image

艦隊これくしょん, Kantai Collection Episode 11

ごめんなさい

守れ なかった

私 が … 頑張ら なけ れ ば いけ なかった のに

ごめんなさい

雷 撃 処分 し て ください

また あの 夢

作戦 が 決まって から 毎晩 の よう に

あれ は …

赤城 先輩 おはよう ございます

朝 の 光 眩 しく て

Weigh Anchor !

言葉 も 無く て ただ 波 の 音 聞い て た

記憶 の 意味 試さ れ て いる みたい に

闇 の 中 でも 思い出す

前 に 進む の 見て い て よ

So repeatedly , we won ' t regret to them

そんな 風 に 考え て い た の

憧れ 抜 錨 未来

絶望 喪失 別離

いく つ も の 悲しみ と 海 を 越え

たとえ 世界 の すべて が 海 色 に 溶け て も

きっと あなた の 声 が する

大丈夫 帰 ろ う って でも

世界 が すべて 反転 し て いる の なら

それ でも あなた と 真っ直ぐ に 前 を 見 て て

今 願い 込め た 一撃 爆ぜ た

まだ 決まら ない の ?

いい加減 決め ない と みんな 浮足立って る わ よ

分かって いる ん だ が な

どうも 決め手 に 欠ける ん だ

どんな 編成 に し て も これ で いい と いう 確証 が 得 られ ない

はい

一 航 戦 赤城 です

長門 秘書 艦 に 意見 を 申し たい こと が あり 参り まし た

私 に ?

はい

MI 作戦 に おける 私 の 第 一 機動 部隊 の 編成 に つい て 少し 考える ところ が あって

今 の 編成 案 を 伺って も ?

ああ

でき れ ば 五 航 戦 も 参加 さ せ たかった が

やはり 修理 が 間に合わ ない よう だ

お 願い が あり ます

雷 ちゃん 牛乳 ちゃん と 飲ま ない と だめ な の です

立派 な レディー に なれ ない わ よ

分かって る

フルーツ 牛乳 なら 飲め る の に

高雄 さん や 愛宕 さん は ミルク 好き って いう よ ね

それ ね それ が 秘訣 な の ね

あと もし 私 たち が 明日 の 作戦 に 参加 する こと に なったら

ミルク は 栄養 たっぷり

出撃 前 に は とても 体 に いい の です

そ … それ も そう ね

よ ー し

吹雪 ちゃん すごい

新 記録 っぽい

改 に なって から 前 より もっと ご飯 が おいしく て

いくら でも 入っちゃ う 感じ な の

さすが 赤城 先輩 の 護衛 艦 だ ね

よ … よ ー し

秘書 艦 の 長門 だ

みんな そのまま で 聞い て ほしい

これ より 明日 実施 さ れる MI 作戦 の 艦隊 編成 を 発表 する

まずは 作戦 の 要 と なる 第 一 機動 部隊 から

一 航 戦 赤城 加賀

二 航 戦 飛 龍 蒼龍

護衛 と して 戦艦 金剛 比 叡

重 巡 利根 筑摩 雷 巡 北上

そして 駆逐 艦 夕立 吹雪

また 攻略 の 主力 艦 隊 だ が

本 鎮守 府 から 戦艦 榛名 霧島 雷 巡 大井 が

トラック 島 から 出撃 する 大和 を 旗 艦 と し た 艦隊 と 合流 する こと に なって いる

大和 さん とうとう 出撃 する ん だ

さらに 本 作戦 に は 攻撃 目標 が 棲 地 MI で ある こと を 敵 に 悟ら れ ぬ よ う

陽動 部隊 を 棲 地 AL に 向け て 出撃 さ せる こと も 含ま れ て いる

AL 作戦 に は ほか の 鎮守 府 から 隼 鷹 と 龍 驤 が 参加 する

この 二 艦 の 軽 空母 と ともに

重 巡 那智

軽 巡 球磨 多摩

駆逐 艦 暁 響 雷 電

以上 だ

ほか の 艦 娘 たち に は 鎮守 府 及び 近海 域 の 警備 に 当たって もらう

諸君 の 健闘 を 期待 する

電 たち も 出撃 な の です ?

遠征 以外 の 任務 に 出さ れる なんて

いよいよ 本当 に 暁 の 出番 な の ね

おかわり

しっかり やる の よ 特 型 駆逐 艦 改

今回 だけ センター を 譲る から

夕立 ちゃん も 頑張って ね

はい

よかった の ?

