image

ジャストビコーズ, Just Because! Episode 12

あ …

あっあった ! あー !

あたし も あった !

キャー よかった ! また 一緒 だ ね ー !

カッコ 悪 …

よかった …

“ 時折 吹く 暖か な 南 風 に ― ”

“ 僅か ながら 感じる 潮 の 香り は ― ”

“ 春 の 訪れ が 近い こと を 教え て くれ て います ” “ 新しい 季節 を 全身 で 感じられる この よき 日 に ” “ 私 たち 3 年 一同 は ― ”

“ 柏 尾川 ( かし お がわ ) 高校 で 過ごし た 3 年間 は ― ”

“ いく つ も の 出会い の 積み重ね に よって 育ま れ ― ”

“ 私 たち に とって かけがえのない 時間 に なり まし た ”

“ 気さく に 話す こと を 許し て くださった 先生 方 ”

“ 学校 行事 で は 率先 し て ― ”

“ まだ 1 年生 だった 私 たち を 引っ張って くれ た 先輩 方 ”

“ そして 同じ 教室 で 同じ 時間 を 過ごし た 友人 たち ”

“ そうして 1 年 が たち 2 年 が たち ― ”

“ 今度 は 新しく 入学 し て き た 後輩 たち が ― ”

“ 私 たち を 力強く 支え て くれ まし た ”

“ 中 に は 思いがけない 出会い や 出来事 に ― ”

“ 巡り合う こと も あり まし た ”

“ 時 に は 衝突 し 感情 の まま 傷つけ 合う こと も あり まし た ”

“ それ でも いえ だ から こそ ― ”

“ この 柏 尾川 高校 で の 数 多く の 出会い が ― ”

“ 私 たち を 成長 さ せ て くれ た の だ と ”

“ 今 は 確信 し て います ” “ なぜならば 私 自身 が 出会い に 支えられ ― ” “ 失敗 や 間違い を 繰り返し ながら ― ”

“ 今日 と いう 日 に たどり つい たから です ”

“ 柏 尾川 高校 で 学 ん だ こと を 胸 に 抱き ― ”

“ この 場所 を 新た な スタート 地点 と して ― ”

“ 私 たち は この先 の 未来 へ 走り出したい と 思います ” “ 皆様 の ご 健康 と ― ”

“ 今後 の 柏 尾川 高等 学校 の さらなる 飛躍 を ― ”

“ お 祈り し て おります ” “ 卒業 生 代表 夏目 美緒 ”

バカ お前 の 席 ねえ ぞ この 野郎

あたし もも の 似顔絵 描 い て あげる

ちゃんと かわいく 描 い て ね ! あっ! あー !

ベン サン ! 写真 写真 !

あ …\ N ん ん

わっ 笑顔 すぎ て ひく

いい じゃ ん 次 は 私 撮って あげる

桃 花 こっち !

もう いいって 何 枚 撮る 気 ? まだ メモリ 残って る し 1000 枚 いけ る !

それ マジ 罰 ゲーム だって

撮る よ !

ベン サン また その 顔 ~

ん ?

超 うける ~\ N 撮り 直 そ う 普通 の 顔 で

ベン サン ~

葉月 ( は づき ) 先輩 卒業 おめでとう ございます

ありがとう 卒業 式 の 演奏 よかった よ

先輩 ~

やっぱ 卒業 し ない で ~ もう 卒業 し ちゃった のに ? だって ~

先輩 次 は 私 の 番 です !

よ ー し どん と こい !

俺 も ! 私 も !

先生 も これ 書 い て よ !

て か あたし ら も 途中 じゃ ん

写真 ばっか 撮って る から あっ 美緒 も !

あ … うん

美緒 !

ごめん ちょっと 先 に 用事 片づけ て くる

生徒 会 室 ?

すぐ 戻る から

おっ あっ相馬 泉 まだ いる かな ? ん ~ まだ い ん ぞ

ありがとう

そろそろ 俺 帰る な

試合 終了 に は 早 ( はえ ) え ぞ 陸 生

まだ 俺 たち に 告白 する チャンス を 探って いる 女子 が ―

いる かも しれ ねえ だ ろ ? 陽 斗 は ?

あー …

聞け よ !

俺 ち と 約束 あん だ

お 世話 に なり まし た

瑛 太 は ?

もう 帰れ る の ?

先 帰って て

そう ?

