image

進撃の巨人, Shingeki no Kyojin (Attack on Titan) Episode 5

845 年 突然 現れ た 超 大型 巨人 及び 鎧 の 巨人 に よって

すべて の 日常 が 壁 と 共に 破壊 さ れ た

人類 は ウォール ・ マリア を 放棄

2 割 の 人口 と 3 分 の 1 の 領土 を 失い

活動 領域 は ウォール ・ ローゼ まで 後退 し た

そして 850 年

人類 の 反撃 は これ から だ

目標 目 の 前 超 大型 巨人

これ は チャンス だ

絶対 逃す な

よ ー 5 年 ぶり だ な

コイツ 固定 砲 を 狙い や がった

開閉 扉 を 狙った の も 偶然 じゃ ない

やはり コイツ に は 知性 が

しかし チャンス だ

壁 を 破壊 できる の は コイツ だけ

コイツ さえ 仕留め れ ば

鈍い

殺 った

行け ー

外 し た ?

いや

超 大型 巨人 が 消え た

エレン お前 が 倒し ち まった の か

違う 5 年 前 と 同じ だ

アイツ は 突然 現れ て 突然 消え た

すま ん 逃がし た

何 謝って ん だ オレ 達 何て 全く 動け なかった

オイ そんな 話し てる 場合 か

もう 壁 は 壊さ れ ち まった ん だ

早く 塞が ない と また 巨人 達 が 入って くる ぞ

何 し てる

超 大型 巨人 出現 時 の 作戦 は 既に 開始 し てる

直ちに 本部 へ 戻れ

ヤツ と 接触 し た 者 は 報告 も 忘れる な

ハッ

先遣 班 の 健闘 を 祈り ます

所持 する 財産 は 最小 限 に

落ち着 い て 避難 し て ください

ここ が 突破 さ れ れ ば 5 年 前 の 惨劇 が 再び 繰り返さ れる

我々 が ここ で 巨人 を 食い止める の だ

迎撃 用意

撃て ー

掛かれ

お前 達 訓練 兵 も 卒業 演習 を 合格 し た 立派 な 兵士 だ

本 作戦 でも 活躍 を 期待 する

大丈夫 だ よ ハンナ 僕 が 必ず 君 を 守る から

フランツ

大丈夫 か アルミン

だっ 大丈夫 だ こんな の すぐに 治まる

し しかし まずい ぞ

現状 で は まだ 縦 8 m も の 穴 を すぐに 塞ぐ 技術 は ない

前 門 付近 に ある あの 大岩 だって

結局 掘り返す こと さえ でき なかった

穴 を 塞げ ない 時点 で この 街 は 放棄 さ れる

ウォール ・ ローゼ が 突破 さ れる の も 時間 の 問題 だ

そもそも ヤツ ら は その 気 に なれ ば

人類 なんか いつ でも 滅ぼす こと が できる ん だ

アルミン

落ち着け

あの 時 と は 違う

人類 は もう 巨人 なんか に 負け ない

ごめん 大丈夫

おい まじめ に やっ とる の か

ほれ また よ の 勝利 だ ぞ

こうして 月 に 1 度 手 合わせ して やっ とる と いう に

貴 様 は とんと 上達 せ ん な ピク シス

いやいや まだまだ バルト 侯 に は かない ませ ん わ い

貴 様 は 南側 領土 を 束ねる 最高 責任 者 で あ ろ う

その 程度 の 腕 と 頭 で どう 巨人 に 勝つ つもり だ

ピク シス 司令 伝令 です

何 だ 貴 様 無礼 な . . .