最初 は ほか の 鎮守 府 から

舞 風 たち 第 四 駆逐 隊 を と いう 編成 案 も あった の でしょ う

ああ だ が ああ 言わ れ て は な

編成 を 変えろ と ?

はい

言って おく が 吹雪 だけ は 外 せ ん ぞ

改 に なった 吹雪 を 必ず 第 一 機動 部隊 に 入れる こと

それ は 提督 が 残し た 指令 書 に 明記 さ れ て い た こと だ から な

分かって い ます

私 が 指定 さ せ て いただき たい の は 吹雪 さん 以外 の 艦 娘 な の です

理由 を 聞こ う

時々 頭 の 中 で 何 か が 何 か が 囁く の です

私 たち を ある 方向 へ と 常に 誘う 何 か

まるで かつて 起き た 出来事 再び 繰り返さ せよ う と して いる か の よう な

長門 さん あなた は そんな 大きな 流れ に も 似 た 何 か

定 め の 頸木 の よう な もの を 感じ た こと は あり ませ ん か

思い過ごし かも しれ ませ ん

でも もし 本当 に そんな もの が ある なら

私 は …

私 は その 運命 に 抗 い たい

定 め の 頸木 … か

信じる の ?

実 を 言う と

暗号 名 AF が 棲 地 MI を 指す と 判断 し た 時

まったく と 言って いい ほど 迷い が なかった

なぜ か そこ だ と 分かった し

今 も それ が 合って いる こと に 疑い は ない

私 たち は 絶対 に 棲 地 MI に 向かわ なけ れ ば なら ない と そう 思った ん だ

まるで 何 か に 突き動かさ れる よう に

陸奥

時々 どうして も 考え て しまう ん だ

我ら は 一体 何の ため に 存在 し て いる の だ ろ う な

北上 さん

ああ 大井 っち

こ … 今回 の 作戦 私 と 北上 さん が あろう こと か

別々 の 艦隊 に なっちゃ っ た ね

びっくり だ よ ね

です よ ね

まったく もう 長門 秘書 艦 って ば 何 を 考え て いる の かしら

嫉妬 まさか 嫉妬 ?

あり える わ

だって 北上 さん は 素敵 すぎる ん だ も の

たとえ ビッグ セブン と いえ ど その 魅力 に は 抗 え ない の よ

でも なんか 楽しみ だ よ ね

ええ きっと そう …

え ? 北上 さん 今 何と ?

楽しみ だ よ ね

久しぶり に どっち が たくさん 倒す か 競争 し よっ か

はい

じゃあ お互い 頑張 ろ う ね

やっぱり 赤城 先輩 だった ん です ね

吹雪 さん

明日 の 準備 は でき まし た か

はい やっと 先輩 と 一緒 の 艦隊 で 戦う こと が でき ます

これ も みんな 先輩 の おかげ です

本当 に ありがとう ござい ます

それ は 違い ます よ 吹雪 さん

誇る べき な の は 弛 ま ず 努力 し 続け た あなた 自身

私 は ただ ほんの 少し 手 を 貸し た だけ に すぎ ませ ん

赤城 先輩 私 この 鎮守 府 が 大好き な ん です

睦月 ちゃん や 夕立 ちゃん

三水 戦 の 川内 さん たち

金剛 型 の お 姉さん たち や

第 五 遊撃 隊 の みんな

暁 ちゃん たち や 高雄 さん たち や 最上 さん

間宮 さん に 利根 さん

島 風 ちゃん

そして もちろん 赤城 先輩

この 鎮守 府 に 来 て みんな すごい な って

みんな 素敵 で 格好よく て

私 も みんな の 仲間 に

この 鎮守 府 の 本当 の 仲間 に なり たい って そう 思った ん です

だから やっぱり 私 が 頑張れ た の は みんな の おかげ で

だから やっぱり ありがとう ござい ます

提督 が この 小さな 駆逐 艦 に どんな 光 を 見 た の か

それ は わから ない けれど

確か な の は 私 は この 眼差し に 答え なけ れ ば なら ない と いう こと

私 を 慕う 後輩 たち の ともに 戦う 仲間 たち の 信頼 に

打て る 手 は 打った もう 迷わ ない

それ が 定め だ と いう なら 打ち砕 い て みせる

私 は 一 航 戦 赤城 な の だ から

赤城 先輩

勝ち ま しょ う 吹雪 さん

はい

如月 ちゃん お 願い

吹雪 ちゃん たち の こと 守って ね

ねえ 睦月 ちゃん 私 たち も

一緒 に いい ?

