image

ごん狐, 第四章

月 の いい 晩 でした 。 ご ん は 、 ぶらぶら あそび に 出かけました 。 中山 さま の お 城 の 下 を 通って すこし いく と 、 細い 道 の 向 う から 、 だれ か 来る ようです 。 話 声 が 聞えます 。 チンチロリン 、 チンチロリン と 松虫 が 鳴いて います 。 ご ん は 、 道 の 片がわ に かくれて 、 じっと して いました 。 話 声 は だんだん 近く なりました 。 それ は 、 兵 十 と 加助 ( か すけ ) と いう お 百姓 でした 。 「 そうそう 、 なあ 加助 」 と 、 兵 十 が いいました 。 「 ああ ん ? 」   「 おれ あ 、 このごろ 、 とても ふしぎな こと が ある んだ 」   「 何 が ? 」   「 おっ母 が 死んで から は 、 だれ だ か 知ら ん が 、 おれ に 栗 や まつたけ なんか を 、 まいにち まいにち くれる んだ よ 」   「 ふうん 、 だれ が ? 」   「 それ が わから ん のだ よ 。 おれ の 知ら ん うち に 、 おいて いく んだ 」   ご ん は 、 ふた り の あと を つけて いきました 。 「 ほんと かい ? 」   「 ほんとだ と も 。 うそ と 思う なら 、 あした 見 に 来 ( こ ) いよ 。 その 栗 を 見せて やる よ 」   「 へえ 、 へんな こと も ある もん だ な ア 」   それなり 、 二 人 は だまって 歩いて いきました 。 加助 が ひょいと 、 後 ( うしろ ) を 見ました 。 ご ん は び くっと して 、 小さく なって たちどまりました 。 加助 は 、 ご ん に は 気 が つか ないで 、 そのまま さっさと あるきました 。 吉兵衛 ( きち べ え ) と いう お 百姓 の 家 まで 来る と 、 二 人 は そこ へ は いって いきました 。 ポンポン ポンポン と 木魚 ( もくぎょ ) の 音 が して います 。 窓 の 障子 ( しょうじ ) に あかり が さして いて 、 大きな 坊主 頭 ( ぼうず あたま ) が うつって 動いて いました 。 ご ん は 、   「 お ねんぶつ が ある んだ な 」 と 思い ながら 井戸 の そば に しゃがんで いました 。 しばらく する と 、 また 三 人 ほど 、 人 が つれだって 吉兵衛 の 家 へ は いって いきました 。 お 経 を 読む 声 が きこえて 来ました 。



Want to learn a language?


Learn from this text and thousands like it on LingQ.

  • A vast library of audio lessons, all with matching text
  • Revolutionary learning tools
  • A global, interactive learning community.

LingQでオンライン語学学習

月 の いい 晩 でした 。 ご ん は 、 ぶらぶら あそび に 出かけました 。 中山 さま の お 城 の 下 を 通って すこし いく と 、 細い 道 の 向 う から 、 だれ か 来る ようです 。 話 声 が 聞えます 。 チンチロリン 、 チンチロリン と 松虫 が 鳴いて います 。 ご ん は 、 道 の 片がわ に かくれて 、 じっと して いました 。 話 声 は だんだん 近く なりました 。 それ は 、 兵 十 と 加助 ( か すけ ) と いう お 百姓 でした 。 「 そうそう 、 なあ 加助 」 と 、 兵 十 が いいました 。 「 ああ ん ? 」   「 おれ あ 、 このごろ 、 とても ふしぎな こと が ある んだ 」   「 何 が ? 」   「 おっ母 が 死んで から は 、 だれ だ か 知ら ん が 、 おれ に 栗 や まつたけ なんか を 、 まいにち まいにち くれる んだ よ 」   「 ふうん 、 だれ が ? 」   「 それ が わから ん のだ よ 。 おれ の 知ら ん うち に 、 おいて いく んだ 」   ご ん は 、 ふた り の あと を つけて いきました 。 「 ほんと かい ? 」   「 ほんとだ と も 。 うそ と 思う なら 、 あした 見 に 来 ( こ ) いよ 。 その 栗 を 見せて やる よ 」   「 へえ 、 へんな こと も ある もん だ な ア 」   それなり 、 二 人 は だまって 歩いて いきました 。 加助 が ひょいと 、 後 ( うしろ ) を 見ました 。 ご ん は び くっと して 、 小さく なって たちどまりました 。 加助 は 、 ご ん に は 気 が つか ないで 、 そのまま さっさと あるきました 。 吉兵衛 ( きち べ え ) と いう お 百姓 の 家 まで 来る と 、 二 人 は そこ へ は いって いきました 。 ポンポン ポンポン と 木魚 ( もくぎょ ) の 音 が して います 。 窓 の 障子 ( しょうじ ) に あかり が さして いて 、 大きな 坊主 頭 ( ぼうず あたま ) が うつって 動いて いました 。 ご ん は 、   「 お ねんぶつ が ある んだ な 」 と 思い ながら 井戸 の そば に しゃがんで いました 。 しばらく する と 、 また 三 人 ほど 、 人 が つれだって 吉兵衛 の 家 へ は いって いきました 。 お 経 を 読む 声 が きこえて 来ました 。


×

LingQをより快適にするためCookieを使用しています。サイトの訪問により同意したと見なされます cookie policy.