トロ スト 区 に 超 大型 巨人 が 出現

開閉 扉 が 破壊 さ れ まし た

こりゃ 旨 い 酒 です な

戦場 で の 友 と して 謹んで 頂 戴 いたし ます ぞ

お ー い 待って ピク シス

ピク シス おい 待た ん か

ここ を 離れる こと は 許さ ん ぞ

直ちに 兵 を 招集 し 我が 領地 防衛 に 務める の だ

それ が 貴 様 の 職務 で あ ろ う

バルト 侯

トロ スト 区 で は 今 まさに 兵 達 が 身命 を 賭 し て 戦って おる の です ぞ

司令 馬 を 準備 し て き ます

そして 恐らく 多く の 者 が 命 を 落とし て おり ます

わし ら が お 喋り し とる 今 この 時 に も

どうせ 安い 命 だ 捨て おけ

そもそも 盤上 の 戦 で よ を 相手 に 負け 続ける 貴 様 が 行った ところ で 状況 は 変わら ん わ い

ご 安心 ください 侯爵

実際 の 戦 で 巨人 が 相手 なら ば 司令 が 手心 を 加える 必要 は ござい ませ ん ので

よさ ん か

バルト 侯

侯 は 平素 通り 平和 で 穏やか な 一 日 を お 過ごし くだされ

お ー い ピク シス 戻って こい ピク シス

ピク シース

それでは 訓練 通り に 各 班 ごと 分かれ

駐屯 兵 団 の 指揮 の もと

補給 支援 ・ 情報 伝達 ・ 巨人 の 掃討 など を 行って もらう

前衛 部 を 駐屯 兵 団 の 迎撃 班

中 衛 を 支援 班 が 率いる 訓練 兵 団

後衛 を 駐屯 兵 団 の 精鋭 班 が それぞれ 受け持つ

また 伝令 に よる と 先遣 班 は 既に 全滅 し た と の こと だ

外 門 が 突破 さ れ 巨人 の 侵入 を 許し た

つまり いつ また 鎧 の 巨人 が 現れ

内 門 を 破って も おかしく は ない と いう 状況 に ある

そんな

うそ だ ろ

ローゼ まで 破ら れる こと に なった な

静粛 に

現在 は 前衛 で 迎撃 中 だ

本 防衛 作戦 の 目的 は 一 つ 住民 の 避難 が 完了 する まで

ウォール ・ ローゼ を 死守 する こと で ある

なお 承知 し て いる で あ ろ う が 敵 前 逃亡 は 死罪 に 値 する

みな 心して 命 を 捧げよ

解散

ハッ

なんで 今日 な ん だ 明日 から 内地 に 行け たっ つ ー の に

大丈夫

いや だ いや だ いや だ . . .

邪魔 だ

おい ジャン どう し た ん だ

どう し ただ と 呑気 な こ と 言って ん じゃ ねぇ この 死 に 急ぎ やろ う が

て め ぇ は 調査 兵 団 志望 だ から

いつ でも 巨人 の 餌 に なる 覚悟 は 出来 てん だ ろ う が よ

おら ぁ 明日 から 内地 行き だった ん だ ぞ

落ち着け

落ち着 い て 死に に 行 けっ つ ー の か

違う 思い出せ

オレ 達 が 血 反吐 を 吐 い た 三 年 間 を

三 年 間 オレ 達 は 何度 も 死に かけ た

実際 に 死 ん だ 奴 も いる

逃げ出し た やつ や 追い出さ れ た やつ も

でも オレ 達 は 生き残った そう だ ろ う

今日 だって きっと 生き残れ る

今日 生き残って 明日 内地 に 行く ん だ ろ う

くそ

行く ぞ ダツ いつ まで も 泣 い てん じゃ ねぇ

あぁ

エレン 戦闘 が 混乱 し たら 私 の ところ へ 来 て

は オレ と お前 は 別々 の 班 だ ろ う

混乱 し た 状況 下 で は 筋書き 通り に は いか ない

私 は あなた を 守る

お前 何 言って . . .