安 心して 行って き て

二 人 が 帰って くる この 場所 は 絶対 守る から

行って き ます

行って らっしゃい

諸君 ついに この とき が 来 た

いよいよ MI 作戦 が 発動 さ れる

我々 に とって これ は かつて ない 規模 の 大 作戦 と なる

今後 の 我が 方 の 戦い すべて の 帰趨 を 決 する と 言って も 過言 で は なか ろ う

本 作戦 の 目的 は 敵 の 空母 機動 部隊 を 叩く こと に ある

その ため に 棲 地 MI を 攻撃 目標 と し

ここ を 攻撃 する こと で 敵 の 機動 部隊 を 誘き出し 撃破 する

この 作戦 は 提督 の 意志 だ

その 思い は 常に 我ら 艦 娘 と ともに ある

諸君 暁 の 水平 線 に 勝利 を 刻む の だ

第 一 機動 部隊 参り ます

お 姉 様 ご 武運 を

榛名 たち も Good luck ね

集結 ポイント で ね 大井 っち

さあ 行く の です

それ な ん に ゃ

作戦 指令 書 時間 が 来 たら 開封 しろ って

そろそろ 向こう から も 出撃 し て いる 頃 です ね

さあ 参り ま しょ う

戦艦 大和 出撃 し ます

どう 加賀 さん

うち の 子 たち も ダメ みたい

あなた たち は

大和 たち も 来る 気配 が ない ね

霧島 たち が 先 に 合流 し て この 集結 ポイント を 伝え て いる はず な ん です けど

この お 天気 だ と 索敵 が うま くい な かくて 敵 も 味方 も 見つから ない っぽい ?

吾輩 の カタパルト が 不調 で なけ れ ば

どう し た ん だ ろ う 大和 さん 絶対 張り切って る のに

どう し ます 赤城 さん

まだ 待ち ます か

無線 封鎖 し て いる と は いえ 敵 の 勢力 圏 に とどまる 時間 が 長い ほど

こちら が 発見 さ れる 可能 性 も 高く なる

けれど 今 動 い て しまえ ば 大和 隊 と 合流 でき なく なる かも しれ ない

最善 は 何 私 の とる べき 道 は

進み ま しょ う 赤城 さん

大和 隊 と の 合流 の ため に 数 艦 を 残し

私 たち は 索敵 を 続け ながら 先行 す べき です

敵 に 発見 さ れ たら すべて 終わり です から

吹雪 さん 金剛 さん

はい

あなた たち は この 集結 ポイント で 待機

大和 を 擁 する 攻略 主 隊 と 合流 後

全速力 で 私 たち を 追って き て ください

でも 私 赤城 先輩 を 護衛 する ため に

勝つ ため に は 主力 部隊 と 私 たち 機動 部隊 が 密 に 連携 し なけ れ ば なり ませ ん

だからこそ あなた 方 に お 願い し たい の です

ぶ っき ー 確かに 赤城 の 言う 通り ね

私 たち で 大和 を 待ち ま しょ う

はい

予定 で は そろそろ

第 一 機動 部隊 と 主力 艦隊 が 合流 し MI に 到着 する 頃 だ が

もどかしい わ ね

そろそろ こちら の 攻撃 機 の 圏 内 に 棲 地 MI が 入り ます ね

な ん です って 棲 地 MI に 飛行 場 姫 が

赤城 さん

今 なら 恐らく 奇襲 が 成功 し ます

このまま 放置 し て 主力 艦 が 来 たら

戦艦 たち に 甚大 な 被害 が

これ で 正解 だった の かも しれ ない わ ね

第 一 機動 部隊 一 航 戦 二 航 戦 に 命じ ます

艦載機 を 爆 装 飛行 場 姫 へ の 攻撃 を 開始 し ます

はい

二 航 戦 蒼龍

飛 龍

第 一 次 攻撃 隊 発 艦

一 航 戦 加賀 第 一 次 攻撃 隊 発 艦

今度 こそ 勝って みせる

一 航 戦 赤城 第 一 次 攻撃 隊 発 艦 し ます

第 一 次 攻撃 隊 奇襲 に 成功

飛行 場 姫 は 被害 甚大

やった

もし かして 出番 なし ?

