image

艦隊これくしょん, Kantai Collection Episode 10

おはよう ございます 今日 も 頑張って ます ね

はい

大丈夫 ?

はい もう 一 周 行って き ます

いって らっしゃい

あと 一息 私 も 頑張 ろ う かな

改 に ?

そう だ 提督 は お前 を 大規模 改装 さ せる ため に 鎮守 府 に 呼び戻し た

お前 が 次 の 戦い に 必要 に なる どうしても 欠く こと は でき ない

そう おっしゃって い た の だ

司令 官 が … 私 を …

頑張る 私 必ず 改 に なって み せる

もう 一 周

朝 の 光 眩 しく て

Weigh Anchor !

言葉 も 無く て ただ 波 の 音 聞い て た

記憶 の 意味 試さ れ て いる みたい に

闇 の 中 でも 思い出す

前 に 進む の 見て い て よ

So repeatedly , we won ' t regret to them

そんな 風 に 考え て い た の

憧れ 抜 錨 未来

絶望 喪失 別離

いく つ も の 悲しみ と 海 を 越え

たとえ 世界 の すべて が 海 色 に 溶け て も

きっと あなた の 声 が する

大丈夫 帰 ろ う って でも

世界 が すべて 反転 し て いる の なら

それ でも あなた と 真っ直ぐ に 前 を 見 て て

今 願い 込め た 一撃 爆ぜ た

そう か 見失った か

はい その うち 一 隻 は 隻 眼 の ヲ 級 で ある こと を 確認 し まし た

鎮守 府 を 爆撃 し た 機動 部隊 に 間違い なかった の です が

申し訳 あり ませ ん

どう ?

残念 です が その 情報 だけ で は どこ から 来 た か の 特定 は

そう か

我が 連合 艦隊 の 総力 を もって 棲 地 AF を 攻略

敵 の 機動 部隊 を 誘引 し これ を 撃 滅 せよ

それ が 提督 の 残し た 作戦 な の です か

棲 地 AF

おそらく 情報 の 漏洩 を 恐れ て 提督 が 暗号 で 書 い た と 思わ れる の

何 か 分かる こと ない ?

分かる ?

一体 どこ だ

机 が ちょっと 低い っぽい

わ … 私 も 低い かも しれ ない わ ね

暁 ちゃん は ぴったり な の です

それ より あと は あと は

特に は な いわ ね

これ やった 時 練 度 が どーんと 上がった な みたい な の

また 聞い てる の ?

だって まだまだ 足り ない ん だ もん

もっと やる こと を いろいろ 増やさ なきゃ って

まだ 増やす の ?

しょうがない よ 改 に なる に は 練 度 を あげる しか ない って

赤城 先輩 に も 言わ れ た し

次 行く ぞ

はい

もう 一 度 お 願い し ます

行く ぞ

すごく 上手 に なった の です

じゃあ 行く わ ね

うん また 明日

演習 頑張って ね

そう そう

今日 から 間宮 さん の とこ 正式 に 営業 する らしい よ

本当 ? よかった

うん 寄って か ない ?

ああ 今日 は いい や

トレーニング の メニュー 残って る し

あんまり 食べる と 眠く なっちゃ う し

間宮 さん に よろしく 伝え て おい て よ

じゃあ ね

赤城 先輩 すみません 失礼 し ます

珍しい あの 子 が 赤城 さん を 見つけ て そのまま 行って しまう なんて

MI 方面 です か

ああ 状況 を 確認 し て き て もらい たい

ただ 深入り は 禁物 よ

あと 火 に は 気 を つけ て ね

はい

任務 は あくまで 棲 地 AF の 特定 だ

寒い

すでに 北方 海域 と 南西 海域 に は 別 の 部隊 を 偵察 に 出し て いる

鎮守 府 に 爆撃 を 行った 機動 部隊 は 敵 の 主力 部隊 で ある こと は 間違い ない

近づけ ば 必ず 動き が ある はず だ

つまり 近づ い て 動き が あった 棲 地 の 付近 に 機動 部隊 が いる

そういう こと

以上 だ 出撃 せよ

何 か 引っかかる ?

いや なぜ 提督 は あの 艦 を 選 ん だ の か と 思って な

吹雪 ちゃん ?