アッカーマン 訓練 兵

お前 は 特別 に 後衛 部隊 だ つい て こい

わ 私 の 腕 で は 足手まとい に なり ます

お前 の 判断 を 聞い て いる の で は ない

避難 が 遅れ て いる 今 は 住民 の 近く に 一 人 でも 多く の 精鋭 が 必要 だ

し しかし

おい

いい加減 に しろ ミカサ

お前 まで オタ つい てん じゃ ねぇ 人類 滅亡 の 危機 だ ぞ

何て め ぇ の 勝手 な 都合 を 押しつけ て ん だ

悪かった 私 は 冷静 じゃ なかった

ひと つ だけ 頼み が ある

どう か 死な ない で

死な ない さ オレ は

こんな ところ で 死 ん で られ ない ん だ

オレ は まだ この 世界 の 実態 を 何も 知ら ない ん だ から

残さ れ た 歴史 文献 に も 巨人 の 発生 原因 は 記さ れ て おら ず

不明 な 点 が ほとんど で ある

現在 明らか に なって いる 巨人 の 生態 など は

調査 兵 団 の 最新 の 報告 書 に よる もの で ある

巨人 に は 人間 の よう な 知性 は 確認 でき ず

よって 我々 と の 意思 の 疎通 は 現在 まで 例 が ない

巨人 の 体 の 構造 は 他の 生物 と 根本 的 に 異なる

生殖 器 は 存在 せ ず 繁殖 方法 など は 不明 だ が

殆ど が 男性 の よう な 体付き で ある

その 体 は 極端 に 高温 で

難解 な こと に 人間 以外 の 生物 に は 一切 の 関心 を 示さ ない

巨人 の 唯一 の 行動 原理 は 人 を 食らう こと だ が

そもそも 巨人 が 人間 の い ない 環境 下 で 百 年 以上 存在 し て いる こと を 考える と

食事 を とる こと 自体 必要 ない もの で ある と 推測 できる

つまり 目的 は 捕食 で は なく 殺戮 に ある の で は ない か と さ れ て いる

そして ここ まで 人類 が 追い詰め られ た 最大 の 要因 は

巨人 の 驚異 的 な 生命 力 に ある

昔 から 人類 は 大砲 の 技術 を 有 し て は い た が

それ だけ で は 対抗 でき なかった

巨人 は 頭 を 吹き飛ばさ れ て も 死な ず

また 個体 差 は ある が なくなった 頭部 は 一 二 分 ほど で 元通り に なって しまう

そんな

で かい だけ でも 厄介 な の に

教官 それでは 巨人 は 不死身 です か

不死身 で は ない 巨人 を 倒す 方法 は ひと つ

ここ を 狙う

巨人 は この 部分 を 大きく 損傷 する と 再生 する こと なく 絶命 する

だから 肉 を そぎ 落とす ため に この 二 本 の 刃 を 使う

この 攻撃 が 巨人 の 急所 を 捉え れ ば

再生 する 時間 を 与え ず に 即 死に 至ら しめる こと が できる

なあ アルミン

こりゃ いい 機会 だ と 思わ ねぇ か

調査 兵 団 に 入団 する 前 に よ この 初陣 で 活躍 し とけ ば

オレ 達 は 新 兵 に し て スピード 昇格 間違い なし だ

あぁ 間違い ない

言 っと く けど 今期 の 調査 兵 団 志願 者 は いっぱい いる ん だ から ね

先 は エレン に 遅れ を 取った けど 今回 は 負け ない ぜ

いった な トーマス

誰 が 多く 巨人 を 狩れ る か 勝負 だ

数 を ちょ ろ まかす な よ

34 班 前進 前衛 の 支援 に 付ける

よし 行く ぞ

おお

巨人 が もう あんなに

前衛 部隊 が 総崩れ じゃ ない か

な に やって ん だ 普段 威張り散らし てる 先輩 方 は

決して 楽観 視 し て い た わけ じゃ なかった が これ は あまり に も . . .

奇 行 種 だ

止まれ

あ . . .

あれ

ち 何 し や がる

エレン

よせ 単 騎 行動 は

待ち や がれ

よくも トーマス を

絶対 に 絶対 に 逃がさ ない

エレン

エレン

やめ て やめ て ください

なんで 僕 . . .