まだ …

ここ で やる こと ある から

泉 ? いる ?

フゥ …

ん …

フッ …

何 ほっと して ん だ あたし

夏目 さん ? えっ? 森川 さん …

夏目 さん の 答辞 みんな 泣 い て た ね

ホント ?

うん 依子 なんて 目 真っ赤 だった もん

よかった

みんな ノー コメント だった から 不安 だった ん だ よ ね

今日 で 最後 か ~

まだ 全然 実感 ない よ

それ 一緒 だ

フフッ

泉 くん に は 言え た ?

まだ

そっか なんか 捕 まん なく て

既読 も 付か ない し 避けられ てるみたい ん ~…

やっぱり あれ の せい かな ?

何 か あった の ?

ちょっと ね

泉 の スマホ の 待ち受け が 気 に 入ら なく て

うまく 言え ない ん だ けど

たぶん 夏目 さん の せい じゃ ない と 思う

えっ? 行 こっか

あ … うん

美緒 待ち だった ん だ よ ー

で 誰 と 話し て た の ?

森川 さん に 答辞 褒められ て た あれ は 泣け た ~

え ー ? 泣 い て なかった じゃ ん

心 で 泣 い た の

だって まつげ 溶け ちゃ う じゃ ん ?

あ ~ それ ヤバ い ね

でしょ ー ?

うっす ! 卒業 おめでとう

森川 も おめでとう

花 すげ え な

相馬 くん も

人望 の 違い を 感じる わ

うち は 女子 が 多い から

あ … もう うち じゃ ない か

そう だ 泉 くん て どう して る ?

どうって ? 夏目 さん が ね ―

泉 くん 捕まら ないって 言って たから なんか 心配 で …

あー まあ 瑛 太 なら 大丈夫

瑛 太 なら 大丈夫 だ

ヒッ

ん ?

ヒヒッ

今 の 写真 くれよ

極上 カレー まん おごり な !

お前 ! たっけ ー やつ ばっか じゃ ん ! ウフフ …

写真 私 も 欲しい !

初めて だ よ ね 瑛 太 先輩 から 声 かけ て くん のって さ

そう だっけ ? そう だ よ

そう かな ?

まあ いい けど 私 も 瑛 太 先輩 に 用 あった し

じゃ ー ん !

すごい でしょ ! 金 賞 だ よ 金 賞 !

おかげ で ベン サン が 写真 部 あと 1 年 残せ る よう に

掛け合って くれる ん だって ! そっか よかった じゃ ん まあ 私 の 実力 じゃ ない ん だ けど

うん 知って る

えっ? 見 に 行った から

あの 写真 すごく いい 顔 し て た

瑛 太 先輩 の おかげ だ よ

なんで 俺 ?

あれ 先輩 たち の 写真 撮って た と き の だ から

よかった

一応 役 に 立った ん だ 俺

あと …

卒業 祝い

私 から 瑛 太 先輩 の 卒 アル だ よ

前 の 学校 の やつ は 送って もらう 予定 な ん だ けど

それ に は 相馬 先輩 と か 会長 写って ない じゃ ん

別に へ理屈 で 言った ん じゃ なく て

ありがとう

こういう の うれしい な

どう いたし まして !

あ … ご 卒業 おめでとう ございます

どうも

小宮 俺 さ …

告白 の 返事 は いい よ

瑛 太 先輩 が 大学 受かったらって 約束 だった し … 小宮 は ちゃん と 言って くれ た だ ろ

だから 俺 も ちゃんと し ない と

分かった

じゃあ 聞く

うん

うれしかった ん だ

小宮 が “ 好き ”って 言って くれ た の は うん

でも …

ごめん

俺 ずっと 前 から 好き な 人 が いる

うん

だから …

知って た よ そんな の

だって そういう 瑛 太 先輩 を 私 は 好き に なった ん じゃ ん !

また あと で ね ー !

うん

卒 パ 超 楽しみ !

ただ の カラオケ じゃ ん

帰っちゃった の かな 夏目 が 捜し て たって よ 森川 が 言って た

知って る よ

なら 逃げ ん じゃ ねえ よ

まだ 勝って ない から

まだ 陽 斗 に 勝って ない

じゃあ 勝負 だ な

今日 は 瑛 太 が こっち な

なんで ?