先輩 たち すごい っぽい

第 一 次 攻撃 隊 より 更に 入電

「 カワ カワ カワ 」

第 二 次 攻撃 の 要 を 認 む ね

さすが に 飛行 場 姫 は 簡単 に は 落とせ ない よう です ね

どう し ます

こちら の 損傷 は 数 機 の 艦載機 のみ

敵 が 発進 さ せる こと の でき た 攻撃 隊 は わずか

これ なら 勝て る

わかり まし た 残り の 機体 も 爆 装 さ せ

飛行 場 姫 攻撃 に 向かわ せ ま しょ う

はい

第 二 次 攻撃 隊 発 艦

今度 こそ 大丈夫

来 ませ ん ね 大和 たち

やっぱり 胸騒ぎ が 止まら ない

まるで あの 時 み たい な

う うん あの 時 より ずっと …

敵 襲

来 た ん だ ね

さ せ ませ ん から

よりどり みどり っぽい けど 嬉しく ない っぽい

皆さん 直 掩 機 を

赤城 さん 直 上 を

加賀 さん

直 掩 機 は

赤城 さん

あれ

右 任せる よ 大井 っち

そ っ か そう だった ね

どうして こんな 事態 だけ は 避けよ う と …

なのに …

赤城 先輩 直 上

やっぱり 抗 え ない の

運命 に は

赤城 さん

届け 届け

想い よ 届け

そう あの 日 笑顔 私 の 願い 全て

君 と 優しい 時間 へ と 届け

海 の 青 広 がる 赤 煉瓦 その 向こう に

ねえ

光る 磯 波 越え 叢雲 の 空 眩 しい

言葉 選 ん で 瞳 伏せ て も

見え ない 明日 も 君 の 笑顔 も !

白く 白く 吹雪 の よう な

そう 、 出逢う 前 から 解って た この 想い

今 なら もっと ずっと 強く

強く 強く 願い は 強く

繋ぐ よ その 手 を 感じ て 明日 を

信じる 優しい 未来 へ と 届け



Want to learn a language?


Learn from this text and thousands like it on LingQ.

  • A vast library of audio lessons, all with matching text
  • Revolutionary learning tools
  • A global, interactive learning community.

LingQでオンライン語学学習

ごめんなさい

守れ なかった

私 が … 頑張ら なけ れ ば いけ なかった のに

ごめんなさい

雷 撃 処分 し て ください

また あの 夢

作戦 が 決まって から 毎晩 の よう に

あれ は …

赤城 先輩 おはよう ございます

朝 の 光 眩 しく て

Weigh Anchor !

言葉 も 無く て ただ 波 の 音 聞い て た

記憶 の 意味 試さ れ て いる みたい に

闇 の 中 でも 思い出す

前 に 進む の 見て い て よ

So repeatedly , we won ' t regret to them

そんな 風 に 考え て い た の

憧れ 抜 錨 未来

絶望 喪失 別離

いく つ も の 悲しみ と 海 を 越え

たとえ 世界 の すべて が 海 色 に 溶け て も

きっと あなた の 声 が する

大丈夫 帰 ろ う って でも

世界 が すべて 反転 し て いる の なら

それ でも あなた と 真っ直ぐ に 前 を 見 て て

今 願い 込め た 一撃 爆ぜ た

まだ 決まら ない の ?

いい加減 決め ない と みんな 浮足立って る わ よ

分かって いる ん だ が な

どうも 決め手 に 欠ける ん だ

どんな 編成 に し て も これ で いい と いう 確証 が 得 られ ない

はい

一 航 戦 赤城 です

長門 秘書 艦 に 意見 を 申し たい こと が あり 参り まし た

私 に ?

はい

MI 作戦 に おける 私 の 第 一 機動 部隊 の 編成 に つい て 少し 考える ところ が あって

今 の 編成 案 を 伺って も ?