仲間 が 食わ れ てる 光景 を 眺め て いる ん だ

どうして 僕 の 体 動か ない ん だ

ア アルミン . . .

エレン エレン エレン

どう し た よ アルミン

これ お 爺ちゃん が 隠し持って た ん だ

外 の 世界 の こと が 書か れ てる 本 だ よ

外 の 世界 の 本 だって それ って いけない もの な ん だ ろ

憲兵 団 に 捕ま っち まう ぞ

そんな こと 言って る 場合 じゃ ない ん だ

この 本 に よる と この 世界 の 大半 は

「 海 」 って いう 水 で 覆わ れ て いる ん だ って

しかも 「 海 」 は 全部 塩 水 な ん だ って

塩 だって 嘘 つけ 塩 なんて 宝 の 山 じゃ ねぇ か

きっと 商人 が すぐに 取り 尽くし ち まう よ

取り 尽くせ ない ほど 「 海 」 は 広い ん だ

ん な わけ あ . . .

塩 が 山ほど ある だけ じゃ ない

炎 の 水 氷 の 大地 砂 の 雪原

きっと 外 の 世界 は この 壁 の 中 の 何 倍 も 広い ん だ

外 の 世界 . . .

それ で これ は まだ 内緒 な ん だ けど

お 父さん と お 母さん は ね 今度 外 の 世界 に 行く ん だ って

外 の 世界 か

ね エレン

僕達 も いつか 外 の 世界 を 探検 できる と いい ね

エレン

こんな ところ で 死ね る か

アルミン お前 が 教え て くれ た から

オレ は . . . 外 の . . . 世界 に . . .

エレン 早く

突然 降り出し た 雨

その 静か な 雨音 湿った 空気

少し だけ 甘い 雨 の 匂い が

ミカサ に 過去 の 陰惨 な 事件 を 思い出さ せる



Want to learn a language?


Learn from this text and thousands like it on LingQ.

  • A vast library of audio lessons, all with matching text
  • Revolutionary learning tools
  • A global, interactive learning community.

LingQでオンライン語学学習

845 年 突然 現れ た 超 大型 巨人 及び 鎧 の 巨人 に よって

すべて の 日常 が 壁 と 共に 破壊 さ れ た

人類 は ウォール ・ マリア を 放棄

2 割 の 人口 と 3 分 の 1 の 領土 を 失い

活動 領域 は ウォール ・ ローゼ まで 後退 し た

そして 850 年

人類 の 反撃 は これ から だ

目標 目 の 前 超 大型 巨人

これ は チャンス だ

絶対 逃す な

よ ー 5 年 ぶり だ な

コイツ 固定 砲 を 狙い や がった

開閉 扉 を 狙った の も 偶然 じゃ ない

やはり コイツ に は 知性 が

しかし チャンス だ

壁 を 破壊 できる の は コイツ だけ

コイツ さえ 仕留め れ ば

鈍い

殺 った

行け ー

外 し た ?