ホームラン 打て よ

ヒヒッ

ヒヒッ

あ …

ん んっ うっ うっ いっけ ー ! ハァ ハァ ハァ …

ハァ ハァ ハァ …

早苗 ?

あー 美緒 ? もう みんな 集まって る よ ほら

イエーイ 盛り上がって る か ー !

美緒 も 早く 来 て よ !

待って る から !

うん

フッ …

そっち は どう ? 相馬 くん

お 仕事 は 慣れ て き た ?

速攻 で 慣れ た よ

って 言いたい けど まだ 全然 で さ 森川 の 言う とおり だった か も

慣れる まで は 結構 余裕 ねえ わ

でも いい 人 ばっか だ し ― 思って た より 楽しい

森川 の ほう は 大学 慣れ た か ?

ちょっと ずつ ね

まだ 緊張 する こと の ほう が 多い けど …

一緒 に 音楽 できる 友達 も でき た し

そっか みんな と は 会って る ?

私 は 依子 と 毎日 連絡 取って る ん だ けど

あいつ なら 日曜 河原 で 会った よ

相変わらず 走って ん の な

俺 は 順 平 と 陸 生 くらい だ な

ちょいちょい 会ったり 連絡 す ん のって なん かも う 高校 通って た ころ が すでに 懐かしい わ

うん そう だ ね

泉 くん は ?

昨日 は “ 大学 遠い ”って ぼや い て た な 瑛 太 の ヤツ 夏目 さん の こと ―

知って る の か な ?

なん も 言って こ ねえ から まだ 知ら ない ん じゃ ね ?

でも いいかげん 気づく べ

俺 今日 も 新 歓 出る けど 瑛 太 は ?

いい よ 俺 は

つまら ん 男 ばい

大学 生活 なん だ と 思って ん だ よ

あん ま ハメ 外す な よ

任せろ ! じゃあ な ー !

何 を 任せろ なんだか …

1 か月 も 未 読って さ … あ …

泉 を 追いかけ て き た わけ じゃ ない から

俺 …

夏目 の こと が 好き だ

あたし も !



Vous voulez apprendre une langue?


Apprenez à partir de ce texte et de milliers d'autres comme celui-ci sur LingQ.

  • Une immense bibliothèque de leçons audio toutes accompagnées du texte.
  • Des outils d'apprentissage révolutionnaires.
  • Une communauté mondiale et interactive d'étudiants.

Apprendre les langues en ligne @LingQ

あ …

あっあった ! あー !

あたし も あった !

キャー よかった ! また 一緒 だ ね ー !

カッコ 悪 …

よかった …

“ 時折 吹く 暖か な 南 風 に ― ”

“ 僅か ながら 感じる 潮 の 香り は ― ”

“ 春 の 訪れ が 近い こと を 教え て くれ て います ” “ 新しい 季節 を 全身 で 感じられる この よき 日 に ” “ 私 たち 3 年 一同 は ― ”

“ 柏 尾川 ( かし お がわ ) 高校 で 過ごし た 3 年間 は ― ”

“ いく つ も の 出会い の 積み重ね に よって 育ま れ ― ”

“ 私 たち に とって かけがえのない 時間 に なり まし た ”

“ 気さく に 話す こと を 許し て くださった 先生 方 ”

“ 学校 行事 で は 率先 し て ― ”

“ まだ 1 年生 だった 私 たち を 引っ張って くれ た 先輩 方 ”

“ そして 同じ 教室 で 同じ 時間 を 過ごし た 友人 たち ”

“ そうして 1 年 が たち 2 年 が たち ― ”

“ 今度 は 新しく 入学 し て き た 後輩 たち が ― ”

“ 私 たち を 力強く 支え て くれ まし た ”

“ 中 に は 思いがけない 出会い や 出来事 に ― ”

“ 巡り合う こと も あり まし た ”

“ 時 に は 衝突 し 感情 の まま 傷つけ 合う こと も あり まし た ”

“ それ でも いえ だ から こそ ― ”

“ この 柏 尾川 高校 で の 数 多く の 出会い が ― ”

“ 私 たち を 成長 さ せ て くれ た の だ と ”

“ 今 は 確信 し て います ” “ なぜならば 私 自身 が 出会い に 支えられ ― ” “ 失敗 や 間違い を 繰り返し ながら ― ”

“ 今日 と いう 日 に たどり つい たから です ”

“ 柏 尾川 高校 で 学 ん だ こと を 胸 に 抱き ― ”

“ この 場所 を 新た な スタート 地点 と して ― ”

“ 私 たち は この先 の 未来 へ 走り出したい と 思います ” “ 皆様 の ご 健康 と ― ”

“ 今後 の 柏 尾川 高等 学校 の さらなる 飛躍 を ― ”

“ お 祈り し て おります ” “ 卒業 生 代表 夏目 美緒 ”

バカ お前 の 席 ねえ ぞ この 野郎

あたし もも の 似顔絵 描 い て あげる

ちゃんと かわいく 描 い て ね ! あっ! あー !

