

砲撃 も 通常 の 艦 娘 より バランス よく 行わ ない と いけない の

やって み て

は あ

基本 は 夾 叉 よ

それ が でき れ ば 必ず 当たる

はい

とりあえず 今日 は 一 度 当たる まで 頑張って み ま しょ う か

それ で こう なっちゃ っ た わけ ね

無理 ない よ 昨日 から 一睡 も し て ない ん だ もん

レディー の する 顔 じゃ な いわ ね

可哀想 な の です

吹雪 ちゃん

ああ い た

吹雪 ちゃん 起き て 起き て よ

みんな 艦隊 の アイドル 那珂 ちゃん です

今日 は 新しい 子 が 入った から 紹介 する ね

特 型 駆逐 艦 の 吹雪 ちゃん です

吹雪 です

そんな ん じゃ ダメ だ よ

アイドル は スマイル

ニコ

ニコ

アイドル は パワー

アイドル は キュート

吹雪 です

そう できる じゃ ん

でも 恥ずかしい です

なんで

と いう か これ が どうして 特訓 に なる ん です か

だって 艦 娘 に とって 一 番 大切 な の は 如何に アイドル に なれる か だ よ

並み居る 無数 の 艦 娘 の 中 で

如何に 目立ち 如何に 羽ばたき 如何に センター を 奪う か

それ が 旗 艦 の そして 秘書 艦 に なる ため に 一 番 必要 な こと な ん だ よ

そう なん です か

そう な ん だ よ

だから ほら 吹雪 ちゃん も 頑張って 歌って

そう

みんな 聞い て ね 初恋 水 雷 戦 隊

お 北上 さん

探し て た ん だ

ねえ ねえ 吹雪 ちゃん に 魚雷 の 撃ち 方 教え て あげて よ

魚雷

見 れ ば わかる でしょ う 今 忙しい の よ

あっ ち 行き なさい

いい でしょ う ちょっと だけ

あ あなた な に し て け つかる です

けつ か る

なんでもない で す 行き ま しょ う 北上 さん

痛い よ 大井 っち

もう わけ わかん ない

それ は 私 の セリフ です

疲れ た

お 疲れ 様

三 人 で 寄ってたかって 特訓 なんて イジメ っぽい

そんな こと ない よ

みんな 私 の ため だ し

特 型 駆逐 艦 いる

川内 さん

さあ 今日 も 特訓 だ よ

お 話 が あり ます

じゃあ 姉さん と 那珂 ちゃん も 吹雪 ちゃん に 特訓 を

だって 神 通 が 心配 そう に し て たから さ

姉さん でしょ う 心配 し て い た の は

那珂 ちゃん は 心配 し て ない よ

那珂 ちゃん に は 聞い て い ませ ん

軽 巡 の 先輩 な の で 黙って い まし た が

もう 我慢 でき ませ ん

このまま じゃ 吹雪 ちゃん が 轟 沈 し ちゃ い ます

でも

でも も ヘチマ も ない で す

いえ です が

長門 さん が そんな こと を

うん 近々 出撃 が ある から

それ まで に 出撃 可能 艦 見極め たい と

もし ダメ そう だったら 吹雪 ちゃん を 艦隊 から 外す よう 提督 に 進言 する と

同じ 艦隊 に 入った ん だ から

メンバー は 欠ける こと なく 最後 まで 一緒 に い たい もん

でも 姉妹 で ちゃんと 話し合って から に す べき で し た

いくら 吹雪 ちゃん を 思って の こと と は いえ

夕立 ちゃん どう し た の

吹雪 ちゃん が

吹雪 ちゃん

本当 に 根性 だけ は ある ん だ よ な

どう する っぽい

第 三 水 雷 戦 隊 の 旗 艦 と して

艦隊 に い て ほしい です あの よう に 心 が きちんと し て いる 娘 に は

那珂 ちゃん も 賛成

睦月 ちゃん は

そんな の 決まって る でしょ う

みんな

吹雪 ちゃん みんな で 協力 し ます 頑張り ま しょ う

絶対 できる よう に なる って

アイドル に 一 番 大切 な の は 根性 だ よ

夕立 は 手伝う っぽい

次 の 戦い も この 六 隻 で 出撃 しよ う

みんな

うん

睦月 ちゃん

はい

えっ と じゃあ みんな 頑張って いき ま しょ う

はい 確か 本日 演習 が 行わ れ て いる はず です

わかり まし た その 場 で 最終 判断 を し

彼女 たち に 伝え ます

どう だ

長門 秘書 艦

では 次 吹雪

はい

その 傷

ずいぶん 特訓 し て き た よう じゃ の

期待 し て おる ぞ

はい お 願い し ます

吹雪 行き ます

できる 信じ なきゃ

身 の こなし も 砲撃 も まだまだ 実践 レベル と は 言え ませ ん

ですが

ですが 彼女 に は それ を 補った あまり ある 水 雷 魂 が あり ます

直す べき ところ を 教え 進む べき 道 を 示し

経験 を 重ねて いけ ば 彼女 は 飛躍 的 に 成長 する でしょ う

悖 ら ず 恥じ ず 憾 ま ず

その 心 が ある 限り

水 雷 魂 か

吹雪 ちゃん

よし よく 立て直し た そこ は 認め て やろ う

もう 一 度 じゃ

はい

いい だ ろ

第 三 水 雷 戦 隊 旗 艦 神 通

はい

六 杯 の 編成 で このまま 出撃 準備 に 入れ

今度 の 作戦 は お前 たち に かかって いる

届け 届け

思い よ 届け

そう 「 あの 日 」 「 笑顔 」 「 私 の 願い 」 すべて

君 と 優しい 時間 へ と 届け

海 の 青 広 がる 赤 煉瓦 その 向こう に

ねえ

光る 磯 波 越え 叢雲 の 空 眩 し

言葉 選 ん で 瞳 伏せ て も

見え ない 明日 も 君 も 笑顔

白く 白く 吹雪 の よう な

そう 出会う 前 から 分かって た この 思い

今 なら もっと ずっと 強く

強く 強く 願い を 強く

繋ぐ よ その 手 を 感じ て 明日 を

信じる 優しい 未来 へ と 届け


×

LingQをより快適にするためCookieを使用しています。サイトの訪問により同意したと見なされます cookie policy.