いや

超 大型 巨人 が 消え た

エレン お前 が 倒し ち まった の か

違う 5 年 前 と 同じ だ

アイツ は 突然 現れ て 突然 消え た

すま ん 逃がし た

何 謝って ん だ オレ 達 何て 全く 動け なかった

オイ そんな 話し てる 場合 か

もう 壁 は 壊さ れ ち まった ん だ

早く 塞が ない と また 巨人 達 が 入って くる ぞ

何 し てる

超 大型 巨人 出現 時 の 作戦 は 既に 開始 し てる

直ちに 本部 へ 戻れ

ヤツ と 接触 し た 者 は 報告 も 忘れる な

ハッ

先遣 班 の 健闘 を 祈り ます

所持 する 財産 は 最小 限 に

落ち着 い て 避難 し て ください

ここ が 突破 さ れ れ ば 5 年 前 の 惨劇 が 再び 繰り返さ れる

我々 が ここ で 巨人 を 食い止める の だ

迎撃 用意

撃て ー

掛かれ

お前 達 訓練 兵 も 卒業 演習 を 合格 し た 立派 な 兵士 だ

本 作戦 でも 活躍 を 期待 する

大丈夫 だ よ ハンナ 僕 が 必ず 君 を 守る から

フランツ

大丈夫 か アルミン

だっ 大丈夫 だ こんな の すぐに 治まる

し しかし まずい ぞ

現状 で は まだ 縦 8 m も の 穴 を すぐに 塞ぐ 技術 は ない

前 門 付近 に ある あの 大岩 だって

結局 掘り返す こと さえ でき なかった

穴 を 塞げ ない 時点 で この 街 は 放棄 さ れる

ウォール ・ ローゼ が 突破 さ れる の も 時間 の 問題 だ

そもそも ヤツ ら は その 気 に なれ ば

人類 なんか いつ でも 滅ぼす こと が できる ん だ

アルミン

落ち着け

あの 時 と は 違う

人類 は もう 巨人 なんか に 負け ない

ごめん 大丈夫

おい まじめ に やっ とる の か

ほれ また よ の 勝利 だ ぞ

こうして 月 に 1 度 手 合わせ して やっ とる と いう に

貴 様 は とんと 上達 せ ん な ピク シス

いやいや まだまだ バルト 侯 に は かない ませ ん わ い

貴 様 は 南側 領土 を 束ねる 最高 責任 者 で あ ろ う

その 程度 の 腕 と 頭 で どう 巨人 に 勝つ つもり だ

ピク シス 司令 伝令 です

何 だ 貴 様 無礼 な . . .

トロ スト 区 に 超 大型 巨人 が 出現

開閉 扉 が 破壊 さ れ まし た

こりゃ 旨 い 酒 です な

戦場 で の 友 と して 謹んで 頂 戴 いたし ます ぞ

お ー い 待って ピク シス

ピク シス おい 待た ん か

ここ を 離れる こと は 許さ ん ぞ

直ちに 兵 を 招集 し 我が 領地 防衛 に 務める の だ

それ が 貴 様 の 職務 で あ ろ う

バルト 侯

トロ スト 区 で は 今 まさに 兵 達 が 身命 を 賭 し て 戦って おる の です ぞ

司令 馬 を 準備 し て き ます

そして 恐らく 多く の 者 が 命 を 落とし て おり ます

わし ら が お 喋り し とる 今 この 時 に も

どうせ 安い 命 だ 捨て おけ

そもそも 盤上 の 戦 で よ を 相手 に 負け 続ける 貴 様 が 行った ところ で 状況 は 変わら ん わ い

ご 安心 ください 侯爵

実際 の 戦 で 巨人 が 相手 なら ば 司令 が 手心 を 加える 必要 は ござい ませ ん ので

よさ ん か

バルト 侯

侯 は 平素 通り 平和 で 穏やか な 一 日 を お 過ごし くだされ

お ー い ピク シス 戻って こい ピク シス

ピク シース

それでは 訓練 通り に 各 班 ごと 分かれ

駐屯 兵 団 の 指揮 の もと

補給 支援 ・ 情報 伝達 ・ 巨人 の 掃討 など を 行って もらう

前衛 部 を 駐屯 兵 団 の 迎撃 班

中 衛 を 支援 班 が 率いる 訓練 兵 団

後衛 を 駐屯 兵 団 の 精鋭 班 が それぞれ 受け持つ

また 伝令 に よる と 先遣 班 は 既に 全滅 し た と の こと だ

外 門 が 突破 さ れ 巨人 の 侵入 を 許し た

つまり いつ また 鎧 の 巨人 が 現れ

内 門 を 破って も おかしく は ない と いう 状況 に ある

そんな

うそ だ ろ

ローゼ まで 破ら れる こと に なった な

静粛 に

現在 は 前衛 で 迎撃 中 だ

本 防衛 作戦 の 目的 は 一 つ 住民 の 避難 が 完了 する まで

ウォール ・ ローゼ を 死守 する こと で ある

なお 承知 し て いる で あ ろ う が 敵 前 逃亡 は 死罪 に 値 する

みな 心して 命 を 捧げよ

解散

ハッ

なんで 今日 な ん だ 明日 から 内地 に 行け たっ つ ー の に

大丈夫

いや だ いや だ いや だ . . .