ああ

でき れ ば 五 航 戦 も 参加 さ せ たかった が

やはり 修理 が 間に合わ ない よう だ

お 願い が あり ます

雷 ちゃん 牛乳 ちゃん と 飲ま ない と だめ な の です

立派 な レディー に なれ ない わ よ

分かって る

フルーツ 牛乳 なら 飲め る の に

高雄 さん や 愛宕 さん は ミルク 好き って いう よ ね

それ ね それ が 秘訣 な の ね

あと もし 私 たち が 明日 の 作戦 に 参加 する こと に なったら

ミルク は 栄養 たっぷり

出撃 前 に は とても 体 に いい の です

そ … それ も そう ね

よ ー し

吹雪 ちゃん すごい

新 記録 っぽい

改 に なって から 前 より もっと ご飯 が おいしく て

いくら でも 入っちゃ う 感じ な の

さすが 赤城 先輩 の 護衛 艦 だ ね

よ … よ ー し

秘書 艦 の 長門 だ

みんな そのまま で 聞い て ほしい

これ より 明日 実施 さ れる MI 作戦 の 艦隊 編成 を 発表 する

まずは 作戦 の 要 と なる 第 一 機動 部隊 から

一 航 戦 赤城 加賀

二 航 戦 飛 龍 蒼龍

護衛 と して 戦艦 金剛 比 叡

重 巡 利根 筑摩 雷 巡 北上

そして 駆逐 艦 夕立 吹雪

また 攻略 の 主力 艦 隊 だ が

本 鎮守 府 から 戦艦 榛名 霧島 雷 巡 大井 が

トラック 島 から 出撃 する 大和 を 旗 艦 と し た 艦隊 と 合流 する こと に なって いる

大和 さん とうとう 出撃 する ん だ

さらに 本 作戦 に は 攻撃 目標 が 棲 地 MI で ある こと を 敵 に 悟ら れ ぬ よ う

陽動 部隊 を 棲 地 AL に 向け て 出撃 さ せる こと も 含ま れ て いる

AL 作戦 に は ほか の 鎮守 府 から 隼 鷹 と 龍 驤 が 参加 する

この 二 艦 の 軽 空母 と ともに

重 巡 那智

軽 巡 球磨 多摩

駆逐 艦 暁 響 雷 電

以上 だ

ほか の 艦 娘 たち に は 鎮守 府 及び 近海 域 の 警備 に 当たって もらう

諸君 の 健闘 を 期待 する

電 たち も 出撃 な の です ?

遠征 以外 の 任務 に 出さ れる なんて

いよいよ 本当 に 暁 の 出番 な の ね

おかわり

しっかり やる の よ 特 型 駆逐 艦 改

今回 だけ センター を 譲る から

夕立 ちゃん も 頑張って ね

はい

よかった の ?

最初 は ほか の 鎮守 府 から

舞 風 たち 第 四 駆逐 隊 を と いう 編成 案 も あった の でしょ う

ああ だ が ああ 言わ れ て は な

編成 を 変えろ と ?

はい

言って おく が 吹雪 だけ は 外 せ ん ぞ

改 に なった 吹雪 を 必ず 第 一 機動 部隊 に 入れる こと

それ は 提督 が 残し た 指令 書 に 明記 さ れ て い た こと だ から な

分かって い ます

私 が 指定 さ せ て いただき たい の は 吹雪 さん 以外 の 艦 娘 な の です

理由 を 聞こ う

時々 頭 の 中 で 何 か が 何 か が 囁く の です

私 たち を ある 方向 へ と 常に 誘う 何 か

まるで かつて 起き た 出来事 再び 繰り返さ せよ う と して いる か の よう な

長門 さん あなた は そんな 大きな 流れ に も 似 た 何 か

定 め の 頸木 の よう な もの を 感じ た こと は あり ませ ん か

思い過ごし かも しれ ませ ん

でも もし 本当 に そんな もの が ある なら

私 は …

私 は その 運命 に 抗 い たい

定 め の 頸木 … か

信じる の ?

実 を 言う と

暗号 名 AF が 棲 地 MI を 指す と 判断 し た 時

まったく と 言って いい ほど 迷い が なかった

なぜ か そこ だ と 分かった し

今 も それ が 合って いる こと に 疑い は ない

私 たち は 絶対 に 棲 地 MI に 向かわ なけ れ ば なら ない と そう 思った ん だ

まるで 何 か に 突き動かさ れる よう に

陸奥

時々 どうして も 考え て しまう ん だ

我ら は 一体 何の ため に 存在 し て いる の だ ろ う な

北上 さん

ああ 大井 っち

こ … 今回 の 作戦 私 と 北上 さん が あろう こと か

別々 の 艦隊 に なっちゃ っ た ね

びっくり だ よ ね

です よ ね

まったく もう 長門 秘書 艦 って ば 何 を 考え て いる の かしら

嫉妬 まさか 嫉妬 ?