確か あの 子 を 鎮守 府 に 呼び寄せ た の も 提督 だった わ ね

特 型 駆逐 艦 の 一 番 艦 で は ある が

装備 機動 性 に おい て 特に 秀で た もの は ない

大規模 改装 が 行わ れ た ところ で 劇的 な 変化 は 望め ない はず だ が

やい てる の ? あの 子 に

バカ な ただ 疑問 に 思った だけ だ

提督 は きっと 気まぐれ な の よ

あなた を 秘書 艦 に 指名 する ぐらい な ん だ から

何 が 言い たい ?

やきもち やく の も 悪く ない わ

私 だって やい てる の よ

自分 の 大切 な 子 を 秘書 艦 に し た 提督 に

自分 の 大切 な …

那珂 ちゃん だめ よ

ちゃんと 警戒 し て

だって 退屈 な ん だ もん

偵察 機 の 方 は ?

特に 何も

海 も 静か だ ね

つまり ここ じゃ ない って

見 て ください

確実 に 見つかった ね

写真 は 鎮守 府 を 通さ なきゃ だめ

至急 この 海域 から 離脱 し ます

各自 確認 を

敵 艦 発見

回り込ま れ た みたい だ ね

もう しつこい ん だ から

こう なったら 素敵 な パーティー 始める しか な いわ ね

だめ です

神 通

敵 の 数 は ?

敵 駆逐 艦 4 軽 巡 2

その くらい なら

行っちゃ お う よ

仕方 あり ませ ん

三水 戦 戦闘 用意

ここ で 私 が 倒せ れ ば

練 度 が …

吹雪 ちゃん

私 前 に 行き ます

司令 官 見 て て ください

私 が やっつけ ちゃ う ん だ から

夾 叉 次

当たった

吹雪 ちゃん

吹雪 ちゃん

下がり な 特 型 駆逐 艦

平気 です 川内 さん たち は 敵 駆逐 を

向こう も 損傷 し て い ます

あと もう 一 度 当たる こと が でき れ ば

吹雪 ちゃん

もう 一 度

まだ 大丈夫

倒す こと が でき れ ば

きっと … きっと …

吹雪 ちゃん だめ

これ で

うそ

あれ 夢 ?

気づ い た ?

睦月 ちゃん

よかった よかった よ

あの 私 …

敵 の 最後 の 一 発 が 運よく 逸れ て さ

当たって たら 轟 沈 だった よ

じゃあ

睦月 ちゃん あの 深海 棲 艦 私 倒せ た ?

吹雪 ちゃん

残念 だ けど そっち も 外れ

そう です か

もう 少し か と 思った のに な

そんな の どうでも いい よ

吹雪 ちゃん 轟 沈 する ところ だった ん だ よ

睦月 ちゃん

だめ だ よ あんな こと し ちゃ

轟 沈 し たら もう 戻って こ れ ない ん だ よ

戦う こと も 歩く こと も

みんな と お 話 する こと も 何 も でき なく なっちゃ う ん だ よ

後悔 も でき ない まま 海 の 中 に 消え ちゃ う ん だ よ

でも

私 もう 嫌 な の

如月 ちゃん み たい に 吹雪 ちゃん が い なく なったら と 思ったら

もう あんな の 嫌 な の

睦月 ちゃん

少し は 気持ち 考え て あげ ない と ね

三水 戦 が 一 番 激しい 攻撃 を 受け た と 考える と

棲 地 MI が 本命 か

でも それ だけ で 特定 する の は 早計 じゃ ない ?

分かって いる 何 か 決め手 と なる もの が ほしい

もう 何 な ん です これ

どう し た の

いえ さっき から 千 歳 と 連絡 を 取って いる の です が

どうも 混信 し てる みたい で

大淀

はい ?

睦月 ちゃん お 話 が ある の

こんな 暗い ところ を 北上 さん と 二 人きり …

大井 っち

はい

手 繋 い で も いい

暗く て 前 よく 見え なく て

ダメ ?