ベン サン ! 写真 写真 !

あ …\ N ん ん

わっ 笑顔 すぎ て ひく

いい じゃ ん 次 は 私 撮って あげる

桃 花 こっち !

もう いいって 何 枚 撮る 気 ? まだ メモリ 残って る し 1000 枚 いけ る !

それ マジ 罰 ゲーム だって

撮る よ !

ベン サン また その 顔 ~

ん ?

超 うける ~\ N 撮り 直 そ う 普通 の 顔 で

ベン サン ~

葉月 ( は づき ) 先輩 卒業 おめでとう ございます

ありがとう 卒業 式 の 演奏 よかった よ

先輩 ~

やっぱ 卒業 し ない で ~ もう 卒業 し ちゃった のに ? だって ~

先輩 次 は 私 の 番 です !

よ ー し どん と こい !

俺 も ! 私 も !

先生 も これ 書 い て よ !

て か あたし ら も 途中 じゃ ん

写真 ばっか 撮って る から あっ 美緒 も !

あ … うん

美緒 !

ごめん ちょっと 先 に 用事 片づけ て くる

生徒 会 室 ?

すぐ 戻る から

おっ あっ相馬 泉 まだ いる かな ? ん ~ まだ い ん ぞ

ありがとう

そろそろ 俺 帰る な

試合 終了 に は 早 ( はえ ) え ぞ 陸 生

まだ 俺 たち に 告白 する チャンス を 探って いる 女子 が ―

いる かも しれ ねえ だ ろ ? 陽 斗 は ?

あー …

聞け よ !

俺 ち と 約束 あん だ

お 世話 に なり まし た

瑛 太 は ?

もう 帰れ る の ?

先 帰って て

そう ?

まだ …

ここ で やる こと ある から

泉 ? いる ?

フゥ …

ん …

フッ …

何 ほっと して ん だ あたし

夏目 さん ? えっ? 森川 さん …

夏目 さん の 答辞 みんな 泣 い て た ね

ホント ?

うん 依子 なんて 目 真っ赤 だった もん

よかった

みんな ノー コメント だった から 不安 だった ん だ よ ね

今日 で 最後 か ~

まだ 全然 実感 ない よ

それ 一緒 だ

フフッ

泉 くん に は 言え た ?

まだ

そっか なんか 捕 まん なく て

既読 も 付か ない し 避けられ てるみたい ん ~…

やっぱり あれ の せい かな ?

何 か あった の ?

ちょっと ね

泉 の スマホ の 待ち受け が 気 に 入ら なく て

うまく 言え ない ん だ けど

たぶん 夏目 さん の せい じゃ ない と 思う

えっ? 行 こっか

あ … うん

美緒 待ち だった ん だ よ ー

で 誰 と 話し て た の ?

森川 さん に 答辞 褒められ て た あれ は 泣け た ~

え ー ? 泣 い て なかった じゃ ん

心 で 泣 い た の

だって まつげ 溶け ちゃ う じゃ ん ?

あ ~ それ ヤバ い ね

でしょ ー ?

うっす ! 卒業 おめでとう

森川 も おめでとう

花 すげ え な

相馬 くん も

人望 の 違い を 感じる わ

うち は 女子 が 多い から

あ … もう うち じゃ ない か

そう だ 泉 くん て どう して る ?

どうって ? 夏目 さん が ね ―

泉 くん 捕まら ないって 言って たから なんか 心配 で …

あー まあ 瑛 太 なら 大丈夫

瑛 太 なら 大丈夫 だ

ヒッ

ん ?

ヒヒッ

今 の 写真 くれよ

極上 カレー まん おごり な !

お前 ! たっけ ー やつ ばっか じゃ ん ! ウフフ …

写真 私 も 欲しい !

初めて だ よ ね 瑛 太 先輩 から 声 かけ て くん のって さ

そう だっけ ? そう だ よ

そう かな ?