あり える わ

だって 北上 さん は 素敵 すぎる ん だ も の

たとえ ビッグ セブン と いえ ど その 魅力 に は 抗 え ない の よ

でも なんか 楽しみ だ よ ね

ええ きっと そう …

え ? 北上 さん 今 何と ?

楽しみ だ よ ね

久しぶり に どっち が たくさん 倒す か 競争 し よっ か

はい

じゃあ お互い 頑張 ろ う ね

やっぱり 赤城 先輩 だった ん です ね

吹雪 さん

明日 の 準備 は でき まし た か

はい やっと 先輩 と 一緒 の 艦隊 で 戦う こと が でき ます

これ も みんな 先輩 の おかげ です

本当 に ありがとう ござい ます

それ は 違い ます よ 吹雪 さん

誇る べき な の は 弛 ま ず 努力 し 続け た あなた 自身

私 は ただ ほんの 少し 手 を 貸し た だけ に すぎ ませ ん

赤城 先輩 私 この 鎮守 府 が 大好き な ん です

睦月 ちゃん や 夕立 ちゃん

三水 戦 の 川内 さん たち

金剛 型 の お 姉さん たち や

第 五 遊撃 隊 の みんな

暁 ちゃん たち や 高雄 さん たち や 最上 さん

間宮 さん に 利根 さん

島 風 ちゃん

そして もちろん 赤城 先輩

この 鎮守 府 に 来 て みんな すごい な って

みんな 素敵 で 格好よく て

私 も みんな の 仲間 に

この 鎮守 府 の 本当 の 仲間 に なり たい って そう 思った ん です

だから やっぱり 私 が 頑張れ た の は みんな の おかげ で

だから やっぱり ありがとう ござい ます

提督 が この 小さな 駆逐 艦 に どんな 光 を 見 た の か

それ は わから ない けれど

確か な の は 私 は この 眼差し に 答え なけ れ ば なら ない と いう こと

私 を 慕う 後輩 たち の ともに 戦う 仲間 たち の 信頼 に

打て る 手 は 打った もう 迷わ ない

それ が 定め だ と いう なら 打ち砕 い て みせる

私 は 一 航 戦 赤城 な の だ から

赤城 先輩

勝ち ま しょ う 吹雪 さん

はい

如月 ちゃん お 願い

吹雪 ちゃん たち の こと 守って ね

ねえ 睦月 ちゃん 私 たち も

一緒 に いい ?

安 心して 行って き て

二 人 が 帰って くる この 場所 は 絶対 守る から

行って き ます

行って らっしゃい

諸君 ついに この とき が 来 た

いよいよ MI 作戦 が 発動 さ れる

我々 に とって これ は かつて ない 規模 の 大 作戦 と なる

今後 の 我が 方 の 戦い すべて の 帰趨 を 決 する と 言って も 過言 で は なか ろ う

本 作戦 の 目的 は 敵 の 空母 機動 部隊 を 叩く こと に ある

その ため に 棲 地 MI を 攻撃 目標 と し

ここ を 攻撃 する こと で 敵 の 機動 部隊 を 誘き出し 撃破 する

この 作戦 は 提督 の 意志 だ

その 思い は 常に 我ら 艦 娘 と ともに ある

諸君 暁 の 水平 線 に 勝利 を 刻む の だ

第 一 機動 部隊 参り ます

お 姉 様 ご 武運 を

榛名 たち も Good luck ね

集結 ポイント で ね 大井 っち

さあ 行く の です

それ な ん に ゃ

作戦 指令 書 時間 が 来 たら 開封 しろ って

そろそろ 向こう から も 出撃 し て いる 頃 です ね

さあ 参り ま しょ う

戦艦 大和 出撃 し ます

どう 加賀 さん

うち の 子 たち も ダメ みたい

あなた たち は

大和 たち も 来る 気配 が ない ね

霧島 たち が 先 に 合流 し て この 集結 ポイント を 伝え て いる はず な ん です けど

この お 天気 だ と 索敵 が うま くい な かくて 敵 も 味方 も 見つから ない っぽい ?