も もちろん です

そ っか やっぱり ダメ か

ち ちがい ます 構い ませ ん

賛成 です

是 か 非 って 言え ば 是 です

ぜひ

なんか よく わから ない けど じゃあ

明るく なった ね これ なら 見える よ

行 こ う

空気 読み なさい よ

そこ の 海 に 沈める わ よ

大井 っち 何 月 に 叫 ん でる の

な なんでもない です

ごめん ね なんか 急に いろんな こと が 起き すぎ ちゃ って

よく 考え られ なく て

う うん 吹雪 の 気持ち は わかって る つもり だ よ

私 の 方 こそ ごめん

どうしても 怖く なっちゃ っ て

あの ね 私 ここ で 司令 官 に 声 掛け て もらった の

こう して いる とき 後ろ から 足音 が し て

振り返ったら 司令 官 だった

まだ 鎮守 府 に 来 た ばかり で ね すごい 不安 で

なんで 呼ば れ た の か なって 何も でき ない の に って

だから 私 思い切って 聞い て み た の

どうして 私 な ん です か 私 を 呼 ん だ ん です か って

答え て くれ た ?

夢 に 見 た ん だ って

私 が 司令 官 に 一生懸命 話 し て いる らしく て

私 司令 官 の こと だ いす … 信頼 し て い ます は い

それ だけ ?

うん だ から ここ から 始め て い こ う って そう 言わ れ た の

だから だ から 私 も 始めよ う って

夢 を 持って 進 ん で いこ う って

吹雪 ちゃん の 夢 って

誰 か の 役 に 立つ こと

どんな 些細 な 事 で も いい

みんな の 役 に 立ち たい の

じゃあ 改 に なる の も その ため ?

うん

そ っか

ごめん ね

睦月 ちゃん

絶対 い なく なったり し ない から 約束 する から

以前 提督 に 言わ れ た こと が ある ん です

私 の 随伴 艦 は 私 が 決め なさい と

赤城 さん

戦力 が 増強 さ れ て いる

間違い ない の か

はい 水上 機 母艦 千歳 千代田 が 確認 し まし た

やはり か

重要 拠点 で あれ ば 情報 伝達 の 量 が 多く なる

航空 戦力 も かなり の 数 集結 し て いる な

やはり

でも あくまで 可能 性 の 話 よ

わかって いる だ が

指令 書 に 残さ れ た 棲 地 AF は MI と 断定 する

よし

あれ は

おはよう ございます 吹雪 さん

赤城 先輩

どう 新た な 自分 は 見つかり そう ?

はい 頑張って は いる ん です けど

そう です か 実は あなた に お 願い が あって き まし た

随伴 艦 です か

ええ 受け て くれる かしら

私 が …

赤城 さん

加賀 さん

赤城 さん の 意志 は 尊重 し たい

けど あなた は 私 に とって

いえ 連合 艦隊 に とって 決して 欠く こと の でき ない

一 航 戦 の 正規 空母

吹雪 さん あなた に 赤城 さん を 守る 力 が ある の か

試さ せ て ほしい

無理 だ と 言う なら 今 ここ で 辞退 し て

加賀 さん

やり ます やら せ て ください

今度 の 戦い は 機動 部隊 同士 の 航空 戦 が 予想 さ れる わ

護衛 艦 と して 防空 能力 も 必要

はい

今 から 演習 用 の 機体 を 放ち ます

その 攻撃 を 避け ながら 撃破 し て 見せ て

お 願い し ます

それでは 赤城 さん の 護衛 艦 を 務め させる わけ に は いか ない わ

もう 一 度

はい

ちゃんと 宿題 やって き た

吹雪 ちゃん ? 来 て ない の です

もちろん わたし を 誰 だ と 思って る の よ

トレーニング 行った きり 戻って こ ない から てっきり

まだ 走って る っぽい ?

大変 だ よ 今 演習 場 の ほう 通って き たら 吹雪 ちゃん が い て

もう 一 度

はい

吹雪 ちゃん

早く 立って それとも 諦める

やり ます

そんな …

もう 無理 だ よ もう

ダメ

吹雪 ちゃん

私 赤城 先輩 の 護衛 艦 に なり たい の

誰 か の 役 に 立ち たい の

吹雪 ちゃん

お 願い し ます もう 一 度 もう 一 度

吹雪 さん

いき ます よ

立ち なさい

あなた の これ まで の 努力 そんな もの で は なかった はず です

先輩

私 は 知って い ます

海上 を 進む こと すら ままならなかった あなた が

悖 ら ず 恥じ ず 憾 ま ず

いかに 前 を 向 い て ここ まで 来 た か

あなた なら できる はず です 立ち なさい

吹雪 ちゃん

誰 か の 役 に 立ち たい の

頑張れ 頑張れ

あたって

あと 一 機 頑張って いき ま しょ う

あたって ください

い っけ ー

吹雪 ちゃん

吹雪 ちゃん 大丈夫

よく 頑張り まし た

やった

上々 ね すぐ 工 廠 へ 行き なさい

はい

どう ? いい ?