邪魔 だ

おい ジャン どう し た ん だ

どう し ただ と 呑気 な こ と 言って ん じゃ ねぇ この 死 に 急ぎ やろ う が

て め ぇ は 調査 兵 団 志望 だ から

いつ でも 巨人 の 餌 に なる 覚悟 は 出来 てん だ ろ う が よ

おら ぁ 明日 から 内地 行き だった ん だ ぞ

落ち着け

落ち着 い て 死に に 行 けっ つ ー の か

違う 思い出せ

オレ 達 が 血 反吐 を 吐 い た 三 年 間 を

三 年 間 オレ 達 は 何度 も 死に かけ た

実際 に 死 ん だ 奴 も いる

逃げ出し た やつ や 追い出さ れ た やつ も

でも オレ 達 は 生き残った そう だ ろ う

今日 だって きっと 生き残れ る

今日 生き残って 明日 内地 に 行く ん だ ろ う

くそ

行く ぞ ダツ いつ まで も 泣 い てん じゃ ねぇ

あぁ

エレン 戦闘 が 混乱 し たら 私 の ところ へ 来 て

は オレ と お前 は 別々 の 班 だ ろ う

混乱 し た 状況 下 で は 筋書き 通り に は いか ない

私 は あなた を 守る

お前 何 言って . . .