吾輩 の カタパルト が 不調 で なけ れ ば

どう し た ん だ ろ う 大和 さん 絶対 張り切って る のに

どう し ます 赤城 さん

まだ 待ち ます か

無線 封鎖 し て いる と は いえ 敵 の 勢力 圏 に とどまる 時間 が 長い ほど

こちら が 発見 さ れる 可能 性 も 高く なる

けれど 今 動 い て しまえ ば 大和 隊 と 合流 でき なく なる かも しれ ない

最善 は 何 私 の とる べき 道 は

進み ま しょ う 赤城 さん

大和 隊 と の 合流 の ため に 数 艦 を 残し

私 たち は 索敵 を 続け ながら 先行 す べき です

敵 に 発見 さ れ たら すべて 終わり です から

吹雪 さん 金剛 さん

はい

あなた たち は この 集結 ポイント で 待機

大和 を 擁 する 攻略 主 隊 と 合流 後

全速力 で 私 たち を 追って き て ください

でも 私 赤城 先輩 を 護衛 する ため に

勝つ ため に は 主力 部隊 と 私 たち 機動 部隊 が 密 に 連携 し なけ れ ば なり ませ ん

だからこそ あなた 方 に お 願い し たい の です

ぶ っき ー 確かに 赤城 の 言う 通り ね

私 たち で 大和 を 待ち ま しょ う

はい

予定 で は そろそろ

第 一 機動 部隊 と 主力 艦隊 が 合流 し MI に 到着 する 頃 だ が

もどかしい わ ね

そろそろ こちら の 攻撃 機 の 圏 内 に 棲 地 MI が 入り ます ね

な ん です って 棲 地 MI に 飛行 場 姫 が

赤城 さん

今 なら 恐らく 奇襲 が 成功 し ます

このまま 放置 し て 主力 艦 が 来 たら

戦艦 たち に 甚大 な 被害 が

これ で 正解 だった の かも しれ ない わ ね

第 一 機動 部隊 一 航 戦 二 航 戦 に 命じ ます

艦載機 を 爆 装 飛行 場 姫 へ の 攻撃 を 開始 し ます

はい

二 航 戦 蒼龍

飛 龍

第 一 次 攻撃 隊 発 艦

一 航 戦 加賀 第 一 次 攻撃 隊 発 艦

今度 こそ 勝って みせる

一 航 戦 赤城 第 一 次 攻撃 隊 発 艦 し ます

第 一 次 攻撃 隊 奇襲 に 成功

飛行 場 姫 は 被害 甚大

やった

もし かして 出番 なし ?

先輩 たち すごい っぽい

第 一 次 攻撃 隊 より 更に 入電

「 カワ カワ カワ 」

第 二 次 攻撃 の 要 を 認 む ね

さすが に 飛行 場 姫 は 簡単 に は 落とせ ない よう です ね

どう し ます

こちら の 損傷 は 数 機 の 艦載機 のみ

敵 が 発進 さ せる こと の でき た 攻撃 隊 は わずか

これ なら 勝て る

わかり まし た 残り の 機体 も 爆 装 さ せ

飛行 場 姫 攻撃 に 向かわ せ ま しょ う

はい

第 二 次 攻撃 隊 発 艦

今度 こそ 大丈夫

来 ませ ん ね 大和 たち

やっぱり 胸騒ぎ が 止まら ない

まるで あの 時 み たい な

う うん あの 時 より ずっと …

敵 襲

来 た ん だ ね

さ せ ませ ん から

よりどり みどり っぽい けど 嬉しく ない っぽい

皆さん 直 掩 機 を

赤城 さん 直 上 を

加賀 さん

直 掩 機 は

赤城 さん

あれ

右 任せる よ 大井 っち

そ っ か そう だった ね

どうして こんな 事態 だけ は 避けよ う と …

なのに …

赤城 先輩 直 上

やっぱり 抗 え ない の

運命 に は

赤城 さん

届け 届け

想い よ 届け

そう あの 日 笑顔 私 の 願い 全て

君 と 優しい 時間 へ と 届け

海 の 青 広 がる 赤 煉瓦 その 向こう に

ねえ

光る 磯 波 越え 叢雲 の 空 眩 しい

言葉 選 ん で 瞳 伏せ て も

見え ない 明日 も 君 の 笑顔 も !

白く 白く 吹雪 の よう な

そう 、 出逢う 前 から 解って た この 想い

今 なら もっと ずっと 強く

強く 強く 願い は 強く

繋ぐ よ その 手 を 感じ て 明日 を

信じる 優しい 未来 へ と 届け


×

LingQをより快適にするためCookieを使用しています。サイトの訪問により同意したと見なされます cookie policy.