うん どうぞ

これ が 改 ?

あんまり 変わら ない っぽい ?

よかった ね

よく ない よ

まさか 改装 さ れ て ない と か

そんな こと ない よ

ほら 長 10 センチ 砲 に なって る し

服 も ちょっと 変わった し

ただ 姿 は 変わら ない こと も ある ん だ って

そう な の

なんか 頑張って ちょっぴり 損 し た 気分

赤城 先輩

吹雪 さん 約束 通り

次 の 戦い の 随伴 艦 は あなた に お 願い し ます

引き受け て くれ ます ね

はい

そう か ご 苦労 だった

いえ 私 も 望 ん で い た こと です から

ですが なぜ 提督 は そこ まで

私 に も わから ない ただ 指令 書 に も 書か れ て いる の だ

駆逐 艦 吹雪 が この 作戦 の 鍵 と なる と な

司令 官 私 赤城 先輩 の 護衛 艦 に なり ます

届け 届け

想い よ 届け

そう あの 日 笑顔 私 の 願い 全て

君 と 優しい 時間 へ と 届け

海 の 青 広 がる 赤 煉瓦 その 向こう に

ねえ

光る 磯 波 越え 叢雲 の 空 眩 しい

言葉 選 ん で 瞳 伏せ て も

見え ない 明日 も 君 の 笑顔 も !

白く 白く 吹雪 の よう な

そう 、 出逢う 前 から 解って た この 想い

今 なら もっと ずっと 強く

強く 強く 願い は 強く

繋ぐ よ その 手 を 感じ て 明日 を

信じる 優しい 未来 へ と 届け



Want to learn a language?


Learn from this text and thousands like it on LingQ.

  • A vast library of audio lessons, all with matching text
  • Revolutionary learning tools
  • A global, interactive learning community.

LingQでオンライン語学学習

おはよう ございます 今日 も 頑張って ます ね

はい

大丈夫 ?

はい もう 一 周 行って き ます

いって らっしゃい

あと 一息 私 も 頑張 ろ う かな

改 に ?

そう だ 提督 は お前 を 大規模 改装 さ せる ため に 鎮守 府 に 呼び戻し た

お前 が 次 の 戦い に 必要 に なる どうしても 欠く こと は でき ない

そう おっしゃって い た の だ

司令 官 が … 私 を …

頑張る 私 必ず 改 に なって み せる

もう 一 周

朝 の 光 眩 しく て

Weigh Anchor !

言葉 も 無く て ただ 波 の 音 聞い て た

記憶 の 意味 試さ れ て いる みたい に

闇 の 中 でも 思い出す

前 に 進む の 見て い て よ

So repeatedly , we won ' t regret to them

そんな 風 に 考え て い た の

憧れ 抜 錨 未来

絶望 喪失 別離

いく つ も の 悲しみ と 海 を 越え

たとえ 世界 の すべて が 海 色 に 溶け て も

きっと あなた の 声 が する

大丈夫 帰 ろ う って でも

世界 が すべて 反転 し て いる の なら

それ でも あなた と 真っ直ぐ に 前 を 見 て て

今 願い 込め た 一撃 爆ぜ た

そう か 見失った か

はい その うち 一 隻 は 隻 眼 の ヲ 級 で ある こと を 確認 し まし た

鎮守 府 を 爆撃 し た 機動 部隊 に 間違い なかった の です が

申し訳 あり ませ ん

どう ?

残念 です が その 情報 だけ で は どこ から 来 た か の 特定 は

そう か

我が 連合 艦隊 の 総力 を もって 棲 地 AF を 攻略

敵 の 機動 部隊 を 誘引 し これ を 撃 滅 せよ

それ が 提督 の 残し た 作戦 な の です か

棲 地 AF

おそらく 情報 の 漏洩 を 恐れ て 提督 が 暗号 で 書 い た と 思わ れる の

何 か 分かる こと ない ?