アッカーマン 訓練 兵

お前 は 特別 に 後衛 部隊 だ つい て こい

わ 私 の 腕 で は 足手まとい に なり ます

お前 の 判断 を 聞い て いる の で は ない

避難 が 遅れ て いる 今 は 住民 の 近く に 一 人 でも 多く の 精鋭 が 必要 だ

し しかし

おい

いい加減 に しろ ミカサ

お前 まで オタ つい てん じゃ ねぇ 人類 滅亡 の 危機 だ ぞ

何て め ぇ の 勝手 な 都合 を 押しつけ て ん だ

悪かった 私 は 冷静 じゃ なかった

ひと つ だけ 頼み が ある

どう か 死な ない で

死な ない さ オレ は

こんな ところ で 死 ん で られ ない ん だ

オレ は まだ この 世界 の 実態 を 何も 知ら ない ん だ から

残さ れ た 歴史 文献 に も 巨人 の 発生 原因 は 記さ れ て おら ず

不明 な 点 が ほとんど で ある

現在 明らか に なって いる 巨人 の 生態 など は

調査 兵 団 の 最新 の 報告 書 に よる もの で ある

巨人 に は 人間 の よう な 知性 は 確認 でき ず

よって 我々 と の 意思 の 疎通 は 現在 まで 例 が ない

巨人 の 体 の 構造 は 他の 生物 と 根本 的 に 異なる

生殖 器 は 存在 せ ず 繁殖 方法 など は 不明 だ が

殆ど が 男性 の よう な 体付き で ある

その 体 は 極端 に 高温 で

難解 な こと に 人間 以外 の 生物 に は 一切 の 関心 を 示さ ない

巨人 の 唯一 の 行動 原理 は 人 を 食らう こと だ が

そもそも 巨人 が 人間 の い ない 環境 下 で 百 年 以上 存在 し て いる こと を 考える と

食事 を とる こと 自体 必要 ない もの で ある と 推測 できる

つまり 目的 は 捕食 で は なく 殺戮 に ある の で は ない か と さ れ て いる

そして ここ まで 人類 が 追い詰め られ た 最大 の 要因 は

巨人 の 驚異 的 な 生命 力 に ある

昔 から 人類 は 大砲 の 技術 を 有 し て は い た が

それ だけ で は 対抗 でき なかった

巨人 は 頭 を 吹き飛ばさ れ て も 死な ず

また 個体 差 は ある が なくなった 頭部 は 一 二 分 ほど で 元通り に なって しまう

そんな

で かい だけ でも 厄介 な の に

教官 それでは 巨人 は 不死身 です か

不死身 で は ない 巨人 を 倒す 方法 は ひと つ

ここ を 狙う

巨人 は この 部分 を 大きく 損傷 する と 再生 する こと なく 絶命 する

だから 肉 を そぎ 落とす ため に この 二 本 の 刃 を 使う

この 攻撃 が 巨人 の 急所 を 捉え れ ば

再生 する 時間 を 与え ず に 即 死に 至ら しめる こと が できる

なあ アルミン

こりゃ いい 機会 だ と 思わ ねぇ か

調査 兵 団 に 入団 する 前 に よ この 初陣 で 活躍 し とけ ば

オレ 達 は 新 兵 に し て スピード 昇格 間違い なし だ

あぁ 間違い ない

言 っと く けど 今期 の 調査 兵 団 志願 者 は いっぱい いる ん だ から ね

先 は エレン に 遅れ を 取った けど 今回 は 負け ない ぜ

いった な トーマス

誰 が 多く 巨人 を 狩れ る か 勝負 だ

数 を ちょ ろ まかす な よ

34 班 前進 前衛 の 支援 に 付ける

よし 行く ぞ

おお

巨人 が もう あんなに

前衛 部隊 が 総崩れ じゃ ない か

な に やって ん だ 普段 威張り散らし てる 先輩 方 は

決して 楽観 視 し て い た わけ じゃ なかった が これ は あまり に も . . .

奇 行 種 だ

止まれ

あ . . .

あれ

ち 何 し や がる

エレン

よせ 単 騎 行動 は

待ち や がれ

よくも トーマス を

絶対 に 絶対 に 逃がさ ない

エレン

エレン

やめ て やめ て ください

なんで 僕 . . .

仲間 が 食わ れ てる 光景 を 眺め て いる ん だ

どうして 僕 の 体 動か ない ん だ

ア アルミン . . .

エレン エレン エレン

どう し た よ アルミン

これ お 爺ちゃん が 隠し持って た ん だ

外 の 世界 の こと が 書か れ てる 本 だ よ

外 の 世界 の 本 だって それ って いけない もの な ん だ ろ

憲兵 団 に 捕ま っち まう ぞ

そんな こと 言って る 場合 じゃ ない ん だ

この 本 に よる と この 世界 の 大半 は

「 海 」 って いう 水 で 覆わ れ て いる ん だ って

しかも 「 海 」 は 全部 塩 水 な ん だ って

塩 だって 嘘 つけ 塩 なんて 宝 の 山 じゃ ねぇ か

きっと 商人 が すぐに 取り 尽くし ち まう よ

取り 尽くせ ない ほど 「 海 」 は 広い ん だ

ん な わけ あ . . .

塩 が 山ほど ある だけ じゃ ない

炎 の 水 氷 の 大地 砂 の 雪原

きっと 外 の 世界 は この 壁 の 中 の 何 倍 も 広い ん だ

外 の 世界 . . .

それ で これ は まだ 内緒 な ん だ けど

お 父さん と お 母さん は ね 今度 外 の 世界 に 行く ん だ って

外 の 世界 か

ね エレン

僕達 も いつか 外 の 世界 を 探検 できる と いい ね

エレン

こんな ところ で 死ね る か

アルミン お前 が 教え て くれ た から

オレ は . . . 外 の . . . 世界 に . . .

エレン 早く

突然 降り出し た 雨

その 静か な 雨音 湿った 空気

少し だけ 甘い 雨 の 匂い が

ミカサ に 過去 の 陰惨 な 事件 を 思い出さ せる


×

LingQをより快適にするためCookieを使用しています。サイトの訪問により同意したと見なされます cookie policy.