まあ いい けど 私 も 瑛 太 先輩 に 用 あった し

じゃ ー ん !

すごい でしょ ! 金 賞 だ よ 金 賞 !

おかげ で ベン サン が 写真 部 あと 1 年 残せ る よう に

掛け合って くれる ん だって ! そっか よかった じゃ ん まあ 私 の 実力 じゃ ない ん だ けど

うん 知って る

えっ? 見 に 行った から

あの 写真 すごく いい 顔 し て た

瑛 太 先輩 の おかげ だ よ

なんで 俺 ?

あれ 先輩 たち の 写真 撮って た と き の だ から

よかった

一応 役 に 立った ん だ 俺

あと …

卒業 祝い

私 から 瑛 太 先輩 の 卒 アル だ よ

前 の 学校 の やつ は 送って もらう 予定 な ん だ けど

それ に は 相馬 先輩 と か 会長 写って ない じゃ ん

別に へ理屈 で 言った ん じゃ なく て

ありがとう

こういう の うれしい な

どう いたし まして !

あ … ご 卒業 おめでとう ございます

どうも

小宮 俺 さ …

告白 の 返事 は いい よ

瑛 太 先輩 が 大学 受かったらって 約束 だった し … 小宮 は ちゃん と 言って くれ た だ ろ

だから 俺 も ちゃんと し ない と

分かった

じゃあ 聞く

うん

うれしかった ん だ

小宮 が “ 好き ”って 言って くれ た の は うん

でも …

ごめん

俺 ずっと 前 から 好き な 人 が いる

うん

だから …

知って た よ そんな の

だって そういう 瑛 太 先輩 を 私 は 好き に なった ん じゃ ん !

また あと で ね ー !

うん

卒 パ 超 楽しみ !

ただ の カラオケ じゃ ん

帰っちゃった の かな 夏目 が 捜し て たって よ 森川 が 言って た

知って る よ

なら 逃げ ん じゃ ねえ よ

まだ 勝って ない から

まだ 陽 斗 に 勝って ない

じゃあ 勝負 だ な

今日 は 瑛 太 が こっち な

なんで ?

ホームラン 打て よ

ヒヒッ

ヒヒッ

あ …

ん んっ うっ うっ いっけ ー ! ハァ ハァ ハァ …

ハァ ハァ ハァ …

早苗 ?

あー 美緒 ? もう みんな 集まって る よ ほら

イエーイ 盛り上がって る か ー !

美緒 も 早く 来 て よ !

待って る から !

うん

フッ …

そっち は どう ? 相馬 くん

お 仕事 は 慣れ て き た ?

速攻 で 慣れ た よ

って 言いたい けど まだ 全然 で さ 森川 の 言う とおり だった か も

慣れる まで は 結構 余裕 ねえ わ

でも いい 人 ばっか だ し ― 思って た より 楽しい

森川 の ほう は 大学 慣れ た か ?

ちょっと ずつ ね

まだ 緊張 する こと の ほう が 多い けど …

一緒 に 音楽 できる 友達 も でき た し

そっか みんな と は 会って る ?

私 は 依子 と 毎日 連絡 取って る ん だ けど

あいつ なら 日曜 河原 で 会った よ

相変わらず 走って ん の な

俺 は 順 平 と 陸 生 くらい だ な

ちょいちょい 会ったり 連絡 す ん のって なん かも う 高校 通って た ころ が すでに 懐かしい わ

うん そう だ ね

泉 くん は ?

昨日 は “ 大学 遠い ”って ぼや い て た な 瑛 太 の ヤツ 夏目 さん の こと ―

知って る の か な ?

なん も 言って こ ねえ から まだ 知ら ない ん じゃ ね ?

でも いいかげん 気づく べ

俺 今日 も 新 歓 出る けど 瑛 太 は ?

いい よ 俺 は

つまら ん 男 ばい

大学 生活 なん だ と 思って ん だ よ

あん ま ハメ 外す な よ

任せろ ! じゃあ な ー !

何 を 任せろ なんだか …

1 か月 も 未 読って さ … あ …

泉 を 追いかけ て き た わけ じゃ ない から

俺 …

夏目 の こと が 好き だ

あたし も !


×

Nous utilisons des cookies pour rendre LingQ meilleur. En visitant le site vous acceptez nos Politique des cookies.