分かる ?

一体 どこ だ

机 が ちょっと 低い っぽい

わ … 私 も 低い かも しれ ない わ ね

暁 ちゃん は ぴったり な の です

それ より あと は あと は

特に は な いわ ね

これ やった 時 練 度 が どーんと 上がった な みたい な の

また 聞い てる の ?

だって まだまだ 足り ない ん だ もん

もっと やる こと を いろいろ 増やさ なきゃ って

まだ 増やす の ?

しょうがない よ 改 に なる に は 練 度 を あげる しか ない って

赤城 先輩 に も 言わ れ た し

次 行く ぞ

はい

もう 一 度 お 願い し ます

行く ぞ

すごく 上手 に なった の です

じゃあ 行く わ ね

うん また 明日

演習 頑張って ね

そう そう

今日 から 間宮 さん の とこ 正式 に 営業 する らしい よ

本当 ? よかった

うん 寄って か ない ?

ああ 今日 は いい や

トレーニング の メニュー 残って る し

あんまり 食べる と 眠く なっちゃ う し

間宮 さん に よろしく 伝え て おい て よ

じゃあ ね

赤城 先輩 すみません 失礼 し ます

珍しい あの 子 が 赤城 さん を 見つけ て そのまま 行って しまう なんて

MI 方面 です か

ああ 状況 を 確認 し て き て もらい たい

ただ 深入り は 禁物 よ

あと 火 に は 気 を つけ て ね

はい

任務 は あくまで 棲 地 AF の 特定 だ

寒い

すでに 北方 海域 と 南西 海域 に は 別 の 部隊 を 偵察 に 出し て いる

鎮守 府 に 爆撃 を 行った 機動 部隊 は 敵 の 主力 部隊 で ある こと は 間違い ない

近づけ ば 必ず 動き が ある はず だ

つまり 近づ い て 動き が あった 棲 地 の 付近 に 機動 部隊 が いる

そういう こと

以上 だ 出撃 せよ

何 か 引っかかる ?

いや なぜ 提督 は あの 艦 を 選 ん だ の か と 思って な

吹雪 ちゃん ?

確か あの 子 を 鎮守 府 に 呼び寄せ た の も 提督 だった わ ね

特 型 駆逐 艦 の 一 番 艦 で は ある が

装備 機動 性 に おい て 特に 秀で た もの は ない

大規模 改装 が 行わ れ た ところ で 劇的 な 変化 は 望め ない はず だ が

やい てる の ? あの 子 に

バカ な ただ 疑問 に 思った だけ だ

提督 は きっと 気まぐれ な の よ

あなた を 秘書 艦 に 指名 する ぐらい な ん だ から

何 が 言い たい ?

やきもち やく の も 悪く ない わ

私 だって やい てる の よ

自分 の 大切 な 子 を 秘書 艦 に し た 提督 に

自分 の 大切 な …

那珂 ちゃん だめ よ

ちゃんと 警戒 し て

だって 退屈 な ん だ もん

偵察 機 の 方 は ?

特に 何も

海 も 静か だ ね

つまり ここ じゃ ない って

見 て ください

確実 に 見つかった ね

写真 は 鎮守 府 を 通さ なきゃ だめ

至急 この 海域 から 離脱 し ます

各自 確認 を

敵 艦 発見

回り込ま れ た みたい だ ね

もう しつこい ん だ から

こう なったら 素敵 な パーティー 始める しか な いわ ね

だめ です

神 通

敵 の 数 は ?

敵 駆逐 艦 4 軽 巡 2

その くらい なら

行っちゃ お う よ

仕方 あり ませ ん

三水 戦 戦闘 用意

ここ で 私 が 倒せ れ ば

練 度 が …

吹雪 ちゃん

私 前 に 行き ます

司令 官 見 て て ください

私 が やっつけ ちゃ う ん だ から

夾 叉 次

当たった

吹雪 ちゃん

吹雪 ちゃん

下がり な 特 型 駆逐 艦

平気 です 川内 さん たち は 敵 駆逐 を

向こう も 損傷 し て い ます

あと もう 一 度 当たる こと が でき れ ば

吹雪 ちゃん

もう 一 度

まだ 大丈夫

倒す こと が でき れ ば

きっと … きっと …

吹雪 ちゃん だめ

これ で

うそ

あれ 夢 ?

気づ い た ?

睦月 ちゃん

よかった よかった よ

あの 私 …

敵 の 最後 の 一 発 が 運よく 逸れ て さ

当たって たら 轟 沈 だった よ

じゃあ

睦月 ちゃん あの 深海 棲 艦 私 倒せ た ?

吹雪 ちゃん

残念 だ けど そっち も 外れ

そう です か

もう 少し か と 思った のに な

そんな の どうでも いい よ

吹雪 ちゃん 轟 沈 する ところ だった ん だ よ

睦月 ちゃん

だめ だ よ あんな こと し ちゃ

轟 沈 し たら もう 戻って こ れ ない ん だ よ

戦う こと も 歩く こと も

みんな と お 話 する こと も 何 も でき なく なっちゃ う ん だ よ

後悔 も でき ない まま 海 の 中 に 消え ちゃ う ん だ よ

でも

私 もう 嫌 な の

如月 ちゃん み たい に 吹雪 ちゃん が い なく なったら と 思ったら

もう あんな の 嫌 な の

睦月 ちゃん

少し は 気持ち 考え て あげ ない と ね

三水 戦 が 一 番 激しい 攻撃 を 受け た と 考える と

棲 地 MI が 本命 か

でも それ だけ で 特定 する の は 早計 じゃ ない ?

分かって いる 何 か 決め手 と なる もの が ほしい

もう 何 な ん です これ

どう し た の

いえ さっき から 千 歳 と 連絡 を 取って いる の です が

どうも 混信 し てる みたい で

大淀

はい ?

睦月 ちゃん お 話 が ある の

こんな 暗い ところ を 北上 さん と 二 人きり …

大井 っち

はい

手 繋 い で も いい

暗く て 前 よく 見え なく て

ダメ ?

も もちろん です

そ っか やっぱり ダメ か

ち ちがい ます 構い ませ ん

賛成 です

是 か 非 って 言え ば 是 です

ぜひ

なんか よく わから ない けど じゃあ

明るく なった ね これ なら 見える よ

行 こ う

空気 読み なさい よ

そこ の 海 に 沈める わ よ

大井 っち 何 月 に 叫 ん でる の

な なんでもない です

ごめん ね なんか 急に いろんな こと が 起き すぎ ちゃ って

よく 考え られ なく て

う うん 吹雪 の 気持ち は わかって る つもり だ よ

私 の 方 こそ ごめん

どうしても 怖く なっちゃ っ て

あの ね 私 ここ で 司令 官 に 声 掛け て もらった の

こう して いる とき 後ろ から 足音 が し て

振り返ったら 司令 官 だった

まだ 鎮守 府 に 来 た ばかり で ね すごい 不安 で

なんで 呼ば れ た の か なって 何も でき ない の に って

だから 私 思い切って 聞い て み た の

どうして 私 な ん です か 私 を 呼 ん だ ん です か って

答え て くれ た ?

夢 に 見 た ん だ って

私 が 司令 官 に 一生懸命 話 し て いる らしく て

私 司令 官 の こと だ いす … 信頼 し て い ます は い

それ だけ ?

うん だ から ここ から 始め て い こ う って そう 言わ れ た の

だから だ から 私 も 始めよ う って

夢 を 持って 進 ん で いこ う って

吹雪 ちゃん の 夢 って

誰 か の 役 に 立つ こと

どんな 些細 な 事 で も いい

みんな の 役 に 立ち たい の

じゃあ 改 に なる の も その ため ?

うん

そ っか

ごめん ね

睦月 ちゃん

絶対 い なく なったり し ない から 約束 する から

以前 提督 に 言わ れ た こと が ある ん です

私 の 随伴 艦 は 私 が 決め なさい と

赤城 さん

戦力 が 増強 さ れ て いる

間違い ない の か

はい 水上 機 母艦 千歳 千代田 が 確認 し まし た

やはり か

重要 拠点 で あれ ば 情報 伝達 の 量 が 多く なる

航空 戦力 も かなり の 数 集結 し て いる な

やはり

でも あくまで 可能 性 の 話 よ

わかって いる だ が

指令 書 に 残さ れ た 棲 地 AF は MI と 断定 する

よし

あれ は

おはよう ございます 吹雪 さん

赤城 先輩

どう 新た な 自分 は 見つかり そう ?

はい 頑張って は いる ん です けど

そう です か 実は あなた に お 願い が あって き まし た

随伴 艦 です か

ええ 受け て くれる かしら

私 が …

赤城 さん

加賀 さん

赤城 さん の 意志 は 尊重 し たい

けど あなた は 私 に とって

いえ 連合 艦隊 に とって 決して 欠く こと の でき ない

一 航 戦 の 正規 空母

吹雪 さん あなた に 赤城 さん を 守る 力 が ある の か

試さ せ て ほしい

無理 だ と 言う なら 今 ここ で 辞退 し て

加賀 さん

やり ます やら せ て ください

今度 の 戦い は 機動 部隊 同士 の 航空 戦 が 予想 さ れる わ

護衛 艦 と して 防空 能力 も 必要

はい

今 から 演習 用 の 機体 を 放ち ます

その 攻撃 を 避け ながら 撃破 し て 見せ て

お 願い し ます

それでは 赤城 さん の 護衛 艦 を 務め させる わけ に は いか ない わ

もう 一 度

はい

ちゃんと 宿題 やって き た

吹雪 ちゃん ? 来 て ない の です

もちろん わたし を 誰 だ と 思って る の よ

トレーニング 行った きり 戻って こ ない から てっきり

まだ 走って る っぽい ?

大変 だ よ 今 演習 場 の ほう 通って き たら 吹雪 ちゃん が い て

もう 一 度

はい

吹雪 ちゃん

早く 立って それとも 諦める

やり ます

そんな …

もう 無理 だ よ もう

ダメ

吹雪 ちゃん

私 赤城 先輩 の 護衛 艦 に なり たい の

誰 か の 役 に 立ち たい の

吹雪 ちゃん

お 願い し ます もう 一 度 もう 一 度

吹雪 さん

いき ます よ

立ち なさい

あなた の これ まで の 努力 そんな もの で は なかった はず です

先輩

私 は 知って い ます

海上 を 進む こと すら ままならなかった あなた が

悖 ら ず 恥じ ず 憾 ま ず

いかに 前 を 向 い て ここ まで 来 た か

あなた なら できる はず です 立ち なさい

吹雪 ちゃん

誰 か の 役 に 立ち たい の

頑張れ 頑張れ

あたって

あと 一 機 頑張って いき ま しょ う

あたって ください

い っけ ー

吹雪 ちゃん

吹雪 ちゃん 大丈夫

よく 頑張り まし た

やった

上々 ね すぐ 工 廠 へ 行き なさい

はい

どう ? いい ?

うん どうぞ

これ が 改 ?

あんまり 変わら ない っぽい ?

よかった ね

よく ない よ

まさか 改装 さ れ て ない と か

そんな こと ない よ

ほら 長 10 センチ 砲 に なって る し

服 も ちょっと 変わった し

ただ 姿 は 変わら ない こと も ある ん だ って

そう な の

なんか 頑張って ちょっぴり 損 し た 気分

赤城 先輩

吹雪 さん 約束 通り

次 の 戦い の 随伴 艦 は あなた に お 願い し ます

引き受け て くれ ます ね

はい

そう か ご 苦労 だった

いえ 私 も 望 ん で い た こと です から

ですが なぜ 提督 は そこ まで

私 に も わから ない ただ 指令 書 に も 書か れ て いる の だ

駆逐 艦 吹雪 が この 作戦 の 鍵 と なる と な

司令 官 私 赤城 先輩 の 護衛 艦 に なり ます

届け 届け

想い よ 届け

そう あの 日 笑顔 私 の 願い 全て

君 と 優しい 時間 へ と 届け

海 の 青 広 がる 赤 煉瓦 その 向こう に

ねえ

光る 磯 波 越え 叢雲 の 空 眩 しい

言葉 選 ん で 瞳 伏せ て も

見え ない 明日 も 君 の 笑顔 も !

白く 白く 吹雪 の よう な

そう 、 出逢う 前 から 解って た この 想い

今 なら もっと ずっと 強く

強く 強く 願い は 強く

繋ぐ よ その 手 を 感じ て 明日 を

信じる 優しい 未来 へ と 届け


×

LingQをより快適にするためCookieを使用しています。サイトの訪問により同意したと見なされます cookie policy.